Taiwan Panorama Forum: New Southbound Cultural Salon

A People-Centered Exchange
:::

2020 / October

Esther Tseng /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Goef Aberhart


On an afternoon that alternated between brilliant sun and cracking thunder, Taiwan Panorama joined forces with the Taiwan‑­Asia Exchange Foundation at Thinkers’ Studio for “Southeast Asia in Transition: Immigrant Perspectives on Taiwan’s New Southbound Policy.” Through its participants, this forum was a showcase not only for how immigrants from Southeast Asia have enriched Taiwan’s cultural diversity, but also for the unbridled vitality they bring with them.


The New Southbound Policy is an important economic and strategic objective of Taiwan’s government. In 1994, President Lee Teng-hui began the process with what could be termed the “Southbound Policy 1.0,” encouraging the government, state-owned enterprises and party-run businesses to invest in Southeast-­Asian nations. In 2003, President Chen Shui-bian ushered in a second iteration of this initiative, but its effective­ness was limited and there was no involvement from the private sector.

So what is “new” about the New Southbound Policy, launched by President Tsai Ing-wen’s administration in 2016? First, there’s its focus on people-­to-­people contacts; second, its richer and more diverse content, and the involvement of the private sector.

I believe that if you handle the interpersonal aspects well, then money will naturally come. Taiwan is in a great place to implement something like the New Southbound Policy. Immigrants who come to Taiwan for work, study, and marriage, and especially the ones who stay and set down roots here, are our people, and we should take good care of them.

Taiwan Panorama has done much reporting on topics concerning New Southbound Policy partner countries’ cultures, and immigrants from those countries. The Ministry of Foreign Affairs, as the agency behind Taiwan Panorama, always gets a look at each issue before publication, and as each issue’s first reader, I always peruse it with great interest.

Southeast-Asian immigrants are not only a source of cultural exchange and fusion, but also enrich Taiwan’s cultural diversity, as well as bringing an inexhaustible vitality. Everyone here is part of that.

On the cultural level, Taiwan Panorama travels the length and breadth of Taiwan to cover cultural and human-interest stor­ies about immigrants, in hopes of fostering better understanding among the people of Taiwan and encouraging beautiful cultural interactions.

Moderator—Ivan Chen (editor-in-chief, Taiwan Panorama): The government plays a crucial role in the New Southbound Policy, but to enact that policy it also needs the support of various NGOs and foundations. Next, we will hear from the Executive ­Yuan’s Office of Trade Negotiation and the Taiwan‑­Asia Exchange Foundation on how the policy has been put into action and the concrete results achieved since 2016. 


Morris Huang (deputy assistant trade representative, Office of Trade Negotiation, Executive Yuan): Our office is responsible for Taiwan’s outward-­facing negotiations and the New Southbound Policy, but we’re not just concerned with money, but with people too! For example, in dealing with the Covid-19 pandemic, healthcare has also been an essen­tial element of the policy. According to Ministry of Health and Welfare statistics, even with the pandemic, exports of Taiwanese medical products to Southeast Asia grew by more than 10% between January and March this year, surpassing those to Europe and the US.

In terms of trade and investment, Taiwan’s biggest competitors in Southeast Asia—Japan and South ­Korea—have experienced double-digit recessions in the wake of the pandemic, while Taiwan is still experi­encing some degree of growth, proving that pivoting to Southeast Asia was the right decision.

As for education, starting last year, thanks to the New Southbound Policy, students coming from Vietnam exceeded 20,000, even more than from Malaysia, and the number of Taiwanese traveling to Southeast Asia to study has also been growing. 


Chen Ding-liang (assistant research fellow, Taiwan‑­Asia Exchange Foundation): I have been studying Southeast-Asian and Pacific literatures and documentaries since college. People often ask me, “What is Southeast-Asian literature?” and “What is Paci­fic art?” In return, I would like to ask a question of my own: Are not the standards by which we mentally judge Southeast-­Asian art and cultures institutionalized, canon­ized cri­teria? If we look beyond these standards, we see that Southeast Asia is home to a diverse, complex, and prosper­ous array of cultures. This is a cultural value that I believe in, and that I strive to bring to the foundation’s cultural exchanges under the New Southbound Policy.

