Mobilizing Against a Pandemic

Safeguarding Taiwan, Helping the World
:::

2020 / June

Esther Tseng /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Scott Williams


According to Johns Hopkins University in the United States, as of late May 2020 more than 5 million cases of COVID-19 and more than 340,000 deaths from the disease have been confirmed worldwide.

The pandemic is being called the greatest threat to humanity since World War II and the most severe blow to the global economy since the Great Depression of the 1930s. Taiwan’s public has carefully navig­ated this new crisis and forged a Taiwanese model for slowing the disease’s spread that has won inter­national praise.


 

When global confirmed cases of COVID-19 reached 10,000 on February 1, 2020, Taiwan had just ten cases of its own, but recognized that it had nowhere near the number of surgical face masks it needed to protect its citizens. The government responded by taking control of domestic face-mask production, and on February 5 announced that it would establish 60 new face-mask production lines.

On February 6, the Taiwan Machine Tool and Accessory Builders’ Association became the first private-­sector institution to offer help to Taiwan’s then-nascent national face-mask team when its chairman, Habor Hsu, messaged Minister of Economic Affairs Shen Jong-chin to say that the machine-tool industry was ready to assist with manpower and resources.

The national face-mask team

Although Taiwan’s machine-tool industry is the world’s third largest by exports, it lacked the necessary designs and components to build the machines. Adopting the mantra “We’re all in this together,” the association immediately gathered a list of the items needed to build the machines and then approached major manufacturers about providing the skilled workers necessary to assemble them. Hsu says that as association chairman he dropped a hint to ­HIWIN, YCM, Awea Mechantronic, and Goodway Machine, and the machine-­tool heavyweights then came through with more than 20 technical personnel and other support.

More used to competing fiercely with one another for orders, the sometime rivals pulled together on this project. Taiwan’s existing makers of face-mask machines had been able to produce only two machines in a month. But under pressure from the gathering pandemic, the group rapidly ramped up production, producing one face-mask machine in the first week, one every three days in the second week, and two per day in the third, completing all 60 within a month.

When Premier Su Tseng-chang called the group the “national face-mask team” during a visit to one of the factories, it fostered pride in their achievements and encouraged still other machine-tool makers to join the effort. Ultimately, some 2500 man-days of work went into the program over the 40 days from February 10 to March 20, producing a total of 92 face-mask machines that were subsequently turned over to mask manufacturers. This endeavor resulted in another “Taiwan miracle”: previously importing 80% of its face masks, Taiwan was by now making 15 million masks per day and had become the world’s second-­largest producer. 

A prudent approach

Johns Hopkins University predicted in January that given Taiwan’s close proximity to China, it would likely have the second highest number of imported cases in the world. But the reality has been that while Europe and the US have suffered severe outbreaks, Taiwan has been a global bright spot for prevention, with only 400-some confirmed cases and fewer than ten deaths, even without a lockdown.

Taiwan has calmly and vigilantly held the line against the disease from the first. On December 31, 2019, the government began implementing on-board health checks on passengers arriving on direct flights from Wuhan. On January 20, 2020, it activated the Central Epidemic Command Center to directly coordinate preventive measures such as introducing border controls and combating false information.

Outgoing vice president Chen Chien-jen, an epidemiologist by training, has observed that after the SARS outbreak in 2003, Taiwan’s govern­ment conducted a comprehensive review of its epidemic response capability before amending the Communicable Disease Control Act to establish a communicable disease prevention command system, strengthen and restructure the Centers for Disease Control, and add infectious disease specialists to the CDC’s staff.

Minister of Health and Welfare Chen Shih-chung is leading the Central Epidemic Command Center (CECC) and releases daily updates on the pandemic. By publicizing preventive measures such as wearing a mask, thoroughly washing one’s hands, and maintaining social distance, the center has encouraged the public’s compliance. Private businesses and residential districts have also helped, responding to the government’s efforts to prevent transmission in public spaces by implementing disinfec­tion measures and temperature checks of their own. This collective action has enabled the public to adhere to govern­ment recommendations without sacrificing their personal freedom.

