台湾の医療ブランドを打ち立てる

医療衛生の新南向政策
:::

2020 / 5月

文・曾蘭淑 写真・彰化基督教醫院 翻訳・笹岡 敦子


ベトナムのハノイ国立小児病院が、2019年に成し遂げたベトナム肝移植史上最年少の肝移植手術は、台北栄民総医院(病院)の肝移植チームにより行われた。タイ政府のスマート医療PR動画に出てくるバイタルサイン測定機器は、台湾製である。米空軍エアフォースワンの機内に、台湾製の遠隔医療デジタル撮影カメラが搭載されたことで、東南アジア市場への販売拡大にも大いに貢献した。

台湾の医療の実力は、世界が認める。この2年、政府衛生福利部の呼びかけで、台湾医療衛生ナショナルチームが結成され、新南向政策の対象国(ASEAN、印、豪、ニュージーランド等)に進出している。ある医療機関は、国交のある国に向けて優れた医術と医療の実力を展開している。またある医療機関は、自らのリソースを統合し、台湾の医療材料企業と製薬会社とともに、馴染みのない東南アジアとインドの医療市場に進出し、台湾の医療ブランドを輝かせている。


スマート医療視察のために台湾を訪れた東南アジア医療代表団は、台北から高速鉄道(新幹線)、さらに乗り継いで彰化県員林市に着くと、違和感を覚える。首都の台北から片田舎の町までやってきて、急性期病床300床に満たない彰化キリスト教病院(CCH)の分院を視察するのである。

だが、この員林キリスト教病院(YCH)は、台湾初のグリーンエネルギースマート病院である。明るいホールで、高齢者も自分で受付けを済ませ、慢性疾患の処方箋を受け取っている。外来ゾーンでは看護スタッフに頼らず、患者が自分で血圧と心拍数を測る。スマートナースステーションにはホワイトボードはなく、看護師がタブレットPCを片手に患者の診療録を調べている。病室では患者の家族が、ベッドサイドケアシステムのタッチパネルで食事を注文し、ついでに点滴が終わったことを知らせる。

「受付けから薬の受取りまで、手術から退院のスケジュールまで、モノのインターネット(IoT)で医療情報システムを統合し、スマート受診サービスを行うことで、一日最大3000人の患者を診察できています」とスマート病院の効率を聞くと、同じく患者の多さに悩むタイやベトナムの病院長から驚きの声が漏れる。移動の煩わしさなど、とうに忘れ去っている。

YCHは雨水‧廃水回収による省資源設計である。地下フロアでは夜間電力で製氷し、昼間は氷の融解で建物を冷やすことで、電力料金が30%節約される。手術の後には、医療スタッフがタブレットでORberを呼ぶ。ORberは、入出管理‧通報‧ビデオ等のシステムを統合し、手術室から100kg以上の医療廃棄物と手術設備を運ぶ牽引ロボットである。感染リスク軽減に貢献している。荷物が重いと、ORberの顔に汗が浮かぶ。訪問客の「Wow」の声が続く。

官民協力で医療産業を橋渡し

衛生福利部長‧陳時中は、2018年に「一国に一メディカルセンター」とする医療衛生新南向政策をスタートし、参加した6医療機関(2019年に7機関に増加)に、それぞれ担当する国と医療衛生交流基盤を作るよう求めた。台湾の医療材料メーカーと製薬会社を率いて新南向国市場を開拓し、新南向政策がかかげる市場分散の精神を貫き、パートナー国との連絡強化を目指す。

中華経済研究院衛生福利新南向プロジェクト事務室のプログラム主宰‧顔慧欣は、この政策の核心は公共利益よりビジネス思考にあるという。

経済貿易法規に詳しい顔慧欣によると、東南アジア諸国は経済成長を経て、重要な貿易市場になった。各国でもASEAN統合の進捗を受け、国内法を調整しつつある。インドネシアは、外国資本が医薬品産業に投資できる比率を緩和した。また、欧米日で販売の承認を受けた医薬品であれば、ベトナムではこれに準じて申請できるようになった。

