Taiwan, Global Vegan Capital—An Eco-Friendly Lifestyle

:::

2017 / August

Ivan Chen /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Bruce Humes


In an April 2017 report, CNN once again ranked Tai­pei among the world’s top ten most popular cities for vegan cuisine. This is not the first time that international media have praised Taiwan’s vegan fare. Aside from baseball, xiao­long bao steamed buns, night markets and other familiar points of pride, the impact of veganism in Taiwan is not to be underestimated.

 


 

Besides avoiding consumption of food derived from animals, such as eggs, milk, cheese and honey, veganism extends to all levels of the environment, education and lifestyle. The mere absence of animal ingredients does not qualify as “vegan”; rather, it should be defined as a lifestyle that is friendly to the environment, animal life and mankind.

Speaking up for Taiwan’s vegan world

In December 2015 when the United Nations Climate Change Conference (COP 21) took place in Paris, located in the NGO pavilion were 18 “Meatless Monday” bodies from 13 countries that participated in this grand event. ­Chang Yu-chuan­, organizer of the “Meat Free Monday Taiwan” campaign, noted in his speech that the rapid expansion of meat consumption by human beings has caused devastating damage to rainforests, the oceans and the land. Farm-raised animals may even gobble up one-third of grain globally. He also reported to the international attendees that as the result of a nearly decade-long vegan campaign, according to statistics from Taiwan’s Ministry of Education, in 2012, for example, some 2,328 elementary, middle and high schools instituted meatless Mondays and students consumed up to 7 million vegetarian meals per day. During this period, not just schools but many central government and local officials also did their bit. “At the end of the forum, friends from Switzerland and Norway came to inquire how Taiwan had managed to obtain such results, and they heaped praise on Taiwan’s promotion of vegan eating,” says ­Chang.

Chang points out that the one-meatless-day-a-week activity is being promoted in about 40 countries and territories. Although the launch of this global vegetarian and vegan campaign has been managed by local NGOs in each country, in terms of the shared global environmental theme, the goal remains consistent. In Taiwan, including support for activities such as “Meat Free Monday” by groups in various sectors, the concept of vegetarianism among Taiwanese has evolved from religious factors initially, to one in which increasing numbers of people prefer a plant-based diet for reasons such as health, and protection of animals and the environment. 

Vegans worldwide fix their eyes on Taiwan

Andrew Nicholls, Elbert Gu and Michel Cason hail from Australia, the US and South Africa, respectively. Despite their different nationalities and backgrounds, they became acquainted in Taiwan thanks to their similar vegan concepts. Nicholls, who arrived in Taiwan nine years ago, holds a master’s degree in sports science and sports education from Australia, and specializes in coaching athletes. He is also a Pilates International instructor. While reading Diet for a New America in 1988, he discovered that the inhumane treatment and killing of animals described in the book closely resembled the scenes of butchery he had witnessed on his family’s farm as a child. A practicing vegan for nearly 25 years, he feels strongly about how veganism has evolved in Taiwan over the last eight years. When he first arrived here vegetarian fare was available but vendors placed little emphasis on nutrition and taste, whereas nowadays it seems as if every month or two a new vegan eating spot pops up somewhere. In Taiwan, Nicholls has found his second home outside Australia.

Now promoting vegan dining in Taiwan via her own restaurant, Michel Cason was inspired to become a vegan thanks to the Taiwanese. She first came to Taiwan purely for travel, but soon discovered the widespread practice of vegetarianism, and the respect and importance accorded to those who do not eat meat, attitudes that are unmatched in other countries. Once she acquired a deeper understanding of veganism’s benefits for both human health and animal welfare, she naturally became a member of the vegan tribe. ­Cason has been in Taiwan for seven years. As a chef, she has been deeply impressed with the rich and varied assortment of vegetables available here. “There are many kinds of vegetables in Taiwan, including Chinese kale, chayote leaves, water spinach, bird’s-nest fern and so on. Variety like this can’t be found South Africa,” she says. Fruits and vegetables are plentiful year-round, with specific types abundant depending upon the season. Taiwan is indeed blessed with a unique environment.

Based upon experience acquired traveling the world while teaching oil painting and exhibiting his own works, Elbert Gu—who is a visiting scholar at Nanjing University of the Arts—says eating vegan has been no easy feat. He has resided in Taiwan for four years now, however, and to him it seems that at almost ­every corner one finds food and drink fit for vegetarians. He believes that this is because Taiwan has undergone many different waves of “cultural baptism,” and thus it exhibits an eclectic taste for vegetarian cuisine. Recently he has undertaken an artistic project with vegan overtones, in which he hopes to show that behind the jolly images of animals on meat and dairy product packaging, there lie hidden tragedies and slaughter.

