Take Two: Taiwan Television in the Streaming Era

:::

2018 / December

Chen Chun-fang /photos courtesy of PTS /tr. by Jonathan Barnard


The Public Television Service’s On Children is Taiwan’s first serial to be released simultaneously as a “Net­flix original.” Since it began airing in July of 2018, it has garnered rave reviews both in Taiwan and abroad. On Children examines social values, the education system, and relationships between children and parents. It features well-constructed screenplays with fantastical sci-fi elements. The high production values and major thematic advancements demonstrated by this PTS serial are showing the international community that Taiwan can make excellent television.


On Children was adapted from the novel by Wu ­Xiaole. Drawing from Wu’s own experiences as a home tutor, the novel describes how the pressure-cooker educa­tional system warps family relationships. PTS began planning the adaptation in 2015, placing a tutor at the center as the figure linking all the families together. A romantic storyline was also added to sweeten the other­wise bitter look at Taiwan’s educational system. The show was originally scheduled to air at the end of 2016, but the date was pushed back because of director Chen Wei­ling’s battles with cancer. 

Targeting the global market

If they had gone with the original plan for the scripts, the approach would perhaps have made difficult topics accessible to mass audiences, but the power of the book would have been lost.

During her chemotherapy, Chen repeatedly asked herself: “If it turns out that I only have one more film to shoot, what story do I want to tell?” Meanwhile, with Net­flix having arrived in Taiwan, PTS had seen the demands that the platform was making on different genres: “Our serials are good, of a high enough quality to put on an international platform,” says Yu Pei-hua, director of PTS’s programming department. “They wouldn’t look out of place amid a group of internationally recognized dramas. And they would make viewers eager to see what follows.” The goal for restarting production of On Children was clear: “We wanted to make a splash on international streaming platforms, so that the whole world would see the quality of Taiwan’s dramatic serials.”

Skipping the original “idol drama” elements, the new approach put the parent‡child relationships at the core of the show, before adding some touches of fantasy. There are five separate episodes: “Mother’s Remote,” “Child of the Cat,” “The Last Day of Molly,” “Peacock” and “ADHD is Necessary.” Each was split into two parts for ten separate airings on PTS.

In consideration of the demands on quality that an international streaming platform like Net­flix makes, the originally planned HD format was upgraded to 4K. To accomplish this, the PTS production team not only upgraded camera equipment, but they also paid a lot of attention to furnishings and décor. The interiors for the five separate episodes were carefully matched to the plots, and considerable effort was put into making the fantastical elements look as realistic as possible.

For instance, in “The Last Day of Molly,” Molly’s mother arrives at laboratory where her friend’s son is carrying out neurological research, and sits in a surgical chair where sensors are attached to her and she is able to experience the memories of her dead daughter. The entire lab was constructed from scratch by the series’ art crew in an empty building. Yu points out that if you created a scene involving high-tech devices and then put Styrofoam bowls or hardhats on people’s heads, it would have a comical effect that would make it impossible for audiences to suspend their disbelief.

With realistic sets and excellent plots, success was inevitable: When Net­flix saw a 17-minute trailer, they immediately pushed to finalize terms.

Fostering conversations

Before making the series available for streaming, Netflix put a three-minute ad for On Children on Facebook. Fast paced, it combines clips of mothers’ earnest entreaties and expectations about their children’s academic performance with clips of the children crying or shouting or resisting. It had a big impact on viewers. Compared to most trailers shown on Facebook pages, which might get views in the tens of thousands, this ad had 1.56 million views at the time this article was written.

Internet streaming platforms have wide reach and have allowed PTS to rupture echo-chambers and transcend national borders. In November, On Children was the top-viewed serial on Japan’s Net­flix “hot picks” list. Many reviewers used the term “toxic parent hell” to describe their feelings of empathy for the characters. The New York Post’s Decider website told its viewers not to miss it.