医療新南向政策のビジネス思考では、病院が先鋒となって、医療機関が長年培ってきた人脈と声望を大いに活用する。これまで輸出先の7割以上が欧米‧日韓‧大陸であった医療材料メーカーや製薬会社を、新興市場に牽引しようというのである。CCHと成功大学医学部付属病院(成大病院)は、官民協力アクションの模範生である。

新南向のスポットライト

CCHは2009年から、タイ北部のオーバーブルック病院のボランティア診療とスタッフトレーニングで協力している。「医療衛生新南向」政策を通じて、協力地域はタイ北部から全国に広がり、協力項目も多様化した。

CCH海外医療センターの高小玲は「まずリサーチ‧スタディで、タイがインダストリー4.0と東部経済回廊(EEC)政策を推進していて、CCHは台湾で初のグリーンエネルギー病院を建設した経験から、タイが進めるeヘルス計画が必要とするノウハウを提供できることがわかりました」

「ビジネス思考」に基づき、衛生福利部はリーダー役の病院に、メーカーを率いて台湾イメージ展と医療材料見本市に出展するよう求めた。2019年にタイで開催された見本市MDA(メディカル‧デバイス‧アセアン)では、台湾企業16社がメインステージで台湾製品を展示し、台湾ブースに人だかりができ、日韓のブースは閑古鳥が鳴く様相だった。米国市場が中心だった晋弘科技(MiiS)は、米空軍エアフォースワンが同社の遠隔医療用デジタル‧ホルススコープを搭載したことで、MDAへの出展で即受注に結び付いたうえに、2019年のASEAN市場の売り上げが2018年から25%成長した。

親鳥が雛の面倒を見る体制にメーカーは感謝する。海外の病院長に、設立3年の医療材料企業が信頼してもらえるのか。慧誠智医(imedtac)社マネージャー謝秉融は打ち明けた。政府の医療衛生新南向政策とCCHの橋渡しで、こうした病院長が慧誠智医のバイタルサインステーションやORber等の製品がYCHで作動する様子を実地に見る。言葉を尽くした広告よりも、百聞は一見に如かずである。

成功大学医学部付属病院で、2018~19年の一国一プロジェクトを担当する許以霖医師も、力を借りて、力を発揮している。インド市場に進出して十数年の康揚輔具(Karma)社と共同で、2019年6月にウェブサイト「Taiwan M-Team」を開設した。サイトは、インド市場に興味あるメーカー40社を呼び込んだ。

インドに1700を超える販売拠点と24か所の物流倉庫を展開するKarmaは、寛大にもインドの拠点を台湾企業に利用させている。委託販売を引き受け、ローカライズ、カスタマイズしたマーケティングやノウハウを後進企業に伝授し、模索期間を短縮して戦力の「アライアンス」を形成している。

医療ナショナルチーム

企業の新南向市場への参入をサポートして、七カ国七センターからなるナショナルチームを結成し、「台湾医療ブランド」にも磨きをかける。

特に、交流と協力は台湾医療ブランド最大の強みである。ベトナムを担当する台北栄民総医院(VGH)の場合、ベトナム最大の外科病院であるベトドク病院の移植外科チームの全員がVGHでトレーニングを受けているだけでなく、2019年にはVGHの医療チームが、ベトナムの15年の肝移植史上最年少の肝移植術を行っている。

CCHは地域医療ケアと政府の長期介護2.0政策に取り組み、軽度認知症から入院患者までを対象に、一本化した認知症ケア系統を作り上げた。そこで得られた全面的なノウハウと経験は、海外輸出の魅力になっている。

CCHはタイ保健省タイ式医療‧代替医療開発局の招請で、長期介護ワークショップを開催した。CCH長期介護e病院の院長‧王文甫は、地域ケア拠点の新サービスには、中医学に基づく座ってできる太極拳、座ってできる八段錦を長期ケアに取り入れているという。また、展示してある点睛科技(IdeaBus)のSODA認知トレーナーも、タイの看護スタッフを驚嘆させ、台湾と共同での専門トレーニング実施を希望している。タイ式医療の医師もヒントを得て、タイ式マッサージが長期ケアに使えると考えている。

