A Riot of Colors

The Holi Festival in Taiwan
:::

2019 / March

Esther Tseng /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Scott Williams


Holi is one of India’s three biggest festivals. It is an egalit­arian holiday, the only day of the year on which Indians may set aside differences in caste and class to sprinkle or spray colored powders on one another.

Thanks to Mayur Srivastava, the Indian husband of a Taiwanese woman, people in Taiwan can now celebrate this joyful traditional Indian festival as well, no matter their nationality or religious beliefs. Whether you’re planning to celebrate the previous year’s abundance, welcome the year ahead, or just enjoy the party, Holi arrives in Taiwan on March 16 with a celebration at Taipei's Huashan 1914 Creative Park. Have you got your Holi colors ready?

 


 

Welcoming the spring

Jeffery Wu, director of the India Museum, Taiwan, says that Holi is also known as the “Festival of Colors,” adding that there are many explanations of the holiday’s origins.

The version of the origin story most common in India appears in the famous epic Mahabharata, and tells of an asura and king named Hiranyakashipu. Granted im­mortal­ity by the god Brahma, Hiranyakashipu becomes arrogant, violent and cruel, and bans his people from worship­ing ­Vishnu, instead demanding that they worship only him.

When Hiranyakashipu’s son Prahlada becomes a de­votee of Vishnu, the king grows enraged and repeatedly attempts to kill the prince. When these efforts fail, the king has the princess Holika, who cannot be harmed by fire, embrace the prince and leap into a pyre. But the prince remains unscathed, and Holika burns instead. Hiran­yaka­shipu’s subjects celebrate the prince’s goodness, his courage through this trial, and his safe emergence from it by sprinkling him with powdered pigments and water.

Srivastava, owner and head chef at Mayur Indian Kitchen, says that people in southern India now observe the Festival of Colors on the first day of spring. He explains that the holiday celebrates the end of the monochromatic winter, welcomes the return of the flowers and warmth of spring, and represents a prayer for an abund­ant harvest in the coming year. For this reason, Holi is also known as the Spring Festival.

On the day of the festival, locals play traditional Indian music, and dance and sing to the beat of the dholak, a two-headed hand drum. Young and old alike take to the streets with colored powders that they sprinkle or smear on one another to represent well wishes. Some fling whole handfuls of pigment in “attacks” that leave people covered from head to foot in a whole spectrum of colors and fill the air with powder; and mischievous children sometimes load buckets, balloons and water guns with colored water that they use to douse everyone they meet.

Sharing Indian culture

The Holi tradition dates back nearly 1,000 years in India. Carried abroad by Indian emigrants and students, it has recently become a global celebration as well.

Indians in Taiwan also celebrate Diwali, the Indian New Year, dressing up and gathering with their compatriots in November to light fireworks, dance, and eat seasonal dishes. Out of respect for the dietary restrictions of ­Jains, organizers of these gatherings make sure to include dishes that contain no root vegetables (such as potatoes, onions, or garlic).

“In India, we pass the New Year with our own ethnic and religious groups, but in Taiwan we celebrate together without regard for religious background. We’re like one big family,” says Shan Manish, head of the Taiwan Indian Club, who explains that these events help expatriate children become familiar with their own tradi­tional culture and customs, enabling them to better hold on to their roots.

Originally from Delhi, Srivastava has spent 12 years in Taiwan. His wife, children, and seven restaurants now make it feel like home. While Srivastava is well acquainted with Taiwan’s culture, he recognizes that many Taiwanese are not equally familiar with India’s. He began organizing Holi celebrations for the public here in 2013 to try to rectify that by increasing the general public’s awareness of Indian culture and stories. For this year’s celebrations, he’s arranged simultaneous events in Tai­pei, Tao­yuan and Hsin­chu that will feature perform­ances by Indian dance companies.

“Sweets are an important part of Indian celebrations,” adds Srivastava.

Those who buy tickets to his Holi events will therefore be provided with treats such as ­laddu (chickpea flour and ghee shaped into balls with nuts and syrup), ­gujiya (fried dumplings filled with dried fruits, nuts, and brown sugar), and vegetarian curry puffs, to introduce them to Indian food culture.

