言語を越えて魂を揺さぶる

——プユマのサンプーイ
:::

2020 / 5月

文・謝宜婷 写真・風潮音樂提供 翻訳・山口 雪菜


彼は第28回金曲賞(ゴールデン‧メロディ‧アワード)で3つの賞を取った。その年の最有力候補とされた五月天(メイデイ)を超え、主流の中国語楽曲を打ち破って最優秀アルバム賞を受賞したのである。この時、多くの台湾人は初めて本格的に先住民音楽の美に触れ、「山谷のやさしい風と暖かな陽光」を感じさせる歌に、大自然の中での生命の純粋な力を感じたのである。

桑布伊(サンプーイ)は台東県出身のプユマ族で、幼い頃から集落で歌われてきた古い調べに魅了されてきた。アルバムに収められた楽曲はすべてプユマ語で書かれている。その大地への熱い思いをのせた、温かく深みのある声は台湾人だけでなく、世界のアーティストの共感をも呼び、2017年には米国の第60回グローバル‧ミュージック‧アワードの金賞に輝いた。


音楽は生活そのもの

撮影の日、私たちは新北市樹林区の先住民テーマ公園で待ち合わせた。サンプーイは、公園のトーテムを見て「トーテムは先住民文化の象徴とされていますが、そういう記号は必要ありません。先住民の精神は私の歌声の中にあるのです」と言う。

プロモーション期間中でない彼は、黒縁の眼鏡に野球帽、迷彩パンツといういで立ちで、とても気さくだ。これまでの道を振り返り、「歌手になるなんて考えてもいませんでした」と語る。

「特に歌を学んだことはありません。歌うことは生活そのものなんです」と言う。先住民文化では文字による記録はなく、彫刻や織物、歌などの形で経験や知恵を伝承してきた。集落ではさまざまな場面や状況に応じた歌が歌われ、それはごく自然なことなのである。

幼い頃、集落の子供たちは楽器を持ち寄って誰かの家に集まり、歌を練習していた。将来その中から、金曲賞受賞歌手——陳建年や張惠妹(アーメイ)、そして数々の音楽関係者が誕生するなどとは誰も思っていなかった。

「あの時代、詞や曲を書くというのはキザなことでした。兄たちは高校でたくさん曲を作っていて、私はそれを真似して自分の歌を作り始めました」と言う。当時の台東では「飛揚的一代」という人気の歌唱コンクールがあり、ここから多くの先住民歌手が誕生した。そうした環境でサンプーイも曲を作り始めたのである。

文化と自然を愛する

サンプーイは自分の青春時代を「誘惑に満ちていた」と形容する。1990年代、集落でもテレビやゲームなどが普及し始め、若者と年配者が一緒に過ごす時間も減っていった。

ただ、サンプーイは少し違い、年配者と一緒にいるのが好きだったという。彼はお年寄りたちの中に宝を見出していた。彼らが歌う古い調べはサンプーイの魂の奥深くを揺さぶり、共鳴させた。高齢者からプユマ語と古い歌を学ぶために、集落の年配者との時間を大切にしていた。

自らの文化に誇りを持つ彼は、集落青年会の会長に選ばれ、それを6年務めた。その間、仕事も補助金もなかったが、彼は全力で集落の青年のために奉仕した。

その任期が終了してサンプーイは初めて集落を離れ、社会へ出るという願いをかなえた。彼は家族が暮らす台湾北部、新北市樹林に移り住み、工業区で鉄工所の仕事に就いた。休みの時にはバイクに乗って海岸線を走り、大自然に触れた。

彼はバイクで街のあちこちを走りながら曲を作る。いいメロディが浮かぶとスマホで録音し、何か特別な音を聞いた時も録音する。

こうした気ままさが、彼の音楽の生命力なのかも知れない。アルバム『椏幹(Yaangad)』の中の「温暖的光」は月下の心地よさを歌う。昼の陽光の温かさはなくても、確かにそれを感じることができるのである。

意外な出会いからステージへ

同じく台東出身の先住民歌手、巴奈(パナイ)はすでに歌手デビューしていて、サンプーイの歌声を思い出し、ライブハウス女巫店に彼をスペシャルゲストとして招いた。

何もわからず、ただ「私の歌を聞きに来て」と言われて行ってみると、店は満員で大盛況だった。妊娠していたパナイが腹痛を起こし、サンプーイが代わりに歌うことになり、集落の古い調べを歌うと観客は大いに盛り上がった。これが、たまたま来ていたプロデューサーの興味を引き、デビューのきっかけとなったのである。

