A Collector’s Vision: Kuo Su-jen Brings Art into Old City Streets

:::

2017 / March

Sanya Huang /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Robert Green


Since returning from the United States in 1996 and buying her first collectible artwork (a figure of Sakya­muni Buddha by Liao Hong­biao), Kuo Su-jen, who will be 60 next year, has continued to expand her art collection and has worked to restore historic residences, combining architectural aesthetics with art promotion to infuse beauty into the daily lives of ever more people. Interweaving old and new in this way, she is opening a new chapter for urban aesthetics in Taipei.


In 1996, property developer Kuo Su-jen, a passionate lover of the arts and chairwoman of the Rich Development Company, set up the Kuo Mu ­Sheng Foundation and invited her father to invest in the venture. The following year, Kuo established the foundation’s art center, and in recent years she has helped to restore a succession of old buildings: Tai­pei Story House; the galleries Bloom and Gallery Life Seeding, located on Di­hua Street; old National Taiwan University dorms on Wen­zhou Street, which are tentatively slated to open at the end of the year; and the former residence of the philosopher Thomé H. Fang on Gu­ling Street, which is still being renovated.

Gallery Life Seeding:

From doctor’s digs to exhibition space

Ask Kuo about her collection and she can describe the items at great length. But if you ask her how she selects artworks, her answer is surprisingly simple: “I just follow my tastes.” Her collection, which is barely contained within three spacious rooms, is stored in a series of brocaded boxes. 

Liu Wen-­liang, Kuo’s husband and the current CEO of the Kuo Mu ­Sheng Foundation, explains why they opened Gallery Life Seeding: “She was dying to have her own art promotion space,” he says.

The gallery, which opened in December 2016 and is located in a row of old shops, was once the residence of ­Huang Zi­zheng, sometime physician to Puyi, the  last emperor of China. Repurposed into a living arts space by Kuo, the gallery is separated into three different parts—one selling artistic craft items, another selling coffee beans hand-roasted in earthenware, and finally a teahouse cum art gallery, which from time to time hosts exhibits by Taiwanese artists.

In December last year, the gallery invited flower-­arranging masters to practice their art in the earthenware jars and vases of potter Shih Chi-yao, enlivening the somewhat staid exhibition space in keeping with Kuo’s “let art enter life” aesthetic principle. Kuo raised a blue teacup and showed how cracks spread over the surface when it came into contact with water. When water of different temperatures was poured into the vessel, the original solid blue surface splintered into layers of crackling in various shades, giving life to the once-lifeless object. 

Bloom:

A riverside art salon

Kuo grew anxious during the three years it took for Gallery Life Seeding to secure a permit from the Tai­pei City Government. One day she walked further along Di­hua Street and up to the second floor of a building there, and looking around her she could see the potential to create a large space stretching across ten shops. Kuo brimmed with excitement, and in February 2015 Bloom was born.   

At Bloom, Kuo sells works by young artists, allowing the spirit of youth to infuse the space and enabling young artists to make a living by selling their own works.

“Our resources aren’t unlimited and we can’t buy the priciest artworks, but we have some means and can collect artwork we like and so allow young artists to keep creating,” Liu Wen-­liang says. “If we find just one great artist among 10,000, it’s worth it. Even if they don’t all become great artists, spaces like Bloom allow art to enter more people’s lives. In this way, won’t the arts be elevated over time?”

“Since Bloom’s opening the year before last, we have received an endless stream of exhibition proposals from young artists, and the exhibition schedule was quickly booked,” Kuo says.

So, why do young artists like to exhibit at Bloom? “To show your work in a museum or exhibition space, you need to have established a reputation, Kuo says, and galleries require artworks to fetch a certain price.”  While Bloom has no such restrictions, young artists have found sales to be rather good, and gradually trust has been built between artists and the gallery. But just what are Bloom’s criteria for selecting art? “Purely what we like,” Kuo says. Really, it’s just that simple.

Taipei Story House:

An arts classroom

Built in 1913 and located in Yuan­shan on the south bank of the Kee­lung River, the Tai­pei Story House reverted to Tai­pei City Government management in 2015 and its operation was then offered for public bidding. “My brother’s friend was looking for a place to display European porcelain and wanted to use the foundation’s name to apply for a permit to establish an exhibition space in the Tai­pei Story House,” Kuo says. “It seemed better to apply ourselves, however, than to have someone else apply in our name.”

