Island Sisters, Sister Islands: A Taiwanese Jewelry Firm Helps in Pacific Island Diplomacy

:::

2017 / March

Liu Yingfeng /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Max Barker


The Solomon Islands, located far away in the South Pacific, have emerald seas, blue skies, intense sun, and buffeting salt-laden winds. They remind the Lu sisters—Victoria, CEO of Taiwan’s Lu­perla Jewelry Company, and Flora, curator of the Lu­coral Museum in Hawaii—of their own home, the ­Penghu Islands in Taiwan.

The use of marine resources to create unique artisanal works has not only made ­Luperla internationally famous, it also laid the groundwork for the Lu sisters to travel to the Republic of the Solomon Islands to offer a workshop in marine handicrafts, entitled “Ocean Creation,” that constituted a voyage into trans-Pacific diplomacy.

 


The seeds of the journey by Victoria Lu, CEO of the Taiwan-based Lu­perla Jewelry Company, and her sister Flora, curator of the Lu­coral Museum in Hawaii, to the distant Solomon Islands—a journey of more than ten hours—were planted during an official diplomatic visit in July of 2016.

Maritime diplomacy like a pearl necklace

At that time, the Solomon Islands prime minister, the Honorable Manasseh Sogavare, had accepted an invitation to come to Taiwan, and during his excursion made a special visit to Lu­perla. Likewise born in an island nation, he was deeply impressed by the exquisite craftsmanship of the internationally renowned pieces of jewelry that he saw. His thoughts turned to them often even after going back home, and through the ROC Ministry of Foreign Affairs he extended an invitation to Lu­perla to hold a workshop in the Solomon Islands, in order to share the company’s decades of experiences with local residents.

Victoria Lu, generous and enthusiastic by nature, immediately accepted without a second thought, and together she and her sister, who lives in the US, headed off to the Solomons. Victoria, a confident speaker, handled the classroom lectures, while Flora, the dexterous and creative one, personally demonstrated shellcraft techniques to students at the workshop.

Because there is little in the way of processing equipment in the Solomons, despite the country’s abundance of marine resources it produces few manufactured jewelry items or accessories. The 40-plus students at the workshop, selected from across the country, included many local artists, with tremendous talent and aesthetic sensibility. All they really needed was the right equipment to produce high-quality creations of their own on a commercial scale.

Therefore, on this trip the Lu sisters not only offered instruction, they also brought four processing machines. Shells that once required endless hours of hand polishing can now be polished on a machine and immediately made glossy and beautiful. And with power drills, the simple act of driving a hole into a shell, which previously required a great deal of working and chipping, is now much simpler.

On this visit, besides sharing their knowhow, the two sisters also encouraged the students to give free play to their own creativity. Over the three-day course, the students and instructors bonded, and the former were always quick to drop the phrase: “I’m a friend of Taiwan.”

Interestingly, this was by no means the first case of “handcrafted” transoceanic diplomacy by the Lu sisters.

After three days in the Solomons, Flora headed off to the nearby Republic of the Marshall Islands to take part in a conference on weaving at the Marshall Islands ­campus of the University of the South Pacific, where she shared her experience in the culture of handicrafts. This was her seventh trip to the Marshalls. She first went there more than a decade ago at the invitation of the USP and the ROC Embassy to the Marshall Islands.

Each time she goes to the Marshalls, Lu cannot help but sigh when she sees that the local people don’t understand how to utilize their abundant marine resources. She selflessly shares her artisanal skills, and has even come up with clever ideas to convert discarded glass cola bottles—which are an environmental eyesore all over the islands—into beautiful jewelry and accessories.

Children of the sea, sharing their art

Journeys to the Marshalls and the Solomons naturally led to thoughts of Lu’s own island childhood, in Taiwan’s ­Penghu County.

The Lu­­perla Jewelry Company was founded on ­Penghu. Long before the 1963 opening of its well-known Tai­pei base, the “Wish Paradise Corporation” on Nan­jing East Road, the Lu clan had already been through amazing highs and lows. Lu Qing­shui, the primogenitor, was one of ­Penghu’s most successful fishing-industry entrepreneurs, and at his peak owned tens of fishing boats.

However, the entire family fortune was destroyed in 1961 due to a typhoon. Lu Qing­shui, always ready to lend a hand to others, had stood surety for loans to other fisher­men, and after the typhoon he ended up responsible for a mountain of debt. The whole family, left with no alternative, moved to the tiny town of ­Shili (also on ­Penghu) where they started a small-scale fish trading business, and turned their sights to the future and a revival of their fortunes.