As Taiwan’s public television system, PTS aims to “discuss and analyze important issues.” It understands its duty to lead discussion of issues while maintaining balance and avoiding bias. Consequently, from planning to postproduction, the team making On Children has taken heed of Wu ­Xiaole’s injunction “not to demonize parents.”

The drama does not simply focus on the pressure that parents put on children. It also highlights the invisible stressors imposed by the outside environment and illustrates how these influence parents. “This isn’t the parents’ fault, and it’s not solely an issue of the ‘system,’” says Yu. “Today, every­one’s ingrained values aren’t changing, so no attempts at perfecting the system are liable to do much good. Changing university admissions weighting policies won’t accomplish anything, because the weightings will still exist in people’s minds.”

In light of copycat suicides that followed the airing of a series in the United States, before broadcasting each episode PTS had actors who play children in the shows offer some warm words. For instance, one said, “Love is care, hugs, and respect. It isn’t abuse. Have you said you love someone today?” PTS also found psycho­logists and experts on parent‡child relationships to offer guidance at the end of the broadcasts. Apart from discussing interactions of husbands and wives and of parents and children, they also examined the problem of emotional blackmail and offered suggestions about how viewers can resolve inter­personal issues in their own lives.

Cultivating diverse Taiwan dramas

In contrast to the wide variety of shows found internationally, most of Taiwan’s television serials fall into two categories: family dramas and “idol dramas”—the latter featuring attractive young actors in romantic roles. With this lack of diversity, it becomes hard to raise the cultural level of audiences. Freed from commercial considerations, PTS is naturally able to try out a greater range of dramatic possibilities.

For instance, Green Door, which is scheduled to be aired in February of 2019, is PTS’s first psychological thriller. Adapted from a novel by Joseph Chen, it stars singer Jam ­Hsiao playing a therapist to ghosts. His clients include all manner of strange beings, including one case where it is unclear whether the client is a split person­ality or a beautiful woman possessed by a gangster spirit. Via deep psychological explorations, it examines the search for happiness and security inherent in human nature.

Another show, No Outsiders, begins with an indiscriminate killing and explores the different mental states of the family members of the culprit and the victim. It delves into human rights law, the role of the media and other social issues.

In order to provide the industry with a taste of greater creative possibilities, in 2017 PTS began promoting production of “PTS originals,” welcoming all manner of different genres of shows—from cops and robbers, horror and thrillers to sci-fi and fantasy. These productions give creators much more artistic license to tell their stories.

This greater freedom has achieved the intended effect of producing works showing greater creativity. Take, for instance, the colorfully imaginative ghost film Sam­sara. It describes the year 2020, when all of humanity falls into a coma. When they awake 49 seconds later, every­one can see ghosts. What unexpected situations arise when people and ghosts exist in the same world!

Justice is one of Taiwan’s rare cops-and-robbers shows. If you want to give a show in this genre audience appeal, then you’ve got to get the gunfire scenes and bullet special effects correct. On the other hand, the makeup required for horror shows requires a whole different kind of expertise. The behind-the-scenes skills needed for different kind of productions can only be acquired gradually through experience. That’s how the industry moves forward.

Apart from taking a filmmaking approach to making television, PTS is also working with theaters to put on film festivals, giving audiences different viewing experiences. And apart from broadcasting on its channel, PTS is also sending its original films to international film festivals, where they have repeatedly earned praise. Upstream, for instance, was shortlisted for an award at the Montreal World Film Festival, and Last Verse was shortlisted at the Bu­san International Film Festival.

In the current age of Internet streaming platforms, viewing audiences are not bound by national borders. Only by continually improving quality can Taiwan’s industry attract international attention. May PTS open up new possibilities for serials in Taiwan, so that the world will notice Taiwan’s culture and the power of its film and television production industry!      

