遠い故郷の食への郷愁

程仁珮のレシピ進化運動
:::

2019 / 7月

文・李珊瑋 写真・程仁珮 翻訳・松本 幸子


料理は記憶やイメージを呼び覚ます。形あるイメージから心象風景へ、程仁珮がレンズの向こうに凝縮させるのもそんな世界だ。彼女の作品『食譜演化運動(レシピ進化運動)』シリーズは、実際の物を用い、その背後の物語を表現する。舌に味を残すかのように、異郷で暮らす人々の故郷や家族への断ち切れない思いが伝わる。見た瞬間に心はたちまち故郷へと飛び、家族に抱かれるような癒しがある。

多様なエスニックが台湾で融合することで、料理も目に見えない形で変わっていく。異郷でその地の味を取り入れ、さらに豊かな味わいを醸し出している。


レシピに表れる思い

感覚の記憶は年月とともに変わる。『食譜演化運動(レシピ進化運動)』は食べ物を主としたオブジェの画像で、そこに込めた喜怒哀楽のすべてを、視覚、嗅覚、味覚によって感じてもらおうというものだ。アーティストとして程仁珮は、食材を用いて人の思いを表現するという道を、天が示してくれたことに感謝している。

「自分の育った環境と関係があるのかもしれません」と言う程仁珮は、幼い頃から食べ物に対する感覚が鋭かった。家族全員で食卓を囲んだ心温まる記憶は今も鮮明に残る。幾度か海外でのアーティスト‧イン‧レジデンスに招かれ、様々な食文化と接する中で、食べ物と文化背景とを結びつけたビジュアルアートが生まれた。

「料理するのが好きです」とも言う程仁珮は、2014年のフランスでのアーティスト‧イン‧レジデンスで『'A的料理、我的食譜(あなたの料理、私のレシピ)』を発表し、その後シリーズとなる『食品彫塑計画』や『許一個願、譲我餵食(願わくは食べさせてあげたい)』につなげ、台湾のソフト‧パワーを示した。町を行く人に声をかけ、プロジェクトへの参加を呼び掛ける。参加者には故郷の料理を説明してもらい、それを彼女が作ってみせるというものだった。「出来上がると、参加者の期待とはどうしてもずれるのです」こうした「参加型アート」の経験で、食べ物と記憶のつながりについて考えるようになった。「参加者が期待したのは、何ものにも代えがたい故郷の味でした」この発見を得て2017年に台湾に戻り、『食譜演化運動』の創作に取り掛かった。食材や物を組み合わせ、国際結婚で台湾にやってきた女性たちのオーラル‧ヒストリーや心の世界を描き出そうという試みだ。

人生に溶け込んだレシピ

「私の『食譜演化運動』シリーズの第1作は、キュレーターの黄義雄さんに招かれ、苗栗の客家の集落で完成したものです。彼は私の人生の恩人です」程仁珮は今年初めに台北市忠泰美術館で同シリーズの代表作を展示した。どの作品にもそれぞれの人生の物語があり、遠く台湾に嫁いできた寂しさは、故郷の味で癒されるものだ。

「鏡山境」は、客家料理でよく見られる塩豚、紅麹、腐乳に、ベトナム料理の春巻きの皮やエビ塩といった食材を合わせ、ある幸せな物語を映し出した。山の多い苗栗は、ベトナムから来た花嫁にとって故郷のタイニンに似ており、知らない土地への不安を和らげてくれる。夫のやさしい気遣いもあり、幸福な家庭を持てたし、自分を娘のようにかわいがってくれる姑も、できるだけ似たような食材を探してきてはベトナム料理を作って食べさせてくれる。今やベトナムに里帰りしても姑の作る料理が食べたくなるほどで、それはすでにふるさとの味になった。