その後、さらに意外なきっかけから上海でもステージに立つこととなる。

同じく先住民歌手‧王宏恩(ビウン‧ワン)の推薦で、アーメイのデビュー10周年コンサートのゲストを選ぶオーディションを受けることとなったのである。オーディションを見に来ていたアーメイは、サンプーイの深みのある声を聞くと、亡くなったばかりの父親を思い出して涙を流した。そしてスタジオから出てきたサンプーイに「あなたで決まり」と言ったのである。それは集落で昔から知っていた弟分だった。

それからは3年にわたってアーメイの40回近いツアーに出演し、生活のための充分な収入を得ることができて工場での仕事を辞めた。そして30歳を前にして、自作の楽曲を整理してデビューアルバムを出したのである。

その費用を集めるため、彼は自分で企画書を書き、政府の原住民委員会に補助金を申請した。50万元しか得られなかったが、そのシンプルなアルバムが2013年の金曲賞で5つの賞を取ったのである。「巨額の予算がなくても、丁寧に作れば、人の耳に届くのです」と言う。

音楽の多様な展開

金曲賞の授賞式で、プユマの伝統衣装を着たサンプーイは、跪いて母から栄誉の花冠を受けた。そして他の先住民歌手とともに「東海岸を守る」というプレートを掲げ、故郷のために声を上げた。彼にとってこの受賞は競争の結果ではなく、大地の栄誉だったのである。

デビューアルバム『路(Dalan)』に収められた楽曲の半分は古い調べだ。彼はこのアルバムで集落の文化を保存し、若者たちが母語の歌を聞けるようにしたいと考えたのである。

台湾の大地への思いから、同じ理念を持つ生祥楽隊や滅火器楽団、謝銘祐といったアーティストとも出会い、交流している。そうした中でさまざまな楽器の可能性に気づき、2枚目のアルバムでは先住民音楽に月琴の演奏を加えた。

彼はいつか作品に取り入れようと、普段からさまざまな楽器の音を収集している。取材時には、お気に入りのアルメニアの伝統楽器ドゥドゥクの演奏をYouTubeで見せてくれた。

「もう使われなくなった、古い音が好きなんです」と言う。最近は流行の音楽は聞かず、イタリアの盲目の歌手アンドレ‧ポチェッリや、日本の無名のおばあさんの歌などを聴いている。それぞれの歌声に生き方が現れているからだ。

言語は大地とのつながり

サンプーイは多くの音楽映像を集めているが、その中で特に好きなものはと聞くと、ヒマラヤの民族の放牧風景の映像を見せてくれた。真っ白い雪景色を背景にした映像には音楽もナレーションもなく、羊の首につけた鈴の音と人の息遣い、風の音しか聞こえない。

「これが彼らの生活で、どのように撮っても素晴らしいと思います」と言う。こうした民族の伝統的な生活は、彼に台湾先住民の昔の暮らしを想像させる。かつて、ブヌン族もタイヤル族も放牧を行なっていたのだが、日本統治時代に、政府によって集中して居住させられたため、この伝統は失われてしまった。

伝統に対する想いはサンプーイのアルバムの言語にも反映しており、どのアルバムにもプユマ語が使われている。「言語は大地とつながる最も重要な要素で、言語を失うことはその土地を離れることに等しいのです」と言う。彼は失われつつある民族の言語、すなわち無形の世界遺産を保存するために、他の先住民歌手と話す時も民族の言葉を使うという。

集落の若者も民族の言葉をあまり話せなくなったが、それがアルバムの売上に影響することは心配していない。「やるべきことをやるだけ。市場の事は心配しません」と言う。確かに、売上は問題ではない。デビューアルバムは3度目の増版、2枚目のアルバムも増版されていて「言語を超える感動」が広がっていることがわかる。

「言語は、何かを知ろうとしない言い訳に過ぎません」と言うサンプーイは例を挙げる。現在の若者は、韓国語はできなくても韓国語の歌は聞く。それはメロディや背後にある態度に惹かれるからなのである。

先住民言語を知らない人々に対して、サンプーイは「音楽は、そのまま感じればいいのです」とアドバイスする。これは彼が歩んできた音楽創作の理念そのものなのである。

関連文章

近期文章

EN 繁體

Sangpuy

Moving Music that Transcends Language

Tina Xie /photos courtesy of Wind Music /tr. by Bruce Humes

A member of Taitung’s Pinuyumayan community, Sangpuy Katatepan has been deeply attracted to the ancient melodies of his tribe since childhood. He composes the lyrics for each song on his albums in the Abori­ginal language of his people. This love for the land is channeled by a robust yet gentle voice that not only moves the Taiwanese, but also transcends the language barrier, reson­ating with musicians abroad and earning him a gold medal at the September 2017 Global Music Awards in the USA.


