The TRA in Transition

An Aesthetic Renaissance Gets on Track
:::

2020 / June

Cathy Teng /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Jonathan Barnard


Whether riding the refurbished tourist trains that launched at the end of last year, or passing through innovative stations in Eastern Taiwan that are fruits of the “Hualien‡Taitung new train station movement,” travelers can see that change is afoot: The “railroad scenery” that people encounter as they commute, leave their hometowns, or go on vacation has been getting a fresh new look.


Railways were once a vital means of transportation for people on the island of Taiwan, with even remote towns having a train station. They were the backdrop for many a poignant moment on journeys from home. Today the conventional railroad has been outpaced by other modes of transportation, but rail travel still offers unique opportunities: Here we invite you to enjoy some “slow travel” with the trains of the Taiwan Railways Administration (TRA), as you savor your surroundings and the experiences they provide.

Xincheng Taroko: A train station as an art museum

Architect Chiang Leching, a Taichung native, designed the magnificent Xincheng Taroko Station, which serves as an important gateway to northern Hualien. When submitting her proposal, Chiang used precisely that image of a gateway: “It’s the gateway through which residents of Xincheng leave or return home. It’s the gateway to Hualien. And it’s also the gateway to all of Taroko National Park.”

The scenery of Hualien and Taitung is a masterpiece of Mother Nature, and Chiang’s conception was for a station that resembles a fine art museum. Her design suggests both the V-shaped riverbed carved out by the Liwu River, and Taroko Gorge. For the entrance, she has created a magnificently jagged steel structure that echoes the Central Mountain Range, whose ridgelines are visible behind the station. When skies are clear, it sets off beautifully against the blue sky. Xincheng’s magnificent gateway resembles some work of art pulled up out of the ground.

Referencing images of stations from Europe and the Americas, Chiang believes that train stations “are landmarks and sacred and important places.” For this train station that resembles an art museum, she suggested the TRA increase the amount of public art installed there. Consequently, there is a stained-glass version of the ink-wash painting The Beauty of Taroko National Park by the late Ma Baishui. Changing with the day’s light, it sings the praises of Taroko—from dawn to dusk and through all four seasons.

The station also features Elug Tminun (Woven Path), created by the weaving artist Labay Eyong of the Truku people and a group of Aboriginal women weavers, who together unraveled old sweaters into balls of yarn before reweaving them into a “path” that expresses the weavers’ love for their homeland. People often stop to admire the piece’s vibrant artistry. Both works won awards for creativity and environmental integration from the Ministry of Culture.

Fuli: “Second glance” green architecture

Yilan-based husband-and-wife architects Chang Kuangyi and Chang Chengyu designed Fuli Station. With a simple, light-yellow exterior and a barn-like shape, it is a new landmark for Fuli.

“Hualien and Taitung’s strong suit is in fact the natural environment, so we always feel that the first thing people should see is a locale’s beautiful scenery,” says Chang Chengyu. “The architecture should come second.” She likes to joke that their design is “second glance architecture.”

From the beginning, the couple decided to set the tone of the station with color. “In our imagination,” Chengyu says, “it had a light yellow that provided a sense of the land.” The color recalls the area’s famous day lilies and ripe ears of rice. Consequently, they selected yellow granite for the outside of the station. The natural stone material “breathes” and takes on different shades with the weather, as if whispering back and forth with nature.

“Simplicity” is the second hallmark of the design—a characteristic that arose from a deep understanding of labor shortages in the area and the current situation of the construction industry there. Chuang Kuangyi also considered how to reduce energy consumption and maintenance at this small train station. The choice of reinforced concrete for the structure arose out of considerations of cost, safety and construction technology. Dry stone material, he explains, was attached as the outer layer, and between the reinforced concrete and the stone they left an 18-centimeter air gap, which serves as insula­tion, thus reducing energy consumption. The result­ing façade is richly expressive.

