Cycling in Taiwan —Saddle Up and Make the Scene

:::

2017 / April

Chen Chun-fang /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Scott Williams


People have very different takes on travel: some like to squeeze in as much as possible, while others like to take it easy. But traveling by bus or train means following a route chosen by someone else. If you want to regain your autonomy as a traveler, try cycling, which lets you choose your route, pace, and departure times for yourself. While cyclists have a variety of reasons for taking to the road, they have at least one thing in common: the personalized pace and topography of each of their journeys provide them with scenery and experiences all their own.


Taiwan is home to many different terrains, ranging from the plains and sandy beaches of the western part of the island, to the rugged Central Mountain Range, and on to the Hua­lien‡Tai­tung Rift Valley and deep blue seas of the east. All of these lovely landscapes also change their look with every season, making our little island a wonderful place to explore over and over again.

Will-powered scenery

In 2015 the Ministry of Transportation and Communications completed Cycling Route No. 1, which links cycle trails and on-highway bicycle routes around Taiwan into a connected route, complete with bike repair points and rest and refreshment stops, that makes it even easier for riders to make a circuit of the island.   

County Highway 193, which runs 110 kilometers through Hualien County, from Xin­cheng in the north, through Ji’an and Shou­feng, and all the way down to Yuli in the south, is Taiwan’s most revered cycling route. The 23.5-km stretch from Rui­sui to Yuli, known as the Lede Highway, is particularly scenic. It runs between the Coastal Mountain Range and the Xiu­gu­luan River, passing by rice paddies, amid singing birds, and surrounded by flowers that bloom in every season, such as those of the golden rain tree and the royal poinciana.

Bike routes like this highlight the best of Taiwan’s gorgeous scenery. Riders cycling them get to enjoy the feeling of the wind on their faces and the mingled scents of rain and sweat as they travel. Even more importantly, they also get to interact with locals, whose smiles and shouts of encouragement add depth to the cycling experience.

Holger and Dietmar are German engineers who much prefer the sensory immediacy of cycling to travel in closed-up motor vehicles. They make cycling tours of islands around the world every year, and this year have come to Taiwan to explore our highways and byways and enjoy sights such as the sunset at Fang­shan and the sea at Duo­liang.

Mikiwasa Ku­ma­zawa was inspired to make his own bicycle circuit of Taiwan by a Japanese television program showing the golden rice paddies, open landscapes and unspoiled culture of Taiwan’s Hua­lien‡Tai­tung area, and the many island-circuiting cyclists and scenery-­loving tourists who visit it. The 68-year-old Ku­ma­zawa says he hasn’t ridden a bicycle since his middle-school days, more than 50 years ago. He admits that doing so now is tough—his palms, shoulders, and neck all hurt—but says that the gorgeous scenery is worth the price in pain.

A landscape of the spirit

Huang Ting Ying, who represented Taiwan in cycling at the Rio Olympics, comes from a family of athletes. Originally a swimmer, she got into cycling while in the sixth grade, when her school disbanded its swim team and Kao­hsiung Municipal Nan­zih Junior High School cycling coach Yang Dong­zhen, a friend of her mother’s, started bringing her along for rides with his team ­instead.

Huang’s talent became clear when she began competing in international competitions as a middle-school student. She started her career as a sprinter relying on speed and explosiveness, but switched to intermediate and long-distance road races in an effort to break away from the pack.

Huang has enjoyed a measure of international success. She finished second overall in the 2016 Tour of Chong­ming Island World Cup, winning the race’s first and third stages and earning the nickname “pink cannonball” for her explosiveness. That performance propelled her into the international professional cycling limelight, and gained her a place on Italy’s Servetto Footon women’s professional cycling team.

Huang went on to compete in the Giro d’Italia Femminile later last year, and was the first Taiwanese woman to complete the race, a grueling event whose winding roads and long climbs force many racers to give up. She plans to continue racing internationally, taking in the world’s most beautiful scenery from the saddle of her bike.

Downhill mountain biking queen Penny Chou has chosen to push her limits in cross-country mountain biking competitions. Originally a successful track athlete, Chou switched to field events at the urging of her coach, but never developed a passion for them. Unable to compete as well as she wanted, she took a teammate’s advice and gave mountain biking a try. The decision marked a turning point in her athletic career. Riding through nature, constantly pushing her limits as she cycled up and down mountain slopes, the athletic Chou found a sport that enabled her to realize her potential.

