Venturing Forth —Taiwan’s Branch Rail Lines

:::

2017 / April

Liu Yingfeng /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Robert Green


Extending into remote townships, rural backwaters, and coastal areas, the branch lines of the Taiwan Railways Administration network are giving passengers on Taiwan’s main north‡south rail lines the opportunity to set out in search of new adventures.

Coastal lines snaking between land and sea, remote unmanned stations that seem enveloped in the stillness of a lost world…. Away from the busy main lines, branch lines offer riders the opportunity to venture forth on journeys of the soul—escaping hectic realities and rediscovering themselves.


In order to promote tourism, in 2011 the Taiwan Railways Administration (TRA) joined with travel companies to develop “cruise-style” train travel from ­Yongle Station in Su’ao, Yi­lan County, southward to ­Fangye Station in Ping­tung County. As a result, underused and gradually forgotten rural stations are experiencing new visitor traffic.

“In addition to providing transportation, the plan will further boost railway culture,” says ­Hsiao Kuan-chun, product manager for ezTravel, an online travel agency.

When the TRA decided to develop tourism activities, it enlisted the cooperation of ezTravel to offer trial runs for cruise-style trains between Shu­lin in New Tai­pei City and Su’ao, and between Hua­lien Station and Guan­shan in Tai­tung County. In 2011, after the tourist trains proved popular with riders, a plan was adopted to offer cruise-style services at least once a month. The services differ from traditional rail travel packages that provide for stops only at major stations along the eastern and western mainline routes. The new itineraries also include visits to smaller stations such as Feng­tian in Hua­lien County and Duo­liang in Tai­tung.

For example, ­Fangye Station in Ping­tung, which doesn’t even have a platform, and the normally disused ­Shanli Station in Tai­tung, which was described by author Liu Ka-­shiang as the “unreachable station,” are both included in the rail tourism program, as is ­Miaoli’s Qi­ding Station, which is highly popular with tourists. Unlike the hurly-burly of major stations, the unmanned Qi­ding sees fewer than 100 passengers pass through daily. Not far from the station, the Zimu (“mother and child”) Tunnels—two short tunnels left unused after the tracks were rerouted, and now open to visitors—present a scene reminiscent of the Japanese animated film Spirited Away, in which the main character escapes reality and enters a dreamlike tunnel setting.

Jialu Station in Tai­tung, known as the largest of the TRA’s minor stations, is also included in the itinerary. ­Hsiao explains that ­Jialu Station, located on the South Link Line, formerly functioned as a railway marshaling yard. “Although ­Jialu does not boast a large station structure or many passengers, it has the air of a major station,” says ­Hsiao.

In order to give passengers a taste of the leisurely pace of unmanned stations, the itinerary allows passengers to disembark at stops such as ­Fangye and ­Shanli, and also slows down to 20 kilometers per hour while passing through, so that passengers can enjoy the languid pace of branch-line travel.

The unique character of the branch lines

The resurgence of the minor stations has been paralleled by the return of tourism to the branch lines. Aside from the well-known ­Pingxi, Jiji and Nei­wan lines, the opening of the National Museum of Marine Science and Technology in Keelung in 2014 spurred the reopening of the ­Shen’ao Line, which had been withdrawn from service.

“If the TRA main lines are the main dishes, the branch lines are like side dishes offering different flavors,” says Professor Su ­Zhaoxu, a railway expert. Which branch line is his favorite? Su explains with a chuckle that in his view each branch line has its own special characteristics.

For example, he says, “Riding the ­Shen’ao Line is all about the sea views.” From Rui­fang Station to Ba­douzi Station, the ­Shen’ao Line hugs the sea along Taiwan’s Northeast Coast with mountains on one side and water on the other, presenting a romantic spectacle reminiscent of the Eno­shima Electric Railway that runs through the Shō­nan coastal area in Japan’s Ka­na­gawa Prefecture.

