The Third Tang Prizes

Innovation, Sustainability and East-West Exchange
:::

2018 / November

Esther Tseng /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Jonathan Barnard


“The ultimate effect of social transformation in the Tang and Song dynasties was the expansion of the common people’s power.” So remarked Dr. Yoshinobu Shiba, winner of the third Tang Prize in Sinology, in an exclusive interview with Taiwan Panorama. The power of the common people repelled raids by barbarians, thus allowing for the cultural achievements of the Tang and Song dynasties, he explains. Moreover, the common people of Fu­jian and surrounding areas would demonstrate their empowerment through emigration, which laid the groundwork for the contributions of today’s overseas Chinese.

 


 

The Tang Prizes are known as the “Nobels of the Far East,” and this year’s eight winners came to Taiwan in September to take part in the awards ceremony and lecture series. The winners have actively engaged in research to confront the threat posed by climate change, to develop drugs that combat cancer, to highlight the economic achievements of the Song and Tang dynasties, and to foster important conversations about the importance of rule of law to freedom and democracy—thus helping to shape important viewpoints and values for the 21st century.

Although the prizes are international, Dr. ­Chern Jenn-­chuan, CEO of the Tang Prize Foundation, points out that they were established through a gift from the Taiwanese entrepreneur Samuel Yin. In contrast to the Nobel Prizes, which honor contributions to basic scientific research, literature, and peace, the Tang Prizes have been adapted to meet current world developments and challenges, with prizes in Sustainable Development, Biopharmaceutical Science, and Rule of Law. A Tang Prize in Sinology was also established to showcase Eastern values and to highlight differences between Eastern and Western culture.

Yoshinobu Shiba: The people’s power

One of the two prizewinners for Sinology this year, Yo­shi­nobu ­Shiba, a native of Tokyo and a representative figure in the “Tokyo school” of Japanese sinologists, is noted internationally as an expert on Chinese economic and social history. Now 88, he has spent more than six decades researching Song-Dynasty economic and business history, as well as the history of the overseas ­Chinese.

In a Taiwan Panorama interview at the Grand Hotel in Tai­pei, Shiba revealed that it was largely through the influence of his parents that he pursued sinology: “Originally, I wanted to research German economic history, but my father said that as Chinese characters had long been used in Japan, I’d be sure to do better using Chinese to do research than using German. What’s more, my mother had a relative engaged in research on Chinese society who would often talk about the joys of conducting research in China. That instilled a sense of longing in me.”

Shiba, who often rests his forehead on his fingers as he pauses to consider how to best answer a question, points out that the ultimate effect of social change in the Tang and Song dynasties can be described with one phrase: Power came to the people. In Europe, it wasn’t until the Commercial Revolution of the 11th century that the common people began to obtain power. In Japan it took until the To­ku­gawa Shogunate era (1600‡1868) for this process to start. But it happened much earlier in China, and it had a much broader impact. It was a major factor in the blooming of Tang-Dynasty culture in the eighth century. 

He cites an example: In the middle period of the Tang Dynasty, with more than a million mercenaries in China, there was an immense need to supply troops and horses with food. The government turned that job over to merchants and hauliers. This had obvious results in helping to repel invasions by the Khi­tan and Jur­chen, and it also helped to raise the status of merchants. With the construction of the Grand Canal in the Sui Dynasty, local products could be marketed all over the country, and locales became known for their production of certain goods, such as brocade from ­Chengdu and porcelain from Ding­zhou. Meanwhile, merchants began to leverage the difference between the cost of production and the price of sale to amass great fortunes.

Yoshinobu Shiba has sifted through tremendous amounts of data and information, gaining knowledge that has led him to grasp the essence of the Song and Tang dynasties. At the end of our interview, he spoke of what he regards as the most important advice about how to live one’s life: “Don’t let yourself be swayed by the outside world, but rather be firm to your purpose.” For instance, when he was engaged in sinological research in the 1970s, China was in the throes of the Cultural Revolution and Marxism was in the mainstream of international thought. Opposition to capitalism made it difficult to conduct research and gather data about commerce. But even though his research ran against the currents of the day, he stayed true to his original intentions and pressed ahead.

