Pioneers of Open Government: g0v's Civic Hackers

:::

2017 / July

Lung Pei-ning and Liu Yingfeng /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Scott Williams


Founded in 2012 in the spirit of freedom and transparency of information, the online group g0v (pronounced “gov zero”) aims to harness the strength of the masses to bring about social change.

Civic technology is on the rise around the world, and Taiwan’s civic hackers have been working hard to situate Taiwan at the forefront of this new trend. So far, they have been succeeding, using their numbers and their apps to turn Taiwan into one of the top three societies for civic technology in the world.


Civic technology has figured in several recent civic events. The Arab Spring of 2010, an Internet-enabled civic awakening, is a case in point. And Taiwan’s memories of its 2014 Sunflower Student Movement are still fresh. g0v played a key role in the latter movement, distributing news and information about what was happening in a timely, transparent and open fashion.

A concern with public affairs

Kao Chia-­liang looks every inch a coder: he has long, naturally curly hair and a laid-back attitude. But he’s also deeply committed to civic engagement, and is one of the founders of g0v, which uses technology to promote that very thing.

Fascinated by computers and programming since his childhood, he wrote code even when confined to his bed by illness. “Programs create new technology, change people’s lives, and can even change the world,” he enthuses.

Kao didn’t become interested in civic issues until much later. In fact, it wasn’t until he saw a 40-second advertisement in support of the government’s Economic Power-up Plan in October 2012 that he began questioning how government operates.

He then decided to analyze the government’s budget. He came across a British Internet group that had developed an application to track where tax dollars were going, and referenced that project’s source code to create his own “central government budget” project. That, in turn, sparked the formation of g0v.

Starting from “zero”

His “central government budget” website attracted a great deal of interest when it launched. In contrast to the government’s official budget, which consists of hundreds of pages of impenetrable text, g0v’s “central government budget” encourages understanding through the use of visual design and relatable equivalencies.

For example, Taiwan spends NT$305.9 billion on defense, which g0v points out is an amount equal to 10.1 billion cups of boba tea, a 396,000-square-meter palace, or 11.81 million iPhone 5’s.

While working on the project, Kao also realized that the government’s policy-making efforts had little connection to public opinion. He cofounded g0v in 2012 to promote a rethinking of the government’s role from a metaphoric “zero.”

People often confuse g0v with “gov,” the English abbreviation for “government” that it resembles. Many also wonder, “Is g0v a political party? Is it anti-government?”

Neither government, nor political party, nor yet political opposition, g0v is instead a community that stresses openness and the equality of everyone’s views, one possessed of values drawn from the open, independent and sharing spirit of the online world.

g0v participants like to say: “Don’t ask why ‘no one’ is doing a particular thing. First, admit that you yourself are ‘no one.’ Actively become ‘no one,’ and other ‘no ones’ will join with you to do that thing.”

Civic hackers

g0v earned a name for itself during the Sunflower Student Movement, when some members of the group went to the scene of the protests to provide timely reports on what was happening, while others built a platform that aggregated protest-related information. In the process, g0v itself became transparent, releasing on social media the source code for all of the processes it had developed. Participants in Hong Kong’s 2014 Umbrella Movement went on to use g0v’s source code in their own web platform.

The shared goal of every civic hacker is a transparent government. Such hackers gather at regular times to address what they see as problem areas, and then work on related projects in marathon sessions. Once these hackathons hash out a prototype, still more people pitch in.

Kao believes that even pretty good policies have flaws, and g0v’s projects are devoted to finding solutions to such flaws. He notes that, on average, Taiwan experiences a major social issue every two months, and argues that these need to be discussed. Fortunately, we no longer have to passively wait for the traditional media to air our views. Instead, new technologies are providing new opportunities for civic engagement and dialogue, which are, in turn, spurring the government to revise its policies.

g0v projects focus on and actively pursue solutions to public issues, and have a very high success rate. For example, within 24 hours of g0v’s launch of a project to track political contributions, civic hackers had digitized more than 30,000 files. Kao remains positive even when projects fail. “There are barriers to entry to participation in the political process, but our group enables everyone to take part and have an impact, even if that participation is superficial.”

g0v has adopted the helpful and open attitude of the Internet’s open source community, and strongly emphasizes “doing something.” The number of its members and results of its projects have made Taiwan’s civic hacker community one of the top three in the world and drawn international attention to this new aspect of the “Taiwan experience.”

