At the Foot of Mt. Jiujiu

Yu-Hsiu Museum of Art
:::

2020 / June

Lynn Su /photos courtesy of Lin Mini-shuan


An entrepreneurial couple who subscribe to the idea of “accomplishing one meaningful thing in life” met an artist who never feared to dream and act. Together they created an exceedingly beautiful museum. Inspiring visitors by immersing them in art, the museum is also an invaluable gift to Taiwan, embodying all that is good in the world.


A few years ago, art lovers in Taiwan began to spread the news that a museum had opened in an out-of-the-way corner of the island. Notwithstanding its difficult access, the museum is so impressive that everyone who has been there looks forward to the day when they can visit again.

What makes this museum so captivating? Is it its archi­tecture, which combines grandeur and beauty? Or is it the unique and exquisite objects on display there? To experience the museum’s charm, let us leave behind the hustle and bustle of the city and come to the foot of serene Mt. Jiujiu in Nantou County’s Caotun Township.

A museum in the mountains

The Yu-Hsiu Museum of Art is situated in Caotun’s Pinglin community, which has only 400 households. There are mountains in the distance, farmhouses dotting the landscape, and an abundance of grapes and lychees growing on the fertile farmlands. The museum is at the end of a narrow rural lane. Few souls are to be seen along the way, which makes you wonder whether you are in the right place. When you finally arrive, no grandiose building greets you.

Admitting no more than 180 visitors per day and requiring advance booking, the museum has introduced these stringent rules in the interests of quality control. It wants to serve those who would appreciate it. First, you walk through a corridor, a fine example of béton brut lined with shady bamboos. At the end of the winding path you emerge into daylight. As you climb the stairs, more things slowly come into view until, at last, the main exhibition building presents itself.

The façade is grey and unpretentious, its simplicity exuding an air of modernity. Despite its low profile, there are subtle details at every turn. Of the 2.5 acres of ground, only a third has been used for building. The rest teems with greenery. This warm and soothing landscape evokes an elysian mood, offering a resting place for the soul, something we all yearn for.

Lee and Ye

The Yu-Hsiu Museum of Art has not had a chief curator for more than a year. This long vacancy is a silent tribute to Lee Chu-hsin.

Lee was a painter and educator. He was also the vision­ary dreamer who conceived the museum. In 2010 he bought land in Caotun as a site for a studio of his own. The tranquil Pinglin community attracted not only Lee but also fellow artists such as Ko Shih-chung, Ko Yao-tung and Yu Shou-chung. Coincidences coalesced into ideas, which gradually came together in the thought of opening a museum there one day.

Lee and Ye Yu-hsiu first met at a Rotary Club, where Ye took painting lessons from Lee. Subsequently Lee became better acquainted with Ye and her husband Hour Ing-ming, an entrepreneurial couple who have long been art patrons. Always venturing where angels fear to tread, Lee boldly proposed the idea of a museum to Ye. Her affirm­ative response was a pleasant surprise.

After they had purchased the land, construction got under­way, and the museum gradually materialized. But no one can predict the vagaries of life. Just two years after building had begun, Lee was diagnosed with cancer. The outlook was far from promising. In 2016, the museum opened. Lee passed away in 2019.

Lee’s last efforts were all dedicated to establishing the museum, which Ye has vowed to “keep under her wing for the rest of her life.” The chief curator is no longer there, but the museum carries on as before, hosting one world-class exhibition after another. In addition to exhibitions, it tirelessly ­advances art education by organizing events and workshops. Lee’s spirit still lingers in the museum, never departing.

The interior

The museum currently features the Australian artist Janet Laurence’s solo exhibition: Entangled Garden for Plant Memory. The curatorial process took two years, during which time the museum and the project curator worked hard with Laurence on the installation of her artworks. Laurence brought a small number of her images and specimens of wood, minerals, plants, and animals from Australia, but most materials were gathered in Taiwan and transformed into artworks locally.

Each of the exhibition’s three floors features a theme. The first floor focuses on “roots,” the second on “leaves,” the third on “habitats,” the themes interacting and complementing each other. Through installations, recorded images, and living and dead specimens, the exhibition poetically explores the relations between human beings, other species, and the environment, which is especially relevant in a year overshadowed by COVID-19.