Bright international lights

The Tang Prize Foundation works with important international academic organizations to put on the Tang Prize Lectures, so that the impact of the Tang Prizes will extend throughout the world and raise Taiwan’s visibility on the international stage. For instance, in 2016 the foundation formed a nine-year partnership with the International Union of Biochemistry and Molecular Biology to sponsor international forums related to these two areas of research and to provide young scholars with travel funds to conduct research abroad and attend international conferences, thereby cultivating professional talent and innovation in the biomedical field.

The IUBMB held its 24th Congress in Seoul this year. To kick off the event, Ta­suku ­Honjo, who won both the first Tang Prize in Biopharmaceutical Science and a Nobel Prize for medicine, delivered the Tang Prize Lecture to the more than 2500 experts attending the event, sharing his achievements in immunotherapy.

Masters and novices

It’s not simply a matter of drawing international attention: The Tang Prize Foundation also works with universities and high schools to get Tang Prize winners to put on Tang Prize Master Forums on campuses in Taiwan. These events aim to inspire and to pass down an intellectual legacy. 

The two winners of this year’s Tang Prize in Sustainable Development, James E. Hansen and Veera­bhad­ran Ra­ma­na­than, respectively went to National Central ­University and National ­Chung ­Hsing University to discuss the issue of climate change and how to respond to it. Meanwhile, two of the Biopharmaceutical Science winners, Tony Hunter and Brian J. Druker, respectively went to National Taiwan University and China Medical University to discuss the obstacles and breakthroughs they have encountered on the road of scientific research. Winner in Sinology Yo­shi­nobu ­Shiba lectured at Tai­nan’s National ­Cheng Kung University on “Jing in Tai­nan Prefecture Temples and the Social Organization of the Chinese.” Stephen Owen, this year’s other winner in Sinology, spoke about the challenges he faced when researching Chinese literature from the Han to the Tang and Song dynasties. Meanwhile, Joseph Raz, winner in Rule of Law, was invited to National Cheng­chi University to discuss the innate value of law.

James Hansen, Tang Prize winner in Sustainable Development, who used to head NASA’s Goddard Institute for Space Studies, delivered the lecture “Young People’s World: Making Your Future” to more than 200 high-school students from across Taiwan at the Affiliated Senior High School of National Taiwan Normal University. Afterwards, the young students asked Hansen questions about ideology, Taiwan’s energy policies and the issue of nuclear development.

Trickle-down research funding

The Tang Prizes come with NT$50 million in prize money, of which NT$10 million must be spent to support other research. This grant-money share of the award effectively creates “sub-prizes,” adding to the impact of the Tang Prizes and making up for a deficiency characteristic of many international prizes, which are typically awarded to people who have already made their achievements, while overlooking the need to encourage young scholars. For instance, Yu Ying-shih, the winner of the first Tang Prize for Sinology, used this grant money to establish the Yu Ying-shih Fellowship for the Humanities, which provides a five-year grant to young researchers to enable them to write books or doctoral dissertations.

Gro Harlem Brundtland, the winner of the first Tang Prize in Sustainable Development and a former prime minister of Norway, gave half of her grant money, NT$5 million, to the Milgis Trust, a conservation organization, to be spent on efforts to protect elephants. The other half was spent to establish the Gro Brundtland Award and to commission National ­Cheng Kung University to hold a “Gro Brundtland Week of Women in Sustainable Development” for three successive years beginning in 2016. Women scientists from developing nations are chosen to come to Taiwan to get a feel for the nation’s energy and experience, thus fostering international connections. 

Currently executive librarian of the Toyo ­Bunko (Oriental Library) in Tokyo, Yo­shi­nobu ­Shiba is an expert at making deep investigations of complex historical materials. He plans on taking a portion of his NT$5 million research award to establish a scholarship at the Toyo ­Bunko that will encourage Japanese youth to participate in researching and organizing some 24,000 documents and document fragments donated to the Toyo Bunko by the Morrison Foundation. He plans on using another portion of the grant money to compile an electronic dictionary of social and economic terms.

