Creating Change

Gogoro eScooters
:::

2018 / August

Cathy Teng /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Scott Williams


Taiwan’s government has decreed that no new fossil­-fuel motorcycles or scooters will be sold here after 2035. With that deadline set, alternatives have begun to appear. China Motor Corporation gained first-mover advantage when its “e-moving” business group entered the market some years ago, and ­Kymco’s 55 years of motor­cycle manufacturing experience cannot be discounted. But over the last three years a startup named Go­goro has leapt to the forefront of Taiwan’s e-scooter market. The company's tech sensibility, fashionable styling, and unique charging network have shaken up the market and boosted the development of our electric vehicle industry.

 

 


Many of Tai­pei’s scooter-riding commuters are all too familiar with the Tai­pei Bridge “scooter waterfall.” During peak commuting hours, the huge numbers of scooters coming down the ramp off the bridge resemble a two-wheeled cataract. Sitting waiting for the lights to change, surrounded by the noise of running motors and the stink of exhaust, is a daily trial for countless ordinary citizens.

In 2016, a group of Go­goro riders created a new kind of “scooter waterfall” by gathering in San­chong, New Tai­pei City, and riding their silent, exhaust-free scooters across the bridge into Tai­pei City. In 2017, more than 500 Go­goro owners from all over Taiwan came together for another flash event on Tai­pei Bridge. Calling their gathering a “silent revolution,” participants expressed the hope that their quiet commute would become Tai­pei’s new norm.

A new kind of scooter

Two-wheelers are ubiquitous in Taiwan: our 23 million people own more than 16 million of them. They also occupy a place in our cultural iconography as symbols of freedom and independence, making the act of obtaining a driver’s license and buying a scooter a rite of passage for nearly every Taiwanese 18-year-old. Researchers have even connected scooters to the behavioral autonomy of women. But for all that scooters provide a convenient means of getting around, they also create a great deal of noise and pollution. Gogoro is changing that.

The company’s starting point for achieving positive change is to link scooters and the environment. Conventional scooters, though inexpensive, are powered by internal combustion engines that burn fossil fuels, creating particulate air pollution. E-scooters are powered instead by electricity. Go­goro marketing director Yang Chen says that the company wondered whether the reduction in exhaust emissions that would result from getting commuters onto electric scooters would effectively reduce global environmental pollution.

Believing that it would, the company applied itself to “environmentally friendly” scooter design, while also addressing concerns about how the market would respond to such scooters.

Gogoro has grown into Taiwan’s fourth largest scooter brand since launching its first product in 2015.

Much of that success can be traced to how the company designed its scooter’s body. Owners interviewed about their reasons for buying a Go­goro most frequently cited the firm’s “tech sensibility.” Unlike conventional scooters, Go­goro’s first-generation scooters feature a racing-grade alloy frame, bold colors, and a high level of attention to detail. The company then listened closely to the market and designed the second generation, the Go­goro 2, for a different kind of rider. “We learned that people don’t want to be preached at,” says Chen. Since most consumers aren’t thinking of the environment when they go shopping, Go­goro refocused its ­product narrative on design. “You can choose to do the right thing, but you still need the skill to say the right thing.”

A smart scooter

Gogoro’s smart scooter surprised everyone when the company introduced it at the 2015 CES in Las Vegas. Company cofounder Horace Luke had designed the scooter with his team, and incorporated all kinds of quirky innovations into the design.

Luke himself was born in Hong Kong, but moved to the US while in middle school. He went on to study industrial design, and worked for Nike, Microsoft and HTC before starting his own business in Taiwan. 

Designers face a perennial question when developing e-vehicles: whether to “refuel” them by swapping out their batteries, or by recharging the batteries in situ. Go­goro chose to pioneer the use of battery swapping, and developed its own system using Panasonic lithium-ion batteries. It then built a network of battery-swap locations to make “refueling” very convenient for customers. The system is so easy to use that it takes riders only about six seconds to swap their batteries and be on their way again. Users pay a fixed monthly charge for battery swaps.

Gogoro also installs numerous sensors in its scooters’ bodies and batteries to gather data on users’ riding styles. After big-data analysis, this information helps the company plan system upgrades and business developments.