Small but exquisite

Visitors are often amazed by the exhibitions at the Yu-Hsiu Museum of Art. This irresistible allure must be ­ascribed in no small measure to Ye’s open-mindedness: she gives both artists and visitors the space they need. It also has much to do with Lee Chu-hsin’s vision of turning the museum into a hub for “contemporary realism.”

“Realism” is not as narrow as most people may imagine. Neither classical nor unadorned, it is far from obsolete. Realism is not only a basic element of art, but also directly reflects what the mind perceives. For viewers, realist art—because of its relationship with life and living—is easier to understand and relate to than the typically obscure and fragmented images of abstract and conceptual art.

Grounded in this solid principle, and benefiting from the team’s strong sense of mission, “we may be small, but we are committed to fully realizing the potential of each area,” says Huang Hsiang, the museum’s director.

Size-wise this is indeed a middling museum, but its ambition is not trifling. To be invited to exhibit their works, artists—be they local or from abroad—have to be of the highest caliber. Curatorial preparations are meticulous, often taking years. The exhibition space can be reconfigured to accommodate the needs of each artist, so that the artworks may be fully integrated into their surroundings.    

Janet Laurence’s Entangled Garden for Plant Memory, currently on display, is perhaps the museum’s most painstaking project to date. A year before the exhibition opened, Laurence came to Taiwan to familiarize herself with the place. After she went back to Australia, the museum approached National Taiwan University’s Museum of ­Zoology, Herbarium, and Geo-specimen Cottage, as well as the Council of Agriculture’s Endemic Species Research Institute, to loan the objects Laurence had speci­fied. It was not until two weeks before the exhibition was due to start that the artist returned to Taiwan to set up the exhibits. The daunting challenge has turned out to be a brilliant success.

Practical art education

The Yu-Hsiu Museum of Art has a less widely known mission: promoting art education for schoolchildren from far-flung places.

This is also Lee Chu-hsin’s legacy. “Go and plant trees: Sow the seeds of art in every child’s heart, because one day they may grow into magnificent trees.” This wish is found in one of the manuscripts he left behind.

It was this vision of Lee’s that initiated the museum’s project of hosting art classes on site.

Education is a long-term investment. With an eye to the future, the conscientious team has applied the mu­seum’s characteristic attention to detail to the cultivation of young minds. Every aspect receives meticulous care, from designing lessons that tie in with current exhibitions, through communicating with schools before the events and training instructors and volunteer guides, to post-lesson contact and follow-ups.

The team hopes to inculcate the polite manners that are expected in a museum context and to offer appropriate guidance to help children enjoy and appreciate artworks. The aim is for children to realize how interesting it is to visit a museum, so that a love for art may take root at an impressionable age. “What we seek is not so much to give something to children as to enable them to discover something here,” says Liu Hsin-yun of the museum’s edu­cation and communication section.

Take one of their past exhibitions, Tranquil Vastness, for example. The artist, Yang Pei-chen, created wood sculptures that were almost indistinguishable from real Boston bags, antiquarian books, and leather clothing. These simu­lacra of old objects had a mellow appearance, as if they had been washed over by time. They also quietly evoked the ineffable bonds between things and their owners.

After viewing the exhibition, the instructor invited the students to make observations and to think about questions such as “Who owned that bag?” These questions served to stimulate the children’s minds, encouraging them to step outside their comfort zones, giving free rein to their imagination, and ultimately supplying motivation for creating art. Begin with “observation.” Then activate the “imagination.” And finally, set about “practicing art.” All creative practitioners share this process.

These on-site art classes are integral to the founding vision of the Yu-Hsiu Museum of Art. They are intended to disseminate the idea that art is for everyone to appreci­ate. Beauty originates in our attentiveness to life. By the same token, if we know how to appreciate art, what we gain from it will ultimately enrich our lives.       

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

忘路之遠近 九九峰下

毓繡美術館

文‧蘇俐穎 圖‧林旻萱

一對發願「一輩子做一件有意義的事」的企業家夫婦,遇上一個勇敢作夢、言出必行的藝術家,共同成就了一座人間至美的美術館的誕生。它,是啟動美感覺知的場域,也是台灣社會的無價餽贈,更是天地大美的具體化身。