Like Yo­shi­nobu ­Shiba through his study of Tang- and Song-dynasty prosperity, the Tang Prizes hope to highlight and carry forward the spirit of the Tang Dynasty. By leveraging the award winners’ achievements, it is hoped that the awards will promote East‡West cultural and scientific exchange and bring new vision and innovations to current social issues—so that the world can work together in peace and pursue sustainable development.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

東西交融.創新永續

第三屆唐獎,影響遠播

文‧曾蘭淑 圖‧莊坤儒

「唐宋社會變遷的最終結果,就是擴大庶民的力量。」第3屆唐獎漢學獎得主斯波義信接受《台灣光華雜誌》專訪時指出,這個庶民的力量不僅支撐唐宋對抗蠻夷,營造唐宋文明發展,並且帶動福建一代華人往海外移動,造就今日華僑的貢獻。

 


 

有東方諾貝爾獎之稱的「唐獎」,第三屆8位得獎主9月訪台,參加頒獎、演講等一系列活動,得獎主用行動與科學研究對抗氣候變遷的威脅;以標靶藥物抗癌;傳達唐宋盛世經濟與文學的奧妙;以及彰顯法律與民主、自由相互對話的重要,並向全世界傳達21世紀當前重要的觀點和價值。

作為一個國際獎項,曾任行政院公共工程委員會主委、現任唐獎基金會執行長陳振川指出,唐獎在2012年由台灣企業家尹衍樑出資設立,與獎勵基礎科學研究、文學與和平貢獻的諾貝爾獎不同的是,唐獎是因應現今世界發展與挑戰,設置永續發展、生技醫藥與法治獎,並且設置漢學獎以突顯東西方文化的差異與價值。

斯波義信:庶民力量強大

此屆漢學獎2位得獎人之一,出生日本東京的斯波義信,是國際知名中國經濟社會史的專家,也是日本漢學界「東京文獻學派」代表人物。現年88 歲的他,投入宋代經濟史、商業史與華僑的研究,超過一甲子時間。

斯波義信在台北圓山飯店接受《光華》專訪時透露,會從事漢學研究,主要是受其父母親影響,「我原本想研究德國經濟史,但父親認為漢字是日本一直使用的外國語,用漢字作研究一定比用德語作研究來得強;加上我母親的親戚從事中國社會的研究,常在家中談論前往中國考察作調查的樂趣,讓我心生嚮往。」

選擇唐宋作為研究的朝代,是因為日本原本深受唐宋文化影響,因此對唐宋十分有親和感,在學術界也有研究唐宋的傳統。

面對問題,總是用手指枕著額頭,並且思考片刻才回答的斯波義信指出,唐宋社會變遷最終的結果,可以用一句話來形容,就是帶給平民百姓力量。歐洲在11世紀的商業革命才賦予平民力量,日本要遲至德川幕府時代才啟動,但對照中國,時間更早,而且規模更大,這是造就8世紀唐宋文明的重要原因。

斯波義信在其享譽國際的專著《宋代商業史研究》、《宋代江南經濟史研究》中有很深刻的論述,中國自古有四民之說,士農工商,工商階級被列為最末一等,但唐宋因為交通與技術的發達,帶動商人崛起,所帶來社會變革的力量涉及範圍非常廣。

他舉例說,唐朝中葉,傭兵人數超過100萬人,軍隊補給所需的糧草,政府交給內地民間商人和水陸運業者主導,這在防止契丹、女真的侵略上發揮了顯著的效果,也造就商人地位的提高。而早在隋代所開鑿大運河,讓地方特產得以銷售至全國各地,當時出現如成都「蜀錦」、定州窯的「定瓷」等28項天下絕品的特有產業,商人也利用生產地與消費地的差價,累積了大量財富。

唐宋時代就有華僑流動的雛型,他發現來自華南、華中到福建的移民,由於可開墾的土地有限,再加上福建人特別重視人才教育,導致進士科學考試有半數以上都是福建人,並且鼓勵到首都開封或是大城市杭州留學,這些地域變革引發人才輸出海外的現象與趨勢。對照華人在海外的經濟活動,「我認為共通性就是一個合理主義,因為中國社會思想與人文背景,從禪宗與易學中有順其自然的思想根源,中國人找到最不牽強、最合理的出發點來做。」斯波義信不疾不徐地說。