Linking the wilderness with the green revolution

“For the natural ecosystem, each species is equally important.” Hsu Jen-shiu, chairman of Wilderness Foundation Formosa, who has devoted his energies to protecting wilderness over several decades, advocates for a green revolution from the perspective of protecting our planet. Mankind’s rapacious desire far exceeds the concrete needs of human survival, and in order to earn profits he recklessly fells mountain forests and undertakes huge construction projects. In order to reduce the cost of raising livestock, meat and bone meal made from rendered bovine carcases was added to cattle feed, resulting in outbreaks of mad cow disease. But with the emergence of the vegan concept in Taiwan, many health and environmental issues can be resolved. Hsu Jen-shiu mentions that a group of wilderness protection volunteers has gone to Tai­tung to engage in fertilizer-free “nature farming,” in the hopes of reducing environmental hazards caused by foodstuff production.

In order to promote the establishment of bodies devoted to teaching ecology among overseas Chinese, Hsu has replicated the methodology of Taiwan’s Society of Wilderness, going to places such as Nicaragua, Australia, Malaysia (including Sabah), and Central America. “In Malaysia’s Sa­ra­wak there is a place called Uru Air. Originally, massive felling of mountain forests was planned. Our approach was to go into the forest and persuade the tribal chiefs to reconsider, as well as communicating directly with the governor.” Thanks to the constant efforts and coordination of volunteers such as Hsu Jen-shiu, local leaders were ultimately convinced of the forest’s value, and thus this swathe of precious natural assets was preserved.

Grassroots campaign among the young

In Taiwan, members of the younger generation are using their own strengths to respond to the global vegan trend. A table overflows with a banquet of vegan dishes prepared by the hand of Chef Feng Pei-ge. “When I was at university, I simply wanted to take care of three daily meals that were cheap, simple, and healthy. But as things turned out, along the way I became a vegan.” After graduating with an MS from the Department of Food Science at National Ping­tung University of Science and Technology, Feng worked in vegetarian restaurants for a few years. By virtue of self-study and food-related concepts acquired at university—and after repeated failures and experimentation—he gradually integrated his school learning with cooking ingredients.

“Foreign chefs tend to make good use of bitter, astringent and sour flavors. After careful study, I discovered that they use bitterness to bring out a food’s depth and to balance other flavors. They use astringency to endow certain ingredients, originally very satisfying and luxurious, with a sense of layered freshness.” Whenever he speaks of the art of cooking, Feng virtually radiates with delight, which leaves a deep impression on others. This is how he conveys his response to the vegan way of life.

In addition, a band of young people have penetrated to every corner of Taiwan, where they promote the concepts of veganism and of equal rights for animals. They include people like “Wusdom,” the Taiwan organizer of “30-Day Vegan,” who in his spare time uses his own money and efforts, and calls on like-minded volunteers to spread the word on the streets of Tai­pei, Tai­chung and Tai­nan; or Jessi ­Chang, consultant to National Taiwan University’s Animal Rights Club, and Dai Yu-sheng­, a fresh graduate from National Taiwan Normal University, both of whom promote the vegan lifestyle via on-campus speeches, setting up stalls, food-sharing and other activities.

The selfless sacrifice of these young people, and their tenacious adherence to their ideals, also reflect the vitality of the new generation. As the world greets the vegan wave, fortunately Taiwan will not only be present—it also has the potential to serve as the leader of Asia’s green revolution.

繁體中文 日文

世界蔬食之都在台灣 一種對地球友善的生活方式

文‧陳亮君 圖‧林格立 翻譯‧Bruce Humes

美國有線電視新聞網(CNN)於20174月之報導中,再次列舉台北為全球十大熱門蔬食之都。這已不是國際媒體首次對台灣蔬食的推崇,台灣之光除了大家耳熟能詳的棒球、小籠包、夜市等之外,其實,蔬食的影響力更是不可小覷。

 


 

Vegan除了避免食用由動物製成的食品,例如蛋、奶類、起司和蜂蜜外,更擴及環境、教育、生活等各個層面。所以不是食物裡不含動物成分就算Vegan,而應是一種對環境、動物,以及全人類友善的生活方式。

