絵本との幸福な出会いから イラストレーションの世界へ

:::

2017 / 7月

文・鄧慧純 写真・莊坤儒 翻訳・山口 雪菜


1989年以来、台湾のイラストレーターはボローニャ国際児童図書展絵本原画コンクールの常客となった。数々の台湾人イラストレーターの入選はその実力を証明している。台湾ではイラストレーターを志す者がますます増えており、彼らが一枚一枚描き出す美しい花園は、世界の目を台湾に向けさせる役割も担っている。


劉旭恭の作品『誰的家到了?(誰の家についた?)』は自動車の家族の物語。徐銘宏の『最後的三件事(最後の三つの事)』は夢の中で人生の重要なシーンを振り返る話。呉欣芷の『Farewell』は、孤独という名の心境を語るもの。これらはボローニャ国際絵本原画コンクールに入選した作品である。絵本は可愛らしいものでも憂いに満ちたものでも、叙事でも構わない。イラストは最もストレートに感動を伝える。

劉旭恭——想像は超能力

劉旭恭と絵本の縁は、大学院受験を準備していた時に訪れた。少し時間を取って子供の頃に大好きだった絵を描こうと思い、彼は陳璐茜の絵本教室に参加した。そこから「図画書倶楽部」の設立メンバーになった。そして33歳の時には会社を辞めて絵本創作に専念することにし、すでに21年になる。

彼の描く愉快な物語は、自分の生活経験から来ている。第18回信誼幼児文学賞図画書創作部門で第一位になった『請問一下,踩得到底٦\?(すみません、底に足はつきますか?)』は、深い池で泳いだ時の不安な経験を描いたものだ。『到烏亀国去(カメの国に行く)』は陳璐茜先生とのおしゃべりから考え付いたストーリーである。笑い話をしても、いつも5分後にようやく反応する友人がいるという話から、もしウサギがカメの国に行ったら、という想像をふくらませた。

劉旭恭の絵本の世界は、おもしろい設定に満ちている。理工系出身の彼は、物語の構成を重視しており、長い時間をかけて展開を考え、常に新しいストーリーを考える。例えば『小紙船』の物語はこうだ。豆粒3つの重さしか載せられない小さな紙の船は、自身でも豆2つ分の多さがあるのだが、それがゾウとライオンを載せて川を渡るという物語である。

劉旭恭にとって、絵本製作は一連の思考のプロセスである。かつて、自分は専門的な美術教育を受けておらず、絵画のテクニックで劣っていると劣等感を抱いたこともある。だが今は、逆に絵本の芸術性にとらわれすぎると、かえって子供の心を失ってしまうのではないかと考えるようになった。話をしている間、劉旭恭は常に自らに問いかけ、より良い答えを探し続けているように見える。

イラストレーターの道に進んだ自分を、劉旭恭は幸運だと考えている。「美術教育は受けていませんが、絵本を通して自分の奇想天外な発想を表現でき、それで暮らしていけるのですから」と言う。このように想像力豊かなイラストレーターがいる台湾も幸運である。

徐銘宏——写実から叙情へ

「この世から配達員が一人減っても気付く人は少ないかも知れませんが、絵を描くのが好きな人が一人増えるだけで、楽しくなります」と2015年にボローニャ絵本原画コンクールに入選した徐銘宏は話す。

美術学科出身の徐銘宏は、極めてリアルな絵を描くテクニックを持つ。写真かと見紛うほど写実的で、鉄も水の質感もほんものそっくりに描き出す。以前は光と影、材質、透視といった細部のすべてを完璧に描き込み、そこに価値があると考えていた。

祖父が亡くなった後、デザイン会社に勤務していた彼は実家の雑貨店を手伝うことになったのだが、絵をあきらめることはできず、7年後に再び絵筆をとった。が、この時はリアリズムを捨て、絵に思いを込めるようになった。こうした変化において、同じくイラストレーターである妻の薛慧瑩に感謝しているという。

以前は、写真を模して描いく習慣があり、心理描写は苦手だった。だが、薛慧瑩から他のタイプの絵本を見るように勧められ、素朴な画風に惹かれるようになったのである。「そういう画風の方が、真実に近いのではないかと感じるようになったのです」と言う。