斯波義信從唐宋文明提煉出知識譜系的結晶,廣泛而精湛。中研院歷史語言研究所研究員陳國棟認為,他的博通強化了專精的力量。專訪最後,斯波義信談到人生最重要的宗旨,「不為外界所動,堅守崗位」,尤其是他在1970年代從事漢學研究時,當時中國爆發文化大革命,加上馬克思主義儼然是當時世界思潮的主流,反資本主義的意識型態,讓他不易蒐集商業研究的資料,但縱使他的研究與主流相悖,也堅持初衷,一往直前。

大師論壇,國際發光

唐獎的得獎者都是像斯波義信這樣,對串聯東西文化、科技,解決全球議題有創新貢獻及實質影響力的成就者。為了分享得獎人的貢獻,唐獎基金會與世界級重要的學術組織合作,舉辦「唐獎專題講座」,將唐獎的影響力向世界延伸,同時增加台灣在國際上的能見度。例如唐獎基金會2016年與國際生化與分子生物學聯盟(簡稱IUBMB)簽訂9年合作協議,贊助生化或分子生物領域相關國際會議,並提供年輕學者移地研究和參與國際會議的旅費,培育生醫領域專業人才與創新。

今(2018)年IUBMB在韓國首爾舉辦的第24屆代表大會,會前由唐獎獎座開場,邀請第一屆生技醫藥獎得獎人,也是甫獲得諾貝爾醫學獎的本庶佑,發表唐獎專題演講,向與會二千五百多位生物科技與生命科學的專家,分享他在癌症免疫療法的成果。

唐獎得獎人自2015年起,連續4年在國際生技醫藥領域中最大的盛會之一實驗生物學國際組織(簡稱EB)舉辦唐獎專題講座,今年4月在美國聖地牙哥舉辦的EB年會,第二屆唐獎生技醫藥獎得主張鋒發表他所開發出一種基因檢測系統「夏洛克」(SHERLOCK),使得基因檢測的效率和靈敏度大幅提升,吸引超過6,000位生醫領域的專家聆聽。透過這些國際學術盛會,讓台灣的能量被國際看見。

年輕學子,親炙大師

不只國際發聲,唐獎教育基金會另外安排得獎人深入台灣的大學、高中校園,與學校聯手規劃一系列具有傳承及啟發意義的「大師論壇」。

今年永續發展獎兩位得主詹姆士‧漢森及維拉布哈德蘭‧拉馬納森分別到中央大學及中興大學,探討氣候變遷議題及解決之道。而生技醫藥獎得主、標靶治療先驅東尼‧杭特及布萊恩‧德魯克爾分別在台灣大學與中國醫藥大學,分享他們在科學研究路上遇到的困境與突破。漢學獎得主斯波義信前進台南成功大學,講述「台南府城廟宇的『境』與華人社會組織」;另一位漢學獎得主宇文所安則在臺灣師範大學,暢談研究兩漢到唐宋文學的困難。法治獎得主約瑟夫‧拉茲則受邀到政治大學探討法律的本質。

永續發展獎得主、前美國NASA哥達太空研究所所長詹姆士‧漢森,則以「新世代的世界:創造你們的未來」為題,在台北師大附中與全省二百多位高中生對談,青年學子提出意識型態與台灣的能源政策及核電發展問題,就教於大師。

詹姆士‧漢森認為,台灣有很多受到良好教育的人民,可以客觀評估與討論核能發電的問題,雖然台灣有地震、颱風,但有關核能建設的安全機制已經相當完備,他鼓勵年輕學子以科學的精神,蒐集所有有用的資料,並且能夠自我批判和接受檢驗,分析、比較與評估石化燃料、核能與再生能源對健康的影響,以及對地球生態的衝擊,建立一套客觀、可比較、量化的數據資料,讓能源議題的討論能夠更加公開透明。

此外,唐獎還舉辦「高中(職)青年學子創意提案」活動,鼓勵學生以唐獎4大獎項領域為基礎,發揮創意與巧思,實踐改造社會的精神。今年台南一中科學班「華佗急先鋒」結合唐獎漢學獎及生技醫藥獎的精神,設計出富含中醫知識的「未央村:中醫桌遊」,玩家需在有限的時間內,依據病症蒐集藥材,開立藥方贏得比賽,拿到第一名3萬元的獎金。