Civic technology promotes participation

Kao and others from Taiwan last year attended a summit in France of the Open Government Partnership, a multilateral initiative that promotes open government. Kao shared some of g0v’s accomplishments as part of a roundtable there. One of these was that the Tai­pei City Government adopted g0v’s source code as a basis for its own “participatory budget,” a project that encourages citizens to participate in budget planning via a web portal, just three years after g0v’s launch of its central government budget project.

Seeing this as a very positive development, Kao has shared internationally the role of the civic­-tech community in Taiwan’s model for interacting and cooperating with the government. He has also explained the follow-on applications that have grown out of that cooperation. He says that they have built their success on the foundation of mutual trust they have established between the government and the citizenry, and that their achievements offer practical examples of the usefulness of civic technology.

The vTaiwan digital platform offers another example of the citizenry and government borrowing from one another. Originally created by g0v as a means to encourage civic participation in public policy by gathering a variety of opinions and forging a consensus, it was later adopted by the government as a portal through which citizens can offer feedback that the government then takes into consideration when making policy.

The government is making use of more than just g0v projects. It’s also made g0v member Audrey Tang the Executive Yuan’s digital tsar. Tang has brought her g0v membership and experience with her into government, where she is pushing the twin goals of digitalization and open government.

Tang’s new model includes an open-government contact person called a “participation officer” (PO). Every department of the Executive Yuan is to have a PO, who will hold public discussions on a regular basis on current issues, including proposals such as allowing the formation of civil service unions, banning the sale of sharks’ fins, ending after-school study halls, and crash-testing domestically produced vehicles. POs will invite NGOs and industry representatives to participate in the discussions, and make the entire process open and transparent.

The front wall of Tang’s Executive Yuan office is covered with sticky notes that make a colorful contrast to the other­wise serious work atmosphere in the building. Once we are inside, she pulls out a tablet computer and shows us an open government project called the “sprouts dictionary.”

Originally a g0v project, the “sprouts dictionary” is an online multilingual dictionary, the entries of which were sourced from the Ministry of Education’s online Mandarin, Southern Min, and Hakka dictionaries. Internationally praised since its launch, the “sprouts dictionary” has already become a valuable tool for foreign students learning traditional Chinese characters.

Even better, the dictionary is still growing and spawning additional projects. For example, a French student familiar with open source resources but still learning Chinese has added English, German, and French content to the dictionary. Meanwhile, the UK’s Oxford University has used the dictionary’s source code to create databases for other languages, including Zulu.

The “sprouts dictionary” project has attracted the attention of linguists and educators around the world. By making the source code available to others, the project has extended its reach to other tongues, aiding in efforts to preserve and learn endangered languages.

Information security and human rights

g0v has been starting up projects on its own initiative since its founding in 2012. Its model relies on other people joining in and helping as they see fit, working to improve the functionality and ease-of-use of the tools g0v has created. The ongoing use of these projects and the other applications they have spawned have kept Taiwan’s open-source community active on the international scene.

g0v also holds a biennial summit that attracts nearly 1,000 participants. These include members of the open-source and civic-tech communities of more than ten nations, who come to share their experience and the results of their projects.

At the end of 2016, g0v established the g0v.news portal to report in depth on conferences abroad, the results of projects, and Taiwan’s participation in both. The platform provides a framework for international ties by offering these reports in both Chinese and English for readers in Taiwan and abroad.

The current state of development in civic tech is largely the result of the community’s commitment to “freedom,” which is exemplified by its response to Asia’s ongoing human rights violations and the related lack of information security that is exposing human rights workers to danger. The community realized that people in Europe and the United States were unfamiliar with the human rights situation in Asia, and too far away to provide timely assistance when human rights were violated.

Kao’s team therefore began working on an information security for human rights project, one which is drawing on Taiwan’s free and open environment and its information security professionals. The team hopes to cultivate information security awareness among human rights workers, while also working to establish an information hub on human rights in Asia.

