A South Wind Stirs: Malaysia, Pearl of ASEAN

:::

2017 / February

Cathy Teng /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Jonathan Barnard


The ASEAN Economic Community (AEC) came into being on January 1, 2016.

Malaysia is among the strongest of the AEC member states. It has achieved growth of over 5% year after year and features a rising middle class with growing consumer power. Offering access to ASEAN’s market of 630 million people, the nation is poised to reshape the global economic map.

 


 

Raising one’s gaze to survey the skyline in the flourishing Golden Triangle district of Kuala Lumpur reveals modern skyscrapers and copious scaffolding and cranes. Construction vehicles move like an ever-flowing river. Although the metro to the Pavilion Kuala Lumpur shopping mall hasn’t yet been completed, tourists from many nations still crowd the intersections of Bukit Bin­tang. Like the throngs that surge forward when the lights change, Greater Kuala Lumpur is moving quickly toward its goals for 2020, when the Malaysian government hopes to bring the city into the ranks of the 20 most livable cities around the world while maintaining its high rate of economic growth. The speed of the city’s transformation dazzles. 

An old friendship with Taiwan

The population of Malaysia comprises three main ethnic groups: Malays (65%), ethnic Chinese (25%), and ethnic Indians (7%). The majority Malays are Muslim, and they abstain from alcohol, regard pigs and pork as unclean, and comply with the other precepts of daily life found in the Quran.

In recent years the Malaysian government has spared no effort to promote Malaysia as an international center of Halal certification of foodstuffs. Under the direction of the Department of Islamic Development Malaysia (JAKIM), Halal certification in the country has gained considerable prestige throughout the Islamic world. Attaining such certification is particularly helpful for marketing.

“Although Chinese have left their imprint in nations throughout Southeast Asia, Malaysia’s record in preserving Chinese culture and its artifacts is second to none,” says James Chang, head of the Tai­pei Economic and Cultural Office in Malaysia.

To preserve Chinese cultural heritage, Chinese-­Malaysians have invested in Chinese elementary schools and independent secondary schools. In earlier years, when the Malaysian government didn’t recognize this curriculum, many Malaysian students elected to attend universities or colleges in Taiwan.

Important allies of Taiwan in their home country, the 70,000 Taiwan-educated Chinese-Malaysians have made outstanding contributions in virtually every field over the last 50-plus years.

Meanwhile, recent educational exchanges between Taiwan and Malaysia are realizing the call for “talent exchanges” outlined in Taiwan’s “New Southbound Policy.”

New business models

Everywhere one can see people using the Internet to meet their needs in daily life. WeChat has long been the dominant messaging app in Malaysia, and netizens there are used to buying and selling goods on Carousell. Many Malaysians are accustomed to flicking their fingers across their cellphone screens to hail a car from Grab, which is Uber’s biggest competitor in Southeast Asia and was developed in Malaysia with Singaporean capital. Although Malaysia’s Internet infrastructure isn’t yet fully mature, major strides will be made to catch up over the next three to five years.

As global capital moves toward Southeast Asia, Taiwan has advantages both in terms of its geography and its human resources as it works to carry out its New Southbound Policy. These strengths especially give Taiwan a leg up when it comes to the Internet.

Brandon ­Chiang, head of investment at the venture capital firm Appworks, notes that Taiwan’s Internet companies have already acquired more than two decades of experience: “With the knowhow accumulated over 20 years, along with personnel that understand the local culture, we can help Malaysian Internet companies quickly upgrade their marketing skills and overall levels of professionalism, allowing them to reach larger markets.”

Nice ­Cheng, secretary general of the Taiwan Internet and E-Commerce Association (TiEA), takes the analysis a step farther: Although e-commerce is within the realm of high-tech, it has already evolved from online sales to a broader range of professional services (such as tele­medicine consultations or provision of manufacturing knowhow). The next step is to directly reach out to consumers. “It is even more important for Taiwan to create new models for creating profit,” he emphasizes. “We should be exporting our high-end professional services, turning our knowhow into digital services.”