徐銘宏の作品は新聞の文芸欄や小説の挿画として目にすることが多い。彼は、物語が転換する瞬間を描くのを好み、その作品は、何かが始まりそうな気配を感じさせる。まず、挿画を入れる文章の中から空間に関するキーワードを探し、自分に馴染みのある情景を利用して読者をそこへ引き込んでいく。

ボローニャ国際絵本原画コンクールで入選した作品『最後三件事』は、徐銘宏が再び絵筆をとってから3年目の作品だ。もとは小説の挿画で、森の中の時計職人の仕事場が舞台だった。だが、その画面の外に徐銘宏は新たな情景を想像して2枚の絵を加え、ある人が神秘の力を持つ3本の瓶を手に入れたという物語に変わった。その晩、その人は人生に大きく影響した3つのことを夢に見る。その出来事はまるでロングショットで見ているかのようで、その心象風景が審査員に評価された。

徐銘宏は授賞のためにボローニャを訪れ、視野を大きく広げた。「イラストレーションはやはり台湾から外へ出てこそ希望があります」と、イラストを通して世界へ出ていく目標を立てた。だが、徐銘宏の生活は変らない。午前中は絵を描き、午後は家の雑貨店を手伝う。夢はゆっくり追えばいい。雑貨屋の店員が一人減り、イラストレーターが一人増えれば、世界は確かにおもしろくなる。

呉欣芷——フリースタイル

呉欣芷は中学までは学校の美術コースに学んでいたが、他のことを試してみたいと思い、回り道をした後、再び絵画を中心とする生活に戻った。

「私にとって絵を描くのは本当に楽しいことだったのですが、中学に入るとプレッシャーを感じ始め、楽しくなくなったのです」と言う。そこで一般の高校に入り、成功大学外国文学科に進学した。大学時代はNGOのプランに参加してインドの貧しい子供のサポートに携わった。「本来は英語を教えていたのですが、絵が描けるというので絵も教えることになりました」この意外なきかっけで、彼女は再び絵を描く喜びを見出し、インドを旅しながら思いのままに描いた。さらに現地でできた友人を通して、人生は安定した仕事に就くことが全てではないと気付かされた。

何もかも忘れて打ち込めるものはないか。そう自問した時、彼女の答えは絵だった。だが、好きではあってもそれを職業とするには程遠いと感じ、イラストを学ぶために留学することを決めた。

イギリス留学中は順調なことばかりではなかった。呉欣芷はゼロからスタートするつもりだったが、クラスメートとの距離があまりにも大きく、自分はうまく描くことができなかった。「その頃は永遠にうまく描けないのではないかと思いました」と辛そうに話す。それでも懸命に努力し、食事と入浴と睡眠の時間以外、一日に十数時間描き続けることもしばしばだった。休みなく描き続けることで、呉欣芷は少しずつ方向を見出していった。

呉欣芷のインスタグラムを見ると、百枚に上る作品がアップされており、いかに旺盛に制作しているかがわかる。スケッチブックを手に行く先々で絵を描くというのはイギリスで身につけた習慣だ。イギリスの先生からは「less is more」という原則を学んだ。彼女の筆致は素朴で色彩はシンプルだが、情感に満ちていて楽しさがあふれている。常に「気ままに」描いていると笑う呉欣芷は、下描きはせず、先に頭の中で構図を考えてから直接描いていく方法で、自由なスタイルである。

ボローニャ絵本原画コンクールで入選した『Farewell』は彼女の卒業制作である。学校では毎年、すべての卒業制作をボローニャのコンクールに参加させているが、2016年の入選は2点のみで、いずれも台湾人の作品だった。入選は幸運であり、ひとつの前向きな評価だったと語る。打ちのめされて失っていた自信に、これでエネルギーが注がれた。ボローニャでの入選によって作品が人の目に触れるようになり、イラストレーターへの道を歩み続けることができた。

プロのイラストレーターとして生きる決意をした彼女は、昨年イギリスから帰国したばかりだが、帰国してからの半年は何から手を付けていいのかわからず、安定した暮らしを望む思いもあり、どんな仕事もすべて引き受けることにした。しかし今は、自分の生活に余白を持ち、自分の物語を創作する時間を持ちたいと考えている。

呉欣芷は、自分にとって絵を描くことは「呼吸」と同じぐらい自然で重要なことだと言う。彼女のフェイスブックを見ると、旅行の途中やカフェでのスケッチがアップされていて、絵が生活であり呼吸であるということがよくわかる。