The ­Shen’ao Line, located in the northeastern corner of Taiwan, is at present the northernmost TRA branch line and the one with the steepest gradient. The origins of the line can be traced to 1936, when the Japanese Mining Corporation built a light rail line at Lian­dong (Shui­nan­dong) on the coast below Jin­gua­shi to transport minerals to the harbor. The next year it was extended through ­Shen’ao and Ba­douzi to Ba­chi­men. This freight line was also used by local residents to travel between Rui­fang and Kee­lung.

Because of the construction of Provincial Highway 2, which runs along the coast, and the decommissioning of the ­Shen’ao Coal Power Plant, the rail line ceased operating for a time. Service was revived only after the opening of the National Museum of Marine Science and Technology in Ba­douzi, Kee­lung, when the ­Shen’ao Line once again became a scenic coastal route.

The Old Mountain Line, running between ­Sanyi in ­Miaoli and Feng­yuan in Tai­chung, which was for a time included in the cruise-style train tourism program, offers spectacular mountain vistas entirely different from the coastal Shen’ao Line.

The Old Mountain Line passes by the ruined Yu­teng­ping Bridge (better known as the Long­teng Bridge), and is considered a potential World Heritage Site. The bridge was damaged beyond repair by an earthquake in 1935. Although the Old Mountain Line has now been superseded by the New Mountain Line, its construction in 1908 was of epochal significance. Running from ­Sanyi in the north to Feng­yuan in the south, the line constituted the last stretch of Taiwan’s western main line. At that time, the sections of the line north of ­Miaoli and south of Tai­chung were already in service. Connecting them together would create a single transportation network running the length of Taiwan. Because the Mountain Line helped link the north and the south, it became common to say that the opening of the Mountain Line connected the whole island.

New possibilities for old lines

The well-known Jiji, Nei­wan, and ­Pingxi branch lines each possess their own unique qualities. But in Su ­Zhaoxu’s opinion, Taiwan has a treasure trove of other branch lines that could be renovated and put back into service.

Su would first like to see the reinstatement of the final stage of the ­Shen’ao Line, connecting to Lian­dong. The ­Shen’ao Line currently terminates at Ba­douzi Station, and the final stage would run along the coast to ­Lian­dong. There, if a cable car system could be built to take visitors up to the old mining towns of Jin­gua­shi and Jiu­fen, this would provide even better access to the unique scenery of the Northeast Coast.

Su’s next priority would be the Hua­lien Harbor Line, which runs beside the Pacific Ocean. The line’s construction was an important part of the Ten Major Construction Projects initiated by the central government in the 1970s. It is one of three existing harbor lines operated by the TRA, and the azure ocean views leave a lasting impression. At present, however, the line used solely for freight transportation. If it could be converted for passenger service, it would be ideal for sightseeing.

In Su’s opinion Ping­tung’s Dong­gang Line also has considerable potential for further development. The 6.2-kilometer line, which runs between ­Zhen’an and Dong­gang, was part of the western main line until 1940, when the main line was extended southward from ­Zhen’an to Fang­liao, and the Dong­gang Line became a branch line. Before it ceased operating in 1991 the Dong­gang Line faced considerable competition from highway transportation. As ridership plummeted, it was finally taken out of service.

However, this branch line in the far south of Taiwan once ran beside fish farms with their plumes of spray glistening in the sunlight. If service resumed the former military base at Da­peng Bay, Dong­gang’s famous bluefin tuna, and the ­Wangye Boat Burning Festival would all become special attractions for the line.

Su speaks of railway lines in passionate detail. For him, they offer a journey of the spirit and the opportunity for the leisurely enjoyment of surrounding sights without having a driver’s worry about the road ahead. At times, train travel can awaken memories of the past. “Traveling by train is a journey through memories of all types,” Su says.

