エスニックを越えた愛

:::

2018 / 1月

文・陳亮君 翻訳・山口 雪菜



はるかフランスやスイスからやってきた神父たちが、台湾に数えきれない事績を残してきた。数十年をかけてフィールドワークを行ない、先住民言語の辞書を編纂し、口述の歴史の記録を可能にした。資源回収を通して、弱者に生命の価値を取り戻させ、また教育と互助社設立を通して貧しい家庭や障害を持つ子供たちを救ってきた。

こうした地域に根差した奉仕と努力は、私たちの心に深く刻まれており、言葉だけで感謝を表すことはできない。今月の『光華』では、写真と文章にこうした神父たちの事績を留め、その感動と感謝の気持ちを永遠に引き継いでいきたいと考えた。

*               *               *

文芸作品は、直接的あるいは間接的に時代を反映する。その勇敢な実験の精神は、出版市場がさまざまな課題に直面していても変わることはなく、これまでとは異なる次元の火花と生命力をほとばしらせている。

『字母会』はA未来、Bバロック、C独身といった現代思想を象徴する語彙をアルファベット順に並べ、作家たちがそれぞれ短編を創作するという試みである。作品同士が独立しつつ相呼応する。もう一冊の『華麗島軼聞:鍵』は、作家たちが互いに伏線を敷きつつリレー形式で書き進めた共作で、両者は期せずしてゲームのような実験性を見せ、今という時代の閉塞感に突破口を見出そうとしている。

台湾では、海外から移住してきた新住民に台湾文化との共通点や相互補完できる点を見出してもらうことが課題となり、政府機関や民間団体が努力している。今月号では、全国に先駆けて新住民による町づくりを開始した屏東県の事例をご覧いただきたい。

*               *               *

一つの時代の記憶は古跡として保存することで受け継がれていく。辛志平校長の旧宅を訪ねると、旧新竹中学の自由な校風が感じられる。最も有名な月次動員会、塀のない学校、卒業生が集まる応接間など、まさに校長が残した「誠慧健毅」の校訓が今も校門に掲げられている通りである。新竹中学の自由で開放的な学風は、台湾の教育史に大きな足跡を残してきた。

古い装飾タイルも一つの時代の記憶と言える。1915~1930年に流行した装飾タイルは、当時の建築物を美しく彩り、伝統の赤レンガの三合院建築と相まって独特の美を生み出し、海外からも注目されている。台湾の美は、身の回りのそこここに潜んでいて、それを愛でる人の訪れを待っている。

関連文章

近期文章

繁體 EN

跨越族群的大愛

文‧陳亮君


一羣遠從法國、瑞士而來的神父們,有的花了數十載的時間,以逐字逐句的方式進行田野調查,讓向來只有口述歷史的部落語言,有了長遠傳承的可能;有的則是藉由回收的物資,讓弱勢族群得以發揮所長,重新活出生命的價值。

還有的則是透過教育與互助會的方式,照顧貧困家庭與身障的孩童……,這些在地的付出與努力,深深地烙印在台灣人的內心深處。感謝,不足以道盡神父們的辛勞,讓本期《光華》用圖文記錄下神父們的精彩事蹟,讓感動延續,讓感謝的心意永存。

* * *

文藝作品本身就直接或間接地回應了時代的需求,這種勇於實驗的創作精神,不會因沉寂的書市而沒落,反而激發出有別以往的火花與生命力。

《字母會》以「A未來」、「B巴洛克」、「C獨身」……等象徵當代思潮的語彙,由小說家分頭創作,所有短篇彼此呼應,卻又能獨立存在;這與《華麗島軼聞:鍵》中,小說家互相連結與埋伏筆的接力形式,不約而同地,展現出文學創作的玩心,也對當前的時代困境作出了回應。

此外,台灣的新住民該如何從各自的身世脈絡出發,尋找與台灣文化共通或者互補之處,就成為現今政府與民間團體共同努力的方向。而作為全國首個投入新住民社區再造的屏東縣,將是本期多元族群報導的重點。

* * *

一個時代的記憶,可藉由古蹟的保存,流傳下去。在辛志平校長的故居中,處處可見當年新竹中學自由民主的校風,例如:竹中最有名的動員月會、沒有圍牆的校區、與校友歡聚的應接室……等,誠如老校長「誠慧健毅」的校訓依舊挺立在校門上,竹中自由開放之學風,也在台灣教育史上留下不可抹滅的印記。

老花磚則是另一個時代下的印記,這曾流行於1915~1930年間的花磚裝飾,是台灣老屋建築中巧妙的畫龍點睛,加上台灣的花磚與三合院紅磚屋所創造出的獨特風格,更讓國際友人驚艷。台灣之美,就潛藏在各個角落當中,等著您來發現與細細品味。 

Editor's Note: A Love that Spans Ethnicities

Ivan Chen /tr. by Scott Williams


A number of missionary priests from France and Switzerland have spent decades in Taiwan turning God’s love into action. One has painstakingly compiled a dictionary of Amis, boosting the chances for the language’s survival. Another created a recycling operation that helps disadvantaged people develop their abilities and find new meaning in life. Still others have used savings cooperatives and education to improve the lives of impoverished families and disabled children.

Literary works respond both directly and indirectly to the needs of their times. Market indifference cannot quench the experimental spirit of creative artists, which instead blazes forth with new life and inspiration.

The Alphabet Lab is a case in point, using short stories based on modern phenomena literally ranging from A to Z. While the stories, written by multiple authors, are freestanding, they also respond to one another. The approach, similar to that used in Tales of Fantastic Island: Key to Taiwan History, both exemplifies the playfulness of literature and embodies a reaction to Taiwan’s predicament.

With both the government and NGOs working on the question of how immigrants to Taiwan should go about connecting their own backgrounds to Taiwanese culture, this month’s “Communities” article turns to Ping­tung, the first county in Taiwan to actively promote community building in immigrant neighborhoods.

Old buildings can preserve and pass on memories of earlier times. The former home of Principal Hsin Chih-ping is filled with photos that recall the democratic atmosphere of the National Hsin­chu Senior High School campus during his tenure there: the monthly student meetings, the school’s lack of a perimeter wall, the living room of Hsin’s house, where he loved to entertain former students…. The impact of Hsin­chu Senior High’s liberal environment on Taiwan’s educational history has proved as durable as the school’s motto: “Honesty, Wisdom, Health, and Determination.”

Decorative painted tiles are another link to an earlier time. A popular decorative element in the years from 1915 to 1930, the tiles were a lovely finishing touch on the buildings of the day, and modern viewers find the distinctively Taiwanese look of painted tiles mounted on traditional san­he­yuan especially captivating. Wonders abound throughout Taiwan, just waiting to be noticed and appreciated.

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!