Chou qualified for last year’s Asian Mountain Bike Continental Championships, but had to withdraw after tearing a ligament in her right ankle while training. But the injury hasn’t affected her passion for cycling in the least. She jokes that she’ll keep riding until she’s physically incapable of pedaling any longer.

A cycling life

It isn’t just competitive athletes who have taken up cycling. Bike Family’s ­Huang Jin­bao is a former steel worker who took up cycling when his doctor recommended it to help rehabilitate years of occupational injuries. He may have started cycling as therapy, but he soon found himself on a surprising new path, taking his wife and children on bicycle circuits of Taiwan and Europe, and then a 400-day cycling trip around the world. Unable to stop cycling, he then founded Bike Family, a company that helps people realize their dreams of cycling around Taiwan.

Huang says he enjoys the way that the scenery changes with every season, but his main motivation for leading cycling tours is the riders in each group. He recalls one group that made a point of praying in every temple, large or small, that they passed on their nine-day island circuit. He was deeply moved when they told him why: they had a female friend who was ill, and they wanted to send blessings her way.

Bike Family’s tour groups include cyclists from all over the world, including Germany, Korea, and Japan. Though the riders begin their trips as strangers, a few days on the road together gets them sharing their cultures and experiences in spite of language barriers. They also encourage one another while in the saddle, enjoying both the beauty of the scenery and the warmth of Taiwan’s people.

No brakes!

Fixed-gear bicycles, or “fixies,” are an important part of bicycling messenger culture abroad and have become a distinctive feature of the urban terrain. The bikes are named for their single gear with no freewheel, a feature that enables riders to do some unusual tricks with them, like riding backwards or spinning the handlebars. They are also simple to build, which enables fans to build custom bikes using their preferred parts, even down to color-matching the screws. They are particularly popular among young people because they make it easy for riders to flaunt their personal style. “Most people ride fixies because they look cool,” says Xie ­Weida, head of Fixed Style, a Tai­pei fixie club.

Xie caught his first glimpse of fixies in 2010. Drawn to their look, he soon dipped his toes into the fixie world. In those days, most of the groups riding fixies together were affiliated with particular bike shops. If you hadn’t built your bike at a group’s shop, you weren’t welcome to join the group. So Xie recruited friends to ride together, initially persuading about ten friends to join him. He then created a fixie-oriented Facebook group, using pictures and videos to raise its profile and grow its membership. Nowadays, his Facebook group has more than 20,000 followers. 

Fixed Style is the first fixie club in Tai­pei that isn’t tied to a particular shop or type of bike. Its goal is to create a friendly group riding environment that enables cyclists to enjoy their fixies together. Though fixie-focused, its Friday gatherings in Tai­pei’s Xi­men­ding area also include many riders of road bikes and You­Bike rental bikes. Most fixie riders personalize their bikes with customized paint jobs and other decorations, style themselves with great care, and compete among themselves to show off their skills, making their gatherings fascinating viewing for even casual observers. The group also organizes an annual Halloween ride that attracts more than 100 costume-wearing cyclists, creating even more of a spectacle.

No matter what your motivation, it’s time to saddle up and make the scene!                        

日文 繁體中文

自転車の旅 ——風を切り 自分だけの景色を探しに

文・陳群芳 写真・莊坤儒 翻訳・山口 雪菜

旅の趣味は人それぞれだ。スケジュールを目いっぱい詰め込むのが好きな人もいれば、のんびりと旅を味わいたい人もいる。高速鉄道、在来線、バスなどの交通手段もあれば、自転車の旅も人気を集めており、移動のルートやスピード、時間も好みで選ぶことができる。

サイクリングの旅に出る人に理由を問えば、百人から百通りの答えが返ってくるだろう。風を切って疾走するもよし、ゆっくりのんびりこぐもよし。アップダウンも平たんな道も、目の前に広がるすべてが、それぞれの人生の景色なのである。


台湾には平野もあれば高山もある。中央山脈を境に西側には平野と砂浜の海岸線が続き、東側には花東縦谷と真っ青な海が広がる。小さな島でありながら、四季折々の変化に富んだ景観が旅人を飽きさせない。