Seeing the family’s pathetic state, a neighbor who had learned shellcraft techniques in Japan selflessly taught these skills to them. Flora, the seventh child, recalls the many hours she spent at home with her brothers and sisters polishing ­Penghu shells by hand and drilling holes in them to make brooches, which they then sent to their elder sister, who was studying in Tai­pei. She in turn sold them to a jewelry wholesaler on Zhong­hua Road in Xi­men­ding.

“Coming to the Marshalls or the Solomons and teaching everything to local people starting from zero, transforming disregarded shells into jewelry, is not only about sharing skills, it’s also about sharing an idea, a vision,” says Flora.

In turn, as she herself understands, the giver can also get unexpected returns by selfless sharing. Take for example the story of the founding of the Lu­coral Museum.

In 1986 Lu­perla decided to expand overseas, and after opening one branch in New York, established another in Hawaii. In order to secure a firm footing in the Aloha State, the company purchased land and constructed a head­quarters building. After it was completed there were a lot of materials left over, and a friend suggested to Flora that she donate the extra shells to local primary schools for use in nature classes.

One grateful teacher responded to Lu’s overture by suggesting that she open the company venue to the public for educational purposes. And thus in 1992 the space that had originally been destined as a showroom for customers was transformed into a museum, providing a valued resource for visitors to learn about minerals like crystal and coral.

In the two decades and more since its opening, the small Lu­coral Museum, with only a few hundred square meters of floor space, has welcomed over 10,000 students per year. Each month more than 1000 students get a hands-on taste of jewelry making and get to know all sorts of precious stones and minerals.

Cultivating human resources

Bringing the story back to Taiwan and looking retrospectively at the development of our jewelry industry, Lu­perla has not only successfully branched out into the world market, it has had an important seat at the ­table in the development of marine handicrafts in Taiwan.

Today’s Lu­perla headquarters is located just one street away from Nan­jing East Road’s Lane 86, once known as “Coral Lane.” Besides a first-floor salesroom, the eight-story HQ also hosts a coral museum and an activity hall.

The basement, rarely opened to the public, houses a collection of coral art works accumulated over more than five decades, dating back to the Lu sisters’ father’s generation. Coral of various shades and hues, which came to life in the ocean, has been transformed by the skillful hands of artists into vivid statues of the Buddhist deity Guan­yin, dragons and phoenixes, and much more. On the fifth and sixth floors, meanwhile, not only will you encounter invited artists and scholars delivering seminars, you will find a working space in which consumers can experience first-hand how to make jewelry. It was Victoria Lu who came up with the idea of combining shopping with a DIY experience.

Victoria also was a founding member of the Taiwan Good Design Association, of which she is now honorary chairman, and in 2016 she received an achievement award at the Taiwan Cultural and Creative Awards. She has made tireless efforts to promote the training and advancement of a new generation of designers. In 2015 Lu­perla went a step further, opening its doors for the first time to student interns. Through an introduction from ­Huang Shih-yen, a professor in the Department of Industrial Design at Hua­fan University, a dozen or so industrial design undergrads from Hua­fan and ­Chung Hua University used what they learned in school to transform materials provided by Lu­perla into beautiful works of art.

Like the ocean’s tides, the fortunes of the Lu family have risen and fallen and risen again. Today, Lu­perla is a world-renowned jewelry brand, and, just as the ocean burnishes shells on a beach into things of lustrous beauty, the siblings of the Lu clan have, through ceaseless refinement, added great luster to the marine arts industry in Taiwan.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

大東山璀璨閃耀,牽起海洋外交

文‧劉嫈楓 圖‧林旻萱 翻譯‧Max Barker

遠在南太平洋的索羅門群島,是擁有近六十萬人、面積二萬八千多平方公里的國家。同樣的碧海藍天、熾熱艷陽、混著鹹味的陣陣海風,讓大東山珠寶集團董事長呂華苑、夏威夷大東山博物館館長呂華蕙,想起了她們的故鄉──澎湖。

以海洋資產打造的獨特工藝,不但將大東山推上國際,成為前美國第一夫人蜜雪兒‧歐巴馬、已故前英國首相柴契爾夫人等人愛用飾品,更促使呂華苑、呂華蕙姊妹兩人,遠赴索羅門群島,舉辦「海洋創作」手工藝品研討工作坊,再次完成一趟橫跨太平洋的海洋外交。

