台湾妖怪演義 クリエティブ産業の新たな道

:::

2017 / 11月

文・蘇俐穎 写真・莊坤儒 翻訳・久保 恵子


最近の流行を見ると、小説『指輪物語』『陰陽師』、映画版の『トワイライト』『ハリー・ポッター』に、アニメ『千と千尋の神隠し』『妖怪ウォッチ』、さらにはスマホゲーム「ポケモンGO」と、どれも妖怪を素材に扱っている。なぜ人々は、妖怪から豊かなファンタジーを生み出せるのだろう。台湾にも妖怪はいるのだろうか。昨今、妖怪伝説に魅せられた人々が、学界の主流から排除された妖怪たちを文献資料から見出し、妖怪の魅力について語ろうとしている。


何年も前のこと、小説家の何敬堯がまだ文学部の大学院生だった時、台湾の歴史小説を研究しながら、中国や日本の娯楽性の高い歴史小説に惹きつけられていた。歴史小説を書こうとしていた彼は、「台湾には血涙流れる抗争の歴史しかないのだろうか、どうにかして、歴史小説に対する一般の人の興味を掻き立てられないものか」と自問していた。

その一方、台湾大学と政治大学ファンタジークラブのメンバーは、台北地方異聞ワークショップ(北異地と略称)を設立していた。高度に現代化され、秩序と効率を重視する社会にあって、多様な思考方式が排除されようとしている中、ファンタジーに魅せられた彼らは、想像の空間を広げたいと考えるようになった。

そこで彼らは、今までと異なる方向から妖怪というキーワードを発見したのである。

資料に散らばる貴重な結晶

台湾の伝統文化では鬼神は好まれるが、妖怪文化は見当たらない。西洋にはドラゴン、妖精、バンパイヤ、日本には河童や天狗など数多いが、台湾ではだれでも知っている妖怪は虎姑婆、魔神仔などしかなく、そこから派生する二次創作も数少ない。それでも、台湾に妖怪がいないわけではなく、歴史学や民俗学に取り上げられていないだけで、400年余りの歴史の中で、妖怪談はあちこちの資料に散在している。

中国の山海経、聊斎志異、日本の古事記、西洋のギリシャ神話などは、昔から多くの文人、好事家が奇談を採集、編集し、後世の人がこれを広めて、妖怪文化の伝統が形成されてきた。そこで北地異と何敬尭とは、時代に使命を担おうと、妖怪という処女地に踏み出し、遠征を始めた。

北地異が2016年に出版した『唯妖論』は、台湾の妖怪談収集の先駆けとなった。収集された妖怪は49体で、それぞれに現代社会において人が遭遇した物語が付され、小説と参考書の融合スタイルをとっている。共著の高珮芸は「昔ながらの、田舎に発生するような物語を現代社会に置き替えると、どうなるかと試しました」と語り、羅伝樵は「妖怪を過去の消失したものとしたくなかったのです」と、現代に召喚した意味を話す。

妖怪を小説に取り入れて、台湾の妖怪文化を考察してきた何敬尭が2017年初に発表した『妖怪台湾』は、5年をかけて大航海時代から戦争(1624~1945年)までの300年について、各種書籍や新聞雑誌に散在する妖怪229体を取り上げ、整理した百科全書的大著である。

妖怪を取り上げ「幻の港」「怪物たちの迷宮」の小説を発表し、この文化資産を鉱山、宝庫と形容する彼は「この資産は、自分で使うだけではなく、多くの才能ある人にテレビ、映画、コミック、ボードゲーム、スマホゲームなど、ミディアミックスで応用してほしいのです」と言う。

彼らメンバーたちは、まさに苦労して土地を耕し種播きを始めた農夫であり、仲間に呼びかけ、台湾の妖怪物語を語り、描き、そこから台湾固有のファンタジーを育てていこうとしている。

妖怪の面を付け、その思いを語る

それぞれの出発点を見ると、何敬尭が「妖怪は面白く、新しいイメージで、誰でも妖怪の面を付ければ思いを語れるのです」と言う通りである。妖怪は人々の興味を惹き、オリジナリティがありながら主流とはならず、誰でも自分の発想で活用していくことができる。

何敬尭にとっては、妖怪談は楽しく読み始められ、冒険のように読み進め、最終的に静かな思考に落ち着くものだ。妖怪談を新しいストーリーで包み込み、一般の人を歴史小説に誘い、自分が生活するこの土地を改めて考えさせる。北地異は現実からの突破口として妖怪を位置づけ、当り前になっている現代化した生活に挑戦し、幅広い想像の空間を広げようとする。一方、文学を軸とする彼らとは異なり、デザインに従事する角斯は、それまで他者のための受注デザインから、視覚的に台湾の妖怪をキャラクター化し、自身のための新しいジャンルを開いくことに成功した。