台灣蔬食世界發聲

201512月聯合國氣候高峰會(COP21)於巴黎召開,在NGO區有來自13個國家、18個週一無肉日及相關組織(包含美國、加拿大、巴西、義大利、牙買加、以色列、韓國……等)參與盛會,「台灣週一無肉日」平台總召張祐銓,於演講中提及全球人類急速擴張之肉食消費,已對雨林、海洋、土地造成毀滅性破壞,其中畜牧業所飼養的經濟動物,甚至吃掉全球1/3穀物糧食。並向各國報告台灣近10年蔬食運動的成果,包括2012年由台灣教育部統計全國高中小學2,328所學校,成功推動每週一日蔬食,總計高達700萬人次。當時不僅學校單位,包括許多中央與地方首長也紛紛響應。「論壇結束後包括瑞士、挪威的朋友,都來詢問台灣是怎麼做到的,對於台灣蔬食的推廣,給予極高的評價。」張祐銓說。

巴黎峰會期間,包括阿諾‧史瓦辛格等明星也前來關心環境保護的議題,在紐約週一無肉日的解說下,阿諾回美後公開呼籲大眾應該要減少肉食,並拍攝宣導影片;以色列的發起人則是一名電視台主播Miki Haimovich,她直接跟以色列總統說明少肉食的原因後,獲得政府的大力支持;比利時的根特市(Gent),則是由政府直接訂定週四全市無肉日,包含公家單位與學校;紐約週一無肉日組織則跟美國約翰霍普金斯大學合作,從公共醫學的角度來推動少肉;義大利與法國,則以餐廳的蔬食食譜作為推動主力;英國週一無肉發起人是前披頭四成員保羅‧麥卡尼,也得到相當多粉絲支持。

張祐銓表示,大約有40個國家地區都在推動「每週一素」的活動。全球蔬食運動的發起雖是由各國NGO組織自行籌辦,但在全球共同的環境議題上,目標是一致的。而台灣在包括週一無肉日等各界團體的推動下,國人吃素的觀念,也從早期的宗教因素,轉變到有越來越多人,是為了健康、環保與愛護動物等理由而茹素。

世界蔬食人看台灣

Andrew NichollsElbert GuMichel Cason,分別來自澳洲、美國與南非,不同的國家,不同的背景,但因為相同的Vegan理念,在台灣相會。來台9年的Andrew,擁有澳洲運動科學及運動教育碩士學位,專長運動員調整及訓練,也是國際彼拉提斯講師,在1988年讀了《新世紀飲食》(Diet for a New America)這本書後,發現書裡牲畜的不當對待與殺戮,跟他從小家裡農場屠宰的情景,如出一轍。加上之後於新加坡推廣健康生活的同時,經由無數案例,證實Vegan飲食對於人體的良性影響。成為Vegan25年的他,對於台灣蔬食這8年來的發展感受很深,從早期雖然是素食,但不太重視營養與美味,到現在幾乎每一兩個月就會有一家新的Vegan餐廳出現,在台灣,Andrew找到了他在澳洲之外的第二個家。

同樣在台灣以蔬食餐廳推廣VeganMichel,會成為Vegan則是受到台灣人的啟發。當時來台純粹只是旅遊,但發現台灣蔬食的普及率之高,以及台灣人對素食者尊重與重視的態度,是別的國家所無法比擬的。在深入了解蔬食對健康及動物友善的深層用意後,毅然成為Vegan的一員。Michel來台已7年,由於本身是廚師,對於台灣有豐富且多樣的蔬菜種類印象深刻,「台灣的菜種類很多,有芥藍菜、龍鬚菜、空心菜、山蘇……等,這是南非所沒有的。」Michel說。台灣四季蔬果充足,各個時節都有當季盛產的蔬果,這樣得天獨厚的地理環境,實在是身在寶島的一種幸福。

「我開始吃素是差不多12年前的時候,因為女兒要生了,我就在想這世界上這麼多打打殺殺,我能做到什麼去減少這些殺戮,所以在我的食物上面,就不吃被殺的動物。」來台4年的Elbert,是中國南京藝術學院的客座學者,以他巡迴世界各地教油畫及辦展的經驗,要吃蔬食實在不太容易。但在台灣,幾乎一個轉角,就可找到針對蔬食的餐飲,他認為台灣因為歷經許多不同時期的文化洗禮,在蔬食上也呈現出多樣化的口味。最近他正在進行一項有關蔬食的藝術創作,希望能呈現出奶肉食品包裝中動物歡樂的形象裡,其實背後隱藏的是動物的墳場與悲哀。

