Taichung: A Fantasy Story of Renovation and Urban Revival

:::

2016 / January

Kobe Chen /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Phil Newell


The Taichung Calligraphy Greenway has in recent years become an enormously popular gathering place. It is best known for its big department stores and hotels, its spacious green spaces and plazas, and the numerous talented street performers who are there every evening and weekend. But if you get off the central strip and into the surrounding side streets and lanes, you will also find a huge number of small boutiques, restaurants, and coffee shops, each with a unique appeal and character. Whether you are looking for a meal, a new outfit, handcrafted accessories, objets d’art, or just useful products for daily life, this area has every­thing under the sun.

To call this a “commercial district” is accurate enough, but it would perhaps be even better to describe it as a “lifestyle community.” The diversity and creativity in this area attract a steady stream of visitors, and the “small-town feel” provides a breath of fresh air contrasting with the nearby canopy of high-rise buildings.


Taiwan Boulevard, the main artery running through central Tai­chung, is a typical big-city street, jammed with vehicles. But when you turn onto Zhong­xing Street you enter a different world. The road follows a broad “Greenway” that cleaves a spacious valley between the neighboring high-rise buildings, so that there is a clear line of sight to the sky. And as you follow the Greenway straight on, down the side streets and alleys you can see intriguing cityscapes and street scenes that are a mélange of the contemporary and the nostalgic.

While towering hotels, apartment buildings and office buildings adjoin the Greenway with its plazas and public art, a large proportion of the surrounding area still consists of quite old houses and structures scattered in side streets and smaller lanes. Far from becoming debilitated with the passage of time, they are beacons of novelty bringing together design, creativity, and aesthetics.

In these lanes and alleys are indie bookstores, patisseries, artisans’ workshops, specialty stores for niche farm produce… and the area is a magnet for designers, illustrators, and professionals in the performing arts. They form a pluralistic “lifestyle community” that functions as an organic whole. Their places of business are virtually all renovated old houses, most over 40 years old. They bear the craggy character bestowed by the passage of time, but have been made over with fashionable design ideas and stylish embellishments. Businesses and residences are tossed together like a salad, which means that while inside the buildings there is energy and creativity, the neighborhoods themselves are tranquil.

“We want to bring vitality and energy to these old areas, but we don’t want to destroy their integrity and coherence. We have redesigned some structures that had been neglected or abandoned, using novel ‘green architecture’ concepts, to build the framework for a creative lifestyle community,” explains Fantasy Story Company general manager Alex ­Chung. Over the last four years, his firm has renovated more than 20 old buildings, mainly former private houses, and in turn has rented out space in them to 60 creative startups. They have also incorporated ideas of “community regeneration” and incubation of creative businesses, so that this old section of Tai­chung has become a new hub of vigor and energy.

Renewal without rancor

The day of our visit with Alex ­Chung, as we stroll together along the Greenway a guy covered with tattoos, looking a lot like a gangster, glides past us on a bicycle and, spotting ­Chung, calls out a hearty greeting as he heads away. ­Chung explains that this man lives in a lane that falls under the “Green Ray Project,” and when renovation work first began, a lot of the neighbors complained about the construction noise. Even before the workers on the site could apologize, Tattoo Guy preempted everybody: “What are you all whining about? When they are finished, you will want to thank them, but by then they won’t be here!” Because he has lived in the neighborhood from the time he was small, he has actually been very excited about the changes that Fantasy Story has brought in recent years.

In contrast to the urban renewal projects conducted by many other construction companies, which may completely level existing neighborhoods, Fantasy Story’s have not caused any serious legal disputes. On the contrary, they have proven popular with local residents.

Take for example the “Green Ray Project” of 2013. It focused on abandoned dormitories for employees of the Taiwan Water Corporation which had lain empty for over two decades. After renovation, there was no great change in the appearance of the street, and even more importantly there were no oppressive high-rise buildings or grating ­giant signboards for businesses or advertisers. On the other hand, the lanes, which had formerly had a desolate and sloppy look, became clean and teeming with life. The original Japanese-style “Nagaya” (literally “long building”) architecture, verdant long-lived trees, and the old mottled walls with their fissures and exposed brick, all have been preserved, and in fact are now considered the most appealing aspects of the Green Ray Project.