The Taiwan‑­Asia Exchange Foundation is currently executing a cultural exchange program focused on four main axes, including this cultural salon in collaboration with Taiwan Panorama. In addition, the program includes working with the Vietnam National Institute of Culture and Arts Studies and the Mekong Cultural Hub to estab­lish a mechanism for institutional exchange through visits by artists and curators from both sides. Finally, we will also be focusing on whether art and culture workers can play an important role in cultural exchanges with Southeast Asia in the post-Covid era, opening up possibili­ties for healing in the wake of this trauma.

Moderator: Through what we have heard from the Office of Trade Negotiation and the Taiwan‑­Asia Exchange Foundation, we can see that the implementa­tion of the New Southbound Policy has been both broad and deep. Next up, we ask people working on the front lines of this exchange to share their work and discuss what services are being offered to Southeast-­Asian immigrants. 


Sun Ping (head, International Exchange Project, Cultural Taiwan Foundation): The Cultural Taiwan Foundation first began focusing on developing regional projects in 2019. When thinking about how to promote cultural exchange with Southeast Asia, we need to look not only at education and exchange for artists from the two sides, but also to try and go beyond the policies of the Ministry of Culture and the National Culture and Arts Foundation to dig into Taiwan’s hidden Southeast-­Asian cultural elements. In particular, we have involved Southeast-­Asian immigrant women in the planning of our outreach activities from the beginning, helping us develop themes for events and showcase the cultural development and vigor of their communities in Taiwan. 


Lee Vuochheang (chair, TransAsia Sisters Associ­ation, Taiwan): The TransAsia Sisters Associa­tion Taiwan was founded way back in 1995.

Today, two-thirds of our directors are immigrant women. Holding meetings when we don’t all share a native language can be a challenge, but at the same time it symbolizes how we are stepping out of isolation and becoming active participants in society.

The association has done a lot of cultural outreach work, like organizing culinary cultural exchange activities to tell the stories behind various dishes and promote understanding of our homelands as represented on our dining tables, and thus our own life stories as immigrants. This is also why we published the book The Homeland on Our Table.

In 2009, we founded TransAsia Sisters Theater, shooting the documentary Let’s Not Be Afraid and publishing the table­top game Floating Market: Vietnam in Waves to promote Vietnamese culture. We also released an album entitled Drifting No More, which was another heartfelt experience for our members. 


Moderator: Thank you to the representatives from the Cultural Taiwan Foundation and Trans­Asia Sisters Association, Taiwan for their engaging comments. In Taiwan Panorama’s more than four decades of covering Southeast-Asian issues, the content and narrative approach of our reports have gradually evolved from an external to an internal focus, reflecting how Taiwanese society’s attitudes toward the region have gone from un­famili­arity, to conflict, and then to coexistence and finally integra­tion. Today, Southeast-Asian immigrants are part of Taiwanese culture, and I believe that the New Southbound Policy will continue to help Taiwan move toward a better future.

For this workshop discussion, the participants divided into three groups, with the Cultural Taiwan Foundation and TransAsia Sisters Association, Taiwan leading the discussion and participants writing down their hopes and sugges­tions for the New Southbound Policy. Here are some excerpts from these contributions.

Tran Ngoc Thuy (lecturer in Vietnamese, National Sun Yat-Sen University Community College):

In the past, the term “foreign brides” had negative connotations, with Taiwanese people associating it with ideas like marrying for money and engaging in sham marriages. Over the years, though, I have come to under­stand that this was because Taiwanese society had not had the chance to get to know Southeast Asians, and so the discrimination was not really deliberate. Meanwhile, what immigrants want is just equal treatment.

The current 2019 syllabus for “mother tongue teaching,” that is to say Southeast-Asian languages education for second-generation-immigrant schoolchildren, is simply not enough, with just one hour of class time a week. I hope that we can provide this new generation with more teaching materials and a more diverse range of learning opportunities. 


