A Look at the Self-Media Era

Interviews with Fan Chi-fei and Alex Lin
:::

2020 / June

Lynn Su /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Phil Newell


In an era of flourishing new media and “self-media” (or “we-media”), there are many chances and many moves, much information and many pitfalls. How do people operating in this field maintain their self-discipline against the temptations of click-through rates? In a bewilder­ingly varied media environment, how can consumers tell fact from fiction? In this issue, we invite two self-media founders—Fan Chi-fei and Alex Lin—to chat about media, their attitudes, and their objectives. Their answers to our questions can perhaps help us find our footing in this age of intense media competition.


Fan Chi-fei

Fan Chi-fei worked as a senior special correspondent in the US for TVBS and SET News, living in the States for over 20 years. Originally she returned to settle in Taiwan as part of her retirement plans, but then she struck out on a new path, starting her own media company and becoming an entrepreneur in middle age. She is considered the doyenne of the industry, and the boldest media figure when it comes to trying new things and innovating.

Industry trend: A new era of transformation

You spent a long time in the US. What did you learn from changes in the American media industry?

The biggest difference between Taiwan and the US is market size. The US is a capitalist country where both traditional media and new media are continually trying new approaches. Those that don’t work are discarded, and failed ideas are rapidly weeded out. Because the market in Taiwan is small, there is a relative lack of innovative spirit and ability to give life to new ideas, but this is a product of market scale. Broadly speaking, Taiwan is about ten years behind the US. If you want to know the future of media in Taiwan, you can look at the US today.

In the US today, the big media have transformed themselves and found a way to survive, but they have also altered their past reporting model. This is a result of lessons learned from the 2016 presidential election. At that time, because the big media had a poor grasp of local information, fake news was prevalent in rural areas, and there were even places where underground broadcast stations became mainstream. The election outcome made the big media realize the importance of field reporting. Field reporting costs a lot of money, but you just can’t do without it. But I haven’t seen this happen yet in Taiwan.

Innovative spirit: Old wine in new skins

There is so much content one can watch online. What new methods do you use to try to catch viewers’ attention?

My former colleagues all ask: Aren’t you just doing news compilation and translation? Which is to say, isn’t what I do just watching foreign media reports and then restating them for people who watch my show? It’s true, that’s what I do. But I feel I have added something new, using new methods to tell stories to the audience, such as using LINE as a carrier. Even the program I do at Global News is not traditional. We mix in American jokes and animation; the older generation may not get it, but young people like it.

Another different element in my shows is that I insist on having young people on screen. When I first started doing self-media, my hope was to get more young people interested in international affairs, so I’ve always arranged to have people of the same age group talk to them.

Self-media means having autonomy and freedom. But don’t you worry about that leading to bias and an echo-chamber effect?

I’ve certainly thought about this problem. But I think the vast majority of Taiwanese still care a lot what others think, so writers will rarely take a position that completely ignores public opinion. Mostly I don’t interfere in the reporter’s angle on a story; I only speak up if there’s a clear and obvious bias.

The people I’ve been working with for a long time, including Chang Chia-ling [a.k.a. Dohui], Kylie Wang, and Sandra Ho [a.k.a. Roll Your Eyes], all have a big online following, and they have a lot of experience in debating issues. I even feel they are better at staying on top of the news than most television reporters. And sometimes they have a better understanding of certain issues than I have—for example, Sandra Ho has herself been a campaigner for marriage equality. So in fact they understand and meet the basic requirements of news reporting, and I don’t have to worry too much on this score.

An insider’s look at how to watch the news

Right now there is a lot of fake news out there, and the quality of news reporting is very uneven. How do you select news sources?

Just now I was talking about how important field reporting is. Basically, I only look at media that has reporters going out to gather news on the spot, so I only look at traditional media. My first read in the morning is The New York Times; this has been a habit of mine for many years. I also read The Wall Street Journal and The Guardian. I don’t watch TV news much, unless it’s for breaking news, such as the impact of the coronavirus pandemic or a big fall in the stock market. But I listen to radio a lot, especially US National Public Radio. I don’t often look at self-media; I only read it when there’s not sufficient info to be found in the mainstream news media. For example, I read “K-News Online” [a self-media news platform about Korea] because the reporter is right there on the spot, and he can compensate for the lack of field reporting by the mainstream media.