Commercial establishments that have moved in here include stores selling jewelry, socks and shoes, and umbrellas; a leather goods outfitter; beauty salons; coffee shops; and even an American-style “general store.” Altogether there are more than 20 businesses and gallery/performance spaces. From the point of view of local residents, not only has their living space not been disrupted, it has become even more comfortable. The developers and the stores, meanwhile, have been able to draw on the original residential, homey ambience of the lanes to create a zone that feels spacious and relaxed, devoid of naked capitalism and with a sense of warmth and neighborliness. The way that old houses are being renovated in older neighborhoods of Tai­chung is like a socially conscious city planner’s dream.

Entrepreneurial opportunity

If you go back to the Greenway of 2009, no large department stores had yet opened, the Citizens’ Plaza (a large open grassy park) had just been completed, and there wasn’t a whole lot of commercial activity going on along the periphery. But some could see the potential for future development in the area. There were a lot of idle old houses in the lanes and alleys in this district, and even though the asking prices or rents were not high, there were still few people interested. It turns out that ­Chung’s elder sister was the landlady of one of these old houses.

“When I first started out on my career, I took a lot of cases of public infrastructure or large buildings, but I didn’t feel fulfilled. Then my sister asked me to help her renovate her old house.” ­Chung says that by the time he had overhauled the place, it was an open, spacious home with a real sense of aesthetics. He figured it would be easy to find someone to rent it, yet much to his surprise the months passed and it remained empty.

Perplexed, ­Chung gathered together his colleagues and they launched a market survey. They discovered that following the opening of the large-scale shopping centers, many young people wanted to start their own businesses in this district. But their budgets were limited, and most could afford only NT$10–20,000 per month for rent. Therefore large, spacious houses, despite being cheap per square meter, were still outside their range.

And yet the demand was there, so it was up to them to figure out how to meet it. So ­Chung renovated an old two-story house in such a way that it was divided up into seven separate storefronts. At rents of less than NT$20,000 per month, they were all snapped up in short order. This was Fantasy Story’s “Venue #1,” the result of a “beautiful accident” made possible when a number of conditions matured around the same time.

Chung officially founded Fantasy Story Company in 2011, and in the same lane as “Venue #1” he proceeded to renovate four other old houses. The next year, he transformed an old structure on Zhong­xing Street into a project called “Sweets Woods” (also known as “Fantasy Story Venue #7”), which is a pastry and baking venue with multiple shops set in a green space shaded with old trees. He has since undertaken a whole series of projects, including a bookshop and handicrafts collective, and a diversified lifestyle community has taken on a definite form.

Sow and ye shall reap

Fantasy Story now rents space to more than 60 startup or “pop-up” businesses and art spaces. Moreover, in addition to Fantasy Story, many landlords, construction firms, and designers have also spotted the opportunities that exist on the periphery of the Greenway, and there is an ongoing wave of old house renovations.

With people of different skill sets and motivations gathered together, sparks fly. Shop owners engage in cross-disciplinary cooperation or promotion, creating a trend toward mutually supportive collective marketing. Moreover, to help the shops operate sustainably, Fantasy Story has also imported the idea of incubation of creative enterprises. They bring in speakers with relevant expertise to offer courses and consulting services to shops.

This unusual model that combines mechanisms of urban renewal, community revitalization, and business incubation has attracted widespread interest. Fantasy Story has been commissioned to redevelop communities in Tai­chung’s Qing­shui, Yi­lan’s Wu­shi, and Yun­lin’s Dou­liu; sociology professors from ­Seoul National University in Korea have come here specifically to study the area; and the company is in discussions to cooperate with Peking University to combine the Fantasy Story model with Beijing’s “hu­tong” culture (old neighborhoods of single-family homes with a small-town feel and rabbit-warren lanes) and thereby revitalize areas that once defined the city’s character but are now fast disappearing.

There is a quote Alex ­Chung often uses: “Your life is my vision.” This is the driving concept behind Fantasy Story, and the neighborhoods they create—quiet and unpretentious on the outside, dynamic and filled with seriousness of purpose inside—are proving to be extremely attractive. In the highly stressful urban jungle, every old house that has been brought back to life gives off a warm glow, illuminating their old walls and the memories that they enclose.

