Not Just Clowning Around: Red-Nosed “Doctors” Brighten Up Taiwan’s Hospitals

:::

2016 / February

Liu Yingfeng /photos courtesy of Theatre de la Sardine /tr. by Scott Williams


As we welcome 2016, which moments of happiness, sadness, and regret from the previous year linger in your mind?

The modern Theatre de la Sardine’s “Dr. Red Nose” program, which launched in 2015, surely created many memorable moments. The program sends smiling “doctors”—actually clowns wearing big red noses—into coldly antiseptic hospital rooms, where their jokes and songs bring warmth and laughter to pediatric patients and their families.


On a typical day, the halls of the National Taiwan University Children’s Hospital are filled with young patients and their families shuttling between wards. But today the halls are dotted with several new faces: red-nosed clowns who are popping into patients’ rooms to make silly faces, play the ukulele and sing funny songs. Giggles and guffaws billow from usually silent rooms as patients and parents enjoy a moment’s respite from the burdens of illness.

In 2015, the Theatre de la Sardine’s “Dr. Red Nose” program introduced “clown doctors” to Taiwan. More typically seen in theatrical and street performances, these humorously dressed clowns have begun turning up at hospitals, where, instead of providing medical care, they deliver zany performances aimed at bringing smiles and even belly laughs to patients. 

From theater to hospital

Ma Chao-chi, founder and head of the Theatre de la Sardine, first heard about “clown doctoring” more than a decade ago. Ma had fallen in love with the ­theater as a student, and, after graduating from National Taiwan University with a degree in economics, traveled to France to study at the École internationale de théâtre Jacques Lecoq. During a performance there, one of the school’s alumni told her about France’s Le Rire Médecin, a clown group that performs in pediatric hospitals. Seeing it as a way to incorporate the arts into everyday life, she began thinking about doing something similar when she returned to Taiwan.

Ma completed her theatrical studies and returned to Taiwan in 1999. She soon learned that there were no organizations or troupes providing clown doctor training here, and put her plans on hold. Her Theatre de la Sardine went on to premiere its first original work, Alone in the World’s Room, in 2005. Ma wrote, directed and performed in the piece, which deals directly with questions of life and death through the story of a terminally ill young girl who spends her final days recording her fantasies. Ma acts out the girl’s story while decked out in absurd makeup and a large red clown nose, using a combination of clowning and mime to document the protagonist’s tragic march towards death.

Alone in the World’s Room received positive reviews and marked the start of Ma’s theatrical exploration of death. It also showed hints of her interest in clown doctoring, anticipating the fulfillment of her dream to use “clown care” to console hospital-bound children some ten years later.

When Ma heard that Le Rire Médecin had begun offering workshops with its most experienced clowns four or five years ago, she immediately set aside her theatrical work and flew to France to take the course. ­Hsieh Hui-chun, a member of her troupe, signed up for the training in April 2015.

The intensive course runs from 9 a.m. to 5.30 p.m. daily for four months, covering performance theory and practice, medicine, and psychology. Hsieh says that for all that the long days were exhausting, she found them very fulfilling.

“Feeling” the room

With their big red noses and rouged cheeks, Ma’s Dr. Red Noses draw belly laughs from audiences. But being a clown doctor involves much more than simply clowning around.

Performers in most theatrical productions have endless opportunities to rehearse before taking the stage. Their audiences also know in advance what they will perform. But clown doctors are never quite sure whether they’ll be playing for pediatric patients, family members, or caregivers, and their every performance is, in effect, an improvised premiere. They are also very exposed. Without a curtain to raise, they are always on. With no stage to distance them from their audience, the audience’s every expression and reaction is plainly and instantly apparent, just as the performers’ own eyes reveal their awareness of efforts that have fallen short.

A clown doctor’s success depends on accurately gauging the “temperature” of the room. But no matter how well prepared and how observant clowns may be, some aspects of their performances remain unpredictable and their audiences sometimes fail to respond.

Hsieh and her partner once arrived just as a doctor was diagnosing and treating an injury to a young boy’s arm. As the clowns peeped in from outside wondering whether to enter the room, they were spotted by the seven or eight adults inside. The doctor beckoned them over to the boy’s bedside, where they began a routine aimed at easing the tension. But the boy was unhappy with being surrounded by a group of adults and became thoroughly stressed out. Seeing his gaze wander from the doctor to his injured arm to themselves, and back around again, the clowns were forced to admit defeat and make a quiet exit.