新南向パートナーと新たな関係

衛生福利部の統計によると、2018年に台湾で医療サービスを利用した外国人は42万人を超え、その3分の1が東南アジアから来ている。マレーシアを担当する長庚病院の胸腔外科医‧劉会平は、自身もマレーシア華僑である。故郷に還元したいという思いから、マレーシアでのシンポジウムやビジネスマッチング、マレーシア国営Bernama通信ニュースチャンネルのインタビューでも、長庚病院のがん治療と口腔再建の統合など世界的に知られる技術力を力説する。

新光病院の場合、長年パラオの国際医療に取り組んできた。医師と看護師の派遣駐在、現地医療人材のトレーニングに始まり、のちに国際搬送体制を立ち上げた。また、公立小学校では栄養教育を実施している。2019年から医療新南向計画に加わり、蓄積した医療協力の経験を、ミャンマーにも拡大している。新光病院には明確な構想があり、今年3月には遠隔会議で、ミャンマーの新型コロナウイルス感染拡大防止対策を支援している。

一国一センター政策の調整を行う中華経済研究院執行秘書(事務局長)蘇怡文はしみじみ話す。台湾医療ナショナルチームの東南アジアにおける医療材料見本市やシンポジウムでのパフォーマンスに、現地は目を輝かせた。医療新南向政策は東南アジア市場を掘り下げ、いつか、台湾人が東南アジアを旅すると、台湾と聞けば知らない人がいないだけでなく、「医療が素晴らしい」と付け加える日がきっと来る。

関連文章

近期文章

EN 繁體

Creating Taiwan’s Medical Brand

Taiwan Hospitals Support Partner Countries' Healthcare

Esther Tseng /photos courtesy of Changhua Christian Hospital /tr. by Robert Fox

In 2019, Vietnam’s National Hospital of Pediatrics conducted a successful liver transplant on the youngest patient in the nation’s liver-transplant history; a surgical team from Taipei Veterans General Hospital performed the operation. A Thai government promotional video on smart medical care featured a wellness diagnostic kiosk manufactured in Taiwan. And US Air Force One—the plane that carries American presidents—is equipped with a Taiwan-made digital telemedicine camera, which has also enjoyed excellent sales in the Southeast-­Asian market.

Taiwan’s medical strengths are recognized inter­nation­ally. For the past two years, as part of the Taiwan Medical and Healthcare Regional Partnership promoted by the ROC Ministry of Health and Welfare, Taiwanese medical centers have been supporting the healthcare systems of countries that are targeted by Taiwan's New Southbound Policy. As well as applying their excellent medical skills and treatments for the benefit of friendly nations, these hospitals have integrated their resources with medical equipment and pharmaceuticals manufacturers to introduce these vendors into the unfamiliar markets of their partner countries, thus burnishing the nation’s medical credentials.


 

For the Asian medical delegations that travel to Taiwan to visit smart healthcare facilities, it feels a little incongruous to take the high-speed rail from Taipei but then change to a slow local train to go to Yuanlin in Changhua County. Far from Taiwan’s preeminent metro­polis, they find themselves pulling into a one-horse town to tour a branch of Changhua Christian Hospital, a facility with less than 300 acute care beds.

However, upon entering the well-lit main lobby of Yuan­lin Christian Hospital, Taiwan’s first green-energy smart hospital, the visitors see senior citizens registering for consultations and collecting prescriptions for chronic ailments all by themselves. In the outpatient clinic, patients measure their own blood pressure and heart rates without help from nurses. At the nurses’ station there’s no whiteboard; nursing personnel check patients’ medical records on tablet computers. And on the wards, bedside care systems with touchscreens allow patients’ family members to order food for patients and to let nurses know when IV drips are almost finished.

“From registration to picking up prescribed medicines, from surgery to discharge pro­cedures, through integration of the Internet of Things into the medical information system, smart medical services allow the staff to see up to 3000 patients a day.” When the guide describes the smart hospital and the efficiency it affords, directors of overcrowded Thai and Vietnamese hospitals can’t help but sigh in admiration, the discomforts of their long journey well forgotten.