 


 

大東山珠寶集團董事長呂華苑、夏威夷大東山博物館館長呂華蕙,千里迢迢飛抵距離台灣十多個小時航程外的索羅門,是2016年7月一趟參訪行程所埋下的種子。

如珍珠串般的海洋外交

當時邦交國索羅門群島總理蘇嘉瓦瑞(Hon. Manasseh Sogavare)應邀來台,行程中特地來到大東山珠寶集團參訪。見到精湛的珊瑚工藝、享有國際盛譽的珍珠飾品,讓同樣來自島國的他留下深刻印象。返國後他念念不忘,透過外交部向呂華苑發出邀請函,希望舉辦工作坊,將大東山多年來的經驗,分享給當地居民。

為人海派的呂華苑聽聞消息,二話不說隨即答應,與旅美的姐姐呂華蕙前往索羅門。呂華苑帶著九大箱、一百多公斤的加工機具及珠寶串珠材料,從台灣出發;呂華蕙從夏威夷趕來會合。積極熱忱的呂華苑負責講解課程,而有一雙巧手、充滿創意的呂華蕙,則向工作坊學員親自示範貝殼加工技術。

索羅門受限於加工機具取得不易,儘管坐擁豐富的海洋資源、有傳統手工藝品,卻少有加工飾品。工作坊中四十多位從索羅門各省挑選出的藝術創作者,本身極具美感天分,若有了加工技術的輔助,就更能做出精緻的飾品。

因此這趟行程,呂華苑、呂華蕙不但親自前往授課,還帶來4台加工機具。以往耗費大半時間打磨的貝殼,只要放上機器,隨即變得光滑晶亮;而必須敲敲打打才鑽得出孔洞的貝殼,有了打洞機的輔助,也變得簡單許多。學員初次見到機具充滿好奇,頻頻詢問。即使島上供電不易,也競相爭取設置機具。

「南太平洋的各個島國都擁有獨特、擅長的在地工藝,本身也擁有美感,缺的就是加工技術。」呂華苑說。此趟前來,兩人除了分享工藝加工技術,也鼓勵學員盡情發想、展現自身創意。因此,工作坊的最後一天,特地將時間開放給學生自由發揮,利用兩人帶來的材料,做出精美的首飾、項鍊。3天下來,台上、台下師生打成一片,「我是台灣的朋友」這句話,更時時刻刻掛在他們嘴邊。

兩人是應索羅門群島總理蘇嘉瓦瑞之邀才首度踏上這裡,然而以一顆顆貝殼、珍珠串起的海洋外交,卻早已不是頭一回。

結束索羅門3天的行程,呂華蕙又轉往索羅門附近的馬紹爾群島共和國,參加由南太平洋大學舉辦的編織研討會,分享工藝文化。

這是呂華蕙第7次踏上馬紹爾,十多年前,旅居夏威夷的她,就曾應南太平洋大學與我駐馬紹爾大使館之邀,來到這座島嶼。

每每她來到馬紹爾,見到居民不懂得利用當地豐富的海洋資產,總是深深惋惜。島嶼擁有豐富的天然資源,散見海岸的貝殼只要略經加工,就能化為精美飾品,提升附加價值。幾次來到馬紹爾,呂華蕙都無私地分享手藝,並將無意間發現二戰時期美軍棄置在海灘的可口可樂廢棄玻璃瓶,打磨後編織為美麗的飾品。

澎湖海洋之女,工藝分享

赴抵馬紹爾、索羅門的交流分享,也勾起了呂華蕙的兒時回憶。

起家於澎湖的大東山珠寶集團,1963年落腳台北南京東路前,呂家大家長呂清水憑著靈活的生意策略,打下了生意版圖,成為澎湖成功企業家,極盛時期曾擁有數十艘漁船。然而,早在1961年來襲的強烈颱風,卻摧毀了呂家的一切。當時意氣風發的呂清水,因為替其他漁民作保,欠下大筆債務。一度走投無路的全家大小,只好搬至嵵裡海邊,努力做起漁貨加工,期待東山再起。

自日本習得貝殼打磨技藝的鄰居見他們生活困苦,無私地傳授加工技術。記憶裡,排行老七的呂華蕙時常在家中和幾位兄弟姐妹做起手工,將澎湖貝殼打磨、穿線作成別針飾品,寄給在台北求學的姊姊,再販至西門町中華路珠寶飾品批發商場,賺取學費。