Facing death

Clown doctors don’t take their misfires to heart. For them, the toughest thing is seeing the ups and downs of life in a hospital on a daily basis. On the first day of Le Rire Médecin’s four-month training course, the teacher asks students to jot down the things that most frighten them about hospitals. After thinking the question over, the sentimental ­Hsieh wrote down “tears” and “tragedy.”

Tears almost never originate with the patients themselves, but with the family members by their sides.

In one case, the father of a pediatric cancer patient couldn’t endure the suffering that treatments were inflicting on his child: he silently fled the room each time a treatment got underway. After seeing this happen several times, one of the clown doctors entered the room and took the child’s hand prior to the start of one day’s treatment, while the other grasped the father’s hand to keep him from leaving. As the treatment progressed, the sight of the sick child left the father so wracked with guilt that he began to sob.

Ma and her partner once dealt with the father of a child in a coma as a result of a plane crash. When they first glimpsed him by the bedside, they had no idea how long he’d been weeping. Before approaching, the two explained that they wanted to sing a song for the child. The father wasn’t interested and at first waved them away. But he changed his mind before they left the room, and called them back again. The father initially seemed to find some consolation in their quiet strumming, but then began first to weep softly and then bawl loudly before calming again. Ma’s partner, an experienced clown, said nothing, but just patted his shoulder and passed him a tissue.

At that moment, Ma realized that clown doctors weren’t simply providing consolation to sick children, but even more so to their suffering parents.

Such scenes are common in hospitals. After seeing a few for themselves, ­Hsieh and Ma’s own emotions began to roil with those of the parents, leaving them sobbing and unsteady on their feet. Fortunately, clown doctors work in teams of two, so one can keep the show going while the other pulls him or herself together. Yet while clown doctors can hide behind a partner in the moment, they often fall apart again after leaving the room, and have to find a corner to weep in.

The power of a smile

Just like medical personnel intimately familiar with every kind of illness and suffering, clown doctors can’t avoid contending with the vicissitudes of life and human mortality. That means that choosing a clown doctor is a bit different than casting a typical performer. The role takes more than skill and experience; it also requires a certain psychological makeup, an optimism and positivity.

The Theatre de la Sardine began hiring performers for its Dr. Red Nose program in early 2015. Shane Hsu, who handles the troupe’s marketing, was particularly moved by one candidate’s response to a question. The candidate said that one day while he was out, he got a call from his mother, who told him that his grandmother was dying and that he needed to hurry to the hospital. Though he arrived at her room expecting a sorrowful scene, he instead found his relatives solemn but smiling as they kept her company in her final moments. The fact that they were smiling even through their pain has lingered in his memory ever since. “The clown doctor program seeks to spread the power of warm smiles, too,” says Hsu.

As we bid farewell to the Year of the Sheep and welcome in the Year of the Monkey, it’s impossible to know what the new year holds in store. But, just as clown doctors spread warmth and humor, we too can plant the seeds of a smile and draw on its power to face every moment that comes.

日文 繁體中文

赤い鼻のお医者さん——小児病棟に笑顔をもたらすホスピタル・クラウン

文・劉嫈楓 写真・沙丁龐客劇團

2015年が暮れ、2016年が始まった。過去一年の楽しかったこと、心残りだったこと、感動したことを振り返ってみよう。

台湾の若い世代の劇団「沙丁龐客劇団」は「赤い鼻のお医者さん」プランを進めている。赤い鼻のピエロに扮した「笑いのお医者さん」が病室を訪れ、病気の子供たちとその家族に笑いを届けているのである。これは昨年、人々に感動と温もりをもたらした物語だ。

人生には辛い時もあるが、彼らがもたらす感動の物語は、困難に直面しても暖かい心で向き合えることを教えてくれる。


普段は患者や家族が慌ただしく行き交う台湾大学小児病棟に、不思議な顔の人々が現れた。赤い鼻のピエロが病室を覗き込み、オーバーにへんな顔をして見せ、ウクレレで滑稽なメロディを奏でると、病室からは珍しく笑い声が聞こえてくる。幼い患者も家族も病気のことはしばし忘れ、笑顔を見せる。

2015年、沙丁龐客劇団は欧米で長年にわたって行われてきた「ホスピタル・クラウン」を台湾に導入した。本来なら街頭や劇場にしか現れないクラウン(ピエロ)が病院に姿を見せ、しかもドクターを名乗る。このドクターは病気を診るのではなく、患者を心から笑わせてくれるのである。

