A Welcoming Land for Muslim Tourists

Building a Muslim-Friendly Environment
:::

2020 / June

Chen Chun-fang /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Phil Newell


Thanks to cooperation between the government and private sector, increasing numbers of people are joining the effort to create a Muslim-friendly environ­ment in Taiwan, opening their arms to welcome Muslim visitors for tourism and leisure.


 

In 2015, for the first time, Taiwan cracked the top ten among non-Muslim countries in the Global Muslim Travel Index (GMTI), coming in at number ten. In 2016 Taiwan jumped to number seven, and in 2019 was ranked third, tied with Japan and the UK. Clearly Taiwan has been making progress in creating a Muslim-­friendly environ­ment.

Private-public partnership

The Qur’an (Koran) sets the rules of daily life for Muslims: Five times each day one must face Mecca and pray; eating pork or animal blood is forbidden; and for other kinds of meat the animal must be alive and healthy before slaughter and the name of Allah must be invoked at the time of slaughter in order for the meat to be acceptable for consumption. Ismail Wang, executive secretary of the Taipei Grand Mosque Foundation, says that Muslims must purify themselves with ablutions before worship, and must wash themselves with water after going to the bathroom. Therefore, if you want to get a share of the Muslim travel market, there is no choice but to provide prayer rooms, install appropriate sanitary equipment, and offer food and beverages that conform to halal norms.

Although Taiwan is not an Islamic country, the island has ten mosques, and Taiwan’s Tourism Bureau has been continually promoting the creation of a Muslim-friendly travel environment. Already a total of 72 venues—­including 13 national scenic areas, international airports, the National Palace Museum, Chiang Kai-shek Memorial Hall, and the Taipei Children’s Amusement Park—have installed Muslim-friendly facilities.

To encourage more private-sector businesses to join in, in 2012 the Tourism Bureau began working with the Chinese Muslim Association to hold seminars on Muslim Friendly Tourism certification, giving those in the food and beverage sector a better understanding of Muslim precepts and explaining the requirements for certification. For example, food ingredients must conform to Islamic religious teachings and exclusive cooking utensils and containers must be used. Although the requirements for halal certification are strict, they are not as complicated as one might imagine. So long as you understand basic Islamic doctrine, with empathy you can prepare dishes that meet the needs of Muslims.

According to Tourism Bureau statistics, as of the end of March 2020 there were 285 halal-certified restaurants and Muslim-friendly restaurants and hotels across Taiwan, spanning the range from five-star hotels to recreational farms and small eateries. When the small restaurants opened by Indonesian immigrants to Taiwan are counted in, there has been a great increase in hospitality industry options for Muslims.

Delicious, appealing, and fun

Muslims consider family life to be very important, and mostly travel in family groups. Aside from having special dietary and prayer requirements, Muslims in fact hope for the same things as everybody else from travel, including opportunities to appreciate the nat­ural scenery and experience local culture.

Shangrila Leisure Farm, located in Yilan County, was part of the first group of tourism businesses to receive halal certification. Some of its buildings are in the Southern Fujianese style, and each room is fitted out in fragrant Taiwan cypress wood. You can pick fruit and vegetables or admire the scenery on the 18-hectare farm. The delicious halal meals served there are all creative Taiwanese dishes made with fresh local ingredients, earning great word of mouth among travel agencies and enabling the farm to attract 200‡300 Muslim visitors a year.

At an elevation of 250 meters above sea level, Shangrila Leisure Farm offers scenery that varies with the seasons but also from hour to hour on any given day. Sometimes it is clear in the morning followed by showers in the after­noon, and the mists that envelop the farm after rain lend their own kind of romance. By day, Muslim travelers who come to Shangrila can explore the nearby Wuxinshi Trail, while at night the farm stages a variety of activities for visitors, including watching puppet theater performances, spinning Chinese tops, making tangyuan (glutinous rice balls), and releasing sky lanterns. Staff explain to overseas guests that in Taiwan tangyuan symbolize “completeness” or “family unity,” and are considered essential for Lunar New Year celebrations and other joyous occasions. The staff provide individual cooking pots to allow guests to experience the fun of preparing tangyuan. Releasing sky lanterns represents wishes for good fortune; this activity has no religious significance and is popular with Muslim visitors. The farm has continually worked to give Muslim guests first-hand experi­ences of Taiwanese culture.

