:::
ArchiveCommunities
四面仏(ブラフマー)に願をかけて、その願いが成就したら、必ずお礼参りをしなければならないと言われる。お礼参りの方法はさまざまで、特別な決まりはない。財力のある人は黄金や象を奉納することもあるし、そうで...
ArchiveCommunities
台湾には、幼い頃に東南アジアから働きに来たヘルパーに子守をしてもらった人々がいる。言語や文化は異なるものの、長くふれあううちに家族同様の愛情が生まれ、やがて彼女らが祖国に帰っても心のつながりが途切れる...
ArchiveEntrepreneurship
母をガンで亡くした無念さと悔しさが、変わるきっかけとなり、徳盟検視儀器の総経理‧曽湘徳を、工業用内視鏡の製造から医療用内視鏡の開発へと突き動かした。今では、台湾で唯一、研究開発から設計、製造、保守まで...
ArchiveCulturalTrends
地球上では、数えきれないほどの音波が飛び交っている。空中でも水中でも、地方でも都会でも、静謐の空間でも、生命はさまざまな音で互いに交流しているのである。 人類の耳に聞こえるのは、そのうちの限られた一部...
ArchiveCulturalTrends
「ママ、見て、ショベルカーだよ!」と、子供が工事現場を指さして目を輝かせる。汗を流して建設に携わる人々は、子供にとってはかっこいいヒーローだ。だが、そんな子供たちも成長すると、工事現場の囲いの向こうに...
ArchiveGlobalOutlook
Minerva Schools(ミネルバ大学)は世界を教室とした大学だ。特定のキャンパスはなく、4年の間に世界の七つの都市を移り住みながら学んでいく。講義はすべてオンラインで行われ、どの授業もセミナー...
ArchivePhotoEssay
「移行期の正義」が強調される今日、台湾人の複雑なアイデンティティをどう考えるべきか。伝統の「忠烈祠」はいかにして同一イメージのアイデンティティを形成できるのか。今日の忠烈祠はまた、どのように多様なアイ...
ArchiveEntrepreneurship
近年、政府部門のコミュニケーション力が飛躍的に伸びている。SNS公式アカウントの運営、広報誌の変身、政府機関のブランド化などを通して、オフィシャルな情報の伝え方が変わり、政府のイメージも変わってきた。...
ArchiveCulturalTrends
この2~3年、「林務局」が注目されている。PR用のカレンダーが大人気で1万部以上売れ、翌年の発売日の問い合わせがくるほどだ。タイワンヤマネコやミナミメンフクロウ、キジなどをテーマとした「里山動物列車」...
ArchiveCulturalTrends
明るい雰囲気のイラストに実用的な生活情報、テーマを深く掘り下げた記事など、手に取ると思わず読み進めてしまう。奥付を見てはじめて、それが政府部門の刊行物であることに気づく。...
X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!