A Vietnamese Rose in Taiwan

Tuong Vy's Journey to Success
:::

2018 / October

Camille Kuo /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Geof Aberhart


“I  am an international student from Vietnam.” Now a radio host and reporter, when Pham Thuy ­Tuong Vy first arrived in Taiwan, she went through a period where she lacked the confidence to even introduce herself this way.

Performing in the Public Television Service drama The Vietnamese Brides in Taiwan, though, gave her a means to get beyond the stereotypes a minority of Taiwanese hold about Vietnamese women, and today she proudly introduces herself as “­Tuong Vy from Vietnam.” With her sweet voice and linguistic skills, she has now become a radio host and works to break down the barriers between Taiwanese and Vietnamese cultures.

 


 

A voice for radio

Tuong Vy has an enviably mellifluous voice and a face to match. In addition to her radio work, she has made appearances in programs on the Public Television Service (PTS) and Da’ai Television, making use of not only her Vietnamese, but also the outstanding Mandarin and Taiwanese she has learned over her 15 years in Taiwan.

To learn Chinese, she read through the novels of Eileen ­Chang, as well as classics like Romance of the Three Kingdoms and Dream of the Red Chamber. “I wanted to learn Chinese well and quickly. Language is a key, and if I couldn’t open the door, how could I go anywhere?” Thanks to this hard work, in just two years she was able to develop impeccable Chinese.

Gifted with a wonderful voice, ­Tuong Vy says that she was almost born to be a radio host—as a child she would even sit in front of the electric fan and imitate the hosts she heard on the radio. Given this, it seems only natural that when she decided to study at college in Taiwan she would choose to major in radio and television.

Don’t call me a “foreign bride”

While the majority of Taiwanese are very kind, there are always a small number of people who just have to ask ­Tuong Vy if she came to Taiwan to marry a local. Over time, assumptions like this led to her developing a bit of a complex about her identity, not even wanting to mention her nationality to people.

According to Erik Erikson’s stages of psychosocial development, the age of 18 is a time when young people explore their identities and are particularly vulnerable to the influence of external values. ­Tuong Vy’s older sister was also in Taiwan at the time and understood what she was going through. “You work so hard to integrate into Taiwanese life, but why don’t you have any confidence in yourself? You should accept that you are Vietnamese.” Slowly but surely, ­Tuong Vy began to change her perspective, taking these questions that had once been so troubling to her and turning her situation into an opportunity to introduce herself and Vietnam to Taiwan.

As her confidence returned, her life in Taiwan began to really blossom. She tested into the Department of Radio and Television at National Taiwan University of Arts, landed a role in the PTS drama The Vietnamese Brides in Taiwan, and began working part time at Radio Taiwan International (RTI) producing programming for their Vietnamese service. With her identity crisis behind her, she was able to tackle the somber PTS drama with a calm heart and learn to stand tall under the gaze of that discriminatory minority.

A chance to stay and work

Tuong Vy believes that if you work hard, stick at it, do your best, and do your part for Taiwanese society, “One day they’ll change how they think about you and will look on you more kindly.”

Despite only working part time, she took her job as seriously as a full-time one, taking a hosting skills class and developing interesting new programming ideas. But even so, she was still worried about whether she’d be able to stay after finishing college.

At that time, if an international student wanted to work in Taiwan after graduating, they had to meet two conditions: they had to have two years of work experience, and a job paying at least NT$48,000 a month. (The Ministry of Labor has since 2012 relaxed these conditions somewhat, dropping the pay requirement to NT$37,619 a month and doing away with the experience requirement.) ­Tuong Vy had the experience, but getting a job that paid that well was a tough ask for a fresh college graduate.

As she watched her classmates head back to their countries one after the other, she only grew more worried. Then one day one of the bosses at RTI came to see her. As it turned out, the director of the Vietnamese service had already long since asked them to keep her on, and having seen how hard she had been working, manage­ment agreed. With that load off her mind, ­Tuong Vy set to work again with RTI, filming a show for them entitled Dau Chan ­Nguoi Viet, or “Vietnamese Footprints.”

Made under a tight budget and with minimal staff, the show nonetheless turned out to be an excellent way for ­Tuong Vy to promote Taiwan in her homeland. Despite the two countries not having formal diplomatic relations, after a year and a half of hard work by RTI and with the help of the Ministry of Foreign Affairs and the Vietnam Economic and Cultural Office in Tai­pei, Dau Chan ­Nguoi Viet became the first Taiwan-made show to be broadcast on Vietnamese television.