As the building gradually took shape during ­construction, residents noticed that it resembled the local barns that serve as rice granaries and thus reflected the importance of rice production to the area. It was then that people started to call it “the barn.” The compact and elegant station has earned the love of locals. In 2017, it also won recognition from fellow architects in the form of a silver Cross-Strait Architectural Design Award in the category of transport and infrastructure from the Hong Kong Institute of Architects (the gold was not awarded).

Chishang: A barn of light

Crossing into Taitung, we arrive at Chishang, whose station is used by hikers bound for Jia­ming Lake and by the waves of tourists attending the Chishang Autumn Harvest Festival, an annual arts festival. As well as being a point of arrival for tourists, the station also features prominently in residents’ memories of home. Peter Kan of D.Z. Architects and Associates, who designed the station, says, “In addition to their functions to support travel, train stations also are places of poignant partings, where people say goodbye to family members.”

After listening to locals and understanding what they had to say, Kan used a simple and fitting element common to their lives: “I suggested building a station around the concept of a barn.”

Because the original Chishang Station included a generator room that could not practically be relocated, it meant that the site was too small. This inherent limitation caused TRA to plan to build a new station farther north. But Kan understood that with something so central to the life of a small town you couldn’t simply pull it up by the roots and set it down in an entirely new place. That would be far too harmful. Engaging in conversations with the TRA and locals, he achieved an understanding, allowing the station to remain in its current location and resolving the station’s positioning problems with design.

The generator room was covered over, but its placement meant the platforms needed to be lengthened, so Kan provided for a ramp to overcome the height difference of nearly two meters between the station building and the platforms.   

“Wooden structures can more readily convey warmth and a cultural atmosphere,” says Kan. But he took a different approach to convey the idea: The underlying structure is constructed of wide-span arches made from glued laminated timber. The interplay of lines from those arches overhead creates its own sense of rhythm. The walls are glass, and the light inside the station building changes and dances as the sun moves across the sky.

When night falls, Chishang Station is lit up via indirect lighting, giving it a certain magical quality. In this small rice-producing town, the fairytale atmosphere provided by the train station gives both mornings and evenings their own enchanting character.

Slow travel on a tourist train

Johnny Chiu, the founder of J.C. Architecture, has clear memories of February 11, 2019. On that day, the news broke about TRA’s revamped tourist trains, whose design was promptly attacked from all quarters for its dated aesthetics.

A winner of numerous design awards both in Taiwan and overseas who returned from living abroad more than a decade ago, Chiu says that designing trains was a childhood dream of his. Seeing TRA’s predicament, he wrote a letter to members of Taiwan’s design community asking them to lend support. Wu Han-chung, who is known as the “CEO of aesthetics” and is now one of TRA’s design consultants, responded. Two weeks later Chiu was invited to present a proposal about updating the look of the tourist trains that circum­navigate the island.

The trains were unveiled again with an entirely new appearance. On the outside, they have a black and ­orange color scheme. The black creates a mysteriously distinguished air, while the orange is the traditional color of Taiwan’s Chu-Kuang express trains.

The inside of the cars has also been given a complete makeover. In earlier days, TRA emphasized functionality, with the focus put on sturdiness, safety and fire prevention. To this utilitarian foundation, Chiu applied a robust design ethos, reconsidering even the smallest of details. For instance, the metal grips were upgraded by covering them with artificial leather. The lighting, so often neglected, was originally cold, white and fluor­escent. It gave riders the impression that they hadn’t escaped their offices. Chiu changed the color temperature of the lighting to create a warmer, more comfortable atmosphere.

The interior signage was also redesigned to create a uniform look, and messy contrasting lines were streamlined. Take the dining car: Where there had been an unattractive array of appliances of different heights and a tangle of cords, Chiu put all the power cords together into one line, and redesigned the kitchen island as a display case, which is convenient for displaying the fine food on offer, thus encouraging purchases. They even installed a lamp on the counter to create a warmer feel and make the space more inviting.

Chiu shows us a design sketch. “The inspiration came from my recollection of the colors I experienced on a trip on the Alishan Forest Railway.It was like a gust of fall wind blowing through the car, and then time just seemed to stand still, and that sense lingered in the car. So I called it ‘Autumn Breeze.’”