Taiwan’s open source community has become world renowned for the scope of its activities. Originally a social movement, it has evolved into a civic movement that has made it easier than ever for citizens in our digital age to participate in public policy debates. With the rise of g0v, civic hackers are actively participating in a grassroots effort to make information transparent, bringing the goal of truly open government a step closer.     

繁體中文 日文

公民黑客力 g0v零時政府

文‧龍珮寧,劉嫈楓 圖‧莊坤儒 翻譯‧Scott Williams

秉持資訊開放、自由精神的網路社群「g0v零時政府」自2012年成立以來,即希望集結眾人之力,為社會帶來改變。諸如政府政策、公共議題,近年來都見得到「g0v」於其中扮演的重要角色。

新科技的普及與運用,結合社會議題在國際間掀起公民科技浪潮,台灣公民黑客的活躍程度也不遑多讓,其數量、應用,更使得台灣躍升為全球前三大公民科技社群。


2010年發生在中東地區的民主運動「阿拉伯之春」,藉由網路串連喚醒公民意識;2014年台灣的「太陽花學運」也令人記憶猶新,其中「g0v」透過網路直播即時、透明、開放的傳遞所有訊息,扮演重要的角色。

關心公共事務 g0v成立

一身休閒、自然捲的長髮是g0v創辦人高嘉良的常見裝扮,過去他總是以代號clkao活躍於「開放原始碼(Open Source)」社群內。

高嘉良從小就深受奧妙的電腦程式吸引,即使躺在病床依然醉心於編寫程式。在他眼裡,「程式創造科技,改變人的生活,甚至能改變世界。」

2012年10月一則40秒政府的「經濟動能推升方案」政策廣告,是高嘉良開始關心公共議題的契機。他看完廣告後,心中浮現許多疑惑,究竟訴求對象為何?廣告想要表達什麼意涵?

高嘉良當下決定分析政府的預算編列與分配。當時,英國早有網路社群關注類似主題,並推出「我的錢去那兒」專案,公開政府預算資訊。高嘉良決定參照英國模式,並依據專案釋出的原始碼修改,完成「中央政府總預算」視覺化專案,並促成g0v的成立。

g0v:從「零」思考政府

「中央政府總預算」視覺化網站一推出吸引不少人關注。有別於數百頁艱深晦澀的官方預算書,g0v的「中央政府總預算」,以淺顯易懂的視覺設計,搭配生活化的比喻,讓公民一目了然。

例如:國防支出是新台幣3,059億,等於101億杯珍珠奶茶、12萬坪的豪宅代表「帝寶」、1,181萬支智慧型手機「iPhone5」。

從一則政策廣告,以至設計「中央政府總預算」專案的執行。高嘉良發現,政策決策與民意相去甚遠,遂在2012年成立「g0v零時政府」社群,從「零」思考政府的角色。

「g0v」還是「gov」?外界一不小心時常將「零時政府」與「政府」的英文縮寫「gov」搞混,也會不解地問「g0v是政黨嗎?是反政府組織嗎?」

g0v是「開放原始碼」社群的延伸,有別於政府、政黨等組織;g0v社群強調人人意見平等、開放,而非擁有絕對、單一的決策核心。這樣的理念,也和網路世界開放、自由、分享的精神不謀而合。

因此,社群的討論與解決方案,全是由參與者主動發起,過程公開透明,對任何的可能方案都抱持開放態度。透過眾人的協作,不僅使得政策即時修正,也促進公民的共同參與。

在g0v有一句格言時常掛在大家嘴上:「不要問為什麼『沒有人』做,先承認自己就是『沒有人』」。主動當「沒有人」,其他「沒有人」就會聚在一起執行。

公民黑客活躍 全球前三

g0v在2012年成立,在2014年的太陽花學運期間一戰成名,當時,不少g0v成員主動架設網路基地、即時傳遞現場訊息,並建立整合各方資訊的平台。過程中,g0v也落實透明化,任何流程的原始碼都公布在社群平台。2014年,香港為爭取公民普選爆發「雨傘運動(或稱「佔領行動」)」時,即採用了g0v當時編寫的原始碼,建置網路平台。