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

台灣戲劇耀「演」國際

公視打造影視沃土

文‧陳群芳 圖‧公視

公視長年關注社會脈動,致力開發台灣戲劇的可能,提供觀眾多元視角,拓展思考視野。公視自製戲劇《你的孩子不是你的孩子》是第一部在國際影音平台Netflix同步上架的台灣戲劇,從今年7月播出至今,國內外迴響不斷。

該劇探究親子關係、教育體制、社會價值觀,以微科幻戲劇包裝紮實的編劇文本,公視在節目製作的用心與躍進,讓國際看見台灣戲劇的優質實力。

《你的孩子不是你的孩子》改編自作家吳曉樂的同名小說,從自身家教經驗出發,書寫因為升學主義至上而逐漸扭曲的家庭關係。2015年公視啟動戲劇的籌備,規劃以家教老師為主軸,連結各個家庭,加入偶像劇必備的愛情元素,試圖以甜美糖衣包裹辛辣苦澀的教育主題。編劇、導演、製作團隊一切準備就位,原預計2016年底上檔,事情卻在導演陳慧翎癌症復發後有了轉折。

以國際市場為目標重新出發

原著在2014年出版時,因為點出台灣社會普遍存在「萬般皆下品,唯有讀書高」的價值觀,作品真實地呈現家長如何「以愛之名」,扼殺孩子的夢想與快樂,引發不少討論。若按原本的劇本規劃,或許能將尖銳議題修磨成大眾能接受的版本,但卻失去了原著的力道,彷彿只是點到為止卻搔不到癢處。

陳慧翎在化療期間反覆自問:「如果我只剩下一部片可以拍?我要說怎麼樣的故事?」同時,Netflix在台落地,公視看見了國際平台對類型劇的需求,「我們的戲很好看,是有品質能放到國際平台,放在一堆國際的戲劇旁邊時不會輸,也會有觀眾很渴望想要追劇的。」節目部經理於蓓華表示。於是重新啟動《你的孩子不是你的孩子》的製作,目標就很明確:「希望觸及國際平台,讓全世界都可以看到台灣戲劇。」

在製作團隊的共識下,將劇本砍掉重練,跳脫原本的偶像劇,直接以小孩與父母為核心,加入帶有暗黑色彩的微科幻元素。找來陣容堅強的編劇們:蔣友竹、簡士耕、洪茲盈、夏康真、費工怡、馬千代,製作成〈媽媽的遙控器〉、〈貓的孩子〉、〈茉莉的最後一天〉、〈孔雀〉、〈必須過動〉5個獨立單元共10集的詩選劇。

考量國際平台對高品質影音的需求,製作規格從HD提升至4K。為此不只攝影設備提升,劇中每個場景的陳設與配置也都十分講究。5個單元的色調、家庭的裝潢都隨著劇情各別定調,每個科幻元素都力求逼真。

例如〈茉莉的最後一天〉茉莉媽媽來到朋友兒子正在進行腦科學研究的實驗室,坐上手術椅頭戴感知儀器,便能夠窺知死去女兒腦中的記憶。整座實驗室便是美術人員在空屋內從無到有搭建出來。於蓓華舉例,想營造一個高科技的場景,如果頭上戴的儀器變成保麗龍碗或安全帽就會很可笑,令觀眾無法入戲。所以整齣戲雖然有許多虛構的科幻元素,卻因為場景的細節逼真,讓觀眾相信劇中所演是合乎邏輯的,自然能沉溺於看戲的樂趣。

場景逼真、劇情精彩,登上國際平台當然勝券在握,Netflix在看過公視提供的17分鐘片花後,旋即敲定同步上架的合作機會。

帶動話題,國內外迴響不斷

正式播映前,Netflix在臉書粉絲頁放上1支《你的孩子不是你的孩子》3分鐘的預告片,剪輯了劇中媽媽們對孩子學業成績的殷殷叮嚀與強烈期盼:「如果你像我一樣放棄一切,你的自由、你的工作、你的頭銜、你全部的一切……犧牲一切是換來什麼啊?」交雜孩子或哭或喊的反抗:「你以為我想被你生出來喔!你那時候有問過我們嗎?」搭配快節奏的配樂,情節緊湊令觀眾震撼不已。與粉絲頁上其他短片平均約數萬個的點閱數相比,此預告片迄今已有156萬觀看人次。