ステージから病院へ

沙丁龐客劇団の馬照琪団長は、十数年前に初めてホスピタル・クラウンのことを知った。学生時代から演劇が好きだった彼女は、台湾大学経済学科を出た後、フランスのジャック・ルコック国際演劇学校に留学し、そこでホスピタル・クラウンのことを知り、帰国したら「笑いのお医者さん」の活動を推進したいと考えるようになった。

1999年に帰国したが、台湾にはホスピタル・クラウンを育成する団体がなく、加入した劇団の活動で忙しい日々を送ることとなる。

2005年、馬照琪は自ら沙丁龐客劇団を設立し、その最初の作品「世界の部屋に一人」で生死と向き合うこととなる。死を目前に控えた少女が、残り少ない一日一日の思いを録音していくという物語だ。舞台では脚本と演出を兼ねる馬照琪が誇張したメイクに赤い鼻をつけて少女の物語を演じる。道化師のパントマイムを中心とする舞台だが、最終的に主人公は死を迎える。

好評を博したこの舞台において、馬照琪は初めて生死と向き合い、それはホスピタル・クラウンと相通ずるものがあった。だが、実際に病院で子供たちに笑顔を届ける活動が実現するのは、それから10年の後のことだった。

数年前、フランスで設立25年になるホスピタル・クラウン団体Rire Medecin(笑いの医師)がワークショップを行なうと聞き、馬照琪は劇団の仕事を放り出してフランスで訓練を受けることにした。劇団員の謝卉君も昨年4月にフランスでの育成訓練に参加した。

毎日9時から5時半まで、4カ月にわたる訓練は手緩いものではなかった。理論、実務、医療、心理学など、どのカリキュラムも手を抜くことはできないが、謝卉君は身体は疲れても気持ちは充実していたという。「中でも得難いのは、ベテランのホスピタル・クラウンが貴重な経験を伝授してくださることでした」と言う。

空気を感じ取って即興の演技

外見は普通の道化師と変わらないが、ホスピタル・クラウンの仕事は非常に難しい。

一般の演劇では、役者は稽古とリハーサルを繰り返してから舞台に立ち、観客も芝居の内容を知っている。だが、ホスピタル・クラウンの場合、観客は初めて会う病気の子供やその家族や医療関係者なので、常に即興の初舞台である。舞台と客席の隔てもなく、反応はそのまま表情に出るので、演技に失敗すればすぐに分かる。

そこで、まず病室の空気を敏感に感じ取ることが必要になる。

謝卉君はフランスで、ベテランクラウンに同行して病院へ行ったことがある。若い父親がクラウンを招き入れてくれ、2歳の男の子の前で優しい音楽を演奏した。だが、男の子は吐き気を催しているようで父親は気づかない。そこで彼らが急いで医療スタッフを呼び、処置が終わると、ようやく子供は音楽に耳を傾け始めた。この経験から、ホスピタル・クラウンは決して単なる道化師ではないことを知ったと謝卉君は言う。

だが、どんなに準備して敏感に観察しても、何の反応も得られないこともある。

こんなこともあった。男の子の病室を訪ねた時、ちょうど医師が少年の腕の傷を診ていて、78人の大人がベッドを囲んでいた。謝卉君と仲間は医師に声を掛けられて病室に入り、少年の緊張を解そうとベッドの横でユーモラスな歌を歌ったが、大人に囲まれた少年は、医師の顔色を窺ったり、自分の傷を見たりしながら、ちらっとピエロを見るだけで、パフォーマンスは完全に失敗し、退出せざるを得なかった。

別れの涙

失敗しても彼らは気にしないのだが、最も辛いのは別れである。ホスピタル・クラウンの訓練カリキュラムの最初の授業では、受講者は病院で最も怖いことを書かなければならない。泣き虫の謝卉君は、病院の重苦しさを想い、「涙」「悲痛」と書いた。

涙を誘うのは、患者自身ではなく、その家族であることが多い。

がんを患った子供を持つ父親は、子供が骨髄抽出という辛い治療を受けるのを見るに忍びなく、いつも黙って病室から出て行く。二人のクラウンは幾度かこの病室を訪ねていた。ある時、治療が始まる前に、一人のピエロはベッドの少年の手を握り、もう一人は病室の外の父親の手を握り、互いの手を握り合って気持ちが一つにつながった。ずっと自分を責めてきた父親は、この時、ついに耐えられなくなってはらはらと涙を流した。