獲得銀獎的南投中興高中,關心社區老年化問題,向中興新村的長輩宣導反詐騙、以房養老、遺產贈與等法律常識,符合唐獎法治獎精神。新竹高中「作田人」團隊則在竹東三重埔租地種稻,從插秧、收成到最後產出「作田人米」,透過農務勞動,找回人與土地的關係,符合唐獎永續發展獎精神,拿到銅獎。

唐獎獎金,效益擴散

唐獎每一個獎項5,000萬元台幣的獎金,其中1,000萬元指定用途,必須用在獎勵研究上,這項用意也讓此獎助成為唐獎的「支獎」,發揮擴散效應,同時可彌補許多世界知名獎項總是頒發給已有成就的人士,卻忽略鼓勵年輕學者的遺憾。例如2014年第一屆漢學獎得主余英時將其獎金設立5年為期的「余英時先生人文研究獎」,用於獎助漢學與人文研究的年輕學者撰寫專書或博士論文。

第一屆永續發展獎得主、挪威前總理格羅.哈萊姆.布倫特蘭,將其半數的獎金500萬元捐給肯亞地區Milgis Trust保育團體,用來保育大象的工作;另外半數獎金成立「格羅.布倫特蘭獎」(Gro Brundtland Award),委託成功大學於2016年起連續3年舉辦「女性永續科學週」活動,選拔開發中國家的女性科學家來台參訪及巡迴演講,讓開發中國家學者感受到台灣能量與經驗,進而產生國際連結。

目前擔任東洋文庫館長的斯波義信,擅長從複雜史料中抽絲剝繭,他透露,計劃運用唐獎提供的500萬元研究獎金,一部分捐給日本東洋文庫設立獎學金,鼓勵年輕人共同參與漢學研究,分析整理Morrison基金會所提供2.4萬筆社會科學的古籍與殘片的資料;另一部分獎金將用來編纂社會經濟學學術用語的電子辭典。

唐獎名為「唐」獎,就像斯波義信所研究的唐宋盛世,期待發揚盛唐精神,通古今之變,藉由得獎者的影響力與實際貢獻,促進東西文化與技科的交流,並且面對當前社會發展的變局,以新視野與新思維所注入的實際行動,讓全世界和諧共存、永續發展。

世界で注目される 第三回「唐奨」

革新とサステナビリティ

文・曾蘭淑 写真・莊坤儒 翻訳・松本 幸子

「唐や宋の時代における社会の変化が最終的にもたらしたものは、庶民の力の拡大でした」第3回「唐奨」で漢学賞を受賞した日本の斯波義信は本誌のインタビューでこう語った。この庶民の力は、夷狄に抗う力となっただけでなく、唐と宋の文明を発展させ、福建地方の華人を海外へと向かわせて後の華僑を生み出したという。


唐奨は「東洋のノーベル賞」と呼ばれる。第3回の受賞者8名は9月に台湾を訪れ、授賞式や講演に参加した。気候変動の脅威に対抗する研究、癌の分子標的治療薬、唐宋の経済や文学に関する研究、法律と民主主義や自由との関係を明らかにした研究などへの授賞だった。

行政院公共工程委員会の元主任委員で、現在は唐奨基金会CEOである陳振川は、世界的な賞である唐奨をこう説明する。2012年に台湾の企業家、尹衍樑によって創設。ノーベル賞が科学研究、文化、平和への貢献者に贈られるのに対し、唐奨は4分野、つまり「持続可能な開発」「バイオ医薬」「法の支配」、そして「漢学」を設けたことで東西文化の違いを際立たせた。

斯波義信:庶民の強大な力

今回、漢学での受賞者2名のうち、東京生まれの斯波義信は、国際的に著名な中国経済社会史学者であり、日本の漢学における「東京文献学派」の代表的人物だ。88歳の氏は宋代の経済史や商業史、華僑研究を60年以上続けてきた。

台北の圓山飯店で本誌のインタビューを受けた氏は、漢学の研究を始めたのは主に両親の影響だと語った。「本当はドイツ経済史をやりたかったのですが、父が『漢字は日本が使い続けてきた外国語だから、ドイツ語で研究するよりも有利なはずだ』と言い、それに母方の親戚が中国社会の研究をしており、よく中国に調査に行った話をしてくれて、興味を持ちました」唐宋代を選んだのは、日本への影響が深く馴染み深かったのと、学術界に研究の伝統があったからだった。

