白沙屯媽祖の巡行

:::

2018 / 8月

文・莊坤儒 写真・光華攝影組 翻訳・山口 雪菜


2018年5月16日の夜11時、苗栗県通>]の拱天宮は人でごった返していた。年に一度の白沙屯媽祖の神輿が巡行に出発するのである。今年、媽祖様は36時間以内に徒歩で雲林の北港朝天宮へ到着するよう指示なさった。150キロ近い道のりを36時間で移動するためには、廟のスタッフや信者は休むことなく昼も夜も歩き続けなければならない。

 


2018年5月16日の夜11時、苗栗県通>]の拱天宮は人でごった返していた。年に一度の白沙屯媽祖の神輿が巡行に出発するのである。今年、媽祖様は36時間以内に徒歩で雲林の北港朝天宮へ到着するよう指示なさった。150キロ近い道のりを36時間で移動するためには、廟のスタッフや信者は休むことなく昼も夜も歩き続けなければならない。

「白沙屯媽祖の巡行」は信者たちが代々受け継いできた宗教儀式で、すでに150年以上の歴史がある。徒歩で進むルートは苗栗県から台中市、彰化県、雲林県にまたがり、最後は北港朝天宮に参拝する。全行程320キロの道のりである。毎年、巡行の時期が近づくと、拱天宮の委員とその年の炉主が媽祖様に擲筊でお伺いを立て、出発日と朝天宮への到着日、そして帰還日を決める。また沿線で神輿を止める場所やルートも、媽祖様が神輿を担ぐ人々を率いて決めていくというのが、この巡行の最大の特色だ。

私たちは7泊8日の巡行に随行し、沿線の人々が祈りを捧げる姿を追った。そこに見えるのは、善良な人々の真剣なまなざしだった。

関連文章

近期文章

繁體 EN

白沙屯媽祖徒步進香紀實(媽祖篇)

文‧莊坤儒 圖‧光華攝影組

2018年5月16日晚上11點,苗栗通霄的拱天宮人聲鼎沸,一年一度的白沙屯媽祖進香準備起駕了。今年媽祖指示要在36小時內徒步至雲林的北港朝天宮,將近150公里的路程,考驗廟方工作人員、香燈腳(信徒)夜以繼日徒步前行。

 


2018年5月16日晚上11點,苗栗通霄的拱天宮人聲鼎沸,一年一度的白沙屯媽祖進香準備起駕了。今年媽祖指示要在36小時內徒步至雲林的北港朝天宮,將近150公里的路程,考驗廟方工作人員、香燈腳(信徒)夜以繼日徒步前行。

「白沙屯媽祖進香」是苗栗縣通霄的拱天宮信眾代代相傳的宗教儀式,迄今有150年以上的歷史。徒步進香的路程縱跨苗栗、台中、彰化、雲林,最後至北港朝天宮參拜,來回距離將近320公里。每年進香期程,均由拱天宮委員與當年爐主,向媽祖擲筊請示之後,依媽祖旨意決定「起駕日」、「刈火日」與「回宮日」,而沿途的停駕地點與行程,全由媽祖引領抬轎者前行,是最大的特色。

於是我們在八天七夜的行程中,跟著媽祖走過田野、在超市停駕休息、望見沿途的居民鑽轎腳祈求平安,更令人感動的是那份台灣人民心存善意的純真面孔。

The Baishatun Mazu Pilgrimage

Chuang Kung-ju /photos courtesy of Taiwan Panorama photojournalists /tr. by Phil Newell

At 11:40 p.m. on May 16, 2018, there was quite a hubbub at Gong Tian Temple in Tong-xiao, Miaoli County, as the annual Bai-sha-tun Mazu Pilgrimage set off. This year Mazu indicated that she wanted to be taken to Chao-Tian Temple in Bei-gang, Yun-lin County, within 36 hours. The round trip of nearly 320 kilometers on foot would be a rigorous test for the temple workers and the faithful.

 


At 11:40 p.m. on May 16, 2018, there was quite a hubbub at Gong Tian Temple in Tong-xiao, Miaoli County, as the annual Bai-sha-tun Mazu Pilgrimage set off. This year Mazu indicated that she wanted to be taken to Chao-Tian Temple in Bei-gang, Yun-lin County, within 36 hours. The round trip of nearly 320 kilometers on foot would be a rigorous test for the temple workers and the faithful.

The pilgrimage has been practiced at Gong Tian Temple for over 150 years. The schedule is worked out in advance by divination. The route, and the procession’s stops along the way, are decided by Mazu guiding the palanquin bearers. This is a special feature of the Baishatun Mazu Pilgrimage.

During the eight-day journey we followed Mazu as she passed through fields, paused at a supermarket, and gazed out over believers along the route who sought her protection by kneeling or prostrating themselves to allow her palanquin to pass over them. But what we found most moving of all was the unaffected goodwill and innocence that shone in the faces of ordinary people along the way.

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!