Chen says Go­goro currently has over 600 ­“GoStations” around Taiwan that have facilitated more than 1.52 million battery changes. Every battery records the details of its swaps, including the time, the number of days it was used, and the distance ridden. Swap stations upload this data to cloud-based servers, which use it to manage recharges at swap locations and ensure there are enough charged batteries to meet demand at peak times. This enables the company to more efficiently manage its batteries and maintain a balance throughout its battery swapping infrastructure, which it calls the Gogoro Energy Network.

Gogoro’s battery swapping method draws on ideas from the sharing economy. Users don’t own, manage or maintain the batteries; Gogoro does, thinking of itself as more of an energy management company than a scooter manufacturer.

Flexible responses

Gogoro’s implementation of a viable battery ­swapping system has earned it a place among Taiwan’s innovators. Its next step is to take its system worldwide.

Chen says Go­goro has a flexible business model. In Europe, where scooters are not a major means of getting around, it has opted to provide scooter sharing services. The company initiated its European operations in Berlin, working with Coup, a Bosch subsidiary. It has since extended its operations to Paris, and expects to move into Madrid this summer. It has also expanded into Japan, working with the Su­mi­tomo Corporation on Ishi­gaki Island, Oki­nawa.

Gogoro began operating in overseas markets in 2016, and has since distributed more than 4,000 vehicles abroad, working towards its vision of using smart scooters to build a better world.

Luke has stated that Go­goro’s next objective will be Southeast Asia. He believes e-scooters offer an ideal solution to the region’s urban planning and smart city develop­ment issues.

Gogoro has released the standards for its battery swapping system, and collects no licensing fees, in hopes of encouraging other companies to get involved in electric vehicle R&D and in developing the international market. Chen says, “It doesn’t mean anything if Go­goro succeeds on its own. The key is to figure out how we can succeed together with our Taiwanese partners.”

Changing the starting point

Based on new vehicle registrations, Go­goro accounted for 8.14% of Taiwan’s new motorcycle and scooter sales in June 2018. The figure was a new high for the company, which has put more than 80,000 scooters on the road in the three years since its first product launch.

Chen says this achievement stems in part from Taiwan’s willingness to accept new ideas. The success of Taiwan’s personal computing, smartphone and semi­conductor industries in recent decades has turned us into a technology island both in name and in fact, and supported the development of still more innovations. For example, all the parts used in Go­goro scooters, except the battery, are made in Taiwan. Our island is an incubator for innovation. Entrepreneurs can bring their ideas to life and learn the ropes in our local market, then use Taiwan as a base to expand overseas. Chen adds, “Taiwan and Go­goro are mutually dependent partners.”

Gogoro’s website tracks the total distance traveled by Go­goro riders. The more than 293 million kilometers the scooters have been ridden as of mid-July 2018 has reduced tailpipe CO2 emissions by more than 24 million kilograms. As these figures continue to rise, every owner’s behavior is contributing to improving the global environment.

When I ask whether this means Go­­goro is a success, Chen mentions his boss. “Horace is always moving on to the newest thing, so he never considers success to have been achieved.” Chen adds, “[For him,] success isn’t what you’ve accomplished. It’s an endless road, the starting point you’ve yet to find for your next effort to impact the world.” The sentiment applies not only to Horace Luke himself, but to ­every person on Earth. Everyone who wants to make change happen can contribute to building a better world.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

創造改變的移動新能源

Gogoro不只是機車

文‧鄧慧純 圖‧林旻萱

全球空氣汙染日益惡化,使歐美各國相繼宣布在2020~2040年間全面禁售汽、柴油車,台灣政府也明令於2035年禁售燃油機車。時程表已定,相關替代方案順應而出。其實中華emoving早在多年前進入市場取得先機,老牌車廠光陽機車擁有55年的製車歷史也不容小覷,但近三年異軍突起的Gogoro以獨創的能源網路系統與饒富科技感與時尚造型橫空出世,撼動二輪機車市場版圖,也加速電動車產業的發展。

 


 

台北大橋的機車瀑布是許多機車通勤族的記憶,這串連新北市三重區與台北市大同區的橋梁是雙北市民上班的路徑,尖峰的通勤時間,大批過橋的機車停等著紅綠燈,一眼望去如機車瀑布。置身車陣中,機車催動引擎的噪音、排氣,也是市井小民不得不忍受的日常,國民導演吳念真編導的《人間條件6》以此景為宣傳海報,許多外籍記者來訪,也都指名要拍攝如此機車大軍。

