Meeting Cambodia Anew

:::

2018 / December

Ivan Chen /tr. by Scott Williams



Taiwanese businesses began blazing a trail to Cambodia in the 1990s, and Taiwan’s business relationship with Cambodia has flourished in the years since. Evidence of this can be seen both in the membership of the Taiwan Commercial Association in Cambodia, which now exceeds 400 companies, and in our trade with the country, which according to the ROC’s Bureau of Foreign Trade was worth US$700 million in 2017.

NGOs from Taiwan have also become active participants in a variety of humanitarian aid programs there. Taiwanese volunteers can be found all over Cambodia, doing every­thing from digging wells to providing educa­tion and delivering medical services. For this month’s Cover Story, we have compiled in-depth, firsthand reports that paint a new picture of Cambodia, by talking to Taiwanese doing business and humanitarian work in the country, as well as others involved in its arts and culture community.

When government agencies give artists and designers free rein to apply their expertise, it unleashes their creative capabilities. The recent openings of the National Kao­hsiung Center for the Arts at Wei­wu­ying, and the Tai­chung World Flora Exposition, enabled curators and artists in various disciplines to introduce their design concepts to visitors. The hard work of the public and private sectors on the venues and events fully demonstrates Taiwan’s outstanding capacity for planning and executing exhibitions and performances.

Meanwhile, the Public Television Service (PTS) drama On Children has become the first Taiwanese show to be made available simultaneously on Netflix. The program has drawn an enthusiastic domestic and international ­response since it began airing in July 2018, and has shown the international community just how good Taiwanese television can be.

In other articles, Tony Thamsir, PTS’s Indonesian-language news anchor, shares his journey; and we celebrate the Aca­demia Sin­ica’s 90th anniversary with a look at how Taiwan’s premier research institution is using innovative methods to bring its work to the public.

Following the recent passing of crosstalk master Wu Zhao­nan, Wu’s former student Liu Zeng­kai, director of the Wu Zhao Nan ­Xiang ­Sheng & ­Theater Association, shared stories with us about Wu and his interactions with his students. These fond recollections highlight Wu’s teachings and pass on the flame he ignited, ensuring the continuation of an art form that hides wisdom within its humor.

From crosstalk, theater, and broadcasting to academia, a major exposition, and non-­governmental exchanges with Cambodia, Taiwan Panorama always keeps you abreast of the exciting moments in Taiwan’s ­development.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

重新認識柬埔寨

文‧陳亮君


1990年代台商陸續至柬埔寨披荊斬棘、開拓市場,根據經濟部國貿局統計,2017年台柬雙邊貿易已達7億美元,而柬埔寨台灣商會自1996年成立至今,也已有23年的歷史,擁有四百多位會員數。

除了商業活動,來自台灣的NGO團體,在各項人道援助計畫上盡心盡力。從醫療、水井到教育,處處可見台灣志工的身影。此次《光華》編採團隊,除深入柬埔寨探訪台商、NGO外,更有在當地從事藝文活動的台灣人,第一手的分享報導。

從台商、NGO、藝術、教育到文化,讓民間交流的能量,帶我們重新認識柬埔寨。

*       *       *

當專業獲得充分授權,設計師、藝術家的創意能量就能被全面啟動與實踐。透過近期盛大開幕的「衛武營國家藝術文化中心」及「台中世界花卉博覽會」,讓來自各領域的策展人、藝術家們帶我們了解其設計理念,以及在公私部門的共同努力下,如何創造出令世界驚艷的展演能量。

此外,公視自製戲劇《你的孩子不是你的孩子》是台灣第一部在國際影音平台Netflix同步上架的台灣戲劇,從2018年7月播出以來,國內外迴響不斷,也讓國際看見台灣戲劇的優質實力;另一方面,有來自公視東南亞語新聞的印尼語主播譚雲福,跟讀者分享其一路走來之心路歷程;更有中研院成立90周年之專題報導,介紹這國內學術的最高研究殿堂,如何透過各項創新作法,讓這學術高塔,走入民間。

*       *       *

隨著國寶級相聲大師吳兆南的辭世,其入門弟子、吳兆南相聲劇藝社團長劉增鍇,述說著師徒之間的互動與趣事,一方面緬懷師父指導的足跡,另一方面也象徵薪火的傳承不會熄滅,持續讓這源自市井的東方說唱藝術,在說、學、逗、唱的詼諧幽默裡,蘊藏著發人深省的提問。

從戲劇到相聲,從學術、傳播到大型展演活動,還有民間交流的柬埔寨現況,讓《光華》隨著台灣的發展,陪伴你度過每個精彩時刻。

カンボジアとの出会い

文・陳亮君 翻訳・山口 雪菜


1990年代、台湾企業は次々とカンボジアに進出し、荒れ地を切り開いて市場を開拓してきた。我が国の経済部国際貿易局の統計によると、2017年、台湾とカンボジアとの輸出入額は7億米ドルに達している。カンボジアの台湾企業団体である台湾商会は1996年に設立されてからすでに23年になり、今では400人以上の会員を擁する。

ビジネスだけではない。台湾の数々のNGOがカンボジアで人道支援活動を行なっている。医療サービス、井戸掘りから教育まで、いたるところで台湾人ボランティアの姿が見られる。今月号の『光華』は、カンボジアで活躍する台湾企業やNGOを取材するとともに、現地で芸術文化活動を行なっている台湾人にもお話をうかがった。

企業、NGO、芸術、教育、そして文化まで、さまざまな民間交流のエネルギーを通して、あらためてカンボジアに触れていただきたい。

*            *            *

専門性が十分に尊重され、権限が授けられた時、デザイナーやアーティストは存分にその創意を発揮することができる。今月号では、オープンして間もない高雄の「衛武営国家芸術文化センター」と、開幕した「台中フローラ世界博覧会」をご紹介する。さまざまな専門分野のキュレーターやアーティストがそれぞれの理念を語ってくれた。公的部門と私的部門の協力で、いかに世界的な展示や公演が実現できたかをご覧いただく。

公共テレビ(PTS)が制作したドラマ『子供はあなたの所有物じゃない』は、台湾のテレビドラマとして初めて国際的な動画配信サービスNetflixで同時配信された。2018年7月の放送開始以来、内外で大きな反響を呼び、台湾ドラマの実力を世界に発信している。同じ公共テレビの東南アジア語ニュース番組でインドネシア語キャスターを務める潭雲福の物語もお読みいただきたい。中央研究院設立90周年の特集記事では、国内最高の学術研究機関が象牙の塔を開放し、開かれた機関を目指す姿をご紹介する。

*            *            *

相聲の国宝級の大家である呉兆南が世を去った。その弟子であり、呉兆南相聲劇芸社の団長でもある劉増َزが、師匠との関係やエピソードを語ってくれた。劉増َزは師の教えを振り返りつつ、市井の話芸を後の世に伝えていくために、後進の育成に努めている。説(話術)、学(物まね)、逗(笑い)、唱(京劇などの一節を歌う)の芸を駆使した相聲の笑いの中には、人間に対する深い洞察が込められている。

演劇から相聲、学術研究からマスメディア、大型展覧公演活動、そしてカンボジアでの民間交流まで、『光華』は常に台湾の発展に寄り添い、その素晴らしい瞬間を記録していく。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!