Luu Thien Binh (executive director, TransAsia Sisters Association, Taiwan):

As a second-generation immigrant of Vietnamese and Taiwanese heritage, I feel that there’s a sense of us being considered second-class in Taiwan. Why are the child­ren of Taiwanese and Westerners simply called “mixed race,” while we get called “second-­generation immigrants”? Why is it considered “learning a second language” if we study Japanese, but “mother tongue education” if we study one of the seven Southeast-­Asian languages? In a sense, Taiwan is like Hogwarts, in that there’s a kind of invisible “sorting hat,” and the Taiwanese one is extremely unyielding in its sorting. Cultural outreach work should challenge this invisible sorting hat and break down this class divide.

Priya Lalwani (preparatory committee member, Alumni Association of Expatriates Staying in Taiwan):

I’ve been in Taiwan for 33 years, one of the longest-­term “new residents” of Taiwan. Taiwanese people are very friendly to foreigners, but often end up un­intention­ally asking questions that can be somewhat offensive out of simple ignorance. I hope that the govern­ment and NGOs can offer Taiwanese more ­avenues and opportunities to understand immigrants.

Relevant articles

Recent Articles

日本語 繁體

「新南向 文化サロン」

人を中心とした 新住民との交流

文・曾蘭淑 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

日が差したり雷が鳴ったりする午後、『台湾光華雑誌』は台湾アジア交流基金会とともに、思劇場で「移動する東南アジア——新住民(海外から移住してきた人々)が見る新南向政策」をテーマとする座談会を開催した。多くの参加者が等しく語ったのは、台湾において、新住民は台湾文化をより多様なものとし、また強い生命力をもたらしているという点だった。


「新南向政策」は、政府の重要な経済戦略目標です。1994年に李登輝元総統の任期中に始まり、政府や国営·党営事業の資金を東南アジア諸国に振り向けた政策は、南向政策1.0と言えるでしょう。2003年に陳水扁元総統の時期に始まったのが南向政策の第二弾ですが、民間の参画はなく、効果は限られていました。

では、2016年から始まった「新南向政策」はどこが「新しい」のでしょう。第一は人を中心としている点、第二は豊富化、多様化、そして民間の投入を推進しているところです。経済だけでなく、教育や農業、医療などの面で双方の人々の利益にならなければなりません。人と人との関係が良くなれば、資金は自ずと動くものだからです。

台湾には、就労や留学、結婚などで東南アジアから移住してきた人が大勢暮らしています。中でも、ここに根を下ろして暮らす「新住民」は私たちの仲間ですから、しっかりとサポートすることです。そうすれば、新南向政策は台湾から始めることができるのです。

『台湾光華雑誌』は、新南向政策対象国の文化や新住民について多くの報道をしています。『光華』を支持する立場の外交部として、毎号発行前に最初の読者として楽しく読んでいます。『光華』の東南アジア語版も発行しており、これは正しい方向です。

台湾に暮らす新住民の方々は、文化交流と融合の機会、それに強い生命力をもたらしてくださり、台湾文化をさらに多様なものとしています。ここにご参加のすべての方が参画者です。

文化の面から言うと『光華』は台湾各地で取材を進めており、特に新住民文化に関しては感動的な物語を数多く紹介しています。こうした物語をより多くの台湾の人々に知ってもらい、互いの理解を深め、素晴らしい文化交流が進むことを願っているのです。

司会者/陳亮君(「台湾光華雑誌」編集長):新南向政策は政府の政策ですが、これを有効に推進していくには、さまざまなプラットフォームや基金会のサポートも極めて重要です。そこで、行政院の経済貿易交渉事務所と台湾アジア交流基金会から、2016年に始まった新南向政策の方針や具体的な成果についてお話いただきたいと思います。

黄中兆(行政院経済貿易交渉事務所‧交渉副補佐官):私たちの部門は台湾の対外交渉業務と新南向政策を担当しています。政策面では資金だけでなく「人」に重点をおくことを重視しています。コロナ禍で今年は医療衛生面が重要な要素になりました。衛生福利部の統計によると、今年1~3月、台湾から東南アジアへの医療物資の輸出は10%成長しました。

貿易‧投資面を見ると、東南アジア貿易における台湾のライバルである日本と韓国の数字は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2桁衰退しましたが、台湾はわずかながら成長しており、新南向政策が正しいことが見て取れます。