繁體中文 日文

台中晃遊草悟道── 都市叢林裡的古意微光

文‧陳建瑋 圖‧莊坤儒

台中草悟道,是近年來人氣最旺的景點之一,這裡不僅有大型的購物商城和怡人的大片綠地廣場,在周遭小巷弄或老街區裡,更藏著許多魅力獨特的小店,舉凡餐飲、服飾、手作商品和各種生活所需,這裡應有盡有。

與其說這些巷弄是商圈的一部分,毋寧說這裡是自成一格的生活聚落,憑藉其多元的生活樣態吸引絡繹不絕的遊客,在讓人快窒息的高樓叢林中,看見一片清新的微光。


從台中市最繁忙的台灣大道轉進中興街,沿途的綠色廊道,劃開高樓之間的距離,讓天際線不再侷促。沿路前行,在不到1公里的街道範圍內,新古交錯的街景陸續映入眼簾。

周遭是大型的高樓環繞,伴隨著新建設的綠地、廣場、公共藝術;另一邊許多年歲悠長的老屋,散落在街道巷弄之間,他們不隨光陰凋落,反而結合設計、創意與美學,而重新發光。在陳舊的街區裡,各種年齡層的人們穿梭其中,他們腳踩著熟悉的土地,用自己的姿態生活著。

這裡有獨立書店、甜點聚落、手作職人、小農雜貨,吸引了設計師、插畫家、表演工作者齊聚在這裡,形成一個多元有機的生活聚落。他們賴以維生的店面,全都是40年以上的老屋改造而成,保留著歲月滄桑,增添了時尚設計,店家與住宅渾成一體,帶來創新與活力,卻沒有喧囂破壞。

「我們想要活化、擾動舊有的空間,但不破壞它的脈絡,將閒置廢棄的建築,以綠建築的概念重新設計,營造生活創意聚落。」范特喜微創文化有限公司總經理鍾俊彥說,4年來,他們已經改造翻修了二十多間老屋,轉租給60家微型創業者,並加入社區營造、創業育成概念,讓台中老城區翻身成為充滿活力的新據點。

與社區共生的都市更新

拜訪鍾俊彥的那天午後,我們漫步在草悟道廣場旁,一位滿身刺青的「大哥」,騎著腳踏車和我們擦身而過,他熱情的向鍾俊彥打招呼後離去。鍾俊彥說,他就住在綠光計畫的巷子裡,當初施工時,有些鄰居會來抱怨工程噪音,現場工作人員還沒道歉,他就先講話了。「罵什麼!等他們做完,你們要說謝謝都來不及。」這位大哥對鄰居這樣說,因為他從小就住在這區,看見近年來范特喜帶來的轉變,他深刻有感。

和其他建商推動的都市更新不同,范特喜從未引起抗爭,反而大受歡迎。以2013年推出的「綠光計畫」為例,原本閒置二十餘年的自來水公司舊宿舍,經過重新規劃設計後,街景沒有大幅改變,更沒有高聳的大樓、張牙舞爪的廣告看板,但是原本荒涼的巷弄變得乾淨,充滿活力,原本日式「長屋」的格局、蒼翠老樹與斑駁牆面也都被保留下來,成為綠光計畫的魅力所在。

進駐此處的店家包含有飾品、雨傘、襪鞋、皮製品、理髮店、咖啡廳和美式雜貨等,總計18間店舖和展演空間,對當地居民來說,原本的生活空間不受打擾,反而變得更舒適,開發者與店家則藉助原本巷弄裡的生活氛圍,形塑出一種悠然自在的空間感,少了赤裸裸的商業氣息,增加了更多在地情感。在台中老城區,一個接一個的老屋改造,都依循著這樣的理念。

銅臭味之間,聞到創業機會

2007年,草悟道在台中城市綠帶計畫下誕生,一系列的新建公共工程和住辦大樓不斷面世;另一方面,這裡老舊的巷弄卻依然暮氣沉沉,形成強烈對比,時空與記憶在工程圍籬間斷開,只見新廈迭起,誰見老厝荒涼。

到了2009年,大型百貨尚未開幕,市民廣場也剛完工,周邊的商業活動並不熱絡,但是已經可以看得出未來的發展潛力。這一區的巷弄裡有許多閒置的老舊房屋,賣價不高,低價出租也乏人問津,鍾俊彥的姊姊便是其中一間老屋的房東。

