Contributions to the World

The 2020 Tang Prizes
:::

2020 / November

Esther Tseng /photos courtesy of Tang Prize Foundation /tr. by JR Lee


The global spread of Covid-19 in 2020 has severely impacted global economic development and human security. However, in our currently tumultu­ous world, the announcement of the 4th Tang Prizes is encouraging news, especially as the Tang Prize in Rule of Law was for the first time awarded to three non-governmental organizations, based in Bangladesh, Lebanon, and Colombia. With the pandemic continuing to pose a serious threat, the award money and affirmation provided by the Tang Prizes has come at just the right moment. There is further hope yet for the treatment of patients with severe cases of Covid-19 as the three Tang Prize laure­ates in Biopharmaceutical Science continue their research on inflammatory diseases.


Taiwanese entrepreneur Samuel Yin founded the Tang Prizes in 2012, with four awards given out bi­enni­ally in the fields of Sustainable Development, Bio­pharma­ceutical Science, Sinology, and Rule of Law. Each ­category receives a cash prize of NT$40 million.

The 4th Tang Prize in Sustainable Development was awarded to primatologist Jane Goodall in recognition of her 60 years working for the conservation of the Earth’s environment. The Tang Prize in Biopharma­ceutical Science went to scientists Charles Dinarello, Marc Feldmann, and Tadamitsu Kishimoto for their contribution to the development of cytokine-targeting bio­logical therapies for the treatment of inflammatory diseases. Renowned historian Wang Gungwu was awarded the Tang Prize in Sinology for his groundbreaking insights which have enriched the explanation of Chinese people’s changing place in the world.

Reforming society through law and knowledge

This year, for the first time, three grassroots non-profit organizations received the Tang Prize.

Established in 1992, the Bangladesh Environmental Lawyers Association took an innovative approach to the Bangladeshi constitution that enabled them to form a link between environ­mental pollution and the wellbeing of the nation’s people. In doing so, BELA achieved an important breakthrough regarding the past interpretation of litigation in Bangladeshi courts. Ever since its first successful public-interest case in 1994, BELA has initiated more than 300 pieces of public-interest environmental litigation as well as various other legislative reforms.

Founded in 2005 and based in Colombia, Dejusticia: The Center for Law, Justice and Society firmly believes that academic research can substantively contribute to social justice and lead to social reform. In 2018, Dejusticia won a lawsuit calling on the Colombian government to protect and conserve the ­Amazon, marking the first such verdict in Latin America. 

The third recipient of the prize was The Legal Agenda, from Lebanon. Established in 2009, the organization has fought for major legal rulings to protect the rights of migrant workers, refu­gees, LGBT groups, and others. The Legal Agenda is not only a pioneer in advocating for such rights, it is also constantly seeking to expand awareness of these topics to other Arab countries, and has set up a branch in Tunisia.

Tang Prize Foundation CEO Chern Jenn-chuan notes that with the coronavirus pandemic in full swing, many NGOs are facing financial difficulties, especially as they receive less in donations than before. The award money from the Tang Prize seeks not only to show concern for these countries, but also to become a force that encourages NGOs on the front lines to keep pushing forward.

Action for environmental protection

Due to the pandemic, laureates were unable to come to Taiwan to receive their awards. The Tang Prize Foundation held Masters’ Forums at National Taiwan University, National Tsing Hua University, National Cheng Kung University, and National Chengchi University on September 21 and 22. The forums, livestreamed online, invited previous and current laureates to come together to discuss innovative thoughts on ecological con­serva­tion, human rights, and environmental justice, as well as the possibility for change in these fields.

Dr. Jane Goodall, who has visited Taiwan 18 times, joined remotely from her home in England. She stated that the spread of Covid-19 is due to humans dis­respect­ing animals and nature. Goodall’s groundbreaking research in primatology redefined the relationship between humans and animals.

Having set up sanctuaries for chimpanzees, she knew that actions were better than words, and shifted her role from that of purely a scientist to that of an activ­ist. In 1977, she founded the international Jane Goodall Institute. In 1991, she also founded Jane Goodall’s Roots and Shoots Program, to promote global wildlife conservation and environmental education.

