Cradles of Innovation

Taiwan-Singapore Interactions
:::

2019 / June

Ivan Chen /tr. by Phil Newell



After a four-and-a-half hour flight of more  than 3000 kilometers, Taiwan Pan­orama’s reportorial team landed at Singa­pore’s ­Changi Airport. In this country of some 4 million citizens, 75% of the population is of Chinese ancestry, while 13% are of Malay and 9% of Indian descent; there are also 1.64 million non-citizens from all over the world.

In this highly international city we explored Singapore’s bilingual education policy, the US$26 billion in annual Taiwan-Singapore trade, and the close and frequent interactions between the two countries. These exchanges include Singaporean scholars who studied in Taiwan, Taiwanese working in Singapore, the coproduction of a TV drama series, and the entrepreneurial experiences of startup teams. We trust that this cover feature will offer you a new experience of Singapore.

For this month’s “Around Taiwan” series, we visited the Lulin Observatory, 2862 meters above sea level on the borders of Yu­shan National Park. Our reporters brought back firsthand information about astronomical observation, and photographed rare and dazzling scenes, giving one the feeling that the distance between ourselves and the stars is not so huge. We also visited the seas off Hua­lien, where we traveled alongside dolphins. We met with underwater photo­graphers whose work is promoting better understanding of Taiwan’s marine biodiversity, and raising people’s consciousness of the oceans.

We also witnessed Jin­gua­shi’s century-­old Mazu procession, and we bring you Taiwan’s first detailed report on this ritual. The procession’s progress through narrow streets, up and down steep stairs, and across Shui­zhen Bridge is part of the collective memories of many generations of local people. On ­Penghu’s Qi­mei Island we got a close-up view of Taiwan’s first offshore smart power grid, which combines diesel-generated electricity with renewable solar energy, marking the next step forward in Taiwan’s carbon reduction technology.

Also in this issue, we appreciate the photo­graphic images created by artist ­Cheng Jen-pei, who records the culinary cultures of different peoples through different forms of ethnic foods. These touching stories are taking place right here where we live, for example in the images of ­Hakka foods paired up with Vietnamese spring rolls, lemongrass, and shrimp salt, or of meticulously prepared meat jelly that Cheng uses to represent life in the Ukrainian winter.

The reports in Taiwan Panorama help the people of the world to understand and love Taiwan. What better example than comics artist Hsu Mao-sung, a national treasure at over 80 years old, who has held fast to native comics art through 60 years of creative work. Stories like these inspire us to con­tinu­ally grow and advance.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

台星交流‧創新搖籃

文‧陳亮君


飛越三千多公里、四個半小時的航程,《光華》編採團隊終於抵達新加坡樟宜國際機場。在這總人口數約400萬人的國度中,華人就佔了75%,其他尚有馬來人13%、印度人9%,還有164萬來自世界各地的非居民人口。

在這高度國際化的城市,我們試圖探索新加坡的雙語政策,以及台星每年大約260億美元的貿易額中,頻繁密切的交流現況。這其中還包括了曾留學台灣的新加坡學者、在新加坡工作的台灣人士、兩國共製戲劇的第一手專訪,以及新創團隊的創業經驗……等,相信本期《光華》封面故事將帶給您不同以往的新加坡體驗。

*       *       *

「上山、下海」還不足以道盡本期「島嶼行旅」專欄的精彩內容。此次《光華》編採團隊前往玉山國家公園的鹿林前山、海拔2,862公尺的鹿林天文台,透過現地採訪帶回天文觀測的第一手資訊,還有拍攝許多令人目眩神迷的難得美景,讓人與星星的距離不再遙遠;我們也深入花蓮海域,與海豚同行,並透過水下攝影師的專訪,在一張張充滿詩意與張力的畫面中,認識台灣海域的多樣性,也喚醒人們的海洋意識。

除了高山與大海,我們還前進具有百年歷史的金瓜石媽祖遶境活動,當媽祖陣頭穿過陡坡小巷,踩過高低階梯,鑽過水圳橋,這是金瓜石人不同世代的集體記憶,也是國內對金瓜石祭典首次如此詳實的追蹤報導;而在海天一色的澎湖七美島探訪中,我們也見證了台灣第一個以柴油結合太陽能再生能源所建立的離島型智慧電網,讓台灣的減碳科技更上一層樓。

*       *       *

藝術家程仁珮以食物的影像,記錄了不同族群、不同形態的飲食文化,這一幕幕動人的故事,就發生在你我生活的這塊土地上,如有用客家食材搭配越南春捲皮和香茅、蝦鹽等異國食材的影像故事;也有一個工序繁複、精心製作的肉凍,代表的是烏克蘭冰天雪地的生活情景。

透過《光華》的報導,讓世界了解台灣、喜愛台灣,如同國寶級本土漫畫大師許貿淞,年逾8旬的他,用其一甲子的創作,為堅守本土漫畫而努力,也激勵了我們,不斷成長、不斷向前。

イノベーションの揺りかご

——シンガポールとの交流

文・陳 亮君 翻訳・山口 雪菜


4時間半、3000キロ余りのフライトの末、「光華」の取材班はシンガポールのチャンギ国際空港に到着した。シンガポールの人口は約400万人、華人が75%、マレー系が13%、インド系が9%を占め、この他に世界各地から来た外国人が164万人暮らしている。

高度に国際化されたこの都市で、私たちはシンガポールのバイリンガル教育政策について考え、また年間貿易額260億米ドルというシンガポールと台湾の密接な関係を取材した。台湾留学経験のあるシンガポールの学者や、シンガポールで働く台湾人、両国によるテレビドラマの共同制作、そしてシンガポールにおけるスタートアップ企業の経験など、今月のカバーストーリーを通して、今までとは違うシンガポールを体験していただきたい。

*   *   *

シリーズ「台湾をめぐる」では、今月号は文字通り「海へ山へ」と台湾をめぐる。取材班は玉山国立公園の鹿林前山、標高2862メートルの鹿林天文台を訪ね、現場でしか得られない天体観測の情報と美しい星空の写真を持ち帰ることができた。また、台湾東海岸、花蓮の海域ではホエール‧ウォッチングに参加した。水中カメラマンへのインタビューと迫力ある写真とともに台湾海域の多様性と環境保全の大切さを一緒に考えてみたい。

このほかに、百年の歴史を持つ金瓜石の媽祖巡行にも同行した。媽祖のパレードが山里の細い道、山間の石段や用水路の橋を練り歩く。これは金瓜石出身のあらゆる世代の人に共通の記憶であり、この祭典を詳細に記録したのは今月号の「光華」が初めてだ。

澎湖諸島の七美島では、台湾で初めてのディーゼル発電と太陽光発電によるハイブリッド離島型スマートグリッドを取材した。二酸化炭素排出削減に取り組む台湾のテクノロジーのさらなる一歩である。

*   *   *

アーティストの程仁珮は、食べ物をメインとしたオブジェの写真で、さまざまなエスニックの食や文化、そして心模様を表現している。その背景には台湾に暮らす人々の感動的な物語が込められている。例えば、客家の食材にベトナムの春巻やレモングラス、エビ塩などの食材を組み合わせた物語、あるいは手の込んだ煮凝りでウクライナの雪に閉ざされた暮らしと情景を表現した作品などである。

「光華」を通して、世界の人々に台湾を知っていただき、好きになってもらいたいと願っている。80歳を越えた台湾の国宝級漫画家‧許貿淞が60年以上の歳月を台湾漫画の発展に注いできたように、人々を励まし、ともに成長し前進し続ける存在でありたい。

 

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!