Authentic Taiwanese flavors

When the subject of halal-certified or Muslim-friendly restaurants in Taiwan comes up, we tend to think of places specializing in foreign cuisine, such as Turkish or Indonesian restaurants. “It was as if Muslims coming to Taiwan could only eat the food of other countries,” says Louis Tsai, project manager at the Super Qin Group. “We wanted to get halal certification so that Muslims can eat food with an authentically Taiwanese flavor.”

The core business at Super Qin is chicken slaughterhouses, and chairman Cho Yun Yu, who has been in the poultry industry for 40 years, takes great pride in the quality of chicken meat from Taiwan. Super Qin turned part of their slaughterhouse operations over to Muslim staff to slaughter the birds in the prescribed Islamic manner, and in 2015 received halal certification, enabling them to supply fresh chicken meat to Muslim consumers.

Taking advantage of this opportunity, the restaurant chain “Fried Chicken Master,” a subsidiary of Super Qin, began working to become Muslim-friendly. This was not simply a matter of switching over to halal-certified ingredi­ents. To ensure that their products retained their original flavor, researchers at the company had to adjust the flour mix, marinade, and spices, and only arrived at a satisfactory taste after continual trial and error. Take for example Fried Chicken Master’s classic “Taiwanese-style salt and pepper” flavor. Freshly deep-fried yansuji (Taiwanese popcorn chicken) is put into a container, then salt, pepper, garlic, and hot peppers are added, and finally the mixture is shaken (in imitation of Taiwanese-style stir fry) to spread the ingredients evenly. They had to try many different ratios of pepper to salt, not to mention considering the saltiness and spiciness of the dish.

After a year, at the end of 2016 the Nangang branch of Fried Chicken Master led the way in getting halal certification. One Muslim family living on Yangmingshan, hearing that Taiwan finally had fried chicken that Muslims could eat, made a special trip by car to try it out. As other branches received certification one after another, Fried Chicken Master’s fame began to spread among Muslims. The Gongguan branch, for example, draws Muslim students from nearby National Taiwan University and National Taiwan University of Science and Technology, as well as worshippers from the Taipei Grand Mosque, so it’s no wonder that 40% of sales revenue there is from Muslims, giving an indication of the restaurant’s popularity with the Muslim community.

Today Fried Chicken Master has branches in Malay­sia, Indonesia, and Cambodia. They have continued to adhere to the brand’s original goal of “giving everyone the opportunity to eat delicious Taiwanese fried chicken, regardless of race, gender or religion.”

A different kind of Taiwan journey

It is not only the hospitality industry that is reaching out to Muslims; Taiwan’s healthcare sector is also working to create a Muslim-friendly environment. Numerous hospitals, including Linkou Chang Gung Memorial Hospital, National Cheng Kung University Hospital, and Taiwan Adventist Hospital (TAH) have set up prayer rooms to offer Muslims a space for spiritual solace. TAH has even set up a special halal area in its restaurant, so that Muslims who visit the hospital can eat there with peace of mind. TAH was the first hospital in Taiwan to receive the Muslim Friendly Hospital Certificate.

Taipei Beitou Health Management Hospital (TBHMH) is the second hospital to receive this certification. To achieve this, TBHMH reorganized its layout, creating gender-separated waiting rooms and prayer rooms for Muslims and setting up a halal food preparation area in its kitchens, and adjusted its medical service provision to respect Islamic teachings about differentiation between men and women.

TBHMH specializes in health checks and cosmetic medicine. Consultations are by appointment only, and the hospital is able to effectively route Muslims through on their own track, arranging for specialized personnel to guide them through the check-up process. The hospital has works by Beitou artists on display so that visitors can appreciate the local scenery as they move from room to room and thereby ease the anxiety of the check-up. Vice-superintendent David J.W. Wei says that the hospital’s main aim is to provide precise and efficient health checks, for which they have brought in high-grade test equipment, such as ultra-slim high-resolution gastro­intestinal endoscopes made by Olympus of Japan, and the only magnetic resonance imaging (MRI) scanner in all Taiwan with an “anxiety-reducing ambient environment.” A full 90% of test results can be determined the same day. Moreover, hospital medical staff are fluent in foreign languages, enabling them to provide Muslim visitors with the highest quality health check services.