Jane Goodall, 86, says, “My job is to give people hope.” Her active involvement in environmental con­serva­tion has indeed brought brighter hope to our planet.

Innovative inflammatory disease research

When University of Colorado professor Dr. Charles Dinarello, University of Oxford professor Dr. Marc Feldmann, and former Osaka University president Dr. Tadamitsu Kishimoto learned that they had received the Tang Prize, they were delighted. Each had independently discovered cytokines (IL-1, TNF, IL-6) critically involved in the pathogenesis of various autoimmune diseases. Cyto­kines are a cornerstone in medication for rheuma­toid arthritis, ankylosing spondylitis, and other auto­immune diseases, benefiting thousands of patients suffering from autoimmune or inflammatory diseases.

The three laureates attended the Masters’ Forum at National Cheng Kung University online via inter­national connections. They shared the history of scient­ists who have searched for the mechanisms behind autoimmune diseases. They also expressed hopes of finding effective therapies for curbing the inflammatory reaction that causes “cytokine storms” in the bodies of patients with severe Covid-19.

Looking at the present through the past

The winner of the Tang Prize in Sinology, historian Wang Gungwu, is a scholar on Sino‡Southeast-Asian relations who developed an original approach to under­standing China by scrutinizing its complex relations with its neighbors to the south. Whereas views on China have traditionally been developed from an in­ternal perspective or from that of the Western world, he has taken a more comprehensive approach to his view of the world order. He currently plays a leading role in fields concerning overseas Chinese.

Wang Gungwu was born in Surabaya in the Dutch East Indies (today’s Indonesia) in 1930 to ethnic Chinese parents. He went to England for postgraduate studies and his later academic career brought him to Singapore, Malaysia, Australia, the US, and Hong Kong, where he was president of the University of Hong Kong for nine years. The Tang Prize Selection Committee noted that Wang, with his multicultural upbringing, can look at both Chinese Confucian culture and British academic tradition as an insider, while also being able to view China as an outsider.

In addition to the prize money, the Tang Prize bestows upon each laureate a research grant of NT$10 million so that they may use their influence to further aca­demic, scient­ific and technological exchange. Dr. Chern Jenn-­chuan notes that Gro Harlem Brundtland, recipient of the first Tang Prize in Sustainable Develop­ment, used her award for elephant conservation in Kenya, green hydro­electric energy, and improving the standards of public health research among female scient­ists in developing countries. Sinology laureate Yu Ying-shih established the Yu Ying-shih Fellowship for the Humanities, a scholarship for young Taiwanese researchers. Rule of Law laureate Albie Sachs created a trust to chronicle South Africa’s post-apartheid constitutional reform through stories such as the conversion of a former prison into the country’s constitutional court.

Amid international alarm and turmoil, the efforts the laureates are taking in leading sustainable development in new directions to build a new world order are all the more striking. This is the spirit of the Tang Prizes: to pursue the finest virtues for the betterment of all.     

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

對世界作出貢獻

2020年唐獎

文‧曾蘭淑 圖‧唐獎教育基金會

2020年全球嚴重特殊傳染性肺炎(以下稱「新冠肺炎」)的蔓延,對全球經濟發展、人類安全創鉅痛深。第四屆唐獎的宣布,卻是紛亂世局中鼓舞人心的消息,尤其是本屆唐獎首創將法治獎頒給孟加拉、黎巴嫩與哥倫比亞的三個非政府組織,在疫情嚴峻之際,唐獎的獎金與肯定,不啻為及時雨;「生技醫藥獎」三位得主持續在發炎性疾病的研究,更是治療新冠肺炎重症患者的新希望。