イラストレーターの世界に踏み込み、彼らの物語を聞けば、あなたも筆を執って何か描きたくなるかも知れない。

英文 繁體中文

Entering Illustrated Worlds: Joyous Encounters with Picture Books

Cathy Teng /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Darryl Sterk

Since 1989, illustrators from Taiwan have often been selected for the Illustrators Exhibition of the Bologna Children’s Book Fair. Selection is a vote of confidence, an affirmation of an illustrator’s ability. Brushstroke by brushstroke, Taiwan’s illustrators are painting a beautiful picture of our island nation for all the world to see.


 

Three such illustrators are Liu Hsu-kung, author of Whose Stop Is This?, a story about a family of cars, Hsu Ming-hung, author of The Last Three Things, a retrospective reverie on important scenes in life, and Cindy Wume, whose Farewell is a meditation on loneliness.

Liu Hsu-kung:

Imagination as a superpower

Liu first encountered illustrated books when he was preparing for the entrance exam for graduate school. To rediscover his childhood love of drawing, he attended a class taught by Lucy Chen, who mentored him and invited him to be one of the founding members of the Children’s Book Book Club in 1996. At the age of 33 he quit his full-time job and started to illustrate children’s books full time. It’s been 21 years.

Liu’s main inspiration is daily life. For instance, the story he told in Tell Me, Can You Touch the Bottom?—winner of the 18th Hsin-Yi Illustrated Book Award—was inspired by a scary experience Liu had in a swimming hole. Another book, entitled Off to Tortoiseland, was the result of a conversation he had with Lucy Chen about a friend’s delayed reactions: this friend would finally get jokes five minutes after everyone else had stopped laughing. The anecdote made Liu wonder what would happen if a hare went to “Tortoiseland.”

With a background in the sciences, he structures his stories meticulously. He might consider as many as ten different plots before deciding on how the tale should unfold. In all cases, he aims to avoid rehashing the same clichés. His creative process results in fresh, funny scenarios like the story of The Little Paper Boat: tipping the scales at two beans, the little paper boat should only be able to carry a load of three beans, but somehow manages to ferry an elephant and a lion across a river. It’s a story with a nonsensical twist that will charm children and amuse their parents.

For Liu, illustrating has actually been a process of self-discovery. Once he felt inadequate because, unlike most illustrators, he never went to art school. But then he decided technique was less ­important than his childlike love of the medium. Illustrating is also a very intellectual activity for Liu Hsu-kung: during our interview he kept on engaging himself in a philosophical, almost scholarly dialogue, his way of seeking better answers to difficult questions.

Liu feels lucky to have had the chance to take this road in life: “My technique still isn’t anything special, but I can express my fantastical ideas through art, publish my works, and make a living.” Taiwan, too, is lucky to have a superhero of the imagination in Liu Hsu-kung.

Hsu Ming-hung:

From realism to lyricism

“It probably wouldn’t matter to anyone in Taiwan if there were one fewer deliveryman, but for there to be another illustrator, well, that might be very interesting,” says Hsu Ming-hung, who was selected to take part in the Bologna Illustrators Exhibition in 2015.

Unlike Liu Hsu-kung, Hsu did go to art school, where he acquired a formidable almost photorealist technique. He can paint pictures in which iron looks like iron, water like water, just like life. And that’s how he worked earlier on, requiring himself to meet exacting standards of light, material and perspective; he thought that was true skill.

But after his grandfather passed away, he was called back from his job at a design firm to work as a deliveryman for the family business, a grocery shop. Though he was helping out at the shop, he never lost his love of art. Seven years later he finally took up his brush again, but this time he changed his approach, forgetting all the rules he learned at art school and instead conveying his finer feelings onto the page. He ­credits his wife, fellow illustrator ­Hsueh Hui­yin, for his change of tack.

Once he used to check his work against a photograph, not exploring inner realms. But after his wife introduced him to a more subjective kind of illustrated book he discovered his fondness for a simpler, more down-to-earth style. “With this approach to illustration it’s easier to see the true emotional inspiration.”