「我剛開始工作時,接了很多公共工程跟大型建案,老實說心裡有些疲乏,便接受姐姐的委託,幫她改造老房。」鍾俊彥說,這間屋子經過他翻修,變成一間空間寬敞,又帶有設計感的住宅,應該很好租,沒想到幾個月過去,依然閒置著。

煩惱的鍾俊彥找來同事討論,並展開市場調查,他們發現隨著大型購物商場開幕,有不少年輕人都想要在這區創業,但是他們的付租能力約在1~2萬元,因此對於大坪數的空間興趣缺缺。

既然有需求,就去滿足它。鍾俊彥隨即著手將原本這棟兩層樓的老屋重新改裝,分割成7間小型店面,每間的月租金都不到2萬元,1個月內就全部租出去。

這就是范特喜的一號店,是一場美麗的意外,也是各種機緣成熟的注定。2011年,鍾俊彥正式成立范特喜微創文化公司,在一號店的巷子裡,陸續改造其他4間老宅。

老城舊街新格局

近年來台中市區的發展和商業重心不斷往西半邊的城區拓展,新的百貨公司與豪宅華廈相繼完工,成為富麗堂皇的新都心。

日據時代就規畫出來的舊城區,退去早年的繁華,「小京都」的美夢不再,火車站前的中區一帶,曾是繁榮的商業樞紐,如今卻隨著歲月推移及商圈沒落而漸漸無聲。

直到2011年,日出集團翻修的宮原眼科名聲大噪,舊宅改建,融入文創設計新血的風格大受好評。周邊的第四信用合作社、寶島大飯店陸續翻修,舊城區的一池春水,重又吹皺。

在這波老宅創新過程中,無論是范特喜或日出,都強調同一個重點:「保留歷史脈絡,增添創新內容」,在古老街區裡的這些舊式建築中,注入新的內容,無論是冰淇淋、珍珠奶茶、手作商品與流行時尚,都可以在舊城裡創造新格局。

深耕播種,開枝散葉

從一間店,擴展到60間,在草悟道周邊其實不只范特喜,許多地主、建商、設計師都看見這樣的契機,而掀起一波老屋改造的浪潮。

當各種專業、志趣不同的人聚在一起,就會迸出各種火花,店家間彼此有跨界合作,也會互相推廣,形成共同行銷的優勢。

為了讓店家能夠永續經營,不斷成長,范特喜也引進創新育成和創業孵化器的概念,邀請專家授課,提供店家各種諮詢服務和課程。

范特喜雖然扮演類似「二房東」的角色,實際上卻不僅僅依靠租金收入維生。即便周邊租金高漲,范特喜多年來仍能夠維持相對低的租價,反而是以營收抽成的方式,與店家共享成果,創造一個長久經營的正向循環。

這套結合都市更新、社區營造和創業育成的機制,吸引各界好奇的眼光,目前在台中清水、新竹關西、宜蘭烏石、雲林斗六等地都有范特喜改造過的聚落。韓國首爾大學社會學教授曾來參觀,中國大陸北京大學社科院也正在與范特喜洽談合作,希望能夠將巷弄生活圈,與北京的胡同文化結合,活化老城區。

「你的生活,是我遠道而來的風景。」鍾俊彥分享他鍾愛的一句話,來形容范特喜的理念,平凡而認真的生活百態,就是最吸引人的美麗風景。在繁忙喧囂的都市叢林中,每一間重獲新生的老屋,都散發出一點溫暖微光,照亮貼滿記憶和歲月的老牆。

リノベーションの物語――台中の草悟道

文・陳建瑋 写真・莊坤儒

台中市の草悟道は、最もホットな人気スポットの一つである。大型のショッピングモールと広大な緑の広場があるだけでなく、周辺の路地や古い市街地にも、魅力的なショップが軒を連ねている。飲食店から服飾、手作り小物の店まで、何もかもそろっている。

周辺の裏通りや路地がショッピングエリアの一部となっていると言うより、全体が一つのコミュニティを形成していると言った方がいいだろう。この一帯は多様なライフスタイルの提案で人々を引き付けるとともに、ビル群から抜け出して爽やかな空気を感じられる場となっている。


台中市の中心街である台湾大道から中興街に入ると、沿道の緑が両側のビルを左右に押しやり、空が広く見渡せる。真っ直ぐに1キロも行かないうちに、新旧が交錯する町並みが見えてくる。