教育面はどうでしょう。東南アジアから台湾に来る留学生の推移をみると、以前は国情や華僑の関係でマレーシアからの留学生が最も多かったのですが、新南向政策によって、昨年からはベトナム人学生がマレーシアを超えて2万人を突破しました。台湾から東南アジアへ留学する人も増えています。

新住民の皆さんとの文化交流に関しては、内政部移民署が計画を推進中で、私たちの部門も今後進めていく予定です。

陳定良(台湾アジア交流基金会アシスタント研究員):私は大学と大学院で東南アジアと太平洋の文学およびドキュメンタリーフィルムを研究していたので、よく「東南アジア文学とは?」とか「太平洋の芸術とは?」などと聞かれます。そこで逆に問いかけたいのは、私たちは東南アジアの芸術や文化を、制度化、権威化した基準で見ていないかという点です。こうした基準を取り払えば、東南アジアには、さまざまなものが交じり合った多様で繁栄した文化があります。これが私の信じる文化的価値であり、台湾アジア交流基金会における新南向政策の文化交流でも実践していることです。

台湾アジア交流基金会では、四つの柱を中心に文化交流計画を進行中です。一つは『光華』と協同の新住民文化サロン。これは新住民の皆さんの立場から、新南向政策のさまざまな面を語っていただく場です。このほかに、当基金会とベトナム国立文化芸術研究所やメコン川文化センターとの協同で、芸術家やキュレーターの相互訪問を通しての交流メカニズム確立も進めています。将来的にはポストコロナ時代に焦点を当て、芸術家や文化人が人々の心の傷をいやす役割を果たせないかどうか、可能性を探っていきます。

司会者:以上のお話から、新南向政策は教育や文化、人材などさまざまな面を包括していることが分かりました。そこで第一線で実務に携わる方々に、業務やサービスの内容についてお話いただきます。

孫平(文化台湾基金会国際交流プロジェクトリーダー):当基金会は2019年から地域計画に力を入れてきました。東南アジアとの文化交流を進める際、芸術家の交流のほかに、政府の文化部や国家文化芸術基金会の政策や、台湾の隠れた東南アジア文化も考慮します。

イベントを計画する際には、最初から新住民の方々にも参加していただいて一緒に展示や公演のテーマを決めており、台湾の文化発展における新住民の貢献とエネルギーが見て取れます。

李佩香(南洋台湾姉妹会理事長):「南洋台湾姉妹会」が設立されたのは1995年で、高雄市美濃に嫁いだインドネシア人女性たちが発起した中国語教室から始まりました。2002年に私が台湾に嫁いできた時、南洋姉妹会が新北市中和に開いている中国語教室に、夫が申し込んでくれました。

現在、南洋姉妹会の理事や幹事の3分の2は移住してきた女性たちが担当していて、さまざまな母語の人が一緒に会議を開きます。皆さんは、会議に1時間もかけると効率が悪いと思われるかもしれませんが、私たちは会議に3~4時間もかけます。これは彼女たちが家庭から外へ出て、社会的議題に参加していることを意味します。

南洋姉妹会はこれまでに多くの文化活動を行ってきました。美食文化交流活動では、東南アジア料理の背後にある物語を知ってもらい、食卓の故郷の味を通して移住者の人生にも触れてもらっています。これをまとめて『餐卓上的家郷(食卓の故郷)』という本も出しました。

2009年には南洋姉妹劇団も結成し、ドキュメンタリー『姉妹売冬瓜(トウガン売り)』を制作、さらに「水上市場:波濤中的越南」というボードゲームも出してベトナム文化を広めてきました。「我不想流浪」という音楽アルバムも出し、私たちの気持ちを伝えています。

 司会者:文化台湾基金会と南洋台湾姉妹会のお話をありがとうございました。最後に私から、『光華』が過去40年にわたって、どのように東南アジアを報道してきたかを振り返ってみたいと思います。1980年代以来『光華』は東南アジアを外国として扱ってきましたが、2015年以降は内部のこととして扱うようになり、新住民は台湾の多様な文化の一部であるという内容が増えてきました。ここからも分かる通り、台湾では東南アジアはあまり馴染みのない存在だったのが、しだいに共存や融合という段階に移ってきたことが分かります。現在、新住民はすでに台湾文化の一部です。新南向政策を今後も推進していくことは、台湾により良い未来をもたらすことにつながるでしょう。