“This is a moving platform without walls that brings the outdoor scenery inside, helping us to rediscover Taiwan.” With Chiu’s design, the interiors of the cars reflect the scenery outside. The window shades, which feature stacks of different colored geometric shapes suggesting mountain ranges, reference the works of the Atayal indigenous textile artist Yuma Taru. The upholstery alternates between blue and gray, echoing the colors of Taiwan’s blue seas and rocky coastlines. “The truth is we ­haven’t done anything in particular—we’ve simply brought four seasons of scenery ­inside.” 

“With its outside-the-box design approach, the project is reimagining slow travel,” says Chiu. As you move slowly through the land, you reconsider the meaning of travel and diligently experience the scenery, reacquainting yourself with the people around you. “It has turned what had been a negative into something of great beauty and aesthetic sensibility.”

Thanks to the power of design, good old TRA, with its 132 years of history, is reinventing itself and seeking new opportunities. Each train and each station bears witness to the history of Taiwan and offers a sense of Taiwan’s true beauty. Having found the right people to move forward with, TRA is changing its scenery.   

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

台鐵風景改變中

美學復興上路

文‧鄧慧純 圖‧林格立

不論是去(2019)年年底亮相的台鐵觀光列車,或是早幾年完成的「花東新車站運動」,修整翻新花東線沿線車站,您都會發現,伴著許多人通勤、離鄉、旅行的台鐵風景,正逐步改變中。


鐵道曾經是台灣島內居民旅運的重要工具,但隨著高鐵、飛機縮減地理的距離,鐵道不再是速度的首選,但遍布各鄉鎮的車站,是離人家鄉的風景、心靈的驛站;慢速亦是一個機會,邀您慢慢賞味途中的風景,與身旁每件事物相遇的緣分。

新城站:蓋一座宛如美術館的車站

出身台中的建築師姜樂靜,台鐵花東線上壯闊的新城站就是出自她的設計。新城站是花蓮北端重要的門戶,姜樂靜在競圖時用了「門」的意象,「是新城居民要離鄉或是回家的門,是旅客來花蓮的門,也是整個太魯閣國家公園的門。」姜樂靜說。

花東的山水是大地的藝術,姜樂靜也想在其上蓋一座形如美術館的車站,參考立霧溪沖刷造成的V字形河床和太魯閣峽谷的意象,她大氣的用鋼構凹折出呼應背後中央山脈的門樓,天晴時,襯著藍天,新城站恢弘的門戶意象,就像是從地面翻起來的藝術品。

車站建築亦不時與在地的自然、人文相呼應。連通月台的地下道牆面以大理石拼貼,配合太魯閣峽谷造型排列;挑高的候車大廳,抬頭可見十字柱和菱形紋結構,除了帶來視覺上的韻律感,「我讓柱子有點變化,梁柱的菱形紋結構是借用原住民編織常見的菱形紋格,以此連結地方。漿砌的外牆裡,是來自立霧溪、已被沖刷得扁且圓的卵石,充滿在地語彙。」姜樂靜說。

參考自歐美對於車站空間的想像,姜樂靜認為車站具有「地標性、神聖性、重要性」,打造這一座如美術館的車站,她建議台鐵加重公共藝術的比重,因而有了已故水墨畫家馬白水晚年創作的「太魯閣之美」,再由藝術家轉譯為窯燒玻璃創作,成為長約27公尺的大幅巨作,懸吊在候車大廳,透過自然光歌詠太魯閣的晨昏四季。

還有懸掛在大廳上方,由太魯閣族編織藝術家林介文邀集原住民織女們合力完成的編織創作「織路」,將一件件舊毛衣拆解成線團,再重新編織,織出一條她們對家鄉的情感,之後包裹在鐵架上,形如子宮,作品呈現的生命力與創作力,讓人駐足讚嘆。這兩件公共藝術作品均獲得文化部的「藝術創作獎」與「環境融合獎」。