資訊人才濟濟的台灣,早已活躍在全球開放原始碼、自由軟體的社群,直到g0v成立及太陽花學運期間的貢獻,吸引各行各業人士加入社群,每個公民黑客的共同目標是促進政府資訊公開透明,針對有問題的地方藉由定期的聚會,以馬拉松式協作各個「專案」,作成雛形後,讓更多人再投入貢獻,稱為「黑客松(Hackathon)」。

專案在g0v夥伴口中,被稱之為「坑」。成員總是把興起解決問題的念頭,戲稱為「挖坑、跳坑」。高嘉良認為,再臻完美的政策都存在漏洞,為了解決問題,專案從未匱乏。平均每二個月,台灣即有重大社會議題,等待彼此對話溝通。過去,各方意見僅能仰賴傳統媒體,而今新科技越見發達,更有機會鼓勵公民參與、開放對話,進而改善政府效能。

因為自發關心公共議題並主動解決,使得g0v專案執行效率奇高。例如,「政治獻金數位化」專案推出後,公民黑客在24小時內完成三萬多筆資料辦識。即使部分專案失敗,高嘉良也樂觀面對「棄坑」。他說:「政治參與有其門檻,社群是每一公民都能參加,即使是『淺度參與』也能發揮影響力。」

承襲網路「開放原始碼」自由、協作精神,講求「做就對了」的g0v在短短4年,累積的社群成員數量與專案成果,使得台灣成為全球前三大公民黑客/公民科技社群,其所累積的「台灣經驗」,也受到國際矚目。

公民科技 促成開放政府 

聯合國倡議《開放政府宣言》,去年台灣參與在法國舉行的「開放政府夥伴關係聯盟(OGP)」高峰會。高嘉良與德國、墨西哥和南非等開放社群的代表就各國「國家預算」為題交流。

高嘉良分享台北市政府在g0v的「中央政府總預算」專案後第3年,修改原始碼推出「參與式預算」,鼓勵台北市民透過網路平台,參與預算規劃。

「這是很正向的發展」,高嘉良向國際分享公民科技社群與政府的互動模式,雙方如何合作及後續衍生的應用,這是基於政府與民間的互信基礎才能獲得的成果,也是公民科技運用的最佳實例。

另一個民間、政府相互借鏡的成功案例是「vTaiwan(數位法規調適平台)」。vTaiwan也是g0v的專案,平台成立立意,是希望鼓勵公民參與公共政策,集結各方多元意見,凝聚共識。

不光g0v專案模式為政府所用,亦是g0v成員之一的行政院數位政務委員唐鳳,更在加入行政院後,一同將g0v成員、經驗帶入政府,打造行政數位化及開放政府的目標。

「開放政府聯絡人(PO)」,即是唐鳳帶來的新模式。行政院的各部會皆設有「PO」,定期針對時下議題討論,包括公務人員組工會、禁止魚翅買賣、強制取消國高中第八節課、公開國產車撞擊測試等提案,討論時也會邀請相關民間團體、業者等一同參與,過程一切公開、透明。

走進唐鳳位在行政院內的辦公室,入口的牆上貼滿許多「便利貼」,一改嚴肅的辦公氛圍。唐鳳拿著平版電腦分享開放政府的實例「萌典」。

萌典是g0v的專案之一,是多語言版本的線上字典,內容的原始資料來自教育部的國語辭典、閩南語常用辭典、客家語常用辭典,查詢時還包括筆順、真人發音。萌典除了電腦版外,也推出iOS和Android的應用程式,萌典一推出深受國際好評,並已成為外國人學習繁體中文的熱門工具。

一名懂得開放原始碼資源,正在學習中文的法國學生接觸到「萌典」後,他也增添上英文、德文、法文資料。接著又有人陸續開發出兩岸萌典、iTaigi.tw(愛台語)、阿美語萌典、藏語萌典等。