台灣企業家尹衍樑於2012年創立唐獎,每兩年頒發永續發展、生技醫藥、漢學、法治獎四個獎項,各獎項獎金新台幣4,000萬元,另補助得獎人研究補助費1,000萬元。

第四屆唐獎率先公布的「永續發展獎」,頒發給靈長類動物學家珍古德(Jane Goodall),表彰她一甲子來獻身地球環境保育的工作;「生技醫藥獎」頒予查爾斯‧迪納雷羅(Charles Dinarello)、馬克‧費爾德曼(Marc Feldmann)及岸本忠三(Tadamitsu Kishimoto)三位科學家,彰顯其促成細胞激素成為生物製劑之作用標的,用以治療發炎性疾病的貢獻。著名歷史學家王賡武(Wang Gungwu)榮獲「漢學獎」,以表彰他對中國變動的世界地位詮釋有新穎重要的貢獻。

以知識為力量,用法律改革社會

今年唐獎首度頒發給三個草根性的非政府組織。台灣大學法學院特聘教授葉俊榮指出,這三個位處南方國家(Global South)的NGO,各自處在法治條件面臨嚴峻挑戰的環境中,仍努力不懈地向法院提起策略性訴訟,要求公部門實現法律保障的目的,並且致力於公眾教育及公眾倡議,提倡人人都能為法治理念的實踐作出貢獻。

創立於1992年的孟加拉「環境法律人協會」,面對國內嚴重的環境污染與貪腐不法,卻能以堅實的學理基礎,藉由對憲法的創新詮釋,將環境汙染與國民生存權作連結,成功突破孟加拉法院過去的解釋,自1994年起打贏第一場公益訴訟後,至今已成功提出超過300個環境公益訴訟與多項立法提議。

創立於 2005 年的哥倫比亞「實現正義:法律、正義暨社會中心」,成員多為人權、憲法及轉型正義的頂尖學者及法律實務工作者。雖然哥倫比亞有著血腥動盪的過去,社會問題叢生,成員們仍堅信學術工作能夠實現社會正義,帶動改革。該組織2018年成功地獲得勝訴,要求哥國政府積極保育亞馬遜雨林,創下拉丁美洲首例。

第三個獲獎的黎巴嫩「法律實踐進程組織」成立於2009年,在難民湧入、政府貪腐,以及社會普遍瀰漫著不相信司法的氛圍下,爭取保障移工、難民、LGBT社群等群體的關鍵判決,不僅是黎巴嫩國內相關倡議之先驅,也不斷拓展其理念至阿拉伯世界其他國家,並在突尼西亞成立分支辦公室。

唐獎教育基金會執行長陳振川指出,法治獎頒給三個非政府組織,讓唐獎的影響力擴及阿拉伯世界,也引起孟加拉媒體大幅報導。在疫情嚴峻之際,許多NGO面臨募款不易等財務上的困難,唐獎的獎勵,不只表達了對這些國家的關懷,更是成為鼓舞這些在前線奮鬥的NGO持續前進的力量。

以積極行動,投身生態保育和環境教育

受到疫情影響,受獎人無法親自到台灣領獎,唐獎教育基金會於9月21日至22日在台大、清華、成功及政治等四所大學舉辦「大師論壇」,透過線上直播及結合現場的實體論壇模式,邀請本屆與歷屆的得獎者共同探討生態保育、人權與環境正義等變革的可能性與創新思維。

曾訪台18次的珍古德博士,在英國家中遠距連線直言,新冠肺炎疫情的蔓延,正是人類不尊重動物與自然環境的後果,人類若無法與其他生物和諧共處,便會增加病毒或細菌自動物傳遞給人類的機會,繁衍出人畜共通傳染病大流行的問題。

在台灣享有高知名度的珍古德透露,因著母親的支持,1960年僅26歲的她,前往坦尚尼亞投入黑猩猩研究。珍古德在靈長類動物的開創性研究,重新定義了人類與動物的關係。她不僅有步驟地為黑猩猩設置庇護所,並且付諸實際行動,從科學家化身為行動倡議者,1977年她成立國際珍古德教育及保育協會(Jane Goodall Institute),在全球30多個地區設有辦公室;1991年她再推動「根與芽」國際環境教育計畫(Jane Goodall’s Roots & Shoots Program),目前超過65個國家參與,輔導成立10,000多個根與芽小組,推動全球野生動物保育和環境教育。