富里站:第二眼的綠建築

落地在宜蘭的建築師夫婦張匡逸和張正瑜,是富里車站的設計者。簡約的量體,淺鵝黃色的外牆,形似穀倉的造型,是富里的新景點。

欣賞富里車站,張正瑜建議要走上車站前的斜坡,欣賞遠方山巒斜下的稜線,層層疊疊,而富里車站也呼應著那道水平,橫向鋪排在大地上,成為地景的一部分。

「花東最引人入勝的其實是它的自然,所以我們總覺得你第一眼應要先看到在地的美麗風景,第二眼才注意到建築物存在。」也因此張正瑜總笑稱他們的設計是「第二眼建築」。

平日旅運量約400人次的富里站,只有遇假日、旺季偶有如織的旅人,但小鎮的車站猶如當地的門戶,在居民的心中,車站形如家鄉的記憶,如何在大環境裡不喧賓奪主,搶了好山好水的風采,是張氏建築師夫婦一直關注謹守的信念。

最初,建築師夫婦倆為車站定調的是「顏色」。「在我們的想像中,它應該呈現帶著黃色的大地感。」張正瑜說,是呼應在地的名物金針花和稻穗黃澄的季節顏色,因此建築外牆用了花崗銹石,天然的石材會呼吸,隨著天候有不同的深淺色澤,似與環境竊竊私語的互動對話一般,別有趣味。

「簡潔」是設計的第二個指標,因為深切了解偏鄉的勞動力不足與營造現況,張匡逸思考著如何減少小車站在營運支絀下的耗能與維護管理。選用RC構造,是對成本、安全與工法技術兼具的考量,外層覆掛乾式的石材,在RC與石材間留有18公分的空氣層,對應氣候產生隔熱功能,減省能源,並利用掀開、翻轉等方式創造建築立面豐富的表情,張匡逸解釋如此設計的用意。

簡練又帶點綠建築概念,並非來自業主的要求,也不僅是追逐當代的減法美學,張正瑜說:「有時候我會問自己,我們談的美學是建立在怎麼樣的基礎上,是僅在視覺的比例協調,或是有更多知識性及對環境善意的理解。」

當車站量體逐漸發展成形之後,居民覺得與穀倉形似,又與富里出產稻米相呼應,才開始以「穀倉」稱之。雅致小巧的車站,真心獲得當地人的喜愛,更在2017 年,獲得香港建築師學會兩岸四地建築設計大獎專業類組「運輸及基礎建設項目」銀獎(金獎從缺),顯見建築師的心意有了回饋。

池上站:一座日光的穀倉車站

跨入台東進入池上,池上車站是登山客往嘉明湖最近的驛站;每年的池上秋收稻穗藝術節,觀光人潮也從池上車站進出,奔往伯朗大道,享受澄黃稻穗海,看雲門的舞者在天地間共舞。

除了是旅客的入口,對當地人來說,車站是在地人對家鄉的記憶。負責池上車站設計的大藏聯合建築師事務所甘銘源說:「車站除了旅運功能外,更是即將分離的家人道別、別離情緒抒發的空間。」

了解當地人的心聲,甘銘源再將心靈的隱喻具象化,用簡單且貼近常民生活的元素再現,「我提出用『穀倉』的概念來做車站。」

原初池上車站因為機房位置不可挪移,造成腹地過小,這先天立地的限制,讓台鐵規劃把站體往北遷;「車站的移動對人口沒幾萬人的小鎮是很大的變動,30年前關山車站曾移過一次,致使原來的站前商業圈沒落,新站的商圈欲振乏力,非常尷尬,30年後還是一樣。」甘銘源深知小鎮的生活軸線不可輕舉妄動,否則大傷元氣,他與業主台鐵、地方居民對話溝通,取得理解,讓車站維持原址,但用設計的做法,解決車站立地問題。

