Taking Their Passion and Making It Happen

Six Carat Dance Troupe
:::

2018 / September

Sanya Huang /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Geof Aberhart


In a second-floor hall in the ­Liulu Community in Tai­chung’s ­Shalu District, a group of senior citizens dance along to popular music. They are the ­Liulu Community Development Association’s Six Carat Dance Troupe, and last year, this group with an average age of 72 went viral with a music video that had their online audience agog at the energy and vitality of these purple­-clad elderly hip-hop dancers.

 


 

In October 2017, Six Carat Dance Troupe hit the big time as they moved up from their community performance venue to the stage at the Taipei Arena, a space that has hosted megastars on the level of A-mei and Celine Dion. With this show, the high point of their career so far, Six Carat blew away the stereotype that older folk should stick with folk dance, and captured media attention that saw them invited to perform all across Taiwan.

But this crew are far from newcomers to hip-hop dance. The troupe was actually formed in 2010, although over the years since they’ve seen their lineup change a few times. Most people consider hip-hop dance the province of youth, and it is true that with some 2,000 years of life between them these older folk can’t move like they used to, what with gammy knees, osteoporosis, and even mild dementia in some cases.

And so one can imagine the courage it took for them to make the move from their usual local performances to a world-class venue like the Taipei Arena, something they approached with a mix of excitement and stress. Nonetheless, they overcame all the challenges in front of them and completed their performance there, and they continue to practice until their bodies give out or their dementia makes it unfeasible.

Creating possibilities

The troupe was founded by Hsu Mei-chi, at the time a professor at Hung­kuang University’s Department of Senior Citizen Welfare and Business, by harnessing resources from both the school and the community.

“Who says that old folk can’t do hip-hop dance?” In this frame of mind, Hsu brought together a group of elderly students, and so Six Carat was born.

The name was chosen in part for the name of the local community, Liulu (where the liu is Chinese for “six”), and partly because each of the members willing to take part is like a rare and precious gemstone. And with five-carat diamonds rare enough as it is, six-carat ones would obviously be even more valuable, making it a fitting descriptor for each and every member of the troupe.

The hard and the not

The journey has not always been an easy one for Six Carat. The first challenge was not so much the dancing itself as the teaching. Hsu was able to find teachers from among the students at the Department of Senior Citizen Welfare and Business, but the real concern was the amount of patience required to teach the elderly members the moves. Fortunately, the first teacher they had, Liao Yali, had plenty of experience with dance along with the patience necessary, and found teaching the troupe “pretty fascinating.”

But how would these elderly dancers take to the hip-winding, fast-paced moves and the bright colors of their outfits? After all, learning hip-hop dance well enough to perform on stage would be the bare minimum required of the troupe, and hip-hop dance has a look, sound, and style that are distinctive to it which they would need to adopt. Having reached their 70s and 80s, though, the members would be coming to it with their own long-held values and ideas. Would they really be able to communicate with young people on their level, or even be open to their way of thinking?

For example, the song they started out with—Lady Gaga’s “Telephone”—was in unfamiliar English and had a rhythm and sound to it completely unlike the Taiwanese songs and music they were accustomed to. Would they even be able to pick up the rhythm? Their instructors, themselves not especially good Taiwanese speakers, worked hard to mix a few phrases of the language in with their Mandarin, along with using body language and tone of voice to help convey her ideas to the dancers and encourage them to dance along with popular music. Looping ten- or 20-second sections of the music, Liao broke the dance routine down step by step, helping her dancers gradually get used to the music through repetition. “After a while, they even started counting out the beats themselves!” she exclaims.

The next step was making everyone pop in their performances and enabling them to coordinate with projects like Hon­dao Senior Citizens Welfare Foundation’s Seniors on Broadway, which meant a distinctive and colorful uniform. Their second dance teacher, Liu ­Xinru, arranged with sportswear maker Funiversity for the troupe to be kitted out for their performance in the baggy basketball uniforms so common in hip-hop dance, made in a bold, eye-catching purple.