高齡86歲的珍古德說:「我的工作就是點燃人們希望。」她積極投身環境保育的行動,確實帶來地球更美好的盼望。

以原創性研究抑制發炎疾病

當唐獎評選委員會通知美國科羅拉多大學總校教授查爾斯.迪納雷羅獲得生技醫療獎時,卻總是連絡不上他,甚至透過中研院院士私人的關係也找不到,原來迪納雷羅教授鎮日都在實驗室裡,正為協助分離新冠肺炎病毒疫苗,忙得不可開交。

當他得知,相同研究領域的二位老朋友:英國牛津大學教授馬克.費爾德曼、日本大阪大學前校長岸本忠三,共同獲得唐獎時十分高興。他們不約而同發現免疫疾病關鍵細胞激素(IL-1、TNF、IL-6),成為治療類風濕性關節炎、僵直性脊椎炎等免疫失調疾病藥物的重要推手及基石,也造福了成千上萬因自體免疫或發炎性疾病而受苦的病患。

在成功大學舉辦的大師論壇中,三位得獎者透過國際連線,一同回顧過去科學家們為人類找尋自體免疫疾病誘發機制的歷程,並且展望為新冠肺炎重症患者找到抑制體內過度發炎反應進而產生「細胞激素風暴」的有效療法,曙光在望。

執行長陳振川透露,唐獎歷屆的生醫得獎者,都是斜槓專家,本屆的教授查爾斯.迪納雷羅是個巴哈迷,他參加合唱團長達十年時間;第一屆的Jim Allison亦是吹藍調口琴的高手。

以見解取勝,追古溯今

獲得漢學獎的史學家王賡武,是研究中國及東南亞關係的專家,他透過細究中國歷史上與南方鄰國的複雜關係,以此獨特的視角理解中國。相較於傳統上從中國內在觀點或由西方相對視角來觀看中國,他以豐富多元的視角觀看世界秩序,在海外華人相關領域扮演著領頭羊的角色。

王賡武1930年生於荷屬東印度泗水(現在印尼),父母親皆為中國人,雖然因工作來到英屬馬來亞,但仍重視他的華文教育。王賡武接著到英國受高等教育,此後學術生涯足跡遍及新加坡、馬來西亞、澳洲、美國,並在香港大學擔任九年校長。唐獎評選委員會認為,正因為歷經多元文化的洗禮,讓他既是中國儒家文化與英國菁英學術傳統的「圈內人」,也是從境外看中華的「圈外人」。

王賡武以嚴謹的思辨能力跳脫二元對立的框架,回溯「僑」的歷史流變,進而提出「海外華人」的概念,力主華人的多元認同;他精通東南亞各國歷史,細細考究古今海外華人在地區中所扮演的角色,其著作現已成為這個領域中的經典。

陳振川指出,王賡武與唐獎第一屆漢學獎得主余英時、第三屆的斯波義信,剛好出生在1930年,他們經歷動盪的時代,以嚴謹治學,豐富漢學研究的視角,貫通古今。

除了獎金,唐獎另補助得獎人研究補助經費1,000萬元,期待他們運用自身的影響力,進行學術科技交流。陳振川指出,第一屆永續發展獎得主Gro Harlem Brundtland 用於肯亞大象保育、綠能供應水電、提升開發中國家女性科學家在公衛研究的水準;漢學獎得主余英時成立余英時人文研究獎,獎勵華人年輕學子;法治獎得主Albie Sachs成立信託,在南非記錄黑白種族隔離後制定新憲歷程與改建監獄為憲法法庭的目的。另法治獎得主Louise Arbour及Joseph Raz分別捐助加拿大及英國大學從事法治研究。

唐獎特別強調得獎者的研究成果,對社會作出實質貢獻,在人心恐慌與國際動盪中,愈發看見得獎人在人類互助的努力與光輝,為重建世界秩序尋找永續發展的新方向,這也正是唐獎的精神,發揚至善至美的德行,追尋共生共好的遠景。