I’ve been collecting information on this problem lately. Right now we have over 200,000 followers on our fan page, from all over the world, including many media colleagues. I’ve drawn up a list of names, and if something happens someplace, I can directly ask their opinions. This is better than me observing events from here and talking about them from here, and it’s more credible. We are also thinking of doing crowdfunding so we can go to the US to report on the elections coming up at the end of the year. In fact, beyond financial considerations, this is also a way of raising awareness. What’s important is getting people involved, because if you get involved you’ll be more interested in the issues.

Fan American Time

Living in New York, on the front lines of media competition, Fan observed how traditional media were withering away and endeavoring to transform. This experience gave her a sense of crisis. While still working as a reporter she dug into her own pockets to launch the self-media program “Fan American Time,” and since returning to Taiwan has been involved in other projects, including a talk show on the cable news channel Global News and a world news program on LINE. The aim of her brand is to “get more people interested in international news.” Although her criterion for choosing what to report is that it be “important hard news,” her relaxed and humorous style has successfully attracted the attention of young people.

 

Alex Lin

Alex Lin spent the first half of his life in the US, only returning to Taiwan to take a job after graduating from university with a degree in advertising. He learned from fashion photographer Joshua Lin and documentary director Yang Shou-yi, and later established himself as a director of commercials and music videos. He eventually launched the self-­media channel “Taiwan Taike Story” (a.k.a. “TKstory”), to rediscover his homeland through filmmaking.

Industry trends: Free expression, why not?

Before stepping into the media industry, did you have any training in journalism? Can you talk about your ideas on this subject?

When I was in university I took a course in journalism. But running self-media and being a YouTuber is to me more like being an artist. For example, when I make documentaries, I don’t emphasize “objectivity”; what I emphasize is “my own” opinion. As far as I’m concerned, there is no such thing as objectivity, everything is subjective. But the main point is whether or not one’s subjective ideas are helpful to others. If they are, then express these ideas through videos. If your opinions suck, then keep your mouth shut.

A list of favorite YouTubers

There are so many people doing self-media and new media. Please share some YouTube channels that you enjoy watching.

I often watch channels like Vox, whose films contain a great deal of information and focus on the latest current issues. The titles raise interesting questions, which are answered scientifically. I most admire Casey Neistat and Dan Mace, espe­cially Dan Mace, whose editing, soundtracks, and camerawork are all very meticulous. Because I normally think in English, I will watch those YouTubers who have the kind of eloquence in Chinese that I like but don’t have myself, like Froggy Chiu and Brian Tseng. By blending these together, I’m gradually coming up with my own style.

Innovative spirit: Using visual vocabulary well

You studied advertising and have directed music videos, commercials, and TV programs. Have these experiences affected your approach to self-media?

I did my degree in advertising, and in advertising you often have to come up with many ideas just to get one good one. The way we film TKstory is very much like making adverts, with me and my colleagues brainstorming and discussing ideas. The process is what matters most. For example, we recently completed a video about the importance of planting trees along beaches. One of the ideas was to shoot the building and then work with an animator to simulate flooding. Another was for me to immerse myself in the sea, wearing a suit. This is a kind of visual communication.

You’ve said that filming TKstory is like making documentaries. But most documentary makers film other people’s stories from a “third party” perspective, whereas I’ve noticed that in your films you often use personal experience as an entry point, which is very “un-documentary-like.”

The issues I make videos about are ones that I find interesting, and want to experience for myself. For example, when discussing the issue of staying healthy, I personally tried a ketogenic diet and fasting. For me, having fun during the filming process is the biggest benefit that I get from this. The process is the most important thing.

However, in fact some documentary films are very personal, for example that super-popular documentary about McDonald’s, Super Size Me. The only content in it was the director himself recording his diet and weight gain. To some degree, TKstory takes a similar approach in that it’s a mix of documentary and personal experience.

 

Taiwan Taike Story

Fewer and fewer people are watching television, so Alex Lin targeted Taiwan Taike Story at young people who access media through their cellphones and tablet computers. He has made Taiwan the subject of his field research project, personally covering the entire island from the mountains to the seas, from city streets to small lanes. Starting out from his own experiences, he meticulously records all kinds of details of life in Taiwan, and has made it his mission to “help Taiwanese love Taiwan even more.” This positive attitude has attracted more than 620,000 subscribers.