Never back down

For all her success, though, ­Tuong Vy also has some memories she would rather leave in the past. But for the sake of other women, she has chosen to stand up and say “me too.”

The Me Too movement dates back to efforts beginning in 2006 by African-American civil rights activist Tarana Burke to combat sexual harassment. It began to take off in recent years as actresses in Hollywood started using the hashtag #MeToo on Twitter to encourage other victims to stand up and share their experiences. Burke and other activists, dubbed “The Silence Breakers,” were even named Time Magazine’s Person of the Year in 2017, drawing further attention to the issues of sexual assault and sexual harassment.

Tuong Vy’s first job was an interpreter for an agency, and while on a business trip, she was sexually harassed by a colleague. After a long night of deliberating, she decided to report the perpetrator to management.

She, like other “silence breakers,” says, “Some people will wonder if they did something that made the other person harass them. But no, it is not your fault! The fault is in the other person’s mindset!” She also calls on women to protect themselves, and if they encounter sexual harassment, to be brave enough to expose it in the spirit of #MeToo—“Me too, and I will not back down!”

A rose in Taiwan

Red roses are a symbol of love, just like the love T­uong Vy, whose name is Vietnamese for “rose,” has for Taiwan. That love is what has motivated her to work so hard to break down the barriers between Taiwan and Vietnam. In Taiwan, she leads by example, working hard and proving that Vietnamese people in Taiwan can also excel. In Vietnam, she presents the positive face of Taiwan to the Vietnamese people through her videos.

When Taiwan Panorama visited her, ­Tuong Vy was nine months pregnant, and she remarked, “We Vietnamese in Taiwan don’t necessarily have to do anything amazing for Taiwanese society—just raising the next generation well is contribution enough.” With her simple approach, ­Tuong Vy continues to be a beacon of inspiration and positivity in and for Taiwan.        

Relevant articles

Recent Articles

繁體中文 日文

情留台灣的越南薔薇

文‧郭玉平 圖‧林旻萱

「我是來自越南的留學生。」曾經不敢如此自我介紹的范瑞薔薇,現職廣播主持人,剛來台灣時,歷經一段自我身分迷惘的歲月。

演出公視戲劇《別再叫我外籍新娘》是一個契機,她慢慢看淡少數台灣人對「越南女性」的異樣眼光;現在,范瑞薔薇充滿自信地說:「我是來自越南的薔薇。」發揮聲音甜美的特質與語言專長,在台灣主持廣電節目及越南語教學,為挪去台越文化之間的隔閡帷幕努力著。

 


 

天賦美聲.天生主播

范瑞薔薇擁有令人稱羨的甜美聲音與亮麗外型,被稱為「新越南林志玲」、「越南范文芳」,面對媒體,她淺淺笑著說:「我覺得我像我自己。」

除了廣播,她也活躍在公視、大愛電視台等電視節目中,中文、越南語、台語都說得很標準的她,已經在台灣生活15年。會來台灣讀書是因為小學開始對台灣連續劇著迷,由於早期越南電視台的配音技術不成熟,無法完全覆蓋原音,所以范瑞薔薇在若隱若現的原音台詞耳濡目染下,隨口就能說上一兩句中文,或和同學一起哼唱台灣連續劇《星星知我心》的插曲:「世上只有媽媽好,有媽的孩子像個寶。」

對中文的熱愛持續加溫,她透過大量閱讀學習中文,讀完一本本張愛玲小說、《三國演義》、《紅樓夢》等經典書籍,「因為我要快速學好中文,語言是一把鑰匙,如果打不開這個門,還能去哪裡?」范瑞薔薇兩年內學習完一般人十年的程度,迅速學會字正腔圓的中文。

「聲音」是上天給予她最美好的禮物,「我很喜歡自己的聲音,也喜歡聽廣播。」范瑞薔薇說,小時候會對著電風扇模仿廣播主持人說話,天賦美聲,台風穩重,就像是天生的主播。在台灣選擇大學科系時,也順理成章地選了廣播電視學系。

別再叫我外籍新娘

范瑞薔薇回想起剛來台的心情,她認為大多數的台灣人很和善,只有少數人會問:「妳是嫁來台灣的嗎?」或是露出一種「多希望妳不是越南人」的表情,久而久之,范瑞薔薇產生自我身分認同的衝突,不喜歡與人談論到自己的國籍,若被問是否來自香港或馬來西亞,都會敷衍地都回答:「是。」