世界に貢献する

——2020年「唐奨」

文・曾蘭淑 写真・唐獎教育基金會 翻訳・笹岡 敦子

2020年の新型コロナウイルス感染症の世界的な蔓延により、世界経済の発展と人類の安全は深い傷を負っている。第4回唐奨(Tang Prize)の発表は、混乱の時局にあって人々を奮い立たせるニュースである。中でも、今回の唐奨・法治賞は、バングラデシュ、レバノン、コロンビアの3非政府組織(NGO)に授与された。コロナ禍において、唐奨の賞金と評価は助け船にとどまらない。バイオ医薬賞の3人の受賞者は炎症性疾患の研究に取り組んでおり、重症新型コロナ肺炎の治療の新たな希望につながる。


台湾の実業家・尹衍樑(サミュエル・イン)が2012年に唐奨を創設して以来、2年に1度、持続可能な発展、バイオ医薬、漢学(中国学)、法治(法の支配)の四賞が授与され、各賞に賞金4000万台湾元と、研究費1000万元が贈られてきた。

第四回唐奨が最初に発表した「持続可能な発展賞」は、霊長類学者ジェーン・グドール氏に授与され、生涯を地球環境保全に注いだ功績を称えた。「バイオ医薬賞」は、チャールズ・ディナレッロ氏、マーク・フェルドマン氏、岸本忠三氏に贈られた。3人の研究は、サイトカインを生物学的製剤の標的とする炎症性疾患治療を前進させた。著名な歴史学者・王賡武氏は「漢学賞」を受賞した。世界における中国の地位の変動に関するユニークな見解が評価された。

知識をパワーに、法で社会を変える

今年の唐奨は、初めて草の根の運動に取り組むNGOに授与された。1992年設立のバングラデシュ環境弁護士協会(BELA)は、深刻な環境汚染と汚職がはびこる中、憲法を解釈しなおし、環境汚染を国民の生存権と結び付けることで、裁判所の従来の解釈を打破することに成功した。1994年に最初の公益訴訟に勝訴して以来、これまでに300を超える環境訴訟を起こし、数々の立法の提言を行っている。

2015年に設立されたコロンビア共和国のDejusticia (The Center of Law, Justice and Society)は、学術研究が社会正義を実現すると信じて改革を進める。2018年には勝訴を勝ち取り、コロンビア政府にアマゾンの熱帯雨林の保全に取り組むことを要求している。これは、ラテンアメリカにおける初の事例となった。

3つ目の受賞者は2009年にレバノンに創設されたThe Legal Agendaである。移住労働者、難民、LGBTコミュニティの社会保障を求めた訴訟の判決は、レバノン国内におけるこうした問題提起の先駆となった。さらに理念を他のアラブ諸国にも広げ、チュニジアに支部を設立している。

唐奨教育基金会CEOの陳振川は、コロナ禍でNGOの多くが寄付金の減少により財政困難に陥っている中、唐奨は、こうした国への関心を表明し、さらに最前線で奮闘するNGOの前進を応援する力になっているという。

自然保護と環境教育のアクション

新型コロナ感染拡大により、受賞者は台湾に来て賞を受けることができない。そこで唐獎教育基金会は9月21日・22日に台湾大、清華大、成功大、政治大の4か所で「マスターズフォーラム」を開催した。ライブストリーミングと会場を結ぶライブフォーラム形式で、今回とこれまでの受賞者を招いて自然保護、人権、環境正義等における変革の可能性と新しい思考について議論した。

訪台18回のグドール博士は、イギリスの自宅から、新型コロナウイルスの蔓延は人間が動物や自然環境をないがしろにしてきた結果であると訴えた。グドール氏は霊長類に関する従来にない研究で、人類と動物の関係を定義しなおした。チンパンジーのための保護機関を設置して行動に移し、科学者から運動家になった。1977年に教育と自然保護のためのジェーン・グドール・インスティテュートを創設し、世界の三十数ヶ所に事務所をもつ。1991年にはルーツ&シューツ(根と芽)国際教育プログラムをスタートし、世界の野生動物保護と環境教育に取り組んできた。