International Holi!

India has 21 states, and its citizens’ skin colors also vary with region. It is only on Holi that people are all the same, with everyone becoming a bright mix of hues. Srivastava stresses that Holi contains an important message: that everyone is equal regardless of color or wealth. During the holiday, everyone sings and dances, no matter their religion or ethnicity.

“When I was a boy, we always celebrated Holi with our neighbors in Delhi.” Speaking fluent Mandarin, Srivastava says it’s different in Taiwan, where more and more people are becoming aware of the festival, and where Brazilians, Spaniards and others take part in it. Since 2015, annual participation in his Holi events has exceeded 1,000 people, but only about one-­quarter of these have been Indians residing in Taiwan. The others have been Taiwanese and Taiwan residents of other national­ities, turning Taiwan’s Holi into an inter­national celebration.

Srivastava promotes Holi for another reason as well. He says that many people abroad think Taiwan is a province of mainland China. He hopes that the indi­viduals from 30-some nations who participate in Taiwan’s Holi will help correct that misunderstanding and let people abroad know that Taiwan is a wonderful country by posting stories and pictures of the festivities on social media.

“My children were born in Taiwan, so I hope Taiwan keeps getting better!” Mayur loves Taiwan even more than Taiwanese people do, and hopes that the Holi celebra­tions here become the largest in Asia outside of India itself.

What’s the best way to take part in the Holi festiv­ities? Don’t bring anything susceptible to water damage, like electronics, and do wear a plain T-shirt (expect it to be ruined). With these simple guidelines in mind you can play to your heart’s content, learn to forgive, and experience an aspect of Indian tradition. Are you ready to participate in wild and colorful Holi? Come enjoy a chromatic experience as the streets run with pigments and life takes on new hues!                        

Relevant articles

Recent Articles

日文 繁體中文

春の喜び

文・曾蘭淑 写真・林格立 翻訳・久保 恵子

カラフルな祭典、ホーリー祭(Holi Festival)は、インドの三大祭りの一つである。ホーリーとはヒンズー語で色彩の意味で、厳しいカースト制度の掟の中で、この日だけはカーストの違いを忘れて、互いに華やかな色彩の絵具をかけあって、仲よく平等に祭を過ごすのである。

台湾人女性と結婚し、中国名を有名なチェリストと同じ馬友友と言うインド人Mayur Srivastavaは、インド人の伝統的な祭礼を台湾でも行い、国籍や宗教を問わず、誰もが一緒に楽しめる祭とした。これまでの一年の収穫を祝い、新しい一年を迎え、思いきり大騒ぎするのだが、あなたは絵具は用意しただろうか。3月16日に台北華山クリエイティブパークで「Happy Holi!」と叫ぼうではないか。


 豊作を祝い春を迎える

ホーリー祭の起源には諸説ある。台湾夢想インド博物館の呉徳朗館長によると、そのうちの一説では、ヴィシュヌ神の分身の一つクリシュナ神はいたずら好きで、羊飼い娘に色鮮やかな粉をふりかけて戯れていたのが、千年の後にインド固有の習俗となったという。

インドで最も知られた伝説は、有名な叙事詩マハーラバータに記載されている。伝説によると、ある国のヒラニヤカシプ王は梵天の加護を受けて不死の身となったが、生まれつき傲慢で残虐な性格で、民には王への崇拝を強要し、ヴィシュヌ神への崇拝を禁じた。

その息子のプラフラーダは敬虔なヴィシュヌ神の信徒で、国王はこれを憎み、これを殺そうと試みた。そして最後には、火を恐れぬ妹のホリカに王子を抱きかかえて火に飛び込ませた。ところが王子は無事で、ホリカが燃えて灰になってしまった。人々は王子の無事を祝い、王子に七色の粉や水を振りかけ、その勇気と信念を称えた。

馬友友インディアン・キッチンのシェフ馬友友によると、インド南部では春の最初の日にホーリー祭で祝うという。色彩の乏しい冬が終わり、大地万物が復活し、花開く暖かい春の到来を意味するが、また新しい年の豊作を祈る意味もある。とくに稲の収穫が終った田に花を植え、様々な色の花を天然の色彩として、ホーリー祭を祝う。そこでホーリー祭をインドの春の祭ともいう。