The work that won Hsu an invite to Bologna is The Last Three Things, which he finished three years after he started creating art again. The illustrations were originally supposed to be for a work of fiction about a watchmaker’s workshop in the forest. But Hsu ended up adding here and there, introducing new plot developments as he painted new pictures. It turned into the story of a person who happens to buy three magical bottles; that evening he dreams of three formative events in his life, journeying deep into the landscape of his mind. It was this profound psychological exploration that caught the eye of the judges.

Since the exhibition, his life has remained the same: he gets up and draws in the morning and helps out at the family store in the afternoon. He still dreams of taking another trip into the larger world, but feels he can take it one step at a time. One more illustrator in the world really is something, because he makes the real world a more interesting place to live in.

Cindy Wume:

Painting freestyle

Cindy Wume has come full circle: after three years in an art stream in junior high, she left art to try other things in high school and college, but has now decided to return to art, to center her life around drawing and painting.

“To me, painting is something I always enjoyed, but when I got to high school I was under a lot of pressure and didn’t find the same pleasure in it.” So she switched to a regular academic high school and took foreign languages at National Cheng Kung University, where, after classes, she used to participate in nongovernmental organization projects. On one such project she went to India to provide assistance to impoverished children. “At first I was teaching them English, but then I started showing them how to draw.” That’s how she rediscovered the joy of drawing. She did a lot of doodling in India and made some local friends, both of which helped her realize that life isn’t just about finding a steady job.

Maybe everyone can find some form of labor that isn’t work. For Wume it’s painting. But enjoying something is hardly the same thing as doing it professionally. So she decided to go to England to study illustration.

She had some setbacks along the way. She went back to zero, had to start all over again when she realized how far behind her classmates she was. Sometimes she just couldn’t get it right. “I felt like I’d never see the day when I got really good,” she said, reliving her despondency. But she never gave up. She persevered, often spending over ten hours a day drawing. Sometimes it was all she did besides eating, bathing and sleeping.

Check out her Instagram account and you’ll see in over a hundred works how hard she tries. A habit she picked up in England, she carries a sketchbook with her wherever she goes and draws whatever she sees. “Less is more,” a principle she learned from her teacher in England, is her motto. Her style is simple, her palette plain, but her pictures are filled with emotion and childlike whimsy. A person who often describes her approach to drawing as freestyle, she never makes a draft before she paints. Instead, she does the composition in her mind, in order to retain freedom when she puts brush or pen to paper.

The work that was accepted for the Bologna Illustrators Exhibition is called Farewell. It was actually her graduation project for art school in England. It was a stroke of good luck that she was selected, and an affirmation. It gave her an injection of energy when her self-confidence was low. It was also an opportunity to get noticed, and to keep on moving towards a career in illustration.

Having decided to make a living at illustration, she came back from England last year. At first, she was just getting started, and felt like she couldn’t let any opportunity go. Soon, she had taken on a lot of different projects. But now she chooses to leave some space “blank” in her daily life, time she spends creating—making her own art and writing her own stories.

To Wume, painting is life, and drawing is like breathing, both natural and necessary. On her Facebook you can often see her sharing her sketches, which she makes when she is traveling or at a café.

Having entered the worlds of illustrators and listened to their stories, maybe one day you too will want to take up the pen and doodle your thoughts and feelings.

走入插畫小宇宙 與繪本幸福相遇

文‧鄧慧純 圖‧莊坤儒 翻譯‧Darryl Sterk

1989年以來,台灣插畫家已是波隆那插畫展的常客,入選代表肯定,更意味實力。如今有越來越多人投入插畫創作,台灣插畫家一筆一畫繪出了一片美麗的花園,也讓世界看見台灣。

 


劉旭恭的《誰的家到了?》,用童言童語說汽車家族的故事;徐銘宏的《最後三件事》在夢境中回憶人生重要鏡頭;吳欣芷的《Farewell》講述名為孤單的心境,這些都是入圍波隆那插畫展的作品。插畫可以可愛,可以憂傷,可以是敘事,也可以是想像。圖像總能傳遞最直覺的感動,在每個需要療癒的時分。

劉旭恭──想像的超能力

一腳踏入繪本的國度,劉旭恭與繪本結緣在準備考研究所的日子。為了撥一點時間重拾兒時喜愛的畫畫,他參加陳璐茜老師的繪本課,又一路成為「圖畫書俱樂部」的創始成員之一,每年參與手製繪本聯展,33歲那年他辭去專職工作,全心投入繪本創作,至今已21年了。

