Gala @ 23:59

Golden Pin Awards Promoting Design Excellence
:::

2020 / March

Sharleen Su /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Scott Williams


Established in 1981 in the tradition of Germany’s Red Dot and iF design awards and Japan’s G Mark awards, the Golden Pin Design Awards are the most prestigious and influential professional design awards in the global Chinese market. Currently organized by the Taiwan Design Research Institute, the awards demonstrate the excellence and importance of Taiwan’s designers and showcase the newest trends in Asian design.


“The Doomsday Clock stands at 23:59. People see the danger. We see a banquet.” The 2019 Golden Pin Design Awards ceremony, themed “Gala @ 23:59,” featured ideas about and responses to sustainability and the end of the world.

Putting a creative pin in it

The origins of the Golden Pins, which are so highly respected in the design community, go back to 1981. Originally known by the more bureaucratic-­sounding “Taiwan Good Design Awards,” their primary object­ive was to select and commend well-designed products. They were later renamed the National Design Awards in an effort to raise their international profile, and their name was changed yet again in 2009, this time to the Golden Pin Design Awards. The current name evokes the image of designers pinning notes to walls to preserve their good ideas. The “Golden” was added to make the name more memorable, by bringing it into line with Taiwan’s well-known Golden Horse and Golden Bell awards.

Oliver Lin, vice president of the Taiwan Design Research Institute (TDRI, formerly the Taiwan Design Center), says that the Golden Pins are oriented around the ethnic Chinese design community and Asia as a whole, and seek to foster dialogue and exchange with the more mature design markets of Europe, the US and Japan.

Following their leap into the international limelight, the awards began to include international design luminaries on their juries. This, coupled with their conscientious and objective review process and their grand awards ceremony, has helped spotlight winning designers and firms, and cemented the Golden Pins’ credibility within Asia.

In recent years, the Golden Pins have also become a touchstone for designers from other nations entering the Asian market. For example, when German optical and optoelectronics powerhouse Zeiss wanted to intro­duce its products to the Asian market, it first tested the waters by entering for the 2019 Golden Pins, to gauge the market’s likely reaction. Participation in the Golden Pins has become more international, with designs from the US, Russia, Thailand, Australia, the Netherlands, France, Lebanon, Poland, India, and even Serbia, Hungary, and the Central African Republic, creating a diversity of expression and making the Taiwanese awards a truly global competition.

Vying with Red Dot and iF

The Golden Pins carry a great deal of weight in the ethnic Chinese community. Many winners demonstrate their high regard for the Golden Pins by giving them equal standing with their Red Dot and iF awards when promoting their products.

A given year’s award-winning designs also highlight the newest fashions and styles sweeping the globe. For example, the Rice Husk Beach Toy set, a 2019 Golden Pin recipient, is made from rice husks and natural starches. Because these 100% biodegradable materials melt at high temperatures, they can be injection molded to create a variety of forms. 

HMM’s W Glass, a collaboration with Spring Pool Glass that won both the 2019 Best Design Award and the Special Annual Award for Circular Design, is made from recycled glass crafted by local artisans. The glass drinking cup has 12 vertical ridges that echo the hour markings of a clock face, and exemplifies the possibilities of the circular economy and eco-friendly design.

“The Golden Pin nominees demonstrate that en­viron­mental sustainability has become one of Taiwan’s strong suits, and a key reason why we’ve earned the world’s attention,” says Lin. Beyond our standing as a “technology island,” Taiwan is also an environmentally friendly island. “Our sensitivity to the en­viron­ment and emphasis on circular design surpasses that of Europe, the US and Japan,” Lin says, pointing to one of our important manufacturing advantages.

Setting Asia’s design trends

The Golden Pins consist of three principal awards: the “Golden Pin Design Awards,” the “Golden Pin Concept Design Awards,” and the “Young Pin Design Awards.” The first are for products already commercialized or on the market, and they grant winners the right to display a design award mark. The second go to products that have not yet entered volume pro­duction or are not yet on the market, and are therefore more indicative of the concepts currently setting global design trends.  The third are the official awards of the Young Design­ers’ Exhibi­tion (YODEX), the largest student design exhibition in the world. They recognize the works of new graduates of Taiwanese college and university design programs, and are an important platform for young design­ers seeking to showcase their work.

The Golden Pins expanded their award offerings two years ago to better reflect the growing use of design to resolve social issues around the world by adding two new honors, the “Special Annual Award: Circular Design” and the “Special Annual Award: Social Design.” “The Golden Pins of the last two years have been different in that they embody our hope that award-winning designs can inject new ways of thinking into their fields of application,” says Lin.