18歲,正是艾瑞克森(Eric H. Erickson)「心理社會發展理論」中,青少年探索自我認同的階段,特別容易受到外界期待或批評等價值觀念的影響。范瑞薔薇為自我身分煩惱所苦,同在台灣的姊姊安慰她說:「妳要認同妳是越南人,我們是越南人很好呀!妳那麼努力,認真去學中文,認真融入台灣的生活,為什麼沒有自信?」之後,范瑞薔薇漸漸改變自己的想法,將這些曾讓她難以應對的問題,變成她介紹越南、介紹自己的機會。

擁有自信,范瑞薔薇開始在台灣綻放花蕾。她考上國立台灣藝術大學廣播電視學系,並演出公視連續劇《別再叫我外籍新娘》,以及在中央廣播電台(簡稱「央廣」)打工,錄製越南廣播節目。范瑞薔薇說:「那時候我已經慢慢看淡這些歧視眼光與刻板印象,我覺得公視的劇本寫得很真實,就去演了。」

由於不斷增強自信心,范瑞薔薇化解自我認同的危機,以坦然的心面對沉重的劇本,也學會面對社會少數人的目光。

留台工作的契機

「認同自己、不要在意別人的眼光,先從自己改變,」范瑞薔薇相信只要努力、堅持、做到最好,以及為台灣社會付出,「有一天他們都會看見你的好,他們會改變對你的想法。」

范瑞薔薇認真充實自己,參加主持人培訓班、開發新穎的節目題材,幾乎將工讀生當正職在做,但是在面臨大學畢業後的去留,仍充滿擔憂。

當年外籍生大學畢業後如要留在台灣工作,必須符合兩個條件:2年工作經驗、從事月薪48,000元以上的工作(勞動部自2012年已放寬門檻,大學應屆畢業外籍生可申請留在國內從事平均月薪為37,619元及以上的專門性或技術性工作,不須具有2年工作經驗),范瑞薔薇雖有2年經驗,但高月薪的工作對一名大學應屆畢業生而言,極其難尋。

她看著香港和馬來西亞的同學們一一回國,更是心煩意亂。一天,央廣的長官找她去談,原來越南語導播早已向長官建議讓范瑞薔薇留在央廣,她的努力,長官們都有看見。范瑞薔薇放下心中重擔,留在台灣主持廣播,也接下行腳節目《越南腳步台灣行》的拍攝。

這個節目用最精簡的人力與經費製作,雖然台灣與越南沒有邦交,但經過央廣一年半的努力,以及外交部、駐台北越南經濟文化辦事處等單位的協助,成為首部在越南電視台播出的台灣節目。范瑞薔薇說:「很多越南人看了節目才發現原來台灣那麼好玩,有些觀眾寫信說希望來台灣旅遊。」成功將台灣行銷到越南家鄉。

#MeToo. 永不妥協

范瑞薔薇有段不願回首的回憶,但為了告訴其他女性,勇敢說出「#MeToo(我也是)」。

「#MeToo」是美國黑人女權運動者柏克在2006年發起的「反性侵性騷擾運動」,好萊塢女星在Twitter發起以「#MeToo」主題標籤鼓勵受害者發聲,全球各地的名人紛紛響應,勇敢說出自己的經驗。甚至,美國《時代》雜誌(TIME)將#MeToo運動的「打破沉默者」(The Silence Breakers)選為2017年度風雲人物,呼籲人們正視性侵和性騷擾的問題。

范瑞薔薇第一份工作是在仲介公司擔任翻譯,與業務同事出差途中,遭到同事性騷擾,當時直覺反應是自我檢討服裝儀容,但經反覆思考後,隔天決定向主管舉發惡狼同事。

如同其他打破沉默者所描述,范瑞薔薇說:「有些人會覺得自己做了什麼,才會讓對方性騷擾?不是,妳沒有做錯任何事,錯的是他們的心態!」她呼籲女性要保護自己,如果真的遇到了,要勇於揭發他們的行為,#MeToo,「我也是,但我絕不妥協」。

情留台灣的紅薔薇

紅薔薇的花語是熱情奔放的愛戀,正如同范瑞薔薇對台灣的熱愛。她觀察到,台灣與越南人彼此越是不瞭解,越容易產生負面的觀感,她為了挪去台越文化之間的隔閡帷幕努力著。在台灣,以身作則,認真工作,證明在台越南人也有很優秀的表現;在越南,則是將台灣好的一面,透過影片呈現給更多越南人看見。