頑張ればこそ得られる喜び

2015年、交通部は全台湾の自転車道と一般道のサイクリングコースに各地の自転車修理・補給ステーションをつなぎ、「環島一号線」プランを完成させた。緑の山の中、湖岸を走る日月潭の自転車専用道は、CNNによる世界で最も美しいサイクリングロードのトップ10にも選ばれた。

自転車愛好家たちが夢のルートと呼ぶ県道193号線は、花蓮新城から南へ、吉安、寿豊、鳳林を経て玉里までの全長110.5キロのコースだ。瑞穂87キロ地点から玉里110.5キロ地点までの楽徳公路は海岸山脈と秀姑巒渓に沿い、人も車も非常に少なく、一面の田んぼに鳥の声が響き、菜の花やホウオウボクなど四季折々の花が美しい。

池上の伯朗大道は車両の通行が禁じられており、歩行者と自転車しか通れない。見渡す限り、視界を遮る電信柱もなく、青空の下、ひたすら緑が広がっている。これらの自転車道を通れば、台湾の美しい景色が堪能できる。

台湾は小さな島だが、島一周の自転車の旅は平均9日かかり、一日に100キロ以上進まなければならないため、体力と精神力が試される。風を切る感触や雨と汗がまじる感触を味わえ、地元の人々と触れ合うこともできる。何気ない笑顔や応援の言葉が、旅の満足感を高めてくれる。

ドイツ出身の技術者、ホルガーさんとディートマーさんは、自転車の旅の魅力は大自然や人と直接触れ合える点にあると語る。二人は毎年世界各地を自転車で旅しており、今年は台湾で、枋山の夕日や多良の海岸の景色に感動したと言う。

台湾の景色を楽しむために海外からやってくる自転車愛好家は少なくない。日本から来た熊沢幹正さんも、田んぼが広がり、素朴な人情が味わえる花蓮・台東の魅力に惹かれ、台湾一周の自転車の旅に参加した。今年68歳の彼は、中学の時に自転車通学して以来、50年以上自転車に乗っていなかった。そのため、今回の台湾一周の旅では腕や肩の痛みに耐えなければならなかったが、それでも美しい景色を堪能できたと言う。

自転車で心の風景を

台湾一周には精神力が求められるが、自転車競技の選手も、常に限界に挑戦している。

リオデジャネイロ五輪に出場した黄亭茵はスポーツ一家の出身で、母親はかつてソフトボールの台湾代表選手だった。以前は水泳選手だった彼女は、小学6年の時に学校の水泳部が解散してしまい何をしていいのか困っていた時、母親の友人である楊東蓁コーチの手配で楠梓中学の自転車部に入り、それから自転車人生を歩み始めた。

水泳の訓練で彼女は高い心肺機能を具えており、自転車チームでは男子と一緒に厳しい練習をしていたため、すぐに国際大会で頭角を現し始めた。最初は短距離のトラックレースを専門としていたが、自分に挑戦しようと中長距離のロードレースに挑戦し始めた。週に6日、ハイスピードで80キロ以上を走った。「山から吹き下ろす風に遭うと、戻るのに倍以上の時間と体力が必要でした。風こそ自転車の最大の敵です」と言う。

2016年に開かれた崇明島一周世界女子ロードレースで、ピンクのウエアを着た黄亭茵が優勝、「ピンクのキャノンボール」と称えられた。これをきっかけに世界的なプロ選手になり、イタリアのセルヴェット・フットオンのプロチームに加わった。世界で戦うには、知力、体力をますます充実させていかなければならないと言う。

2016年7月、彼女は世界三大レースの一つであるジロ・デ・イタリア女子に参加した。10日にわたって800キロ余りを走るレースである。曲がりくねった道路と山岳の斜面を前に、途中で棄権する選手も多いが、黄亭茵は気力でこれを乗り越え、台湾の女子選手として初めて完走した。まだ26歳の彼女は、これからも世界レベルのプロ選手としてチャレンジを続け、自転車で世界各地の風景を見ていきたいと語る。

一方、「ダウンヒルの女王」と称えられる周佩霓は、以前は陸上競技の選手だった。コーチから投擲を勧められたが、成績が上がらず落ち込んでいた時に、先輩からマウンテンバイクでの気分転換を勧められ、それが人生の転機となった。「当時は午後4時に授業が終わると山へ向かって自転車を飛ばし、授業もさぼるほどオフロードにはまってしまいました」と言う。山林の大自然、ダウンヒル、ジャンプなど、身体を動かすのが好きな周佩霓は力を発揮する舞台を見出した。