IT soft power

Public-private cooperation has not only enabled these simple masks to help contain the spread of the virus, but also highlighted Taiwan’s soft power in terms of information technology and its public health system.

Taiwan Panorama visited mask-maker Motex, which is currently operating 11 production lines on two shifts. Two of those lines make masks exclus­ively for frontline medical personnel.

Motex Group chairman Y.C. Cheng experienced the 2003 SARS outbreak at first hand—he had to self-­isolate when returning to Taiwan from main­land China during the outbreak, and well remembers the discomfort of wearing a mask 24 hours a day. The experience made him realize just how important these seemingly insignificant masks are, and led him to invent a diamond-shaped version that is both more comfortable to wear and more close-fitting.

Confronted with the shortage of masks in the early stage of the COVID-19 outbreak, the government rapidly halted exports, added new production lines, and instituted a mask rationing system.

To make sure the public had convenient and equitable access to masks, on February 4 the National Health Insurance Administration (NHIA) made data on mask sales and inventory at all of the nation’s pharmacies available to the public.

Skilled programmers then integ­rated this information into a variety of “mask maps” that enabled the public to find nearby NHI pharmacies, see their mask sales hours, and check the size of their mask invent­ories through visual maps, chat robots, and voice assistants. Some of these tools even included positioning and navigation functions.

Minister Without Portfolio Audrey Tang also contacted these tech communities about creating a face-mask supply and demand database. With more than 100 mask-map apps and groups currently in existence, public-spirited tech communities have demonstrated the power of Taiwanese IT.

Cloud-based medical records

Linking the purchase of masks to people’s NHI cards made access both fair and convenient and has made Taiwan an international bright spot in this time of global crisis. Nobel-­laureate physician‡scientist Tasuku Honjo stated in a Japanese interview that Taiwan’s use of NHI card data as part of its disease prevention efforts was something others could learn from. 

Taiwan’s government announced on the evening of February 3 that it would implement face-mask rationing on February 6. But many people might not realize that officials had to develop a complex programming architecture and a comprehensive IT system involving proof of identity, cash flows, and the logistics of mask deliveries in just two days.

Taiwan’s 2003 introduction of IC-chip NHI cards made this possible. These cards give medical practitioners access to cardholders’ med­ical and pharmaceutical records on cloud-based servers, which are updated each time a cardholder seeks care. Since 2015 the cards have also been able to serve as identity documents, which can be used for purposes such as filing taxes. This helped ensure the success of the mask rationing scheme.

In addition to being a race against the clock, epidemic control also relies on having tests that are sensitive enough to minimize the number of false negatives and thereby avoid sending infected people back into the community to spread the disease. In April, the Industrial Technology Research Institute’s BioMedical Technology and Device Research Laboratories announced the develop­ment of a portable nucleic acid test kit that produces results in 60 minutes and has a sensitivity of 90%. The size of a soda can, the device is small enough to be easily portable for frontline medical personnel, making it easier to screen high-risk groups in the community and at ports of entry. This will enable healthcare teams to immediately identify infected individuals while the disease is still in its incubation period. Production of the device is slated to begin in July.

Taiwan is helping

Lee Po-chang, director-general of the NHIA, has accompanied health and welfare minister Chen Shih-chung to the World Health Assembly in Geneva on several occasions as part of the Taiwan WHA Action Team. He states: “While Taiwan has long been barred from the World Health Organization for political reasons, whenever Taiwan’s NHI program or healthcare system come up at WHO research conferences, we always get a big thumbs up from all the nations there.” Sharing Taiwan’s COVID-19 response provides another example of how we can contribute to the international community in areas such as disease control and prevention, and in addressing other global health issues.

Taiwan has continued to do every­thing it can to contribute despite its isolation by the WHO. Since mid-April, with the US and Europe suffering badly from the pandemic, Taiwan has donated a total of nearly 10 million face masks to more than 20 European nations and 6 million to the US. Taiwan has also provided disease control resources and other medical supplies to Japan and Thailand.

