アメリカとの固い絆

:::

2019 / 4月

文・陳亮君 翻訳・山口 雪菜


1979年にアメリカ国会で「台湾関係法」が成立すると、直ちに台湾とアメリカの窓口機関として米国在台協会(AIT)が設置された。双方はこの法律を基礎に、知識や文化、技術などの面での交流を続け、台米関係は激動の国際情勢の中で後退することはなく、日増しに緊密さを増してきた。

 


1979年にアメリカ国会で「台湾関係法」が成立すると、直ちに台湾とアメリカの窓口機関として米国在台協会(AIT)が設置された。双方はこの法律を基礎に、知識や文化、技術などの面での交流を続け、台米関係は激動の国際情勢の中で後退することはなく、日増しに緊密さを増してきた。

今月号のカバーストーリーでは、この40年来の台湾の文化、教育、産業におけるアメリカの影響を振り返る。同時に台湾が米国から援助を受けていた時期の建築物を訪ね、古き良き時代に焦点を当て、台湾とアメリカとの深い友好の絆を考える。

*             *             *

インドの三大祭典の一つ、カラフルなホーリー祭が台湾でも開催されている。毎年千人以上が参加し、そのうちインド人は4分の1、ほかは台湾人と台湾在住の外国人である。『光華』とともにインドの伝統的なフェスティバルを体験していただきたい。

移住者を中心とする台湾では、一つひとつの料理の背後に想像を超える文化の系譜がある。先住民族、移民、植民者の食が融合し、さまざまなものを受け入れて今日の台湾の食文化が形成された。「台湾料理」はどのようにして形作られたのか、お読みいただきたい。今月号ではさらに、台湾で初めてストリート・パフォーマーの資格を取得したフィリピン人労働者、サンド・アーティストのマリオ・サベルディアさんをご紹介する。彼の台湾での物語、そしてサンド・アートによって切り開いてきた新たな人生をご紹介する。

*             *             *

今月の光華は、苗栗県の海線を訪ねる。「海線五宝」と呼ばれる日本時代の木造駅舎が残る地域の物語である。

国家図書館は海外の研究者や外交部と連携し、海外の31ヶ所に「台湾漢学リソースセンター」を設立してきた。長年にわたり、台湾の漢学文化を輸出して東西文化の交流と合流を促し、多様性を高めてきたのである。

同じく学術界に対する台湾の貢献としては客家研究が挙げられる。2018年11月13~15日、交通大学客家文化学院が開催した国際シンポジウムには、韓国、日本、タイ、アメリカ、インドネシア、マレーシア、ニュージーランドの研究者が参加して意見を交換した。台湾の客家研究の特質と学際的研究経験によって、台湾は世界の客家研究に重要な地位を占めている。

エスニックを分かたず、歴史と文化のアイデンティティを重んじる。台湾では客家も「血縁」ではなく「文化アイデンティティ」で定義している。『光華』を通して、より多くの人に台湾を好きになっていただき、ともにより良い時代を開いていきたい。

関連文章

近期文章

繁體 EN

台美深厚情誼

文‧陳亮君

1979年美國國會通過《台灣關係法》後旋即成立「美國在台協會」,作為美方與台灣之間溝通的橋梁。雙方在此法的基礎上,進行包含知識、文化、科技等方面的交流,也讓台美關係未因動盪的世界局勢而衰退,反而日趨緊密與鞏固。

 


1979年美國國會通過《台灣關係法》後旋即成立「美國在台協會」,作為美方與台灣之間溝通的橋梁。雙方在此法的基礎上,進行包含知識、文化、科技等方面的交流,也讓台美關係未因動盪的世界局勢而衰退,反而日趨緊密與鞏固。

本期《光華》封面故事將以40年來美國對台灣文化、教育、產業的影響,以及美援時期所留下的建築,作深入的探訪與報導,揭開了往日時光的美好印記,也訴說了多年來台美交流的深厚情誼。

*       *       *

好麗色彩節(Holi Festival)是印度三大節慶之一,在台灣每年有超過上千人的參與,其中僅四分之一是印度人,其餘全是在台灣的外國人與本地人,讓我們跟著《光華》的腳步,一同體驗印度傳統的節日。