范瑞薔薇工作中與聽友們締結深厚的友誼,她印象最深刻的是一位寫信訴說心事的監獄聽友,她看了《別再叫我外籍新娘》和收聽廣播節目,被范瑞薔薇感動,特別請越南籍獄友代筆寫信,范瑞薔薇也會回寄一些卡片或小禮物,鼓勵她度過人生的低潮。

其實,常說自己人生很順利的范瑞薔薇,並不是沒有遭遇挫折,儘管遭遇過歧視和騷擾,她都選擇以自信樂觀的態度去面對。採訪這天,范瑞薔薇挺著9個月大的孕肚說:「我們越南人必須要更努力融入台灣社會、對台灣社會有所付出。不一定要做什麼最偉大的,好好教育我們的後代就是一種付出。」樂觀、從小地方做起,范瑞薔薇持續在台灣綻放溫暖的光芒。                          

台湾への熱い想い

文・郭玉平 写真・林旻萱 翻訳・松本 幸子

「ベトナムから来た留学生です」と、以前はどうしても自己紹介できなかった。そう言う范瑞薔薇(Pham Thuy Tuong Vy)さんは、現在ラジオ番組の司会者だ。台湾に来たばかりの頃は、自分の出身に自信が持てなかった。

転機となったのは、公共テレビのドラマ『別再叫我外籍新娘(もう外国人花嫁と呼ばないで)』出演だった。一部の台湾人の偏見も次第に見過ごせるようになり、今は自信を持って「ベトナムから来た薔薇(Tuong Vy)です」と言える。甘い声と語学力を生かし、台湾でラジオやベトナム語学習番組に出演しながら、文化の隔たりをなくそうと努める。


生まれ持った美声で

范瑞薔薇さんはその美声や外見から「ベトナムから来た林志玲」「ベトナムの范文芳」などと呼ばれるが(林も范も著名なモデルや俳優)、彼女自身は「私は私に似ています」と微笑する。

ラジオのほかに公共テレビや大愛テレビにも登場し、ベトナム語、中国語、台湾語を操る彼女は台湾在住15年になる。台湾に留学したのは、小学生の頃から台湾のドラマのファンだったからだ。当時のベトナムのテレビは、吹替えでも元の声が完全に消えていなかったため、彼女は聞こえてくる原語の台詞で中国語のフレーズを覚えたり、テーマ曲などもよく口ずさんでいた。

中国語がますます好きになり、張愛玲の小説や『三国演義』『紅楼夢』など、中国語の本を大量に読んで中国語を学んだ。「中国語を早くマスターしたかったからです。言語は扉を開くカギです。扉を開けなければ、どこにも行けません」普通なら10年かかるところだが、彼女は2年足らずで正確な中国語をマスターした。

声は天からの授かり物だ。「私は自分の声が好きだし、ラジオを聞くのも好きです」と言う彼女は、小さい頃もよく扇風機に向かってラジオ放送の物まねをした。持って生まれた美声と堂々とした話しぶりは、生まれながらのラジオ司会者だった。台湾の大学でも自ずと放送学科を選んだ。

もう外国人花嫁と呼ばないで

范瑞薔薇さんは台湾に来たばかりの頃のことを思い出す。たいていの人はやさしかったが、時々「台湾に嫁いできたのか」と聞かれたり、ベトナム人でなければいいのに、という顔をされることもあり、だんだん自分の国籍を人に言わなくなった。香港やマレーシアから来たのかと聞かれても「そうだ」と答えたりしていた。

エリクソンの心理社会的発達理論でも、18歳という年齢は、アイデンティティ確立において社会からの期待や批判などの価値観の影響を最も受けやすい時期だとされる。范瑞薔薇さんも苦しんだ。やはり台湾で暮らす姉は「ベトナム人であることを認めなきゃ。ベトナム人でいいでしょ。そんなに努力して中国語を学び、台湾に溶け込んでいるのに、なぜ自信が持てないの」と慰めてくれた。徐々に范瑞薔薇さんの考え方も変わり、ベトナムや自分のことを紹介するようになった。