總是畫出許多有趣的故事,劉旭恭的靈感來自生活經驗,獲得第18屆信誼幼兒文學獎圖畫書創作首獎的《請問一下,踩得到底嗎?》是自己在深潭游泳的恐懼經驗;《到烏龜國去》是跟陳璐茜老師聊到,有一位反應很慢的朋友,聽笑話總是5分鐘後才有反應,於是讓他想像如果一隻兔子到烏龜國做客的情境;而入選2015年波隆納插畫展的《誰的家到了?》則是為了喜愛汽車的兒子而創作。

在劉旭恭的繪本世界裡,充滿超有趣的設定,理工出身的他,特別重視故事的結構,花了許多時間思索故事如何呈現,他可能安排了10個情節,但只要是用過的老哏,就會放棄再想新的。像《小紙船》的故事,只能載重三顆豆子的小紙船,自己就有兩顆豆子重,它還載了大象和獅子一起過河,天真又無厘頭的設定,這訴說人不可貌相的故事,讓人不覺莞爾。《愛睡覺的小baby》,則是說著在眾人皆睡的夜晚,小baby兀自醒來,開著直升機防禦飛碟的攻擊、用消防水柱對抗噴火恐龍,也讓人驚呼插畫家無敵的想像力。

劉旭恭形容這就像解數學題,故事沒有正確公式,只有滿不滿意。對於構圖,他也花費許多時間安排,總是畫到滿意的草圖才罷手。

對劉旭恭來說,製作繪本是一連串思辨的過程,他曾經自卑未曾受過專業的美術訓練,繪畫技巧不如其他插畫家;但他又反思,是否需如此在意繪本的藝術性,而失卻了童真。在訪談的過程中,劉旭恭像學者不斷地自我論辯,總是努力尋求更好的解題方式。

儘管創作那麼多有趣的故事,卻未必皆能順利出版,但劉旭恭反向思考,覺得換來更多時間沉澱作品的細節,何嘗不是好事;像《橘色的馬》這本充滿童趣、又富哲理的繪本曾在多家出版社碰釘子。故事是一匹橘色的馬憑著半張照片尋找兄弟,他想像對方應該也是橘色的,卻只遇到咖啡色的馬,兩人各持有的半張照片也無法接合,最後他們修剪照片拼成一張完整的相片,也成為好朋友。故事後來找到獨家文化和高雄市文化局合作,不僅在國內頗受歡迎,也賣出韓國及瑞典版權。

能踏上插畫家之路,劉旭恭自覺是個幸運的人,「我的畫畫技巧沒有很好,又非科班出身,可是能藉由繪本來表達我天馬行空的想法,又能賴以為生。」而台灣擁有這樣一位想像力超豐富的插畫家,也很幸福。

徐銘宏──從擬真到寫意

「這個社會少一個送貨的應該沒有人會發現;可是如果多一個喜歡畫圖的人也許會蠻有意思的。」2015年入圍世界波隆那插畫展的徐銘宏說。

美術科班出身的徐銘宏,擁有一手傲人的擬真畫功。拿著相片比對,他的畫就像翻拍,畫鐵是鐵,畫水是水,在紙上如實呈現。他說以前的作品像在刻畫,他會要求自己從光影、材質、透視等每個細節都完整兼顧,認為這才是功夫。對自己細膩的畫工也有一股傲氣,昔日的作品他總是很慷慨的送人,「再畫就有了」,他說。

因為爺爺過世,原本在設計公司工作的徐銘宏被召回家中雜貨店幫忙;但他始終鍾情繪畫,7年後他再重拾畫筆,只是這一回,他一改擬真的風格,拋去學院派的規矩,學著寫入一點一滴的情緒。而這樣的轉變,他說要感謝同是插畫家的妻子薛慧瑩。

「她一直說她沒有幫到我,可是我覺得有,因為每次她和插畫家聚會,我都可以在一旁不小心曝光,大家就會對我有興趣,所以還能夠跟出版社接得上。」徐銘宏笑著說。

徐銘宏從前畫東西非得要有照片模擬,也不太描繪心理層面,但薛慧瑩分享徐銘宏接觸不一樣的繪本,讓他慢慢愛上樸質的畫風,「那樣的東西對我來說比較看得出真實的感情」。

徐銘宏的作品多見於報紙副刊或小說插畫中,他喜歡將畫面設定在故事將發生轉變的時間點,讓醞釀的情緒隱隱地溢出畫面;總是最先從文章中找出空間的關鍵字,利用熟悉的空間場景,帶領讀者進入圖像的情境。