角斯は、伝統文化をデザインに取り入れた日本のブランド「京東都」から発想を得て、台湾でも何かできないかと考えた。その方向で思考を重ねた結果、角斯は気に入った妖怪を選び、そこにアイディアと独自のデザインを組み合わせ、新しいキャラクター20点を作り出した。そこには花蓮の先住民伝説のキャラクターで、赤ん坊を食い、星を捉える「アリカガイ」があり、また屏東の大武山の気象をイメージ化した「火焼風」、玉山にいて黄色い雨合羽を着ているという妖怪「黄色小飛侠」などを生み出し、これを基に絵葉書、絵本などの出版物を開発していった。

キャラクター化に成功してから、さらにマルチメディア化に乗り出していった。2016年には、ゲーム・デザイナーのErichと共に、代表作のテーブルゲーム「台湾妖怪闘陣」を制作した。そのアニメのようで色彩鮮やかなゲームは、グラフィックデザインとして優れている。そのオリジナリティ溢れるコンセプトは、クラウドファンディングの段階ですでに評判を呼び、発売後は人気商品となり、台湾の妖怪をブランド価値としたその戦略は高い評価を受けた。

多様化を目指す宝の島

クリエィティブ産業の源泉となるに止まらず、文化研究の観点から、例えば柳田国男が日本の妖怪を研究して大和民族の過去を理解したように、妖怪には見過ごせない価値がある。現在から将来に渡り、現代化が急速に進む台湾において、台湾の民族的性格と文化の流れを観察するには、その固有の要素を保存する妖怪は重要である。

『妖怪台湾』の編纂において、何敬尭は「中国地方志」から「台湾文献叢刊」、オランダの資料「ゼーランディア城日誌」など、国境を越えたさまざまな文献を漁った。その範囲はドイツ、フランス、スウェーデン、オランダ、日本、中国から先住民族まで、異なる文化的背景を有する9地域に渡り、四方八方から来た人がこの島に自分の想像をはばたかせている。台湾文化の包容力を見て取れることだろう。

「台湾の妖怪は各種各様、森羅万象を網羅し、台湾が豊かな包容力を具えた島であることを反映しています。異なる民族との交流、妥協と衝突を経ながら、共存共栄する海洋型の国家に発展してきました。これが『妖怪台湾』を編纂して得た啓示なのです」と語る。今日、台湾にやってくる移民や外国人労働者も、彼らの物語を携えてこの地にやってきて、この地の流れの一つとして、この島の文化的想像力を育む。台湾の妖怪を手掛かりに、多様な文化が共存する島のイメージが形成されていくことだろう。

相關文章

最新文章

英文 繁體中文

A Creative Wellspring Uncapped: The Fictionalized History of Taiwanese Yaoguai

Lynn Su /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Scott Williams

Pop culture has undergone a “monstrous” renaissance in recent years, with books like The Lord of the Rings, films like Twilight, cartoons such as Spirited Away and Yo-kai Watch, and even mobile games like Pokémon Go all incorporating fantastical elements. Why have fantastical creatures (called yao­guai in Chinese) proved such a creative wellspring? Does Taiwan have such creatures of its own? Fans of traditional monster stories have begun combing through historical documents for information on these creatures, long banished to the fringes of academic study, and are trying to explain their charms to others.


 

While a graduate student in literature, novelist Ho ­Ching Yao studied historical novels about Taiwan. But Ho was also very interested in mainland China’s and Japan’s very entertaining alternate histories. Hard at work on his own historical novels, he wondered: “Is there more to Taiwanese history than sad and bloody conflicts? Is there any way to make our history more interesting to ordinary people?”

Meanwhile, a group of former members of the fantasy clubs of National Taiwan University and National Cheng­chi University were establishing the Tai­pei Legend Studio. Confronted by modern society’s focus on order and efficiency and its rejection of different modes of thinking, the studio’s members yearned to loosen society’s strictures and create more space for the imagination. They felt that fantastical creatures could provide a doorway to their dreams.

Winnowing wheat from chaff

But, for all that Taiwan’s traditional culture is filled with gods and spirits, the island doesn’t have much in the way of a “yaoguai culture.” It’s not that Taiwan has no fantastical creatures, it’s just that orthodox historians and folklorists haven’t paid them much heed. But Taiwan’s more than 400-year-long documentary history is littered with heterodox ­discussions.