クロスカントリーではテクニックと全身のバランスが重視される。曲がりくねった山道では地面の状況や傾斜も随時変化する。時間的にはロードレースほど長くはないが、それに負けないほど体力を消耗する。

生涯を自転車とともに

「陸上競技から自転車に転向したことはまったく後悔していません。陸上を続けていたら、クロスカントリーやダウンヒルで優勝することもなかったでしょうから」と言う。昨年彼女は、練習で足首の靭帯を切ってしまい、大会への参加を断念せざるを得なかった。ケガをしても、自転車競技への思いが薄れることはなく、こげなくなるまで続けると言って笑う。

自転車と出会って人生が変わったのは選手ばかりではない。黄進宝もそんな一人だ。鉄工の仕事をしていて職業病の椎間板ヘルニアになってしまい、医師の勧めで自転車でのリハビリを始めたことで人生が一変した。

最初は健康のためだったが、妻や子供と一緒に自転車に乗り始め、台湾一周に続いて自転車でのヨーロッパ旅行を楽しみ、400日にわたる世界一周旅行もした。こうして完全に夢中になり、鉄馬家庭(バイク・ファミリー)を設立して、多くの人の台湾一周の夢をかなえている。彼はベテランとしての経験から、路線を詳細に考え、起伏の多いルートはなるべく避けて、老若男女さまざまな参加者が無事に台湾一周を完走できるようにしており、完走率は95%に達する。内外から多くの人が参加を申し込んでくる。

黄進宝は、彼の台湾一周の旅を支えるのは参加者だと言う。「一人一人がそれぞれ一冊の本のようで、すべての人生に絶対に価値があるのです」と言う。以前、台湾一周の旅の途中で寺廟を見かけるたびに参拝する参加者がいた。わけを尋ねると、重病のガールフレンドのために祈っているのだと分かり、心を動かされたという。

「鉄馬家庭」にはドイツ、韓国、香港、日本など世界各地から参加がある。知らぬ者同士だが、数日間一緒にいると言葉の壁も乗り越えて交流が深まる。励まし合いながら自転車の旅を続け、美しい景色と台湾の人情にも触れられる。

ブレーキがないなら、前進あるのみ!

最近は、海外のメッセンジャーが乗るブレーキのない固定ギアのピストバイク(フィクシー)を台湾でもよく見かけるようになった。固定ギアのため、さまざまなテクニックが楽しめ、フレームやハンドル、ネジなども好みで組み合わせられ、ストリートの文化となっている。「大部分の人はカッコいいという理由でフィクシーに乗っています」とFixed Styleクラブの謝偉達は言う。

謝偉達が2010年からピストバイクに乗り始めたのも外観に惹かれたからだ。当時はピストバイクの団体はショップ運営のものばかりで、その店で買った人でないと入れなかった。そこで彼はネットで愛好家を募り、フェイスブックにページを設けて写真や動画を発表し始めるとファンが増え、今は2万人を超える。

Fixed Styleは台北初の、ショップや車種を限定しないピストバイクの団体で、毎週金曜日には台北西門町で夜間のサイクリングを行なっており、Ubikeの人も参加する。ハロウィーンの仮装イベントには100人以上が集まる。ピストバイクの乗り手は車体のペイントなどにも凝って、おしゃれをしているので、サイクリングをして景色を楽しむのと同時に、周囲の人も彼らのテクニックや個性的なスタイルを観賞することができる。

自転車に乗る理由は何であれ、前進したいという思いを解き放ち、自分だけの景色を探しに行こうではないか。

單車上路 踩踏人生風景

文‧陳群芳 圖‧莊坤儒 翻譯‧Scott Williams

關於旅行,有人喜歡行程滿滿,有人偏好閒散慢步,不論搭乘高鐵、火車、客運等交通工具,移動的路線由他人決定,而單車將主導權取回,移動的路線、速度、時間全由自己作主。

一百位單車旅人,一百種上路理由,不論疾騁慢騎、路途崎嶇平坦,眼前的一切,全屬他們的人生風景。


台灣地形地貌豐富,平原曠野、高山峻嶺,中央山脈阻隔的西半部平原、沙岸海線,另一邊花東縱谷、湛藍海水,佐以四季變化,讓小小的島嶼值得旅人一再探訪、永不厭倦。

 