英國牛津大學在國際交流時接觸台灣的萌典後,也利用台灣的原始碼格式建置了「祖魯語」等語言資料庫。

萌典專案在國際上引發語言學家、教育家的關注,透過開放的原始碼可以延伸應用,對瀕危語言的保存與學習無疑是個利器。

自由精神 提倡資安人權

g0v從2012年至今,以自主性發起專案,多人共同投入,目的是讓工具能變得更好運用,專案能永續被使用並衍生出其他應用,讓台灣開放原始碼社群持續活躍於國際。

每2年1次的「零時政府高峰會(g0v Summit)」都吸引近千人參與,逾十餘國的開放原始碼、公民科技社群成員來台分享專案成果與執行經驗。

此外,公民科技國際會議「TICTeC」今年9月也將首度移師亞洲舉辦,以公民科技的影響為題舉行討論。2016年底成立的g0v.news平台,則以中英文深入報導國外最新會議及成果、台灣的參與實例等,架構國際連結的橋梁。

公民科技能有今日蓬勃的發展得以歸功於「自由」精神。

時至今日,迫害人權事件在亞洲仍時有所聞,多數人資訊安全觀念薄弱,輕忽資安常使人權工作者曝於危險之中,歐美國家對亞洲人權環境不熟悉,每當危及人權事件時,鞭長莫及無法及時提供協助。

高嘉良團隊發起資安人權專案頗受國際重視,以台灣的自由與開放的環境及具有資訊安全的專業人才,藉由運用專業能力為亞洲人權工作者培育資訊安全概念,同時也致力於成為亞洲人權中心。

資訊人才輩出的台灣,在開放原始碼社群的活躍程度國際知名,從社會運動到公民運動,人民在數位化的今日參與公共政策討論較過去容易,g0v社群的興起,公民黑客熱絡參與,由下而上促成政府資訊透明,邁向「開放政府」的目標指日可待。                           

オープン・ガバメントを追求する g0v零時政府のシビックハッカ

文・龍珮寧/劉嫈楓 写真・莊坤儒 翻訳・山口 雪菜

情報公開と自由の精神を堅持するコミュニティ「g0v零時政府」は、2012年の立ち上げ以来、多くの市民の力を結集して社会に変革をもたらしてきた。政府の政策や公共問題の討論などにおいて、近年はg0vが重要な役割を担っている。

テクノロジーが普及し、それを活かして社会的テーマを議論するシビックテック・コミュニティが大きな流れとなった。台湾でもシビックハッカーの活躍は目覚ましく、その数や応用範囲で台湾のシビックテック・コミュニティは世界第3位に挙げられている。


2010年、中東で巻き起こった民主化運動「アラブの春」は、インターネットを通して多くの人の市民意識を呼び覚ました。2014年の台湾の「ひまわり学生運動」はまだ記憶に新しいが、その時に、オンラインで透明性の高いリアルタイムのライブ放送を行なった「g0v」は極めて重要な役割を果たした。

公共問題への関心からg0v設立

カジュアルな服装に天然パーマの長髪というのがg0vを設立した高嘉良のいつもの姿だ。かつて彼はclkaoの名でオープンソース・コミュニティで活躍していた。

高嘉良は幼い頃からコンピュータプログラミングに興味を持ち、ベッドに横になってからもプログラムを書いていた。彼は「プログラムはテクノロジーを生み、人々の生活を、時には世界をも変えることがでる」と考えている。

2012年10月、40秒にわたる政府の政策広告「経済エネルギー向上プラン」が、高嘉良が公共問題に関心を持つきっかけになった。CMを見た彼は、多くの疑問を抱いた。このCMは誰に向って、何を伝えようとしているのか、と。

高嘉良は、すぐに政府予算の編成と分配を分析することにした。イギリスには早くからこうしたテーマを扱うオンラインコミュニティがあり、「私たちの税金はどう使われているのか?」というプロジェクトを通して、政府予算に関わる情報を公開している。高嘉良はこの方式に倣うことを決め、「中央政府総予算」可視化プロジェクトを立ち上げ、それがg0v設立へとつながった。

ゼロから政府を考えるg0v

「中央政府総予算」可視化サイトは、すぐに多くの人に注目された。数百ページにものぼる政府の予算書に比べ、g0vの「中央政府総予算」は目で見て分かりやすいデザインで、親しみやすい比喩なども用いられ、一目瞭然である。