「心を開いて人生を語ってくれた人たちに本当に感謝しています」という程仁珮は、作品「一院香」では、中国山東省から台湾に来た女性の終日涙に暮れるような毎日を表現した。物質的には憂いのない暮らしでも、外部とつながりのない鬱屈した毎日で、はけ口もない。慰めと言えば子供の頃の温かい思い出だ。彼女を一番可愛がってくれた養父は、農家の貧しい暮らしの中、トウモロコシの髭をお湯に浸して飲むのを憩いとしていた。作品に用いられたコンクリート壁の断片は、貧しくも温かかった実家の象徴だ。太い剣山は針のむしろに座るような現在の居心地を象徴し、トウモロコシ髭茶のほのかな香りに彼女の思い出を込めた。また、トウモロコシの粒を針金でつないで屹立させ、愛のために苦労も耐え忍び、それが報われる日を待つという健気さを表した。

「初秧芽」には、食材は単なる媒介に過ぎず、作品の持つ味わいこそが目的だという、程仁珮の美学が見て取れる。ポーランドから来た女性の物語だ。ザルのように編んだ花ニラの後ろに色鮮やかな布が置かれている。これは女性の妹が贈ってくれたというポーランドの人形を表し、祝福の意が込められる。ご飯に混ぜた豚肉は、台湾に来た当初、肉を食べられなかった女性が台湾人の夫の気遣いや励ましの下、暮らしに溶け込んでいったことを示す。唯一、故郷の食材に似ているという餃子の皮は、ビーツとほうれん草で色を染めて重ね、上に白いチーズとピクルス、蜂蜜ゼリーの玉を置き、台湾と東欧文化の融合を表現した。

食材で心情を表すこれらの作品は、デザインに最も時間がかかる。「巻多情」では手間をかけて肉の煮こごりを作った。雪や氷に囲まれたウクライナの生活風景を表したものだ。「彼女の故郷への思いを結晶させました」という。

すぐ隣国でも故郷を偲ぶ思いは同じだ。「甘露霜」では、日本の両親からの贈り物を配し、実家の親への思いを表した。その横には味噌をベースに緑茶とゴマ油を重ねた日台ブレンド‧カクテルを置き、グラスの縁に危ういバランスで載せられた枝豆と紫蘇は揺れる心情を物語る。

地域の味を収集

地域とのつながりを重視する台北市鳳甲美術館は、2019223日から1カ月、特設展『芸遊味境』を催した。それは石牌小学校の高齢者向けコースにおける「北投の味を収集する」というプロジェクトで、地元の食材を用い、参加者のお年寄りたちに食卓での記憶を表現してもらったものだ。程仁珮の導きの下、さまざまな思い出がよみがえり、誰もが少女のように胸躍らせて創作力を発揮、作品はエネルギーに満ちていた。

異国料理の魅力は異なる味に感じる衝撃であり、異なる食材には異なる文化が育まれている。「次は、小麦粉の生地で町の軌跡をかたどることを考えています」食材を用いた思いがけないアイデアで、程仁珮は天分を発揮し続ける。

歴史家は文字で歴史を記述し、画家は絵筆で風景や思いを描き、音楽家は音符で思いを奏でる。そして程仁珮は食材を用い、レンズの向こうに人生の記憶を結晶させる。何百何千年たっても、人はレシピによって古人の生活を知り、変化の軌跡をたどることができるのだから。

関連文章

近期文章

繁體 EN

食在有味 用食譜留駐遷徙記憶

— 程仁珮

文‧李珊瑋 圖‧程仁珮

一道料理,讓生命回甘。從形象到心象,程仁珮透過鏡頭,凝結相思。《食譜演化運動》用真實的物件,表述虛幻的意境;留駐舌間的品味,勾勒出新移民對故里、親人,斬不斷的思念情懷。像是一個按鈕,瞬間開啟與家鄉的連結,撫慰漂泊的靈魂,回歸慈母的臂彎。

多元族群在台灣融合,悄悄地引導料理在無形間轉換。隨著歲月的流逝,動盪的心,尋獲安身立命的家園。昔日的故鄉料理,不知不覺間融入在地的滋味。陳釀注入新瓶,激發出更豐盈的甘甜。

 


用食譜串連思念

感官的記憶,歷久彌新。《食譜演化運動》用視覺、味覺、嗅覺,串聯起深沉的懷想。喜怒哀樂的情緒,全都一股腦地,投注在食物影像內。藝術家程仁珮感謝上天安排的機緣,開啟了用食材設計、記載情緒的旅程。