Public-private partnership

In 2018, Taiwan’s minister of health and welfare, Chen Shih-chung, launched the “One Country, One Center” project under the Taiwan Medical and Healthcare Regional Partnership, an arm of the nation’s New Southbound Policy. The project pairs a Taiwanese medical center with each partner country. Each of the six participating hospitals (seven in 2019) set up a medical and health exchange platform with the country it serves, introducing Taiwanese medical equipment and pharmaceuticals manufacturers to South and Southeast-Asian markets. In this way, Taiwan is implementing the spirit of the New Southbound Policy (NSP), by di­versi­fy­ing its markets and strengthening ties with other Asian countries.

Yen Huai-shing, principal coordinator in the Health & Welfare NSP Project Office at the Chung-Hua Institution for Economic Research, notes that what lies at the policy’s core is not public welfare but rather “business thinking.” That is, the hospitals play a pathfinding role, using their long-term connections and reputations to introduce Taiwanese medical equipment vendors and pharma­ceuticals manufacturers into emerging markets; formerly, over 70% of those companies’ export markets were in Europe, the Amer­icas, Japan, South Korea, and China. Changhua Christian Hospital (CCH) and National Cheng Kung University School of Medicine Hospital (NCKUH) are model participants in this public‡private partnership.

Smart medicine and the Taiwan M Team

Since 2009, CCH has worked with northern Thailand’s Overbrook Hospital, providing free clinics and training medical personnel. Taiwan’s Medical and Healthcare Regional Partnership policy has enabled the two hospitals to expand their services throughout Thailand, offering a wider array of medical projects and resources.

Nina Kao, CEO of CCH’s Overseas Med­ical Mission Center, says, “We first conducted investigations and research, finding that Thailand is promoting Industry 4.0 and the Eastern Economic Corridor. CCH has ex­perience in building the first smart green-­energy hospital in Taiwan. We can meet the needs of Thailand’s e-health plan by sharing our ex­peri­ence and technology.”

Guided by “business thinking,” the Ministry of Health and Welfare asked the particip­ating hospitals to lead vendors in exhibiting at the Taiwan Expo and medical equipment ex­posi­tions. For example, at the Medical Device ASEAN Exhibition held in Thailand in 2019, 16 Taiwanese firms showed their products on the main stage. As a result, the Taiwanese booths were mobbed, while Japan­ese and South Korean booths were virtually deserted. Medimaging Integrated Solution Inc. (MiiS), which in the past dealt primarily with the American market and whose Horus scope digital telemedicine camera is installed on US Air Force One, took part in the MDA exhibition and immediately received a slew of orders. Consequently, the company’s 2019 ASEAN market revenue grew by 25% as compared to 2018.

Vendors appreciate the effectiveness of this “mother hen leading the chicks” approach. “How do we convince directors of foreign hospitals to trust a medical equipment company that is only three years old?” asks Beren Hsieh, business development manager at imedtac Co., Ltd. Thanks to the government’s New Southbound Policy and CCH’s leadership, the visiting hospital dir­ectors witnessed imedtac’s smart vital signs station, its postoperative waste disposal robot ORber, and other products in action at Yuanlin Christian Hospital. Seeing is believing!

Dr. Hsu I-lin, director of the International Medical Center at NCKUH, who was in charge of the hospital’s One Country, One Center project with India from 2018 to 2019, has also contributed to the effort. In cooperation with Karma, a Taiwanese assistive devices manufacturer with deep roots in the Indian market, Hsu set up the “Taiwan M-Team” website in June 2019, and was joined by 40 medical and healthcare device vendors with their eyes on the Indian market.

Karma has more than 1700 distribution bases and 24 delivery warehouses in India. The company shares its bases in India with newly arrived Taiwanese vendors, provides them with consignment sale facilities, and teaches localized and customized marketing strategies, enabling manufacturers to shorten ex­plora­tion periods and enjoy the benefits of teamwork.

Medical teams burnish Taiwan’s image

Besides bringing Taiwanese suppliers into new Asian markets, the seven medical centers paired with seven countries have put together medical teams that are burn­ishing Taiwan’s medical brand.