COVID-19 reminds us of life’s impermanence and fragility. But Taiwan’s success in safeguarding lives through its strong and timely epidemic control measures stands as a beacon to the world in these dark times.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

防疫總動員

從守護台灣到貢獻世界

文‧曾蘭淑 圖‧林格立

根據美國約翰霍普金斯大學的統計,新冠肺炎病毒迄今(2020年5月底截稿為止)已蔓延至180多個國家,確診病例超過500萬例,死亡人數更是超過34萬人。

這個被喻為二次大戰以來,對人類生命最嚴重的威脅;1930年代經濟大蕭條以來,對全球經濟最嚴重的打擊。台灣民眾在疫情危機中,小心翼翼地走出全球擴散的陰影,創立成功的台灣防疫模式,備受世界讚譽。


2020年2月1日嚴重特殊傳染性肺炎(以下稱「新冠肺炎」)全球確診病例數突破一萬例時,台灣才出現第十例確診病例,當時口罩數量無法應付大多數民眾需求,於是政府決定徵用國內口罩廠商;2月5日宣布組建60條口罩生產線。

2月6日,台灣區工具機暨零組件工業同業公會理事長許文憲,傳簡訊給經濟部長沈榮津提到:「部長辛苦了,疫情嚴重,政府要增加60條口罩產線,如果需要工具機業者的人力與資源,我們準備好了!」這是回應台灣口罩國家隊成軍的第一個呼聲。

口罩國家隊,超前部署

「沈榮津從擔任工業局科長時,就與我們基層的工具機業者互動頻繁,打電話、LINE給部長都不會已讀不回,那一天,部長很快就回我的LINE。」許文憲說:「雖然答應要幫忙,沒想到是跳進泥沼!」因為與工具機公會名譽理事長嚴瑞雄一起去新北市權和、長宏兩家生產口罩機的工廠會勘,發現廠房空間不夠、組裝工人不夠,零組件也不齊全。

雖然台灣工具機有著全球出口第三大的堅強實力,但在沒有設計圖、什麼都缺的情況下,抱著「視同作戰,只好拚了!」的氣魄,缺零件就列清單;缺組裝師傅,就動員大廠支援。許文憲說,上銀、永進、亞崴、程泰這些整機廠大廠,本來就是我們零組件工廠的衣食父母,身為理事長,稍微向他們「撒嬌」一下,大廠們義氣地出動廿多位專業的師傅,自備工具支援。

平常同行競爭,搶單廝殺嚴重,此時卻同心協力,其利斷金。原本單一工廠一個月二台口罩機的產能,加速暴衝,從第一週組出一台口罩機;到第二週三天一台;第三週一天兩台,不到一個月內組出60台口罩機。

而行政院長蘇貞昌視察口罩機工廠時,所喊出的「口罩國家隊」,這種無形榮譽感的加持,吸引更多的工具機廠商加入,從2月10日到3月20日的40天內,共計投入了2,500人次,組裝了92台口罩機,交由口罩工廠生產口罩,讓台灣從原本 80%口罩需要進口,到日產1,500萬片口罩的全球第二大口罩生產大國,不啻為另類的「台灣奇蹟」。

審慎以對,全球讚譽

約翰霍普金斯大學今年一月曾預估,台灣染疫的案例,可能會是全球第二高。因為台灣距離中國最近,且每年有數百萬人次人員的往來。但事實卻顯示,當美國、歐洲成為全球重災區時,台灣在沒有封城情況下,確診案例迄今(至5月底截稿前)仍只有400多例,死亡人數不到十人,成為全球防疫的亮點國家。

台灣冷靜又警覺地在第一時間守住了防線。2019年12月31日,台灣政府就已開始對武漢直航入境班機實施登機檢疫作業,在1月20日則是啟動了中央流行疫情指揮中心,直接協調各部會的防疫作業,包括邊境管制、打擊假訊息等,也針對每個確診案例進行嚴密的疫調,追溯每個病例的旅遊與接觸史,於是得以防堵大規模社區感染。