Nowadays, the Golden Pins position themselves as the ethnic Chinese design community’s highest honor and seek to differentiate themselves from the inter­nation­ally renowned Red Dot Design and iF Product Design awards through their goal of encouraging dialogue between Taiwan and the rest of the world.

Bringing design to life

They are able to do this in part because of Taiwan’s location. To the north, Taiwan has links to Northeast Asia, including Japan and Korea. To the south, we have ties to the nations of Southeast Asia. Our island also faces mainland China. “Taiwan is a nexus,” says Lin. This unique position makes Taiwan a great place for design experimentation.

Once designs go into production, their producers need to conduct follow-up testing. “Taiwan provides testing environments for products targeting both Northeast and Southeast Asia,” explains Lin. And unlike manufacturers elsewhere, Taiwanese manu­facturers are willing to work with designers to bring virtually any product to life, no matter how unusual the design might be.

A mixing pot

The Golden Pins have judged more than 10,000 designs since their 1981 inception. The TDRI is now planning a book that will system­atically review and discuss outstanding products from throughout the awards’ history. “Even more important than making the Golden Pins an ethnic Chinese or global honor is establishing a dialogue with the US and Europe, and having the awards lead global design into the future,” says Lin.

The Golden Pin organizers plan to further inter­national­ize the awards and encourage designers and firms from around the world who wish to enter Asian markets to use them as a platform through which to connect with the region. Taiwan is home to some of Asia’s best designers. The Golden Pins can help us hone our design and manu­facturing advantages, grow with the Asian market, and become a global design power­house.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

23:59饗宴

金點設計獎引領華人風騷

文‧蘇晨瑜 圖‧林旻萱

源於1981年的金點設計獎,是繼德國紅點、iF與日本G Mark之後,全球華人市場最具權威與影響力的專業設計獎項,目前由台灣設計研究院辦理獎項與策劃活動,從金點設計獎的得獎作品中,可以看到亞洲最新的設計趨勢,也能見證台灣在設計發展上的強大優勢與優質創意。


「全球警世鐘來到23:59,人們看見危險,我們看見饗宴。」甫落幕的2019金點設計獎,以隆重的「23:59的饗宴」為主題,鋪陳出今年的頒獎典禮,也折射出人們對末日與永續的想像與回應。

創意「點」子釘在牆壁上

設計圈中響叮噹的金點設計獎,源於1981年,早年名稱是較為官方色彩的「台灣優良設計獎」,主要目的是希望表彰與選拔好的設計作品,後來為了爭取在國際上的能見度,該獎提升到國家設計獎的層級,並在2009年更名為「金點設計獎」(Golden Pin Design Award),靈感則取自設計師在做設計時,常會把點子(idea)用便利貼「釘」在牆上的動作,因此命名中使用了中文的「點」以及英文字的pin,再加上為了能夠好記、好理解,所以命名上沿用我國知名的「金」馬獎與「金」鐘獎,成為現在設計圈中大家熟知的金點獎。

2014年時,金點獎進行了第三波的轉型,讓定位更加國際化,只要亞洲相關的設計,都可以前來報名參賽。台灣設計研究院(原台灣創意設計中心)副院長林鑫保表示:「金點獎主要是面向華人、心繫亞洲,尤其是能夠與歐、美、日等成熟國家對話,深度的交流。」

躍升到國際的高度後,由於邀請的評審團名單都是國際上為人敬重、有設計實力的設計大師,加上嚴謹、公正客觀的評審過程,舉辦的頒獎典禮盛大又隆重,得以彰顯受獎的設計師與廠商,奠定了金點獎在亞洲設計圈的公信力。

近年來,金點獎更成為各國設計者進入亞洲市場的試金石,例如2019年,德國光學大廠蔡司為了讓產品在亞洲上市,特別先來參加金點獎,踩點試水溫,以此觀察未來的市場反應。參加金點獎的國家別也更趨國際化,來自美國、俄羅斯、泰國、澳洲、荷蘭、法國、黎巴嫩、波蘭、印度,甚至塞爾維亞、匈牙利與中非共和國的參賽作品紛至沓來,讓金點獎百花齊放,成為全世界在台灣競技的舞台。

金點設計獎與德國紅點、iF齊名

金點獎在華人圈深具影響力,該獎項深耕台灣品牌,不但讓台灣自家的設計品牌站上國際,也打開了台灣設計獎項的知名度。許多金點獎得主宣傳自家產品時,特意把金點獎與德國紅點與iF並列,顯見對金點獎的重視,得獎帶來的榮耀與鎂光燈效應,以及參賽件數年年成長,是金點獎評價水漲船高的最佳證明。

