Raising Taiwan's Global Visibility

:::

2019 / May


Taiwan and the United States of America have been jointly promoting the “Indo–Pacific Democratic Governance Consultation,” the “Civil Society Dialogue on Securing Religious Freedom in the Indo–Pacific Region,” and the “Global Co-operation and Training Framework.” President Tsai Ing-wen, Taiwan’s first female president, assured our US ally that Taiwan is ready, willing, and able to serve as a model for democratic govern-ance in the Indo–Pacific region and that Taiwan is an irreplaceable force for good in the world.


On the night of April 9, 2019, President Tsai Ing-wen conducted a videoconference with import-ant opinion-makers in the US, including representatives of three major US think tanks: the Center for Strategic and International Studies, the Brookings Institution, and the Woodrow Wilson Inter-national Center for Scholars. Richard Armitage, former US deputy secretary of state, served as moderator at the Washington end.

President Tsai noted that in a few hours it would be April 10 in Taipei, and that it was on this day 40 years ago that the US Congress passed the Taiwan Relations Act. The foresight and friendship of the act’s drafters, she said, have ensured peace in the Taiwan Strait and allowed Taiwan to become one of the freest countries in the world. Meanwhile, Taiwan–US relations have exhibited unprecedented stability. In particular, Taiwan is the US’ eleventh largest trading partner, and bilateral economic and trade relations are complementary rather than competitive. Taiwan also plays a vital role in areas such as economic diversification, the high-tech supply chain, and information secur-ity. Tsai added that Taiwan and the US share demo-cratic values and a democratic vision for the future, and are pushing back against the growing tide of authoritarianism around the world.

In the three-plus years of President Tsai’s term in office, her administration has promoted media literacy and women’s empowerment, and has strengthened Taiwan’s self-defense capabilities, while Taiwan’s economy has continued to grow. Despite the fact that mainland China has con-tinu-ally been acting to deny Taiwan’s right to particip-ate in international affairs and has increased the threat it poses to Taiwan, Tsai emphasized that Taiwan will continue to strengthen cooperation with the US and Japan in order to further economic prosperity and peace in the Indo–Pacific region.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

讓世界看見台灣

台灣與美國共同持續推動「印太民主治理諮商」平台、「印太區域保衛宗教自由公民社會對話」與「全球合作暨訓練架構」。作為台灣第一位女性總統,蔡英文總統向美國盟友保證,台灣已準備好,有能力也有意願,成為印太民主治理的典範;台灣是當今世界不可或缺的一股良善力量。


2019年4月9日晚間,總統蔡英文神態自若地與美國三大智庫「戰略暨國際研究中心」、「布魯金斯研究院」,與「威爾遜國際學人中心」等重要意見領袖,舉行視訊會議,華盛頓端則由美國前副國務卿阿米塔吉擔任引言人。

蔡總統提及,台北這邊再過幾小時就是4月10日了,40年前的這一天,美國國會通過《台灣關係法》。因為起草人的先見之明與情誼,確保台海之間的和平,台灣成為全球最自由的國家之一。而台美夥伴關係體現前所未有的穩固,尤其台灣是美國第11大貿易夥伴,雙邊經貿關係是互補的,而非競爭關係。台灣在經濟多樣性、高科技供應鏈、資訊安全等方面扮演重要角色。為了對抗威權主義在全球逐漸興起的浪潮,台灣與美國共享民主價值與願景。

在蔡總統三年多任內,推動女性賦權、媒體識讀,強化台灣國防自主防禦的能力,台灣經濟持續地成長。縱使中國大陸持續打壓台灣的國際空間與加強對台灣的威脅,她強調台灣仍會繼續加強與美國、日本合作,促進印太區域的經濟繁榮與區域和平。

世界に台湾の存在感を

翻訳・山口 雪菜

台湾は米国とともに「インド太平洋地域における民主的統治協議」対話プラットフォーム、および「インド太平洋地域における信仰の自由を守るための市民社会対話」、「グローバル協力訓練フレームワーク」を継続的に推進しています。台湾初の女性総統である蔡英文総統は、盟友である米国に対し、台湾はインド太平洋地域の民主的統治の模範となる準備が出来ており、またその能力と意欲があることを保証しています。台湾は今日の世界において欠くことのできない前向きな力となっています。

 


 2019年4月9日夜、蔡英文総統は米国の三大シンクタンクである「戦略国際問題研究所」「ブルッキングス研究所」「ウッドローウィルソン国際学術センター」の重要なオピニオンリーダーとビデオ会議を行ない、ワシントン側からはリチャードアーミテージ元国務副長官が進行役として参加しました。

会議において蔡総統は、台北では数時間後に4月10日を迎えることに触れ、40年前の同日、米国国会で「台湾関係法」が制定されたことに言及しました。同法の起草者の先見の明と友情によって、台湾海峡の平和は確保され、台湾は世界で最も自由な国の一つとなったのです。台米のパートナーシップはかつてないほど強固なものとなりました。例えば、台湾は米国にとって11番目に大きな貿易パートナーであり、両者の貿易は競争関係ではなく、相互補完関係にあります。台湾は経済の多様性、ハイテク産業のサプライチェーン、情報セキュリティなどの面で重要な役割を果たしています。世界的に台頭しつつある権威主義に対抗するために、台湾と米国は民主主義の価値とビジョンを共有しています。

蔡総統は、就任してから3年の間に、女性のエンパワーメント、メディアリテラシー、台湾の国防における自主防衛力の強化を推進し、台湾経済も持続的に成長してきました。中国大陸は依然として国際社会における台湾の活動空間に圧力をかけ、台湾に対する威嚇を強めていますが、台湾は今後も米国および日本との協力関係を強化し、インド太平洋地域の経済発展と地域の平和を促進していくことを蔡総統は強調しました。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!