Localized service

Huang Chao-jen, director general of the Commerce Development and Policy Research Division of the Commerce Development Research Institute (CDRI), has researched the Go-South Policy—now revamped as the New Southbound Policy—for many years. He notes that firms run by second-generation Taiwanese in Malaysia are familiar with the local customs and language, helping them adjust their operations and provide services that are more localized and attuned to the needs of the market.

For instance, Louis Wu, who is in the precision machining business, turned his manufacturing company into a service provider. And Hiro Wang, whose family runs a furniture factory, created something new with Hill Product, which designs its own hardwood furniture.

Younger entrepreneurs who have more recently come to Malaysia take a similar approach. After graduating from university, ­Hsiao Po-chih was posted to Malaysia by a Taiwanese company. Many years later, he opened his own businesses: an elevator distributorship and a human resources agency. Shawn ­Huang’s field is fashion design. He ended up almost by accident in Malaysia and started a business that provides customized clothing design. Ronald ­Chang opened a branch of his family’s Chinese herbal medicine business. Because these medicines are familiar to Malaysia’s ethnic Chinese and because Malays are also keen on herbal products, the market is poised for future growth.

One common characteristic is that all these firms are well suited to meet local demand for services.

The ASEAN hub

In the 1980s the ROC government advocated its original Go-South Policy. Because of Malaysia’s political stability, abundant natural resources, low-cost labor and the close ties to Taiwan among its ethnic Chinese population, it became a top choice for Taiwanese investors in Southeast Asia.

In 2016 the government launched its “New Southbound Policy,” hoping to move toward mutually beneficial relationships with the nations of Southeast Asia on four fronts: economic cooperation, human resources exchange, resource sharing, and regional links.

In truth, Lee Fang-hsin has been pushing in that direction since 1987 when he first went to Malaysia to found a business. To penetrate the local market, he started with a trading firm importing goods from back in Taiwan. Only after becoming familiar with these channels and gaining an understanding of the market did he open a factory of his own. The company now has branches in Singapore, Myanmar, Cambodia, Vietnam and other nations. Lee reminds Taiwanese businesspeople that successful experiences in Southeast Asia cannot be simply replicated across borders. Taiwanese businesses should adopt a concept of working together as a group, he says. They will only achieve success by forming all-star teams.

Dato’ Allen ­Chiang, president of In­max Holdings, says, “Rather than ‘ASEAN’s Malaysia,’ it’s better to think of it as “Malaysia’s ASEAN.” With a population of about 31 million, the domestic market isn’t all that large, but it is advantageously positioned to serve as the central hub for ASEAN. As an ASEAN member, the country enjoys duty-free trade with other member nations, and its central location amid the group makes it well suited for Taiwanese firms’ ASEAN headquarters.

Enduring in Southeast Asia

Hsu ­Cheng-te, chairman of the Tai­pei Investors’ Association in Malaysia (TiAM), notes that many Taiwanese firms move from country to country as production conditions change. In that respect, they are quite different from European and American companies that have long had major factories in Southeast Asia. Leveraging political and economic power in the region since before World War II, these Western companies have long been selling to and manufacturing in Southeast Asian nations, gaining knowledge about the particulars of their domestic markets. 

“Taiwan ought to regard Southeast Asia as a permanent economic base overseas, developing a sustainable, visionary Southbound Policy,” says Lee Fang-hsin. He suggests that the government serve the role of a matchmaker, inviting various industry groups to establish comprehensive industry directories and then providing these resources to Taiwanese firms overseas, thereby helping them to quickly find suitable partners.

Datuk James Lau, president of the Malaysian Chamber of Commerce and Industry in Tai­pei, suggests studying how multinationals use mergers and acquisitions to acquire local talent. “In that manner Taiwanese firms could quickly obtain personnel familiar with Southeast Asian markets.” Furthermore, Taiwanese industrial teams should be organized to participate in large-scale Malaysian projects. Gaining such practical knowledge of a Southeast-Asian nation would help with the entire “Southbound” campaign, which puts an emphasis on relationships and adapting to local conditions.