At first, the troupe members were repulsed, with some remarking that no self-respecting person their age would dress like that, leaving Liu shedding tears of frustration. Nevertheless, she persisted, talking it over with them and asking family members to help out by doing things like passing around photos or videos of the members in their uniforms to friends. As the positive reactions grew, the elderly dancers began to realize that wearing the outfits wasn’t as bad as they had thought, and actually was kind of neat. Their resistance began to soften, and after their performance at the Taipei Arena, they even started to see the uniforms as a source of pride.

Beyond the dancers, Six Carat also depends on another key figure—the leader of their volunteer team, ­Huang Zhang­geng. To the members and teachers of Six Carat, and to Hsu Mei-chi, ­Huang is all but a wizard, capable of handling virtually any problem that arises. When the microphone in their second-floor hall is out of power, ­Huang whips out a battery from who-knows-where; when one of the dancers is a no-show, ­Huang finds out what happened with a phone call so practice can go on without worries; when the troupe hits the road, ­Huang is there with their boxed lunches and drinking water. And if they don’t have enough dancers, guess who’s there to fill in?

The hip-hop spirit

Since Six Carat has begun capturing the attention of Taiwan, other senior service centers have started putting on their own hip-hop dance classes, even elsewhere in Shalu. Elders’ hip-hop dance has become marketable, helping realize one of the things Hsu Mei-chi set out to do in the first place: to demonstrate the importance of thinking about what’s possible. That no-one has done something before doesn’t mean it can’t be done.

Overcoming the ailments of old age to learn “young people’s” dance along with unfamiliar foreign music and eye-catching costumes has given these elderly people the chance to make up for missing the opportunity to learn to dance when they were young, and to learn not to let difficulties deter them, and so to live happier, more confident, and more determined lives. What Six Carat has really shown is the true spirit of hip hop.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

一圓熱舞夢

大放異彩的六克拉舞團

文‧黃淑姿 圖‧林格立

在台中沙鹿六路社區的二樓禮堂,不斷播放著〈Despacito〉這首歌的前奏,眼前隨著音樂起舞的長者,是六路社區發展協會關懷據點六克拉舞團的團員,平均年齡超過72歲,去年因為一支MV在網路爆紅,讓網友們讚嘆著:這些身穿紫色藍球衣大跳嘻哈的老人家,真是活力十足!

 


 

2017年10月六克拉舞團從地方社區的表演場,登上張惠妹等巨星登台過的台北小巨蛋舞台表演,迎來發展高峰,顛覆眾人以為老人家只能跳土風舞的刻板印象,引發媒體關注,後來更陸續受邀到全國各地表演。

事實上,這些長輩們並非嘻哈舞的初學者,從舞團創立的2010年開始到現在,他們已經跳了足足7年,成員也換血過幾次。想想真有勇氣!嘻哈舞向來是年輕人的專長,而這一群年齡總和二千多歲的長者們,不只身體不如年輕人靈活,更有人膝蓋曾經受傷,或被診斷為嚴重骨質疏鬆,甚至還有人些微失智。

一向在地方表演慣了,從沒有想到可以站上台北的國際性舞台,對長輩們來說,更多的是因期待而來的壓力。克服了這一切,站上小巨蛋舞台完成表演,下了舞台之後依然練習不輟,直到有人的身體再也無法支撐,或者失智程度已經嚴重到無法正常練習,才退出舞團。

創立舞團尋找可能性

舞團之所以創立,來自當時仍任職於弘光科技大學老人福利與事業系(簡稱「老福系」)的教授許美僟,結合社區與學校的資源而促成。

她發現,當地社區的老人家很少主動走出家門,除了到樂齡中心上課以外,其他時間都待在家裡「閒晃」,久而久之就越來越不喜歡走出家門。許美僟因而開始思考:有沒有可能創辦一個自主性的社團,有別於長青學苑經常舉辦的唱歌、爬山等休閒活動,樂齡中心有更高的教育意涵,希望計畫性地讓老人家學習特定課程,並且也鼓勵他們能在上課以外的時間,願意跨出家門,到社區公共空間來參與社團活動。

該設立什麼社團呢?許美僟靈機一動:「何不讓老人家來跳熱舞?」從小就喜歡熱舞的許美僟,想讓長輩們嘗試更多的可能性,打破老人家只能跳土風舞、打太極拳的框架;系上有學生參加熱舞社,正好可以擔任舞蹈老師!因此,憑著一股「誰說老人不能跳熱舞」的突破性概念,由高齡學員組成、專跳節奏快嘻哈舞蹈的「六克拉舞團」,就這麼誕生了。