Medical exchanges and cooperative endeavors are Taiwan healthcare’s biggest advantages. For example, Taipei Veterans General Hospital provided training for the entire transplant team of Viet Duc Hospital, Vietnam’s largest surgical hospital, and in 2019 conducted a liver transplant on the youngest patient in Vietnam’s 15-year history of liver transplants.

Wang Wen-fu, director of CCH’s “Long-Term Care e-Hospital” notes that CCH has developed an integrated dementia care system for patients ranging from those with only mild symptoms to those requiring hospitalization. The program is based on a combination of community care and the government’s Long-Term Care 2.0 policy. Experience and knowhow of this kind are the highlights of Taiwan’s overseas medical activities.

Redefining Southbound partnerships

According to Ministry of Health and Welfare statistics, more than 420,000 foreign nationals traveled to Taiwan to use med­ical services in 2018, a third of whom were Southeast Asians. Liu Hui-ping, a thoracic surgeon at Chang Gung Memorial Hospital, is a Chinese-­Malaysian who came to Taiwan for his higher education. Whether conducting symposia or industry matchmaking meetings in Malaysia or giving interviews on the Malaysian government’s official Bernama News Channel, Liu vigorously promotes Chang Gung’s inter­national efforts, such as integrated cancer treatment and oral reconstructive surgery. That’s his way of giving back to his homeland.

Shin Kong Wu Ho-Su Memorial Hospital, which joined the regional partnership program in 2019, has duplicated in Myanmar the cooperative medical experience it gained in Palau, and since March 2020 has been using videoconferencing to assist hospitals in Myanmar to prepare for the coronavirus outbreak.

One Country, One Center project co­ordin­ator Evi Su reports that participating hospitals’ performance at medical equipment exhibitions and seminars sponsored by Taiwan’s medical and healthcare teams in South and Southeast Asia have amazed the host countries. Su believes that the New Southbound Medical Care Program will expand the Southeast-Asian market. One day when Taiwanese are vacationing in Southeast Asia and tell people they’re from Taiwan, Southeast-­Asian citizens will not only know about Taiwan but will also exclaim, “Your medical care is great!”

打造台灣醫療品牌

醫衛國家隊前進新南向

文‧曾蘭淑 圖‧彰化基督教醫院

越南河內國家兒童醫院2019年完成越南換肝史上年齡最小的肝臟移植手術,是由台北榮民總醫院肝臟移植團隊來執行;泰國官方宣傳智慧醫療的影片中,有一台生理量測器是由台灣出廠;美國空軍一號飛機上,配置了台灣製造的遠距醫療數位攝影機,也在行銷東南亞的市場上也大有斬獲。

台灣具有國際公認的醫療實力,兩年來在衛生福利部號召之下,組成台灣醫衛國家隊前進新南向國家,有的醫院向友邦展現精湛的醫術與醫療實力;有的則整合自身資源,帶著台灣醫材與藥品廠商,打進陌生的東南亞與印度醫療市場,擦亮台灣醫療品牌。


對專程來台參觀智慧醫療的東南亞醫護代表團而言,從台北搭高鐵再轉車到彰化縣員林市,有些許違和感!遠離台北首善之都,拉車到一個前不著村、後不著店的小鎮,參觀一個急性病床不到300床、彰化基督教醫院(簡稱「彰基」)的分院。

但一到員林基督教醫院(簡稱「員基」),這間台灣第一所綠能智慧醫院,明亮的大廳,不論老阿嬤或老阿伯,自行掛號與領慢性處方箋;門診區不靠護理人員,患者自己DIY用生理量測機來量血壓與心跳;智慧護理站看不到大白板,護理人員拿著平板查看患者的治療紀錄;病房中家屬為患者透過床邊照護系統的觸控式螢幕點餐,順便通知點滴快打完了。

「從掛號到拿藥,從開刀手術至出院排程,透過物聯網整合醫療資訊系統所提供的智慧就診服務,讓員基每天最多可以看3,000位病患。」當解說人員介紹智慧醫院帶來的效率,讓同樣飽受人滿為患之苦的泰國、越南等醫院的院長們,不免發出讚嘆之聲,先前舟車勞頓的不適感早已拋諸腦後。