針對台灣所採取的各種防疫措施,也是流行病學專家的前副總統陳建仁分析,是台灣記取2003年SARS教訓,痛定思痛的結果。而陳建仁正是SARS肆虐時,臨危受命帶領當時台灣抗疫的衛生署署長(衛生福利部前身)。他說,SARS之後,台灣政府全盤檢視並修訂《傳染病防治法》,建立傳染病防治指揮系統,加強疾病管制局(現在的疾病管制署)組織再造,還設立感染症醫師制度。

擔任「中央流行疫情指揮中心」指揮官、衛福部長陳時中則是每天親自發布最新疫情動態,公布防疫措施,戴口罩、勤洗手,保持社交距離,讓民眾有所依從,私人企業和住宅社區也啟動體溫監測及消毒措施,呼應政府在公共空間防疫的努力,民眾得以在服從政府與個人自由之中取得平衡。全民一心的防疫,換來是對生命安全的保障,受到各國政要與媒體的讚譽。

IT軟實力,「罩」得住

單單一小片的口罩,透過公私協力,不僅罩住了疫情的擴散,也照亮了台灣在IT、公共衛生方面的軟實力。

《光華》編採團隊走訪生產口罩最前線的宣德醫材公司,11條生產線二班制生產,其中有兩條生產線,專門生產供前線的醫療人員使用的口罩。

宣德醫材董事長鄭永柱曾經歷SARS疫情,當時他因從大陸返台需自主管理,一天24小時戴著口罩不舒服,他體會到:「口罩那麼不起眼,卻是這麼的重要。」因而發明了立體鑽石型口罩,讓口罩戴起來增加密合的安全性,又有舒適性。

而新冠肺炎疫情爆發初期所面臨口罩缺貨的問題,政府則迅速祭出暫停出口、增建產線、實名制購買等政策。

為了讓民眾公平又便利地買到口罩,衛福部健保署2月4日就將全國各藥局販賣與剩餘的口罩資料公開。短短不到二天,台南好想工作室工程師吳展瑋展現撰寫程式的才能,將他原先「超商口罩地圖」改版為「即時口罩地圖」並分享出去。

還有各路程式高手設計了各種口罩地圖,可以讓民眾透過視覺化地圖、聊天機器人、語音助理等多元管道,查詢到附近健保特約藥局的地點、開賣時間、剩餘口罩的數量,有些還具有精準定位與導航的功能。

此外,行政院政務委員唐鳳則是串聯這些科技社群,打造「口罩供需資訊平台」,目前共有一百多個口罩地圖的APP、LINE@,這些做公益的科技社群,用高超的程式設計力,展現出台灣優異的IT軟實力。

醫療資訊雲端化,防疫無漏洞

透過健保卡買口罩,公平又便利,也是台灣獨步全球的亮點,連諾貝爾醫學獎得主本庶佑接受日媒專訪時,都指出台灣運用身分證號碼卡(「健保卡」)知道個人的醫療資訊,用在防疫上的作法很值得參考。

許多民眾可能不知道,當台灣政府2月3日晚間宣布,在2月6日實施口罩實名制,短短兩天後要上路實施,這其中涉及身分認證、金流的處理、物流的配送,背後需要複雜的程式架構與完整的資訊系統才能完成。

這一切都要歸功於台灣自2003年即將全民健保卡IC卡化,民眾所有就醫、用藥紀錄皆整合在一張卡片的晶片裡,並在每次看診時上傳雲端伺服器。2015年起民眾還可以利用健保卡報稅,因此可以透過健保卡進行身分認證,讓口罩實名制的實施水到渠成。

健保署再結合財政部的報稅機制,很快解決金流的問題,讓民眾刷卡或匯款即可完成口罩購買的手續。

健保卡不只可以買口罩,還可以阻斷防疫的漏洞。由於健保署長李伯璋三年前上任時力推分級醫療,為了鼓勵基層醫療診所,串接健保醫療資訊雲端系統,因此致力加強基層醫療診所的網路寬頻升級建設。今年一月統計,基層醫療診所的寬頻普及率達90%,藥局達82%,這也是台灣IT軟實力所在。拜醫療資訊雲端的高覆蓋率,加上串接移民署的入境資料,因此當民眾就診,如果刻意隱瞞旅遊史時,只要醫師一插入健保卡,個人的的旅遊史就可以提醒醫師提高警覺,杜絕疫情擴散。

