:::
專欄
澎湖のO2LABのメンバーが海洋ゴミに一つ一つ手を加えて美しいアクセサリーを作り、花蓮で「海或瘋マーケット」を開いた。こうしたアクションを通して、ゴミの減量と環境問題を考えてもらいたいからだ。......
最新脈動
「台湾を一番愛しているのは誰か」と問うと、愛玉子(または愛玉。アイギョクシ、カンテンイタビ。クワ科のつる植物。台湾では種子を揉んでペクチンを出し、ゼリー状にして食用する)農家やイチジク研究者は、口をそ...
藝術人文
設立から七年目に入った財団法人国家文化芸術基金会(NCAF)が実施する「海外芸術交流(芸遊)プロジェクト」は、台湾の若いアーティストたちの夢を叶える役割を担っている。異なる社会と文化の衝撃を受けると、...
藝術人文
金鐘奨(ゴールデンベル賞)のドラマ番組部門では2008年の第43回以来、客家テレビ制作の作品がノミネートされ続けており、今年で連続12年になる。改めて気づくのは、客家語ドラマの題材が多岐にわたることだ...
休閒旅遊
台湾の南端、屏東県枋寮駅から車で5分程の所に、二階建ての白壁の日本家屋がある。日本の伝統木組み工法で建てられたこの木造家屋は、楊三二が50歳の年に思い立った建物である。構想から製図、建材選び、基礎、上...
最新脈動
秋も深まる新竹。北風が収獲の知らせを運んできた。海に臨む福楽休閑漁村、見渡す限りの生け簀。聞こえるのは風の音ばかりで、人っ子ひとり見当たらない。大切なこの日、村の漁業者は皆、近くの水産加工場に集まって...
最新脈動
外交の本質は人と人との関わりだが、ソーシャルメディアの時代、テクノロジーを用いて国と国との友好関係や友情をスピーディかつ広範囲に伝えられるようになった。この変化は、第一線の外交官が感じているだけではな...
ArchivePhotoEssay
写真家である私は、13歳の時にカナダに移住して以来、スポーツ、特に登山やハイキングをこよなく愛するようになった。 ネパールと中国の国境に位置する世界最高峰のエベレストは多くの人の憧れであり、私も一度は...
最新脈動
限られた資源を前に、私たちは従来の生産、消費、廃棄という経済モデルから、サステナブルな循環経済(サーキュラー・エコノミー)へと変えていかなければならない。容器をレンタルする「好盒器」と家電を貸し出す「...
最新脈動
消費を奨励し、絶え間なく生産するファッション産業は、すでにピークにまで発展し、さまざまな環境問題を引き起こしている。 あふれる古着、環境汚染、労働者の人権などが問題となり、業界もサステナビリティを正視...
X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!