As with mainland China’s The Classic of Mountains and Seas and Strange Stories from a Chinese Studio, and with the Greek myths, turning these stories into a creative resource requires that they first be collected and compiled. Recognizing that it is the repeated use of such stories by later generations that gives rise to a yao­guai culture, Ho and the Tai­pei Legend Studio have made it their mission to pioneer Taiwan’s largely untouched fantastical terrain.

In 2016, the Tai­pei Legend Studio published Taiwan’s first literary history of fantastical creatures, ­Yao-Guai Matters. The book integrates fiction and reference material, and includes original short stories that have each of its 49 fantastical creatures encountering people in the modern world. Co-author Kao Pei-yun explains: “We took the kind of stories that seem like they would have taken place in a rural village long ago, and put them into a modern setting to see what would happen.” Luo ­Chuan-­chiao adds: “We didn’t want to make it seem like yao­guai were things from that past that no longer exist.” With the book’s publication, the modern summoning of Taiwanese fantastical creatures had begun.

Ho himself has moved on from integrating fantastical creatures into his fiction to exploring the literary history of Taiwanese yao­guai. His Taiwan Monster Story, published in early 2017, offers an encyclopedic take on the 229 appearances of fantastical creatures in Taiwan recorded in books and newspapers from 1624 to 1945.

Ho incorporated yao­guai into his novels Fantasy Alley and Monster Maze, and describes these rich cultural assets as a “goldmine” and a “treasure trove” for artists. He says, “Rather than just revitalizing a cultural asset for my own use, I’m hoping to encourage talented people to incorporate yao­guai into a variety of fields, like television, film, comics, tabletop games, and mobile games.”

Ho and the Taipei Legend Studio are like farmers who have laboriously tilled the soil and are now waiting for their harvest. Having banded together with their friends to talk about Taiwan’s yao­guai stories and strengthen the underpinnings of Taiwanese fantasy fiction, they hope to build the fertile soil necessary to nurture the genre.

Speaking through monsters

The marginality, creative possibilities and just plain fun of monsters enable writers to write them however they like.

As Ho says, “People read for entertainment. The process is an adventure that ends in quiet reflection.” He is using yao­guai as a new way to “package” historical novels and make them interesting for ordinary readers, and also as a means to reexamine the land where he lives. The Legend Tai­pei Studio is using yao­guai to push past the real world, pose challenges to our modern way of life, and open up our imaginations. ­Chiaos, on the other hand, is an illustrator who has created a new model for his business using his drawings of Taiwan’s yao­guai. He says that with his new approach, he’s aiming to please himself rather than others.

After collecting and studying a number of yao­guai, ­Chiaos chose 20 that he liked, including Ali­ka­kay, a star-trapping, child-eating figure that appears in the legends of Hua­lien’s Aborigines, and Sio-hong, a hot, dry wind that is a feature of the climate around Ping­tung’s Mt. Dawu. He then interpreted them in his own artistic style, producing characters that he used to create postcard books and fold-out books.

The initial success of his designs led to opportunities to cooperate on more diverse projects. Taiwan Monsters Brawl, a tabletop game he developed with game designer Erich, is a case in point. ­Chiaos tweaked his character designs for the game, making them more over-the-top and cartoony, and increasing the saturation of the colors to the kinds of levels used in ­commercial ­applications. The unique game concept attracted a great deal of interest when he and Erich raised funds for it online, and the game itself went on to sell like hot cakes, validating ­Chiaos’ strategy of building a brand around Taiwanese yao­guai.

A beautifully diverse island

In addition to being a resource for the creative and cultural industries, Taiwan’s yao­guai can be viewed through the lens of cultural research. The Japanese folklorist Ku­nio Ya­na­gita used his studies of Japanese yo­kai (“yao­guai”) to understand the past, present and future of the Ya­mato people. As Taiwan continues to hurtle into modernity, its yao­guai provide a great way to observe and grasp its national character and culture.

Ho says that while writing Taiwan Monster Story, he skimmed through large numbers of documents and historical materials written by people of many different ethnic backgrounds, including German, French, Swiss, Dutch, Japanese, Chinese, and Aboriginal. The fact that each inscribed their own imagination on Taiwan has helped give rise to Taiwan’s eclectic cultural character.