ワークショップでは、参加者は3組に分かれ、文化台湾基金会と南洋台湾姉妹会が中心となって討論した。最後に参加者には台湾の新南向政策に対する意見や期待を書いていただいた。ここにその声の一部をご紹介する。

陳玉水(中山大学コミュニティカレッジ‧ベトナム語講師):

かつては「外国人花嫁」というと、金銭を介した結婚や偽装結婚といったマイナスのイメージがつきまといました。長年かかってようやくわかってきたのですが、台湾社会では「知る機会がないだけで、故意に差別しているわけではない」ということです。しかし新住民は平等な扱いを求めています。

現在の教育課程における学校での母語学習、つまり東南アジア言語の授業は週に1時間ですが、私たちの子供にとってこれでは不十分です。より多くの教材や、多様な学習機会が得られることを願っています。

 劉千萍(南洋台湾姉妹会常務理事):

私は台湾とベトナムの血を引く新二代(新二世)です。新二代である私は、台湾には階級意識があると感じています。台湾人と西洋人の子供はハーフと呼ばれるのに、なぜ私たちは新二代と呼ばれるのでしょうか。また、日本語学習は第二外国語と言うのに、なぜ東南アジア7ヶ国の言語については母語学習と言うのでしょうか。自分の戸籍謄本を見ると、私は父方では八代目、母方では二代目になりますが、それでは新二代なのか、それとも旧八代なのでしょうか。台湾にはハリー‧ポッターに出てくる魔法魔術学校のように、目に見えない組分け帽子があるように感じていますし、台湾人の組分け帽子は固定しすぎています。文化推進においては、このような目に見えない組分け帽子をなくし、階級意識を打破することが必要だと思います。

 李眉君(台湾学校華僑‧外国人学生同窓会準備委員):

私は台湾に来て33年になり、台湾で最もベテランの新住民です。台湾人は外国人に非常に親切ですが、理解が不十分なため、時々人の心を傷つける質問をされます。もちろん、それはわざとではありません。政府やNGOには、さまざまなルートや機会を利用して、台湾の人々が新住民について理解を深められるようにしていただきたいと思います。

《光華》名人座談:新南向文化沙龍

以人為本的新住民雙向交流

文‧曾蘭淑 圖‧林格立

在一個又是艷陽、又打著響雷的午后,《台灣光華雜誌》與臺灣亞洲交流基金會共同在思劇場進行「移動中的東南亞──從新住民看新南向」座談,與會人士不約而同提到,新住民在台灣,不只豐富了台灣文化的多元,也展現了無窮的生命力!


台灣亞洲交流基金會董事長蕭新煌:「新南向政策」是政府重要的經濟戰略目標,在1994年李登輝總統任內就開始,可以說是南向政策1.0,帶領政府、國營與黨營事業的資金到東南亞國家;2003年陳水扁總統的南向政策可以說是第二版,但成效仍有限,沒有民間的參與。

2016年的「新南向政策」,「新」在那裡?第一就是以人為本;第二是豐富化、多樣化,還有民間的投入。
既是以人為本,不要只談錢,新南向政策不管在教育、農業、醫療等面向,受益的不只財團與企業,而是兩地的人。我相信,把人際做好,錢自然就會進來。
尤其在台灣就可以做新南向政策,透過工作、留學、婚姻來到台灣的國際移民,尤其是落地生根的新住民,是我們的人,要好好照顧,新南向政策可以從台灣做起。

外交部國際傳播司副司長黃志揚:《台灣光華雜誌》對於新南向文化與新住民議題,有很多的關照與報導。外交部身為支持《光華》的單位,每次出版前,我作為第一個看到的讀者,都看得津津有味。中英版出版後,也會做成東南亞語版,這是正確的方向,希望各位給予input;與台亞會的交流互動,給了我們更強的助力。
各位新住民在台灣,不只帶來文化的交流與交融,豐富了台灣文化的多元性,也展現源源不斷的生命力,在座的各位都是參與的人。
從文化的層面,《光華》走遍全台各角落,尤其在新住民文化議題上,所報導的精采人情故事,所累積的溫暖點滴,都是希望多介紹這個議題給台灣的人民,增加更多的了解,激盪出美麗的文化互動。