例えば、国防支出は3059億元だが、これはタピオカミルクティ101億杯分、または超豪華マンションで知られる「帝宝」120万坪分、またはiPhone5が1181万個も買える金額である。

ひとつの政策広告をきっかけに「中央政府総予算」サイトを立ち上げた。高嘉良は、政策決定と民意が懸け離れていることに気付き、2012年に「g0v零時政府」コミュニティを立ち上げ、「零」から政府の役割を考えることにした。

「g0v」なのか「gov」なのか。「零時政府」のg0vと「政府」のgovを混同する人もいるし、「g0vは政党なのか、政府に反対する組織なのか」と問われることも多い。

g0vは「オープンソースコード」コミュニティの延長で、政府や政党とは異なる。g0vコミュニティは誰もが平等に意見を言えるオープンな場で、絶対的な決定権は誰にもない。こうした理念は、オープンで自由、シェアを重視するネットの世界のそれと共通している。

そのため、コミュニティでの討論やソリューション提出は、すべて参加者が自主的に発起し、公開透明なプロセスを経て進められ、どのようなプランにもオープンな態度をとっている。多くの人の協力があり、それが政策の修正を促すこともあり、国民の共同参画も促してきた。

g0vコミュニティでは皆がよく口にする言葉がある。「なぜ『誰』もやらないのかと問う前に、自分がその『誰』であることを認めよう」というものだ。自ら進んで「誰」になれば、そのほかの「誰」も一緒にやり始めるのである。

シビックハッカーの活躍は世界3位

2012年に発足したg0vは、2014年の「ひまわり学生運動」で一躍有名になった。当時、g0vの少なからぬメンバーが、抗議の現場からリアルタイムの情報を発信し、各方面の情報を統合するプラットフォームを立ち上げた。2014年、香港で普通選挙を求める抗議行動「雨傘革命」が起きた時も、g0vのオープンソースコードを使ってプラットフォームを立ち上げたのである。

IT人材が豊富な台湾は、早くからソースコードやフリーソフトを公開するコミュニティが多数あった。そしてg0vコミュニティが発足し、ひまわり学生運動に大きく貢献したことから、多くの人がコミュニティに加わった。彼らの目標は政府に情報公開を求めることで、問題点については定期的な会合でプロジェクトとして立ち上げ、マラソン式で多くの人が参加していく。彼らはこの方法を「Hackathon」と呼んでいる。

彼らはプロジェクトを坑(穴)と呼び、興味を持ってそれに取り組むことを「穴を掘って穴に跳びこむ」と形容する。高嘉良は、どんなに優れた政策にも問題点があると考え、解決すべき問題は常にあると言う。台湾では、平均して2ヶ月ごとに重大な社会的テーマが持ち上がり、市民のコミュニケーションが必要となる。かつては従来のメディアでしか議論はなされなかったが、ITの発達した今日、より多くの市民がオープンな対話に参加できるようになり、それが政府の効率をも改善させていく。

誰もが自主的に参加するため、g0vのプロジェクト実施効率は極めて高い。例えば「政治献金デジタル化」プロジェクトでは、シビックハッカーが24時間で3万件の資料識別を完成させた。中には失敗に終わるプロジェクトもあるが、それは気にしていない。「政治参加のハードルは高いですが、コミュニティには誰でも参加でき、限られた参加でも影響力を発揮できます」と言う。

オンラインの「オープンソースコード」の自由と協力の精神を受け継ぎ「とにかくやってみる」ことを是とするg0vが、わずか4年のうちに集めた参加者と各種成果により、台湾は世界第3位のシビックハッカー/シビックテック・コミュニティとなり、その「台湾経験」は世界的にも注目されている。

オープン・ガバメントを求めて

台湾は昨年、フランスで開かれた「オープン・ガバメント・パートナーシップ(OGP)」サミットに参加し、さらにドイツやメキシコ、南アフリカなどのコミュニティ代表とともに「国家予算」をテーマに交流している。