用科幻元素來處理富有討論空間的教育議題,公視收視群通常都落在40歲左右中產家庭;但是《你的孩子不是你的孩子》以獨特的奇幻色彩成功吸引了年輕觀眾,顛覆他們對公視戲劇總是嚴肅沉重的刻板印象。

網路影音平台的無遠弗屆,讓公視戲劇穿透了同溫層,也穿透國界。截至11月,《你的孩子不是你的孩子》仍是日本Netflix精選熱門劇集裡的第一名,許多網友用「毒親地獄」來形容自己的感同身受。美國《紐約郵報》旗下的娛樂網站「Decider」給予正面肯定,建議觀眾不要錯過。

公視作為國家的公共媒體,以「重要議題和觀念的分析和解釋」為節目製作目標,深知引導議題的社會責任,立場不能過於偏頗,「需要檢視自己在媒體提出的角度和觀點,檢驗自己的選擇判斷有沒有失準。」於蓓華表示。所以《你的孩子不是你的孩子》從初期規畫到後期宣傳,整個團隊都謹記吳曉樂提醒的「不要妖魔化爸媽」。

戲裡不是只有孩子單方面的承受父母施加的壓力,劇中也呈現外在環境有形無形的壓迫,是如何影響著父母。整齣戲都緊扣著台灣社會對成功的單一標準 ,這樣堅信不移的主流價值如何扭曲了家庭裡的親子關係為主題。「不是爸媽的錯,也不是單一制度的問題。今天大家根深蒂固的價值不改變,制度修得再完善也沒有用;教改改得再不計較分數也沒有用,因為你心裡會計較。」於蓓華說。《你的孩子不是你的孩子》確實反映台灣超過一個世代的共感,大家都深受其苦。

此劇赤裸地將因社會價值觀而扭曲的親子關係,真實且毫不避諱地攤在觀眾面前,因為太痛苦、太真實,許多人看戲後會勾起不快樂的回憶。有鑑於美國曾有影集播出後造成高中生自殺的模仿效應,為此公視在每個單元前加入由劇中飾演小孩的演員講述的溫馨小語。例如「愛是關懷、擁抱、尊重,但不是傷害,你今天說愛了嗎?」、「緊握著雙手並不能控制什麼,記得隨時給對方一個大大的擁抱。」也找來深諳心理學、親子關係等領域的專家在影片後導讀,談夫妻、親子相處、情緒勒索等,提醒觀眾如何在現實生活中化解類似的情境。公視甚至與全台張老師基金會合作,編織一張縝密的安全網,在碰觸議題時做足細緻的準備。

培養多元的台灣戲劇

放眼國際影劇的多元,台灣戲劇大多限縮在家庭倫理劇與偶像劇。當戲劇類型趨向單一,觀眾的文化素養就無法提升,節目題材越多元,大眾就有更多的思考空間。商業電視台有太多被左右的因素,揹著承重包袱就難有開創性的嘗試,公視除卻了商業考量,自然能嘗試更多戲劇的可能。

例如2019年2月即將推出的《魂囚西門》,是公視第一部心理驚悚劇。改編自台灣作家九色夫的同名小說,由歌手蕭敬騰飾演一名幫鬼魂諮商的心理治療師,治療對象千奇百怪,有分不清是雙重人格還是被流氓附身的美女,有被困在鏡子裡宣稱死於30年後的女高中生等。透過心理層面的深入探討,刻劃人性對幸福與安全感的追求、對摯愛無怨無悔的陪伴與守候……等。隨著諮商一位又一位的個案,原本陷入人生低潮的主角也逐漸解開自己的心結,重拾人生的自信與主導權,呼應了九色夫所寫:「人心即鬼神!除心魔即是渡化人,但要渡人就得先渡己。」