Relevant articles

Recent Articles

日本語 繁體

セルフメディアの時代

——范琪斐と林冠廷に聞く

文・蘇俐穎 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

セルフメディア、ニューメディアの時代、チャンスは多く、手段も豊富だが、情報はあふれ、落とし穴も多い。それを運営する側は、再生回数を追求すると同時に、どのように自らを律するべきなのだろう。もう一方の情報の受け手は、あふれる情報の真偽をどう判断すればいいのだろうか。今月の「光華」は、セルフメディアを運営する范琪斐と林冠廷に、メディアや運営にあたっての態度、初心について語っていただいた。そのお話は、メディアの戦国時代にあって、正しい判断をする参考になることだろう。


ファン・チーフェイ

 大学では法律を専攻、ニューヨーク大学の大学院ではマスコミュニケーションを学ぶ。台湾で戒厳令が解除された時期にマスメディアの世界に入り、台湾のテレビ局であるTVBSやSET Newsの米国特派員を務める。20年余りの在米生活の後、リタイア後の生活のために帰国したのだが、一転して自らメディアを開設し、会社を創設した。業界ではベテランだが、常に新しいチャレンジとイノベーションに取り組んでいる。

 産業の趨勢:時代の変わり目は転換のチャンス

米国滞在が長かったですが、アメリカのメディア産業の変化にどのような影響を受けましたか。


報道の激戦地であるニューヨークで、従来型マスメディアの衰退と転換を目の当たりにして危機感を持つようになり、記者として働きながら自らの資金でセルフメディア「范٥X斐のアメリカンタイム」を開設、帰国後に新たな事業に取り組み始めた。今は>ب宇新聞台とLINEに番組を持つ。そのブランドの趣旨は「より多くの人に国際ニュースに関心を持ってもらう」ことだ。ビッグでハードなテーマを扱いつつ、ユーモラスで気軽な形を採り、若い世代に注目されている。


台湾とアメリカの最大の違いは市場規模です。アメリカは資本主義国家で、従来型メディア、ニューメディアにかかわらず、失敗を恐れず次々と新たな試みに取り組んでいます。台湾はイノベーション精神がやや弱いですが、これは市場規模が小さいためです。全体的に台湾はアメリカより10年遅れているので、台湾のメディアの将来が知りたければ今のアメリカを見ることです。

アメリカではすでにメディア大手も生き残る方法を見出して転換し、これまでの報道形式も修正しています。これは2016年の大統領選挙での教訓を活かしてのことです。当時、主要メディアは地方の情報を掌握しきれておらず、地方ではフェイクニュースが横行し、アングララジオがメジャーになっていました。そして大統領選の結果、彼らは地方取材の重要性に気づいたのです。取材には資金がかかりますが、地方を犠牲にすることはできません。今はSNSのライターなどと協力し、彼らを記者として育成したり、記事の審査制度をつくるなどして地方報道に力を入れていますが、これは台湾ではまだ始まっていません。


イノベーション精神:古い革袋に新しい酒を

ネット上には情報があふれています。

どのような新しい方法で視聴者を惹きつけているのでしょうか。


以前の同僚から「君がやっているのは翻訳編集じゃないか」と言われたことがあります。外国メディアの報道を台湾の視聴者に見せるという意味では、確かにその通りです。ただ、私はLINEを使うなど新しい方法でストーリーとして視聴者に伝えています。また寰宇新聞台(Global News)では、アメリカ式のジョークやアニメも取り入れていて、若者に人気があります。

もう一つ違うのは、必ず若い世代からニュースを伝えてもらうことです。セルフメディアを始めたのも、若い人たちに世界の出来事に関心を持ってもらいたかったからで、彼らが重要だと思うニュースを自分たちで選び、彼らの口から同じ世代の人々に伝えてもらっています。