Going through the halal certification process provides an opportunity to increase mutual understanding, because only by understanding the needs of Muslims can one take care of every detail. For example, if Fried Chicken Master employees buy take-out meals containing pork for their own meal breaks, they do not eat them on the restaurant’s premises. Also, the dis­infect­ants they use during the coronavirus pandemic are not based on alcohol, but on chlorine dioxide instead. These are all ways of showing respect to Muslim customers. Let us hope that all kinds of businesses will adopt Muslim-­friendly practices, so that more Muslims can come to Taiwan to admire the scenery and enjoy the cuisine. Taiwanese love to show their hospitality by treating travelers as friends visiting their homes.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

友善清真全面啟動

歡迎穆斯林來台灣玩

文‧陳群芳 圖‧林格立

台灣宗教以佛、道、民間信仰居多,基督教、天主教的信眾也不少,相較之下國人對於伊斯蘭教的了解甚少。所幸在政府與民間的協力下,有越來越多人加入友善清真環境的行列,張開雙臂,歡迎穆斯林來台灣玩!


 

由萬事達卡與新月評比所共同發佈的全球穆斯林旅遊指數 (Global Muslim Travel Index, GMTI),是從全球130個旅遊目的地,針對各地的交通、通訊、環境與服務進行評比,並在伊斯蘭國家與非伊斯蘭國家分別選出十大適合穆斯林旅遊的國家。2015年,台灣首次被評比為非伊斯蘭國家的第十名;2016年躍升為第七名;2019年更晉升到第三名,與英國、日本並列,足見台灣在友善穆斯林環境上的進步。

政府民間齊力友善

穆斯林的生活與信仰密不可分,《古蘭經》的記載成了生活準則:每日朝麥加方向朝拜五次;不可食用豬肉、動物的血;其他肉類如牛肉、雞肉,在屠宰前必須是健康的活體,且需禱念安拉尊名而宰殺,才可食用。台北清真寺基金會總幹事王夢龍表示,穆斯林如廁後,一定要用水洗,禮拜前也必須淨身。因此,若想參與穆斯林的旅遊市場,建置祈禱室、淨下設備,提供符合清真規範的飲食等,提升旅遊環境的友善程度是不二法門。

台灣雖非伊斯蘭國家,但國內北中南東共有十間清真寺。交通部觀光局也持續推動友善穆斯林旅遊環境,包含13個國家風景區、國際機場、台鐵各大車站、故宮博物院、中正紀念堂、兒童新樂園、世貿、台北市立聯合醫院等,全台累計已有72個場所設有穆斯林友善設施。

為吸引民間產業共同投入,觀光局自2012年起便與中國回教協會合作,舉辦穆斯林餐旅認證說明會,讓餐飲業者對穆斯林有進一步的認識,並解說認證的內容。例如食材原料需符合教義、使用專屬的烹調器皿等,清真認證的內容雖然嚴謹,但沒有想像中複雜,只要理解穆斯林基本教義,就能以同理心製備符合穆斯林需求的餐點。

觀光局還制定《取得清真餐飲認證補助要點》,鼓勵業者改善接待環境,並製作《旅行社接待穆斯林旅遊手冊》,簡介穆斯林文化、接待穆斯林旅遊注意事項等,從各面向提升民眾建置穆斯林友善環境的意願。根據觀光局統計,截至今(2020)年3月為止,全台已有285家清真餐廳、穆斯林友善餐廳及旅館,從五星級飯店、休閒農場到街邊小吃都囊括其中,再加上來台印尼新住民開設的印尼小吃店,大大增加穆斯林餐旅的選擇。

好吃好看又好玩

穆斯林重視家庭生活,以家族旅遊的形態居多,除了飲食與朝拜需求比較特殊外,喜歡欣賞自然風景、體驗在地文化,穆斯林對旅遊的期待,其實與一般人相同。

位於宜蘭的香格里拉休閒農場,是台灣第一批取得清真認證的餐旅業者。閩式建築的外觀,每個房間皆以台灣檜木打造,一進門就是滿室的木頭香氣。還有占地18公頃的農場,可以採摘蔬果、欣賞大自然的風光,農場裡提供的穆斯林餐點都是大廚以在地食材做的創意台菜,新鮮又美味,獲得許多旅行社的好口碑,也使得農場每年吸引兩、三百位穆斯林到訪。