Around that time Ismet Erikan, ­representative at the Turkish Trade Office in Tai­pei, got wind that Kuo had won the management rights for the Tai­pei Story House and they jointly organized a special exhibition last September: “The Soul of Hands: Kilims and Ceramics from Turkey.” Aside from the kilim woven carpets and ceramic arts, both very typical of Turkey, the exhibition also featured a Turkish ceramicist who demonstrated his art, lectures on Turkish culture and a Turkish bazaar. The exhibition proved highly popular.

“We expect ourselves to operate to museum standards,” says Wang Ya Ting, chief of Tai­pei Story House’s Exhibition Department. An important part of that is not to ignore the teaching of aesthetics. For example, when they planned the “Story of Majolica” event, they prepared a kit for decorating majolica tiles that would allow people to better understand the process of creating precious Victorian-style majolica through first-hand experience.

People’s lives cannot be separated from material things. Kuo Su-jen feels that if people could choose they would naturally prefer to use objects possessing artistic beauty. In the case of kilims and ceramics, people do not use woven carpets just to keep warm or pottery just to serve food and beverages. The artistry, colors and designs used in their manufacture are a microcosm of the life and culture of Turkey.

Tangible materials sustain the intangible past and serve as an extension of memory and a cultural medium. Perhaps they also embody our aspirations for the future.

Thomé H. Fang’s residence and the

university dorms of Wenzhou Street

Dadaocheng is zoned as a commercial district, where urban planning rules permit a high “floor area ratio”—the ratio of a building’s floor area to the land that it occupies. When old low-rise buildings are renovated, the surplus portion of their theoretical maximum floor area, plus an additional bonus amount, can be sold off and allocated to new buildings on other sites. This transfer mechanism provides an incentive for restoring historic buildings—one that Gallery Life Seeding also benefited from. Kuo’s involvement in renovations of old buildings in Da­dao­cheng began as a happy accident. She was looking to purchase surplus floor area to transfer to a new construction project, and in the process she discovered the beauty of the old buildings.

More recently, during a construction project on He­ping West Road, Kuo noticed an old building to the rear of the site, facing Gu­ling Street, that had fallen into disrepair. She was told that this was the former residence of Thomé H. Fang. Only later did she learn that he was not just a philosopher but also a kind of teacher for the nation. It is said that the late president ­Chiang Kai-shek often ­visited him. Kuo, who has taken an ­interest in Buddhism in recent years, also found great resonance in Fang’s self-directed Buddhist studies. She became ever more determined to restore his former residence, and she checks on the progress monthly.

The project brought Kuo into frequent contact with National Taiwan University, which holds the property rights for the Fang residence, and in this way she discovered that a number of old dormitory buildings along Wen­zhou Street and He­ping East Road were desperately in need of repair and rejuvenation. She was particularly attracted to seven pine trees, resplendent in their emerald-green foliage, that grow near the old buildings. She secured rights to manage the restoration through the government’s rehabilitate-operate-transfer program. The site is tentatively slated to open at the end of the year, and Kuo’s current plans envisage its hosting a museum for Theravada Buddhist arts and lectures on Buddhism and Buddhist thought.

Spaces that tell stories:

A duet between buildings and art

Restoring and preserving old buildings in addition to continuing to promote the arts takes significant investment capital. This prompted Kuo’s 17-year-old daughter to ask with concern: “Mom, won’t you end up going broke?”

“There’s no point in having too much money,” Kuo replied. “I love to do it, and I’m willing to do it, so I do it.”

In her daily operations Kuo runs a tight ship, adapting as needs demand based on daily financial reports and allocating resources in a flexible manner. She set up a separate room at Bloom, for example, to sell handi­crafts from various countries, including the Turkish carpets and traditional handpainted ceramics that proved popular at the Tai­pei Story House’s “The Soul of Hands” exhibition, thereby increasing the gallery’s revenues.

Kuo has never explained exactly what it is that she sees in the art that has captured her attention and interest for the past few decades. “When I look upon artworks and appreciate their beauty, I forget all my troubles,” she says simply.

So, just what would Kuo do if she could do absolutely anything? “If I could, I would like to build a museum like the Miho Museum in Koka, Japan, in Yang­ming­shan,” she says. Perhaps in that kind of vast, geometrically ordered space, Kuo’s art collection could be freed from its protective cases and at last be displayed for the entire world to enjoy. Just as in the old buildings that she renovates and revitalizes, it is not only the repair of the physical space, but also the infusion of an artistic sensibility that restores to their former glory the history and stories that had been buried and forgotten amid the decay and desolation.                                 