86歳のグドール氏は「私の仕事は人々に希望を灯すこと」という。その環境と自然保護のアクションは、確実に地球に素晴らしい希望をもたらしている。

炎症性疾患を抑える研究

唐奨審査委員会が米コロラド大教授のチャールズ・ディナレッロ氏にバイオ医薬賞の受賞を知らせようとした際、なかなか連絡がつかなかった。ディナレッロ教授は終日実験室にこもりきりになって、新型コロナウイルスの分離とワクチン開発を支援していて、多忙を極めていたのだった。そして、同じ研究分野の旧友、英オックスフォード大のマーク・フェルドマン氏と大阪大学元総長・岸本忠三氏も受賞したと聞いて、非常に喜んだ。三人は期せずして免疫疾患に関わるサイトカイン(IL-1、TNF、IL-6)をそれぞれ発見した。これらは、関節リウマチ、強直性脊椎炎等の免疫疾患治療薬開発の重要な基礎となり、自己免疫疾患や炎症性疾患に苦しむ患者を救っている。

成功大学で開催されたマスターズフォーラムでは、海の向こうの3人の受賞者とオンラインで繋がり、自己免疫疾患の誘発メカニズムを探ってきた道のりを振り返り、Covid-19重症肺炎患者の体内で、過剰な炎症反応が起こって引き起こされる「サイトカインストーム」を抑制する効果的な治療への展望を語った。

ユニークな見解で古を知り今を語る

漢学賞を受賞した歴史学者・王賡武氏は、中国と東南アジア関係研究の専門家である。中国の歴史における南方隣国との複雑な関係を詳細に究明し、ユニークな視点で中国を捉える。従来の中国内部の視点や西洋の相対的な視点で中国を見るのではなく、豊かで多様な視角から世界秩序を見つめる。関連分野では海外華人のリーダー的な存在である。

王氏は1930年オランダ領東インドのスラバヤ(現在のインドネシア)に生まれた。両親とも中国人である。英国で高等教育を受け、その後、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、米国で研究の道を歩み、香港大学では9年間学長を務めた。唐奨審査委員会は、多彩な文化の洗礼により、氏が中国儒家文化と英国アカデミズムを兼ね備えた「インサイダー」となり、なおかつ外部から中国を見る「アウトサイダー」にもなったと評している。

王氏は厳しい目で二項対立の枠組みを超え、外地に仮住まいする「僑」の流動の歴史をさかのぼり、「海外華人」の概念を提出して華人の多様なアイデンティティを訴えた。東南アジア諸国史に精通する王氏は、古今の海外華人が地域で演じてきた役割を詳細に吟味しており、著作はその分野のバイブルとなっている。

王氏と、第一回漢学賞受賞者・余英時氏、第三回の斯波義信氏は共に1930年に生まれ、動乱の時代を経験し、厳しい態度で研究に臨み、漢学研究の視点を充実させ、古今に通じていると陳振川は指摘する。

唐奨では、賞金に加え研究費として1,000万元が補助される。受賞者が影響力を発揮して、学術交流を進めることに期待する。陳振川によると、第一回持続可能な発展賞を受賞したグロ・ハーレム・ブルントラント氏は、ケニアの象の保護、グリーンエネルギーによる水と電力の供給、開発途上国の女性科学者による公衆衛生研究の水準向上に経費を投入している。漢学賞受賞者の余英時氏は余英時文学研究賞を設立し、華人の若い研究者を支援している。法治賞受賞者のアルビ・サックス氏は信託ファンドを設立した。南アフリカにおけるアパルトヘイト撤廃後の新憲法制定の過程の記録と、刑務所を憲法裁判所に改築することを目的とている。法治賞のルイーズ・アルブール氏とジョセフ・ラズ氏はそれぞれカナダと英国の大学の法治研究に寄付している。

唐奨は、受賞者の研究成果が、社会に実質的に貢献していることを重視する。恐れと変動に揺れ動く世界で、人類の相互支援における受賞者の努力と輝きは、世界秩序を再構築し持続可能な発展の新たな方向を探り当てている。これこそが唐奨の精神である。善と美に至る行ないを称え、共存共栄のビジョンを追い求めていく。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!