幾年前,喜好文藝的朋友忽然開始流傳,出現了一間開在鄉野、難以到達的美術館。反差的是,即使路途波折無比,去過的人總念戀不忘,盼著有朝一日還能再訪。

一間直扣人心的美術館,到底是什麼樣的能耐,是大觀蘊美的建築,還是玲瓏珍奇的展物?告別喧囂大城,來到南投草屯,靜寂的九九峰山下,讓我們一探究竟。

山中美術館

美術館所在的草屯鎮平林里,僅400戶人家,除了遠方山巒,農家錯落,沃壤上栽種無數葡萄、荔枝,美術館在鄉間小路的盡頭,路上人煙罕至,前進時頻頻讓人心生疑惑,終於抵達,又不見任何宏麗巍峨的建物。

一天入場上限才180人,還得事前預約,這般刁鑽的控管方式,為的就是維持參觀品質,求的是知音。我們先穿過清水模的立面,一條竹林小路曲徑通幽,直到盡頭處才豁然開朗,隨著拾級向上,視野緩緩抬升,終於看到了作為展館用的主建物。

建築是廖偉立建築師的作品,斥資億元打造,從設計到竣工,耗費五年。雖然從不是為了聲名,卻因此拿下2016年台灣建築獎首獎,錦上添花。沿著山坡線建造的建築群,小巧不張揚,據聞這安靜的特質,源於美術館的創辦人──葉毓繡女士。

灰樸外觀,簡約中帶有現代感,雖然低調,細節處卻各有巧妙。3,000坪基地,僅1,000坪作為建地,其餘綠意簇擁,徜徉在這片舒徐溫潤的風景,像走進了桃花源,遇見人人渴想的一處心靈居所。

李足新×葉毓繡

毓繡美術館的館長一職,這一年多以來「遇缺不補」,像是對李足新的紀念。

李足新是畫家,是教育家,也是孕育出這座美術館的夢想家。2010年,他先在南投草屯的平林里購地,作為自己的工作室使用,這個寧靜的聚落,不只吸引了他,還有柯適中、柯耀東、游守中等藝術家進駐。點滴淵源,匯集成日後美術館選址的契機。

李足新與葉毓繡的緣分,最早起於扶輪社繪畫課的師徒關係。也因此,當他認識了侯英蓂、葉毓繡,這對長期資助藝術家活動的企業家夫婦,敢想人所不敢想的李足新,大膽向葉毓繡提案:「我們來蓋一間美術館?」竟得允諾。

購地以後,美術館在一磚一瓦中建造了起來,但人的際遇風雲變幻。開工才兩年,李足新就發現罹癌,情況不樂觀,2016年,美術館開幕,2019年,李足新逝世。

這座燃燒他最後生命所建成的美術館,葉毓繡堅持「用餘生守護」。館長不在了,但美術館如常運作,一檔接著一檔,端上國際也豪不遜色的展覽;展覽以外的美學教育行動,耕耘不輟。就像他的精神依舊存續在美術館之中,從來沒有離開。

走入美術館

踏入展場,正展出澳洲藝術家珍奈特‧勞倫斯的個展「花園裡,植物記憶纏繞」。長達兩年的策展時間,在館方、策展人的大力協助之下,展出裝置藝術,所運用的枯木、礦石、植物、動物的錄像與標本等素材,除了少數由藝術家從澳洲攜帶來台,更多是在台灣現地取材,再進行加工創作。

一至三樓的展場,各成主題。一樓的「根」、二樓的「葉」、三樓的「棲地」,互文表述,藉裝置、錄像、活體與標本等,以詩意的方式闡述人與不同物種、環境的關係,在受新冠肺炎疫情籠罩的這一年,格外引人省思。

小,但是精緻

毓繡的展覽,常在觀眾的心裡留下鮮明的驚嘆。好比歷年的藝術家個展:尼古拉‧薩莫利「食人之道」、楊北辰「沉靜蒼茫」、須田悅宏「花 | 非花」、奧德‧賽德盧姆「混沌之界」……。不論是國際級的大師,或者國內實力堅強的中生代和新銳,每一檔都深獲好評。

毓繡的展覽之所以格外好看、觸動人心。首先必須歸功於葉毓繡的開放態度,願意把舞台讓給藝術家與參觀的民眾。另一個原因,與李足新將美術館定調在推廣「當代寫實」,不無關係。

所謂寫實,不像一般人想像的那樣狹隘,既不是古典,也不是樸素,更不是老派。寫實,是藝術的基本功,也是心靈風景的直接映照。尤其對觀眾來說,寫實藝術因為直接與生命、生活發生聯繫,不如抽象藝術、概念藝術的晦澀與破碎,更容易閱讀,讓人心領神會。