而以移民為主的台灣,每一道菜餚背後都象徵著一個超乎想像的文化系譜,原生、移民與殖民的交融,廣納各方的台灣飲食,如何形塑出具台灣特色的「台灣菜」,讓《光華》帶大家探尋台菜的古與新;還有專訪台灣第一位獲得街頭藝人證照的菲律賓籍移工、沙畫藝術家馬力歐,聽他述說來台的種種故事,以及如何透過沙畫來體驗愛與生活。

*       *       *

《光華》行旅的腳步永不停歇,本次騎行台灣以海線為軸,帶讀者造訪鐵道迷暱稱的「海線五寶」(5座日式木造車站),一探苗栗海線的故事;還有國家圖書館積極聯繫海外學人,與外交部駐外人員攜手,成功在海外設立31個「台灣漢學資源中心」,多年來持續對外輸出台灣式的漢學文化,使東西文化有更多元、開放的匯流,免於單一角度的一言堂。

同樣令人驕傲的台灣學術貢獻,還包括台灣客家研究,2018年11月13至15日由交通大學客家文化學院主辦的跨域國際研討會,韓、日、泰、美、印尼、馬來西亞、紐西蘭的學者均互相交換心得,台灣客家研究之特質與豐富的跨領域研究經驗,讓台灣成為全球客家的研究重鎮。

族群分野,講求的是歷史和文化認同。而今台灣客家人的認定,早已不侷限在「血緣論」的條件,而是符合「文化認同論」的思潮。希望透過《光華》的報導內容,讓更多人喜愛台灣、認同台灣,並努力創造下一個美好年代。

A Deep and Abiding Friendship

Ivan Chen /tr. by Scott Williams

The United States established the American Institute in Taiwan as a channel for US‡Taiwan communications in anticipation of the US’ passage of the Taiwan Relations Act in 1979. In the years since, the law has provided Taiwan and the US with a basis for broad-ranging intellectual, cultural, and technological exchanges, and for a relationship that has only grown stronger and closer over time.

 


The United States established the American Institute in Taiwan as a channel for US‡Taiwan communications in anticipation of the US’ passage of the Taiwan Relations Act in 1979. In the years since, the law has provided Taiwan and the US with a basis for broad-ranging intellectual, cultural, and technological exchanges, and for a relationship that has only grown stronger and closer over time.

Holi is one of India’s three major festivals. Here in Taiwan, about three quarters of the more than 1,000 people that take part in local celebrations are non-Indians. Join us as we take a look at this traditional Indian holiday.

Taiwan’s cuisine reflects our immigrant history, each dish possessing an almost unimaginably large genealogy that integrates Aboriginal, immigrant and colonial influences. In this issue, we sift through the old and the new in Taiwanese cuisine. We also interview Filipino street artist Mario Su­bel­dia to hear about his life in Taiwan and his use of sand art to depict life and love.

Taiwan Panorama is an inveterate traveler. This month, we take our readers along the West Coast Line to visit three of the five Japanese-style wooden train stations known as the “five treasures of the coastal line.” We also report on the National Central Library’s work with the Ministry of Foreign Affairs to establish 31 Taiwan Resource Centers for Chinese Studies abroad. These centers, which connect the NCL with foreign scholars and promote Taiwanese-­style sinology abroad, encourage diverse and open scholarly exchanges, and support a broad range of views. 

Taiwanese scholars are also making noteworthy contributions in the area of Hakka studies. For example, in November 2018 National ­Chiao Tung University hosted an International Conference on Interdisciplinary and Transnational Hakka and Ethnic Studies, featuring exchanges among scholars from Korea, Japan, Thailand, the US, India, Malaysia, and New Zealand. The richness and cross-­disciplinary nature of Hakka studies in Taiwan has made our island a research hub in the field. 

The boundaries between ethnic groups emphasize historical and cultural identities. The fact that the criteria by which Taiwan’s Hakka are defined transcend simple lineage to recognize subjective cultural identity offers a case in point. Similarly, we hope that our content will inspire all who love and identify with Taiwan to work towards an even brighter future for our land.

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!