為了讓東南亞的訪客更了解智慧綠能醫院的設計,員基更分享回收雨水、廢水的節能設計,地下樓層在夜間電力離峰時段進行製冰,白天冰塊融化幫助降低建築溫度,因而減少30%的電費;開完刀,醫護人員用平板呼叫ORber(暱稱「阿寶」),它是整合門禁、通報與視訊等系統,在開刀房負責運送一百多公斤醫療廢棄物與開刀器械的拖曳機器人,藉此減少交叉感染,推車太重,阿寶臉上表情還會冒汗,卻讓參觀者「Wow」聲連連。

這是衛生福利部2018年推出「醫衛新南向」的政策中,所帶出實際行動的場景之一。

公私協力,為醫衛產業搭橋

衛生福利部部長陳時中2018年開始推出「一國一中心」的醫衛新南向政策,要求參加的六家醫院(2019年增加為七家),各自向負責的國家搭建醫衛交流平台,帶領台灣醫材與藥品廠商,開拓新南向國家市場,貫徹了新南向政策分散市場的精神,強化與夥伴國家的連結。

「縱使沒有新南向政策,台灣許多醫院長久以來在東南亞國家,進行醫療人道救援、培訓醫事人員的工作。」中經院衛福新南向專案辦公室計劃主持人顏慧欣點出此項政策的核心,不在公共利益,而在「產業思維」。

由於東南亞各國法規複雜,加上大多具有扶植本國產業的保護主義政策,讓台灣醫衛廠商之前對東南亞市場裹足不前。

鑽研經貿法規的顏慧欣指出,東南亞國家這幾年拜經濟成長之賜成為重要的外貿市場,各國也配合東協整合的進程,跟著進行國內法規的調整,例如印尼放寬外資投資醫藥產業的比例,或是業者只要在歐美日拿到藥證上市許可,在越南也可以比照申請。醫衛新南向政策的產業思維,即是由醫院打前鋒,運用醫院長期經營的人脈與聲望,順水推舟,帶著過去七成以上以歐美、日韓與大陸為主要出口市場的醫材廠商與藥廠,前進新興市場。而彰基與成功大學醫學院附設醫院(簡稱「成大醫院」)則是公私協力行動中的模範生。

新南向亮點:智慧醫療、Taiwan M Team

彰化基督教醫院自2009年起,即展開與泰北Overbrook 醫院在義診與醫事人員培訓等方面的合作,透過「醫衛新南向」政策,讓彰基與泰國合作區域從泰北拓展至全國,醫療合作的項目也更多元。

彰基海外醫療中心執行長高小玲指出:「我們事先進行調查與研究,發現泰國正在推動工業4.0與東部經濟走廊發展計畫,而彰基有興建全台灣第一座智慧綠能醫院的經驗,正好可以符合泰國推動e-health計畫的需要,可以提供經驗與技術上的分享。」

目前員基每年至少接待來自國內外約一百個醫療團體參觀。泰北Overbrook 醫院院長Witoon Yongmethawut直接告訴醫護人員說:「能夠發展像台灣這樣的智慧醫療,就是我的夢想。」

「在產業思維」主導下,衛福部要求帶頭的醫院帶著廠商參加台灣形象展與醫材展。例如2019年在泰國舉辦的MDA東盟醫療器械展上,台灣16家廠商得以站上主舞台展示台灣的產品,形成台灣攤位門庭若市、日韓攤位乏人問津的場面。原本以美國市場為主的晉弘科技,美國空軍一號飛機上,就裝了晉弘用於遠距醫療的數位五官鏡,不僅參加MDA展立即收到訂單,2019年在ASEAN市場的營收較2018年成長25%。

母雞帶小雞的效應也讓廠商感恩在心頭。「如何讓一個外國醫院的院長相信一個只有三年多的新創醫材公司?」慧誠智醫經理謝秉融坦誠地說,要打入陌生的東南亞市場,論知名度拚不過百年歷史的奇異與西門子公司,論價錢贏不了大陸低價促銷。但在政府醫衛新南向的帶動與彰基的牽線下,這些醫院院長們實際看到慧誠智醫的生理量測站與ORber等產品在員基的運作,令人眼睛為之一亮的事實勝於口沫橫飛的廣告。