串起世界荒野綠色革命

根據聯合國教科文組織(UNESCO2008年的研究報告《Livestock in a Changing Landscape(畜牧對地表景觀的改變)》指出,地球上近30%無冰的表面用於畜牧生產,只有8%用於人類直接食用的農作物。而畜牧業的生產嚴重影響空氣品質,造成酸雨以及生態系酸化,包括9%二氧化碳、37%甲烷、65%二氧化氮對環境所造成的危害,更別提疾病從家畜傳給人類的風險也隨之增加。

「對自然生態系統而言,每一物種是同等重要的。」數十年來致力荒野保護的荒野基金會董事長徐仁修,從地球保護的角度來呼應綠色革命。因為人類的貪婪慾望,遠遠超出人類生存的需求,為了牟利,濫墾山林、大興土木。有些國家,為了降低飼養成本,將肉骨粉加入牛的飼料中,造成狂牛症的爆發。但是台灣蔬食概念的出現,則可以解決很多健康與環保的問題。徐仁修提到有一批荒野保護的志工們到台東從事自然農法,就是希望能降低飲食生產對環境的危害。

22年前第一屆培育的小朋友,現在有些擔任環保志工,有些投入NGO組織,成為地球公民基金會的東部特派員,持續在為這片土地來奮鬥。」徐仁修驕傲地說起他的學生。其他保育活動也包括新竹香山蓮花池裡食蟲植物的復育,以及每年10月在新竹橫山,舉辦保育樹蛙產卵的活動。因為大自然是啟發孩子創造力的最佳場域,從欣賞大自然裡的各種生命,來培養孩子對於自然生態中「美」的觀察。

此外,徐仁修多年來以複製荒野保護協會的方式,推動華人自然生態教育組織的成立,足跡遍及尼加拉瓜、澳洲、馬來西亞、沙巴、中美洲等地。「在砂勞越(馬來西亞)有個叫烏魯艾的地方,為了要將森林改成油棕園而大肆濫砍山林,我們的方式就是進到裡面去,說服裡面的部落酋長,以及跟州長溝通。」在徐仁修等志工不斷奔波協調下,終於讓他們發現森林的價值,也保存了那片珍貴的自然資產。

年輕草根運動

在台灣,一群年輕世代正用自己的力量,回應世界Vegan的趨勢。一桌滿滿的蔬食饗宴,出自廚師馮培格之手。「念大學時,單純只是想用便宜、簡單,且吃起來無負擔的方式來打理三餐,結果竟然一路就成為了Vegan。」馮培格於國立屏東科技大學食品科學系碩士班畢業後,在素食餐廳工作了幾年,憑藉著自學,以及食品系時對食物的相關概念,藉由一次次的失敗經驗與反覆實驗,才漸漸把學校裡所學的知識跟食材,融會在一起。

現在馮培格除了在蔬食教學工作坊擔任講師外,也受邀於電視台展現廚藝。「外國人做菜,很會善用苦、澀、酸這些味道,在仔細研究過後,發現他們用苦來帶出這食物的深度與收斂,用澀來讓這些原本很滿足、肥美的東西,得到食物清爽的層次感。」一說起料理,馮培格眉飛色舞的神情,令人留下深刻印象,而這也是他用行動來回應Vegan生活的一種方式。

此外,尚有一群年輕人,深入台灣的各個角落,來推廣蔬食及動物平權的理念。如「純素30天」的召集人吳智輝,在正職工作之餘,自己出錢出力,也號召志同道合的夥伴,於北中南進行街頭宣傳;台大動權社顧問張家珮、剛從師大畢業的戴宇陞,則努力透過校園演講、擺攤、美食分享等活動,來推廣Vegan生活。

這群年輕人無私的付出,為了理想的堅持,也體現了年輕一代的活力。在世界各地早已形成一股Vegan風潮,在德國柏林就算是牛排館,也會有Vegan的菜單選項;近年南非的Vegan餐廳數量,也在快速的成長;鄰近的南韓,除了全素餐廳越來越常見外,首爾幾乎每個月都會舉辦素食美食節活動。在世界正迎向Vegan風潮的同時,很慶幸的是台灣非但沒有缺席,而且有希望能夠成為亞洲綠色革命的領頭羊。

世界に名だたるビーガンの都――台湾 地球にやさしいライフスタイル

文・陳亮君 写真・林格立 翻訳・久保 恵子

2017年4月、米国のCNNは再び世界の十大ビーガン都市の一つに台北を取り上げた。海外メディアが台湾のベジタリアンを取り上げたのはこれが初めてではなく、これまで海外に知られた野球、小籠包、夜市に加えて、ベジタリアンに対する台湾の影響力も見過ごせなくなった