The Commerce Development Research Institute’s ­Huang Chao-jen says that Taiwan ought to leverage its national strengths to create brands that allow the people of Southeast Asia to become familiar with Taiwan.

He suggests that Taiwanese firms consider working with Malaysian firms to create brands, with the Taiwanese firms contributing technical expertise and the Malaysian firms providing financing and access to local sales and distribution channels. Following that template, it would be easier to establish mutually beneficial joint ventures.

During a period of regional economic integration and national strategic repositioning, Taiwan ought to do its best to gain deep understanding of the ASEAN nations, establishing strong relationships in Southeast Asia that will underpin a mutually beneficial future.

繁體中文 日文

東協璀璨明珠 南風再起 • 馬來西亞

文‧鄧慧純 圖‧林格立 翻譯‧Jonathan Barnard

2016年1月1日,東協經濟共同體(AEC, ASEAN Economic Community)誕生了。

實力名列前茅的馬來西亞,連年經濟成長率達5%以上,中產階級興起,伴隨著強勁的消費力,坐擁東協6.3億的市場腹地,馬來西亞正蓄勢待發,它將以黑馬之姿,躍升世界經貿版圖。

 

 


站在吉隆坡最繁華的金三角區,抬眼所見的天際線,除了高聳穿天的摩天樓外,還有鷹架、起重機的身影,各工地出入的工程車川流不息。

儘管巴比倫廣場(Pavilion Mall)商圈的捷運工程還在施工,但各國的觀光客仍然擠滿了星光大道的每個路口。等著紅綠燈的人們,就像期待著2020年「大吉隆坡」的願景(馬國計劃將吉隆坡打造為全球前20適宜居住、高經濟成長的城市),馬來西亞即將改頭換面,讓人驚艷。

 

留台情誼

大馬的人口結構大致可分為馬來裔(65%)、華裔(25%)及印度裔(7%)。優勢人口的馬來人信奉伊斯蘭教,他們不飲酒,視豬為不潔之物,每日遵守《可蘭經》的戒律生活著。

伊斯蘭的戒律發展出哈拉產業,隨著穆斯林人口的成長,更衍生龐大的穆斯林商機。大馬政府近年來不遺餘力推動馬來西亞成為國際清真認證中心,馬國的伊斯蘭事務發展部(JAKIM, Jabatan Kamajuan Islam Malaysia),由官方主導,其核發的「哈拉認證」在伊斯蘭世界頗具權威。

華人則是馬來西亞的第二大種族,與台灣有特殊的情誼。

2016年的中華民國國慶慶典,馬來西亞留台校友會聯合總會總會長方俊能代表全球華僑致詞。

二十多年前,就讀中原大學、擔任僑生聯誼會會長的方俊能,滿懷愛國的心情,曾號召溜冰社、單車社等成員,從中壢以慢跑、騎單車、溜冰等方式,到40公里遠的台北總統府前參加元旦升旗。

這不經意說出的小故事,道出了馬來西亞留台人與台灣特有的感情與互動。

「雖說整個東南亞都有華人的蹤跡,但惟馬來西亞對中華文化的維護與保存無人能出其右。」駐馬來西亞臺北經濟文化辦事處代表章計平說。

長年來,因馬國政府打壓華文教育,為保持中華文化傳統,由民間華人出資成立了華文小學、獨立中學。早年又因馬國政府不承認其學歷,許多大馬的學生選擇渡海到台灣接受大學教育,這群人在大馬被稱為「留台人」。

這段特殊的淵源,造就了大馬境內有七萬多名的留台人,章計平曾受邀參加的留台生校友會,其歷史有52年之久。五十多年來,留台人在大馬的各行各業表現傑出,如馬來西亞中小企業公會全國總會長拿督江華強、馬來西亞商業及工業協會理事長拿督劉康捷、馬台經貿協會秘書長徐忍川等,都在台灣度過他們的青春歲月,對台灣懷有一份特殊的情感。

