90秒的藍色「∞」世界

:::

2019 / 11月

文‧王文彥 圖‧王文彥



與潛水結緣,是因為2014年進行的一個蘭嶼攝影計畫。當時為了跟上達悟人的腳步,拍攝他們海下的漁獵文化,因此去學習了一種不背氣瓶,只靠一口氣下潛的自由潛水(Freediving)。後來拍攝計畫告一段落,雖然暫時離開蘭嶼,但卻離不開藍色的大海了。

對於一個攝影師來說,逐光追影是天性,探索世界更是一次又一次起身的動力。為了追尋光影,我願意在夜裡投入漆黑的大海中,在攝氏零下2度的海溫下進行流冰冰潛;又或者鼓起勇氣,鑽過一個只容一人通過的海底洞穴。

沒想過只需要一口氣的時間,就能讓我下到30米深的海底,或者與海豚雙眼對望共游一段。也沒想過,只是因為「水」與「空氣」介質的不同,就讓攝影產生完全不一樣的想像。

每次長約90秒的下潛時間,時光看似短暫,但只要不斷地下潛,就能將有限延伸成無限,在浩瀚的大海中持續探索令人驚喜的世界。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Ninety Seconds in the Blue Abyss

Wang Wenyen /photos courtesy of Wang Wenyen /tr. by Jonathan Lee


My journey into diving began during a photo project I did on Orchid Island in 2014. I wanted to follow the Tao people and capture photos of their culture of underwater fishing. To do so, I learned freediving, a form of diving which doesn’t require bulky tanks, but rather a good long breath. The project eventually came to an end and I had to depart Orchid Island, but the blue ocean stayed with me.

For photographers, the pursuit of perfect lighting is in the nature of our work, and the chance to explore the world drives us time and again to get up and get out. In my hunt for light and shadows, I am prepared to dive beneath drift ice and into the pitch-black depths of a −2°C night ocean. I am also ready to work up the courage to squeeze through a seafloor cavern just wide enough for one person.

I would have never thought that with just one breath I could plunge to an ocean floor 30 meters down, or that I could look into the eyes of a dolphin as we swam together underwater. I also never expected that the different properties of water and air would open up a whole new realm of photographic possibilities.

In every 90-second dive, time seems almost transient. But if you keep descending, you can turn what was limited into something limitless, and in this boundless ocean forever explore a world teeming with surprises.

青い深淵の90秒

文・王文彥 写真・王文彥 翻訳・山口 雪菜


私がダイビングを始めたのは、2014年、台湾の離島である蘭嶼での撮影プロジェクトがきっかけだった。蘭嶼に暮らす先住民族、タオの人々の漁労文化をとらえるために、酸素ボンベなどの呼吸器材を使わずに潜るフリー・ダイビングを習ったのである。この撮影プロジェクトが一段落すると私は蘭嶼を後にしたが、あの群青色の海から離れることはできなかった。

写真家にとって、光と影の追求は天性とも言えるものであり、未知の世界の探索が活動への大きな原動力となる。光と影を追い求めるためには、夜の漆黒の海に潜ることもいとわない。水温マイナス2℃の流氷の海の潜ることもあれば、また、人が一人しか通り抜けられないような海底の岩穴をくぐり抜けたりもする。

息を大きく吸い込んだだけで潜れるわずかな時間だが、それで水深30メートルまで達することができるとは思いもしなかった。時にはイルカとアイコンタクトをしながら一緒に泳ぐこともある。さらに思いがけないことに、「水」を隔てるか「空気」を隔てるかで、写真にはまったく異なる世界が生まれるのである。

フリー・ダイビングで潜る時間は一回約90秒と、ごくわずかな時間のように思えるが、下へ下へと進んでいくと、有限の世界が無限へと広がっていき、広大な海での喜びに満ちた探索が続けられるのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!