質問されるたびに指を額に当て、しばらく考えてから斯波は答える。唐宋代の社会変化が最終的にもたらしたものは一言で表せる。それは庶民の力だと。庶民の台頭は、ヨーロッパでは11世紀の商業革命時に、日本では江戸時代にやっと起こったが、中国ではより早く規模も大きいもので、これが8世紀の唐宋文明を主に作り上げた。

世界で高く評価された氏の著書『宋代商業史研究』『宋代江南経済史の研究』では、こう論じられている。中国では古くから士農工商の身分があり、工商は最下に置かれてきたが、唐宋の時代には交通や技術の発達によって商人が栄え、それがもたらした社会変革の力は広範囲に及んだ。

斯波はこんな例を挙げる。唐の中頃に朝廷は100万人以上の兵を抱え、その兵糧の補給を地方の商人や水陸運輸業者に託したが、これが契丹や女真など周辺民族の侵略防衛に大いに効果を発揮し、商人の地位も高まった。また隋の時代にすでに開通していた運河も、各地の特産品を全国に流通させ、成都で織られた「蜀錦」や定州窯の「定瓷」など28項目に上る名産が生まれ、産地と消費地との差額で商人も大きな富を得た。

華僑流動の雛形も唐宋時代にできあがった。斯波によれば、華南、華中、福建では開墾地が限られていたこと、また福建人は教育を重んじたため、開封や杭州などの大都市に出て勉学することが奨励され、それが海外移住への動きにもつながった。「海外での華人の経済活動は合理主義という共通点があると思います。中国の思想や文化には禅宗や易学の『自然の流れに任せる』という思想が根源にあるので、中国人は最も無理のない、最も合理的な出発点を見つけます」という。

斯波義信が鮮やかに描き出した知識の系図は、精緻で広範囲にわたる。中央研究院歴史言語研究所の研究員、陳国棟は、斯波の研究はその博識に支えられていると言う。インタビューの最後に、斯波は自らの人生哲学にふれた。それは「外の世界に惑わされず、自分の立ち位置を守る」ことだという。1970年代の文化大革命の頃は世界でもマルクス主義が潮流で、反資本主義のうねりの中、商業に関する研究資料を集めるのは大変だった。それでも氏は自身の研究を貫き通した。

唐奨講座

唐奨の受賞者は、斯波義信のように東西文化に通じ、科学の力で世界的な問題の解決や新たな成果を生み出している。その貢献を知ってもらおうと、唐奨基金会は世界の著名な学術団体と協力して「唐奨講座」を開いている。世界に向けて台湾を発信することにもなるからだ。例えば2016年に唐奨基金会は国際生化学・分子生物学連合(IUBMB)との間で、生化学及び分子生物学の分野を支援するという9年間の提携を結んだ。若い学者が他国で研究したり国際会議に参加したりする際の旅費や、生物医学の人材育成やイノベーションに援助をするものだ。

今年(2018年)IUBMBはソウルで24回代表大会を催した。大会前に唐奨講座も開かれ、第1回バイオ医薬賞の受賞者であり、ノーベル生理学・医学賞を受賞したばかりの本庶佑が講演者として招かれ、2500名余りの生物工学や生命科学の専門家を前に癌免疫療法の成果について語った。

バイオ医薬分野では世界最大の会議の一つである実験生物学会議(EB)でも、2015年から連続4年にわたり唐奨受賞者による唐奨講座が開かれている。今年4月の米サンディエゴでのEB総会では、第2回唐奨受賞者の張鋒が自身の開発した遺伝子検査システム「シャーロック」について、検査の効率や精確性が大幅に高められたと発表し、6000人余りの研究者が耳を傾けた。

