Bounty of the Seas

Seeking Sustainability for Taiwan's Marine Resources
:::

2018 / May

Esther Tseng /photos courtesy of Jimmy Lin /tr. by Phil Newell


In his poem “Do You Want to Be a Mermaid?” the poet Yu ­Kwang-­chung asks, “Do you know that the mountains are not as high as the sea is deep? / Do you know that the land is not as broad as the sea is wide? / Do you know the volume of the ocean’s magnan­imity? / Do you know the capacity of its forbearance? / Or what kinds of secret treasures are the Sea God’s riches?”

Though Taiwan covers less than 0.03% of the earth’s total land area, the seas around our island are home to one-tenth of the world’s fish species. Yet the sea is sounding a stark warning to Taiwan: Our marine resources are being exhausted, and habitats degraded. Only by action to conserve and protect our marine resources can this threat be averted.

 


 

There are some 220—230,000 marine biological species in the world. Taiwan, though small in area, has about 12—13,000 marine species. The reason why Taiwan has such rich marine resources is due to the island’s unique geographic position.

Abundant marine life

Taiwan is located at the northern edge of the “Coral Triangle,” an area of tropical seas with many islands and extraordinary levels of biodiversity. It is at the point of inter­section of three “large marine ecosystems”: those of the East China Sea, the South China Sea, and the Philippine Sea. It is also the meeting point of three ocean currents: the Ku­ro­shio Current, the China Coastal Current, and the South China Sea Current. And it has diverse marine habitats. All these are important factors in giving shape to different ecosystems that create its rich biodiversity.

Shao ­Kwang-tsao, former director of the Biodiversity Research Center at the Academia Sinica (BRCAS), has spent 25 years compiling the “Fish Database of Taiwan.” He notes that there are currently data on 3,200 fish species in the Taiwan area, accounting for one-tenth of global fish species, including 322 that are endemic species unique to Taiwan.

In particular, the numbers of species in the families Chaetodontidae (but­ter­fly­fish) and Pomacanthidae (angel­fish) are the highest in the world. For example, of the 122 species of Chaetodontidae worldwide, Taiwan has 43, or about one-third. Thus Taiwan is not just a “butterfly kingdom” on land, but also a “but­ter­fly­fish kingdom” at sea!

Not only are there many fish species, but their distribution has features unique to Taiwan. Because Taiwan straddles the border between the tropical and subtropical regions, there are marked differences between the marine life around the north of the island and that around the south. Shao ­Kwang-tsao cites the following examples: “In the seas off northern Taiwan you can see the chocolate hind [Cephalopholis boenak] and the smokey chromis [Chromis fumea], but you can’t see them in the south. And you will see no sign in the northern seas of the sharp-nosed garden eel [Gorgasia taiwanensis] or the sea goldie [Pseudanthias squamipinnis] that you can discover in the seas off Ken­ting in the southernmost part of Taiwan. It’s hard to find anywhere in the world that compares in terms of the richness of marine resources.”

Intertidal splendor

Taiwan’s intertidal zones also provide highly diverse habitats. Comprising rocky shores, mudflats, mangroves, rocky reefs and coral reefs, each individual ecosystem has its own unique environment and life forms.

Dai ­Chang-feng, a professor in the Institute of Oceanography at National Taiwan University, has been studying coral reefs for over 30 years. He notes that worldwide there are some 1000 species of reef-building corals, and of these around 300 species are found in the small sea area around Taiwan. At the Pratas (Dong­sha) Islands in the South China Sea there are 118 species of octocorals (corals of the suborder Octocorallia, in which the coral polyps have eight tentacles), while at Ken­ting there are nearly 300 species. This degree of diversity is as high as anywhere in the world. It can often take hundreds of years for a small coral reef to form, and some of Taiwan’s rare and beautiful reefs have taken hundreds of thousands of years to reach their present size.

Dai ­Chang-feng undertook a two-year survey of coral in the Pratas Islands. He says that the Pratas Islands atoll, which lies at the high latitude of 20° North, is some 25 kilometers in diameter, a size rarely seen anywhere in the world. After 20 years of natural re­hab­ilita­tion, along with a reduction in human interference after the creation of a marine protected area, the coral coverage rate in the lagoon of the atoll has risen from 0% after destruction by natural disasters, to 40‡50% ­today.