香格里拉休閒農場經理鄭碧華表示,早期台灣友善穆斯林環境沒那麼成熟,獲清真認證的餐廳少,旅行社規劃穆斯林旅遊時,為求方便,索性讓旅客吃素比較保險;有些對穆斯林不理解的導遊,甚至認為只要拿掉有豬肉的菜餚即可。這樣不僅缺乏對穆斯林的尊重,更會降低旅遊品質,所以若遇到穆斯林遊客,鄭碧華便會向旅行社堅持提供穆斯林餐。鄭碧華表示,穆斯林餐的全部食材、調味料、油品等,都不可含有豬肉和酒精,所以必須追溯源頭,向有清真認證的商家訂購合格的食材;而且鍋具、餐具、烹調區、用餐區、碗盤的清潔也都必須與一般餐點區隔,餐點成本自然比較高。於是,她會請旅行社在報價單上加註穆斯林餐點的酌收費用,寧可一開始就把規則講清楚,也不希望穆斯林旅客對台灣的印象打折扣。

香格里拉農場海拔250公尺,除了四季有不同風情,一天當中也是景色多變,有時早上還晴空萬里,午後便下起陣雨來,雨後的雲霧繚繞,為農場增添另一種浪漫。穆斯林旅客來到香格里拉農場,白天可以在鄰近的烏心石步道漫步,欣賞自然景觀;晚上香格里拉農場則為遊客準備了布袋戲偶表演、打陀螺、搓湯圓、放天燈等活動。工作人員向穆斯林解說湯圓在台灣象徵圓滿,是年節、喜事必備,並準備獨立的鍋子,讓他們體驗搓湯圓的樂趣;放天燈代表祈福,沒有宗教意味,也很受穆斯林歡迎。讓穆斯林感受台灣文化,是農場一直在做的事。

來吃道地台灣味

提到台灣的清真餐廳或穆斯林友善餐廳,腦中想到的都是土耳其餐廳、印尼料理等異國美食,「好像穆斯林來台灣卻只能吃其他國家的料理,所以我們希望透過清真認證,讓穆斯林可以吃到台灣道地的味道。」超秦集團專案經理蔡國憲表示。

超秦集團本業是雞肉屠宰場,董事長卓元裕從事養雞產業40年,台灣雞肉的好品質,是他的驕傲,「讓全世界都能吃到台灣的雞肉,是我們董事長一生懸命的信念。」蔡國憲說。為此超秦調整屠宰流程,將部分排程改由穆斯林員工誦唸古蘭經後宰殺雞隻,並於2015年取得清真認證,是目前國內唯一取得認證的白肉雞屠宰場,供給穆斯林可食用的生鮮雞肉。

以此為契機,超秦旗下的連鎖炸雞專賣店──炸鷄大獅也朝友善穆斯林餐廳而努力。不是改用清真認證食材即可,為讓產品維持原有的味道,研發人員從粉料、醃料、調味品等逐項調整,經過不斷嘗試才做出滿意的味道。例如炸鷄大獅經典口味「台式椒鹽」,是將現炸的鹹酥雞裝進罐子,加入椒鹽、蒜片、辣椒,搖拌均勻,仿造台式熱炒的感覺,裡頭光是椒鹽就有很多種比例,鹹度、辣度都要考量,「這些調整很花時間與人力成本,要牽動的供應商實在太多,也是很多非連鎖餐飲品牌很難跨足認證的原因。」蔡國憲表示。

歷時一年,2016年底炸鷄大獅南港店率先取得認證,聽聞台灣終於有了穆斯林可吃的炸雞,住在陽明山的穆斯林家庭,特地開車前往嚐鮮,他們感動的神情,令門市人員難忘。原來我們習以為常的平民小吃,對在台穆斯林而言,竟是如此難以企求。隨著其他分店陸續取得認證,炸鷄大獅的名氣也在穆斯林之間傳開。以公館店為例,就吸引附近台大、台科大的穆斯林學生,以及台北清真寺的教友,採訪當天還遇到從大安森林公園過來購買的印尼新住民,難怪公館店的四成營業額來自穆斯林,受歡迎程度可見一斑。