將無法遷移的機房包覆住,因為機房佔據的位置,致使月台需要順勢延伸,甘銘源藉此設計斜坡道,拉長動線,解決了月台與車站近兩米的高低差。這些看似限制性的因素,透過設計提出了新的可能性。

「木構也比較容易傳遞溫暖及文化氛圍」,但甘銘源選用不同的方式呈現,梁柱結構以大跨距的彎曲集成材組成,空間中拱弧交織而成的線條,創造天頂的律動感;以玻璃為牆,站體內的光影隨著日頭位移,競逐起舞。

甘銘源喜歡在車站內,看向南面的老樹群,天晴時,車站的立面玻璃成了天然的畫布,讓樹影、白雲在其上嬉戲。夜深了,池上車站打上間接光源,站體造型帶著魔幻風格,在這個盛產稻米的小鎮,寫入一分童話的氛圍,晨昏陰晴各有迷人之處。

觀光列車:打造慢旅行的質感

車站是靜止的風景,列車則是把移動中的風景邀請入車廂。

去年2月11日,柏成設計的創辦人邱柏文還清楚的記著這個日子,台鐵觀光列車的新聞一經曝光,不合時宜的美學被各界撻伐。

回國十年多,在國內外得過許多設計大獎的邱柏文,憶起設計火車是他孩童時的夢想。面對台鐵的境況,身為設計師的他琢磨著能用設計為台鐵改變些什麼。不認識台鐵裡的要人,他寫信把通訊錄上的人全部發一回,急切地宣告設計界在這當口可以出力支援;然後被稱為美學CEO、現為台鐵美學諮詢小組成員的吳漢中回信了,兩周後邱柏文被邀請到台鐵簡報,為台鐵環島列車提案。去年底,台鐵觀光列車以嶄新的樣貌出現在世人面前,獲得讚譽。

再次問世的列車,換了樣貌。外觀使用黑、橘兩色,黑色打造神秘的尊榮感,也讓劃過車身、大家記憶中屬於莒光號的橘色跳出來;車體並沿用日治時代就使用的老字體,象徵歷史的傳承。

內裝更讓人耳目一新。昔日台鐵打造列車首重牢固、安全、防火等等的機能需求,邱柏文在此基礎上,注入設計思維,把每個角落都再細細打理一輪。舉例說,供旅客扶握的白鐵把手,外面多包覆一層人工皮,觸感立刻加分升級。許多人視若無睹的燈光亦然,車廂內原用的冷冽白光,讓旅途仍難逃辦公室的荼毒,邱柏文花費一番心思,改變色溫,營造出溫暖且舒服的氛圍。

重新設計車內的指引標示,收束車廂內凌亂的線條,也讓視覺齊整而統一。舉餐車廚房為例,平台上高高低低的電器,加上電線配置凌亂,邱柏文費力地將電線整理成一條線,並將中島設計展示的櫥櫃,方便展示美食,刺激消費。甚至在桌面安置一盞迎賓的燈飾,營造溫馨感。「這對我們來講並不是很困難的事情,只是我們非常想要注重到最小的細節,讓事情圓滿。」

翻開電腦,邱柏文展示一張原稿,「我的靈感來自記憶中在阿里山火車上感受到的台灣色彩,就像是一陣秋天的風吹進了車廂,然後時間就暫停,留在車廂內,所以就叫做『秋天的風』。」

「這是一個移動的平台,沒有牆板,就像把外面的景色帶入車內,透過這個平台讓我們重新認識台灣。」細究邱柏文的設計,列車內裝與外頭窗景相呼應,窗簾參考原住民工藝家尤瑪.達陸的作品,以幾何圖形堆疊出山脈造型;座椅顏色為藍、灰跳色安排,呼應台灣的海洋、原石的顏色。「我一直說其實我們沒有做什麼事,我就是把景觀帶進來,把四季的地景帶進來而已。」

這一切其實是對身體五感的細細體驗,是對旅行的重新思考。「這個案例就是用設計跳出框架,重新思考慢速旅行的感覺。」邱柏文說。透過慢速度的光景,重新思考旅行的意義,認真感受風景,重新與身旁的人交談認識,「把負面(慢速)變成最優美、最有質感的事情。」