「可能和我的成長環境有關吧!」從小就對食物具有敏銳度的程仁珮,全家人圍聚餐桌的溫馨記憶,慢慢沉澱為心底最清晰的影像。在多次赴國外駐村經驗中,接觸到各個民族不同形態的飲食文化,激盪出表現食物與人文連結的視覺藝術。

「我很喜歡做菜。」2014年程仁珮獲選為文化部法國駐村交流計畫中的代表,以《你的料理,我的食譜》,開啟了其後一系列《食品雕塑計畫》、《許一個願,讓我餵食》的藝術實驗,展現台灣的軟實力。邀請街頭的陌生人擔任計畫參與者,口述家鄉料理,交由程仁珮操作。「因為文化習俗的不同,成品往往和參與者預期的味道有些差異。」這些「參與式藝術」,讓程仁珮更加深入思考,食物與記憶間的連結。「其實他們所期待的,是一種無可取代的故鄉滋味。」這項啟發與領悟,讓程仁珮2017年回台後,開始創作《食譜演化運動》。用藝術手法細微審視,倚借食材和物件交融的舞台,撰寫外籍媳婦的口述歷史和心靈世界。

浸潤生命的食譜

「我的《食譜演化運動》系列創作,第一件作品是在策展人黃義雄先生的邀請下,在苗栗客家庄完成的,他是我的貴人。」程仁珮今年初在台北市忠泰美術館展出該系列的代表作。每一件作品,就是一個人生故事,或是甘甜,或是苦澀,演繹著截然不同的生命際遇。嫁來台灣,離鄉背井的孤寂,在熟悉的味道中,得到解脫。

〈鏡山境〉用客家鹹豬肉和紅糟、豆腐乳,搭配越南春捲皮和香茅、蝦鹽等異國食材,述說著一個幸福的故事。苗栗多山的地貌,與由越南嫁入客家庄的新嫁娘故鄉西寧省相近,同樣是山城裡的田園,讓踏上陌生土地的恐懼,頓然稀釋。先生的撫慰關懷,讓她在台灣找到家的歸屬與依靠。把媳婦當女兒般疼愛的婆婆,體貼地學習越南菜,即使沒有相同的食材,也四處尋找接近的替代,用飲食為兒媳抒解鄉愁。這份用心交陪,讓媳婦返回越南探親時,竟常常思念起婆婆的料理,成為生命中不能離棄的家鄉味。

「我很感謝受訪者願意對我敞開心扉。」程仁珮陪著流淚,把這份感動,融入創作裡。〈一院香〉記述一個由山東來台,終日以淚洗面的淒苦過程。讓情緒在食物面前,瓦解心防,盡情宣洩。雖然物質不虞匱乏,但是封閉的生活,苦悶的心靈,卻讓憂鬱找不到出口。唯一的慰藉,是兒時溫馨的回憶。

作品用殘破的水泥磚塊元素,象徵受訪者幼時貧瘠卻溫馨的家園。最疼愛她的養父務農,清苦的生活中,用玉米鬚泡茶對飲,是最踏實的享受。程仁珮用劍山象徵外在環境的壓迫,讓人如坐針氈。一碗玉米鬚茉莉花茶,飄散著淡淡的幽香,注入芬芳的回憶。用鐵絲串起的玉米粒,傲然挺立,形塑甘願為愛的執著,即使嚐盡苦澀,也要守得雲開見月明。

〈初秧芽〉展現出程仁珮的美學功力,食材只是媒介,品味才是目的。用韭菜花編織的背景,倚靠著象徵祝福,用彩巾代替妹妹寄來的波蘭傳統布娃娃。把豬肉混入米飯,展現台灣夫婿體貼的心意,讓來台後不敢吃肉的波蘭女孩,在愛的鼓勵下,融入在地生活。唯一和家鄉食材相近的水餃皮,用甜菜根和波菜汁染色,堆疊上白起司和酸黃瓜、蜂蜜晶球,展現出濃郁的東西文化交融,具有台灣味的東歐風情。