2016年,一群Gogoro的車主自發性地在三重集結,再一起騎下台北大橋,電動機車不會排放廢氣,而且騎乘時安靜無聲,創造出不一樣的機車瀑布。2017年更有超過500名來自北中南各地的車主參與台北大橋快閃活動,他們稱這是一場「寧靜革命」,也希望未來此情此景能成為台北的日常。

重新定義二輪機車

台灣是機車大國,2,300萬的人口擁有一千六百多萬輛機車,平均每兩個人就擁有一輛機車,機車是台灣民眾生活日常最重要的移動工具。不僅於此,機車在台灣是獨立、自主的象徵,幾乎每位滿18歲的年輕人,人生第一件大事就是考駕照、買機車;也有研究者將女性行動自主權與機車扣連。機車是方便的代步工具,但不可避免的也帶來噪音和汙染。而今Gogoro出現,重新定義二輪機車的符號意涵。

讓機車與環保相扣是Gogoro改變世界的切入角度。能源是當今全球關注的重要議題,能源危機不只是能源短缺,還包括污染問題。目前機車的動力來自燃燒汽油,雖然價格低廉,卻會在空氣中產生污染的懸浮微粒。電動機車改以電力為動力,是相對環保的方式。爰此,Gogoro選擇從電動機車出發,如果讓馬路上的排氣管都消失的話,是否就可以有效減少地球環境的污染,創造的影響是不是會更大?Gogoro行銷總監陳彥揚解釋。

將對地球環境的關心灌注在二輪機車的設計中,是Gogoro的初心;但市場能否接受又是另一個議題。

從2015年產品推出,到今日Gogoro已擁有八萬多的車主,三年內成為國內第四大機車品牌,大家對Gogoro的接受度越來越高,也意味著對地球環境的改變越來越顯著。

這情況與Gogoro車體的設計感緊密相扣。陳彥揚訪談過許多車主,購買Gogoro的動機,得到最多的答案是「科技感」三個字。Gogoro把機車改造得不一樣了。渾圓的車體、超跑級鋁合金車架、大膽用色,再加上對細節的注重,Gogoro 1系列像是精雕細琢的精品。Gogoro 2系列更傾聽市場的聲音,考量不同騎乘者的需求。「說教畢竟太沈重」,陳彥揚說,環保訴求在民眾的購買行為中並非首要考量,Gogoro則選擇另一種說故事的方式,以設計感與民眾溝通,「你可以選擇做對的事情,但是你要有技巧地說對的話。」陳彥揚說。

不只是機車,還很SMART

2015年,首度在全球最大的國際消費電子展(Consumer Electronics Show, CES)中亮相的Smartscooter隨即驚艷各界,拿下「年度金獎」及「設計金獎」兩大獎項。而打造這一輛技驚四座雙輪電動車的人是陸學森及其團隊。他在香港出生,中學移居美國,學的是工業設計,職涯卻一路從Nike、微軟到宏達電不斷跨界,最終選擇在台灣創業,將各種稀奇古怪的創意投注在傳統的雙輪機車上。

面對電動車的供電方式尚在換電或充電兩系統間爭議時,Gogoro率先採用換電系統,使用松下的鋰電池,並自行研發換電系統。儘管換電站建置的成本較高,但換置電池方便,只要把車騎到GoStation(換電站),將電池取出,放入槽孔,系統會自動檢視記錄電池,六秒後,其他槽孔會再跳出兩顆飽電的電池,再裝回車內,就可以繼續上路。

Gogoro的車體和電池內建許多感應器,感應器收集使用者騎行模式的資料,再彙集成大數據,大數據分析能協助業者進行下一階段的決策及優化系統。

陳彥揚表示,Gogoro目前已在全台配置了六百多座換電站,累積至今(7月中旬)已超過152萬顆電池交換。每顆電池記錄著騎士更換電池的模式,如時段、使用天數、騎行距離等資料,透過充電站回傳雲端記錄,在騎士的手機App上就能清楚瞭解自己的騎乘資訊。系統自主運算,調配各換電站的充電,確保滿足尖峰時段的換電需求。大數據的分析有助於瞭解消費者的電池交換行為,使廠商能更有效運用電池,維持能源網絡平衡。