留台人可說是台灣在大馬重要的盟友,台馬的教育交流也真正落實「新南向政策」中,與東南亞人才交流的美意。

 

電商潛能

自從航空公司AirAsia讓馬國人民習慣於上網訂購機票後,大馬人民的網路交易、互動越來越頻繁。民眾使用通訊軟體WeChat聯絡、利用旋轉拍賣(Carousell)買賣商品、用Grab叫車解決行的問題,處處可見利用網路解決生活所需。馬來西亞的網路基礎建設雖然未臻成熟,但3~5年內,它將飛快地迎頭趕上。

當全世界資金都轉移到東南亞時,台灣擁有地緣和人才優勢,在網路世界的新南向政策中,位居重要的戰略位置,可趁此取得先機。

之初創投(AppWorks)投資部經理江旻峻表示,台灣的網路電商發展已有二十多年,「多年累積的knowhow,再加上懂當地文化的人協助接地氣,我們可以幫助大馬電商快速提升行銷與專業,也促使業者跨出台灣,開拓更寬廣的市場。」

TiEA秘書長程九如更進一步分析,電子商務已經從單純在網路上販售實體商品,演進為提供專業服務(如提供遠距醫療諮詢或製造業know­how),再進階到主動向消費者出擊。面對這波電子商務、新創產業南向的關鍵時機,程九如更強調:「台灣不應該只是輸出貨物、年輕人才、公司,更重要是把新的獲利模式建構起來,我們出口的該是高端的專業服務,把台灣的knowhow變成數位服務。」

 

在地化服務

早在新創電商南向前,第一批渡海的台商已深耕大馬近三十年,事業也逐漸交棒到年輕世代手中。研析南向政策多年的財團法人商業發展研究院所長黃兆仁表示,二代台商成長於大馬,熟悉當地的風土民情和語言,善於適度調整經營方向,提供更在地化、更貼近市場需要的服務業類型。

例如,從事金屬加工業的吳盈儒,轉換思維把自己的製造事業當作服務業經營;家族從事傢具代工的汪廣元,創立新型態的Hill Product實木設計傢具公司。

新進大馬創業的青年創業家亦同。蕭博志大學畢業後外派大馬,多年後獨立創業,從事電梯經銷服務與人力仲介服務。黃翊軒本行學服裝設計,他誤打誤撞到大馬創業,提供客製化的服務,為酒店、銀行、公司行號設計制服。張皓翔的家族中藥事業也到此開設分公司,大馬有熟悉草藥的華人市場,再加上馬來人喜歡草本產品,更是未來發展的利基。

他們共同的特徵,是提供更符合大馬在地需求的服務。

 

看見「馬來西亞的東協」

1980年代,政府倡議的南向政策,馬來西亞因政治局勢穩定、天然資源豐富、人工便宜及華人親台等因素,成為台商投資東南亞的首選。

2016年政府推動「新南向政策」,希望從經貿合作、人才交流、資源共享、區域連結四大面向,跟東南亞各國建立互惠互信的夥伴關係。

其實,早在1987年跨進大馬的李芳信,走的就是新南向的路子。身為台中老字號永信製藥的么子,當年隻身赴大馬創業。為了深入當地市場,他先以貿易外銷,熟悉通路,了解市場後,才進駐設廠。「把東南亞當作台灣內需市場的延伸,意味著要進入蹲點,與在地企業打巷戰、割喉戰。」李芳信嚴肅地說。此外,已在新加坡、緬甸、柬埔寨、越南等國完整佈局的李芳信更提醒台商,東南亞的成功經驗無法跨國複製,台商要有打團體戰的概念,組成明星隊進軍,才有勝算。

駿吉控股股份有限公司董事長、拿督江文洲說:「不要看『東協的馬來西亞』,而是要看『馬來西亞的東協』。」東南亞6億的人口紅利,加上成長中的中產階級,世界各國均想方設法地要跨進這蓄勢待發的領土。人口約三千一百萬的馬來西亞,內需市場不大,但居東協中心樞紐的位置,卻佔盡了天時、地利;身為東協會員國,坐享免稅待遇,位居東南亞的中心,更可串連周遭市場腹地,大馬最適合成為台商進入東協的營運總部。