セルフメディアは民主主義と自由を意味しますが、

その一方でエコーチャンバーによるコンテンツの偏りは起きないでしょうか。

 確かに、そのような問題はあります。ただ、台湾人の大多数は他者の考えを気にするので、主筆が他の意見を排除するようなことはほとんど生じません。報道の角度についても、よほど偏っていると思わない限り私が口を出すことはありません。叱責する時は、正確な事実に基づいて叱責します。もう一つ重要なのは、どの国も平等に扱い、同じ基準で見ることです。

これまでに一緒に仕事をしてきた嘉玲、凱莉、動眼神経は皆インフルエンサーとしての経験があり、論戦の経験も豊富で、彼女たち自身その点を明確に認識しています。私は、彼女たちのニュースの掌握力は一般のテレビ局の記者より高いのではないかと感じています。例えば動眼精神は自ら同性婚の運動にも参加したことがあるなど、テーマによっては私より深くとらえています。ですから報道の基本的要求にかなっており、心配する必要もありません。


プロがニュースの判読方法を教える

フェイクニュースが横行し、報道の質も千差万別ですが、

ニュースのソースはどのように選ぶのでしょうか。

 先ほど地方取材の重要性について述べましたが、私は記者が実際に取材しているメディアしか見ないので、結局従来型メディアしか読みません。私が朝一番に読むのはニューヨーク・タイムズで、これは長年の習慣です。続いてウォール・ストリート・ジャーナルやイギリスのガーディアン紙を読みます。新型コロナウイルスの状況や証券市場の暴落といった速報でない限り、あまりテレビは見ません。ですが、ラジオ、特にアメリカのNPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)は非常によく聞きます。他のセルフメディアはあまり見ませんが、韓半島新聞プラットフォーム(K-News Online)のように記者が現地にいるメディアは、地方取材の不足を補えるので時々見ます。

資金に限界があるため現地取材が難しいことがセルフメディアの致命傷と言えます。

この点を補強するお考えはありますか。

そのために今は資料を集めています。現在、私たちのファンページには20万人を超える世界各地のフォロワーがいますし、その中には同業者もいます。私はそのリストをつくり、世界のどこかでニュースが発生した時、直接彼らの意見を聞こうと考えています。私たちがここで見聞きしたことを伝えるより信頼性が高いと言えるでしょう。この他に、年末のアメリカ大統領選挙取材のためのクラウドファンディングも考えています。これは資金のためだけではなく、人々の関心を高めるためでもあります。重要なのは参画していただくことです。参画すればそのテーマに関心を持つようになるからです。

范琪斐のアメリカン・タイム

報道の激戦地であるニューヨークで、従来型マスメディアの衰退と転換を目の当たりにして危機感を持つようになり、記者として働きながら自らの資金でセルフメディア「范琪斐のアメリカンタイム」を開設、帰国後に新たな事業に取り組み始めた。今は寰宇新聞台とLINEに番組を持つ。そのブランドの趣旨は「より多くの人に国際ニュースに関心を持ってもらう」ことだ。ビッグでハードなテーマを扱いつつ、ユーモラスで気軽な形を採り、若い世代に注目されている。

 

 

 

アレックス・リン

人生の前半をアメリカで過ごし、大学の広告学科を卒業してから台湾に戻って就職。ファッションカメラマンの林炳存やドキュメンタリー監督の楊守義に教えを請い、その後は広告やプロモーションビデオの監督として独立した。ロサンゼルスにいた頃からルーツの台湾に注目し続け、後にセルフメディア「台客劇場」を開設。帰国子女がフィルム制作を通してルーツを探っているかのようだ。

産業の趨勢:自由に声を上げる

メディアに進出する前は新聞学も学んだことがあるそうですが、この点についてお話しください。

大学では新聞学の授業も受けましたが、YouTuberとしてセルフメディアを運営することは、芸術家に似ていると思います。例えばドキュメンタリーは客観性より、自分の考え方の方を重視するからです。私の考えでは、客観というものは存在せず、すべては主観です。重要なのは「自分の主観が他者の役に立つかどうか」で、役に立つなら表現するべきだし、そうでなければ発信しないことです。ただ、公開するなら科学的根拠がなければ説得力はありません。