Gogoro的換電模式其實是來自於共享經濟的概念,消費者不直接擁有電池,電池統一由Gogoro管理、保養,向消費者收取的是電池的服務費,他們並不把自己視為機車的製造商,而更傾向以「能源管理公司」來定位自己。

以創新的產品及電池交換模式,Gogoro成功改寫電動機車充電慢、續航力不足的傳統印象,獨創的能源網路系統、佈建的換電站不僅作為電動車的後勤系統,未來更將為建構綠能智慧城市而準備。

彈性應對各地市場

Gogoro在台灣的實驗場域已經站穩腳步了,實踐換電系統是可行的作法。下一步,面向世界。

德國柏林是Gogoro跨入歐洲的第一站,與Bosch旗下子公司Coup合作,以租賃方式營運。陳彥揚解釋,Gogoro始終保持商業模式上的彈性;台灣擁有厚實的機車文化,可以一人擁有一輛專屬的電動機車,但在歐洲機車並非當地主要的移動工具,Gogoro則採機車共享的方式提供服務。歐洲民眾擁有相當高的環境永續意識,同樣能達成推動從燃油車轉到電動機車的目標。繼柏林之後,第二座城市是法國巴黎,而今年夏天西班牙馬德里的街頭也能看到Gogoro時尚的身影。

亞洲市場則拓展到日本沖繩的石垣島,與日本住友商事集團合作,在幅原不大的石垣島設置了四個換電站,租賃模式適合小島旅遊。

2016年,Gogoro開始佈局海外市場,目前設置在海外的車輛已經有四千多輛了,用智慧雙輪打造更美好世界的願景,Gogoro正一步步跨出。

陸學森曾在媒體上預告下階段目標將前進東南亞。陳彥揚進一步闡釋,台灣去(2017)年賣出一百萬輛摩托車,而東南亞的市場是台灣的17倍,它是一個能夠創造規模經濟與創造影響力的市場。

東南亞街道上的機車大軍並不能單從當地的經濟情況解釋,二輪機車或許是最適應當地地形、環境的選擇,而二輪機車產生的污染問題同樣是當地政府勢必面臨的考驗;Gogoro研判,電動機車才是未來解決東南亞都市規劃、智慧城市建設最合適的解決方案。

Gogoro開放換電系統標準,不收取任何權利金,藉此吸引有興趣的廠商加入電動車的研發,組成台灣團隊,開發國際市場。Gogoro本來要做的就是一個系統平台,像Android一樣,各家廠商能發揮自己的創意。陳彥揚強調:「Gogoro成功不代表什麼,Gogoro怎麼跟台灣的夥伴一起成功這才是重點。」

改變的起點

今年六月,Gogoro新車市佔率達到8.14%(計算新車掛牌率),是創立以來最高的數字,三年內從零成長到超過八萬輛。

這一切改變得以成就,「來自台灣是一個很願意接受創新想法的地方。」陳彥揚說。過去數十年厚實的電腦、智慧型手機、半導體產業,成就台灣成為一個名副其實的科技島,是發展新創的絕佳後盾。Gogoro所有的零組件,除了電池以外,百分百Made in Taiwan。

台灣同時也是孕育新創的搖籃,當新創業者在台灣實現概念,在當地市場練完兵之後,台灣是往海外發展很好的基地。因此「台灣跟Gogoro是互為彼此很重要依存的夥伴關係。」陳彥揚補充。

Gogoro的網站上,記錄現有車主騎行累積的總里程數,七月中旬已達到兩億九千三百萬多公里,可繞行地球7,334次,二氧化碳總排放量減少兩千四百多萬公斤,等於減少每年約兩百四萬多棵樹的吸收量,而且每秒鐘數字仍不斷變化著,這意味著每位車主的行為都為地球的環境改善貢獻一份心力。

筆者問Gogoro算成功了嗎?陳彥揚以他的老闆陸學森為例,「他這個人不會有成功的一天,因為他永遠都在做最新的東西……而且成功不在於你成就什麼,而是你有沒有找到下一個可以影響世界的切入點,所以這條道路是不會停的。」這句話不僅只描述陸學森個人,也適用於鼓舞地球上的每一個份子。那怕是再小的力量,每個人都能成就一個更美好的世界,願改變成真。