Restoring marine resources

Following on the issue of global warming, the exhaustion of marine resources is a marine version of An Inconvenient Truth, for marine species are disappearing at an alarming rate. Surveys by the BRCAS of fish popu­lations in Taiwan’s intertidal zones showed more than 300 species in 1999‡2001, but by 2010‡2011 there were less than 50 species remaining in northern Taiwan. Species that were once common have become uncommon, rare, or not seen at all, and there have even been regional extinctions. Also, the dearth of fish available for fishermen to catch has increasingly pushed up prices for consumers.

The main reasons behind the destruction of marine resources have been overfishing, habitat destruction, pollution, invasive species, and human overpopulation. Shao Kwang-tsao makes an earnest appeal on behalf of the next generation, who he fears will perhaps have no seafood to eat. He calls on the government to take the first step toward the restoration of marine resources by setting limits for fishing: restrictions on fishing gear, fishing methods, fishing seasons, target species, fishing areas, and the number of fishing vessels.

“But restricting fishing only addresses the symptoms. To get to the root of the problem we need to establish marine protected areas, and citizens need to consume fish intelligently—that is, to eat only seafood that is fished sustainably.” To date the government has established the Dong­sha Atoll, Tai­jiang, and South ­Penghu Marine National Parks, and throughout Taiwan it has designated more than 100 coastal nature reserves and other zones for the protection of wildlife, wetlands, and fisheries resources. Shao urges the government to take measures such as creating no-fishing zones and establishing conservation areas within protected areas, but he laments that most of the designated areas are being used for management of the fishing industry, not for conservation. Therefore the most important thing is for the government to genuinely implement management and law enforcement, and not to fall into the trap of only having “on-paper” marine protected areas.

Carefully preserve marine riches

Nonetheless, where there is action, change is sure to follow. The Liu­qiu Fishermen’s Association in Ping­tung County has been willing to face up to the truth. Many fishermen have reported that in the seas around the island of Xiao­liu­qiu, the numbers of various fish species once commonly seen there—including the largehead hairtail (Trichiurus lepturus), the torpedo scad (Mega­las­pis cordyla), the red bigeye (Priacanthus macracanthus), and the moonfish (Mene maculata)—are far lower than in the past. Accordingly, in 2013 the association banned the use of certain fishing techniques, such as drift gill­net­ting, within three nautical miles of the island, and began encouraging fishermen to use more sustainable techniques such as pole-and-line fishing and longline fishing. Moreover, they ensure enforcement of fishing regulations, interdicting more than ten cases of illegal fishing each year. They are also constructing artificial reefs in order to provide additional habitats for fish populations and so maintain marine resources.

Liuqiu Fishermen’s Association staffer Li Yili notes that because gillnet fishing is dangerous to sea turtles, since the gillnet ban took effect snorkelers can see many sea turtles greeting them. Also, the average weight of largehead hairtail fish has increased from 1‡2 kilograms to 2‡3 kilos, enabling them to fetch better prices.

On Greater Kin­men Island, the Kin­men County Government has designated a horseshoe crab conservation zone in the inter­tidal zone at Gu­ning­tou on the island’s northwest coast, to protect the tri-spine horseshoe crab (Tachypleus tridentatus). Known as “living fossils of the beaches,” horseshoe crabs have existed for at least 400 million years. The crabs mate for life, and so they are nicknamed “husband-and-wife fish” in Chinese. Fifty years ago there were still many horseshoe crabs along the west coast of Taiwan proper, but because of habitat changes, by 20 years ago they had virtually ­disappeared.

The Kin­men County Fisheries Research Institute has for many years helped “couples” of tri-spine horseshoe crabs, which frequently find it difficult to reproduce, to lay and fertilize their eggs; after the eggs hatch, the institute releases the larvae into the sea. The number of juvenile horseshoe crabs has been rising steadily. There have even been cases of adult crabs coming ashore to lay eggs on the beach at Xiong­shi Fort, where there have been no releases of crab larvae.

Seafood Guide Taiwan

A further strand of marine conservation starts with consumers. Shao Kwang-tsao is promoting the “Seafood Guide Taiwan,” calling on people to not eat species that have been depleted by overfishing or whose environments have been damaged by destructive fishing methods, such as coral reef fish, bluefin tuna, and whale shark. On the other hand, people can eat more of those aquatic species that are still abundant in ocean fishing grounds, or are raised in well-managed aquaculture facilities. These include Pacific saury, tilapia, milkfish, and sakura shrimp. The message: Eat more migratory species, farmed species, and species from the bottom end of the food chain, but don’t buy large predatory fish or rare species.