取名六克拉,是因為舞團成員都來自「六」路社區,而每一個願意來跳嘻哈舞的成員都如同鑽石一般珍貴,五克拉的鑽石已經很稀罕了,六克拉自然更加珍貴,六克拉舞團的每一位成員,也是如此。

老人跳嘻哈,是難也不難

如何讓老人家願意接受從沒跳過的嘻哈舞蹈?許美僟說,反而是從招生就沒有遇到太大困難。「一開始,社區的人都跟我說,若沒有提供禮物,老人家是不會來參與活動的。」但她不這麼認為,平日常在社區運動的許美僟,開始在運動時多走一點路,頻繁地去附近的廟埕、雜貨店跟老人聊天,並請社區志工隊隊長黃長庚挨家挨戶打電話、拜訪,鼓勵老人家來跳舞。一開始有二十幾位報名,極盛時期最高紀錄更有七十多位一起跳嘻哈舞。原來,「有些人跟我一樣都是舞蹈愛好者,從年輕跳到老,也有些過去一直忙於生計,現在退休了來六克拉,一圓跳舞夢。」

然而,六克拉一路走來,並非一帆風順。難處並不在跳舞本身,雖然許美僟找來的舞蹈老師,由弘光大學老福系的學生兼任。但學生同時是熱舞社成員,本身具備舞蹈專業,又有耐心,因為教長者跳舞更需要耐心,年輕人只需要練習三、四次就能學會的舞蹈動作,長者們要花上四到五倍的練習次數,才能稍微上手,第一任舞蹈小老師廖雅莉不以重複為苦,反而覺得教長輩跳舞「挺有趣的」。

最困難之處,在於長輩們如何接受嘻哈舞扭腰擺臀的舞步、快速的節奏,與鮮豔的穿著打扮?畢竟,社團成立後要站上舞台表演,學會跳嘻哈舞步只是最基本的,從音樂、服裝、化妝,以至如何走位等等,嘻哈舞都自有一套風格與脈絡。活到七、八十歲的長輩們,多年來已經養成的固定價值觀,是否能嘗真正與年輕人溝通,甚至接受意見,做出改變?

比如說,開始選用Lady Gaga的〈Telephone〉英文歌跳舞,不是長輩們朗朗上口的台語歌,別說陌生到聽也聽不懂,連音樂旋律都跟向來熟悉的台語歌完全不同,如何能隨音樂節奏而起舞?不太會說台語的小老師們,國語中夾雜著幾句生澀的台語,努力搭配肢體動作、聲音表情,向長輩們傳達自己的想法,鼓勵長輩們使用流行音樂來跳嘻哈。10秒、20秒地重複播放同一段音樂,一步步分解舞蹈動作,用手打響拍子,讓長輩們在重複又重複的練習中,逐漸適應新音樂。「到後來,他們甚至會自己數拍子了!」老師廖雅莉說。

為了上鏡突出,也配合仙角百老匯其他隊伍的整體視覺,必須從隊服顏色上做出區隔。第二任舞蹈小老師劉欣茹與專門製作球衣的「玩大學籃球服」討論,以跳嘻哈舞常穿的寬大籃球衣,搭配大膽鮮豔的紫色,作為上台表演的制服。

一開始長輩們非常排斥,甚至認為「哪有老人家穿這種衣服!」長輩的拒絕,讓劉欣茹一度挫折地流下眼淚。但她並不放棄,依然繼續與長輩溝通,請家人從旁說服,或者幫長輩拍攝穿上隊服後的影片,傳給他們的朋友看,當正面的迴響與讚美越來越多,長輩們開始意識到:「這樣穿好像沒有想像中那麼糟,甚至還真有那麼一點意思。」於是乎,終於慢慢放下心裡的抗拒;經歷小巨蛋的舞台震撼後,發現這套隊服為自己帶來的是更多榮耀與鼓勵,更以穿上這套隊服為榮。