金點獎站在亞洲設計的前端,從得獎作品可嗅出當代設計的最新潮流與風向球。例如2019金點設計獎標章作品「稻殼沙灘玩具組」,使用稻殼及天然澱粉為材料,這種可以100%分解的生質材料,遇到高熱可以融化,注入模具中成型,能夠打造出不同形狀的容器。

另一組同時榮獲「年度最佳設計獎」與「年度特別獎──循環設計」的「HMM玻璃杯」,與知名的W春池計畫合作,使用回收玻璃,並交付在地工匠手工製作,以生生不息的設計概念,將時鐘刻度化為12面優雅稜角,加上玻璃染色工藝,讓杯體呈現雅緻的琥珀色澤,轉動時交錯美麗的光影,不但大幅提升產品本身的價值,也體現循環經濟與友善環境的新可能。

「台灣的玻璃回收,在全世界是第二名,僅次於瑞典。」廢棄不要的玻璃經過融化再加工以後,還可以做得如此精緻,增添產品的價值,讓「HMM玻璃杯」成為設計與環保結合的最佳案例。

「從金點的入選作品中,可以看到環保永續是最近台灣的強項,也是我們不斷被世界看見的主要原因。」林鑫保歸納台灣在環境永續與製造能力的優勢。台灣不只是科技島嶼,也是一座相當重視環保的島嶼。「我們對環境的敏感度,以及對循環設計的重視程度,相較於歐、美、日等國,有過之而無不及。」

另外從得獎設計作品中,也可以看到設計對人類生活影響的蛛絲馬跡。例如GV1無線行動投影機,發揮了台灣科技製造的強項,把投影機做得相當輕薄短小,輕輕一丟就可放入包包帶著走。「台灣的科技產業發展很強,講究的是短小輕薄,而台灣又是一座非常友善的島嶼,所以設計師在設計、發想的時候,比較會考慮到使用的情境,盡量讓使用者覺得很貼心、很方便,也比較能夠貼近消費者心裡的想望。」林鑫保說。

華人榮耀獎項,引領亞洲設計潮流

金點設計獎目前針對不同的目標族群,分設為「金點設計獎」、「金點概念設計獎」,以及「金點新秀設計獎」。「金點設計獎」的參賽作品必須是已經商品化或上市的產品,得獎者可獲得「金點設計標章」。「金點概念設計獎」則是針對尚未在市場上銷售或量產的產品,因此是比較屬於引領全球設計趨勢的概念獎項。「金點新秀設計獎」則是全球最大學生設計聯展「新一代設計展」的唯一官方獎項,主要是褒獎台灣大專院校設計相關科系畢業生的作品,是設計新秀要嶄露頭角的重要舞台。

近年為了呼應全世界以設計解決社會議題的新趨勢,二年前金點設計獎增設了「年度特別獎──循環設計」與「年度特別獎──社會設計」。林鑫保指出,以前談設計的時候,大部分都是經濟上的需要,比如說怎麼去增加產品的附加價值,讓人住得更舒適等等,現在設計的觀點則從經濟擴大到社會,例如怎麼使用設計來因應高齡化的社會問題?如何設計老人的照護病房等等。「我們希望表彰設計在應用領域上面,也能夠有不同的思考,這是金點這兩年比較不同的地方。」

如今的金點設計獎,把自身定位為華人設計圈最高榮譽的獎項,企圖與國際上知名的德國紅點設計獎與德國iF產品設計獎做出區隔。「台灣的確在華人當中是優質生活最前端的代表,華人也不侷限於港澳台,還包含其他像馬來西亞、新加坡等地,只要有華人的地區都涵蓋在裡面。」金點設計獎更希望能夠引領台灣與全世界對話。

融合並進,台灣是設計實踐最佳場域

能夠做到這一點,是因為台灣佔據著絕佳的地理條件,相當適合設計的發展。「台灣的地理位置,我覺得非常的特別。台灣的北面是東北亞、日韓,南面是東南亞的南島語系國家,卻又面向大陸,所以台灣站在一個樞紐的位置。」也因為這樣獨特的位置,讓台灣有東北亞的影子,氣候條件近似東南亞與菲律賓,又直接承襲了很多中國文化,天賦異稟的台灣,自然成為設計者的絕佳實驗場所。

例如設計產品產出後,要做後續的實驗,「不管你是要測試東北亞或是東南亞的產品,在台灣都可以找到測試的環境。」第二點是台灣的產業鏈相當完整。在歐美空有點子,但是找不到可以製造的工廠,產業發展已經空洞化,可是在台灣只要點子蹦出來,不管再天馬行空,基本上都可以找到製造商,讓產品落地。林鑫保甚至覺得,這麼多種產業就在一個島上,一天來回就可找齊,「我覺得這種發展環境,在全世界也是絕無僅有。」