台北市政府もg0vの「中央政府総予算」を利用して台北市民に予算計画への参画を呼び掛けている。「これは良好な発展です」と話す高嘉良は、政府と市民の協力関係の確立は、相互の信頼が基礎になると語る。

もう一つの成功例は、vTaiwanデジタル法令調整プラットフォームである。これもg0vのプロジェクトで、公共政策に市民の意見を反映させることを目的とする。

政府がg0v のモデルを活用しているだけではない。g0vのメンバーで今は行政院デジタル担当政務委員を務める唐鳳はg0vのメンバーと経験を政府内に取り入れ、オープンガバメントを目指している。「オープンガバメント担当者」は唐鳳がもたらした新たな制度で、行政院の各省庁に担当者がいる。公務員組合結成の可否やフカヒレ売買の禁止、高校の8限目禁止、国産車衝突試験の公開などについて、民間団体や関連業界を招いて公開で議論を進めている。

唐鳳のオフィスに入ると、壁には付箋紙が大量に貼られていて、一般の官僚のオフィスのイメージとは異なる。彼女はパソコンを使ってオープンガバメントの実例「萌典」を説明する。

「萌典」はg0vのプロジェクトの一つで、多言語版のオンライン辞書である。教育部の国語辞典をオリジナルコンテンツとして、閩南語常用辞典、客家語常用辞典と合わせ、筆順や音声からも検索できる。パソコン版だけでなく、iOSとAndroidのスマホアプリもあり、すぐに世界中で好評を博し、中国語を学ぶ外国人にとって重要なツールとなっている。

オープンソースに詳しく、中国語を学んでいるフランス人学生は「萌典」を知り、これに英語、ドイツ語、フランス語のデータを加えた。これに続いて台湾海峡両岸萌典、iTaigi.tw、アミ語萌典、チベット語萌典なども登場している。

オックスフォード大学も国際交流の場で台湾の「萌典」を知り、台湾のソースコードを用いて「ズールー語」のデータバンクを作った。

萌典プロジェクトは、世界の言語学者や教育学者からも注目されている。オープンソースのコードを使えば応用が利くことから、消滅危機言語の保存や学習の利器として活用されている。

自由の精神と情報セキュリティを提唱

2012年から現在まで、g0vは自主的にプロジェクトを立ち上げ、多くの人が参画してきた。その目的はツールをより使いやすくし、プロジェクトが継続され、そこからさらに他の応用へと広げていくことであり、また台湾のオープンソース・コミュニティが世界で活躍できることである。

2年に一度開かれる「零時政府(g0v)サミット」には一千人近くが参加する。十数カ国のオープンソースコードやシビックテックコミュニティのメンバーが台湾に集まり、プロジェクトの成果や経験を分かち合う。

この他、シビックテックコミュニティの国際会議「TICTeC」が今年9月に初めてアジアで開催されることになり、シビックテックの影響をテーマに討論が行われる。また、2016年末に設立したg0v.newsプラットフォームは中国語と英語で海外の会議の状況や成果、台湾の参画実例などを報道し、世界との懸け橋となっている。

シビックテックの今日の発展の基礎をなすのは「自由」の精神である。

しかし、今日に至っても、人権侵害事件はアジアでもしばしば耳にする。多くの人は情報セキュリティの観念が乏しく、情報が人権運動家をしばしば危険にさらしていることに気付かない。また、欧米諸国もアジアの人権環境を十分に理解しておらず、人権が危険にさらされてもすぐに協力することができないのである。

高嘉良のチームがスタートさせた情報セキュリティ人権プロジェクトは海外からも重視されている。台湾の自由と開放、そして豊富な情報セキュリティ人材の専門能力を背景に、アジアの人権運動家に情報セキュリティの概念を伝えていき、さらにはアジアの人権センターへ発展させようとしている。

情報人材が豊富な台湾の、オープンソースコミュニティの活発な活動は世界に知られている。社会運動から市民運動まで、デジタル化が進んだ今日、公共政策の討論に一般市民が参加することは容易になった。g0vコミュニティの発達により、シビックハッカーが熱心に参画し、ボトムアップで政府の情報透明化を促進し、「オープンガバメント」の目標へと邁進している。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!