防疫研究力:快、狠、準

新冠肺炎無症狀感染、無法準確判定潛伏期等特性,成為全球快速擴散的主因;而能夠快速篩檢就成為防疫關鍵的重中之重。

台灣相關研究單位全力投入新冠肺炎的快篩、藥物、疫苗、技術支援等各方面的研究,將科技研發力轉為領先世界的防疫力。中央研究院基因體研究中心與國衛院分別在三月、四月初,找到能辨識新冠病毒蛋白質的單株抗體,迅速完成技術移轉量產,未來可以比照流感快篩,判別是否感染新冠病毒。

而防疫不只比速度,檢測的靈敏度才能堵住防疫破口,避免檢測偽陰性的患者四處擴散。工研院生醫與醫材研究所四月宣布研發出「手持核酸分子快篩系統」,檢測靈敏度高達90%,並且60分鐘可取得結果,加上只有一個可樂罐大小,方便前線醫護人員隨時帶著進行檢測,可在社區或邊境針對高風險特定群聚族群,即時篩檢出潛伏期的患者,這項研究預計七月開始進行量產。

#台灣能幫忙,#台灣正在幫忙

曾多次參與衛福部長陳時中所率的「世衛行動團」,於WHA開會期間赴日內瓦的健保署長李伯璋指出:「雖飽嘗台灣被世界衛生組織基於政治考量拒於大會門外的辛酸,但每當在WHA期間,我國所舉辦的場外研討會說到台灣健保與醫療,都讓各國豎起大姆指。」就像新冠肺炎的防疫經驗,台灣可以在防疫和全球衛生議題上對國際社會做出貢獻,包括美國聯邦參院外交委員會亞太小組主席賈德納等多位議員、歐洲十國共100多位國會議員均為台灣發聲,致函WHO幹事長譚德塞,呼籲WHO邀我出席相關會議。

然而,台灣沒有因為被世衛組織孤立而裹足不前,仍然盡心盡力貢獻所長,在歐、美疫情最嚴峻之際,台灣援贈20多個歐洲國家近千萬片口罩、美國600多萬片在四月中旬起,如及時雨般陸續送達,還有贈送日本、泰國、約旦等友邦防疫物資與醫材。歐盟執委會主席馮德萊恩、美國國務卿龐培歐、英國下議院副議長伊凡斯等重要意見領袖,都接連推文感謝台灣。

當義大利籍在台神父呂若瑟為故鄉教會求援募款時,六天之內,二萬多人慷慨解囊近1.2億元的善心捐款;還有位於防疫前線的醫護人員、公衛官員、醫材生產線上的作業人員、郵差與外送人員等,不眠不休地持續努力著,他們都是這場戰役的英雄。雖然疫情見證了生命的無常,但台灣用溫暖守護生命的防疫實力讓世界驚豔!

防疫総動員

台湾を護り、世界に貢献する

文・曾蘭淑 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

ジョンズ・ホプキンズ大学の統計によると、2020年5月末現在、新型コロナウイルスはすでに世界180以上の国に広がり、感染者数は500万人、死者は34万人を超えた。

この感染拡大は、第二次世界大戦以来の人類最大の脅威とされ、また世界経済にとっては1930年代の世界大恐慌以来、最も深刻な打撃になると言われている。台湾人はこの危機において極めて慎重に行動し、世界で感染が拡大する中、台湾モデルを確立して世界中から高く評価されている。


2020年2月1日、COVID-19の感染者数が世界で1万人を超えた時、台湾の感染者はまだ10人だったが、マスクの供給が国民の需要に追い付かず、政府は国内のマスクメーカーを徴用することを決め、2月5日にマスクの生産ラインを60本増設すると発表した。

2月6日、台湾区工作機械および部品工業同業組合の許文憲理事長は、沈栄津・経済部長(経済相)にメッセージを送った。「大臣、新型コロナの感染拡大が続き、政府はマスクの生産ラインを60本増やすとのことですが、もし工作機械メーカーの人材とリソースが必要でしたら、我々には準備ができています」と。これが台湾のマスク・ナショナルチーム結成の最初の呼び声となった。