食譜演化,最耗時費神的是設計發想。用看得見的食材,表述看不見的心境。〈卷多情〉中一個工序繁複,精心製作的肉凍,代表的是烏克蘭冰天雪地的生活情景。「我想把思鄉情緒,凝結在一個點。」

想家,不在於距離的遠近,即使是隔鄰的國度,依舊讓人滿懷思念。〈甘露霜〉唯美的圖像中,用日籍父母饋贈的珍貴紀念品,象徵對掌上明珠的祝福,也承載著新嫁娘對雙親無盡的思念。

幼時建立的味覺感知,常是難以變異的固執,要接受新的改變,需要多少愛的力量。一杯宛若雞尾酒的台日綜合調味,用味噌為基底,注入綠茶粉和芝麻油,層層堆疊起超越想像的異國風味,成為思鄉的甘露。情感脆弱的當下,一粒毛豆,就能咀嚼鄉愁;一葉紫蘇,酸楚化作淚水。

藝遊味境 採集在地風味

長期在地深耕的台北市鳳甲美術館,今(2019)年2月23日起舉行為期一個月的《藝遊味境》特展。北投在地風味採集計畫中,程仁珮參與石牌國小樂齡班的味覺採集計畫。用在地食材做媒介,引導受訪者,喚醒腦海中深層的記憶。透過餐桌上的故事,分享生命旅程中,一個又一個甜蜜、愉悅、憂慮、思念的在地記憶,經過歲月的醞釀轉化,苦澀早已化作甘甜。樂齡班的阿嬤們,雀躍的像少女,在程仁珮的導引下,激發出創作的潛能,質樸的作品,充滿能量。

異國料理總是讓人著迷,一種不同於在地的味覺衝擊,意味著不同的食材,孕育著不同的文化。「我下一步想要用麵團,拓印城市的軌跡。」靈思不斷的程仁珮,用愛與熱忱,在食材與攝影間,盡情揮灑藝術天分。

史學家用文字記述歷史,畫家用繪筆描繪風情,音樂家用音符彈奏情緒,程仁珮以食材雕塑人文,透過鏡頭,用圖像承載生命的記憶。千百年後,循著食譜圖像,了解前人的生活文化,在時空挪移中,演進的軌跡。

Tracing Migrants' Memories Through Recipes

Cheng Jen-pei

Lee Shan Wei /photos courtesy of Cheng Jen-pei /tr. by Geof Aberhart

meal can be a conduit for memory. From images to ideas, through her lens Cheng Jen-pei is able to crystallize that sensation. Her “Recipe Evolution Movement” collection uses physical objects to express artistic illusions, capturing the tastes that linger on the tongues of migrants and sketching out their feelings toward their homes and families.

As diverse cultures blend together in Taiwan, almost invisible changes in cuisine come alongside the shifts in culture. Slowly but surely the familiar dishes of homelands past take on elements of their new locale. As these old wines are put into new casks, new, richer flavors emerge.

 


Connecting recipes with thoughts

Sense memories can be almost timeless. “Recipe Evolu­tion Movement” connects deeper thoughts with the senses of taste, smell, and sight. The full gamut of emotions is in play as they are injected into images of food. The artist, ­Cheng Jen-pei, uses food as a design element to take the viewer on a journey through feelings and memories.

Since childhood, ­Cheng has had a keen interest in food, and over the years she has traveled the world, experiencing the culinary cultures of different peoples during her time as a resident artist. These experiences are what inspired her to create visual art that connects cuisine with its people.

In 2014, ­Cheng was selected for the Ministry of Culture’s Residency Exchange to France program. Following on from her work “Your Cuisine, My Recipe,” she embarked on the experimental works “Food Sculpture Project” and “Make a Wish and Let Me Feed You.” For these, she invited strangers she met on the street to become participants, describing to her the cuisines of their homes, which ­Cheng would then make. These participatory art pieces inspired ­Cheng to contemplate more deeply the connection between food and memory. After returning to Taiwan in 2017, she set to work on “Recipe Evolution Movement.” Interviewing immigrant spouses, ­Cheng depicted the oral histories and inner worlds described to her by making use of her artistic and observational senses to create representative meldings of ingredients and objects.