而另一部作品《我們與惡的距離》則從無差別殺人事件出發,探究加害者和被害者家屬的內心狀態,其中牽扯出媒體的反思、人權法律的掙扎等各種社會的樣貌,也是公視明年的精彩作品之一。

培養孕育影視人才的沃土,公視已經二十多年的節目「人生劇展」,許多新銳導演的第一支長片都在此得到實踐。多年下來,敘事方式都以寫實為主。為了提供產業更具開創性的嘗試,公視在2017年開始了「新創電影」的節目製作,歡迎各種天馬行空的徵案,警匪、恐怖、驚悚、科幻、喜劇等類型不拘,讓創作者有更多說故事的空間。

如此開放性的徵案一開,果然吸引了許多有創意的企劃,像是帶有奇幻色彩的靈異片《無界限》,描述西元2020年全人類無預警陷入昏迷,49秒後人們醒來,大家都可以看到鬼,當人鬼活在同一個世界,會是何種令人意想不到的光景!

《完美正義》就是台灣少見的警匪片,想要製作吸引人的警匪片,槍戰場面、子彈特效都必須到位,至於恐怖片裡的特殊化妝又是另一門學問。這些影視背後所必須具備的能力,都需要透過一次次經驗累積,才能讓影視產業更加精進。

公視以電影規格製作電視節目,並與戲院合作舉辦影展,提供大眾不一樣的觀影經驗。除了在頻道播放,公視還將這些優質的戲劇送往國際影展參展,也都屢屢獲得佳績,例如入圍蒙特婁世界電影節的《濁流》,入圍釜山國際影展的《最後的詩句》。

先在國內把戲劇做好,培養觀眾,促進影視產業良好的循環。在網路影音平台興起的現代,觀眾超越了國籍,唯有不斷提升戲劇的品質,才能吸引國際目光。期待公視所帶來的養分,為台灣戲劇帶來更多的可能性,讓世界看見台灣文化與影視產業的實力。                                               


1

台湾の映像産業

世界が認める PTS公共テレビの 台湾ドラマ

文・陳群芳 写真・公視提供 翻訳・松本 幸子

PTS(公共テレビ)は長年、台湾製テレビドラマの向上に力を注ぎ、視聴者の視点や視野の拡大につながるような番組作りに努めてきた。そんなPTSのドラマ『子供はあなたの所有物じゃない(你的孩子不是你的孩子)』は、動画配信サービスNetflixで世界へ同時配信された初めての台湾ドラマとなり、昨年7月の配信以来、国内外で反響を呼んでいる。親子関係や教育制度、社会的価値観といった問題を、SF仕立てで描いたものだ。PTSはその丁寧な番組作りによって、台湾ドラマの実力を世界に向けて発信している。


『子供はあなたの所有物じゃない』は、呉暁楽の同名小説が原作だ。作者が家庭教師をした際の経験をもとに、学歴偏重主義によってゆがめら れていく家族関係が描かれている。ドラマでは家庭教師を狂言回しに、複数の家族を結び付け、そこにラブストーリーもからめた。PTS(公共テレビ)は2015年に制作準備に入り、脚本、演出、制作チームと顔ぶれもそろい、2016年末に放映の予定だった。ところが、監督の陳慧翎の癌が再発したことで、新たな局面を迎える。

国際市場に向けての再出発

原作が出版された2014年当時の台湾では「勉強以外は全てくだらないもの」といった教育観の下、親が子供の夢や楽しみを奪っていることが問題となっていた。しかし当初の脚本は、より大衆向けに、問題の扱いもマイルドになっており、原作の力強さを失ってしまっていた。