觀點激盪,銜接東西方

從1981年創立以來,金點設計獎已經累積了上萬件的參賽作品,成為亞洲設計圈重要的專業獎項,因此台灣設計研究院打算集結這幾年的趨勢與發現,把歷年作品出版成書,將設計最前緣的優質產品,做系統性的論述與歸納。「我們不僅要讓金點獎成為華人榮耀或是世界榮耀的獎項,更重要的是要讓金點設計獎的觀點能夠帶領世界的設計往前走。」

林鑫保認為,金點獎涵蓋了整個亞洲東方的設計美學與設計生活型態,在可見的未來,不管是東方的美學、東方的思維或是東方的生活態度,都可以透過金點設計獎來與歐美進行對話。

「而且我們可以看得到,未來亞洲的市場會一片欣欣向榮,不論是中國的崛起,或是馬來西亞、越南、菲律賓、印尼的經濟成長率都維持在高檔,所以我們可以預見亞洲市場的重要性。」

金點設計獎的未來除了腳步要更加國際化,也要呼應全球趨勢,讓全世界有意進入亞洲市場的個人或廠商,都能把金點獎作為銜接亞洲的平台。設計力傲視亞洲的台灣,自然也會把握住這樣的機運,發揮自身在設計與製造上的優勢,跟著亞洲市場一起成長,成為全球中最受矚目的設計大國。

Gala@23:59

台湾がデザインの中心に ゴールデンピン・デザイン賞

文・蘇晨瑜 写真・林旻萱 翻訳・笹岡 敦子

1981年に始まるゴールデンピン‧デザイン(金点設計)賞は、ドイツのレッドドット‧デザイン賞、iFデザイン賞、日本のグッドデザイン賞に続く、世界の華人市場で最も権威あるデザイン賞である。現在、台湾デザイン研究院が賞とイベントを企画実施している。受賞作品にはアジアの最新デザインのトレンドとともに、デザインにおける台湾の強みと優れた創意が現れている。


「終末を告げる時計が23:59を指す。人々はそこに危険を見るが、我々は饗宴を見る」閉幕したばかりの2019ゴールデンピン‧デザイン賞は「Gala @23:59」と題し、授賞式でも人々が終末と永遠に抱く想いと答えが映し出された。

創意の押しピンを壁に

デザイン界に名高いゴールデンピン‧デザイン賞は、1981年に創設された。当時は役所的な「台湾優良デザイン賞」という名称で、優れたデザイン作品を選ぶことを目的としていた。後に、海外に浸透するべく、国のデザイン賞に格上げし、2009年に「ゴールデンピン‧デザイン賞」と改名した。デザイナーがアイディアのメモを壁に押しピンで止める様子にインスピレーションを得ている。更に、覚えやすくするために、わが国の著名な「ゴールデン」ホース賞、「ゴールデン」ベル賞に倣い、今ではデザイン界に知られるゴールデンピン‧デザイン賞となった。

2014年、ゴールデンピンは3度目の転換を図った。国際化を進め、アジアに関わるデザインであればエントリーできることとした。台湾デザイン研究院(旧‧台湾創意デザインセンター)副院長‧林鑫保は「ゴールデンピンは華人に向け、アジアに繋がり、特に欧‧米‧日等の成熟した国と対話し、深みのある交流を図っています」と語る。

国際化を進めてから、審査員団には世界的な権威があり、デザインの実力ある名士を招請している。公正かつ客観的な審査を経て、授賞式は盛大かつ厳かに行われる。こうして、受賞したデザイナーとメーカーにスポットライトが当たり、ゴールデンピンはアジアのデザイン界で信頼の地位を築いている。

近年はさらに、各国のデザイナーがアジア市場に参入するための試金石になっている。2019年には、ドイツの光学機器大手のツァイス社が、商品のアジア発売に先駆けて、まずゴールデンピンで市場の感触を探った。ゴールデンピンにエントリーする国も多様になりつつある。米、ロシア、タイ、豪、オランダ、フランス、レバノン、ポーランド、インド、さらにセルビア、ハンガリー、中央アフリカからも作品がエントリーし、百花繚乱、世界中が台湾で競う場になっている。

レッドドット、iFと肩を並べる

ゴールデンピンは華人圏に強い影響力をもつ。アワードによって、台湾のブランドが育ち、台湾オリジナルのデザインブランドが国際市場に羽ばたき、アワードの知名度も拡大した。数多の受賞者が自社製品の宣伝に、ドイツ‧レッドドット、iFに並べてゴールデンピンを掲げている。ゴールデンピンを重視し、受賞の栄誉とメディア露出の効果があることを証明している。

