:::
試閱文章
藝術人文
台湾で働くフィリピン人労働者で初めてストリート・アーティストの免許を取得したのが、サンド・アーティストのマリオ・サベルディアだ。海を越えて台湾に働きに来て、見事に自分の人生を切り開いた。 台湾の自由な...
休閒旅遊
カラフルな祭典、ホーリー祭(Holi Festival)は、インドの三大祭りの一つである。ホーリーとはヒンズー語で色彩の意味で、厳しいカースト制度の掟の中で、この日だけはカーストの違いを忘れて、互いに...
藝術人文
台北市中山南路と信義路の交差点の傍に、ゆったりのどかな建物がある。たくさんの人で賑わう中正紀念堂の向かいで、この建物はいつも静かに佇んでいる。国民政府の樹立以来広く収集された古文書・古典籍を所蔵し、近...
試閱文章
休閒旅遊
さかのぼること1922年、苗栗から彰化の海岸沿いを走る鉄道「海岸線」(通称「海線」)が開通し、物資輸送の増大とともに沿線の町も栄えた。だが、鉄道輸送はやがて高速道路に活躍の場を奪われ、海線はさびれてい...
試閱文章
全球華人
先住民族、移住者、植民者などの、さまざまな食文化が融合を重ねてきた台湾料理は、見る角度によってさまざまに姿を変え、新たな発見と驚きに満ちている。...
全球華人
苦難の歴史を耐えてきた客家だが、その呼称は土地に繋がりを持たぬ客家の悲哀を語る。数十世代に渡る流浪の結果、その足跡は全世界に及び、足を止めたところを寓居として生涯を過ごした。漂泊の中で歯を食いしばり、...
專欄
かねてより、侯怡亭は「肉体の政治性」に着目し、これをテーマとしてきた。言い換えれば、身体がいかに形作られるか、ということである。大衆文化、芸術史、女性の身体政治、そして世界の生産ラインが生み出した労働...
試閱文章
藝術人文
ICRT——International Community Radio Taipeiは台湾で唯一の英語放送ラジオ局である。40年前の外交史の激流の中で生まれ、以来、毎正時に英語...
藝術人文
歴史的建築物は古いほど価値があるのだろうか。いや、そうとは限らない。 中国伝統の宮廟建築や庭園、あるいは日本統治時代の役所の建築物や木造の官舎などは良く知られているが、これらの他に、台湾には第二次世界...
試閱文章
城鄉在地
あなたは今日、朝食に何を食べただろう。中華の焼餅と油條か、それともハンバーガーやサンドイッチ、あるいはコンビニのパンだろうか。実は1960年代まで、台湾人の朝食と言えば、お粥や握り飯などに簡単なおかず...
X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!