“Singing is my life”

After he removes makeup applied for a promotional shoot and dons square-framed glasses, baseball cap and military camo pants, the off-duty Sangpuy looks very casual. Smiling as he recalls his musical journey, he says in a slightly raspy voice, “Becoming a singer? It never occurred to me!”

“I never studied how to sing per se. Singing is just my life.” In Aboriginal culture, there is no script with which to chronicle history, so lived experience and wisdom are passed down through carving, weaving and song. In the tribe, there are different songs for different occasions and moods. Singing is as natural and as necessary as breathing.

As a child, Sangpuy often practiced singing with relatives and friends. After arranging to meet up at someone’s house, they’d take along some musical instruments and rehearse. But no one imagined that from among these children, future Golden Melody Award winning vocalists such as Paudull (Chen Jiannian) and A-Mei (Kulilay Amit) would emerge, along with other behind-the-scenes musicians.

“Back then, writing songs made you a bad-ass! My big brothers and their friends composed plenty in high school, and I followed in their footsteps by writing my own.”

At the time, there was a very popular singing com­peti­tion in Taitung, “The Soaring Generation.” It attracted many young participants, and also nurtured many Aboriginal singers. It was in this environment that Sangpuy began penning his own compositions.

Cherishing culture, yearning for Nature

Sangpuy describes growing up during the “era of enticement.” In the nineties, TV, video games and other forms of entertainment gradually became popular in his home village, and so the young spent less time with the older generation. 

“But I was a little different. I liked to be with them,” recounts Sangpuy. He recognized that they possessed an invaluable treasure—the ballads of yesteryear they intoned—that resonated with him, moving the very depths of his soul. In order to learn the tribe’s mother tongue and ancient songs, he cherished the time spent with his elders and regularly visited them.

Motivated by his respect for and pride in his native culture, Sangpuy won election as head of the local tribal youth association. It was not until the end of his second three-year term that he finally left his tribal community in Taitung to realize his desire to seek success in society at large. To gain a foothold, he chose Shulin District in New Taipei City, where his extended family is based up north, and got a job as a metal worker in an industrial zone. In his leisure time, he cycled along the coast and admired Nature’s beauty.

Biking through streets and alleys is when musical inspira­tion is most likely to strike Sangpuy. He often hums and sings to himself, and if a melody emerges, he records it with his mobile. If he hears a distinctive sound in his environment, he captures it too.

The path to stardom

Aboriginal vocalist Biung (Wang Hung-en) had recom­mended Sangpuy for an audition to appear as a special guest in the concert celebrating the tenth anniversary of A-Mei’s professional debut. Just as Sangpuy was trying out, A-Mei happened by. His robust voice, brimming with untold tales, evoked the memory of her father, who had just passed away, and she couldn’t hold back her tears. 

Then she noticed Sangpuy exiting the recording studio. “That was you!” she exclaimed, suddenly realizing that the person behind that heartrending voice was a younger but familiar fellow Pinuyumayan.

That was the start of some 40 performances on the road with A-Mei’s concert tour. After three years or so, Sangpuy—then approaching his thirties—decided to put his own songs in order and cut his first solo album.

To raise funds, Sangpuy drafted a plan and applied to the Council of Indigenous Peoples for a subsidy. He obtained a modest grant totaling NT$500,000 (less than US$17,000 at current exchange rates), but despite being strapped for money, he toughed it out and completed production of Dalan. Surprisingly, given the no-frills production process, the album was shortlisted in five categories for the 2013 edition of Taiwan’s largest music competition, the Golden Melody Awards, and Sangpuy emerged as the winner for Best Aboriginal Singer.

Remarks Sangpuy, visibly moved: “As long as the music comes from your heart, even without big-time funding, you’ll be heard.”