立足在這樣良好的基礎,加上團隊反求諸己的態度,「我們雖然小,但總希望能把每個地方的能量都做到最大。」毓繡美術館總監黃翔說。

毓繡誠然是一所中小型美術館,但格局從來不小。邀展的藝術家人選,無論國內外,非得一流不可。策展時間,細活慢工,動輒以「年」計算。展場空間,依據藝術家需求,客製化打造,讓展品與空間渾然一體──這種細緻,在須田悅宏「花 | 非花」看得格外清楚,栩栩如真的木雕花,猶如真實植物一般,靜靜綻放在窗畔、屋角,大幅留白的空間,共同形塑出觀展經驗的一部分。

當期展出的珍奈特‧勞倫斯「花園裡,植物記憶纏繞」,這應是歷年來最「費力」的一檔展覽。奠基過往與藝術家深度溝通的經驗,進一步挑戰美術館、策展人與藝術家,三方的協力與默契。在開展前一年,由藝術家來台實地場勘,返國後,策展團隊按藝術家列出的素材需求,向台大動物博物館、植物標本館、地質標本館,以及特種生物研究保育中心商借物件,直到開展前兩週,藝術家才又抵台,駐館兩週進行佈展。這樣高風險的挑戰,成品相當精采,堪稱成功。

毓繡美術館是個有機體,不斷地要求自我提升、進化,誰也不知道它要往哪個方向。但就如李足新的手稿所述:「未來的幾年,還會有更多令人期待的國際級藝術家來到毓繡和台灣藝術家在此交會,要讓民眾感受到藝術的美好與無限可能,就先要讓美術館形塑成一座自由的美術館。」

沒有設限的美術館,只以精益求精為目標。畢竟,在這裡,讓所有人感受到美,才是最重要的。

美學教育行動

毓繡美術館另一罕為人知的業務,是走入偏鄉校園,推廣美學。

這也是襲自李足新的遺志。「去種樹,把美感種在每個小孩的心靈,未來的某日,或許就會成蔭。」一份在他遺留下來的創作手稿,記載著這份心願。

這份願力,讓美術館啟動了「我的美術課在美術館」計畫。他們刻意選擇群眾募資的方式,希望藉以喚醒社會對偏鄉美學教育的關懷。

教育是百年大計,任重道遠的團隊,延續美術館的一貫作風,細膩,而且深耕。因為堅持,孩子來美術館,不能只是一趟輕鬆愉快的校外教學,也不是一堂移師到教室外的工作坊。因此,從教案的設計,如何與當期展覽配合,還有參訪前與校方的溝通、授課師資與導覽志工的培訓、事後的聯繫與延續等,每個環節都不馬虎。

團隊希望讓孩子了解,參觀禮儀之必須,也希望藉適切的引導,讓孩子體會鑑賞藝術品帶來的趣味,同時發現到,「上美術館,原來這麼有趣」,繼而從中觸動這些幼小心靈,啟蒙美感細胞。「不是要給孩子什麼,而是要他在這裡發現什麼。」負責專案的教育推廣專員劉昕昀說出自己的理念。

就像一回,展出楊北辰「沉靜蒼茫」,木雕藝術家雕刻出以假亂真的波士頓包、古書、皮衣,擬真的老件,綻放出時光洗鍊的溫潤光輝,也在無形裡暗示著,人、物之間難以言傳的深刻情感。

呼應這場展覽,看完展覽後,老師引導學生進行觀察,發想「包包的主人是誰?」以提問不斷挑戰學生的想像,幫助孩子跳脫日常,天馬行空地發想,繼而從中轉化成創作的動機。先從「觀察」著手,繼而觸發「想像」,最後落實「創作」,一如所有藝術誕生的過程。

在這門課堂上,技巧從來不是最重要的,因為技巧,慢慢磨練就有;創作時,也不用罕見、高價的媒材。最重要的,是解放僵固的想像,從感動,觸動內在的創作慾。美術課在美術館,貫徹了毓繡美術館初始的理念,想告訴所有人:欣賞藝術作品,沒那麼難。美,源於對生命的觀照;懂得欣賞,最後回饋到的,通通是生活。           