繁體中文 日文

城市美學在街尾 郭淑珍讓藝術走入生活

文‧黃淑姿 圖‧莊坤儒 翻譯‧Robert Green

從1996年留美歸國後買下第一個藝術藏品——廖洪標的釋迦牟尼立像開始,明年即將60歲的郭淑珍,不但繼續擴充藏品,更修復數間老屋,結合建築美學與藝術推廣,讓美走入更多人的日常生活。以老屋復舊為經、藝術推廣為緯,新舊時空中互動交織,開啟台北城市新美學的另一頁。


熱愛藝術的力麒建設董事長郭淑珍,收藏藝術品的眼光被譽為跟買地一樣精準。喜歡藝術,也想讓更多人親近藝術,繼1996年力邀父親出資成立郭木生文教基金會,隔年再成立基金會附屬藝術中心,近年更陸續經營、修復活化數間老屋:台北市定古蹟台北故事館,迪化街綻堂與綻堂蒔光,預計最快年底公開的溫州街台大公共宿舍歷史建築,與修復中的牯嶺街哲學大師方東美故居。

綻堂蒔光——御醫故居的新生活美學

說起藝術品,郭淑珍如數家珍,但若問她如何選擇收藏,答案出乎意料的簡單:「就是喜歡」。滿滿3大屋藏品,除了家中的掛畫,以及在與歷史博物館合作的「石灣陶魂:廖洪標陶塑藝術展」(2013)、「宜興紫砂壺陶塑茗壺特展」(2016)兩場大型展覽有過亮相之外,其他大多收在一個又一個的錦盒中。

會找到迪化街一段的「綻堂蒔光」,也是因為「她實在太想擁有自己的空間來做藝術推廣了」,郭淑珍的先生、現任郭木生文教基金會執行長劉文良說。200坪大的郭木生文教基金會附屬藝術中心,雖然早期剛成立時策劃過許多年輕藝術家的聯展,對作品量還不多的年輕藝術家而言,仍有一定的策展難度。綻堂蒔光的出現,正對應著郭淑珍的渴望。

2016年12月開幕的綻堂蒔光是連棟式長條形店鋪中的一間,前身為溥儀御醫黃子正故居,經郭淑珍改造為生活藝術空間,一樓三進依序進駐了藝術生活用品、陶鍋手炒豆咖啡、茶室兼藝術展場,不定期展出台灣藝術家作品。

去年12月舉辦的施繼堯圓甕、花器個展,請插花家使用花器設計出生機盎然的花藝,將原本有些嚴肅的展場空間點綴出幾分靈動,緊扣郭淑珍「讓藝術走入生活」的生活美學經營理念。她捧來一個藍色茶碗,碗身一遇水即刻開出冰裂紋;注入不同溫度的清水,原本一片凝固的藍,竟層層疊疊變化著顏彩深淺,無生命的器物彷彿有了呼吸。「(施繼堯的陶器)成分天然,沒有使用任何重金屬,像這個茶碗,它的釉料是花蓮玉石做的,不僅天然,顏色與工藝更是特別。」郭淑珍說。

綻堂——淡水河畔的空中藝術沙龍

在等待台北市政府核准綻堂蒔光使用執照的三年裡,獅子座的郭淑珍有點急了。某天,她往前走到另一排連棟長屋的2樓,放眼望去,10間長屋打通的寬闊空間,走廊上風吹如遊龍,紅磚溫潤。郭淑珍又心動了,2015年2月,「綻堂」更早於綻堂蒔光而誕生。郭淑珍在綻堂展售青年藝術家作品,讓他們能揮灑創作,並藉由藝術品的被購藏而自力更生,創作之路不致因此中斷。

「我們不是超級有錢人,買不起天價作品,但我們還有一點能力,可以收藏自己喜歡的作品,也能多支持年輕人繼續創作。」劉文良說,「只要一萬個人裡面出一個大師,就值得了。就算他們不能成為大師,透過像綻堂這樣的平台,讓藝術進入更多人的生活,日積月累,整體美學素養不就提升了嗎?」劉文良說。