意志力換美景

2015年交通部連結全台自行車道與公路自行車道標示,串聯單車的修繕與補給據點,完成「環島一號線」的規劃;獲CNN選為全球十大最美自行車道之一的日月潭環潭自行車道,映襯碧綠的湖水與青翠的山巒。

有單車族口中夢幻路線之稱的193號縣道,北起花蓮新城、途經吉安、壽豐、鳳林……南至玉里,全長110.5公里,其中瑞穗87公里處到玉里110.5公里處的樂德公路段,緊鄰海岸山脈與秀姑巒溪,人車罕至,沿途有稻田與鳥鳴相伴,還有阿勃勒、油菜花、鳳凰木等花海隨四季盛開。

知名的池上伯朗大道,禁止車輛通行,只許行人、單車進入,一望無際的視野全無電線桿,只有滿眼的綠意與藍天……。這些交錯綿密的單車線路,見證了台灣最美麗的景致。

台灣島嶼雖小,以平均9天環台的旅行,一天約需騎乘一百多公里,十分考驗旅人的體力與意志,走出車外,騎乘單車感受風吹拂臉上的觸感,雨水與汗水交織的味道,更重要的是,深入與當地居民互動,一個微笑、一聲加油都大大滿足了單車旅行的深度。

來自德國的工程師Holger與Dietmar,就是熱愛單車旅行能直接面對大自然與人群。每年兩人都會結伴到世界各地單車環島旅行,今年則是來到台灣,看遍枋山落日、多良海景……,感受在地風情。

有擅長單車環島的騎士,也有嚮往美景而來的旅人。花東黃澄澄的稻田,自然純樸的人文景觀,吸引了來自日本的熊澤幹正,前來台灣參加單車環島,希望為人生留下紀念。今年68歲的他,除了國中騎單車通勤,已經五十多年沒騎車。為了這趟環島之旅,他忍住手臂、肩頸的痠痛,就是為了換得沿途的美麗風景。

 

騎車的心靈風景

不只單車環島需要意志力,挑戰耐力與極限的單車選手,則用盡全力完成心裡一座又一座的里程碑。

里約奧運自由車國手黃亭茵,出身運動世家,母親曾是中華隊女壘選手,運動對黃亭茵而言是再自然不過的事。原是游泳選手的她,小學六年級學校游泳隊解散,一度失去運動練習重心。母親的好友楊東蓁教練帶著她加入楠梓國中自由車隊,開啟黃亭茵的單車人生。

游泳的訓練讓黃亭茵擁有良好的心肺功能,加上跟著車隊的男生騎車,紮實的訓練下,黃亭茵很快就在國際賽嶄露頭角。黃亭茵原本專攻短距離的場地賽,為讓自己有所突破,轉而挑戰中長距的公路賽。為此她維持每周六天、每回高速騎乘、至少80公里的訓練。「有時遇到落山風,回程就得多花上一倍的時間與體力,」黃亭茵說,「風是單車最大的敵人!」

2016年環崇明島世界女子公路巡迴賽,黃亭茵一身粉紅穿越終點線,擊敗眾選手,以黑馬之姿拿下第一、三站冠軍和總亞軍,因此贏得「粉紅小鋼砲」之稱,也將自己送上國際職業自由車隊的舞台,加入義大利Servetto Footon女子職業車隊。躍上國際舞台,等在眼前的是考驗心智、耐力的嚴苛挑戰。

2016年7月,她參加世界自由車三大賽事之一的女子環義自由車賽,為期10天、八百多公里地獄式考驗,蜿蜒的公路與逼近直角三角形的陡坡,讓許多參賽選手半途就放棄,黃亭茵憑著意志力苦撐,成為台灣第一位成功挑戰環義賽的女選手。年僅26歲的黃亭茵,將繼續在世界級的比賽中探險,騎著單車看遍一個又一個的各地風景。

擁有「下坡女王」稱號的周佩霓,則在登山車越野賽的世界,挑戰自我極限。原是徑賽項目常勝軍的周佩霓,因身形而被教練改為田賽擲鐵餅、標槍的選手,面對不喜歡的運動項目,也得不到理想名次。比賽失利的周佩霓,在學長引薦下嘗試登山車轉換心情,竟成了她運動生涯的轉捩點。「那時四點一下課就往山上衝,常常翹課練習,著了迷的愛上騎車。」周佩霓說。山林裡的大自然,爬坡下坡、彈跳飛躍挑戰極限的刺激,讓好動的周佩霓找到發揮的舞台。