The seafood firm “Upwelling” launched its “Responsible Fisheries Index” (RFI) in 2015. Taking into account the United Nations’ Code of Conduct for Responsible Fisheries and the local environment for the fishing industry in Taiwan, a number is formulated for each seafood product based on indicators such as sufficient population, legality of catching, species’ reproductive capabilities, and impact on the environment. This allows consumers to base their fish purchases on the RFI number, production location and production method marked on the product packaging.

Satoumi: New focus for marine conservation

The effect of focused efforts at conservation in Xiao­liu­qiu, Kee­lung and elsewhere has been to restore marine biodiversity. Not only does the value gained in terms of ecotourism transcend the economic value from catching fish for eating, but the efforts also conform to the principles of protection of biodiversity and sustainable use of resources, matching up with the “Sato­umi” concept and trend that has been promoted in Japan these past several years.

Shao ­Kwang-tsao points to several examples. The ecotourism experience of collecting oysters with oxcarts at Fang­yuan, Chang­hua County, has facilitated the economic transformation of this fishing village. The Ku­ro­shio Ocean Education Foundation and the Ma­tsu Fish Conservation Union are promoting conservation of cetaceans, including the Chinese white dolphin. The protection of the Gao­mei and Aogu wetlands has created opportunities for cetacean watching and wetlands tourism. These are all practical applications of Sato­umi ideals.

Only if we earnestly endeavor to coexist harmoniously with nature can the diversity of marine life be preserved, and can marine resources grow and multiply without end. And only then will we be able to go on reading the poem of Yu ­Kwang-­chung: “How much coral and how many pearls are there, / How many sea anemone and starfish, how many floating jellyfish, how many sharks and dolphins? / When on land the dinosaurs had all become fossils, / The mighty humpback whale and sperm whale / Were blowing out magnificent waterspouts / On the bright blue highway. /… / Prairies of kelp, ranches of aquatic life, / The undersea vistas are limitless….”   

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

豐富多樣的海洋資源

保育海洋,永續台灣

文‧曾蘭淑 圖‧林格立

詩人余光中《你想做人魚嗎?》的詩問道:「你知道山高不及海深嗎? 你知道地廣不及海闊嗎? 你知道海量是怎樣的肚量?你知道海涵是怎樣的涵養?海神的財富是怎樣的秘藏?」

是的,海島台灣,陸地面積不到地球萬分之三,卻蘊育十分之一的海洋魚類物種。然而,海洋以快板奏出驚愕交響曲提醒台灣:海洋資源枯竭、棲地環境惡化。付出行動,保育海洋資源,才能在未來奏出和諧的樂章。


 

全世界海洋生物物種約有22~23萬種,台灣面積雖小,海洋生物的種類卻達1萬2,000~1萬3,000種之多。海洋資源如此豐富的原因,是因台灣獨特的地理位置。

台灣海洋生物,多樣豐富

台灣地處全球物種最豐富的東印度群島地理區北緣,以及東海、南海與菲律賓海三大海洋生態系(Large Marine Ecosystem, LME)」的交會處,黑潮、中國大陸閩浙沿岸流與南海海流等三種不同海流交會,以及海域棲地多樣性,形成不同生態系是造成生物多樣性豐富的重要因素。

中研院前生物多樣性研究中心主任邵廣昭以25年時光建立「台灣魚類資料庫」。他指出,現有3,200種在台灣附近的魚類資料,佔了全球魚類資源的十分之一,其中屬台灣特有原生種有322種。

特別的是,蝶魚與棘蝶魚兩科的總種數,居全球之冠。以蝶魚為例,全球的蝶魚共有122種,而臺灣就有43種,約占三分之一,因此台灣陸上是「蝴蝶王國」,在海裡也是「蝶魚王國」。

不僅魚類種類多,魚種分布還具有台灣的獨家特色。由於台灣位於熱帶與亞熱帶的交會,南北海域的海洋生物明顯不同。邵廣昭舉例說,「在北部海域看到橫紋鱠、燕尾光鰓雀鯛,在南部海域看不到;在墾丁海域發現的台灣園鰻、絲鰭擬花鮨,在北部近海不會發現它們的蹤跡,如此豐富的海域資源,世界不容易找到相同的地方。」