ナショナルチーム

メッセージに対して経済相からはすぐに返事があったが、許文憲は、これが大変なことになるとは思っていなかった。実際にマスク製造装置の工場を訪ねると、工場の面積は狭く、アセンブリの人員も部品も不足していたのである。

台湾の工作機械は世界第3位の輸出額を誇るが、設計図も何もない状況で、「これは戦争だ」という精神で何とかするしかなかった。まず不足部品のリストを作り、組立の技術者は大手機械メーカーから支援を受けることにした。許文憲によると、上銀や永進、亜崴、程泰といった工作機械大手は、もともと部品メーカーの親のような存在だが、その大手が20人以上のベテラン技術者を支援に出し、しかも工具まで用意してきてくれたのである。

普段は互いにライバルで、受注にしのぎを削っている企業同士が、この時ばかりは心を一つにして協力した。その結果、通常ならマスク製造装置は1ヶ月に2台しか生産できないところ、1週目に1台完成、2週目は3日で1台と猛烈なスピードで生産できるようになり、1ヶ月もたたないうちに60台を完成させたのである。

蘇貞昌・行政院長がマスク製造装置工場を視察した時、「マスクのナショナルチーム」と称えたことで、さらに多くの工作機械メーカーがこの列に加わった。そして2月10日から3月20日までの40日間、のべ2500人の手によって92台の製造装置が完成したのである。当初、台湾ではマスクの80%を輸入に頼っていたが、製造装置が増えたことでマスクの生産能力は日産1500万枚に達し、世界第二の生産大国となった。これは、もう一つの「台湾の奇跡」と言えるだろう。

厳格な対応

今年1月の時点で、ジョンズ・ホプキンズ大学は、台湾では世界で2番目に深刻な感染拡大が起きる可能性があると予測した。台湾は中国に隣接し、毎年数百万人が行き来しているからだ。しかし、そうはならなかった。欧米で爆発的に感染が広がっていた時、台湾ではロックダウンもしないまま5月末現在でも感染者数は400余人、死者は10人未満で、世界から大きく注目されたのである。

台湾は早い時点で高い警戒心をもって冷静に対処してきた。2019年12月31日、台湾政府は武漢からの直行便に対して搭乗検疫を開始、1月20日には中央感染症指揮センターを設置し、水際対策やフェイクニュース対策など、各省庁による感染症対策を直接取りまとめることとなった。また全ての感染者について厳密な疫学調査を行ない、旅行史や接触史を追跡することで、大規模な市中感染を防いでいった。

台湾が採ったさまざまな措置について感染症専門家でもある陳建仁副総統は、SARSの教訓と反省の成果だと語る。その話によると、台湾は2003年のSARSの後、「伝染病防治法」を全面的に見直して改正した。感染症対策の指揮系統を構築し、疾病管制局(現在の疾病管制署/CDC)の組織を再編し、感染症医師制度も整備したのである。

「中央感染症指揮センター」の指揮官で衛生福利部長(衛生相)の陳時中は毎日自ら最新の感染状況を発表し、マスク着用、手洗い、ソーシャル・ディスタンスの確保などを呼びかけた。公共空間における感染防止への努力に応え、民間企業や住宅地でも検温や消毒が始まり、国民は服従と自由との間でバランスを見出した。

マスク販売にITを駆使

マスクひとつをとっても、公的部門と私的部門が協力し、台湾のITと公衆衛生の実力を示すこととなった。

光華取材班はマスク生産の最前線である宜徳医材公司を訪れた。11本の生産ラインは2交替制でフル稼働しており、うち2本は医療関係者用のマスクを生産している。

同社の鄭永柱董事長はSARSの経験をこう話す。当時、中国大陸から帰国したため自己健康管理をしていたが、24時間マスクを着用していることが苦痛で、何ということのないマスクの重要性にあらためて気づいたと言う。そこで密着度が高く、呼吸がしやすいダイヤモンド型立体マスクを発明した。