Ho says: “Taiwan’s yao­guai come in all shapes and sizes, reflecting Taiwan’s all-embracing nature. The exchanges, compromises and conflicts between those different ethnic groups gave rise to a syncretic maritime nation. That was my biggest epiphany from completing Taiwan Monster Story.” Similarly, today’s immigrants and migrant workers are bringing legends of their own to Taiwan, where they are converging into a single larger stream and enriching our cultural imagination. Tracing the thread of Taiwan’s yao­guai casts our island’s amazing diversity into brilliant relief.                          

台灣妖怪演義 力闢文創產業的活水泉源

文‧蘇俐穎 圖‧莊坤儒

盤點近年的流行文化,舉凡小說《魔戒》、《陰陽師》,電影《暮光之城》、《哈利波特》,動畫《神隱少女》、《妖怪手錶》,手機遊戲《寶可夢》……等,許多令人耳熟能詳的作品,不約而同都以「妖怪」為素材。為什麼妖怪可以供應源源不絕的靈感來源?台灣有妖怪嗎?如今,有一批著迷於妖怪傳說的人,嘗試從文獻史料中考據出這些被排除在學術主流以外的邊緣角色,並試圖告訴人們妖怪的魅力何在。

 


 

許多年以前,當小說家何敬堯還是一名文學研究生,他一面從事台灣歷史小說研究,另一方面又深受來自中國、日本,具有高度娛樂性的架空歷史小說吸引。致力創作歷史小說的他,忍不住自問:「台灣歷史就只有血淚斑駁的抗爭史而已嗎?」、「有什麼辦法,可以提高一般人對於歷史小說的興趣?」

而另一群由臺灣大學、政治大學奇幻社成員組成的「臺北地方異聞工作室」(簡稱「北地異」),受到奇幻文類吸引的他們,觀察高度現代化的社會,以秩序、效率為宗,卻在無形間排除掉不同的多元思維方式,於是他們興起了鬆綁框架、開啟想像空間的渴望。

不約而同,他們都發現了「妖怪」這把關鍵鑰匙。

蒐羅史料中散落的珍貴結晶

事實上,台灣傳統文化雖然喜談鬼神,卻沒有妖怪文化。西方有龍、精靈、吸血鬼,日本有河童、天狗、姑獲鳥等,台灣除了較常聽見的虎姑婆、魔神仔等,大眾熟知的台灣妖怪屈指可數,由妖怪衍申出的創作更屬罕見。然而,台灣並不是沒有妖怪,只是不被正統的歷史學、民俗學學者重視,但經過四百多年的歷史累積,不乏散落在史料中的妖怪異譚。

正如同中國《山海經》、《聊齋誌異》、日本《古事記》,以及西方《希臘神話故事》,經過古代的文史工作者逐一採集、編纂,才匯聚成被矚目的可觀資源,並經過後來的人不斷地應用,形成妖怪文化的傳統。因此,北異地與何敬堯自告奮勇接下時代的使命,踏上這塊處女地,展開漫長的征途。

北地異在2016年出版的《唯妖論》,首開台灣妖怪文史工作的先聲。書中選入49個妖怪,較特殊的是,團隊為每個妖怪撰寫與人在現代社會相遇的短篇故事,融合小說與參考書的形式。共筆作者高珮芸說:「我們試著把這些很像舊時代,只會發生鄉村裡的故事,放到現代社會裡,看看會發生什麼事。」羅傳樵接著補充:「因為不希望把妖怪視為已經消失、過去的東西。」台灣妖怪的現代召喚油然而生。

從融合妖怪元素到自己的小說中,以至一頭栽入台灣妖怪的文史考察工作,由何敬堯所編寫,在2017年年初出版的《妖怪臺灣》,更歷時5年的時間,一口氣將編制拉到大航海時代至戰後(1624~1945年),梳理三百多年來,散落在各種報章書籍中的文獻,羅列出229個妖怪群像,堪稱重量級的百科全書。

已運用妖怪元素,寫下《幻之港》、《怪物們的迷宮》兩本小說的他,屢屢以「礦山」、「寶庫」來形容這座無形的龐大資產。他說:「活化了這些資源,與其說只讓自己使用,我更希望拋磚引玉,鼓勵更多有才華的人,在電視、電影、漫畫、桌遊、手遊等不同領域作應用。」