綻堂的樸實優美,常吸引過路客上樓一探究竟。「後來我才知道,來這裡買畫的人,有些以前根本是不收藏藝術品的。」位在迪化街北段的綻堂,人流較年貨大街所在的南段冷清了些,但這一段河畔街尾保有更多大稻埕原始風貌,正好吸引喜愛文化藝術的旅客漫步而來,開始有更多人把藝術品帶回家。這正是郭淑珍與劉文良這對夫妻共同的心願,也是他們對老屋復舊作為藝術推廣空間的期待。

「綻堂開幕後,陸續收到不少年輕藝術家投遞策展計畫書,展期很快就排滿了。」為何年輕藝術家喜歡在綻堂開展?「要有名氣,才進得了美術館和展覽館;如果想進畫廊,作品就要有賣相。」郭淑珍說,而綻堂並沒有這種限制,加上展出後作品常被購藏,使年輕藝術家與綻堂逐漸建立互信。

台北故事館——圓山緩坡上的美學課堂

2015年5月接手經營台北故事館,則是出自偶然。建於1913年的台北故事館,位在基隆河南岸的圓山,是大稻埕茶商陳朝駿的故居,幾經轉手後於1998年被指定為台北市立古蹟,2015年管理權回歸台北市政府後再釋出招標。「原本是哥哥的朋友要找地方展出歐洲瓷器,想借基金會名義申請台北故事館作為展覽空間。」郭淑珍說,「與其讓人借名,不如自己申請。」

此時,駐台北土耳其貿易辦事處代表艾瑞康(Ismet Erikan)獲知郭淑珍取得台北故事館經營權,因藝術而結識數年的兩人,在去年9月攜手促成「土耳其手作之美」特展,除了展出土耳其最具代表性的奇林(kilim)織毯與陶瓷藝術,更邀請土耳其陶藝家現場示範創作,舉辦土耳其文化講座、土耳其市集,大受歡迎。加上台北故事館原本有茶藝、陶藝系列講座,人氣更高。

「我們期許自己,要以博物館的規格經營。」台北故事館展覽部主任王亞婷說,其中重要的一環是不容忽視的美學教育。例如,策劃「馬約利卡的故事」活動,由館方製作馬約利卡磁磚體驗材料包,讓民眾在動手做的過程中認識這珍貴的英國維多利亞時代磁磚,寓教於樂。

既然人的生活離不開物品,如果能夠選擇,郭淑珍認為,當然要選擇使用帶有藝術美感的物品。以奇林織毯與陶瓷為例,人們並不僅只以織毯保暖或用陶瓷盛裝湯食,器物的製作工藝、彩繪圖騰,是土耳其文化、生活的縮影,結合手藝人的生命經驗,傳承土耳其人的集體記憶。

有形的物質承載著無形的過往,是記憶的延伸,也是文化的載體。或許,還包含著對未來的期許。

方東美故居與溫州街老屋——再現哲思身影

像大稻埕這樣容積率本就較高的商業區,修復後仍有足夠容積可供出售,老屋保存的誘因更大,綻堂蒔光也得益於大稻埕歷史街區的容積轉移優惠。

對郭淑珍而言,會走上老屋修復與活化這條路,只是「隨緣」。一開始是因為做建築要買容積,才發現大稻埕這些美妙老屋,例如看上綻堂蒔光是因為「三進式房子的味道太好了」。推動和平西路建案時,看見基地正後方快坍塌的老屋(門牌是牯嶺街),別人說這是方東美故居,後來才知道,方東美不但是哲學大師,更可說是國師,據說以前故總統蔣中正經常前往請益。加上方東美自學佛經有所澈悟,讓近年常親近佛學的郭淑珍很有同感,決意重現大師故居風光。

「我是做建築的,房子該更新就要更新,不更新就該拆。既然這裡已經定為古蹟,光放著不維護,沒意思。」郭淑珍開始投入方東美故居的修復,每個月都去視察進度。

方東美故居的產權屬於台大所有,郭淑珍與校方頻繁接觸後,發現台北市溫州街與和平東路一段的台大公共宿舍群也亟需修復、活化。這片庭園遍植松樹,飽含歷史風華的老屋群,更早之前在日據時代是海軍俱樂部,充滿遐思。其中有老屋旁種了7棵老松,滿庭翠綠,吸引她以ROT案取得營運權。修復完成後,預計最快年底開幕,目前暫定規劃為古南傳佛教藝術美術館,同時舉辦佛學、思想講座。