周囲は巨大なビルに囲まれ、新たに整備された緑地や広場にはパブリックアートが点在する。その一方、小さな通りに入ると古い家屋が各所にあり、それが少しも古びることなく、最新のデザインや創意でよみがえり、輝いているのに気づかされる。新旧が交錯する街を、さまざまな年齢層の人々が行き交い、それぞれが自分らしい暮らしを送っている。

ここには独立系書店や、スイーツ、手作り職人の店、小規模農家のショップなどがあり、デザイナーやイラストレーター、パフォーマーなどが集まって多様で有機的なライフスタイル・コミュニティを形成している。彼らの暮らしを支える店舗は、すべて築40年以上の古い家屋を改造したもので、歳月の跡を残しつつ、デザイン性を感じさせ、店舗と住居が一体化し、静かながら新しい活力を感じさせる。

「私たちは古い空間を活性化させつつ、その建物が持つ歴史の脈絡を壊さないことを念頭に置いています。グリーン建築の概念を取り入れて、放置されていた建築物をリノベーションし、新たなライフスタイル・コミュニティを生み出したのです」と話すのは、范特喜微創文化公司(Fantasy Story)の鍾俊彦総経理だ。この4年、彼らは20軒余りの古い建築物のリノベーションを手掛け、それを60人のマイクロ起業家に賃貸してきた。さらに町づくりや起業家育成なども行ない、台中の旧市街を新しい注目スポットとしてよみがえらせてきたのである。

地域社会と共生する再開発

この日の午後、私たちが鍾俊彦と一緒に草悟道広場の横を歩いていると、全身に入れ墨を入れた「兄貴」風の人が自転車に乗って通りかかり、その人は鍾俊彦に楽しそうに挨拶をして去っていった。鍾俊彦によると、彼は「緑光計画」エリアに住んでいる。范特喜によるリノベーション工事の騒音に近所の人が抗議しにきた時、この人が住民に「何を言っているんだ!彼らの工事が終わったら、感謝してもしきれないぞ!」と言ってくれたのだという。この人は子供のころからこの地域に住んでいて、范特喜がもたらしてくれた変化を喜んでいるのである。

一般の建設会社が進める都市再開発と異なり、范特喜は地域住民の反対運動を引き起こすことはなく、かえって歓迎されている。2013年にスタートした「緑光計画」で、20年余り放置されていた水道会社の宿舎をリノベーションして以来、街の景観は大きく変わった。巨大なビルや目障りな広告看板を立てるのではなく、荒れ果てていた通りがきれいになって活力がもたらされた。宿舎の「長屋」風の作りはそのまま変えず、鬱蒼と生い茂る老樹や剥がれ落ちた壁面なども残しているのが、緑光計画の魅力である。

このエリアに出店しているのはアクセサリー、雨傘、靴下と靴、皮革製品などのショップ、それに理髪店、カフェ、アメリカ雑貨などの店で、合計18店あるほか、展覧会や講演のためのスペースもあり、地元住民にとっては従来の生活が乱されることはなく、むしろ快適になった。開発側と店舗経営者も、この通りにあふれる暮らしの雰囲気を活かしてゆったりした自在な空間を創り出しし、商売を全面に打ち出すのではなく、地域とのつながりを大切にしている。台中の旧市街で、一つまた一つと進む古い家屋のリノベーションは、すべてこうした理念の下で行われている。

起業のチャンス

2007年、台中市のグリーンベルト計画の下で草悟道が生まれ、真新しい公共施設とマンションやビルが建てられた。その一方で、この地域の古びた通りはさびれたままで、強烈なコントラストをなしていた。時空と記憶は建設工事の塀で分断され、次々と新しいビルが建つ中、古い建物は荒れていく一方だった。

2009年、大型デパートはまだオープンしておらず、市民広場も完成したばかりだったが、この頃から、この一帯の大きな発展が予見できた。一方、この地域の裏通りには放置されたままの古い家屋がたくさんあった。いずれも価格は低く、賃貸物件の家賃も安かったが、入居を希望する人はほとんどいなかった。その中の家主の一人が鍾俊彦の姉だった。