情報の判読:お気に入りのYouTuber

セルフメディア、ニューメディアがあふれていますが、あなた自身のお気に入りのYouTuberを教えてください。

よく見るのはVoxです。このチャンネルは時事問題を扱っていて、おもしろい質問をしてから、科学的な方法で答えるというものです。私はCasey NeistatとDan Maceが好きで、特にDan Maceの編集や音響効果、カメラワークなどは繊細で手が込んでいます。私は通常英語で思考しますが、中国語があまりうまく話せないので、呱吉や博恩のチャンネルを見て参考にしています。こうして融合することで、少しずつ自分のスタイルが作れればと思っています。

イノベーション精神:ビジュアル・ボキャブラリーを活かす

大学で広告を専攻し、監督としてプロモーション・ビデオやコマーシャル、テレビ番組などを制作してきましたが、これらの経験の影響はありますか。

広告を作るプロセスではたくさんのアイディアを出しあって、その中から最良のものを選びますが、「台客劇場」の撮影過程も広告制作に似ています。仲間と討論してアイディアを出し合うというプロセスが重要です。最近完成させたフィルムの内容は、海岸の植樹の重要性を伝えるものですが、そこで出たアイディアの一つは、建物を撮って、アニメ効果でそれを水没させるというものです。もう一つは私がスーツを着て海に入るというアイディアで、これらは一種のビジュアルコミュニケーションです。

台客劇場はドキュメンタリーです。ドキュメンタリーは第三者の立場で他者の物語を記録するものですが、あなたのフィルムはご自分の体験を切り口としていて、ドキュメンタリーらしくないようですが。

私は自分が興味のあるテーマを扱い、自分で試してみます。例えば健康というテーマなら、ケトン体健康法や断食などを実際にやってみます。その撮影のプロセスは、他の利益などよりずっと楽しく重要なものです。

YouTuberはアーティストのように好きだから撮っています。お金のためではなく、絵を描きたいから描く芸術家と同じで、ドキュメンタリーもパーソナルなものであってもいいと思います。例えば、マクドナルドをテーマにした「スーパーサイズ・ミー」というフィルムがあります。監督が自分の食生活と太っていく過程を記録したものです。「台客劇場」もこれに似ていて、記録でもあり、個人的なものでもあるのです。

 

自媒時代停看聽

范琪斐、林冠廷答客問

文‧蘇俐穎 圖‧林旻萱

自媒體、新媒體百花齊放的時代,機會多、招式多;消息多,陷阱也多。作為經營者,如何在點擊率的誘惑下自律?作為受眾,面對眼花撩亂的媒體生態,又該如何判讀訊息真偽?這一期,《光華》特別邀請自媒體創辦人──范琪斐、林冠廷,聊媒體、聊態度、聊初衷,他們的回答,也許可以為活在媒體戰國時代的我們,找到安身立命的線索。


范琪斐

大學念的是法律系,紐約大學傳播所畢業,因躬逢解嚴,投入風起雲湧的媒體業。曾是TVBS、三立新聞的資深駐美特派員,旅美超過20年,雖說規劃退休才返台定居,卻峰迴路轉,辦媒體、開公司,中年創業,堪稱業界最資深,也最勇於嘗試、創新的媒體人。

產業觀察:時代交替,轉型之機

在美國待了那麼久,美國媒體產業的變化對您有什麼啟示,請談談您的觀察?

台美最大的不同就是市場規模,美國是資本主義國家,不論傳統媒體或新媒體,都不斷嘗試新的方式,不行就刷掉、不行就刷掉,汰換速度很快;台灣因為市場規模小,自生能力與創新精神都比較差,但這是市場規模造成的。整體來說,台灣大概比美國慢了個10年,想知道台灣媒體的未來,可以去看現在的美國。

但比較讓我憂心的是,美國現在不僅大媒體找到了一套生存下去的方法,不僅轉型了過來,也修正了過去的報導模式。這是2016年總統大選的教訓,當時因為地方消息掌握得很差,鄉下地方假新聞盛行,甚至地下電台成為主流,大選的結果,讓他們開始意識field report(現地採訪)的重要。雖然採訪就是很花錢,但無論如何不能犧牲,過去可能全部要求自製內容,現在或許會在社群媒體上跟寫手合作,藉著培訓寫手擁有基本的新聞記者素養,或者刊登時有一些篩選機制等等,總之就是很努力在做地方報導;但在台灣,這點還沒有看到。

創新精神:舊酒裝新瓶

網路上可以看的東西那麼多,您運用了哪些新方法,嘗試抓住觀眾的眼球?