馬照琪とそのパートナーは、飛行機事故で昏睡状態になった子供の父親とも触れ合った。どれだけ涙を流したか知れない父親のいる時、馬照琪らはベッドの横で子供のために歌を歌おうと思ったのだが、そんな気持ちになれない父親に追い出されてしまった。が、父親はすぐに思い直して二人を招き入れた。二人が静かに演奏を始めると、黙っていた父親は低い声ですすり泣き、続いて声を上げて泣き、その後は落ち着きを取り戻した。ベテランのクラウンは何も言わず、父親の肩を軽く叩き、ティッシュを手渡した。

その時、馬照琪はホスピタル・クラウンの仕事は子供の心を慰めるだけでなく、家族の心も癒すものだと初めて知ったという。

同じような情景は常に見られ、謝卉君と馬照琪の感情も揺さぶられ、涙が出そうになることもしばしばだという。だからこそ21組で支え合うが、それでも病室を出たとたん、耐えきれなくなって声を上げて泣くこともあるという。

温かい微笑みの力

病室での苦痛と別れは避けることはできないため、ホスピタル・クラウンになるは演技力だけでなく、心の素養も必要で、楽観的でプラス思考のできる人でなければならない。

2015年初、沙丁龐客劇団が「赤い鼻のお医者さんプラン」を開始して役者を募集した時、企画担当の徐子桓はある応募者の答えが印象に残ったと言う。その人は、こういう話をしたのである。祖母が危篤だと知らされて慌てて病院に駆けつけた時のことだ。つらく悲しい病室の雰囲気を想像していたところ、家族や友人たちは皆、微笑みを浮かべて祖母の最期を見守っていた。悲しい状況でも皆が微笑んでい姿が今も忘れられないという。「暖かい微笑みの力こそ、ホスピタル・クラウン計画が目指すものです」と徐子桓は言う。

病室にあるのは悲しみだけではない。昨年10月、赤い鼻のお医者さんが台湾大学小児病棟に受け入れられた後、謝卉君とパートナーは新生児の病室を訪れ、生後23カ月の赤ちゃんのために音楽を奏でた。見守る家族はじっと子供を見つめており、その暖かいまなざしが忘れられない。

謝卉君は高校時代に演劇に夢中になり、台湾芸術大学演劇学大学院まで進んだ。十数年にわたって舞台に立ってきた彼女は、舞台では、役者は自分の演技の突破と成長だけを目指すが、ホスピタル・クラウンの場合は、演技はすべて他者のためにあると言う。

昨年から始まったホスピタル・クラウンは高く評価されているが、最も多くのものを得ているのはクラウンを演じる自分たちだと謝卉君は言う。病室では幼い子供たちが辛い思いをしながらも、懸命に生きようとしている。その強さを目の当たりにし、自分の小さな挫折や不満などは取るに足りないものだと気付かされる。

新しい年を迎えた今、この先に何が待っていようと、ホスピタル・クラウンが暖かい力をもたらすように、私たちもエネルギーに満ちた種をまき、前を向いて歩んでいきたいものだ。

紅鼻子醫生 微笑的歡樂療傷時刻

文‧劉嫈楓 圖‧沙丁龐客劇團

送走燦爛的2015,迎接亮麗的2016。盤點過去一年,哪些快樂留存在你的腦海?哪些遺憾還徒留在你的心中?哪些感動至今仍讓你久久難忘?

由本土新世代劇團沙丁龐客劇團發起的「紅鼻子醫生計畫」,五、六位小丑演員,戴起紅鼻子化身為微笑醫師來到冰冷的病房,時而嬉笑、時而輕唱、時而滑稽地為病童家屬帶來歡笑的時刻,絕對是過去一年中,讓人看了心頭一暖的一幕。

縱使日子難過有時、辛苦有時,他們寫下的感動故事時時提醒著,面對生命的轉折崎嶇,我們依然可以溫暖以對。


平日只有病患、家屬行色匆匆穿梭在診間的台大兒童醫院,突然出現幾張特別的臉孔。幾位戴著紅鼻子的小丑來到病房探頭探腦,一會擠眉弄眼誇張作出鬼臉,一下拿著烏克麗麗彈著滑稽變奏的曲調。咯咯的笑聲難得地從病房傳來,醫院裡的病童、家屬暫時忘卻病魔的陰影,臉上露出笑容。

去(2015)年,由沙丁龐客劇團所推動的「紅鼻子醫生計畫」,將歐美地區推行已久的「小丑醫生」介紹到了台灣。以往街頭、劇場才見得到的小丑,這下不但出現在醫院,還多出了「醫生」的頭銜。只是,一身奇裝異服的小丑醫生不負責診斷病情,而要以引人發噱的誇張表演,逗得病人開懷大笑。