 

永續的東南亞

馬來西亞台商總會長許正得已在大馬深耕三十多年,看盡產業趨勢流轉,他表示,多數台商隨著生產條件轉移而逐水草而居。但多年來深耕東南亞的歐美大廠則不同,早在二次大戰前便憑藉著政治、經濟力經營東南亞市場,並在當地銷售、製造,重視內需市場,他們佈局全球的模式值得我們參考。

李芳信呼籲:「台灣應該把東南亞視為永久經營的腹地,提出永續、具願景的南向政策。」他建議政府要做好媒合的基本功,請各產業工會建立起完整的產業索引,與海外台商共享資訊,藉此串連,協助廠商準確且迅速的找到合作夥伴,政府適時提供低利或無息貸款、補助,協助國人打天下。

馬來西亞商業及工業協會理事長、也是台灣女婿的拿督劉康捷,交通大學畢業後進入跨國企業工作了18年。他建議台灣:「學習跨國企業藉由併購取得當地人才,再以此深入了解當地市場,如此即可快速地擁有一批熟悉東南亞的種子人才。」再者,組織台灣的優勢產業團隊,參與大馬大型計畫,了解國際企業、開拓市場,這批擁有東南亞實戰經驗的子弟兵,不僅可以協助台灣衝鋒陷陣,也成為南向的種子。這就是「新南向政策」中「以人為本,因地制宜」的精髓。

財團法人商業發展研究院黃兆仁所長則提出,台灣應該學習日本、韓國,傾國家之力,打造台灣國家品牌,讓東南亞人民熟悉台灣。他還建議台商可以考慮與馬國企業共創品牌,提供技術支援,大馬可提供資金與在地通路,建立互利互惠的夥伴關係。

處在區域經濟整合的時機點,立於國家戰略地位重新佈局的當下,台灣該在此時此刻深入了解鄰近的東協各國,與東南亞建立深厚的夥伴關係,共創永續的未來。

ASEANの輝ける星——マレーシア

文・鄧慧純 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

201611日、ASEAN経済共同体(AEC)が誕生した。

ASEAN加盟国の中でも上位の実力を持つマレーシアの経済成長率は近年5%以上を維持し、中間層が増加して国内の消費も伸びている。人口6.3億人というASEANのマーケットにおいて、マレーシアは勢いを蓄え、今まさに世界へ羽ばたこうとしている。


クアラルンプールの中心、ゴールデントライアングルに立つと、超高層ビルが空に向かって伸び、周囲ではさらに建設工事が進んでいる。

パビリオンモールでは地下鉄工事中だが、世界各国からの観光客があふれている。信号を待つ人々は、グレイター・クアラルンプールというビジョン(2020年までにクアラルンプールを世界で最も住みやすく高度経済成長する都市トップ20にランクインするという目標)に大きな期待を寄せているように見える。

台湾との深い関係

マレーシアの人口の約65%はマレー系、25%は中華系、7%はインド系である。多数を占めるマレー系の人々はイスラム教徒で、飲酒せず、豚肉は不浄として食さず、コーランの戒律にしたがって生活している。

そこで、イスラムの戒律から生まれたハラール産業が新たなビジネスとして注目されている。マレーシア政府のイスラム開発局(JAKIM)が発行するハラール認証が世界的に権威ある制度となっている。

マレーシアで二番目に多い中華系住民は、長年にわたって台湾と深い結びつきを持ってきた。

2016年の中華民国国慶節祝賀式典では、マレーシアの台湾留学同窓会の総会長である方俊能氏が世界の華僑代表として祝辞を述べた。

「華人は東南アジア全域に多数暮らしていますが、中華文化の維持と保存に最も力を入れているのはマレーシアです」と話すのは、在マレーシア台北経済文化弁事処の章計平代表である。