その由来はともかく、ホーリー祭の日にはインドの伝統音楽を流し、大人も子供もドーラクの太鼓のリズムに乗って歌い踊る。街にでて七色の粉を相手の額に塗って祝福し、さらに頭から足まで直接粉をかけあって、いたるところに不思議なカラフルな世界が出現する。空気にも華やかな粉が漂い、いたずらっ子たちは水に溶いて、バケツや水鉄砲で会う人ごとに攻撃する。

ホーリー祭はインド伝統の祭典で、すでに千年近い歴史があり、またインド人留学生や移民と共に世界に伝わり、国際的な祭りとなった。

台湾に来て30年余り、台北インド人協会の会長Vijay Kapadiaによると、台湾でのホーリー祭実施の歴史は古く、インドの人々は毎年ディーワーリーとホーリー祭を祝うという。

インド文化の美を紹介

11月のディーワーリーはインドの新年の祭で、盛装したインド人が台湾の仲間たちと一緒に祝う。花火を上げ、ダンスに興じ、インドの食べ物を分かち合う。主催者はジャイナ教徒の戒律を尊重し、ジャガイモ、タマネギ、ニンニクなど禁忌とされる根菜を含まない食べ物を用意する。

「インドでは各家庭で年越しをしますが、台湾では宗教に関らず、みなで大家族のように祝います」と台湾インド人協会のShan Manish会長は言う。こういったイベントにより、子孫に自分の伝統文化と風習を教え、異国にあっても祖国を忘れずにいられるのである。

2019年は馬友友にとって台湾生活12年目に当る。インドのデリー出身ながら台湾でレストラン7軒を開き、台湾の女性と結婚した彼にとって、台湾は第二の祖国である。台湾文化に通じた彼は、台湾人の多くがインドを理解していないことに気づいた。そこで2013年から、ホーリー祭を主催して人々に参加を呼びかけ、インド文化やインドの物語への理解を深めてもらいたいと考えた。今年は台北、桃園と新竹で同時に行い、インドの舞踏団のダンスも予定されている。

「スイーツはインドの祭で重要な存在です」と馬友友は言う。インド人は神を祀るのに甘いお菓子をお供えに用意し、祭となれば歌い踊り、祭用の食べ物を食べる。台湾人もお参りした後にお供えの食べ物を食べるが、インドではベジタリアンカレーやヨーグルトに加えて、スイーツも欠かせないのである。

インドのお祭り用のスイーツと言えば、たとえばひよこ豆の粉に、ギィー、ミックスナッツとシロップを捏ねたラドゥー、ナッツと干し果物、黒砂糖を餃子の形にしたグジャに、ベジタリアン向けのサモサなどのお菓子がある。台北ではこれらはホーリー祭のチケットを購入した人に提供され、インドの美食も体験できる。

国籍を越えて一緒にホーリー

インドは多数の省に分けられ、北から南へと民族も異なるが、ホーリー祭になれば誰もがカラフルな姿になる。馬友友によると、ホーリー祭は肌の色、貧富を問わず、誰もが平等であることを表現するのである。宗教や人種に関らず、ここでは一緒に歌い踊ることができる。

インドから多くの技術者や学生が台湾にやってくるが、台湾のインド人にとってホーリー祭は故郷を懐かしみ、台湾に親しむ機会でもある。

「小さい頃は、デリーで隣人と共にホーリー祭を祝いました」と、馬友友は流暢な中国語で話すが、台湾でもホーリー祭が知られるようになり、ブラジルやスペインなどの在台湾の各協会も参加するようになった。2015年からは毎年千人を超える参加者のうち、四分の一がインド人以外の台湾にいる外国人と台湾人で、台湾のホーリー祭は国境を越えた祭典となっている。

馬友友がホーリー祭を実施するのには、もう一つの理由がある。外国に住む多くの外国人は台湾が中国大陸の一部と考えている。しかし、ホリー祭を実施することで、参加した30カ国余りの外国人がツイッターやインスタグラムなどのSNSで台湾のホーリー祭の写真やメッセージを拡散し、台湾が素晴らしい国であることを他の人にも知らせてほしいのである。