新型コロナウイルス感染拡大の初期には台湾もマスク不足に陥ったが、政府はすぐに輸出禁止と生産ライン増設、実名制などの政策を打ち出した。

人々に公平にマスクが行き渡るよう、衛生福利部健康保険署は2月4日から全国の各薬局でのマスク販売状況と在庫の情報を公開し始めた。

すると各分野のエキスパートがさまざまなマスクマップアプリを開発し、提供し始めた。視覚や音声で、近くの薬局の販売時間や在庫数などが調べられ、ナビゲーションシステムを使って行けるようになった。

このほかに、行政院の唐鳳・行政委員はIT分野のコミュニティをつなぎ、「マスク需給情報プラットフォーム」を立ち上げた。100を超えるマスクマップアプリが登場し、公益のために科学技術が用いられ、台湾のITの実力が示された。

医療情報のクラウド化

さらに、マスクが公平かつ便利に手に入るよう、世界で唯一、健康保険カードが活用されることとなった。ノーベル医学生理学賞を受賞した日本の本庶佑氏も、日本のメディアの取材を受けた際、台湾でIDナンバーカード(健康保険カード)を通して個人の医療情報が分かるようにしている方法は、感染症対策において参考になると述べている。

台湾政府は2月3日に、2月6日からマスク購入実名制を導入すると発表したが、この2日の間にどれだけ複雑なプログラムの構築があったかは、あまり知られていない。身分認証から金流、物流まで極めて複雑な作業となったのである。

これらはすべて2003年から全民健保カードのIC化を実施したことによって実現可能となった。国民一人一人の受診や用薬の情報が一枚のカードのチップに記録されており、受診のたびにクラウドサーバーとつながるのである。2015年からは、この健保カードで税金の申告もできるようになり、健保カードで身分認証ができるため、マスク購入の実名制が実現したのである。

新型コロナウイルスには無症状の感染者がいて、潜伏期間中は検出できないという特性があることが、感染拡大を抑えられない大きな要因となっている。そこで、迅速に診断する方法の確立が極めて重要になる。

台湾でも多くの研究機関が新型コロナウイルスの検査キットや治療薬、ワクチン、技術支援などの研究を進めている。中央研究院遺伝子研究センターと国立衛生研究院も、それぞれ新型コロナウイルスタンパク質を識別するモノクローナル抗体を発見し、近々技術移転による量産が可能だとしている。

感染症対策に求められるのはスピードだけではない。検査の精度も確保しなければ、偽陰性の感染者を見逃すことになる。4月、工業技術研究院バイオメディカルテクノロジーおよびデバイス研究所は「核酸分子検出システム」を開発したと発表した。精度は90%で、60分で検査結果が出せ、また飲料缶ほどの大きさであることから、第一線の医療関係者が携行して検査することができ、住宅地や空港などで特定のハイリスクグループの検査を行なえば、潜伏期間中でも検出できる。この検査キットは7月から量産体制に入る予定だ。

Taiwan can help

これまで陳時中・衛生相が率いる「台湾WHA(世界保健機関年次総会)アクションチーム」に幾度も参加し、WHA会期中にジュネーブを訪れた健康保険署の李伯璋・署長はこう話す。「台湾は、WHO世界保健機関の政治的考慮から大会の外へ締め出されていますが、WHAの会期中、我が国は場外でシンポジウムを開いて台湾の健保や医療について討論しており、世界各国が称賛してくれています」今回の新型コロナウイルス対策の経験においても、台湾は国際社会に貢献できる。

台湾はWHOから孤立させられているとはいえ、決して何もしないわけではなく、可能な限りの国際貢献をしている。欧米で爆発的に感染者が増えていた時、台湾はヨーロッパの20数ヶ国に計1000万枚近くのマスクを贈り、アメリカには4月中旬から600万枚余りを贈った。さらに日本やタイ、ヨルダンなどの友好国にも物資や医療材料を寄贈した。

新型コロナウイルスは私たちに生命の無常をつきつけたが、命を守る台湾の強力かつタイムリーな対策とその実力は世界を温かく照らしたのである。

 

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!