「会社に勤め始めた頃、公共建設や大型プロジェクトの仕事ばかりで、精神的に少し疲れていました。そこで姉に頼まれて古い家屋の改造を引き受けたのです」と鍾俊彦は言う。その家屋は彼の手で改造され、デザイン性の高い広々とした空間を持つ住宅へと生まれ変わった。これなら借り手がつくだろうと思ったが、数カ月たってもやはり入居する人はいなかった。

そこで鍾俊彦は同僚と話し合い、市場調査をすることにした。すると、大型ショッピングモールがオープンした後、多くの若者がこのエリアで起業したいと考えていることがわかったが、彼らの家賃負担能力は1~2万元ということで、面積の広い空間には手が届かないことがわかった。

ニーズがあるなら、それを満たせばいいではないかということで、鍾俊彦は改造したばかりの2階建ての家屋を7つの小型店舗に区切り、1店舗の家賃を2万元以内に抑えたところ、1カ月以内にすべて借り手がついたのである。

これが范特喜の1号店の思わぬ成功であり、それはさまざまな期が熟したことを示していた。2011年、鍾俊彦は正式に范特喜微創文化公司を設立し、1号店のある通りで、次々と4軒の古い家屋をリノベーションしていった。

旧市街地の新たな表情

近年、台中市の商業の中心は絶えず西へと拡大し、新しいデパートや高級マンションが次々と完成して煌びやかな新都心が形成された。

日本統治時代に区画された旧市街地の方では、かつての繁栄はなくなり、「小京都」の夢も消え去った。台中駅前の中区一帯は、以前は商業の中心地だったが、最近は衰退して目立たない存在になっていた。

それが2011年、日出グループがリノベーションした宮原眼科が大きく注目され、様子が変ってきたのである。古い建物にクリエイティブな改造を加えるというスタイルが好評を博し、周囲の第四信用合作社や宝島大飯店などが次々と改造され、旧市街地に新たな風が吹き込んだ。

こうした古い建物のリノベーションの過程で、范特喜も日出グループも同じ一点を強調している。「歴史の脈絡を保存し、革新的なコンセプトを加える」というものだ。旧市街地の古い建物に斬新なコンセプトを加えることで、アイスクリームであれ、パールミルクティであれ、手作り商品やファッションであれ、古い市街地に新しいスタイルを生み出すことができる。

耕して種をまく

最初の1軒から次々と広がって今は60軒、草悟道でチャンスを見出したのは范特喜だけではない。地主や建設会社、デザイナーもここに契機を見出し、古い家屋のリノベーションが大きな流れになった。

さまざまな専門分野の、興味や志を異にする人々が集まれば、次々と化学反応が起る。店舗同士の異業種コラボレーションが成り立てば、マーケットも広がっていく。

各店舗の経営が持続し、成長していけるよう、范特喜は起業家育成などのインキュベーションの概念を取り入れ、専門家による講習会を行ない、各店舗にコンサルティングサービスやカリキュラムも提供している。

范特喜は、これら店舗のミドルマン(賃貸中間業者)に似た役割を果たしているが、家賃収入だけでやっているわけではない。この一帯の家賃は高騰しているが、范特喜では今も家賃を比較的安く抑え、店の売上から一定の歩率を徴収する方法を採用している。店舗の売上が伸びれば、范特喜の収入も増えるということで、それが長期的な経営につながる好循環を生んでいる。

都市再開発と町づくりにインキュベーションの概念を融合させたメカニズムが、各界の注目を浴びることとなり、今では台中市の清水、新竹県の関西、宜蘭県の烏石、雲林県の斗六など、各地で范特喜が改造したコミュニティを目にすることができる。

韓国ソウル大学社会学科の教授が視察に訪れ、大陸の北京大学も范特喜との協力を進めている。台湾の裏通りのコミュニティと北京の胡同(フートン)文化と結び付け、旧市街地を活性化したいと考えているのである。

「あなたの生活は、私が遠路はるばる見に来た風景である」——鍾俊彦は自分の好きな言葉を通して范特喜の理念を言い表す。平凡で真面目な暮らしのあれこれこそ、多くの人を惹きつける美しい光景なのである。ビルが立ち並ぶ都会の喧騒の中、ひとつ、またひとつ生命を取り戻した古い家屋が暖かな光を放ち、記憶と歳月に満ちた古い壁を照らしているのである。