「來到馬紹爾、索羅門,分享台灣加工技術,將不起眼的貝殼化為飾品,既是分享技藝,也是分享理念。」呂華蕙說。

一個簡單的開始,如同珍珠般串起了兩國的外交情誼。這趟停留馬紹爾的行程,呂華蕙除了分享大東山五十多年來累積下的海洋工藝,一向關心孩子教育問題的她,甚至注意到當地孩童的資源不足,主動邀集馬紹爾台商吳淑靜與同學黃鳳林共同響應,捐贈了一萬支的鉛筆與文具,留下善舉。為此,對台友善的馬紹爾群島共和國總統Hilda Cathay Heine還特別接見呂華蕙與我駐馬紹爾群島共和國大使唐殿文一行。

因無私分享而來的意外收穫,呂華蕙早有體會。1986年大東山事業朝向海外發展,繼美國康州後,夏威夷也設立分公司。1992年大東山還化身為博物館,成為夏威夷民眾認識水晶、珊瑚等礦石的最佳寶庫。因此,興建之初原本用來向客戶介紹產品的空間,轉化為博物館,讓大小朋友隨時隨地都能來到大東山認識珊瑚、貝殼等豐富的世界海洋物產。

開館二十多年來,面積僅有一百坪、當初為紀念母親而問世的夏威夷大東山博物館,每年迎來了一萬多名的學生入館參觀;每月一千多名學生,都能在此體驗製作寶石手環,認識各式各樣豐富的寶石、礦物。

分享經驗,孕育海洋人才

地點回到台灣,一路見證台灣珠寶產業史的大東山珠寶集團,成功走向國際後,在台灣發展海洋工藝的道路上,同樣沒有缺席。

如今大東山珠寶集團總部,距離當年事業再起、昔日有著「珊瑚巷」之稱的南京東路三段89巷,僅有一街之隔。除了一樓門市外,總樓層8層的集團總部,更藏身一座珊瑚博物館和文創基地。

地下一樓鮮少對外開放的空間,蒐集有大東山從父親一代、歷經五十多年累積下珊瑚藝術品。原本生長在海中、顏色深淺不一的珊瑚,都在工藝師傅的巧手下,化為栩栩如生的觀音佛祖、蟠龍雕鳳等作品;而總部五、六樓,不僅時常邀來藝術家、學者舉辦講座,也常是消費者體驗手作飾品的人文空間。將珠寶飾品的消費、手作體驗,串連整合的點子,全是出自大東山珠寶集團幾位兄弟姊妹與董事長呂華苑的發想。

呂華苑3年前離開澎湖水族館館長一職後,便返台全心投入公司對外發言的角色。來到台北南京東路集團總部,為大眾介紹大東山一路歷程的,都是排行老么的她。

擔任澎湖水族館館長期間,呂華苑早已亟力推廣海洋珠寶工藝文化;曾是「台灣優良設計協會」草創成員,現為協會榮譽理事長,並於2016年獲台灣文創協會頒發「台灣文創產業奉獻獎」的呂華苑,對推動台灣新一代設計人才,更是不遺餘力。早在2015年,大東山即已一改珠寶產業的業態,首度對青年學子開放實習機會。「由於材料珍貴,鮮有業者願意接受實習生。」呂華苑說。

透過華梵大學工業設計學系暨研究所教授黃士嚴的引薦,十多位華梵大學工業設計系、中華大學工業設計的學生,利用課堂所學將大東山的材料,化為美麗的工藝品。總部五樓工作坊入口處,各式風格不一的作品就是出自學生之手。2年前首度開放實習制度以來,迄今已培養了18位學生。

湛藍無際的大片海洋,伴隨大東山呂家二代度過家族、人生事業的跌宕起伏。如今,走過五十多年,已是國際知名珠寶品牌的大東山在呂華苑、呂華蕙兄弟姊妹的合力下,也將如同海洋般,為台灣海洋文創,打磨出晶亮光澤。

島と島を結ぶ美しい輝き—— 台湾のジュエリー産業が ソロモン諸島との外交に貢献

文・劉嫈楓 写真・林旻萱 翻訳・久保 恵子

南太平洋のソロモン諸島は、面積28000平方キロ、人口60万人の国である。そこにある青い海と青い空、灼熱の太陽に潮の香りがまじる海風は、Luperlaジュエリー(大東山珠宝)の呂華苑董事長と、ハワイLucoralミュージアムの呂華蕙館長にとって二人の故郷、台湾の澎湖を思い起こさせるものであった。