九九峰山麓に佇む

毓繍美術館

文・蘇俐穎 写真・林旻萱 翻訳・笹岡 敦子

「生涯のうちに意味のあることをしよう」と決めた企業家夫妻が、大胆に夢を見る有言実行の芸術家と出会い、限りなく美しい美術館を誕生に導いた。それは、美意識が生まれるフィールド。台湾社会へのかけがえない贈り物。そして、この世の素晴らしい美の具現化である。


数年前、アート愛好家の間に噂が流れた。遠く離れた里野に美術館が現れたというのである。骨の折れる道のりにも関わらず、訪れた人は、いつか再び訪れるときを心待ちにする。

美術館の何が、人の心を惹きつけて止まないのだろう。壮大な建築か、世にも珍しい展示か。街の喧騒に別れを告げ、南投‧草屯へやってきた。静寂の九九峰のふもとで、見極めてこよう。

山の美術館

美術館のある草屯鎮平林里は、人家はわずか400戸。山々を遠くに控え、農家が点在し、豊かな土壌にはブドウやライチが植えられている。美術館は田舎道の一番奥にある。道には人気もなく、このまま進んでいいものか戸惑う。やっと着いてみると、壮大な建物はない。

一日に入場できるのはたった180人。そのうえ予約が要る。こんな面倒なことをしているのも、じっくり鑑賞してもらえるように、本当に価値がわかる人を求めてのことである。打放しコンクリートの通廊が、竹林の中を別世界へと導く。急に視界が明るくなり、階段を上って視線が高くなると、ようやく展示用の本館が見えた。

建築家‧廖偉立が手掛け、巨費を投じ、設計から竣工まで5年を費やした。名声を追うことはなかったが、2016年に台湾建築賞の最高賞を受賞し、花を添えた。斜面に作られた建築群の慎ましやかな様子は、美術館の創設者‧葉毓繍氏に由来するのだという。

質朴な外観は、シンプルな中にコンテンポラリーな雰囲気が漂う。控えめだが、細部に気遣いが窺える。3000坪の敷地に1000坪だけを建築面積にして、ほかは緑が取り囲む。心地よい風景を歩けば、桃源郷に足を踏み入れたかのように、渇望していた心の居場所に出会える。

毓繍美術館の館長職は、一年以上空席のままである。李足新への追惜であろうか。

李足新×葉毓繍

李足新は画家であり、教育家であり、この美術館を誕生させた夢想家でもあった。2010年、南投草屯の平林里に土地を買い、アトリエとした。この静かな集落には、李足新だけでなく、柯適中、柯耀東、游守中といったアーティストも引き寄せられている。小さな滴が集まって、後の美術館の立地のきっかけとなる。

李足新と葉毓繍の縁は、ロータリークラブの絵画講座の師弟関係に始まる。そこから、李足新は、長い間アーティストを支援してきた事業家夫妻‧侯英蓂と葉毓繍と懇意になる。李足新は、大胆にも葉毓繍に提案した。「美術館を作りませんか」すると、なんと同意を得たのである。

土地を購入し、ブロック1つから美術館の建設が進んで行った。だが。李足新に癌が見つかり、楽観できる状況ではなかった。2016年、美術館がオープンし、2019年、李足新がこの世を去った。

命の最後を燃やして建てられた美術館を、葉毓繍は余生で守り抜くことを決めた。館長がいなくても、美術館はそれまでどおり運営された。世界的にも遜色のない展示が開催されていく。美術教育も、中断することなく続けられた。李足新の精神が美術館の中に存在し続けるかのように。

美術館へ

館内の展示スペースでは、オーストラリアのアーティスト、ジャネット‧ローレンスの個展「ENTANGLED GARDEN FOR PLANT MEMORY (花園の中、植物の記憶が絡まる)」が開催されていた。2年に及ぶ企画創案を経て、美術館とキュレーターの協力の下、インスタレーションアートが展示された。使われた枯れ木、鉱石、植物、動物の映像と標本などの素材は、アーティスト自身がオーストラリアから持ち込んだものを除き、多くが台湾の材料を使って加工‧創作されている。

1階から3階の展示スペースが、それぞれテーマとなっている。1階の「根」、2階の「葉」、3階の「棲み家」である。間テクスト性表現を用い、インスタレーション、映像、生体、標本等によって、詩的な方法で、人と異なる種と環境との関係を表出している。新型コロナウイルスの感染拡大に覆われる今、考えさせられる。

