:::
最新脈動
台湾は米国とともに「インド太平洋地域における民主的統治協議」対話プラットフォーム、および「インド太平洋地域における信仰の自由を守るための市民社会対話」、「グローバル協力訓練フレームワーク」を継続的に推...
休閒旅遊
インドの叙事詩「ラーマーヤナ」で、ラーマ王子とともに十魔王を征伐し、王女救出に向かったサルの神ハヌマーンは、東南アジアでは誰もが知っている英雄である。国立故宮博物院南院の児童創意センターで、ハヌマーン...
全球華人
「医師の一人として、私は、人類への奉仕に自分の人生を捧げることを厳粛に誓う。私の患者の健康と安寧を私の第一の関心事とする。」 ——2017年『ジュネーブ宣言』より 台湾の僻地に...
全球華人
最後の衍聖公(孔子の直系子孫の称号)から、初代の奉祀官となった考試院の元院長の孔徳成氏は、孔子第七十七代目の嫡系子孫として、時代の風雨を経ながら伝統の系譜を守り、数奇な運命を辿ってきた。 2019年1...
城鄉在地
媽祖の生誕月である旧暦3月は台湾全土が媽祖の祭で盛り上がった。一方、西洋から来た聖母マリアも100年ほど前に台湾の風習に溶け込み、神輿に乗って町を練り歩く行事がある。毎年そんな行進を行うのが、屏東万巒...
休閒旅遊
母は強し。「子供を見ていて遊ぶ権利というものを考え、それに取り組むようになりました」と話すのは「還我特色公園行動聯盟(特色ある公園のための行動聯盟)」の母親たちだ。SNSによる動員や役所への陳情を重ね...
最新脈動
アホウドリが誤って海に浮かぶプラスチックごみを飲み込んで死に、浅瀬に乗り上げて死んだアザラシの胃からは大量のポリ袋が発見され、ウミガメは漁網に絡まれて死んでしまう。次々と発見される海洋生物の死が教えて...
專欄
元宵節(ランタンフェスティバル)とは、春節を迎えて最初の満月の夜を指す。この日、各地の寺廟ではランタンを吊るして飾りを施し、人々は提灯を下げてランタンや花火を見に出かける。人と神がともに新年の到来を祝...
城鄉在地
小鎮文創(Townway Cultural and Creative)を創設した何培鈞は、南投県の竹山鎮に民宿「天空的院子」を開いて以来、ワークエクスチェンジ(労働の対価として宿と食事の提供を受ける)...
城鄉在地
食材とその生産者や地域に関する情報を一緒に消費者に届ける、日本で始まったシステム。それは都市と地方のつながりをもたらし、国境を越えた運動として広まりつつある。...
X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!