透過設計力,台鐵這間132年的老店,正在翻轉,開創機會。每輛列車、每座車站,都說著台灣的故事,都能感觸到台灣的真實與美麗。找到對的人,一起前行,台鐵的風景正在改變。                 

変わりはじめた 台湾鉄道の風景

—— 軌道に乗り始めた 美のルネッサンス

文・鄧慧純 写真・林格立 翻訳・松本 幸子

昨年(2019年)末、「台鉄観光列車」が登場し、また数年前にも、花蓮台東を結ぶ花東線の各駅をリニューアルする「花東新車站(駅舎)運動」が完成していた。

観光列車に乗ってみる、或いは、花東線の各駅で下車してみると気づくだろう。人々の通勤、旅立ち、行楽に欠かせない存在である台湾鉄道が、今まさに変貌を遂げつつあることに。


鉄道はかつて台湾島内の住民にとって大切な足だった。だが、より速い高速鉄道や飛行機が出現すると、鉄道は移動における選択肢の首位を奪われてしまった。それでも津々浦々にある鉄道の駅は、旅立ちや別れの記憶、故郷への思いと共に我々の心と結びついている。それに列車の旅はゆっくりと進む良さもある。車窓の風景を眺めたり、じっくりとささやかな出会いを楽しめる。

新城駅:美術館のような駅に 

台湾鉄道(以下「台鉄」)花東線にある壮麗な新城駅は、台中出身の建築家、姜楽静による設計だ。同駅の建築コンペに応募する際、花蓮北端に位置する新城駅に、彼女は「ゲート」のイメージを用いた。「新城の住民が故郷を離れたり帰郷したりする際に通るゲートであり、観光客が花蓮を訪れる際の、そして太魯閣国立公園へ向かう際のゲートです」と姜楽静は言う。

花東地方の大自然は、大地による芸術だ。姜楽静はそこに美術館さながらの駅を建てたいと考えた。立霧渓の浸食によってできたV字峡谷のイメージをもとに、彼女は鉄骨構造の建物に大胆な角度をつけた。まさに背後の中央山脈の前に立つゲートといった様だ。晴れた日には青空にくっきりとその形が生え、まるで大地から生えたアート作品のようだ。

駅舎のあちこちに地元の自然や文化が反映されている。ホームに通じる地下道の壁面には太魯閣峡谷を感じさせる大理石が貼られ、待合ロビーの高い天井を見上げれば、菱型に組まれた梁と十字柱の構造が見て取れ、視覚的に面白いリズムを生んでいる。「柱の造形には少し変化を加え、梁で作った菱型は先住民の織物の模様をモチーフに、地域との結びつきを作りました。外壁にも立霧渓のタマ石を用いています」と姜は説明する。

欧米の駅を見ると、姜楽静は駅には「ランドマーク、神聖さ、重要性」があると考える。そこで、この美術館さながらの駅を建築するに当たり、彼女はパブリックアートを多く用いるべきだと台鉄に提案した。そうして、水墨画家の馬白水による晩年の作品「太魯閣之美」が再現された。原作を別のアーティストがフュージングというガラス工芸の技法で約27メートルの作品に焼き上げたものだ。待合ロビーに大きく掲げられ、自然光を通して太魯閣の四季が輝きを放つ。

ロビーにはほかにも、タロコ族のテキスタイル‧アーティスト、林介文が先住民女性たちと共に完成させた作品「織路」が吊るされている。古いセーターをほどいた毛糸で編み上げた作品で、故郷に対する彼女らの思いが込められている。吊るされた作品は子宮のようにも見え、強く生命力や創造力を放ち、思わず足を止めて見入ってしまう。この2作品は、文化部の「芸術創作賞」と「環境融合賞」を受賞している。

