スマート農業

:::

2018 / 9月

文・曾蘭淑 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜


唐の李紳は「憫農詩」に「禾を鋤いて、日は午に当たる。汗は滴る禾下の土に」と詠んだ。昔の農耕の姿である。

だが今日の農業では、ドローンが農薬や肥料を散布し、人手による作業より精確なため農薬や肥料の使用量を削減できる。人々が寝静まった頃、屏東県内埔の茶畑では自動化された点滴灌漑が行われ、これにより節水と省エネが実現した。豪雨警報が出ても、スマート鶏舎とスマート温室の中は風雨の影響も受けない。これらはスマート農業の一部である。「農業生産のスマート化、生産販売のデジタル化」が、最古の産業をハイテク産業へと変えつつある。


請登入 瀏覽全文

《現在申請加入會員完全免費,並可免費查看光華雜誌歷年文章》

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!