我以前的同事都會說,妳這不就只是在作編譯嗎?就是看國外的媒體報導,然後再說一次給觀眾聽。是,這是編譯,但我覺得,我已經加了一個新的東西,用新的方式講故事給觀眾聽,像使用LINE作載具;即便在寰宇新聞台的節目,也不是傳統的方式。我們融合了美式笑話,或者搭配動畫,老一輩可能不習慣,但年輕朋友喜歡。

另一個不一樣的元素是,我很堅持一定要年輕朋友上鏡。當時會開始做自媒,就是希望讓年輕朋友更關心國際上的事,所以就讓同年紀的人講給他們聽。我們每個禮拜開一次編輯會,我不指定題目,每個人各提三條題目,大家再投票,看哪條不錯,而且如果你是主筆,你有權決定最後要不要寫。因為我希望選年輕人會關心的題目,是對你來說很熱情很重要的,如果這條新聞對你來說,重要到遠比我們其他人的意見還重要,表示你很有熱情,那就去寫吧。

自媒體意味著自主、自由,不過另一面來說,您不會擔心因此造成偏食、同溫層的問題?

確實有想過這個問題,但我覺得台灣人絕大多數還是挺在乎其他人想法的,所以很少有主筆獨排眾議的情況發生。包括報導的角度我也不太干涉,除非明顯偏差,我才會出面提醒。我覺得罵人可以,但要罵的邏輯清楚,事實都正確;另一個是,不管哪個國家,都要等距,用同樣的標準來看。

目前跟我合作很久的嘉玲、凱莉、動眼神經,她們都是網紅出身,論戰經驗豐富,她們自己也很清楚這點,我甚至覺得她們的新聞掌握能力,比一般電視台記者還要更好。一般電視新聞都做得很片段,知識破碎,議題也沒辦法深入,這是工作型態造成的;但她們不同,像是動眼神經自己參與過同婚的社運,有時在議題上她們比我了解得更深,所以在講到新聞的幾個基本需求,她們是符合的,並不需要太過擔心。

新聞判讀:內行人教你看新聞

現在假新聞一堆,新聞品質良莠不一,您自己又是怎麼篩選新聞來源?

剛剛一直在講field report重要,簡單來說,我只看有記者去採訪的媒體,所以我只看傳統媒體。我早上的first read,是看《紐約時報》,這是多年養成的習慣,另外還有《華爾街日報》、《英國衛報》。我不太看電視新聞,除非是breaking news(突發性的新聞),像是疫情影響、股票重挫的那一類的;但我是廣播的重度使用者,我會聽NPR(美國國家公共廣播電台)。自媒體我不太看,會看的通常已經是第二、三關了,像是「韓半島新聞平台」,那是因為記者人在那裡,可以補足field report的不足。

受限於資金,無法到現地作採訪,確實是許多自媒體的致命傷,那您自己現在有沒有打算補強這一塊?

所以最近我才在蒐集一些資料。目前我們粉絲頁上有20幾萬的追蹤人次,來自世界各地,還有很多的媒體同業。我把名單蒐集起來,某個地方要是出事,可以直接請問他們意見,這比我在這邊看、在這邊講,還要來得好,可信度也比較高。另外,我們也想做群眾募資,去採訪年底的美國大選,其實這個是創造關注,不僅是出於資金上的考量,重要的是參與,你有參與,那你就會關心這個議題。

范琪斐的美國時間

站在一線戰場的紐約,因為目睹傳統媒體產業的衰微與力圖轉型,因而有了危機意識,還在跑線時就掏腰包辦自媒體「范琪斐的美國時間」,直到海歸,開啟事業第二春。目前在寰宇新聞台主持「范琪斐ㄉ寰宇漫遊」,固定邀請凱莉、嘉玲、動眼神經幾位知識型網紅一同暢談時事;也與LINE合作的線上新聞節目「Today看世界」。品牌宗旨在於「讓更多人關心國際新聞」,雖然選題以「又大又硬」為準則,但運用輕鬆、幽默的手法,成功吸引年輕族群關注。

 

 

林冠廷

人生上半場都在美國度過,直到大學從廣告系畢業回台就職。曾跟隨時尚攝影師林炳存、紀錄片導演楊守義等人學習,後以廣告、MV導演的身分自立門戶。因為生長在文化多元的LA,對自己的根──台灣,有了關注的熱情,後創辦自媒體「台客劇場」,彷彿是一個海歸子女,藉由拍片重新探索故鄉。

業觀察:自由發聲,有何不可?