陳慧翎は抗癌剤治療を受けながら、「これが私にとって最後の1本になるとしたら、私は何を訴えたいだろう」と自問を続けていた。また折しも Netflixが台湾でもスタートし、国際市場で求められるドラマの質をPTSも目の当たりにしていた。「数ある世界のドラマと比べても、我々のドラマは劣るものではありません。それに、夢中になれる連続ドラマがほしいという声もありました」と言うのは、番組部ディレクターの於蓓華だ。そこで、『子供はあなたの所有物じゃない』の目標を 「国際プラットフォームに登場させ、台湾ドラマを世界に見せる」と定め直した。

トレンディドラマ風だった脚本も、親子関係を中心に書き換え、ややダークなSFの要素を加えた。脚本陣には、蒋友竹、簡士耕、洪茲盈、夏康真、費工怡、馬千代を迎え、「母のリモコン」「ネコの子」「モリー最期の一日」「クジャク孔雀」「ADHDは必須」の5話、計10回放送のアンソロジーとなった。

国際市場のニーズを考慮し、画質をHDから4Kにレベルアップしたため、撮影設備を変えただけでなく、各シーンの道具や配置にも気を配った。5つの物語それぞれに合わせて家のインテリアなどのトーンも変え、真に迫ったSFにした。

「モリー最期の一日」では、モリーの母親が脳科学研究の実験室に入って、亡くした娘の脳の記憶を探るシーンがあったが、実験室なども美術スタッフがゼロから作り上げた。例えば実験室で頭に載せる機器が、発泡スチロールやヘルメットの偽物に見えてしまっては、視聴者も興をそがれてしまうからだと、於蓓華は説明する。

場面にこだわり、質の高い物語になれば、国際舞台でも通用する。PTSの作った17分間のダイジェスト版を見て、Netflixは直ちに同時配信を決定した。

国内外で反響

放映開始前に、NetflixはFacebookに3分間の『子供はあなたの所有物じゃない』予告編をアップした。子供の学校の成績について母親がこう説くシーンがある。「あなたが私のようにすべてをあきらめて、あなたの自由、仕事、肩書、すべてだけでなく、社会環境が親に対して有形無形に与える影響も描かれた。「成功」を単一的にとらえる台湾社会の価値観がいかにして親子関係をゆがめるか、それがテーマだ。「親だけ、或いは一つの制度だけの問題ではありません。皆の心に根差した価値観が変わらないと、教育制度がいくら改善されても、人の心は点数比べをしてしまいます」と於蓓華は言う。『子供はあなたの所有物じゃない』は、台湾人が世代を超えて味わった苦しみを描いたと言える。

ドラマの世界があまりにも苦しく、のものを犠牲にして何か得るものがあるの?」或 いは子供がこう泣き叫ぶ「私はあなたから生まれ たかったわけじゃない。生まれたいか聞かれもしなかったわ!」ほかの動画の再生回数がせいぜい数万回なのに対し、アップテンポな音楽を背景に衝撃的なシーンの続くこの予告編は、現時点ですでに156万回再生されている。

PTSの主な視聴者は40歳前後の中間層だが、『子供はあなたの所有物じゃない』はSF仕立てのモダンなスタイルで若い層を惹きつけ、まじめで重苦しいといった、それまでのPTSの番組に対する印象を一新した。

ネットの世界に国境はない。『子供はあなたの所有物じゃない』は11月までで日本Netflixの人気オリジナルドラマで1位、サイトには「毒親地獄」などの言葉で多くの共感が寄せられている。米『ニューヨーク・ポスト』傘下の娯楽サイト「ディサイダー」でも「見るべき」と肯定的に評価された。

国の公共放送としてPTSは、「重要な問題や観念に対する分析や解釈」を番組制作の目標とするが、その立場は決して偏り過ぎてはいけない。「角度や観点に注意を払い、選択や判断がずれていないか確かめます」と於蓓華は言う。『子供はあなたの所有物じゃない』でも、呉暁楽からの「親を化け物にしないこと」という注意を制作 チームは常に心がけた。