小さいが精巧

毓繍美術館の展示は、見る者の心に鮮明な驚きを刻む。

毓繍の展示がこれほどまでに素晴らしく、心を動かす。それは葉毓繍のオープンな態度に源がある。アーティストと鑑賞する人々に舞台を譲るからである。もう一つの理由は、李足新が「コンテンポラリーリアリズム」を美術館の基調にしたことと無関係ではない。

リアリズムとは、一般に思われるような狭いものではない。クラシックでも素朴でもなく、ましてや古めかしくなどない。リアリズムはアートの基本であり、心象風景を映し出したものである。特に観客には、リアリズムは生命‧生活と直接つながる。抽象やコンセプチュアルアートの断片化や難しさとは違い、読み取り易く、心に届く。

こうした優れた基礎に立ち、チームの自らに厳しい態度で「小さいけれど、すべてにおいて最大限発揮したいのです」毓繍美術館ディレクターの黄翔は言う。

毓繍は中小規模の美術館だが、その志は決して小さくない。個展に招聘するアーティストの人選は、国内外に関わらず一流でなければならない。キュレーションの期間は、細部にわたり丁寧な仕事が「年」単位にわたる。展示スペースは、アーティストの要望に従いカスタマイズし、作品と空間が渾然一体となる。

今期の企画である、ジャネット‧ローレンスの「ENTANGLED GARDEN FOR PLANT MEMORY」は、これまでで最も「手がかかった」展示であろう。展示の1年前、アーティストがロケーションの確認に台湾に来た。帰国後、キュレーションチームは、リストに従い、台湾大学動物博物館、植物標本館、地質標本館、および政府特有生物研究保育センターから素材を借用した。展示の2週間前になってアーティストが再び来訪し、2週間かけてディスプレイした。ハイリスクなチャレンジだったが、仕上がりは素晴らしく、成功したと言える。

李足新の自筆メモに書かれている。「この先数年、もっとたくさんの国際的アーティストが、毓繍で台湾のアーティストと交わる。人々にアートの素晴らしさと無限の可能性を体感してもらうには、自由な美術館でなければならない」限界のない美術館。より良くなることだけを目標にする。ここでは、全ての人が美を感じることが、最も大切なのである。

美術教育

毓繍美術館には知られていない事業がもう一つある。地方の学校での美術教育の推進である。

これも李足新の遺志を継いでいる。「苗木を植えて、美意識を子供一人一人の心に植え付ける。いつの日かそれは、木陰を成すかもしれない」手書きの創作メモに、こんな願いが記されていた。

その願いに、美術館は「美術の授業は美術館で」計画をスタートした。

教育は百年の大計である。重責を負ったチームは、美術館のスタイルを貫き、きめ細かく、深く掘り下げる。当期の展示に合わせて教案をデザインしたり、学校との打合せや、インストラクターとガイドのトレーニング、事後連絡やフォローアップなど、手抜かりは許さない。

子供たちには、鑑賞マナーを理解し、適切な指導によって、芸術作品に興味を抱いてもらいたいと願う。また「美術館はおもしろい」と気づき、幼い心に美意識の細胞が目覚めてほしいと願う。「子供に与えるのではなく、ここで何かを見つけてほしいのです」プロジェクトを担当する教育推進スタッフ劉昕昀は理念を語る。

楊北辰の「沈静蒼茫」の展示では、木彫作家が彫り出した、本物と見紛うボストンバッグ、古書、皮の上着など、古びたモノが、時間に洗練された温かい光を放つ。そして、人と物との間の言葉にならない深い情感を暗示していた。

展示に合わせ、鑑賞後に先生が子供に観察を促す。「バッグの持ち主は誰だろう」質問で想像を刺激し、日常から抜け出し、奇想天外な自由な発想を後押しし、そこから創作の動機へとつなげていく。「観察」から始め、「想像」を働かせ、「創作」に結び付けるのは、すべての芸術の誕生の過程そのものである。

この教室では、テクニックは一番重要なものではない。テクニックは、磨けばいい。創作には、高価な材料も要らない。大切なのは、凝り固まった想像を解き放ち、感動から、内に秘めた創作意欲を突き動かすことである。美術の授業は美術館で。毓繍美術館は初心を貫き、伝えている。芸術作品の鑑賞は難しくない。美は、生命を見つめることに始まる。その良さを知ることで、還元される場所は、すべて毎日の生活なのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!