潮間帶、珊瑚礁,景象萬千

台灣潮間帶棲地也具多樣性,不僅分為岩岸、泥沙地與紅樹林、岩礁區與珊瑚礁,每一個系統都有其獨特的環境與生物。

以珊瑚礁為例,研究台灣珊瑚礁卅多年的台灣大學海洋研究所教授戴昌鳳指出,全球造礁珊瑚共約1,000種,台灣小小海域即擁有約300種,以觸手有8支的「八放珊瑚」為例,東沙群島有118種,墾丁有近300種,歧異度之高傲視全球。一小塊珊瑚礁往往經歷幾百年造成,台灣罕見而漂亮的海域珊瑚礁,有些甚至經過幾十萬年才形成。

他指出,1998年全球水溫升高,造成全球四分之一珊瑚死亡,台灣海域也無法倖免,接著莫拉克颱風帶來大量沈積物也使墾丁沿岸珊瑚大量死亡。戴昌鳳以2年時間完成東沙群島的珊瑚調查,他說,長在北緯20度如此高緯度的東沙環礁,有25公里長,全球少見,經過這20年自然修復,加上劃設海洋保護區減少人為破壞,環礁內的潟湖,珊瑚覆蓋率從天災破壞後的0%增加至40~50%。

資源枯竭是現在進行式

至於台灣特有的珊瑚礁魚種,邵廣昭指出,珊瑚礁魚場生態系已發生巨大改變,原本熱鬧熙攘的「海底王國」已不復見。因研究需要已有潛水35年資歷的邵廣昭說:「我到澳洲大堡礁潛水,魚兒在你一旁流連忘返、擺POSE、當免費模特兒;但台灣由於潛水時不經意的破壞與在礁區潛水打魚,以及國人愛吃、愛養、愛釣的消費習慣,珊瑚礁魚一看到人馬上逃之夭夭。」

海洋資源枯竭是繼全球暖化議題之外,海洋版的「不願面對的真相」,因為海洋生物正以驚人的速度在消失!根據中研院生物多樣性中心的研究,台灣潮間帶的魚類群聚,1999~2001年有三百多種;2010~2011年間北部剩下不到五十多種。過去常見的魚種變成少見、罕見、不見,甚至出現區域性的滅絕,尤其是體型大的肉食性魚類海鰻、石鱸、石斑、笛鯛,已被獵捕殆盡,也因為捕不到魚,消費者發現魚愈來愈貴。

海洋資源復育三部曲

海洋資源被破壞,主要有過度捕魚、棲地破壞、污染及外來入侵種的破壞、人口過多等原因。邵廣昭感嘆說,由於漁民有選票,魚沒有選票,因此過去把過錯都歸咎給「氣候變遷」,變成大家都沒有責任!廿多年前,他開始苦口婆心呼籲,我們的下一代可能將無海鮮可吃,大聲疾呼政府,海洋資源復育第一步就是「限漁」:限制漁具、漁法、漁期、漁種、漁場、漁船數。

「但限漁只是治標,治本是劃設海洋保護區(Marine protected areas,MPA),以及民眾聰明吃魚──吃符合永續漁法採捕的海產。」目前政府已設立東沙、台江及南方四島海洋國家公園,依不同法令劃設超過百餘處的野生動物、溼地、漁業資源與海岸自然保育區。邵廣昭語重心長地呼籲,保護區內有禁漁、保留區等措施,但大多用來作漁業管理,而非保育,因此最重要的是政府落實取締,不要淪為「紙上海洋保護公園」。

他以墾丁核三廠進水口為例,由於受到嚴格的安全管制,二十年來沒有人為捕撈及遊憩活動,已形成美麗又茂盛的珊瑚礁生物群聚,成為台灣聞名國際、最有成效的海洋保護區。

繽紛海域,用心保育

付出行動,必然帶來美好的改變。屏東琉球區漁會願意面對真相,因為許多漁民回報,像白帶魚、鐵甲鲹魚、紅目鰱、皮刀魚等附近海域常見魚種,跟早期相比「少了很多」,因此漁會2013年實施小琉球全島3海浬內禁止流刺網等拖網作業,輔導漁民轉而採用較永續的一支釣與延繩釣漁法,並且確實查緝,每年都取締十多件違規案件;同時搭配投放人工魚礁的方式來增加魚群棲地,成功維護海洋資源。