かつて華文教育が弾圧されていたマレーシアでは、中華系の人々が中華文化を守ろうと、民間で資金を出して華文小学校や独立中学を設立した。だが、その学歴が同国内では認められず、多くの学生が台湾へ留学して大学教育を受けてきたのである。これらの人々はマレーシアでは「留台人」と呼ばれている。

こうした経緯から、マレーシア国内の留台人は7万人余りにのぼり、その同窓会は52年の歴史を持つ。章計平はその同窓会のメンバーにも招かれている。50年余りにわたり、留台人はマレーシアのさまざまな業界で優れた実績を上げてきた。例えば、マレーシア中小企業協会全国総会長の江華強氏、マレーシア商工業協会理事長の劉康捷氏、マレーシア台湾経済貿易協会秘書長の徐忍川氏らは、いずれも台湾で若い日々を過ごし、台湾に特別な思いを抱いている。

留台人はマレーシアにおける台湾の重要な盟友であり、両国の教育交流は着実に「新南向政策」に取り入れられ、人材交流が進んでいる。

電子商取引市場の成長

AirAsia航空券のオンライン購入がマレーシアで普及し、ネット通販やオンライン取引が盛んになってきた。市民はWeChatで連絡を取り合い、Carousellでショッピングし、Grabでタクシーを呼ぶなど、生活のあらゆる場にネットが普及している。マレーシアのネットインフラはまだ十分とは言えないが、今後35年で先進国に追いつくとみられる。

世界中のマネーが東南アジアへと向かう中、地理的、人的に優位性のある台湾では、ネットの分野で重要な位置にあり、機先を制することができるだろう。

台湾のベンチャーキャピタル「之初創投」(AppWorks)投資部の江旻峻によると、台湾では電子商取引が20余年前から始まり「長年蓄積されてきたノウハウに、現地文化を理解している人の協力が加われば、マレーシアの電子商取引の専門性とマーケティングを急速に向上させられ、台湾企業の進出も促進できます」という。

TiEA事務長の程九如はさらにこう分析する。電子商取引は商品の売買から専門サービス(遠隔医療や製造業ノウハウの提供など)へと発展し、さらに能動的に消費者に働きかけるようになっている。こうした流れとイノベーション産業の東南アジア進出のタイミングについて「台湾は物品や人材や企業の輸出だけでなく、ビジネスモデルを構築し、付加価値の高い専門サービスを輸出すべきで、台湾のノウハウをデジタルサービスへと変換していくべきです」と言う。

サービスのローカライズ

電子商取引が始まる前から、台湾企業はマレーシアで30年近くにわたって根を張り、それらの事業は今は若い世代に引き継がれている。長年にわたって南向政策を研究してきた財団法人商業発展研究院の黄兆仁所長によると、台湾企業の二代目経営者はマレーシアで生まれ育ったので現地の言語や習慣を熟知しており、現地に合わせて経営方針を転換し、マーケットにふさわしいサービスへと変えていくことができると言う。

例えば、金属加工の会社を経営する呉盈儒は、考え方を転換して製造業をサービス業として運営している。家具の受託生産を行なう汪広元は、無垢材のデザイン家具の生産を始めた。

台湾からマレーシアへ渡って起業した若者も同様である。蕭博志は大学卒業後にマレーシア勤務となり、その後独立して会社を設立、エレベーターの販売サービスと人材仲介サービスを営んでいる。黄翊軒は服飾デザインを学び、紆余曲折を経てマレーシアで起業、ホテルや銀行などの制服をデザインしている。張皓翔は家業である漢方薬の仕事でマレーシアに支店を出し、華人市場だけでなく、生薬を好むマレー人の市場も見込んでシェアを拡大しようとしている。

彼らに共通するのは、現地のニーズに合うサービスを提供しているという点である。

「マレーシアのASEAN

1980年代、台湾政府が南向政策を打ち出した時、政情が安定していて天然資源が豊富、人件費が安く華人に親台派が多いという点から、マレーシアが東南アジア進出の足掛かりとなった。