海洋資源による独自の工芸を確立したアクセサリーの国際的ブランドLuperlaの製品は、アメリカのオバマ前大統領夫人やイギリスの故サッチャー元首相も愛用していた。呂華苑、呂華蕙姉妹は、先ごろソロモン諸島で海の創作工芸品ワークショップを開催し、太平洋を跨ぐ民間外交の使命を果たしたのである。


Luperlaジュエリー(大東山珠宝)の呂華苑董事長とハワイLucoralミュージアムの呂華蕙館長は、台湾から飛行機で10数時間のソロモン諸島を訪問した。そのきっかけとなったのは、20167月のソロモン諸島首相の来訪だった。

真珠に連なる海洋外交

20167月、台湾と国交のあるソロモン群島のマナセ・ソガバレ首相が台湾を訪問した時、スケジュールにLuperlaジュエリー視察が含まれていた。精緻なサンゴの工芸品や、国際的に知られた真珠のアクセサリーを目にして、同じく島国の首相に深い印象を残した。感銘を受けた彼は、現地でワークショップを開き、Luperlaの経験を現地の職人に伝えてほしいと考え、帰国後に外交部を通して呂華苑董事長を招待した。

その話を聞いた呂董事長は即座に引き受け、アメリカ在住の姉の呂華蕙と共にソロモン群島に向かった。呂華苑は100キロ余りの加工用器具とネックレスなどの素材を9箱に詰めて、台湾を出発し、呂華蕙はハワイから直行した。外向的で積極的な呂華苑は講義を担当し、手先の技術に長け、アイディア豊富な呂華蕙がワークショップでシェル加工技術の実演を行った。

ソロモン諸島では加工器具が手に入りにくく、豊かな海洋資源と伝統的な手工芸はあるものの、アクセサリー加工は少なかった。ワークショップに参加したのは、ソロモン諸島各地から選ばれたクリエイターで、美に関して鋭い天分を具えているので、加工技術を身に着ければ、繊細なアクセサリーを作れる。

今回の訪問では、呂華苑、呂華蕙の講義に加えて、4台の加工機器を持ち込んだ。それまではシェルを磨くのに手間と時間がかかっていたが、機械を使えば貝殻はすぐに滑らかに光りを帯びる。また小さな穴をあける専用の機械があれば、何回も鑿を振るう必要はない。初めて見る機械に好奇心満々の参加者は、矢継ぎ早に質問を繰り返した。島では電力供給がままならないのだが、それでも何とか自分のところに機械を置きたいと希望していた。

「南太平洋の島々には独特な伝統工芸がありますが、機械による加工技術がありませんでした」と呂華苑は言う。今回、二人は工芸の加工技術を伝授すると共に、参加者の自由な発想により、その創造性を発揮してもらった。ワークショップの最終日には、特に時間を取って、二人が持ち込んだ材料を用いて、自由な発想でアクセサリーやネックレスを作ってもらった。この3日間のワークショップを経て、「自分は台湾から来た友人です」と何回も繰り返し語りながら、二人と参加者は次第に打ち解けていった。

二人はソロモン諸島のマナセ・ソガバレ首相の招きにより初めてこの地を訪れたが、シェルや真珠の加工を通して連ねてきた民間の海洋外交は初めてではなかった。ソロモン諸島での3日を終えると、呂華蕙は南太平洋大学の織物セミナーに参加するためマーシャル諸島に向かった。

呂華蕙は10数年前に友人に誘われて訪れたのをはじめとして、すでに7回もマーシャル諸島を訪ねている。

マーシャルの人々は豊富な海洋資源を持ちながら、利用方法を知らない。豊かな資源を擁する南太平洋の島々では、何の価値もないように見える貝殻でも、技術と発想次第で美しいアクセサリーに変身する。そこでマーシャル諸島で工芸技術の伝授を始めたのだが、環境を汚染する廃棄ガラス瓶まで、彼女の巧みな手にかかると、美しいアクセサリーに変身するのである。

澎湖の海の女から工芸家へ

マーシャルやソロモンで工芸職人と交流を深める中、呂華蕙は子供時代を思い出していた。

1967年に南京東路に移転するまで、呂家は家長呂清水の経営戦略が当を得て、澎湖で実業家として成功し、最盛期には数十艘の漁船を所有していた。それが1961年の台風で呂家は一切を失った。一家を支えていた呂清水だが、漁師の保証人となっていて巨額の債務を抱え、一家は路頭に迷いかねなかった。そこで海辺に転居し、海産物の小商いを始めて再起を図った。