除了團員的努力,六克拉另一位關鍵靈魂人物是志工隊長黃長庚。對六克拉舞團成員、小老師和許美僟而言,黃長庚簡直是萬能的哆啦A夢,無論遇到什麼疑難雜症,他都有辦法解決。二樓禮堂的麥克風沒電了,黃長庚不知從哪裡變出電池,順利解決問題;舞團中的阿娥還沒來,黃長庚一通電話弄清楚原因,讓其他人安心開始排練;出團表演時,該準備的飲水、便當等等,也是黃長庚一手包辦。甚至舞團人數不夠,黃長庚也要親自下海認真練舞,上台演出。

六克拉的嘻哈精神

自從六克拉在眾人視線中綻放光芒後,台灣其他樂齡中心也開始舉辦嘻哈舞課程,更有同在沙鹿地區的舞蹈教室,以老人嘻哈舞團為號召攬客,證明老人嘻哈舞具備某種程度的市場性,這正是許美僟當初創立舞團時所想做到的:讓人們看到「可能性」的重要意義。不因為過去沒有人這麼做,就認為不可能,就放棄了。

克服年老身體病痛、退化的障礙,在晚年學習年輕人的嘻哈舞,穿上跳脫傳統的寬大鮮豔球衣,隨著不熟悉的外語流行音樂起舞,彌補年輕時沒有機會學跳舞的遺憾,付出努力,不被困難束縛,因這一切創造性的改變,讓人更滿足、更自信、更堅強。六克拉所體現,不正是嘻哈的精神嗎?

ヒップホップの精神

注目される6カラット舞踊団

文・黃淑姿 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

台中市沙鹿六路地域の二階建ての講堂では流行のダンス音楽「デスパシート」の前奏が繰り返し流れている。音楽に合わせて踊っている高齢者たちは六路コミュニティ発展協会の6カラット舞踊団のメンバーだ。平均年齢は72歳を超えるが、昨年彼らのダンス動画がネットで大ヒットし、絶賛された。紫色のバスケ・ユニフォームを着てヒップホップを踊るお年寄りたちは、活力に満ちあふれている。


2017年10月、それまで地域のステージで踊っていた6カラット舞踊団は、スター歌手、張惠妹(アーメイ)が台北アリーナで開いたコンサートのステージに立った。お年寄りが躍るのはフォークダンスというイメージを覆し、マスコミにも注目され、全国各地に招かれるようになった。

実は、この高齢者たちはヒップホップを始めたばかりではない。2010年の舞踊団設立以来、すでに7年にわたって踊っており、メンバーも幾度も入れ替わってきた。ヒップホップダンスは若者のものとされ、高齢者は若者のように身体が自由に動かない。膝の痛みや骨粗しょう症を抱える人もいれば、軽度の認知症の人もいる。

これまで地方の舞台で踊ってきた彼らが、台北の世界的なステージに立つこととなり、そのプレッシャーも相当なものだった。だが、台北アリーナのステージを終えた後も練習を欠かさず、いよいよ本格的に身体が動かなくなったり、認知症で練習ができなくなるまで踊り続けている。

ダンスグループで可能性を探る

この舞踊団は、弘光科技大学老人福祉・事業学科の許美僟教授が、コミュニティと学校のリソースを統合しようと立ち上げたものだ。

地域のお年寄りが家から出る機会が少ないのを見て、許美僟は自主的な団体を作ってはどうだろうと考えた。よく見られるコーラスや山登りではなく、また高齢者センターの教育的なカリキュラムとも違い、練習時間でなくても公共の空間へ出ていって参加できる活動である。

そこで、ダンスはどうだろうと考えた。もともとダンスが好きな許美僟は、高齢者に自らの可能性を試してもらいたいと思い、フォークダンスや太極拳といった従来の枠を抜け出すことを考えた。そこで大学のヒップホップダンスクラブの学生が教師になれることを思いついた。「お年寄りにヒップホップはできないなんて誰が言った?」という思いで、高齢者のグループを作り、ヒップホップダンスを専門とする「6カラット舞踊団」を結成したのである。