除了得到台灣穆斯林的好印象,炸鷄大獅在取得台灣清真認證後,也積極往東南亞國家拓展,並獲得當地的清真認證。如今馬來西亞、印尼、柬埔寨也都有「大獅」的蹤跡。持續秉持品牌的初衷「讓所有人都能吃到台灣的美味炸雞,不受種族、性別、宗教等因素而阻隔。」是他們一貫的信念。

不一樣的台灣之旅

不僅餐旅業積極向穆斯林招手,台灣的醫療產業也朝穆斯林友善環境而努力。許多醫院都設有祈禱室,例如,林口長庚、成大醫院、台安醫院、台北市立聯合醫院等,提供穆斯林朋友一個心靈慰藉的空間;其中,台安醫院還在餐廳特闢了清真專區,讓穆斯林到醫院也能安心用餐,成為全國第一間取得清真認證的醫院。

而位於台北市的北投健康管理醫院則是全國第二家取得穆斯林友善醫療院所認證(Muslim Friendly Hospital Certificate)的醫院。為取得認證,北投健康管理醫院整併軟硬體設施,將空間重新規劃,設置了穆斯林專用的休息室與備膳室,尊重伊斯蘭男女有別的教義,分別設置男女祈禱室,備有禮拜毯和古蘭經,並指出麥加的方向。

北投健康管理醫院採預約制,接待穆斯林時能有效分流,安排專屬人員引導檢查動線,不會有一般醫院到處都是人的情形。再加上院內擺放了北投當地藝術家的畫作,行進間還能欣賞北投的景色,舒緩了健檢時的緊張感。副院長魏聰文表示,醫院以提供精準有效的健檢為宗旨,引進了高階的檢查設備,例如日本 Olympus最小管徑、解析度最高的腸胃道內視鏡,還有全台唯一有環場聲光情境的核磁共振檢查;九成的健檢結果都能在檢查當天判讀,且院內的醫護人員外語能力流暢,以期提供穆斯林最有品質的健檢服務。

目前已接待過馬來西亞拿督、阿曼的親王,雖然穆斯林的接待經驗還不多,「台灣的醫療設備與技術皆屬頂尖,只要做好友善穆斯林的環境,絕對有條件吸引國際穆斯林前來。」魏聰文表示。

參與清真認證的過程正是了解彼此的機會,因為理解了穆斯林的需求,才能更細緻的關照到各個層面。就像炸鷄大獅的工作人員不會在門市裡吃排骨便當、滷肉飯等豬肉製品;就連防疫期間的消毒用品,也不使用酒精,而改用二氧化氯產品……,都是對穆斯林的尊重。期待更多餐飲、醫療、零售等各行業都加入友善穆斯林的行列,讓穆斯林到台灣欣賞美景、品嚐美食,秉持著接待朋友來家裡玩的心,就是台灣的人情味。

ようこそ!

ムスリムフレンドリーな台湾へ

文・陳群芳 写真・林格立 翻訳・山口 雪菜

台湾では仏教、道教、民間信仰の信者が多く、キリスト教徒も少なくないが、イスラム教への理解は十分とは言えない。そうした中、政府と民間の協力で、ムスリムフレンドリーな環境を整える業者が増えつつあり、ムスリムの旅行者を歓迎している。


マスターカードとクレセントトレーディングによるGlobal Muslim Travel Index(世界ムスリム旅行指数/GMTI)は、世界の130の国‧地域を対象に、イスラム国家と非イスラム国家に分けて、それぞれムスリムが旅行しやすい国トップ10を選出したものだ。2015年に台湾は初めて非イスラム国家の第10位に入り、2016年には第7位、2019年には第3位に躍進してイギリス、日本と肩を並べた。台湾においてムスリムフレンドリーな環境が整いつつあることが分かる。

政府と民間が力を合わせて

ムスリムの暮らしは信仰と密接に結びついており「コーラン」がその準則となる。毎日5回メッカに向って礼拝し、豚肉や動物の血は食さず、それ以外の食肉も健康な動物をアッラーの名を唱えて処理したものだけを食する。また台北清真寺(モスク)の王夢龍総幹事によると、ムスリムは用を足した後に必ず手を洗い、礼拝の前には身を浄める。したがって、ムスリムの観光客を誘致するには、礼拝室や洗浄施設を整備し、ハラールフードを用意する必要がある。

台湾はイスラム国家ではないが、国内各地に10のモスクがある。交通部観光局もムスリムフレンドリーな旅行環境の整備に取り組んでおり、13の国家風景区や国際空港、故宮博物院、中正記念堂、世界貿易センター、児童新楽園など72ヶ所にムスリムフレンドリーな施設を設けている。