自信を持った彼女は開花した。国立台湾芸術大学放送学科に合格し、公共テレビのドラマ『別再叫我外籍新娘』に出演、台湾国際放送(RTI)でもベトナム語放送録音のバイトをした。「偏見や先入観が徐々に平気になっていました。公共テレビの脚本は事実がよく書けていると感じ、出演を決めました」自信がつき、アイデンティティの危機も乗り越えると、脚本の重い内容にも平常心で臨めたし、偏見に向き合う態度も身についた。

台湾に残る条件

「他人の目を気にせず自分を肯定するには、まず自分が変わらねばなりません」努力してベストを尽くし、台湾社会のために何かをすれば、「やがて気づいてもらえ、周囲の見方も変ります」

彼女はさらに自分を磨こうと、番組司会者養成講座に通い、自ら番組の題材も見つけた。バイト以上の働きぶりだったが、大学卒業後のことを考えると不安だった。当時、外国人大学生が卒業後も台湾で働くには、2年以上の仕事の経験と、4万8000元以上の月収という二つの条件を満たす必要があった(2012年以降はハードルが下げられて月収3万7619元以上の専門職或いは技術職となり、2年の経験は必要なくなった)。彼女は2年の経験はあったが、新卒でそんな高収入の仕事を見つけるのは難しかった。

香港やマレーシアからの同級生が次々と帰国するのを見て気が気ではなかった。そんなある日、台湾国際放送(RTI)の上役に呼ばれた。ベトナム語番組のディレクターから、彼女を同局に残してくれと要望があったと言うのだ。彼女の努力を周囲は見てくれていた。彼女は晴れて番組司会者として台湾に残れることとなり、次の仕事である紀行番組『越南行脚台湾行(ベトナム人台湾を行く)』の撮影が始まった。

人手も経費も限られた番組で、両国には国交もなかったが、1年半にわたる台湾国際放送の努力と、外交部(外交省)や駐台北ベトナム経済文化弁事処の援助で、ベトナムのテレビ局が初めて流す台湾紹介番組となった。「多くのベトナム人が番組を見て台湾の面白さを知り、旅行に行きたいと視聴者から手紙が寄せられました」こうして故郷ベトナムでの台湾宣伝も成し遂げた。

#MeToo

范瑞薔薇さんには思い出したくない出来事があったが、ほかの女性のためにと声を上げた。

「#MeToo」とは、セクハラや性暴力に対する反対運動でアメリカの市民活動家タラナ・バークが掲げた言葉だ。ハリウッドの女優がツイッターで「MeToo(私も)」と被害を告発し始め、全世界に動きが広がった。タイム誌も2017年度のパーソン・オブ・ザ・イヤーに「サイレンス・ブレイカーズ(沈黙を破る女性たち)」を選んだ。

ある日、仲介業者の通訳を引き受け、出張に出かけた際、范瑞薔薇さんは社員からセクハラに遭った。その時は自分の服装などがよくなかったのかと思ったが、よく考えて翌日、上司にそのことを打ち明けた。「自分のせいかもと考えがちですが、悪いのはセクハラをした方なのです」女性は自分で自分を守るべきで、もしセクハラに遭ったら「私もだ。でも妥協はしない」と勇気を出して声を上げるべきだと、彼女は呼びかける。

台湾を愛する赤いバラ

赤いバラの花言葉が「熱烈な愛」であるように、范瑞薔薇さんの台湾への愛も同様だ。だが、台湾人とベトナム人は互いのことをよく知らず、マイナスイメージを抱きがちだと感じる。それで彼女は真面目に働き、ベトナム人の優秀さを台湾人に見てもらおうと努める。ベトナム人にも、番組を通して台湾の良さを知ってもらいたい。

リスナーとのふれあいも多い。最も印象深いのは、刑務所にいるリスナーからの便りだった。彼女のドラマを見たりラジオを聞いて、ベトナム人の受刑者に手紙の代筆を頼んだと言う。范瑞薔薇さんも「人生のつらい時期を乗り越えてください」と、カードとささやかな贈り物を返した。

彼女自身、挫折や偏見に遭わなかったわけではないが、楽観性と自信を持ってそれらに対してきた。インタビューの日、范瑞薔薇さんは妊娠9ヶ月のお腹を抱え、こう語った。「私たちベトナム人はより努力して台湾社会に溶け込み、台湾に貢献しなくてはいけません。大きなことをする必要はなく、後の世代をきちんと育てればいいのです」楽観的に、小さなことから。そんな范瑞薔薇さんは、台湾で温かな光を放ち続ける。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!