Diverse musical manifestations

At the awards ceremony, Sangpuy, dressed in the tradi­tional garb of the Pinuyumayan, went down on one knee as his mother placed a floral crown upon his head as a mark of honor. He invited the other nominees for Best Abori­ginal Singer to come up and join him, and then, a sign proclaiming “Protect Our East Coast!” in hand, he spoke out on behalf of the ecology of his native region. For Sangpuy, the award was not the result of his personal success in the competition; it was an honor bestowed on the land itself. 

On Dalan (Pinuyumayan for “Road”), half the songs are contemporary interpret­ations of ancient tunes. Sangpuy was keen to preserve his tribal ­culture through this record, enabling his fellow Pinuyumayan to hear their mother tongue anytime, ­anywhere.

Thanks to his passion for his home region, Sangpuy became acquainted with other singers who share similar ideas, including Sheng-xiang & Band, Fire EX., and Hsieh Ming-yu. Interacting with them helped Sangpuy recognize the potential for integrating more instruments into his music, as he did for his second album, on which he added the sound of the yueqin (“moon lute”) as an accompany­ing instrument, bringing a fresh sound to indigen­ous folk music.

Sangpuy collects unique musical instrument sounds, hoping to use them in future compositions. On the day of our interview, he takes out his mobile phone, and clearly excited, opens YouTube to share a video of the latest instrument he has fallen for, the duduk, an ancient Armenian double-reed woodwind. “Sounds neat, eh?” he exclaims dreamily.

“I like to search for primeval sounds, ones that are almost never heard nowadays.” Sangpuy admits that he rarely listens to popular music now. He admires singers like Andrea Bocelli, the blind Italian soloist, and even the songs of an anonymous Japanese granny can attract his attention—because via their vocals, both manifest a dynamic, unredacted sense of life.

Language connects us to the soil

Seeing so many music videos in Sangpuy’s personal collection, this reporter can’t resist asking: “Which one’s your favorite?” The video that he plays in response is a documentary. A swath of pure white snow, a few Himalayan natives and grazing sheep aside, there are no subtitles or manu­factured soundtrack—just the tinkle of a bell hanging from a sheep’s neck, a person’s panting, and the sough of the wind blowing across the snow-covered land. The soundscape fascin­ates Sangpuy.

“This is their life. Just a snapshot, but it’s a joy to see.” Images of a traditional people’s way of life remind Sangpuy of the past of Taiwan’s indigenous peoples. The Bunun and Atayal were formerly somewhat nomadic, but the Japanese colonial government decreed that the Aborigines had to reside collectively in fixed communities, so this part of their traditions was lost.

Nostalgia for tradition is reflected in the lyrics on Sangpuy’s albums. He insists that they all be in his tribal tongue. “Language is the crucial link to the land. Losing our language is like abandoning our land.”

In this modern era, many young people in indigenous villages don’t speak the language of their forebears fluently, but Sangpuy has never worried this would negatively impact record sales. “I just do my thing without considering the market,” he says nonchalantly.

And that appears to be the case. Dalan has already undergone three pressings, and the second is now underway for his second album, Yaangad. Such is the appeal of “moving music that transcends language.”    

超越語言的靈魂撼動

桑布伊

文‧謝宜婷 圖‧風潮音樂

他是第28屆金曲獎的「大黑馬」,不僅贏得三座獎盃,還勝過當年獲獎呼聲最高的樂團五月天,打破國語歌曲掛帥的常態,奪下年度專輯獎。而這次獲獎也讓台灣人真正聽見原住民音樂的美,感受到歌曲中「山谷的微風與溫暖的陽光」,體會生命在大自然裡最純粹的力量。

桑布伊,來自台東卑南族,從小就被部落的古調深深吸引,每一首專輯歌曲都以族語來譜寫。這份對土地的熱愛,化作渾厚又溫柔的嗓音,不只感動了台灣人,也超越語言的障礙,引起國際音樂人的共鳴,讓他在2017年獲得第60屆美國全球音樂獎──金獎。


拍攝當天的地點,在樹林區的原住民主題部落公園,已經在當地生活十幾年的桑布伊,對公園裡的圖騰卻感到陌生,他感慨地說:「大家都以為圖騰才能代表原住民,其實,不用靠任何符號,原住民的精神就在我的歌聲裡。」