変化を創造する エネルギー・マネジメント企業

Gogoro eScooters

文・鄧慧純 写真・林旻萱 翻訳・笹岡 敦子

台湾政府は、2035年にはガソリン二輪車の販売を禁止すると発表した。スケジュールが決まると、代替案が現れた。中でも中華emovingは早くも数年前に参入し、先行者利益を得ている。バイク製造55年の光陽機車(KYMCO)も軽視できないが、この3年、突如現れたGogoroが独自のエネルギーネットワークとハイテク感満載のファッショナブルなデザインで市場を席巻し、自動二輪車市場の版図を揺るがし、電動車産業の発展を加速したのである。


新北市三重区と台北市大同区をつなぐ台北橋。通勤ラッシュ時に橋を渡ってきたスクーターが信号を待つ様子は、まるで滝のようだ。エンジン音と排気ガスに、庶民は日々耐える。

2016年、Gogoroオーナーが自発的に三重に集結し、一団となって台北橋を渡った。電動車は排気ガスもなく、静かである。これまでにないスクーターの滝が出来た。2017年には台湾全土から500人を超えるGogoroオーナーが、台北橋のフラッシュモブに参加した。彼らはこれを「静かな革命」と呼び、その情景が台湾の日常になることを願った。

スクーターの新しい定義

台湾はスクーター天国である。2300万の人口が1600万台以上の自動二輪車を所有する。2人に1台の計算になる。スクーターは暮らしに欠かせない移動手段であるだけでなく、台湾においては独立・自主の象徴でもある。滿18歳になると、人生最初の一大事として運転免許を取り、スクーターを買う。女性の自主権とスクーターを関連付ける研究もある。スクーターは便利だが、騒音と汚染も避けられない。そこへGogoroが現れ、スクーターを定義し直したのである。

スクーターと環境保護の結び付きは、Gogoroが世界を変える切り口である。バイクの動力であるガソリンは、安いが粒子状物質の汚染を排出する。電動車は電気を動力とし、環境に比較的優しい。そこでGogoroは出発点に電動スクーターを選んだ。路上から排気管が無くなれば、汚染を減らせるのではないか。Gogoroマーケティングディレクターの陳彦揚は説明する。

地球環境への関心をスクーターの設計に注ぐ。それがGogoroの初心だった。だが市場が受け入れるかどうかは、別問題である。

2015年の発売から今日まで、Gogoroは8万以上のオーナーを持つまでになり、3年で国内スクーターブランドの4位に入った。

それはGogoroのデザイン性と密接に結びついている。陳彦揚はたくさんのオーナーに購入動機を聞いている。最も多かった答えが「ハイテク感」だった。Gogoroはスクーターをこれまでにない形にした。丸いフォルム、スーパーカークラスのアルミ合金フレーム、大胆な色使い、さらに繊細なディテールが相まって、Gogoro 1シリーズは精巧なアートのようである。Gogoro 2シリーズは市場の声を聞き込み、異なるニーズを反映した。「お説教はうるさいものです」環境問題は購買行動の最大要因にはなっていない。Gogoroは別のストーリー、デザイン性をコミュニケーションに選んだ。「正しい行いだって、うまく伝えなければ」と陳彦揚は言う。

単なるスクーターではなく

2015年、世界最大のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)に登場したスマートスクーターは大きな反響を呼ぶ。周囲をあっと言わせた電動車を世に送り出したのが、陸学森とそのチームだった。香港で生まれ、中学の時に米国へ渡り、工業デザインを学ぶ。その後Nikeからマイクロソフト、HTCへと業種を超え、最後に台湾での起業を選んだ。奇想天外の創意を、従来産業である自動二輪車に注ぎ込んだ。

電動車をバッテリー交換にするか充電にするかで揉めている時に、Gogoroは率先してバッテリー交換式を採用し、パナソニックのリチウムイオン電池を使って交換システムを構築した。バッテリー交換所の設置コストは高いが、利便性は高い。バッテリー交換所「GoStation」でバッテリーをスロットに入れると、6秒後に別のスロットから充電済みバッテリーが飛び出す。それをGogoroに入れて、また街へ出ていく。