用空間說故事——建築與藝術的雙重奏

老屋修復、維護加上持續經營藝術推廣,並不是附庸風雅的宣傳,而是真金白銀的資本投入。不好意思開口募款、找人捐錢,郭淑珍以個人資金持續全力投資。要是展出的畫作無人收購,郭淑珍還出錢買下。17歲的女兒因此曾經擔心地問:「媽媽,妳會不會沒錢了?」對此,常持誦《心經》的郭淑珍說:「錢太多也沒有用。我喜歡做、願意做,就去做了。」

心態上自我調適,營運也不馬虎,郭淑珍每天親自看當日報表,並整合資源再加以彈性運用。例如,在綻堂5公尺乘5公尺方形展間外,另外隔出小間販售來自各國的生活藝術品:波蘭彩繪陶器、日本古董漆器、台灣銅雕、楊莉莉的青花瓷設計藝品,也擺售台北故事館「土耳其手作之美」特展的織毯、手繪復古陶瓷鍋墊等熱銷品,以增加收入。

郭淑珍從未言明,她究竟在藝術品裡看到了什麼,以至於數十年來流連忘返,全心投入而不悔。她只是說:「站在藝術品前,看著它,欣賞它的美,就忘記自己在煩惱什麼了。」

問郭淑珍,如果不考慮任何現實,她最想做什麼?「如果可以,以後我想在陽明山上蓋一棟像Miho那樣的美術館。」貝聿銘設計的Miho(美秀)美術館,典藏日本秀明家族約2,000件藝術品。也許,在那樣寬廣而充滿幾何秩序的空間裡,郭淑珍數量龐大的收藏品,終能夠逐一自錦盒裡探出頭來,凝望世界。正如經她修復活化的老屋,不只是物理空間的整修,也是經營者與藝術家的審美挹注,而讓被淹沒的歷史與故事,從一片衰頹中再現光華。                                          

暮らしの隅々に美学を ——郭淑珍の描く夢

文・黃淑姿 写真・莊坤儒 翻訳・久保 恵子

1996年にアメリカから帰国してから、最初に購入したコレクションは廖洪標の釈迦牟尼立像だったという。来年60歳を迎える郭淑珍だが、今もコレクションを充実させながら、古建築のリノベーションを開始して、美しく古い建築物を場として藝術の普及を図り、多くの人の日常生活に美を取り入れたいと願っている。古建築再生を横糸に、芸術普及を縦糸として、新旧の時空を織りなしながら、台北の街に新しい美学のページを開こうとしている。


芸術を熱愛する力麒建設の郭淑珍董事長だが、美術品コレクションの選択眼は、土地購入と同じく精確だと称されている。芸術を愛し、多くの人に芸術に親しんでもらおうと、1996年に父の出資を受けて郭木生文教基金会を設立し、翌年にはさらに基金会付属の芸術センターを設立した。最近では台北市指定古跡の「台北故事館」、迪化街の「綻堂」と「綻堂蒔光」に加え、早ければ年末に温州街台湾大学旧官舎が修復を終えて公開され、さらに牯嶺街の大哲学者・方東美の旧宅など、古建築の修復と再生を行っている。

綻堂蒔光御医旧宅に新しい生活美学

美術品に詳しい郭淑珍だが、コレクションの選択基準を訪ねると、拍子抜けするほど簡単に「気に入るかどうかです」と答えた。彼女のコレクションは3か所に分けて保管されていて、その一部は歴史博物館と共同開催の「石湾陶魂、廖洪標の陶塑像展」(2013)、「宜興紫砂壺と陶器の茶器名品特別展」(2016)において公開されたことがあるが、それ以外の美術品は錦の箱の中に眠ったままなのである。

迪化街に位置する綻堂蒔光を手に入れたのは、芸術を紹介できる自分の場を持ちたいと彼女が熱望したためだと、ご主人である郭木生文教基金会の事務長・劉文良は話す。郭木生文教基金会付属芸術センターは200坪の広さがあり、設立当時は多くの若い芸術家の連合展を企画してきたが、作品数が少ない若い芸術家にとっては、個展となると開催は難しい。そこで綻堂蒔光が、郭淑珍の願いをかなえる場となった。