「6カラット」という名前は、メンバーが「六路」地域に暮らしていること、そしてダイアモンドのように尊い存在だという意味を込めた。

難しくてもできる

では、お年寄りたちにどうやってヒップホップダンスを受け入れてもらったのだろう。許美僟は、メンバーを集めるのは難しくなかったと言う。最初、地域の人から「何かプレゼントを用意しておかなければ、お年寄りは活動に参加しない」と言われたが、彼女はそうは思わなかった。普段から地域でスポーツをしている彼女は、いつもより少し遠くまで走り、近所の廟や雑貨屋などを訪ねてはお年寄りと話をし、コミュニティのボランティア隊長である黄長庚に頼んで一軒ずつ電話をかけ、訪ねて説得してもらった。こうして最初から20数名が参加を申し込み、多い時には70人余りまで増えたこともある。

だが6カラットの運営は常に順調だったわけではない。難しいのはダンスそのものではない。許美僟は弘光科技大学の学生にダンス講師を依頼した。もともとダンスクラブに所属する学生で、ダンスは専門だし、根気もある。年配者にダンスを教えるには根気が必要だ。若い人なら3〜4回練習すれば覚えられるところを、高齢者の場合は4〜5倍の時間をかけなければならない。初代の講師を務めた廖雅莉は、幾度も同じ練習を繰り返すことを厭わず、むしろ年配者に教えることがおもしろかったと言う。

最大の困難は、高齢者にヒップホップダンスの動きや速いリズム、派手なユニフォームなどを受け入れてもらうことだった。舞踊団の目標は舞台で踊ることなので、ヒップホップのステップは基本動作である。さらに音楽、服装、化粧などにもヒップホップのスタイルがある。長年にわたって培ってきた価値観を持つ70代、80代の年配者が、若者と真剣に向き合い、その意見を受け入れて変わることができるだろうか。

最初にレディ・ガガの「テレフォン」という歌をダンスに採用したが、歌詞は年配者に親しみのある台湾語ではないので、内容がわからないだけでなく、メロディも慣れ親しんだ曲調とは違う。若い講師は得意でない片言の台湾語を交えながら、動作や表情で自分の考えを表現し、この音楽でヒップホップを踊るよう鼓舞し続けた。そして10秒ずつ、20秒ずつ同じ音楽を繰り返し流して少しずつ振り付けを教え、手拍子でリズムを取るように指導した。こうして繰り返し練習していくうちに、高齢者も新しい音楽に適応していき、「最後には自分たちでリズムが取れるようになったんです」と廖雅莉は言う。

次に講師を担当した劉欣茹は、他の舞踊団と見分けがつくように、大きめのサイズの紫色バスケのユニフォームを着てもらおうと考えた。

だが、年配者はこれを受け入れず、劉欣茹は涙を流したこともあるという。それでもあきらめず、コミュニケーションを続けた。ユニフォームを着た動画を多くの人に見てもらったところ、その評判が良かったので、メンバーも「そんなに悪くない。おもしろいかも」と考えるようになり、少しずつ受け入れていった。台北アリーナのステージに立った後は、このユニフォームに愛着と誇りを持つようになったのである。

舞踊団のもう一人の中心的人物はボランティア隊長の黄長庚である。メンバーや講師、許美僟にとって黄長庚は万能のドラえもんのような存在で、どんな問題が起っても彼なら必ず解決してくれる。例えばマイクの電池が切れれば彼がどこからともなく電池を出してくれるし、メンバーの一人が来ていなければ彼が電話一本で状況を確認してくれる。地方へ公演に出かける時は、飲み物や弁当の準備もすべて引き受けてくれる。また、踊り手の人数が足りない時には、彼が自らステージに立ってくれるのである。

6カラットのヒップホップ・スピリット

彼らの活躍を目にし、各地の高齢者センターもヒップホップを取り入れ始め、同じ沙鹿地域のダンス教室も高齢者のヒップホップダンスを打ち出した。これこそ許美僟の狙いで、人々が「可能性」を感じてくれることが重要なのである。

高齢者が身体の痛みや衰えと闘いつつ、馴染みのない音楽に合わせて若者のダンスを学ぶ。困難を克服して努力するというクリエイティブな変化は、人を満足させ、自信を持たせ、強くする。それこそヒップホップのスピリットではないか。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!