『光華』の前進を支えるのは 読者の皆様

:::

2019 / 10月

文・陳亮君 翻訳・山口 雪菜



今から36年前の『光華』1983年4月号の記事「僻遠中の僻遠:長浜」は、思いがけず台東県長浜中学の生徒にたくさんの思い出と感動をもたらした。2019年、『光華』のフェイスブックに王さんという人から「1983〜84年発行のバックナンバーはまだあるでしょうか」という問い合わせがあったのだ。彼らは、中学一年の時にクラス全体で『光華』の取材を受けていた。「当時、担任の先生が『光華』を一冊購入し、クラスのみんなに回し読みさせてくれました。ただ、もう30年以上も前のことなので…」とある。当時の校舎のそこここや生徒たちの記憶の中のシーンが『光華』の中に残されていて、それが学級全体の共通の記憶となっている。これは「台湾の僻地教育」のドキュメンタリーでもあった。

北台湾の基隆と瑞芳の名家である顔家は、台湾では数少ない企業家出身の名門で、『光華』が1994年3月号の記事で「顔雲年と九份金鉱の物語」を報じたことに対し、顔女史からしばしば感謝の言葉が寄せられてきた。この記事のおかげで一族の歴史を子孫に伝えることができるということだ。この記事は顔一族の記録であるだけでなく、台湾の歴史ファイルとしても貴重な資料である。顔女史はまた、『光華』の中国語・英語対称訳も称賛してくださった。顔家の子孫は欧米やオーストラリア、日本などに分散しており、中国語の読めない親戚も英訳を通して家族の歴史に触れられるからである。

こうした読者からの感謝の言葉は非常に有難く、『光華』一同の励みになるものだ。これからも、一つひとつの記事を通して台湾のさまざまな時代の変化や人々の姿を生き生きと記録していこうという原動力になる。

今月号も、こうした深く掘り下げた内容をお届けする。台湾の繊維産業の革新をテーマとする特集のほか、台湾と日本の学校間の交流、そして放置されていた空間の再利用による地方創生の物語、アジア各国への協力を惜しまない台湾アジア交流基金会などだ。

今年『光華』は学校や書店、中央研究院などを訪ねて座談会を開催している。そのテーマは「新住民」「翻訳」「写真」「慈善事業」などさまざまで、読者と向き合って踏み込んだ討論をしている。創刊43年目を迎えた『光華』は、これからもより謙虚に、台湾の人や文化、多様性を記録していき、台湾の厚みのある「warm power」を世界に伝えていこうと考えている。

関連文章

近期文章

繁體 EN

讀者是《光華》前進的力量

文‧陳亮君


一篇36年前的《光華》報導〈偏遠中的偏遠:長濱〉(1983,4月),意外串起了台東長濱國中的同學們滿滿的回憶與感動。這源起於今(2019)年一則來自《光華》臉書的王先生來訊:「光小編您好,請問還找得到民國72、73年出版的雜誌嗎?感謝。」原來,這些年來他們班上的同學會,大家念念不忘的,仍是國一時期全班受訪的情景,「當年我們導師還特別買了一本給我們班上傳閱,不過,這已經是30多年前的事了……」當時校舍的一景一物,同學們充滿回憶的畫面,透過《光華》的報導給留存了下來,這不但是他們班上的共同記憶,也是「台灣偏鄉教育」的如實紀錄。

北台灣基隆、瑞芳地區的顏家,是台灣早期少數以企業家身分發跡的地方望族,顏女士曾多次致電感謝《光華》的留存及協助,因為一篇《光華》的報導〈顏雲年,九份金礦曾在他手中閃爍〉(1994,3月),讓後代子孫可以了解自己家族的歷史風光,這不僅是顏氏宗親的紀錄,更是保存了「台灣歷史檔案」的重要史料記載。她更讚嘆《光華》中英雙語編排的用心,讓開枝散葉在歐美、澳洲、日本多年,不諳中文的親戚,可以透過英文來了解家族歷史。

收到讀者們的感謝心意,不但窩心,也是編輯同仁們不畏艱辛、不斷前行的原動力,一切的努力就為了一篇篇呈現在讀者眼前的生動內容,它記錄了台灣各時期的演變脈絡,也呈現了寶島上人們努力的身影。而本期《光華》的內容承襲過往的深度內涵,有台灣紡織產業再革新的專題報導,也有台日校際交流的情誼,以及廢棄空間再利用的地方創生故事,還有台亞基金會協力新南向的精彩歷程。

今年《光華》更將走入群眾,前進校園、書店、中研院等地,舉辦多場座談會,探討議題涵蓋「新住民」、「翻譯」、「攝影」、「公益」等面向,進行與讀者面對面之深度對談。《光華》發行迄今已43個年頭,今後也將以更謹慎之態度,完成記錄台灣人文、展現台灣多元風貌之任務,將台灣深厚之「暖實力」,廣傳至全世界。

Our Readers Are Our Motivation

Ivan Chen


An article published 36 years ago has stayed in the memories of alumni of Taitung’s Changbin Junior High School. Our April 1984 report “Progress Comes to a Remote Area” was what prompted an inquiry left on the Taiwan Panorama Facebook page by a Mr. Wang: “Can I still find copies of your magazine published in 1983 or 1984?” It turns out that at class reunions over the years they have often talked about that article, written while they were in their first year of junior high school. “At the time our homeroom teacher bought a copy for us all to read, but that was over 30 years ago….” The images of the school and its students recorded in the article represent not only the collective memories of that class, but also an authentic record of education in remote rural areas.

The Yen family, which flourished in the Keelung‡­Ruifang area of northern Taiwan, was one of the few notable clans in the early days to grow prosperous as entrepreneurs. A Ms. Yen has rung several times to thank us for helping her find an article from March 1994, entitled “Yen Yun-nien, Taiwan’s Mining Magnate,” which has enabled her younger relatives to better understand their family history. Beyond being a record of the Yen clan, it contains important historical information as well. She also praised Taiwan Panorama’s bilingual format, which allows family members spread across the world who can’t read Chinese to enjoy the article’s content.

Gratitude and praise from readers is not only heartwarming for our journalists, it also provides the motivation for their continuing efforts in producing one vivid article after another. Taiwan Panorama records the changes in Taiwan over time, and shows the hard work put in by the people of this island. This month’s issue carries on our tradition of in-depth reporting with a cover feature on innovations in Taiwan’s textile industry, as well as articles about friendship exchanges between schools in Taiwan and Japan, a pioneering local business that puts abandoned spaces to good use, and the remarkable work of the Taiwan‡­Asia Exchange Foundation in support of Taiwan’s New Southbound Policy.

This year we are also reaching out to readers and the public at large with a series of seminars on subjects such as immigrant communities, translation, photography, and charities. As in the past 43 years, in the future we will continue with our mission of recording Taiwan’s diverse cultures and lifestyles, to bring Taiwan’s “warm power” to the world.

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!