201612月にオープンした綻堂蒔光は、連なった商家風の町屋の一角にあり、愛新覚羅溥儀の御医だった黄子正の旧宅であった。郭淑珍はその1階に、中庭を挟んで縦に並ぶ3部屋を、順にお洒落な生活雑貨、焙烙焙煎のコーヒー、ティールーム兼展示場にリノベーションして、台湾芸術家の不定期な展示を始めた。

去年12月には施継堯の壺と花器展を開催し、展示の花器には華道家を招いて華やかに瑞々しく花を生けてもらった。厳かな展示場は花で艶やかに彩られ、郭淑珍が抱く芸術を生活にという生活美学を具現化している。彼女は藍色の碗に水を張って見せてくれた。この碗は水を入れると、貫入が浮かび上がる。温度を変えて水を入れると、固まっていた藍の色が、層を成して浮き上がり、生命のない器物が呼吸しているかのようである。「施継堯の陶器は重金属を用いず、自然素材だけで出来ています。この茶碗の釉薬は花蓮産の玉石で作られていて、自然素材であるだけでなく発色も技巧も特別です」と郭淑珍は説明する。

綻堂淡水河畔の空中芸術サロン

綻堂蒔光のオープン以前、台北市政府による使用ライセンスを待っていた三年の間、獅子座の郭淑珍は心中焦れていた。ある日、向かいの棟割長屋の二階に足を踏み入れた。十軒長屋を貫く二階の通路からの眺めは広々として、吹き抜けるひんやりとした風に赤煉瓦が温もりを感じさせた。心を動かされた郭淑珍は、綻堂蒔光オープン前の20152月に、綻堂をオープンさせた。郭淑珍は綻堂に若い芸術家の作品を展示し、作品発表の場を提供し、作品が売れれば芸術家の創作をサポートできると考えた。

「私たちは大金持ちではないので高価な作品は買えませんが、気に入った作品を購入して、若い芸術家をサポートできます。多くの中から一人の芸術家が生まれるかもしれないし、綻堂を舞台に芸術が多くの人の生活に入っていけば、素養も引き上げられるでしょう」と、劉文良は言う。

綻堂の優美でレトロな雰囲気は、通りすがりの人も二階に招き入れる。ここで絵を買う人の中には、美術品を買おうと思ったことのない人もいるが、迪化街北側にある綻堂近辺は、買い物客でごった返す南側よりひっそりとしている。町並みはかつての面影をより留めていて、それに惹かれて散策に訪れる人も少なくない。そこで気に入った美術品を持ち帰るのだという。これこそ、郭淑珍、劉文良夫妻の芸術への期待であり、古い家を芸術空間にリノベーションした狙いである。

「綻堂オープンから、若い芸術家の展示計画を受けつけていて、予約でほぼ埋まっています」と言うが、若い芸術家はなぜ綻堂を好むのだろう。「知名度がないと美術館には招かれないし、画廊での展示は売れ筋の作品に限られます」と郭淑珍は説明する。綻堂にはそんな制限はないし、展示作品は売れ行きがよいため、芸術家と綻堂との間に信頼関係が生まれつつある。

台北故事館円山の傾斜地に立つ美の殿堂

2015年に台北故事館の運営を任されたのは、偶然の結果であった。1913年に建てられ、基隆河南岸の円山に位置する台北故事館は、大稲埕の茶商陳朝駿の旧宅であった。その後、持ち主が転々と変り、1998年になって台北市古跡に指定された。2015年に管理権が台北市に帰属すると、市では、その経営権を入札にかけたのである。「兄の友人がヨーロッパの磁器の展示場所を探していて、基金会の名義で台北故事館の使用申請を出そうとしたのですが、名義貸しするくらいならと自分で申請したのです」と言う。

当時、駐台北トルコ貿易弁事処代表で、郭淑珍とは数年来の知己であるイムセット・エリカン氏は、彼女が台北故事館の経営権を落札したことを知り、去年9月に共同で「トルコ手工芸の美」特別展を開催した。トルコを代表するキリム(トルコ絨毯)や陶磁器を展示し、またトルコの陶芸家を招いての実演、トルコ文化講座やトルコ・マーケットなどのイベントが人気を博した。

「私たちは博物館水準で展示運営したいと思っています」と話す台北故事館展覧部の王亜婷主任は、中でも美学教育が重要だと語る。「マジョリカ物語」というイベントを企画した時には、購入した人が自分で貴重なイギリスのビクトリア時代のタイルを制作できるマジョリカタイル制作体験キットも企画販売した。

