Green Island Reflections

:::

2018 / January

Jimmy Lin /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Phil Newell



After 50 minutes bobbing through mighty waves, the ferry from Tai-tung’s Fu-gang Fishing Harbor finally brings us to Green Island, which stands alone out in the Pacific Ocean.

This is a place where political prisoners were once confined, and the hillsides still retain patriotic slogans carved back then. Today, Green Island has been transformed into an ecotourism island, with a unique topography, rich undersea ecology, and year-round diving. The blue sky, jade-green sea and sunshine call out to friends from all over to bring their youthful vitality to Green Island.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

映象綠島

文‧林格立 圖‧林格立


從台東富岡漁港搭上交通船,約莫50分鐘的大浪翻騰考驗,終於來到孤懸於太平洋上的綠島。

它曾經是禁錮政治犯的地方,島上的山壁上還留有當年鑿刻的愛國標語。走過這段歷史,綠島目前已經轉型為生態旅遊島,奇特的地形地貌,還有豐富的海底生態資源,一年四季都適宜潛水。藍天、碧海、陽光呼喚著來自各地的朋友,盡情的在綠島揮灑青春。

緑島を見つめる

文・林格立 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜


台東県の富岡漁港からフェリーに乗り、荒波にもまれること50分、ようやく太平洋に浮かぶ緑島に到着する。

かつて、この島には政治犯が流され、崖には当時の愛国のスローガンが刻まれている。が、その歴史を乗り越えた現在の緑島はエコツーリズムの島である。珍しい地形や海中の豊富な生物に恵まれ、四季を通してダイビングが堪能できる。青い空と透き通る海は、青春の旅にふさわしい。

 

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!