“Train stations are gateways to hometowns and citadels of nostalgia. Their platforms are stages for meeting and separating. The railway channels desires and memories. Through each branch line runs a distinct emotional current,” says Su, describing the charm of TRA branch lines.                                                       

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

台鐵漫遊

感受支線風情

文‧劉嫈楓 圖‧莊坤儒 翻譯‧Robert Green

一條條深入偏鄉、原野、海域的台鐵支線,讓始終搭乘鐵道縱貫線的人們有了一趟「出走的機會」。

海天一色的支線,闃靜遺世的無人小站……,偏離主幹道的「台鐵支線」,既是線路、空間的駛離,也是一趟心靈的出走,讓人從忙碌現實中逃逸、喘息,找回片刻的自我。


2011年,台鐵為帶動觀光產業,和旅遊業者易遊網聯手策劃,推出「郵輪式觀光列車」,北從蘇澳永樂、南至屏東枋野,那些少有旅客停留而被人逐漸遺忘的月台驛站,因而多了許多造訪足跡。

「除了運輸,該擁有更多的鐵道文化。」易遊網策略長蕭冠群表示。當年台鐵有意發展觀光產業,便和易遊網合作,於樹林至蘇澳段、花蓮至關山段試辦郵輪式觀光列車。推出後廣受乘客好評,2011年,則改以每月至少一班的郵輪式觀光列車面世。行駛路線有別於西部、東部縱貫線路的傳統僅僅停留大站,包括花蓮豐田、台東多良等小站都被列入行程當中。

例如,連月台也沒有的枋野站、被作家劉克襄形容為「到不了的車站」山里車站,都是行程中規劃的站點。此外,位於苗栗的崎頂站,也深受乘客喜愛。不同於人聲鼎沸的大站,每天不足百人造訪的崎頂站為一無人站。走至外頭,一旁的子母隧道景象有如動畫電影《神隱少女》裡頭,主角脫離現實世界走入幻境的隧道場景。

而有著「最大的小站」之稱的加祿站,也是台鐵郵輪式觀光列車行經的站點之一。蕭冠群解釋,位於南迴線上的加祿站,過去曾是鐵路集散中心,「雖然加祿車站站體不大、每日過站人數也不多,卻擁有大站氣勢。」

為了讓乘客感受無人小站閒逸的步調。除了在行程中安排讓旅客停留,每每經過無月台枋野、山里等站台,列車還會刻意減速,以時速20公里的速度通行,讓旅人感受支線小站的緩慢步調。

特色支線,風情獨特

隨著小站復興、台鐵支線觀光熱潮重返,除了眾人熟知的平溪、集集與內灣支線,2014年因為國立海洋科學博物館的開張,曾經停開的深澳線也重新復駛。哪條支線是心中的最愛?鐵道專家蘇昭旭笑笑說,各條支線在他心中,都擁有無比迷人的獨特風情。

「台鐵環島縱貫線就如同主菜,而支線就像一碟小菜、附餐,嚐來別有滋味。」蘇昭旭說。

包括此前廣受大家歡迎的集集線、內灣線及平溪線,一度復駛而又暫停的舊山線,以及因應國立海洋科技博物館開館而重新開通的深澳支線,蘇昭旭皆下了不同註解。

「搭乘深澳線,就是看海。」蘇昭旭說。起自瑞芳、止於八斗子站的深澳線沿著台灣東北角海岸一帶行駛,面山望海,有如日本湘南江之電般擁有浪漫的濱海風情。蘇昭旭表示,位於台灣東北角一帶的深澳線,是目前位置最北的台鐵支線,也是坡度最陡的一條支線。這條線路的起始,可溯及1936年,日本礦業株式會社為運送礦產,於金瓜石山區下興建輕便軌道,以便將砂石運至港口。隔年,並將線路延伸至深澳、八斗子,以至八尺門。這條貨運便道於當時甚至成為居民往返瑞芳、基隆間的交通要道。