在跨足媒體產業前,您受過新聞學方面的訓練嗎?可以談談這部分的想法?

我自己在大學時曾經上過新聞學的課。但經營自媒體,作為YouTuber,對我來說比較像是在當一名藝術家,像在拍紀錄片,紀錄片不重視「客觀」,重視的是「我的」想法。在我看來,並沒有客觀這件事,一切都是主觀,但重點在於,你的主觀對別人有沒有幫助?有的話,就用影片來表達,如果意見爛,那就閉嘴。不過當然,要公開發表,還是要有科學基礎,才有說服力。

資訊判讀:YouTuber的口袋名單

自媒體、新媒體這麼多,請跟我們分享幾個連你自己也愛看的YouTuber頻道?

我最常看的像是Vox,他的影片內容貼近最近的時事話題,標題以提問有趣的問題,再用科學的方式去回答,資訊上很豐富。最崇拜Casey Neistat和Dan Mace,尤其Dan Mace在剪接、音效、鏡頭語言都非常細緻。因為我平常還是多用英語思考,所以也會去看哪些YouTuber擁有我喜歡,但卻沒有的口才,所以我也看呱吉和博恩的頻道,向他們學習。就這樣經過融合,慢慢形成自己的風格。

創新精神:善用視覺語言

您學的是廣告,也當過導演,拍過MV、廣告、電視節目,這些有沒有影響到你後來玩自媒體的方式?

我自己是廣告系畢業,廣告的idea常常需要發想好多個,才會有一個好的。「台客劇場」的拍攝過程就是很廣告的,同事會一邊討論,一邊發想,最重要的是過程。像我們最近剛拍完一支影片,內容是討論在海邊種樹的重要性,其中一個idea,是拍建築物,再跟動畫師模擬做出淹沒的效果;或者我直接去海邊拍攝,穿著西裝泡在水裡等,這就是一種視覺溝通。但是如果是新聞記者,他會很直白地敘述事實,告訴你50年前的水線在哪裡,但當一個YouTuber或者說film maker,每個禮拜只推出一支影片,一定要把最重點,把最有趣的點勾出來,人家才會點進去看。

您說拍台客劇場就像在拍「紀錄片」,但說到紀錄片,多數由「第三方」的角度來拍攝他人的故事,但我也觀察到,您的影片時常從自身的體驗來切入,這點就還滿「不紀錄片」的。

我拍的議題,都會是我有興趣,我自己會想去嘗試的,像是討論養身健康的議題,我親自嘗試生酮飲食或者斷食。我覺得拍片的過程好玩,遠比其他帶給我的效益還要多上更多,過程才是最重要的。過去拍廣告是服務業,服務客戶,讓他的產品更cool、更多人看見,但當YouTuber拍影片,是因為你喜歡拍,所以去拍,就像任何藝術家,並不是因為繪畫可以賺很多錢,才去畫,而是有個畫面在他腦海裡想表達出來,不然會很痛苦。

不過,其實有些紀錄片也是滿個人的。像是有個以麥當勞為主題的超紅紀錄片《麥胖報告》,內容只拍攝導演自己,記錄下他的飲食與變胖的過程,「台客劇場」某部分就像是這個樣子,有點紀錄、有點個人,是一個mix。

台客劇場

電視觀眾越來越少,林冠廷鎖定使用手機、平板的年輕族群,嘗試創辦自媒體「台客劇場」。台灣就是他的田野,親自上山下海,走街串巷,從自身的體驗出發,細細記錄下台灣生活的點點滴滴,融合電影、MV的拍攝手法,或者素樸的側錄,以「讓台灣人更愛台灣」為任務,正向的精神,吸引超過62萬人次訂閱。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!