主持人/陳亮君(台灣光華雜誌總編輯):政府在新南向政策上扮演著很重要的角色,可是政策的推動,也需要各個平台與基金會的支持,接下來請行政院經貿談判辦公室與台亞會,針對2016年新南向政策推出以來,所推動的面向與具體成果,跟大家分享。 


黃中兆(行政院經貿談判辦公室助理談判代表):我們辦公室負責台灣對外談判業務與新南向政策,不只以錢為本,也有以人為本(笑聲)。以新冠肺炎疫情來說,醫衛是新南向非常重要的元素。根據衛福部統計,即便在疫情時代,今年一至三月台灣出口至東南亞的醫療產品成長超過10%,數據超過歐美。

就貿易、投資而言,受到新冠肺炎的影響,台灣在東南亞最大的競爭對手──日本、南韓的衰退數字超過二位數,但台灣卻還有些許成長,證明新南向的正確。

在教育方面,過去從東南亞來台灣念書的學生,以馬來西亞為最多數,主要是受馬來西亞國情的影響與華僑的支持。在新南向政策的推動下,從去年開始,來自越南的學生已突破二萬人,超過馬來西亞,台灣學生去東南亞留學的人數也在增加。

至於新住民文化交流,移民署已有計劃地在推動,我們也會列為未來推動的方向。

陳定良(台灣亞洲交流基金會助理研究員):我從大學與研究所時期開始研究東南亞與太平洋的文學與紀錄片,常被人問到:東南亞有文學嗎?太平洋有藝術嗎?我因此想反問,我們心中衡量東南亞藝術與文化的一把尺,是不是建制化與典律化的標準?如果進而拆解這樣的標準,可以看到東南亞十分多元、交雜、繁華的文化,這是我所相信的文化價值,也帶入台亞會在新南向政策中文化交流的實踐。

台亞會目前正在進行的文化交流計劃,有四個主要方向,包括與《光華》合作的新住民文化沙龍,可以從新住民的角度,涵蓋新南向政策很多的面向。還有台亞會與越南國家文化藝術研究院、湄公河文化中心的合作,藉由藝術家與策展人的互訪,建立制度性的交流機制。未來也會著重在後疫情時代的東南亞文化交流,是否可以讓藝文工作者扮演重要的角色,成為創傷之後提供療癒的可能,打開更多的可能性。

主持人:由行政院經貿辦與台亞會的分享,我們可以知道新南向政策的推動,包含的層面既深且廣,如果我們再聚焦「教育」、「人權」、「文化」與「培力」的層面來做探討(並分別舉出《光華》歷年報導為例……),接著請第一線的實務工作者分享相關工作的內容,以及提供了哪些面向與服務給新住民或東南亞人士。 


孫平(文化臺灣基金會國際交流專案計畫主持人):文化臺灣基金會從2019年開始專注發展區域性計劃,當我們思考要如何進行「東南亞文化交流」,不只是兩地藝術家的學習與交流,也試著在文化部與國藝會的政策之外,發掘在台灣隱藏的東南亞文化與養分。

尤其是我們規劃的推廣型活動,藉由新住民姐妹一開始即參與計劃的策畫,開發展演的主題,呈現新住民在台灣的文化發展與能量,這其中有許多的面向。例如2019年「打開─當代」與捏麵人Pindy Windy、印尼的藝術社群Lifepatch合作,呈現印尼的文化場景,將歷史的物件與生活的記憶串連,就是共創的活動開發。 


李佩香(南洋台灣姐妹會理事長):南洋台灣姐妹會的成立,最早在1995年,由嫁至美濃的印尼姐妹們發起的中文班開始,2002年我嫁到台灣時,我先生也幫我報名南洋姐妹會在中和的中文班。