富里駅:二番目の視線

宜蘭在住の建築家夫妻、張匡逸と張正瑜は富里駅の設計者だ。シンプルな形にまとまったクリーム色の駅舎は倉庫のような形で、富里の新たな観光スポットとなっている。

富里駅を鑑賞するには、駅前の坂から見上げるのがいいと張正瑜は言う。連なる山の稜線を背景に、富里駅がどっしりと横たわり、風景の一部となっている。

「花東の最大の魅力は大自然です。人がこの地を訪れて、まず目に入るのは美しい風景、そして二番目が建築物だと思います」張正瑜は笑いながら、自分たちが設計するのは「二番目の視線の建築」だと言う。

平日の利用者数のべ400人という富里駅は、週末や連休にしか旅客のにぎわいはない。だが、小さな町の駅は住民にとって玄関口であり、故郷の記憶と分かちがたく結びつく。この美しい大自然の中で建物が主客転倒になってはいけない。そんな信念をこの建築家夫妻は持ち続けてきた。

駅の設計で二人が最初に決めたのは色だった。「私たちは黄色い大地をイメージしました」と張正瑜は言う。それはまた、この地の名物である黄色いウコンカンゾウの花や稲穂の色でもある。そこで外壁には花崗岩を用いた。天然の石材は呼吸する。天候とともに色が深みを変え、まるで建物が大自然と囁きを交わしているような趣がある。

設計の第二の指標は「シンプル」だった。地元が抱える労働力不足の問題や建築業の現実を知り尽くしていたし、この小さな駅のために省エネや節約を考慮したものをと張匡逸は考えた。鉄筋コンクリート構造にしたのはコストや安全、工法技術を考慮したからだ。外側は乾式工法による石材で覆い、内側の構造との間に18センチの隙間を作った。断熱効果で省エネになるほか、外側の石材はブラインドのように取り付けた部分もあり、建物に豊かな表情を添えている。

シンプルかつエコな建築を、というのは台鉄から要求されたわけではない。流行の「引き算の美学」を追っただけでもなく、張正瑜は「時おり自問するのですが、私たちが美と言う時、それは何を出発点とするのでしょう。視覚的な比率や調和でしょうか。それとも環境へのより深い理解でしょうか」と言う。

駅舎が徐々に形作られていくと、住民は倉庫に似ていると感じ、稲作の盛んな地域でもあるので「穀倉」と呼ばれるようになった。小柄で美しい駅は地元の評判も高く、2017年には香港建築師学会両岸四地建築設計大賞プロフェッショナル部門で「運輸及基礎建築」銀賞(金賞は該当なし)に輝いた。

池上駅:日の降り注ぐ穀倉

台東県に入ると池上駅がある。登山客にとっては嘉明湖への最寄り駅であり、また毎年「池上秋収稲穂芸術節(芸術祭)」ともなると、大勢の観光客がここで下車して、広々とした平原に行き、黄金に輝く稲穂を眺めたり、そこで披露される雲門舞集のダンスを鑑賞したりする。

観光客のためだけにあるのではない。池上駅の設計を請け負った大蔵連合建築師事務所の甘銘源も「駅は家族に別れを告げたり、別離の悲しみをかみしめる空間でもあります」と言う。それらを具象化するために、甘銘源はシンプルで親しみやすいモチーフを用いることにした。「『穀倉』のイメージで駅を作りました」

池上駅は機械室の位置を動かせず、狭い場所に建てられていた。そのため台鉄は駅舎を北側に移す計画を立てた。「駅の移動は人口1万に満たない町にとって大きな変化です。関山駅が30年前に場所を移した際は、元の駅前がさびれてしまったばかりか、新たな駅前の商店も活気を呈することなく、30年たった今も同様の状況です」それで甘銘源は台鉄や住民とよく話し合い、理解を得たうえで駅の位置は動かさないことにした。立地の問題は設計で解決できるはずだった。

問題の機械室が動かせないため、ホームを延長する必要があり、それを甘銘源は利用した。ホームと駅舎には2メートル近い高低差があったのだが、延びたホームへ向かうスロープを加えることで高低差を解決したのだ。設計によって制限を新たな可能性に変えたと言える。