由劇場走向醫院

一手推動「紅鼻子醫生計畫」的沙丁龐客劇團團長馬照琪是在十多年前,第一次聽說了「小丑醫生」。學生時代就愛上戲劇表演的馬照琪,台大經濟系後遠赴法國,就讀賈克勒寇國際戲劇學校。一次分享會上,馬照琪從畢業學長姐口裡,得知法國致力於協助兒童醫療的「微笑醫生協會」,便暗暗動念,回到台灣也要推動小丑醫生,讓藝術走入生活。

1999年馬照琪學成歸國,卻發現沒有單位、劇團投入相關培訓。計畫成為小丑醫生的盼望沒能實現,一齣齣舞台表演、創作計畫反倒快速填滿了她的生活。「莎士比亞的姊妹們的劇團」、「1/2Q」都有馬照琪的加入。

計畫暫且無法如願,2005年,馬照琪成立的沙丁龐客劇團推出的第一號創團劇作《在世界的房間》,卻比小丑醫生早了一步,直視生死。故事說的是一位將死的女孩,在所剩無多的日子裡,用錄音機錄下每日心情。舞台上,身兼編、導、演的馬照琪畫上誇張的妝容、鼻頭戴上紅色大鼻子,一幕幕演出女孩的故事。在劇團融合小丑、默劇表演的誇張演繹下,依然難掩主人翁步向死亡的悲傷終局。

演出後,《在世界的房間》廣受好評,這齣創團作品成了馬照琪以創作叩問生死的初體驗,也悄悄留下小丑醫生的影子。而期待將小丑表演由劇場帶往醫院、撫慰病童的願望則直到10年後,才一償宿願。

在法國成立25年,致力推動兒童陪伴醫療的微笑醫生協會四、五年前集結資深小丑醫生經驗推出工作坊,馬照琪一得知,隨即放下劇團工作,隻身遠赴法國參與培訓,劇團另一名演員謝卉君也在去年4月,飛往法國受訓。

為期4個月、每天從九點至下午五點半的培訓課程絲毫不馬虎。理論、實務、醫療、心理課程缺一不可,一整天下來,謝卉君雖然常常累垮了,心裡卻覺得富足精實,「最難得的是,資深小丑醫生分享的寶貴經驗。」她說。

感受溫度的即興演出

同樣都是戴上紅鼻子、兩頰塗上誇張的腮紅,逗得觀眾捧腹大笑,成為一名小丑醫生,卻比小丑演員難的太多。

一般劇場表演,演員上場前都經過無數次的排演,觀眾也是熟悉了劇碼才進場觀賞。然而小丑醫生面對的觀眾,是病童、家屬與醫護人員。誰是下位觀眾沒人知道,布幕尚未拉起,表演就已開始。對於小丑醫生而言,每回表演都是首幕、都是即興。沒有舞台區隔的觀眾,反應、表情全寫在臉上,回應來得即時,失敗也全看在演員眼裡。

細心感受病房的「溫度」、敏銳觀察環境,成了小丑醫生的必備功夫。

法國受訓期間,謝卉君隨著兩名資深前輩前往醫院見習。一位年輕的新手爸爸見到他們,便熱情招呼。小丑走到病床前,為二歲多的小男孩彈唱輕柔音樂。一首歌的時間裡,小朋友不斷乾嘔,一旁父親並未特別注意,資深小丑卻察覺不對勁,趕緊喚來醫護人員。經過簡單處置,原本眼神迷濛、無法投入的小朋友,開始有了回應,隨著樂聲搖擺。親臨那幕的謝卉君深深體會,小丑醫生再也不只是小丑。

然而,小丑醫生準備得再充分、觀察再敏銳,因為無從預期,表演派不上用場、觀眾呆若木雞的失敗演出,在病房時時上演。

有回謝卉君和夥伴來到醫院,正巧撞見醫生在為手臂受了傷的小男生診療病情。兩人還在病房門前張望,思忖要不要進門,裡頭陪伴男孩的七、八位親友眼睛已望向他們。後來在醫生招呼下,兩人來到男孩身邊,說學逗唱地嘗試緩解緊張。無奈在一群大人的包圍下,已經夠緊張的小男孩一會兒望向醫生、一下看著受傷的手,一下又瞄向小丑,表演最終以失敗告結,兩位小丑只好默默退出病房。