人々の生活は物から離れられないが、芸術的美感のあるものを選択してほしいと郭淑珍は願う。トルコ絨毯でも陶磁器でも、単に保温や食事用というだけではなく、その制作技法や彩色、図案はトルコの文化と生活の縮図なのであり、職人の人生経験が加わり、トルコ人の集合記憶とつながる。有形の物質に無形の過去の記憶が重なって記憶が引き継がれ、文化の器となる。それが未来への期待も包んでいるのかもしれない。

方東美旧宅と温州街の哲学の面影

商業区にある大稲埕では容積率が高く、リノベーション後に十分な容積を転売して利益を確保できるため、リノベーションの誘因となる。大稲埕に位置する綻堂蒔光もその恩恵を受けた。

郭淑珍にとって、古建築の修復を手掛けたのは偶然の出会いだった。最初は容積率の高い建物を探して、綻堂蒔光など奥行きの深い建築様式を守る大稲埕の古建築の美を発見したのであった。和平西路の建設プロジェクトでは、敷地の真後ろに崩れかけた廃屋(住所は牯嶺街)を見つけた。方東美の旧宅というのだが、方東美とは大哲学者であり、総統の師でもあり、かつて蒋介石総統がしばしば教えを請うたと聞いた。しかも、方東美は仏教学にも通じており、最近では仏教に心惹かれる郭淑珍としては、この大哲学者の旧宅を再現しようと決意したのである。

「私は建築を扱う立場から、家は使うために修復すべきという考えで、指定古跡と言っても、リノベーションしないで放置された古建築には意味がないと思うのです」と、方東美旧宅の修復を開始し、毎月進度を視察してきた。

方東美旧宅の所有権は台湾大学に属していたので、郭淑珍は大学と交渉する中で、台北市温州街と和平東路一段一帯の台湾大学旧官舎は修復が必要なことに気づいた。庭には松が植えられ、歴史の名残を留める家屋群は、かつての日本時代には海軍倶楽部であった。老松7本が植えられ緑豊かな住宅に惹かれた郭淑珍は、その再利用と運営権を取得した。早ければ年末には修復を終え、古南伝仏教芸術美術館としてオープンし、仏教学、仏教思想講座を開設する予定である。

空間の物語、建築と芸術の二重奏

古建築の修復と維持、持続的な芸術普及活動の運営は、口先だけで出来るものではなく、資金の投入が必要となる。寄付や募金を募るのが苦手な郭淑珍は、自己資金を注ぎ込んできた。展示した作品に買い手がつかないと、時には自身で購入する。17歳になる娘が心配して「お母さん、お金足りるの」と聞くと、般若心経に心酔する彼女は「お金が多すぎても役に立たないしね。好きなこと、やりたいことをやるのよ」と答えた。

心理面で自己調整しながら、運営もおろそかにはしない。郭淑珍は日報の確認を日課として、リソースを弾力的に運用していった。例えば、綻堂の5メートル四方の展示空間には、小さなショップを設けて、ポーランドの彩色陶器、日本のアンティーク漆器、台湾の銅彫刻、楊莉莉の染付磁器などを並べ、さらには台北故事館のトルコ手工芸の美特別展の絨毯やレトロな古陶磁鍋敷きなど、人気商品を販売して収入を得た。

芸術品の中から何を見出し、数十年も魅入られ続け、全力投入してきたのかと問われても、郭淑珍はこれまで何も語ったことはなかった。ただ、「芸術品の前に立ち、その美を見つめていると、自分が何を悩んでいたのか忘れてしまうのです」と言うのである。

現実の制約はとりあえず置いておいて、今は一番何をしたいのかと尋ねてみると、郭淑珍は「できることなら、陽明山にミホミュージアムのような美術館を建てたいですね」と答えた。著名建築家イオ・ミン・ペイが設計したミホミュージアムには、神慈秀明会の約2000点のコレクションが所蔵展示されている。このような広大で、幾何学的秩序を維持した空間であれば、郭淑珍の膨大なコレクションも箱から顔を出して世界を凝視できるかもしれない。現在、郭淑珍がリノベーションを試みているのは、古建築群の単なる物理的修復に留まるものではなく、運営者と芸術家が審美眼を競い合う場の構築であり、そこに埋もれた歴史と物語を再び廃墟の中から蘇らせようとする試みなのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!