由於濱海公路台2線興建、深澳火力發電廠關閉等因素而一度停駛的線路,直到位於基隆八斗子國立海洋科技博物館的開館,才恢復營運,重現深澳線的濱海風貌。

不同於深澳線的濱海景觀,曾經一度以「郵輪式觀光列車」復駛而後暫停的三義──豐原舊山線段,則有著另一番世外桃源般的山城美景。

沿途行經龍騰斷橋、魚藤坪橋等知名景點,而擁有世界遺產潛力點的舊山線,蘇昭旭為其下的形容則是「縱貫濫觴」。因為新山線行駛而被取代的舊山線,1908年興建時,擁有著特殊的時代意義。蘇昭旭解釋,北起三義、南至豐原舊山線,是貫穿西部縱貫線的最後一哩路。當時,苗栗以北、台中以南的台鐵線路皆已開通,一等此段銜接,就可串連全台南北交通動脈。如此的重要性,使得當年更曾出現「舊山線一開通,全台灣就通了」的說法。

潛力支線,等待復駛

而大眾較為熟知的集集、內灣以及平溪支線,則各自擁有著特色。而在蘇昭旭心中,仍有許多「遺珠」支線,等待復駛與再利用。

列於蘇昭旭心中首要等待復駛的選項,即是深澳線後段,連結八斗子與濂洞的線路。目前的深澳線,終站止於八斗子。然而,後段沿途行經海濱、濂洞的線路,若搭配上纜車系統,還能串接起金瓜石、九份一帶,更能完整表現東北角海天一色的景觀特色。

而次要選項,則是被他稱為「最靠近太平洋」的花蓮港線。

蘇昭旭表示,花蓮港線當年興建時是台灣十大建設計畫的重點項目,在目前現有的三條臨港線中,緊鄰太平洋,眼前所望那片湛藍,令人印象深刻。目前現有線路,僅僅用作貨運,若能加入客運之用,將充滿觀光商機。

同樣在他眼裡深具潛力的,還有位於屏東的東港線。連結鎮安與東港、全長不過6.2公里的東港線本是台鐵主幹線,直到1940年台鐵線路改道,轉而由潮州線串聯鎮安與枋寮,才成為支線。而後在1991年停駛前夕,東港支線面臨公路交通的競爭,客運量大幅滑落,最終走向停駛命運。

然而,這條位於台灣南端,當年行駛時一旁還伴隨魚塭水花四濺的景象,倘若復駛,能與大鵬灣水上基地、東港黑鮪魚特產、五府千歲王船祭典等景點活動串連,將構築出此條支線的特色。

說起鐵道,蘇昭旭如數家珍。鐵道之於他,不但是一趟心靈的出走,那份搭上列車望前看後、左顧右盼而無須擔心前方塞車的悠閒,更是自駕開車無從獲得的體驗。偶而,搭上車,沿途風光更喚醒過往的昔日情懷,「搭乘火車是一趟生命的記憶,格局大大不同。」他說。

「車站是故鄉的門戶,是鄉愁的城堡,月台是聚散別離兩依依的舞台,鐵路是串連思念與記憶的軌道,每一條支線都有各自的感情線。」

關於台鐵支線的迷人風情,蘇昭旭如是說。 

日常を離れ、心を解き放つ ——台湾鉄道在来線 ローカル線の魅力に触れる

文・劉嫈楓 写真・莊坤儒 翻訳・山口 雪菜

田舎町へ、原野へ、海辺の小さな町へと人々を運ぶローカル線は、普段は縦貫線(台湾を南北につなぐ本線)にしか乗らない人には、「日常から抜け出す」の機会をあたえてくれる。

ローカル線で空と海の色がつながる水平線を眺め、忘れ去られたかのような名もない無人駅に降り立つ。本線から分かれる鉄道支線の旅は空間の移動であり、心を解き放つ旅でもある。そこには、慌ただしい日常から抜け出して一息つき、自分を取り戻す時間が待っている。