音樂就是生活

褪去宣傳時的妝容,戴上黑色方框眼鏡,加上一頂鴨舌帽與一件迷彩長褲,私底下的桑布伊很隨性。回想起這一路歌唱的歷程,他以些許沙啞的嗓音笑著說:「我從來沒想過當歌手!」

「我也沒有特別學過唱歌,唱歌就是我的生活。」原住民的文化裡,沒有文字可以記錄歷史,所以用雕刻、紡織、歌唱等方式來傳承生活經驗與智慧。在部落裡,不同的場合與情緒,就會唱不同的歌。也因此,歌唱成為如呼吸一般,必要且自然的事情。

小時候的桑布伊,常會與朋友及親戚小孩一起練唱。大家相約好帶著樂器,到某個人家裡集合。當時誰也沒想到,這群孩子裡,會出現未來的金曲歌王歌后──陳建年、張惠妹,以及當今許多出色的幕後音樂人。

「那個時代,寫歌是一件很臭屁的事情。哥哥他們高中就創作了很多歌,我就跟著他們走,寫自己的歌。」當時在台東,有個火紅的歌唱比賽「飛揚的一代」,吸引了許多年輕人參賽,也培育出現今許多原住民歌手。桑布伊就在這樣的環境下,開始創作歌曲。

珍惜文化,嚮往自然

桑布伊形容他的成長階段,是個「充滿誘惑」的時代,大約在1990年代,電視、電動玩具與其他休閒娛樂產品,逐漸在部落興盛,年輕人跟老人家相處的時間也因此減少。

「但我就比較特別,喜歡跟他們在一起。」桑布伊看見老人家身上有一個珍貴的寶藏,他們所吟唱的古謠,撼動著他靈魂的深處,發出共鳴。為了跟老人家學習族語及古調,他總是格外珍惜與部落長輩相處的時間,也會定期去拜訪耆老們。

對自我文化的肯定與榮耀,讓桑布伊被推選為部落青年會會長。連任一屆,總共六年,桑布伊在這段時間,沒有工作也沒有補助,全心全意地奉獻自己,帶領青年會服務部落。

直到任期結束後,他才終於走出部落,實現到社會闖蕩的願望。桑布伊選擇家人在北部的聚集地新北樹林,作為落腳處,也開始在工業區裡作鐵工。閒暇時,就騎著車沿著海岸線欣賞大自然美景。即使到都市生活,仍然無法掩沒他骨子裡對大自然的嚮往。

騎車穿梭在大街小巷中,是桑布伊創作的精華時刻。平常喜歡哼哼唱唱的他,只要心中浮現旋律,就會用手機錄下來,如果聽見特別的聲響,也會蒐集起來。手機資料夾裡的旋律,每個檔案的名稱都是路名:忠孝東路、復興南路,由系統自動偵測地點命名,桑布伊並沒有定義創作當下的旋律。

也許這樣的隨性,才能讓音樂展現生命真實的樣貌。專輯《椏幹》中的歌曲<溫暖的光>,描述人在月光下舒服的感受,雖然溫度不比陽光強烈,卻是黑夜中明顯的存在。

意外相逢,開啟站上舞台的機會

同樣也來自台東的原住民歌手巴奈,當時已經在台北發行唱片,偶然想起桑布伊的歌聲,於是邀請他到女巫店當演唱會特別來賓。

「她找我當特別來賓,也不跟我講要做什麼,只說『來看姐姐唱歌』,結果我去之後發現整場爆滿!我隔著玻璃門看著滿屋的觀眾,她就喊『桑布伊!』,然後把我請上台。」當下還搞不清狀況的桑布伊,隔著玻璃牆,向觀眾揮了揮手,走向舞台。

原來當時懷孕的巴奈,突然腹痛,所以需要桑布伊代班唱兩首歌。一時反應不過來的桑布伊,隨便拿了把吉他,唱出最熟悉的部落古調,沒想到觀眾反應熱烈,也吸引了台下音樂製作人的興趣。這場意外的演出,就此成為桑布伊出道的起點,開啟與其他歌手現場合唱的契機。

後來,另一個幸運的意外,更讓桑布伊踏上海外演唱之旅。

原住民歌手王宏恩推薦桑布伊參加試音,就有機會成為張惠妹出道十周年演唱會的特別來賓,當天試音時,張惠妹正好經過,桑布伊充滿故事的厚實嗓音,讓她想起剛去世的父親,不禁落下眼淚。當她抬頭看見桑布伊從錄音室走出來,張惠妹驚訝地說「是你!」原來,這催淚的歌聲是來自於部落裡相識的弟弟。