入圍波隆納插畫展的作品《最後三件事》,是徐銘宏重拾畫筆後第3年的創作。原本是搭配小說的插圖,描述一間在森林中鐘錶師傅的工作室,但在畫面之外,徐銘宏又賦予它新的情節想像,再補畫兩幅圖,故事便轉換成某個人偶然買了3個擁有神秘力量的瓶子,在當晚的夢境中,重回過去經歷影響他一輩子的3件事。3個夢境彷彿是用長鏡頭窺視過往,深入內心風景的敘事獲得評審團的青睞。

徐銘宏藉著領獎的機緣前去一趟義大利波隆那,開了眼界的他覺得「插畫這條路還是要跨出台灣,比較有希望。」立下用插畫走出台灣的夢想,但徐銘宏的生活依然如常,上午畫畫,下午幫忙家中雜貨店,夢想在那兒,但可以慢慢來。少了個雜貨店貨員,多出一位插畫家,世界果然有意思多了。

吳欣芷──自由揮灑畫筆

高中以前就讀美術班,途中出走去嘗試新事物,吳欣芷出去繞了一圈,又選擇畫畫當生活的重心。

「對我來說,畫畫是很享受的事,可是到了國中壓力變大,畫畫的快樂變質了。」於是她轉入一般高中,考進成功大學外文系,還利用大學課餘時間,參加非政府組織的計畫,到印度協助清貧家庭的孩子;「本來只是教英文,因為我會畫畫,就順便教孩子畫畫。」這意料外的機緣,卻讓她重新享受畫圖的快樂,在印度旅行途中,塗鴉也伴她度過許多時光;在當地認識的朋友,更讓她意識到人生並非只有找個穩定工作一途。

是否有件事是你可以不斷投入,如何都不累?畫畫就是吳欣芷的解答。但喜歡離專業還有好一段距離,她決定出國學插畫。

在英國求學的歷程,並非一路順遂。吳欣芷將自己歸零重新開始,卻見識到與同學極大的差距,怎麼都畫不好,「你會覺得永遠看不到自己變好的那一天」,吳欣芷的語氣帶著一點沮喪。但她堅持過來,常常一天除了吃飯、洗澡、睡覺外,十幾個小時都在畫畫,不休息的畫筆,讓吳欣芷慢慢地找到方向。

點閱吳欣芷的「Instagram」,上百張作品可見她在創作上的勤奮。隨身帶著速寫本,四處畫畫,是吳欣芷在英國養成的習慣;「less is more」,是她從英國老師那邊學到的原則。她的筆觸樸拙,色彩簡單,卻飽含情感,充滿童趣。總笑稱自己畫畫的方式很「揮灑」,吳欣芷作畫不打草稿,構圖先在腦子裡安排好,直接作畫,比較能保持自由。

入選波隆那插畫展的作品《Farewell》是她的畢業作品,校方每年統一將畢業作品報名波隆那插畫展,2016年只有兩件入選,創作者都是來自台灣的插畫家。吳欣芷說能入選是一種幸運,也是一種肯定,為飽受打擊的自信心注入能量,而入選波隆那更是一個被看見的機會,讓她可以繼續朝插畫生涯邁進。

決定靠插畫維生的她,去年剛從英國回來,前半年的日子,不知道如何開始,又想追求生活穩定,因此不願意錯過任何工作機會;但是現在她選擇讓生活多一些留白,多花一點時間創作,多寫一些自己的故事。

除了繪畫,吳欣芷也開班授課,她希望學員別只專注在結果,更要享受繪畫的過程,包括可能經歷的自我懷疑或是負面情緒,一如她在英國孤身在外,藉由畫畫面對孤獨。

吳欣芷詮釋畫畫對她而言是像「呼吸」一般重要且自然,常看到她在臉書分享自己在旅行中、咖啡館的速寫作品,畫畫是生活,畫畫是呼吸,一點都沒錯。

走進插畫家的世界,聽他們的故事,或許你有天也想拿起畫筆,塗塗鴉。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!