2011年、台湾鉄路管理局(台湾の国有鉄道/以下、台湾鉄路)は観光促進のために旅行業者の易遊網(ezTravel)と手を組み、「クルーズ・スタイル観光列車」を打ち出した。これによって、北は宜蘭県蘇澳の永楽から南は屏東県の枋野まで、これまで旅行者が降り立つことのほとんどなかった無名の小駅にも少なからぬ観光客が訪れるようになった。

「鉄道には輸送の機能だけでなく、鉄道文化というものがあるはずです」とezTravelプロダクト・マネージャーの蕭冠群は言う。台湾鉄路は観光産業を促進するためにezTravelと提携し、新北市の樹林から宜蘭県の蘇澳まで、そして花蓮から台東県関山までの区間でクルーズ・スタイル観光列車の試験運行を開始した。これが好評を博したため、2011年からは月に一度以上、クルーズ・スタイル観光列車を運行することとなった。観光列車が通るルートは、台湾の西部と東部それぞれの縦貫線(南北を結ぶ本線)が主要駅にしか停まらないのとは異なり、花蓮県の豊田や台東県の多良といった小さな駅も停車駅に含まれている。

例えば、プラットホームさえない枋野駅や、作家の劉克ء٨が「到達できない駅」と形容した山里駅なども停車駅となっており、苗栗の崎頂駅も乗客に好評を博している。多くの人が乗り降りする大きな駅と違い、一日の利用客が100人に満たない崎頂駅は無人駅である。駅のすぐ近くにある子母トンネルの景観は、日本のアニメ映画『千と千尋の神隠し』で、主人公が別の世界へと入っていくトンネルを思わせる。

また「最も大きな小駅」と呼ばれる屏東県の加禄駅にもクルーズ・スタイル観光列車は停車する。蕭冠群によると、台湾の南端を東西に結ぶ南迴線の加禄駅は、かつて車両基地があったことから、「駅舎そのものは小さく、一日の利用客も少ないのですが、大きな駅のような堂々とした風格があります」と言う。

観光客に無人駅ののんびりした雰囲気を味わってもらおうと、クルーズ・スタイル観光列車はこうした小さな駅に止まるだけではなく、プラットホームのない枋野や山里駅を通る時には特別にスピードを時速20キロまで落とし、乗客がローカル線秘境駅のゆったりとした時間の流れを感じられるように工夫している。

特色あるローカル線

小さな駅やローカル線の魅力が再び注目されて旅行者が訪れるようになり、もともと有名な平渓線や集集線のほかに、2014年には国立海洋科技博物館のオープンとともに、一度は廃止されていた深澳線も運行が再開された。

鉄道専門家の蘇昭旭に、どの支線が一番好きかと問うと、どの支線にも他にはない独特の風情があって捨てがたいと笑う。

「台湾を南北に結ぶ縦貫線(本線)をメインディッシュに喩えるなら、支線は副菜やおつまみのようなもので、それぞれに味わいがあります」と言う。

もともと人気のある集集線や内湾線、平渓線、それに一度は廃線になった旧山線、さらに国立海洋科技博物館の開館に伴って再開された深澳線など、蘇昭旭はそれぞれの魅力を語る。

「深澳線の魅力は何といっても海です」と蘇昭旭は言う。新北市の瑞芳から基隆の八斗子までを結ぶ深澳線は台湾の東北角海岸沿いの山と海の間を走り、日本の江ノ島電鉄のようにロマンチックな海岸の風景を楽しめる。深澳線は、台湾の支線の中で最北端を通る最も勾配が大きい路線である。この線路は、1936年の日本時代に日本鉱業株式会社が鉱物運搬のために金瓜石の山麓から港まで敷設した軽便鉄道で、翌年にはさらに深澳、八斗子、八尺門まで延ばされた。貨物輸送のための鉄道だったが、瑞芳と基隆の間を行き来する住民の重要な交通手段としても使われていた。

後に、自動車道の浜海公路2号線が開設され、また深澳火力発電所が閉鎖されたことにより深澳線は一度は運行を廃止したが、基隆の八斗子に国立海洋科技博物館が開館したことをきっかけに、ここを訪れる観光客のために営業を再開したのである。