Recipes for life

Earlier this year, ­Cheng Jen-pei put the results of this project on show at Tai­pei’s Jut Art Museum. Each piece tells a life’s story.

One piece, Mirage Mountain, pairs Hakka salted pork, red vinasse, and fermented tofu with Vietnamese spring rolls, lemongrass, and shrimp salt to tell a tale of joy. Through the care and comfort provided by her husband, a Vietnamese spouse has found belonging, a home, and someone she can depend on in Taiwan, as well as a mother-­in-law who loves her like her own daughter and has considerately begun learning Vietnamese cooking. Such is her new life that when she and her husband visit her family in Vietnam, she often finds herself missing her mother-­in-law’s cooking.

Another piece, Aromatic Courtyard, tells the tearful story of a woman who came to Taiwan from Shan­dong, China.

Fragments of cement, tile and brick are used in the work to symbolize the interviewee’s childhood home, poor but full of love. The artist also uses spiked flower holders to symbolize an oppressive external environment that leaves one feeling constantly on edge and unsettled. A bowl of corn jasmine tea creates a light aroma that infuses the air with fragrant memories, while corn kernels strung together on wires stand proud, representing persever­ance in love, holding on through the hardest times until the light shines through again.

Fresh Sprout uses woven garlic chives as a backdrop, resting against colored cloth that represents the traditional mo­tanka dolls sent over by the interviewee’s sister in Poland, which symbolize blessings. Mixing pork in with rice, ­Cheng highlights the care and consideration of the Polish interviewee’s Taiwanese husband; after she initially didn’t dare eat meat after arriving in Taiwan, with loving encouragement he helped her to integrate into Taiwanese life. The only element close to food from home is the dumpling skin, colored with beetroot and spinach juices and stacked with white cheese, pickled cucumber, and a honey “crystal ball,” a showcase of the rich intermingling of East with West, of Taiwanese tastes with Eastern European styling.

The element of these “recipe evolutions” that takes the most time and effort is coming up with the designs, figuring out how to use visible foods to depict invisible states of mind. Fragrant Poetry, for example, involved a complex process of carefully preparing meat jelly in such a way as to represent the snowy scenes of Ukran­ian life. “I wanted to condense homesickness into a single point,” says Cheng.

Homesickness is not a matter of physical distance—even living in a neighboring country, one can still miss home. In the beautiful image that is Sweet Frost, ­Cheng used precious souvenirs gifted to the Japanese interviewee by her parents to symbolize her being “the pearl in their palm” (a Chinese expression roughly equivalent to “the apple of their eye”), and her always carrying with her thoughts of her parents.

In moments of emotional fragility, edamame can help her chew over thoughts of home, while a leaf of shiso can turn sorrow into tears.

Collecting local flavors

The Hong-Gah Museum, which has cultivated deep local roots in Tai­pei City, embarked on a one-month effort starting February 23, 2019 entitled the “Bei­tou Local Flavors Collecting Project.” ­­Cheng and Tai­­pei Municipal Shi­pai Elementary School’s Senior Academy were among the participants in the project. The aim was to use local foods as a medium to awaken the memories that lie deep in the recesses of interviewees’ minds, the bitternesses that have transformed into sweet memor­ies through the fermenting process of time. The older women of the Senior Academy, under ­Cheng’s guidance, were like sprightly schoolgirls, their creative energies ignited and their simple works brimming with vitality.

Exotic foreign dishes are always entrancing, creating an assault on the tastebuds that differs from familiar local flavors, a representation of the differences in culture that lie within different foods.

Historians record history in words, painters capture scenes with paint, musicians convey emotions through instruments, and ­Cheng Jen-pei sculpts cultures through food, bringing out the memories of lives by capturing those sculptures in photographic form. Looking back through centuries via images of dishes, we can get an insight into the lifestyles and cultures of those who have gone before us, a glimpse of how things have evolved over time.

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!