ビーガン(Vegan)とは、動物由来の卵や乳製品、蜂蜜なども取らず、さらには環境や教育、生活などの各レベルに及ぶ生活態度を指す。動物由来の食品を摂らなければビーガンと言えるものではなく、環境、動物から全人類にやさしい生活方式が伴わなければならない。

 世界に発信する台湾のビーガン

2015年12月に気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)がパリで開催され、NGOパビリオンには13カ国からミートフリー・マンデー(月曜菜食日)関係の18団体が参加した。台湾ミートフリー・マンデーの提唱者・張祐銓は演壇に立ち、急速に拡大する肉食習慣が熱帯雨林、海洋と土壌に壊滅的な影響を与え、牧畜業で飼育される動物が世界の穀物の3分の1を食い尽くすと訴えた。さらに、台湾における最近10年のベジタリアン運動の成果として、2012年から全国の小中高校2328校において、延べ700万人が毎週1回の菜食日に参加と報告。学校だけでなく、中央と地方政府の多くも賛同している。「講演が終わると、スイスやノルウェーの関係者が台湾の実施方法を問い合せてきて、台湾でのベジタリアン運動推進を高く評価してくれました」と張祐銓は言う。

COP21の期間中、アーノルド・シュワルツェネッガーも関心を寄せ、ニューヨークのミートフリー・マンデーにおいて、肉食を減らすように訴えかけた。ニューヨークのミートフリー・マンデー団体は、ジョンズ・ホプキンズ大学と協力し、公衆衛生の立場から肉食の減少を推進する。イタリアとフランスでは、レストランのベジタリアン・メニュー普及を主とし、イギリスではポール・マッカートニーがミートフリー・マンデーの発起人となり、多くのファンの支持を集めた。

張祐銓によると、現在では40の国と地域において週一回菜食日が推進されているという。世界各地のベジタリアン運動は、各地のNGOがそれぞれ実施しているが、世界共通の環境問題への認識は一致している。台湾では各界の団体がミートフリー・マンデーを推進し、昔ながらの精進という宗教的要素もあり、健康、環境保護と動物愛護などの理由から運動に加わる人が増えてきている。

世界のベジタリアンが見た台湾

オーストラリアのアンドリュー・ニコルス、アメリカのエルバート・グー、南アフリカのミシェル・カゾンと、異なる国から来た三人が、同じビーガンの理念を通して台湾で巡り合った。

台湾に来て9年のアンドリューは、オーストラリアのスポーツ科学および教育の修士で、運動選手の調整とトレーニングが専門で、ピラティスの講師でもある。1988年に『エコロジカル・ダイエット(Diet for a New America)』を読み、家畜に対する不当な扱いや殺戮の描写が、幼い頃に見た家の農場での屠殺風景と同じだと思った。その後、シンガポールでヘルシーな生活の普及に努めながら、多くのケースを扱い、健康に対するビーガンの良好な影響を証明するに至った。ビーガンとして25年を過ごした彼は、この8年の台湾におけるベジタリアンの発展に感銘を受けた。当初、台湾では精進料理と言うだけで、栄養も味も重視されていなかったが、今では毎月のように新しいベジタリアンのレストランが開店し、彼にとって台湾は第二の故郷となった。

同じく台湾にベジタリアン・レストランを開きビーガン普及に努めるミシェルは、台湾人に啓発されてビーガンとなった。当初、台湾には観光で来ただけだったが、台湾で菜食が一般に普及し、ベジタリアンを尊重する態度を見て、他国では及びもつかないと感じた。そこにある健康重視と動物愛護の態度を理解し、ビーガンとなることを決意した。もともとシェフであった彼女は、台湾の野菜の種類が豊富なことに驚いており、「台湾の野菜は種類が多く芥藍(カイラン)、龍鬚菜、空心菜、山蘇(オオタニワタリ)など、南アフリカにはありません」と言う。台湾には四季を通じて野菜や果物の種類が多く、その豊かな環境での生活は、一種の幸福であるという。