Gogoroのボディとバッテリーには様々なセンサが搭載される。センサはユーザーの走行データを収集し、ビッグデータを分析することで、製造側の意思決定や改善をサポートする。

陳彦揚によると、台湾には現在GoStationが600カ所あり、これまで(7月中旬現在)延べ152万個のバッテリーが交換されたという。バッテリーがユーザーの交換モデルを記録し、時間帯・使用日数・走行距離などのデータがGoStationからクラウドに転送され、ユーザーはスマホアプリで自身の運転情報を確認できる。システムは自動演算でGoStationごとの充電状況を配分し、ピーク時の交換需要に備える。これにより効率的にバッテリーを運用でき、エネルギーネットワークのバランス維持が可能になる。

Gogoroの交換バッテリーモデルはシェア経済のコンセプトである。ユーザーはバッテリーを所有せず、全てGogoroが維持管理し、バッテリーサービス料を徴収する。Gogoroは自らを二輪車メーカーとは考えず、「エネルギーマネジメント企業」と位置付けている。

各地の市場に柔軟に対応

Gogoroは台湾の実験フィールドで安定した足取りを見せ、実現可能なバッテリー交換システムを実践した。次は、世界である。

ベルリンがGogoroの欧州進出の第一歩となった。Bosch傘下のCoupと提携し、レンタル方式とした。陳彦揚は、Gogoroのビジネスモデルは柔軟だという。欧州ではバイクは主要な移動手段ではないから、Gogoroはシェアバイクの形で運営する。ベルリンに続き、パリでサービスを開始し、今年の夏はスペインのマドリッドにもGogoroの姿が現れた。

アジア市場では、住友商事との提携で石垣島でのサービスを開始し、GoStationを4カ所設置した。レンタル形式は島の旅に適している。

2016年、Gogoroは海外展開を開始。海外に設置した車両は4千台を超え、スマートスクーターで作るよりよい世界へと歩み出した。

陸学森は、次の目標は東南アジアだとメディアで予告した。台湾では2017年百万台の二輪車が売れたが、東南アジアの市場は台湾の17倍である。規模の経済と影響力とを生み出せる市場である。Gogoroは、電動スクーターが今後、東南アジアの都市計画やスマートシティ建設に最適なソリューションになると見込んでいる。

Gogoroはバッテリー交換システム規格を無償提供することで、メーカーの参入を呼び込み、台湾チームとして国際市場を開発したいという。Gogoroの中心軸はシステムプラットフォームであり、アンドロイドのように各社がオリジナリティを発揮する。陳彦揚は「Gogoroの成功は何も意味しません。Gogoroが台湾の仲間と共に成功することが大事なのです」と語気を強めた。

変化の出発点

今年6月Gogoroの新車市場占有率が、創立以来最高の8.14%に達した。3年でゼロから8万台以上に成長したのである。

変化が実現したのは「台湾がイノベーションを受け入れる場所だったからです」と陳彦揚は言う。過去数十年、パソコン、スマホ、半導体が台湾をハイテク島にし、スタートアップが成長する最高の後ろ盾となった。Gogoroの部品はバッテリを除いて100%台湾製である。

台湾はスタートアップのゆりかごでもある。スタートアップは台湾でコンセプトを実現し、マーケットで鍛えた後、台湾が海外展開の優れた基地になる。だから「台湾とGogoroは依存しあうパートナーです」陳彦揚は補足した。

Gogoroのウェブサイトに表示されたユーザーの累積走行距離が、7月中旬には2億9300kmを超えた。地球7334周に相当する。二酸化炭素排出は2400万kg減少し、これは年間約204万本の樹木の吸収量に当たる。数字は刻一刻変わり、一人一人のユーザーが地球環境の改善に関わっていることを意味する。

Gogoroは成功しましたかと記者が尋ねると、陳彦揚は上司の陸学森を例に挙げた。「彼に成功は訪れません。いつも新しいものを作っているからです。そして、成功とは何をしたかではなく、世界を変える次の切り口を見出せるかどうかです。だから止まることはないのです」この言葉は陸学森だけでなく、地球上の一人一人に当てはまる。ささやかな力でも、誰もが素晴らしい世界を作り、変化を実現できるのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!