民間の参入を促すため、観光局は2012年から中国回教協会と協力してハラールフードの説明会を開催し、飲食業者にムスリムに関する理解を深めてもらい、認証の内容を説明してきた。例えばハラールの食材は教義にかなっていなければならず、専用の調理器具や器を用いる。ハラール認証の内容は厳格だが、それほど複雑なものではない。イスラムの基本教義を理解し、その立場で考えればいいのである。

観光局は「ハラール認証取得補助要点」を定めて飲食業者の環境整備を奨励し、また「旅行会社のためのムスリム旅行手帳」を制作してムスリムの文化や旅行上の注意事項を紹介し、ムスリムフレンドリーな環境の促進に力を注いでいる。観光局の統計によると、2020年3月現在、台湾には285軒のハラールレストランやホテルがある。五つ星ホテルからレジャー農場や町の食堂まで網羅し、インドネシアから嫁いできた人が開く食堂もあり、ムスリムの選択肢は増えている。

おいしくて楽しい

家庭を重視するムスリムは家族で旅行することが多いが、飲食や礼拝に特別なニーズがあるのを除けば、自然景観や文化を楽しみたいという旅行への期待は同じである。

宜蘭県にある香格里拉レジャー農場は台湾で初めてハラール認証を取得した飲食旅館業者だ。福建南部式の建物の部屋にはタイワンヒノキが使われており、部屋に入ると木の香りがする。敷地面積18ヘクタールの農場では野菜や果物を収穫でき、大自然の景色を楽しむことができる。ここで供されるハラールフードはシェフが地元の食材を使った創作台湾料理で、新鮮でおいしく、旅行会社の口コミで評判になり、毎年200~300人のムスリムが訪れるようになった。

香格里拉致レジャー農場マネージャーの鄭碧華によると、かつて台湾でムスリムフレンドリーな環境がまだ整っていなかった頃は、ハラール認証を取得した飲食店も少なかったため、旅行社は、安全のためにベジタリアン料理の店を手配することが多く、また、豚肉さえ入っていなければいいと誤解しているガイドも多かったという。だが、これではムスリムを尊重しているとは言えず、旅行の質も下がってしまう。そこで鄭碧華はムスリムの観光客を受け入れる時は、必ず旅行会社にハラールフードを提供するよう説得する。鄭碧華によると、ハラールフードは食材だけでなく、調味料や油もすべて豚肉やアルコールの成分を含まないものでなければならないため、ハラール認証を取得した業者から仕入れる必要がある。しかも、調理器具や食器、調理や食事のエリア、食器洗いまで、他のエリアとは分けなければならず、コストは自ずと高いものとなる。そこで彼女は旅行会社に対し、見積書にハラールフードであることを明記して少し高めに費用を設定するよう求める。最初からルールを明確にしておけば、イメージを損なうこともないからだ。

香格里拉農場は標高250メートルにあって、四季折々の景色が楽しめる他、時間帯によっても風景が異なる。朝は晴れ渡っていても午後にはにわか雨が降ることもあり、霧に包まれればロマンチックな雰囲気が味わえる。旅行者は、昼は近くの烏心石歩道を歩いて大自然を楽しみ、夜は農場で布袋戯(伝統人形劇)やコマ回し、湯圓(団子)作り、天灯上げなどに参加できる。湯圓作りなら、これが円満の象徴でおめでたい行事に作るものであることを説明し、ムスリムのために独立した鍋を用意する。天灯上げは、祈りを象徴するが宗教的な意味はないため、ムスリムに人気がある。こうして台湾文化に触れることができる。

本格的な台湾の味を

台湾のハラールレストランやムスリムフレンドリーレストランと言うと、トルコ料理やインドネシア料理を思い浮かべる人が多いだろう。しかし、「せっかく台湾に来たのに外国の料理しか食べられないというのは残念なので、私たちはハラール認証を取り、ムスリム旅行者にも本格的な台湾の味を楽しんでもらいたいと考えました」と話すのは超秦グループのプロジェクト‧マネージャー蔡国憲だ。