生死別離的眼淚

每回的失敗,小丑醫生並不以為意,最難的是每天在醫院見到生命的起起落落。微笑醫生培訓課程4月開始展開,課堂第一天,老師要同學寫下自己在醫院最害怕的事情。愛哭的謝卉君,一想到醫院的沉重,寫下的答案是「眼淚」與「悲傷」。

引人落淚的難過時刻,往往不起於病患,而是在旁陪伴的家屬身上。

某次一位孩子罹癌的父親不忍孩子抽骨髓治療的痛苦,每每療程開始,他都不發一語地走向門外。兩位小丑醫生幾回撞見後,在一次治療展開前,一人走向病床旁牽起孩子的手、一人握住門外父親的手。四個人大手牽小手,透過彼此握住的雙手,緊緊相繫。一直以來,見到孩子生病感到愧疚不已的父親,再也強忍不住堅強,眼淚撲簌簌地落下。

而馬照琪與搭檔遇上的則是一個因飛機失事、孩子陷入昏迷的父親。見到孩子的父親時,病榻旁的他不知已落淚多久。馬照琪與夥伴輕步來到病床前,表示想為孩子唱首歌,無心理會的父親,揮揮手便把他們打發走,正當馬照琪準備走出門外,他又改變念頭把她喚了回來。馬照琪和同伴輕輕奏起音樂,這位父親由一開始的安靜,轉而低聲啜泣、放聲大哭,再慢慢平復下來。與她搭檔的資深小丑,話沒多說,拍了拍他的肩膀,抽了張面紙給他。

那時馬照琪才知道,小丑醫生撫慰的不光是與病魔拉鋸的病童,更多時候是為煎熬的家屬帶來些許撫慰的療癒。

類似的場景、心情,在醫院一再出現。幾次見到,謝卉君和馬照琪的情緒跟著翻騰,淚水在眼眶打轉,幾乎就要掉下。所幸,總是兩人一組出動的小丑醫生不光是為了一搭一唱、炒熱氣氛,也是因為這種時刻存在。只是,當時他們還能躲在夥伴身後,一走出病房,再也忍不住,馬上找個角落嚎啕大哭。

溫暖的微笑力量

正如看盡了病痛磨難、生離死別的醫護人員,關於生老病死、悲歡離合的艱難課題,小丑醫生也逃躲不了。因此,徵選小丑醫生不比一般演員,比技巧、看資歷外,評選資格還多列入了心理素質的考量,樂觀、正向都是必要的特質。

2015年年初,沙丁龐客劇團「紅鼻子醫生計畫」展開徵選時,一位應試者的答案,就讓沙丁龐客劇團行銷企劃徐子桓留下深刻印象:有天人在外頭的他,突然接到媽媽的電話,通知祖母病危,要他火速趕赴醫院。他又慌又急地奔向醫院,本以為哀戚的畫面,到了病房卻發現親友全面帶笑容,陪伴在祖母身側,走向人生最後一刻。即使哀傷,親友們依然微笑以對的樣子,直到今天,都仍留在他的心裡。「溫暖的微笑力量,也是小丑醫生計畫期待辦到的事。」徐子桓說。

病房裡不全然是悲傷。去年10月劇團的紅鼻子醫生正式進駐台大兒童醫院後,謝卉君和夥伴有次來到新生兒病房,為出生不過二、三個月的寶寶彈奏音樂。樂聲響起,圍繞在一旁的親人,頭抬也沒抬,眼神定定地放在保溫箱的寶寶身上,那幅關愛的溫暖神情令她感動不已。

謝卉君高中愛上話劇表演,而後就讀台藝大戲劇所。累積了十多年舞台經驗的她說,在劇場表演,演員的成就全來自自己,挑戰的是技巧的突破、自我的成長,扮演小丑醫生,成就卻是服務他人。

去年,劇團走入醫院為病童帶來歡笑,贏得外界不少肯定。但謝卉君說,收穫最多的卻是小丑醫生。眼前的每位年紀小小的病患,正歷經外人難以體會的艱困考驗,然而過程再辛苦,他們卻依然熱愛生命。那份不放棄的堅強韌性,彷彿時時提醒自己,眼下的挫折、生活的抱怨,再也不足為道。

揮別羊年,在一片喜氣洋洋的年節氣氛中,熱鬧歡喜的猴年即將到來,不論前方等待的是歡笑痛苦,亦或徬徨未知,正如小丑醫生散發的溫暖力量,我們也可以為自己種下一顆能量滿滿的微笑種子,勇敢迎向每一刻。