:::
藝術人文
2015年に施鷺音、張慧英、鄭珊蒂、林夢娜、廖転運などインドネシア出身の新住民は、台湾とインドネシアの文化交流に参加し、インドネシア舞踊を披露した。ある時、また公演の招待を受けたのだが、同じ演目ばかり...
最新脈動
台湾では年に100種類以上の新たなテーブルゲームが開発され発売されている。政府機関や各種団体も、テーブルゲームを一般市民とのコミュニケーションツールとして介護制度を説明したり、観光を推進したりしており...
藝術人文
4歳の時に紙飛行機に熱中していた洪新富は、それから半世紀近くの間に数えきれないほどの紙細工の特許を取得し、絶えず精進を続けてペーパーアートの高みを追求してきた。彼は発明を生活に取り入れ、人助けをモチベ...
城鄉在地
農家で育ったか、農業学校に進学でもしなければ、一般の人が種子を知る機会は少ないだろう。しかし、種子は生命の起源であり、その一生は伝奇的であり、空を飛び、海に浮かび、時には数年をかけて時を待ち、生命を繋...
休閒旅遊
台北の町からさほど遠くない北海岸は、何万年という間に幾度もの造山運動や火山活動を経た後、波や風の浸食を受けて、変化に富んだ風景が生み出されてきた。砂浜や磯浜が交互に出現するだけでなく、さまざまな形をし...
最新脈動
馬偕(マッカイ)記念病院とノードホフ頭蓋顔面疾患基金会が行なう海外医療援助は、無償診療だけではない。「魚を与えるのではなく釣り方を教える」精神で、医療シードチームの育成に取り組む。それは20年途切れる...
專欄
何百年にもわたる都市化と経済発展の結果、人々はしだいに大自然の懐から離れてきた。近年は環境意識が高まり、多くの人がアウトドアへ出て大自然の大きさと美しさに触れようとしている。 ヒマラヤのふもとの氷河か...
全球華人
台東キリスト教病院救急科主任の柯彼得(ピーター・ケンリック)は、かつてカンボジアの戦場やイランのクルド人難民キャンプ、ザンビアの田舎などで医療に従事していた。世界各地で働いてきた動機を聞くと「Just...
藝術人文
「確かに外来の種としての私は、この台湾という島に最も長くいる住民とは言えないが、すでに30年、しかも中断することなく暮らしているのだから悪くはないだろう。ロビンソン・クルーソーも28年であの島を去った...
藝術人文
芸術家のイヴァン(Ivan Yehorov/伊凡・葉何羅夫)を、8000キロも彼方のウクライナから台湾へと移住させたのは、台湾人女性・林秀娟との結婚だった。台湾に定住して以来、この青い目のスラブ人は、...
X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!