:::
全球華人
外交部による「外交代替役計画」の推進は、2001年に始まった。これまでの十数年間で、千名にのぼる青年が、国交のある国々へ派遣されている。農業技術、園芸農業、医療、栄養、ネットワーク通信、水産養殖等の専...
試閱文章
藝術人文
郭清治は、台湾の戦後第一世代の彫刻家である。その作品「娑婆の門」は、日本の朝日新聞に高く評価され、もう一つの作品である「太陽の門」は、1999年にForjar EL Espacio:La Escult...
專欄
台湾の作家・柏楊の戦争小説で1990年に同じタイトルで映画化もされた『異域』、それに李立劭監督のドキュメンタリーフィルム『那山人 這山事(Stranger in The Mountains)』は、いず...
試閱文章
最新脈動
1980年代の『星星知我心(星は私の心を知っている)』『一剪梅(一枝の梅)』、90年代の『浴火鳳凰(火の中の鳳凰)』『包青天』『還珠格格(還珠姫)』などのテレビドラマは、視聴者の心をわしづかみにした。...
試閱文章
藝術人文
ヴァーチャルな世界が存在感を増しているとはいえ、リアルな図書館はやはり必要だ。たかだか50年のデジタル情報で、5000年に及ぶ知識の蓄積は押し流せない。今や人々の記憶はますます薄弱となり、またたく間に...
試閱文章
最新脈動
2017年4月、米国のCNNは再び世界の十大ビーガン都市の一つに台北を取り上げた。海外メディアが台湾のベジタリアンを取り上げたのはこれが初めてではなく、これまで海外に知られた野球、小籠包、夜市に加えて...
專欄
どんな土地に暮らすかによって住民の気質も違ってくるとすれば、澎湖の島民の気質は「堅忍不抜」という言葉で形容できるだろう。 数千万年前、海底で火山が爆発してマグマが吹き出し、隆起して生まれたのが澎湖諸島...
專欄
ホストとなるには条件を具えていなければならない。国際的な総合スポーツ大会の開催は、自宅で宴を催すのと同じで、広い空間があり、十分な人数の料理人いて、おいしくて豊富な料理が出せなければならない。それだけ...
最新脈動
スポーツ観戦にはどのような方法があるのだろう。 試合は一つのショーにも喩えられる。勝敗にはこだわらず、それぞれがリラックスしてアスリートの力と美とスポーツマンシップを観賞すればいい。あるいは競技場の付...
最新脈動
5月中旬、Bito Studioが5カ月をかけて制作したユニバーシアード台北大会の宣伝フィルム第3弾が発表されると、のべ300万人が閲覧した。わずか1分半のフィルムだが、スピード感とリズム感のある迫力...
最新脈動
2017年、ユニバーシアードが台北で開催される。開会の日が近づくにつれ、台北の街を歩く内外の人々は、大通りの各所でユニバーシアードの旗や横断幕を目にするようになった。 台湾で開催される過去最高レベルの...
試閱文章
最新脈動
夏季ユニバーシアード(国際学生競技大会)台北大会では、陸上競技、バスケットボール、飛び込みなど数々の競技が12日間にわたって繰り広げられる。我が国のウエイトリフティングの名選手・許淑浄や郭婞淳、陳士杰...
專欄
早朝6時、早起きの市民たちが高雄国立体育場でウォーキングをしている。これは2009年のワールドゲームズ高雄大会のメインスタジアムだ。あれから8年がたった今、国際競技大会が残したスポーツを愛する心こそ、...
最新脈動
海外から移住してきた人々に対して台湾人が抱くステレオタイプのイメージを変えようと、国立台湾歴史博物館と南洋台湾姉妹会、燦爛時光書店が、「新台客:東南アジアからの移民・移住労働者」特別展を開催した。 カ...
藝術人文
4月下旬、インドネシアのジャワ島中部、スラカルタの宮廷で荘厳な式典が行われた。台湾の民族音楽学者・蔡宗徳が王宮から親王の称号を授与されたのである。台湾とインドネシアの音楽文化交流における卓越した功績が...
城鄉在地
上空から俯瞰すると、台北市龍山寺の東南に、馬蹄型の建物——新富町文化市場が見える。 1935年に建てられたもので、80年にわたって伝統的な市場として人々の暮らしにとけ込んでいた...
試閱文章
藝術人文
私には夢がある 鳥のように空を飛び回る 私には夢がある 飛ぶほどに果てしなく 空中をただよい続け 思うがままに まるで夢の中さながらに はるかな世界を 鳥のように空を舞う夢が —&mdas...
試閱文章
藝術人文
太陽が長い地平線から昇る光景、それが知られている最古の漢字、旦の由来である。五千年前に作られた文字には、直観的な意味の特質がある。その創造の最初から、漢字は書画同源の伝統を担ってきた。 その後、時に飄...
試閱文章
藝術人文
天下に名を轟かしたと言っても、決して誇張ではないだろう。劉国松の作品は大英博物館をはじめとして、世界の有名博物館にコレクションされている。2008年には国家文芸賞を受賞し、母校の国立台湾師範大学は「劉...
藝術人文
台北MRTの新北投駅を降りると、ほど近くの右手に、広く知られた北投温泉博物館がある。温泉特有の硫黄の匂いが風に漂い、木々がこんもりと茂る中、北投渓河畔の散歩道に、そぞろ歩きを楽しむ人がちらほら見える。...
X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!