ゴールデンピンはアジアのデザインの最先端に立つ。受賞作品に、コンテンポラリーデザインのトレンドが窺える。例えば、2019年のベスト‧オブ‧ゴールデンピン‧ロゴ作品「稲殻ビーチ玩具セット」の原料は、籾殻と天然デンプンである。100%分解可能なバイオ原料は、高熱で溶け、型に流し込んで成型すれば、様々な形状の容器ができる。

もう一組は「ベスト‧オブ‧ゴールデンピン‧デザインアワード」と「年度特別賞‧循環デザイン」を同時に獲得した「HMMグラス」である。著名なW春池計画(W glass project)と共同で回収ガラスを使い、地元の職人が手作りする。永遠の命をコンセプトに、時計の目盛りをエレガントな12角に表現し、趣ある琥珀色に染め、手に取って回すと美しい光と影が交錯する。循環経済とエコの新たな可能性を体現している。

「台湾はガラスのリサイクルでは世界2位で、スウェーデンに続きます」廃グラスも、溶かして再加工すると、気品が生まれ、モノの価値が上がる。こうして「HMMグラス」はデザインと環境が結びついた最良の事例となった。

「ゴールデンピンの入選作品から、環境保全は最近の台湾の強みであることがわかります。絶えず世界から注目される理由でもあります」と、林鑫保は台湾の環境保全と製造における優位性をまとめた。台湾はハイテクの島であるだけでなく、環境を重視する島でもある。「環境への敏感さと、循環デザインを重視する度合いは、欧米や日本に勝るとも劣りません」

アジアのデザイントレンドをリード

ゴールデンピン‧デザイン賞は、異なるターゲットに向け「ゴールデンピン‧デザインアワード」「ゴールデンピン‧コンセプトアワード」「ヤングピン‧アワード」を設けている。デザインアワードは、商品化‧市販されている製品で、受賞者はゴールデンピンのロゴ使用権が得られる。コンセプトアワードは、まだ市場に出ていないか量産されていない製品だから、世界のデザイントレンドのコンセプトになる。ヤングピンは、世界最大の学生のための新世代デザイン展の唯一のオフィシャルアワードである。大学デザイン科の卒業制作のためのアワードで、新進デザイナーの登竜門になっている。

国際的にデザインで社会の課題を解決する近年の風潮に応え、2年前に「年度特別賞‧循環デザイン」と「年度特別賞‧ソーシャルデザイン」を設けた。「デザインを応用面で用いて、異なる思考ができることを示したい、それがこの2年のゴールデンピンが、以前と違うところです」

現在のゴールデンピンデザイン賞は、華人デザイン圏の最高の栄誉と位置づけ、国際的に知名度の高いレッドドット‧デザイン賞、ドイツのiFデザイン賞との差別化を図っている。ゴールデンピンは台湾を世界との対話に導きたいと願う。

台湾はデザインの実験フィールド

それができたのは、台湾の絶好の地理的条件が、デザインの発展に適しているからである。「台湾の立地は特別です。北に北東アジアの日韓、南は東南アジアのオーストロネシア語系の国々、そして大陸にも面していて、台湾はその中心に位置します」独特の立地に恵まれ、台湾はデザイナーの最高の実験フィールドになった。

例えば、商品をデザインして制作したら、続いて実験をするが「北東アジアでも東南アジアでも、その商品を試す環境が台湾にはあります」また台湾では、アイディアが浮かんだら、かなり突拍子のないものであっても、ふつうは製造業者が見つかり、形にすることができる。

東西をつないで

1981年の創設以来、ゴールデンピンの応募作品は一万点を超える。そこで、台湾デザイン研究院はこれまでの趨勢をまとめ、歴代作品を書籍にして出版する計画を立てている。最先端の優れた製品を系統的に論述し、帰納していく。「ゴールデンピンを華人の誇り、世界の栄誉にするだけでなく、ゴールデンピンの視点で世界のデザインを前進させることが大切なのです」

「アジア市場はこれからいっそう繁栄します」 ゴールデンピン‧デザイン賞の未来は、国際化に邁進しつつ、世界のトレンドに呼応し、アジア市場に進出したい世界中の個人や企業が、ゴールデンピンをアジア市場への接点とすることにある。デザイン力をアジアに誇る台湾は、おのずとこの機運をつかみ、デザインと製造の強みを発揮し、アジア市場とともに成長し、世界の注目が集まるデザイン大国へと向かっていく。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!