「木造には温かみや文化的ムードが漂います」だが甘銘源はさらに多様な方法を用いた。大きくカーブした木材を組み合わせた梁と柱は、天空を思わせるアーチ形が律動感を生み、壁はガラス張りで、光と影の移ろう待合ロビーとなった。

甘銘源はロビーから南側を眺めるのが好きだ。晴れた日にはガラスの向こうに木々の緑が揺れ、その上を白い雲が過ぎていく。天然の大きな絵画のようだ。夜になると間接照明で照らされた駅は幻想的な雰囲気をたたえる。稲作の盛んなこの小さな町にできた駅は、幾分メルヘンチックな風情で、時間や天候によって多様な趣を見せる。

駅は静止した風景だが、列車は移動中の風景を車内に招き入れる。

昨年2月11日、柏成設計の創設者である邱柏文はその日をはっきりと覚えている。台湾観光列車の姿がニュースで発表されるや、そのデザインに批判の声が各界から上がったのだ。

観光列車:スローな旅の質感

帰国して10年余り、国内外で多くの受賞歴のあった邱柏文は、そのニュースを見て、列車を設計したいと夢見ていた子供時代を思い出した。そして設計士として台鉄のために何かできないかと思いを巡らせた。台鉄の幹部に知り合いはいない。そこでアドレス帳にあるすべての人にメールを送り、「今この時こそ設計業界による手助けが可能だ」と宣言した。すると、台鉄で新たに結成されていたデザイン顧問チームの呉漢中から返事があった。そして2週間後には邱柏文は台鉄に招かれ、新たな台湾一周列車についてプレゼンをしていた。こうして昨年末、再び台湾観光列車は披露され、斬新なデザインが賞賛を浴びた。

外観は黒とオレンジの2色だ。黒は神秘的な気高さをたたえ、オレンジを際立たせる。しかもオレンジは昔からある莒光号を思わせる色だ。車体には日本統治時代に使用されていた古い字体を用い、歴史を象徴させた。

内装も斬新だ。かつての台鉄の列車は、まず堅固で安全なことが重要視された。邱柏文はその基礎の上にデザイン性を加えようと、細部の一つ一つにこだわった。例えば、手すりには人工レザーをかぶせて高級感を出し、照明も白色でなく、温かく居心地の良い光になるよう工夫した。

車内の各表示もデザインし直し、視覚的に統一感を出した。食堂車の電気機器類は高さがばらばらでコードが複雑に伸びていたのを1本のラインになるよう整え、ショーケースも中央に配置して消費を刺激し、テーブルスタンドも置いて温かい雰囲気を出した。「難しいことではありません。細部にまで注意を払えばうまくいきます」

邱柏文がパソコンを開いて見せてくれた原稿にはこうあった。「インスピレーションは、私が阿里山鉄道で感じた台湾の色からきている。秋風がさっと吹き込み、時間が停止したかのようにしばらく車内にとどまるイメージだ。それでデザインのテーマを『秋の風』とした」「これは移動する『プラットフォーム』で、壁はない。外の景色を車内に取り込むように、この『プラットフォーム』を通し、我々は台湾を新たに認識する」

邱柏文のデザインは車窓の風景とも呼応する。カーテンは先住民アーティスト、ユマ‧タルの作品で、山脈の幾何学模様だ。座席はブルーとグレーでアクセントをつけ、台湾の海と原石の色を表す。「何も特別なことはしていません。四季の景観を取り込んだだけです」

すべてを五感でじっくり感じれる。それは旅を新たに捉え直すことでもある。「この仕事はデザインの域を超え、旅というものを見つめ直すことになりました。速度の遅さという列車の欠点を、優美で質のあるものにします」

デザインの力で、台鉄という132年の老舗が転身しようとしている。各列車と各駅に台湾の物語があり、台湾の真の姿と美しさを感じられる。良い仲間が見つかれば行ってみよう。台鉄はまさに変わりつつあるのだから。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!