負責成功大學醫學院附設醫院2018~2019年一國一計畫的許以霖醫師,亦借力使力,與深耕印度市場十多年的康揚輔具合作,2019年6月開始籌設「Taiwan M-Team」網站,吸引40間對印度市場有興趣的醫衛廠商加入,不只提供台灣醫療廠商到印度取證許可的相關資訊,同時整合經濟部提供前進新南向市場的資訊。

在印度設立超過1,700個經銷據點、24個發貨倉庫的康揚輔具,更大方分享在印度的據點,提供台灣廠商寄賣,傳授在地化、客製化的行銷策略與心得,讓後進的廠商得以縮短摸索期,形成「聯盟」的戰力。

醫療國家隊,深化台灣醫療品牌

除了協助廠商進軍新南向國家市場,七國七中心所組成的國家隊,亦擦亮「台灣醫療品牌」。顏慧欣強調:「第一步是借重台灣醫院的光環,與負責國家簽訂合作備忘錄,深耕人脈網絡,透過醫衛合作,強化台灣在新南向國家的連結;第二是透過每個醫院的特色醫療,重新定位台灣醫衛國家品牌的影響力。」

其中,醫術交流與合作是台灣醫衛品牌最大的優勢。以負責越南的台北榮民總醫院來說,不只越南第一大外科醫院越德醫院的整個移植外科團隊都送到北榮訓練,2019年北榮團隊更完成越南15年換肝史上,年齡最小的肝臟移植手術的紀錄。

彰基長期以來結合社區照護、政府長照2.0政策,針對從輕度到住院的失智患者,發展出一條龍的失智照顧系統,如此完整的know how與經驗,更是海外輸出的亮點。

彰基甚至受邀到泰國公共衛生部傳統醫藥司舉辦長照工作坊。彰基「長照e院」院長王文甫指出,彰基在社區長照據點的創新服務,同時將中醫坐式太極、坐式八段錦,運用在長期照護中,還有台灣點睛科技展示SODA樂活認知訓練機,均讓泰國護理人員大為驚豔,希望與台灣合作,舉辦「專業培訓課程」。連泰國傳統醫藥師都受到啟發,認為泰式按摩也可以用在長照上。

重新定位新南向夥伴關係

根據衛福部的統計,2018年到台灣使用醫療服務的外籍人士已超過42萬人,其中有三分之一來自東南亞。負責馬來西亞的長庚醫院胸腔外科醫師劉會平,本身是來自馬來西亞的僑生,基於回饋故鄉的使命感,不管是到馬來西亞舉辦研討會或產業媒合會,或是接受馬來西亞政府官方通訊社馬新社新聞台的專訪,都大力推介長庚醫院在國際上整合癌症治療與口腔重建等醫療技術的實力。

「馬來西亞對台灣的醫療技術與實力並不太了解,透過醫衛新南向計劃,讓馬來西亞的醫師、病人與家屬都了解到,除了去新加坡、澳洲、中國之外,原來台灣也是優質的選擇。」劉會平醫師說。

還有新光醫院長期投入帛琉的國際醫療服務,從最初單純派遣醫師、護理師駐診、代訓當地醫護人員,到建立後送轉診制度,還成立營養衛教教室,進入帛琉公立小學進行營養教育課程,2019年開始參加醫衛新南向計畫,將其累積豐富的醫療合作經驗複製至緬甸,新光團隊更是胸有成竹,今年三月更透過視訊,協助緬甸當地醫院防治新冠肺炎疫情。

負責協調一國一中心政策的中經院執行秘書蘇怡文有感而發地說,台灣醫衛國家隊在東南亞的醫材展、研討會的表現,均讓地主國驚豔。她相信,醫衛新南向深化東南亞市場,有朝一日當台灣人到東南亞遊玩時,一提到台灣,東南亞的國民不只是知道台灣,還會加上一句:「你們的醫療很棒!」

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!