若者とのふれあい

世界への発信だけではなく、台湾の大学や高校でも受賞者によるフォーラムなどを催している。

今年「持続可能な開発」で受賞したジェームズ・ハンセンとベアーラブハドラン・ラマナサンは、それぞれ中央大学と中興大学で、気候変動とその解決の道についてフォーラムを行った。またバイオ医薬の受賞者であり、分子標的治療の先駆者であるアンソニー・ハンターとブライアン・ドラッカーも、それぞれ台湾大学と中国医薬大学で、研究における困難やその克服について語った。漢学の斯波義信は、台南成功大学で「台南府城廟于の『境』と華人社会組織」という講演を行い、もう一人の漢学の受賞者、ステファン・オーウェンは台湾師範大学で、前後漢から唐宋の文学研究における困難を語った。「法の支配」での受賞者、ジョセフ・ラズは政治大学の招きを受け、法律の本質について対談した。

「持続可能な開発」の受賞者で、米NASAゴダード宇宙科学研究所の元所長ジェームズ・ハンセンは「新世代の世界:君たちの未来の創造」というテーマで、台北師範大学付属中学(高校)の生徒、及び台湾各地から参加した200名余りの高校生と対談した。生徒からは、イデオロギーと台湾のエネルギー政策や原子力発電発展などについて質問が出た。

ハンセンは、教育水準の高い台湾では原子力発電について客観的に評価・討論することが可能であり、地震や台風が多いとはいえ、原発建設の安全性はかなり確保されていると考えを述べたうえで、生徒たちをこう励ました。検証や自己批判に耐え得るよう、科学的に有益なあらゆる資料を集め、化石燃料や核エネルギー、再生エネルギーの健康への影響や生態への衝撃を分析・比較・予測し、客観的で数値化された比較可能なデータを構築すること。そうすれば核エネルギー問題の討論をより透明で公開されたものにできるだろうと。

ほかにも唐奨による「高校生の創意提案」というイベントがある。唐奨の4分野に沿って創意工夫を競うものだ。今年は台南第一高級中学(高校)科学クラスの「華佗急先鋒」チームが「未央村:中国医学テーブルゲーム」で優勝し、賞金3万元を獲得した。このゲームは、制限時間内に病状に応じた薬材の組合せを考え、処方箋を出すというものだ。つまり唐奨の漢学とバイオ医薬の2分野に沿った内容で、中国医学の知識を多く取り入れたゲームになっている。

銀賞に輝いた南投中興高級中学は地域の高齢化に関心を寄せた。中興新村の高齢者に対し、詐欺被害防止や高齢者向け不動産担保ローン、遺産相続などに関する法律知識を紹介した活動が、唐奨の「法の支配」の精神にかなっていると認められた。新竹高級中学の「作田人」チームは、竹東三重埔で田植えをして稲作に取り組み、「作田人米」を収穫した。農作業を通し、人と土地とのつながりを見つめ直したことが唐奨の「持続可能な開発」の精神にかない、銅賞に輝いた。

賞金によって効果を拡散

唐奨では、各賞に5000万台湾元の賞金が贈られるが、そのうち1000万元は、研究奨励に当てるよう用途が指定されている。奨励の効果を拡散させるのがねらいだ。また、世界の多くの賞がすでに成功した人だけに贈られ、若い学者の研究奨励には至っていない現状を補う目的がある。例えば2014年の第1回漢学受賞者である余英時は、その賞金で5年間の「余英時人文研究賞」を設け、漢学や人文学研究に従事する若い学者の著書や博士論文を対象に賞を贈っている。

第1回「持続可能な開発」の受賞者であり、ノルウェー元総理のグロ・ハーレム・ブルントラントは、その半額である500万元を、象の保護活動に役立ててもらおうとケニアの環境保護団体ミルギス・トラストに寄付し、残る半額で「グロ・ブルントラント賞」を設け、台湾の成功大学に委託して2016年から3年連続で「女性の持続可能な科学週間」というイベントを催した。発展途上国の女性科学者から選ばれた人を台湾に招くもので、国際的なつながりを生もうというねらいがある。

現在、日本の東洋文庫館長を務める斯波義信の計画では、唐奨賞金の500万元は一部を東洋文庫に寄付し、2万4000点に上るモリソン文庫の整理や分析に若い研究者が加わるための奨学金を設ける。残りは、社会経済学の学術用語電子辞典の編纂に当てるつもりだ。

唐奨の「唐」は、唐宋の時代のように東西文化や科学技術の交流が促進されることを願うものだ。新たな視野や思考を実際の行動に移し、世界の融和や共存、持続的発展を目指している。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!