海岸線を走る深澳線とは異なる景観が楽しめるのが、苗栗県の三義と台中市の豊原を結ぶ旧山線である。この支線も廃線となっていたが、クルーズスタイル観光列車によって運営を再開し、現在再び運行は一時停止している。ここでは桃源郷のような山間の美しい景色が楽しめる。

沿線には龍騰断橋や魚藤坪橋といった有名な鉄道史跡も数多くあり、世界遺産レベルの魅力にあふれている。蘇昭旭はこの路線を「縦貫線の起源」と呼ぶ。新山線の開通で廃線となった旧山線だが、1908年の完成時には特別な時代的意義を有していたという。

その話によると、北の三義から南の豊原までを結ぶ旧山線は、台湾西部を南北に結ぶ縦貫線の最後の区間として敷設された。当時、苗栗県以北と台中以南の南北の鉄道はすでに開通しており、旧山線が開通したことで、台湾を北から南まで結ぶ大動脈が全線完成したのである。このような重要性から、当時は「旧山線の開通で全台湾がつながった」と言われたのである。

再開が待たれるローカル線

台湾でよく知られているローカル線と言えば集集線、内湾線、平渓線などがあり、いずれも特色がある。だが蘇昭旭は、この他にも廃線となって忘れられた素晴らしいローカル線があり、再開が待たれると言う。

運行を再開すべきローカル線として蘇昭旭が第一に挙げるのは、深澳線の後半区間、基隆の八斗子から新北市の濂洞までの区間である。現在のところ、深澳線の終点は八斗子だが、その先の海浜や濂洞までの運行を再開し、この一帯とケーブルカーなどを組み合わせれば、観光地である金瓜石や九份とつなぐこともでき、太平洋に面した東北角の景観が一層楽しめるようになる。

蘇昭旭がその次に運行を再開してほしいと願っているのは、「最も太平洋に近い」花蓮港線だと言う。

蘇昭旭によると、花蓮港線は建設当初は台湾十大建設計画の中の重点項目で、現在ある3軌道の臨港線の中で最も太平洋に近い1本であるため、真っ青な海が目の前に広がる。現在の軌道は貨物輸送にのみ使われているが、これを旅客輸送に利用できれば、観光の大きな目玉になると考えられるのである。

もう一つ、蘇昭旭が潜在力が高いと考えているのは屏東県の東港線である。屏東県の鎮安から東港までの全長わずか6.2キロの短い区間だが、この路線はもともと台湾鉄路の主要幹線の一部だった。1949年に台湾鉄路主幹線のルートが鎮安から枋寮を結ぶ潮州線に変わり、取って代わられた東港線が支線になったのである。その後、東港支線は自動車道との競争に直面して利用者が大幅に減少し、1991年に廃線となった。

しかし、台湾の南端に位置するこの路線からは、水しぶきを上げる魚の養殖場を眺めることができ、運行を再開すれば、大鵬湾の水上基地や東港で水揚げされるクロマグロ、五府千歳王船祭などの観光地やイベントにもう一つの魅力が加わることになり、ローカル線ならではの特色を打ち出すことができるだろう。

鉄道のこととなると、蘇昭旭の話は止まらない。彼にとって鉄道の旅とは心の解放である。車窓から右、左、前、後を思いのままに眺められ、前方の渋滞を気にする必要もないというのは、自分で車を運転するのとはまったく異なる体験である。時には列車に乗り、沿線の景色を楽しみながら昔を思い出すのもいいだろう。「列車の旅は人生の記憶の旅であり、スケールがまったく違うのです」と蘇昭旭は言う。

「駅は故郷の扉、郷愁の城です。プラットホームは出会いと別れの舞台であり、鉄道は思念と記憶をつなぐ軌道と言えます。すべてのローカル線にそれぞれの感情線があるのです」と台湾のローカル線の魅力を蘇昭旭は締めくくった。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!