クロツラヘラサギの第二の故郷 ――国際協力のモデルとして

:::

2017 / 11月

文‧陳亮君 圖‧台江国立公園管理處 


自然資源を守り、文化と歴史を保存し、人々の暮らしと産業を受け継いでいくという、海と共存する概念が台南の台江では完全に解釈され実現されている。私たちはこの大地の価値といかに向き合えばいいのか、真剣に考えていかなければならない。先人の知恵をいかに継承し、さまざまな生物とどのように関わって生態バランスを維持していくべきか。また、国際的な生物保護活動に、台湾としてどのように関わり貢献していくべきなのだろうか。


請登入 瀏覽全文

《現在申請加入會員完全免費,並可免費查看光華雜誌歷年文章》

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!