接著,桑布伊跟著張惠妹開始將近40場的巡迴演出,擔任開頭及串場的表演。演唱會的工作,讓他每個月有足夠的生活費,因此他辭去鐵工的工作。結束大約三年的巡迴演唱之後,即將邁入而立之年的桑布伊,決定著手整理自己創作的歌曲,發行第一張專輯。

為了籌措經費,桑布伊自己寫計畫,向原住民委員會申請補助。後來雖然只獲得50萬元的補助,他還是在拮据的經費下,用心完成專輯製作。沒想到,如此精簡的製作,卻入圍2013年第24屆金曲獎五個獎項,讓桑布伊感動地說:「只要用心做音樂,雖然沒有龐大經費,還是會被聽見。」

多元的音樂展現

在金曲獎的舞台上,身穿卑南族傳統服飾的桑布伊,半跪在地上,讓母親為他戴上榮耀的花冠。他也邀請其他入圍最佳原住民歌手獎的參賽者一同上台,手拿「守護東海岸」的牌子,為家鄉的環境發聲。對桑布伊而言,這個獎項不是競爭的結果,而是屬於土地的榮耀。

第一張專輯《路》,有一半的歌曲都是古調翻唱,桑布伊想透過這張唱片保存部落的文化,讓年輕人可以隨時隨地聆聽自己的語言。

對於土地的熱情,讓桑布伊結識了一些具相同理念的歌手:生祥樂隊、滅火器樂團、謝銘祐等等,彼此互相鼓勵,透過音樂,為台灣這塊土地留下時代的歷史與記憶。與音樂人的交流,讓桑布伊發現更多樂器融入音樂的可能性,就像在第二張專輯中,他使用月琴當作配樂,讓原住民音樂呈現新風貌。

桑布伊平常會蒐集獨特的樂器聲,希望能加入創作中。採訪當天,他興奮地拿出手機,點開YouTube,分享他最近迷上的樂器──杜讀管,陶醉地讚嘆「好好聽喔!」

「我喜歡去找古老的聲音、幾乎不再使用的聲音。」桑布伊坦言,他現在很少聽流行音樂,卻很欣賞義大利盲人歌手安德烈˙波伽利這類型的歌手,不知名日本奶奶的吟唱也會吸引他,因為兩者都透過歌聲,展現了生命的態度。

語言是與大地的連結

看見桑布伊收藏這麼多音樂影片,忍不住問他:「最喜歡哪一首呢?」他停頓一會,想不出來最喜歡的音樂,後來如開竅一般,啊的一聲,想到一部紀錄片。他點開影片,只見白皚皚的雪地裡,喜馬拉雅山的民族正在牧羊,沒有任何配樂與文字,只有環境的聲音:羊脖子上的鈴鐺聲、人類喘氣的聲音、雪地裡的風聲,深深吸引著桑布伊。

「這就是他們的生活,隨便拍都好看。」傳統民族的生活,讓桑布伊想到原住民的過去,以前布農族與泰雅族也有類似游牧的生活,不過後來因為日治時期政府規定原住民要集中居住,這項傳統就此消失。

對傳統的懷念,反映在桑布伊專輯語言上,每一張都堅持使用族語創作。「語言是與土地連結最重要的一環,失去語言,就像離開土地。」他認為族語雖然還沒消失,但正逐漸死亡,不再被人使用。為了保存這項無形的世界資產,他平常與原住民歌手聊天時,就會使用族語,雖然對方已經不太會講,他還是會開玩笑地說:「你們至少也要回答我幾句嘛。」

這個時代,許多部落裡的年輕人,已經不太會講族語,但是,桑布伊從不擔心族語創作會影響專輯銷售量。他瀟灑地說:「我就做我該做的事,不擔心市場。」的確,銷售量對桑布伊不是個問題,第一張專輯已經三刷,第二張專輯也正在進行二刷,他向這個世界展現了「超越語言的感動」。

「語言,其實只是你不想去認識一件事情的藉口。」桑布伊認為現在年輕人即使不懂韓語,也能享受韓國歌曲,因為真正吸引人的,是旋律本身與背後的態度。

「音樂,其實,直接感受就好。」這是桑布伊對不懂族語的歌迷的建議,也是他一路走來的創作理念。                                                             

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!