「ベジタリアンとなったのは12年ほど前、娘が産まれようとしていて、殺伐としたこの世界にあって何とか殺生を少なくしたいと思い、食べ物でも動物を避けようと思いました」と、台湾に来て4年のエルバートは話す。中国南京芸術学院の客員教授の彼は、美術教育と展覧会で世界各地を回っていたが、どこでもベジタリアン・レストランを見つけるのは難しかった。それが台湾では、ちょっと歩けば見つかる。台湾は時代ごとに異なる文化の洗礼を受けてきたので、菜食においても多様な料理が食されてきたと言う。近年、彼はベジタリアンに関する芸術創作を試みている。乳製品や肉類のパッケージには楽しそうな動物の図柄が描かれるが、その背後には動物の墓場と悲しみが隠されていることを表現したいのである。

 世界の原野と緑の革命にリンク

「生態系にとっては、どの種も同じように重要です」と、数十年来にわたり原野保護に尽くしてきた荒野基金会の徐仁修董事長は、地球保護の観点から緑の革命を支援する。人間の貪欲は生存の必要性をはるかに超えていて、利益のために山林を乱伐し土木工事を展開する。一部の国では飼育コスト低減のために肉骨粉を牛の飼料に混ぜて、狂牛病発生を招いた。しかし、台湾の菜食主義の理念により、健康と環境保護の問題の多くが解決できる。徐仁修は荒野保護のボランティアが台東で行う自然農法を取り上げ、これにより食による環境への害を低減できると期待する。

「22年前に育成を開始した学生たちは、今では環境保護ボランティアとなり、NGOに参加し地球公民基金会の東部特派員として、この土地のために戦っています」と、徐仁修はかつての教え子を誇りに思う。それ以外の保護活動としては、新竹県香山蓮花池の食虫植物保存や、毎年10月に新竹県横山で行うタイワントビアオガエル産卵保護の活動が挙げられる。大自然は子供たちの想像力を育む最良の場で、大自然の生命を目にして、子供たちは自然の美の観察力を養える。

徐仁修はまた長年に渡り、荒野保護協会の手法を応用し、各地に華人の自然生態教育組織を設立してきた。その足跡はニカラグア、オーストラリア、マレーシア(サバ州を含む)、中央アメリカなどに及ぶ。「マレーシアのサラワクにおいて、アブラヤシ農園のために森林が大規模に伐採されていました。私たちの方法は地域に入り、集落の長と話し合いを進めることでした」。徐仁修などのボランティアが調整を進め、ついに森林の価値を理解してもらい、この貴重な自然資産を保護することができたという。

若い草の根運動

台湾では、若い世代が自身の力で、世界のビーガンに呼応して動き出した。ベジタリアンの宴席を用意するのはシェフ馮培格である。「大学時代に、お金をかけず簡単でヘルシーにと考えて三食作っていたのがビーガンに繋がりました」という彼は、国立屏東科技大学の食品科学修士課程を修了してから、精進料理レストランに就職した。大学で学んだ知識と概念に経験とさらなる知識を積み、実験と失敗を繰り返しながら、食材と知識を融合させていくことができた。

馮培格は菜食教育ワークショップで講師を務め、テレビの料理番組にも出演する。「外国人は料理に苦み、渋み、酸味などを活用します。味を研究してみると、こういった苦みや酸味は食物の味に深みを加えてくれます。渋みを使うことで、コクのある旨味に爽やかな奥行きを与えてくれるのです」と、馮培格は意気軒高に料理を語る。そこにあるのは、行動でビーガンとしての生活を表現する一種の方式なのである。

ほかにも多くの若者が、台湾各地の様々な場でベジタリアンと動物の権利の理念を提唱しようとしている。「純菜食30日」を提唱する呉智輝は仕事の合間に各地の仲間に呼びかけて、北から南まで街頭に立って菜食主義普及を呼びかけている。台湾大学動物権利クラブの張家珮顧問、師範大学を卒業したばかりの戴宇珮陞は、キャンパスでの講演、ベジタリアン料理のテイスティング・イベントなど、各種活動で、ビーガンのライフスタイル普及を図る。

これらの若者の無私の努力と理想追求の姿勢こそ、若い世代のエネルギーを体現している。世界各地でビーガンの流れが形成されつつあり、例えばドイツのベルリンではステーキ・ハウスでもベジタリアンのメニューが選択できるし、南アフリカではベジタリアン・レストランが急速に増加してきた。近隣の韓国では、完全なベジタリアンであるビーガン・レストランが増えていて、ソウルでは毎月ベジタリアンのグルメ・イベントが行われている。世界的にビーガンが隆盛しつつある流れの中で、台湾もその動きを主体的に取り入れ、アジアの緑の革命をリードできるものと期待されている。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!