:::
城鄉在地
放置された養殖池や廃校になった小学校の、20年後の姿とはどのようなものだろう。 海沿いの漁村であれ、山の中の農村であれ、生産者が食品加工やその流通販売にも携わるという6次産業化が進み、そこに食育や産地...
藝術人文
剣道に言う「一本」とは、有効な打突による得点だが、より深い意味では気勢、気迫と竹刀さばき、体さばきが一体となり、完璧な一撃を生み出すことである。これを気剣体の一致と言う。 台湾の剣道は日本統治時代に基...
城鄉在地
8月、花蓮の豊田にある五味屋では、思いがけずローゼルが育っていた。3月に種をまいたものの何も生えてこなかったので、その土を他所に移して木を植えた。ところが数カ月後に木の苗の間からローゼルが芽吹いたのだ...
全球華人
2019年5月、台湾が新たな歴史を刻んだ。アジアで初めて、同性婚が合法化された国となったのである。世界の国々とメディアが、こぞって台湾を人権保護・自由民主の先鋒と称賛した。 立法院が同性カップルの結婚...
全球華人
宜蘭の北成小学校とその姉妹校である日本の北園小学校はこの18年間文化交流を続け、「二北(北成と北園)は一心」と、絆を培ってきた。この交流は生徒や教師にとって視野のグローバル化や環境教育の充実につながり...
最新脈動
2018年に台湾アジア交流基金会(TAEF)が開催した玉山フォーラムにおいて、台湾はアジアを支援し、アジアも台湾を支援できると蔡英文総統は提唱した。この地域における互恵関係は、台湾の新南向政策に具体化...
PhotoEssay
シリーズ写真「軍旅映象」は、田裕華、杭大鵬、張良一の3人が兵役に服していた時期に、それぞれ離島の馬祖、成功嶺新兵訓練センター、陸軍航空特戦隊などの部隊で撮影し、一人称を用いて台湾男子の兵役という共通の...
最新脈動
人類にとって衣服は、最初の頃は寒さから身を守るためのものだったが、後にファッションのシンボルとなった。そしてテクノロジーが進歩した今日、服は心拍数や脈拍、情緒、温度、ストレスなどを測るインターフェース...
最新脈動
台湾では、あちこちの街角に古着回収箱が立っている。いたるところにある回収箱は、しばしば古着でいっぱいになるが、それは私たちの気づいていない現実を象徴している。 データを見ると、世界では年間1000億点...
最新脈動
1993年、富勝紡織(Ecomax)は台湾初のペットボトル再生繊維PETSPUN®の開発に成功し、他社が続々とこれに続いた。現在では服飾、靴、バッグ、家庭用品などに広く用いられ、人々の暮らし活...
X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!