登山越野賽,講求騎車技巧與全身協調性,山路的轉彎,路況與坡度隨時變化,在在考驗騎士的技巧與協調,登山賽雖不像公路比賽耗時,但其體力的消耗,絲毫不輸公路賽。

「從不後悔放棄田徑騎單車,如果我繼續參加田徑,也許不會有機會像現在拿到許多越野賽與下坡賽的雙金。」去年,周佩霓角逐亞洲登山賽資格,練車時右腳翻腳刀,造成腳踝韌帶撕裂傷,被迫放棄比賽。即使腳踝受傷,也絲毫不減周佩霓對單車的熱愛,笑說要騎到自己騎不動為止。

 

一生單車相伴

除了追求競技極限的運動員,鐵馬家庭的黃進寶接觸單車,則是人生半路轉彎。原本從事鐵工的他,因長年累積的職業傷害,造成椎間盤突出,醫生建議騎單車復健,沒想到竟意外迎來不一樣的人生。

起初是為了健康,帶著老婆小孩一起騎,騎著環島,還騎到歐洲,最後更是帶著單車環遊世界四百多天。這一騎,讓他停不下來,甚至還創辦鐵馬家庭,為許多人一圓單車環島的夢想。黃進寶以資深前輩的經驗,詳細規劃路線,盡量避免上下坡路段,讓參加鐵馬家庭環島的成員不論男女老少都能順利環島,完成率高達95%,讓許多國內外旅客心生嚮往,紛紛前來。

黃進寶說,台灣一年四季都有不同的騎車風景,但最支持他舉辦環島旅行的動力,是參加單車環島的成員,「每個人都像一本書,有難有易,有的你有興趣,有的你讀起來索然無味,但每個人生絕對有他的價值。」曾經有團員,在九天的環島行程,不論大小宮廟,只要經過就進去拜,一問之下才知道女友生了重病,想為她祈福,讓黃進寶大為感動。

鐵馬家庭裡,有來自德國、韓國、香港、日本等世界各地的團員,大家原本互不認識,經過多天的相處,超越語言的限制,交流異國文化,騎車時互相扶持打氣,不只欣賞美景,更體會台灣最溫暖的人情。

 

沒有煞車就一直前進吧!

近年來崛起,源自國外快遞文化的單速車,則讓人在擁擠的車陣中穿梭,成為都市特殊的風景。由於單速車固定齒輪的動力特性,讓單速車發展出倒騎、轉把等騎乘招式,加上單速車構造簡單,可依個人喜好挑選車架、手把、螺絲配色展現個人風格,在年輕族群間掀起風潮,成為一種街頭文化,「大部分的人都是因為耍酷,所以來騎單速車的。」FIXED STYLE單速車社團社長謝偉達說。

謝偉達2010年開始接觸單速車,也是被單速車的外型所吸引。那時單速車的團騎,大多都是各車店自成團體,非該車店購車的車友就難以融入。於是謝偉達號召朋友揪團騎車,開始勉強湊到10人,隨著社團臉書粉絲頁成立,騎車的照片、影音的發布,增加曝光率,粉絲不斷增加,目前人數已超過2萬。

FIXED STYLE是台北第一個不分車店、車種的單速車社團,旨在營造友善的團騎環境,讓剛接觸單速車的新手,能收集資訊與認識同好,一起體驗單速車的騎乘樂趣。每周五固定在台北西門町集合舉辦的夜騎活動,除了單速車,也有很多人會騎著Ubike、公路車等一同參與,每年固定舉辦的萬聖節百鬼夜騎,更是吸引上百人身穿特殊造型服裝,一同上街踩踏。單速車騎士大多會在車身貼上裝飾、特殊烤漆,就連騎車時的穿著也都精心打扮,讓騎乘單速車不只是騎士能欣賞景色,單速車與車主也因為競速技巧與造型,而成為別人眼中的風景。

不論想出發的原因是什麼,釋放埋藏在心裡想前進的慾望,踩上單車,創造屬於你自己的迷人風景吧!                                                                   

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!