目前南洋姐妹會三分之二的理監事都由移民的姐妹擔任,不同母語的人聚在一起開會,或許大家認為開會一個小時已經很沒有效率;但我們開一次會要三、四個小時,這些對大家來說都要練習;但這也象徵姐妹們走出孤立,成為積極的社會議題參與者。

南洋姐妹會至今做了許多文化推廣的工作,例如舉辦美食文化交流的活動,說明為什麼做這道菜背後的故事,認識我們餐桌上的家鄉,移民的生命故事。來參加活動的台灣民眾恍然大悟,原來她們過去聽到移民姐妹們聚在一起學壞的傳聞是錯誤的;聽到我們的故事,了解我們的處境,更認識真正的我們,因此我們出版了《餐桌上的家鄉》這本書。

2009年我們還成立南洋姐妹劇團,拍攝《姐妹賣冬瓜》紀錄片,也出版了「水上市場:波濤中的越南」桌遊,推動越南的文化;還有「我不想流浪」的音樂專輯,都是姐妹們真心的感受。

南洋姐妹會也推動法令政策的倡議,讓台灣在移民法、國籍法有關財力證明的提供、微罪的認定,都有對移工與新住民更友善的規定。我們也希望舉辦更多的藝術節、電影節,不只讓台灣人認識東南亞文化,也讓新移民重新認識自己的國家。 


主持人:感謝文化台灣基金會與南洋台灣姐妹會生動的分享介紹,最後我舉《光華》逾40年在東南亞議題報導中,所觀察到的台灣社會演變作結。1980年代的報導,主要偏重於宣揚台灣技術輸出東南亞的成就與馬華文學受台灣影響等層面,例如〈出印尼記〉、〈新馬華文文學溯源〉……1990年代則開始有描述如何克服與適應東南亞異國文化的文章出現,如〈大馬的過埠新娘〉……2000年後則開始有新二代的報導及如何融入台灣社會的文章,如〈叫我資優生─外配之子顏永全〉、〈新移民的台灣年〉……2015年後的文章敘事手法,漸漸由向外、看外國文化的角度,到向內、新住民是台灣多元文化的一份子的轉變,如〈阮金紅用影像紀錄人生〉、〈菜市場裡的南向之路〉等,足見台灣社會正經歷從陌生、衝突、並存至融合的階段。現今新住民已成為台灣文化中的一份子,也相信新南向政策的持續推動,將有助於台灣邁向更美好的未來。

在工作坊的討論中,參與者分成三組,由文化台灣基金會與南洋台灣姐妹會帶領討論,讓參與者寫下新南向政策的建議與期許,在此節錄參與者的心聲。

陳玉水(中山大學社區大學越語講師)

過去對「外籍新娘」帶著金錢婚姻、假結婚等負面連結,就像我們不會稱呼看不見的人為「瞎子」,而是稱為「盲人」。其實瞎子這個詞本身沒有問題,而是我們常會對明眼人說:「你瞎了嗎?」導致此詞被汙名化。多年來我才慢慢理解,是因為台灣社會「沒有機會認識,不是故意歧視。」而新住民要求的是平等的對待。

至於目前108課綱有母語教學,即東南語言教學,對新二代來說,光靠一週一小時是不夠的,希望給予新二代更多教材與更多元的學習機會。 


劉千萍(南洋台灣姐妹會常務理事)

我是台越混血新二代,我覺得,其實新二代在台灣是存在階級感的,為什麼台灣人與西方國家生的小孩叫混血兒,我們叫新二代?為什麼學日語是第二外語,學東南亞七國語言叫做學母語?我查閱我的戶籍謄本,從我爸爸數來我是第八代,從我媽媽數來是第二代,所以你們要叫我新二代?還是舊八代呢?台灣好似哈利波特念的魔法學校,也有一頂隱形的分類帽,台灣人的分類帽太固定了,文化推廣應該要挑戰這個隱形的分類帽、打破階級感。

李眉君(僑外生在台校友聯誼會籌備委員)

我已來到台灣33年,是來台灣最久的新住民,台灣人對外國人很友善,但常因為不夠了解,不小心問了得罪人的問題,但不是故意的,希望政府或非政府組織應提供台灣有更多的管道、機會來認識新住民。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!