2016年、政府は「新南向政策」を打ち出し、経済協力、人材交流、資源シェア、地域連結という四つの面から東南アジア各国と互恵と信頼のパートナーシップを確立しようとしている。

これについて、1987年にマレーシアに進出した李芳信は、当初からまさにこの方向で道を開いてきたと語る。台中の老舗である永信製薬の末っ子である彼は、単身マレーシアにわたって事業を起こした。地元市場を開拓するため、まずは貿易からスタートし、それから工場を設立した。「東南アジアを台湾の内需市場の延長とするには、深く根付いた拠点を持ち、現地企業との路地裏での競争に勝たなければなりません」と、真剣な面持ちで語る。今ではシンガポール、ミャンマー、カンボジア、ベトナムなどにも拠点を持つ李芳信は、同じ東南アジアでも、一カ国での成功経験は他の国で通用するものではないと注意を促す。台湾企業は団体戦の態勢で、オールスターで進出しなければ勝利はできないと言う。

駿吉ホールディングスの董事長・江文洲は、「ASEANのマレーシア」ではなく、「マレーシアのASEAN」を見なければならないと注意する。東南アジアの6億の人口ボーナスに加えて中間層の増加があり、この勢いある市場に世界中が目をつけている。そのうち、マレーシアの人口は3100万人で内需市場は決して大きくないが、ASEANの中枢に位置し、天の時と地の利に恵まれている。ASEAN圏内の特恵関税があり、東南アジア各国を後背地とできるため、台湾企業がASEAN地域におけるオペレーションセンターを置くのにふさわしいと言う。

マレーシア台商総会(台湾商工会)の許正得会長はマレーシアに進出して30年余り、各種産業の変化を見守ってきた。その話によると、多くの台湾企業は生産条件の変化にしたがって浮草のように移動しているが、長年東南アジアで事業を展開してきた欧米の大企業はそうではないと言う。彼らは、第二次世界大戦前から政治面、経済面で東南アジア市場を運営しており、現地で製造販売し、内需市場を重視してきた。こうしたグローバルな経営モデルには学ばなければならない。

東南アジアで持続可能な発展を

李芳信も、「台湾は東南アジアを永続的に運営する後背地とみなし、サスティナブルでビジョンのある南向政策を打ち出すべきです」と言う。台湾政府はマッチングの力を発揮し、各産業組合ごとに完備した産業インデックスを整え、企業がスピーディかつ精確にパートナーを見出せるよう協力すべきだと李芳信は呼びかける。さらに政府として、適時に低金利またはゼロ金利のローンや助成金を提供し、台湾企業の海外進出を支えるべきだと考える。

在台マレーシア商工会の理事長で台湾人の妻を持つ劉康捷氏は、台湾の交通大学を卒業して多国籍企業に就職し、18年になる。「多国籍企業は現地企業を買収合併して現地の人材を獲得し、そこから現地市場に入っていきます。台湾もこうした方法に学べば、東南アジア各地の事情に精通した人材を獲得することができます」と劉氏はアドバイスする。さらに、優位性を持つ産業のグループを作ってマレーシアの大型プロジェクトに参画し、国際企業のやり方に学びつつ市場を開拓する。こうして東南アジアで実戦経験を積んだ若い世代が、将来的に南向政策の大きな力になる。これこそ「人を中心とし、現地のニーズに合わせた」新南向政策なのだと言う。

財団法人商業発展研究院の黄兆仁所長は、台湾は日本や韓国に倣い、国の力を挙げて台湾のナショナルブランドを打ち立て、それを通して東南アジアの人々に台湾を知ってもらう必要があると考えている。さらに、マレーシアの企業と協同で新たなブランドを生み出すことも可能だと言う。台湾側が技術面で支援し、マレーシア側は資金を出して現地ルートを開拓すればウィンウィンの関係を築くことができる。

地域経済統合のタイミングで、国の戦略的位置付けが新たにされ、台湾は今こそ近隣のASEAN諸国について深く理解し、東南アジアと深いパートナーシップを築いていかなければならない。