「私の子供は台湾生れなので、台湾がより良くなることを願います」と、台湾人より台湾を愛する馬友友は語る。台湾はインド以外で、アジア最大のホーリー祭を行う場所となった。

ではどうやって参加すればいいのだろう。まず防水機能のない電子機器は携帯せず、Tシャツなどシンプルな衣服で、駄目になってもいいと覚悟することである。思い切り絵具をかけあって楽しみ、インドの伝統を体験しよう。参加するからには、思いきり鮮やかな色彩のホーリー祭であってほしい。ホーリー祭のカラフルな一日に、カラフルな街と人生を体験しようではないか。

繽紛狂歡.彩色人生

文‧曾蘭淑 圖‧林格立

好麗色彩節(Holi Festival)是印度三大節慶之一,「Holi」 在印度語是「色彩節」的意思,在強調種姓制度的印度教規範中,只有這一天,可以讓人忘記種姓與階級的不同,向彼此潑灑五顏六色的顏料,一同平等過節。

由於一位印度女婿,與知名華裔大提琴家同名的馬友友(Mayur Srivastava)之倡議,讓印度人的傳統節慶在台灣,成為不分國籍、宗教,大家都可以一起歡樂的慶典。不論是紀念過去一年的豐收;或是迎接未來嶄新的一年;或只是想狂歡一場,你準備好五顏六色的顏料了嗎? 3月16日在台北華山文創園區一同高喊 「Happy Holi」!

 


 

好麗色彩節又叫灑紅節、五彩節,台灣夢想印度博物館館長吳德朗指出,好麗色彩節是印度的三大傳統節日之一。另外兩個重要的傳統節日:一是大約每年10月~11月之間的排燈節,就像新年;另一是在每年 9~10 月舉行的十勝節( Dussehra ),又名凱旋節,為慶祝羅摩( Rama )戰勝十首魔王拉瓦那( Ravan )而設的節日。

慶豐收、迎春天

關於色彩節的起源有許多說法,吳德朗說,其中之一的傳說是「毗濕奴神」的分身之一「奎師那神」(Krishna)生性調皮,喜歡在牧羊女身上灑彩色粉末,神話流傳千年後,成為印度當地特有的習俗。

在印度最普遍的傳說是根據印度著名史詩《摩訶婆羅多》記載,傳說中有一國王希蘭亞卡西普(Hiranyakashipu),他受到梵天的保佑有不死之身,卻生性驕縱殘暴,禁止國民崇拜天神毗濕奴(Vishnu),只能崇拜他。

偏偏他的兒子Prahlad是虔誠崇敬毗濕奴的信徒,國王懷恨在心,屢次想謀害王子未成,最後國王找來不怕火的妹妹女妖霍利卡(Holika), 抱著王子跳入火堆,但王子安然無恙,反而霍利卡化為灰燼。人們為了慶祝王子平安無事,紛紛向王子灑上七色彩粉或水,讚頌他的善良和勇氣。

「馬友友印度廚房」主廚馬友友說,在印度南部,當地人會在春季的第一天慶祝色彩節,除了代表色彩單調的冬天已經結束,大地萬物即將重生,迎接春暖花開的春天;另外也有祈求新的一年五穀豐收之意。尤其是農民剛收割完稻穀,利用沒有耕種的農田種植花卉,而不同顏色的花卉作成天然的彩粉,正好用來慶祝色彩節。因此,好麗色彩節又叫印度春之節(Spring Festival of India)。

不論來由如何,好麗色彩節這天,當地人播放著印度傳統音樂,隨著dholak鼓的節奏,忘情地唱歌跳舞,不管大人小孩,全都走上街頭,將彩色粉末,點抹在對方額頭以示祝福,更多人是直接抓起粉末互相噴灑「攻擊」,從頭到腳,所到之處皆是不可思議的繽紛世界,連空氣裡都懸浮著彩色粉末,頑皮的孩子們甚至還加水調合,以水桶、水球或水槍「掃射」每一個遇見的人。