ドラマでは、子供が親から受けるプレッシャーしかもリアルであるため、多くの人のつらい記憶を呼び覚ました。かつてアメリカではテレビの影響で高校生が自殺する事件もあったことに鑑み、『子供はあなたの所有物じゃない』では毎回ドラマの前に、子供役を演じた俳優が視聴者に温かく語りかけた。「愛は思いやり、抱擁、尊重することで、傷つけることではありません。今日誰かに愛してるって言いましたか」「両手を握りしめていては何もできません。相手を抱きしめられるよう腕を広げましょう」と。また、心理学や親子関係の専門家を招き、ドラマ放映後に、家庭における感情のコントロールの仕方などを語ってもらった。また全国の張老師基金会と協力し、問題が起こった時のためのセイフティネットも構築した。

多様な台湾ドラマを

世界のドラマの多様性と比べ、台湾ドラマの多くは家庭倫理を扱ったものやトレンディドラマに限られていた。番組の題材が多様化しないと、人々の思考範囲も限られてしまう。商業ベースの他局は、さまざまな足かせで新たな試みに踏み出すのは難しいが、公共テレビならそうした足かせはなく、多くの可能性にチャレンジできる。

例えば、2019年2月に放送予定の『魂囚西門』は、PTS初のサイコスリラーだ。台湾の作家、九色夫の同名小説を原作に、歌手の蕭敬騰が幽霊専門の心理療法士を演じる。二重人格なのかヤクザの霊に取りつかれたのかはっきりしない美女や、 30年後に死ぬと鏡に告げられた女子高校生といった患者が登場し、治療の過程で人の心理が深く掘り下げられていく。そして治療を通し、すさんでいた主人公の心も徐々にほぐされ、自信を取り戻す。九色夫の原作には「心の魔を除くことが導きであり、人を導くためにはまず己を導かねばならない」とある。

ほかにも放送予定の『我們與悪的距離(我々と悪との距離)』は、無差別殺人を発端に、加害者と被害者家族の心模様を描きながら、メディアや人権問題への再考も促す。PTSが2019年度に放送する優れた作品の一つだ。

人材育成では、PTSは20数年にわたる長寿番組「人生劇展」で、多くの若手演出家に初の長編ド ラマ制作の機会を与えてきたが、写実的なドラマが主流だった。そこで2017年から、新たな試みとしてシリーズ「新創電影」をスタートさせ、ホラー、スリラー、刑事もの、SF、コメディなど多様なジャンルにわたる案を創作者たちから募集した。

募集開始から多くの創意あふれた企画が寄せられた。例えばSFドラマ『無界限』は、全人類が突然意識を失い、49秒後に意識を取り戻すと幽霊の存在が見えるようになっていたという2020年の世界を描いている。

『完美正義』は、台湾では数少ない刑事もので、魅力あるシーンにするために、銃撃戦の場面や弾丸が飛ぶ特撮などが準備された。また、ホラー作品で特殊メイクを施すなど、それらの経験の積み重ねが、映像産業の向上や育成にもつな がっている。

映画の規格でテレビ番組を作るPTSは、劇場とも協力して映画祭を催す。それらをテレビで流すほか、海外の映画祭にも出品し、好成績を上げてきた。例えば、モントリオール世界映画祭では『濁流』が、釜山国際映画祭では『最後的詩句』がそれぞれノミネートされている。ドラマの質を高めれば、国内の視聴者を育てることにもなり、それによって映像産業の発展も促進されるという好循環が生まれる。ネットの動画 サイトが盛んな現代、視聴者はとっくに国境を超えており、作品を世界で見てもらうには、ドラマの質を高め続ける努力をするしかない。PTSの実践によって台湾ドラマに多くの可能性がもたらさ れ、台湾文化と映像産業の実力を世界に示せることを期待したい。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!