その当時、日本でシェルの加工技術を学んで帰った隣人が、呂家の困窮を見かねて無償で加工技術を教えてくれた。兄弟姉妹7番目の呂華蕙は、家にいた兄弟姉妹と共に澎湖のシェルを磨き、ブローチなどに加工して、台北に進学した姉に送り、それを姉が台北市西門町のアクセサリー卸商店に売って現金を得ていた。

「マーシャルやソロモンでは、貝殻からアクセサリーに加工するまで、ゼロから住民に教えていました。技術の交流ですが、また理念の共有化でもありました」と呂華؟٧は言う。

ここから、真珠を連ねたような彼女の民間外交が始まった。マーシャル諸島での滞在中に、呂華蕙は、Luperla30年余りに渡り蓄積してきた珊瑚やシェルの工芸技術を伝えたのだが、また子供の教育問題に関心を寄せる彼女は、学校のリソース不足に目を向けていた。そこで、マーシャルの台湾企業と協力して、鉛筆1万本を学校に寄付したのである。

こういった無私の技術の伝授は、意外な成果をもたらすことがある。1986年にLuperlaは海外進出を始め、ハワイに支店を設立した。1992年にはミュージアムを設立し、ハワイにおいて水晶、珊瑚や各種鉱物を見られる場所となった。

ハワイでの事業の基礎を固めようと、Luperlaは土地を購入して本社を建設した。工事が終わると、多くの材料が余ったのだが、そのうち余った貝殻を、理科の教材として現地の小学校に贈った。すると、小学校の先生から、教育用に場所を提供したらどうかとの提案があったという。そこで顧客向けの製品紹介の空間を博物館に模様替えすることにしたのである。

博物館のオープンから20年余り、面積僅か百坪のLucoralミュージアムだが、毎年1万人余りの学生が訪れ、海洋文化紹介のため、毎月千人余りの学生がここで製作を体験している。

シェル、珊瑚加工人材の育成

場所を台湾に戻そう。台湾のアクセサリー産業を支えてきたLuperlaだが、海外進出に成功してからも、台湾の工芸界をリードしてきた。

現在のLuperlaの本部は、かつての再起の地で珊瑚横丁と呼ばれた台北市南京東路三段89巷から道一本隔てた場所にある。六階建て本部の一階は一般向けの売り場だが、さらに珊瑚博物館と工房も開設されている。

地下一階は対外的に開放されていないが、父の代から30年余り蓄積してきた珊瑚の工芸品が保管されている。海中に成長し、色合いも様々な珊瑚は、巧みな職人の手にかかると、生けるがごとしの観音菩薩や龍鳳凰の作品となる。五階、六階は芸術家や専門家を招いての講演、一般消費者向けにアクセサリーの手作り体験などのイベントの場となっている。アクセサリー販売から手作り体験などを統合するアイディアは、Luperlaの呂華苑董事長の考えだった。

呂華苑董事長は、3年前に澎湖水族館の館長を辞してから、会社の広報を担当することになり、南京東路の本部で一般向けにLuperlaの紹介に努めてきたのが彼女である。

澎湖水族館の館長時代に、呂華苑は海洋のアクセサリー工芸文化の推進に努め、台湾優良デザイン協会の創立メンバーともなり、2011年には理事長に就任した。そこで台湾の新しいデザイナー育成にも力を尽くしているのである。2015年に同社はジュエリー産業の業態転換に乗り出し、若い学生向けに実習コースを提供することにした。実は材料が高価なため、実習生を受け入れる会社は少なかったそうである。

華梵大学工業デザイン科の黄士厳教授の紹介により、華梵大学工業デザイン科の学生10数名と中華大学工業デザイン科の学生が、Luperlaの素材を使い、大学で学んだことを応用して美しい工芸品を制作している。本部6階の工房の入り口に飾られたスタイルの異なる作品は、すべて実習生の手になるものである。2年前に実習制度を取り入れて以来、すでに18人がここで学んだ。

青々と広がる大海原が、Luperlaの呂家二世代の人生と事業の起伏を見つめてきた。その30年余りが過ぎて、すでに国際的なアクセサリーのブランドとなったLuperlaは、呂華苑、呂華蕙と兄弟姉妹の協力があって、広い海と同じく、台湾の工芸に鮮やかな光を添えている。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!