分享印度文化之美

好麗色彩節成為印度節慶的傳統,至今已有近千年歷史,隨著印度學生、移民足跡遍及全球,逐漸成為國際慶典。

來到台灣已卅多年的台北印度人協會會長Vijay Kapadia說,台灣慶祝好麗色彩節歷史悠久,印度鄉親每年都會慶祝排燈節、色彩節。

像11月的排燈節是印度的新年,印度人會盛裝打扮,透過在台灣的社團招聚鄉親一起過節:放煙火、一起跳舞、吃應景的印度食物,主辦者為尊重耆那教徒在飲食上的戒律,會特別為耆那教的鄉親準備不含根莖類,例如馬鈴薯、洋蔥、大蒜等食物。

「在印度我們是各自過年,反而因為在台灣,我們不分宗教,一起慶祝,大家就像一家人一樣。」台灣印度人協會會長Shan Manish說,透過這些活動也讓我們的子孫認識自己的傳統文化與習俗,人在異鄉也不忘本。

對馬友友而言,今(2019)年是他來到台灣的第12年,來自印度德里的他,不只在台灣開了7家餐廳,同時也在台灣娶妻生子,他也將台灣視作第二個家。熟知台灣文化的他,發現許多台灣民眾並不了解印度,因此從2013年開始,透過舉辦好麗色彩節,開放給一般大眾參加,期待更多民眾了解印度的文化、理解屬於印度的故事,今年更會在台北、桃園與新竹同步舉辦,現場還會有印度舞團的表演。

「甜點是印度慶典中很重要的一部份。」馬友友說,印度人祭拜神明大多使用甜點作為供品,節慶時互相祝福,唱歌、跳舞,吃著應節的美食,很像台灣人在拜拜後會吃拜拜的東西,但印度人除了吃素食咖哩、優格,甜點一定不可少。

印度年節慶典準備的甜點,例如用鷹嘴豆粉、酥油,混合堅果、糖漿捏成球狀的甜點拉杜(Laldoo),或是用乾果、堅果與紅糖包成餃子形狀的甜角(Gujiya),以及素食的咖哩餃,這些甜點也會提供給購買門票的民眾,藉此體驗印度的飲食文化。

跨越國籍,一同Holi!

印度有21個省份,從南到北大家膚色都不同,只有在好麗色彩節,大家都是一樣的,都變彩色的。馬友友強調,好麗色彩節傳達一個很重要的訊息,大家不分黑白、貧富,每人都是平等的。不分宗教、種族,每人都可以在這裡一起唱歌、跳舞。

愈來愈多的印度籍工程師與學生來台灣工作與留學,對來到台灣的印度鄉親來說,好麗色彩節是回憶鄉情的美好、聯結台灣經驗的時刻。

「小時候都是與在印度德里的鄰居一起慶祝好麗色彩節。」馬友友以流利的中文說,在台灣很不同,由於愈來愈多人知道好麗色彩節,並且他會通知巴西、西班牙等在台灣的同鄉會參加。2015年起每年均超過上千人參加,四分之一是在台灣的印度人外,其餘全是在台灣的外國人與台灣人,台灣的好麗節變成跨越國籍的慶典。

馬友友推廣好麗色彩節,還有一個原因。他透露,很多外國人都以為台灣是中國大陸的一省,他希望透過舉辦好麗色彩節,讓這些來自三十多個國家的外國人,同時在社群媒體Twitter與Instagram放上在台灣參加好麗色彩節的訊息或照片,同時可以告訴別人,台灣是一個很棒的國家。

「我的孩子在台灣出生,我希望台灣愈來愈好!」比台灣人更愛台灣的馬友友希望,台灣成為在印度之外,全亞洲最大舉辦好麗色彩節的國家。

如何參加好麗色彩節?最好不要攜帶沒有防水的電子用品,穿著簡單的T恤,並且要有衣服全毀的心裡準備,盡情玩鬧、學習原諒並體驗印度傳統。你準備好參加瘋狂、七彩絢麗的好麗色彩節嗎? 體驗色彩的一天,街道是彩色的,人生是彩色的。                                                         

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!