激活原本只存在古籍中的台灣妖怪元素,邀集更多人參與創作,不僅僅是同好間互通聲氣而已,更意味著充實本土奇幻世界體系的底蘊,對於這一群文創工作者來說,更饒富深意。

不論西方或者東瀛,妖怪、神明傳說,往往都是奇幻創作的源頭,而從每個角色延伸出去的,是一整個完整的文化體系,就好比一提及梅杜莎,我們可以立刻聯想到希臘眾神的世界。羅傳樵進一步說明:「在奇幻文類的脈絡裡,採用哪個文化體系作為核心資源,就會產生既定的文化印象,並且主導故事發展,這比作者是哪國人更重要。」如同在西方奇幻小說剛引進日本時,日本小說家水野良也受其影響,寫下帶有西方風格的《羅德斯島戰記》。

高珮芸補充道:「就像日本河童,也是透過不斷重複被書寫,才建構出河童的鮮明形象。」如今,大部分的台灣奇幻小說面貌依舊相當模糊,甚至不接地氣,關鍵就在於缺乏完整的文化體系。這群文字工作者,就像辛勤翻地、等待播種的農夫,藉由呼朋引伴,反覆去講述、繪製台灣妖怪的故事,為的就是強化臺灣奇幻的完整性,並且形成可以孕育出本土奇幻的沃壤。

戴上妖怪面具說出個人想法

回歸到各自的脈絡,正如同何敬堯說的:「妖怪是一種有趣的、新的形象,任何人都可以戴上妖怪的面具,去講述自己的想法。」妖怪具備的趣味性、邊緣性與原創性,讓所有人都能根據各自的需求作進一步的經營。

對何敬堯來說:「閱讀的起點是娛樂,過程是冒險,終點是安靜的思考。」他運用妖怪新穎的包裝,吸引一般大眾閱讀歷史小說,並且重新觀照自己賴以生活的土地。北地異則以妖怪作為現實的破口,挑戰一般人習以為常的高度現代化生活,開啟更寬闊的想像維度。有別於何敬堯與北地異多從文學著手,從事設計的角斯,則取徑視覺,他將台灣妖怪角色化,開啟自己事業的新藍圖,意圖扭轉過去的商業接案,總是為他人作嫁的情況。

角斯的靈感,源自於日本品牌「京東都」,京東都大量活用日本傳統文化在織品設計,角斯也把視野轉回台灣,經過考察、彙整,挑選出心儀的妖怪,並融合個人風格與創意,創造出二十幾個角色,包括花蓮原住民傳說中吃嬰兒又會捕捉星星的「卡卡巨人」(阿里卡該)、將屏東大武山特殊氣候形象化的「火燒風」、流傳在玉山穿著黃色雨衣的鬼怪「黃色小飛俠」等,再發展出明信片書、繪卷書等獨立出版品。

角色設計上的初步成功,讓他成功爭取來更多元的合作機會。2016年底與遊戲設計師Erich合作的「台灣妖怪鬪陣」桌遊,更是代表作。這款遊戲結合鄭成功與鶯歌妖鳥的傳說作基本世界觀,角斯也將角色誇張化、動漫化,彩度也大幅調高,以符合商業設計使用,從視覺影像、遊戲機制、商品細節全程親力親為。獨樹一格的原創概念在網路募資時期就引起熱議,商品的熱銷,也肯定了他以台灣妖怪作為品牌核心價值的策略。

凝視包容多元的華麗島

除了作為文創產業的泉源,由文化研究的角度看來,就像日本民俗學家柳田國男,藉研究日本妖怪來理解大和民族的過去、現在與未來,想在毫不猶豫往現代化進程中邁進的台灣,找到具有原生區隔性的元素,藉以觀察台灣的國族性格與文化采風,妖怪可謂不二之選。

何敬堯談到,因為編寫《妖怪臺灣》,他大量瀏覽如中國地方志《臺灣文獻叢刊》、荷蘭官方史料《熱蘭遮城日誌》、法國軍官著的《利邦上尉東印度航海歷險記》等不同族群的人寫下的文獻史料,範圍涵蓋德國、法國、瑞典、荷蘭、日本、中國等,還有原住民族,共有9個來自不同文化背景的人,這些來自四面八方的人,各自在這座島嶼上講述自己的想像,台灣文化兼容並蓄的性格由此可見。

他說:「台灣妖怪的包羅萬象,反映出台灣是包容力強大的島嶼,藉由不同民族交流、妥協、抗衡,在共生共榮中發展出的海島型國家,這是完成《妖怪臺灣》最大的啟示。」而正如同今日的移民移工,也正攜帶著他們的傳說來到這裡,匯流成其中的一支,豐富島上的文化想像。循著台灣妖怪的線索,我們可以看見一座多元共存的華麗島意象,昭然若揭。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!