同グループの本業は鶏の食肉処理で、董事長の卓元裕は40年にわたってこの事業を続けてきた。質の良い台湾の鶏肉を世界中の人に食べてもらいたいと考え、食肉処理工程の一部でムスリムの従業員にコーランを読んでもらうようにし、2015年にハラール認証を取得した。

これをきっかけに超秦グループは傘下のフライドチキン専門店‧炸鶏大獅をムスリム‧フレンドリーへと転換する努力を続けてきた。ハラール認証を取得した食材を使えばよいというだけではない。本来の味を維持するために下味や調味料などを一つひとつ調整し、満足できる味を追求してきた。例えば同店お勧めの「台式椒塩」は、サクサクに揚げたチキンを容器に入れて塩コショウやニンニク、トウガラシなどを加えてまんべんなく味をまぶしたもので、台湾らしい味が楽しめるが、塩加減や辛さにはさまざまな比率があり、どれも考慮しなければならない。

こうして一年の試行錯誤を経て、2016年、炸鶏大獅南港店が最初にハラール認証を取得した。台湾でもハラールのフライドチキンが食べられるようになったと知り、陽明山に暮らすムスリムの家族がわざわざ車でやってきた。その時の感動の表情を、店員たちは今も忘れられないという。私たちにとってごく日常的な軽食が、台湾に暮らすムスリムにとってはこれほど得難いものなのである。こうして他の支店も次々とハラール認証を取得し、炸鶏大獅の知名度はムスリムの間で広まっていった。公館店には付近の台湾大学や台湾科技大学のムスリムの学生や、台北清真寺の信者がやってくる。取材当日も大安森林公園から買いに来たという新住民に出会った。公館店の売上の4割はムスリムが占めているという。

炸鶏大獅はハラール認証取得後、東南アジア諸国へも積極的に展開し、現地でも同認証を取得している。今ではマレーシア、インドネシア、カンボジアにも「大獅」の店舗があり、「人種や性別、宗教などの分け隔てなく、すべての人に台湾のおいしいフライドチキンを食べてもらいたい」という初心を貫いている。

一味違う台湾の旅

ムスリム‧フレンドリーを目指すのは飲食や旅行業界だけではない。台湾の医療産業もこの方向へ向けて努力している。林口長庚病院、成功大学病院、台安病院、台北市立聯合病院など、多くの病院がムスリムのための祈祷室を設け、心の拠り所となる空間を用意している。中でも台安病院は病院として初めてハラール認証を取得し、ムスリムが安心して食事ができるよう、病院内のレストランにハラールエリアを設けた。

台北市の北投健康管理病院は全国で二番目にムスリムフレンドリー病院(Muslim Friendly Hospital Certificate)の認証を取得した。この認証を取得するために、北投健康管理病院は内部のレイアウトを一新し、ムスリム専用の休憩室や調理室を設け、また男女を別とするイスラムの教えを尊重して男女別々の祈祷室を設けた。

北投健康管理病院では予約制を採っており、ムスリムの患者を診るときは専門スタッフが検査の動線を案内する。院内には地元北投のアーティストの手になる絵画が飾ってあり、移動時に北投の景観を楽しめ、健康診断の緊張を和らげてくれる。副院長の儀聡文によると、同病院では精確で有効な健康診断を行なうことを旨としており、そのためにハイレベルの検査設備を揃えている。例えば世界最小径で解像度が最も高いオリンパスの内視鏡や、台湾で唯一の、広視野バーチャル映像表示ができるMRI装置も導入している。さらに、診断結果の9割は当日中に出すことができ、医療スタッフも外国語が堪能で、質の高い健康診断が提供できる。

「台湾の医療設備と技術は世界トップクラスなのですから、フレンドリーな環境さえ整えれば、多くのムスリムが台湾で健康診断を受けるようになるでしょう」と魏聡文は言う。

ハラール認証の取得やムスリムフレンドリーな環境の整備は、相手を理解する機会でもある。ムスリムのニーズを理解できてこそ、きめ細かなサービスが提供できるのである。ハラール認証を取得した炸鶏大獅では、スタッフも店内で豚肉入りの弁当を食べることはなく、新型コロナウイルスの対策でも、消毒にアルコールは使わず、二酸化塩素を使用するなど、ムスリムに配慮し尊重している。より多くの業種がムスリムフレンドリーな環境を整備し、友人をもてなす心で対応することこそ、台湾の人情と言えるだろう。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!