Editor's Note—Urban Green Spaces

:::

2020 / October

Ivan Chen /tr. by Brandon Yen



“Design competence” plays a crucial role in Taiwan’s burgeoning cultural and creative industries, and all designers face the challenge of unlocking the potential of the materials they work with. Focusing on urban green spaces, this month’s cover story invites us to reconsider the relationships between humanity, nature, and space. We explore how designers make use of plants and nat­ural materials to create works that are full of meaning. Their artfully designed spaces are rooted in nature, but engage city dwellers in an intimate way, arousing the senses that lie dormant in our daily lives.

In addition to mapping out routes to nature within urban confines, we bring you to the “home of burdock”—Guilai Com­mun­ity in Pingtung—where Carl Chen tells us his story of returning to his hometown to cul­tiv­ate Yanagawa burdock. What is our island’s characteristic scent? Rachel Huang and Chris Li are distilling essential oils from Taiwan cypress wood, introducing the fragrance of Taiwan’s woodlands to the wider world. We also interview Johnny Chiu, founder of J.C. Architecture and winner of numerous awards for renovating old buildings, who explains how he interprets historic architecture in order to give it a new lease of life.

Also in this issue, Readmoo CEO Sophie Pang and her colleagues talk about the market for ebooks and the visions that have inspired their digital bookstore. The Chung Tai World Museum in Nantou’s Puli Township boasts Buddhist sculptures and artifacts such as dhvajas which have been gathered from around the globe. Cover­ing more than nine hectares, the museum combines the archi­tectural grandeur of the ancient Chinese city of Chang’an with cutting-­edge tech­nology and facilities. Housing 1176 objects on display in 18 rooms, it is well worth a visit for anyone interested in Buddhist culture.

For the second in our occasional series “Conversations with Taiwan Panorama,” we successfully co-organized the forum “Southeast Asia in Transition: Immigrant Perspectives on Taiwan’s New Southbound Policy” with the Taiwan‡Asia Exchange Foundation. In dialogue with immigrant civic groups, we delved into topics such as cultural outreach, artistic practice, civil rights, and self-­empowerment.

During the coronavirus pandemic, Taiwan Panorama has donated reading materials to remote districts, garnering enthusiastic responses from local institutions such as schools and churches, as well as from the Boyo Social Welfare Foundation. Whether online or in hard copy, books and magazines convey not only knowledge but also stories of people from various places. We hope that the diversity of Taiwan Panorama’s articles will bring you a different kind of reading experience.

Relevant articles

Recent Articles

日本語 繁體

都市の中の「自然空間」

文・陳亮君 翻訳・山口 雪菜


台湾では文化クリエイティブ産業が盛んで、創意に満ちた商品が次々と打ち出されているが、その重要な要素は「デザイン力」であり、それはまた「素材」とも密接に関わっている。今月号のカバーストーリーは「自然空間」を出発点に、人と自然と空間素材との関係や、植物や自然素材のさまざまな可能性を見直してみる。ユニークなデザイン思想によって、自然素材の豊かな世界は広がっていく。自然素材はまた、そこに暮らす人に自然がもたらす奥深い空間を体験させ、深い感覚をよみがえらせてくれる。

このように都会でも自然に触れられるが、今月『光華』の取材班は「ゴボウの里」と呼ばれる屏東県帰来地区を訪れた。ゴボウ産業が地域にもたらした可能性を語る陳建行の物語をお読みいただきたい。また、李清勇·黄素秋夫妻は、日本統治時代に高級ヒノキ家具を作った際に出た廃材を利用してヒノキのエッセンシャルオイルを作り、台湾の森の香りを世界に紹介している。このほかに、古い建築物のリノベーションで多数受賞している柏成設計の邱柏文には、古い家屋をどのように活かし、かつ新たな生命を吹き込むかを語っていただいた。

このほか、電子書籍プラットフォームである読墨(Readmoo)の龐文真CEOとそのチームに、電子ブック市場や会社設立当初の理念についてお話をうかがった。南投県埔里に敷地面積9ヘクタールを占める「中台世界博物館」は、世界各地から集めた仏像や経典など貴重な仏教文物を収蔵している。長安の古城を模した壮大な建造物の内部は最新のテクノロジーを備えており、内部には18の展示ホールがあり、1176点の文物を収蔵している。仏教文物に興味のある方はぜひ訪れてみていただきたい。

今月の『光華』座談会は、台湾アジア交流基金会とともに「移動する東南アジア——新住民が見る新南向政策」と題して開催した。テーマサロンやワークショップなどの形で、新住民(海外から移住してきた人々)とともに「文化シェア」「芸術創作」「権利獲得」「自己啓発」などの面から討論し、経験を分かち合い、円満に座談会を終えることができた。新型コロナウイルスの流行が続く中、『光華』は僻遠地域へ本を贈る活動を続けており、各地の学校や教会、養護施設などから大きな反響をいただいている。デジタルであれ、紙であれ、読書を通して知識が得られるだけでなく、世界各地の生命の物語に触れることができる。『光華』の多様な内容が、また一つ違う読書の喜びを伝えられたら幸いである。

編者的話──城市中的「自然空間」

文‧陳亮君


在台灣一窩蜂所謂「文創」的商品中,「設計力」佔了很關鍵的因素,而設計又與創作時的「素材」有著密不可分的關係。本期《光華》封面故事將以城市中的「自然空間」為出發點,讓我們一同重新思考人、自然與空間素材的關聯,以及運用植物與自然材的各種可能性,讓獨特的設計思維,重新開啟了一座擁有豐富意涵的自然材世界,也讓生活在其中的人,體驗源自自然卻又近在眼前的寫意空間,以及喚醒更深層的感官覺知。

除了在城市就能親近自然外,編輯團隊還帶您一探台灣「牛蒡原鄉」的產地──屏東歸來社區,讓返鄉農夫陳建行娓娓道來牛蒡產業在當地發展的歷程;而什麼是台灣的味道呢?人稱「勇哥」的李清勇與「Rachel」黃素秋夫妻倆,把早期日治時代高檔檜木家具製作時所留下來的角料,提煉成精油,將台灣森林的香氣推廣至全世界;還有採訪榮獲多項老屋新生大獎的柏成設計創辦人邱柏文,由他來述說如何詮釋並傳續老屋的新生命。

本期還專訪了讀墨電子書執行長龐文真及其團隊,談電子書的市場,以及當初創立時的理念;而位於南投埔里的「中台世界博物館」,典藏了許多曾經散落在世界各地的佛像、經幢等珍貴佛教文物。這佔地逾九公頃的園區,仿古長安城的宏偉建築外觀,搭配新穎的科技設施,內有18座展廳,館藏1,176件,值得對佛教文物有興趣的讀者前往一遊。

此外,本次《光華》名人座談與台亞基金會共同舉辦「移動中的東南亞:從新住民看新南向」活動,以「議題沙龍」及「工作坊」方式,與新住民團體一起,分別就「文化分享」、「藝術創作」、「權利爭取」與「自我培力」等面向,進行深度探討與分享,活動順利圓滿落幕。再加上《光華》於疫情期間,辦理贈閱偏鄉閱讀活動,獲得各地學校、教會及博幼基金會等地方團體的熱烈迴響。閱讀的風潮不論是線上還是紙本,傳遞的除了知識,還有來自各地的生命故事,也期盼《光華》多元化的報導內容,能帶給您不同的閱讀饗宴。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!