琉球區漁會推廣員李益利指出,由於拖網是海龜的天敵,禁止拖網捕漁後,潛水時可以看到許多海龜、綠蠵龜向你打招呼;白帶魚也從平均1~2公斤重長大至2~3公斤重,賣價更好。因為成功保育「海洋」,小琉球才吸引這麼多遊客前來觀光。

金門縣政府在西北海域潮間帶劃設古寧頭鱟保育區,保育有「灘地上的活化石」之稱的水頭鱟。鱟是4億年前即存在的物種,而且一旦「結為夫妻」即忠貞不分離,又稱「夫妻魚」。50年前台灣沿岸還很多,由於棲地環境的改變,20年前西海岸幾乎已見不到鱟的蹤跡。

金門水產試驗所多年來協助容易「難產」的鱟夫妻「產卵、孵化」,再放流回到海洋,稚鱟數量持續穩定增長,甚至在沒有放流的雄獅堡海灘發現成鱟上岸產卵的蹤跡。同時在長期環境教育努力下,鱟成為台灣民眾心目中的「保育類」生物。

基隆縣政府更在基隆區漁會自發性巡守與當地居民要求下,2016年設立15公頃的「望海巷潮境海灣資源保育區」,成為台灣第28個、也是最新的漁業保護區。基隆市政府海洋事務科長蔡馥嚀指出,2年來嚴禁採捕、漁撈,志工把海底垃圾帶走,清除廢棄網,魚蝦變多、生態變好,成為東北角熱門潛點,潛水客增加6、7倍。海科館研究發現,定棲性的海龜、海膽數量與密度變多;以前石斑魚還沒有長大就被抓走,現在潛水客可以看到「大隻、數量又多的石斑魚」。

海鮮指南,永續餐桌

海洋保育的第三部曲是從消費者端著手。推動海洋保育不遺餘力的邵廣昭指出,「我們的下一代可能無魚可捕、潛水的人無魚可觀賞,連我們作研究的人都抓不到魚。」這樣的危機,促使邵廣昭推動「台灣海鮮選擇指南」,不要吃已經遭到過度捕撈,或是以破壞生態方式捕捉的珊瑚礁魚、黑鮪魚、鯨鯊;漁場尚豐富,而且管理完善的養殖場的秋刀魚、吳郭魚、虱目魚、櫻花蝦等可以多吃。多吃迴游種、養殖種、食物鏈底層的海鮮,不買大型掠食魚、稀有種。

這樣吃魚是不是太過保守?很多魚都不能吃?邵廣昭強調:「我不是保守,我是保育派,從保育的觀點來吃魚──既然養殖的石斑營養與野生的一樣,何必跟自己荷包過不去,吃愈來愈少的野生石斑呢?」

水產業者「湧升海洋」2015年發起「責任漁業指標」(RFI, Responsible Fishery Index),參照聯合國責任漁業行動綱領與台灣在地的漁業環境,制定數量充足、合法捕撈、魚種繁殖能力、對環境衝擊等指標,為漁產打分數,讓消費者參考商品包裝上的RFI分數、產地與生產方式,作為購買的指南來吃魚(分數愈低,代表合法捕撈,不會威脅生態環境)。

  湧升海洋公司總經理徐承堉舉例,與黑鮪相較,現今黃鰭鮪數量多、資源回復力強,是較符合永續精神。相較土魠與白鯧,鯖魚數量多、營養價值高,RFI分數比較低;選購來自「一支釣」及 「曳繩釣」漁法的齒鰆或赤鯮,與拖網漁法相比,屬於永續漁產。

海洋保育的新亮點:里海

小琉球、基隆等地用心保育的結果,回復海洋生物多樣性,在生態旅遊或觀光方面的價值,不但超過漁獲食用的經濟價值,而且符合生物多樣性保護、資源永續利用的原則,與日本這幾年推動的「里海」(Satoumi)觀念與趨勢不謀而合。

邵廣昭指出,日本這幾年強調「里海」的觀念,透過人為營造與管理,進行海洋資源的復育,讓當地社區的居民得以結合當地生態特色,永續利用海洋資源。舉例來說,彰化芳苑以海牛車採蚵,或是挖蚵的生態體驗,來促進漁村的轉型;宜蘭南方澳2013年開始在每年的6月生長時間實施禁漁措施,「復魚」結果能捕獲大魚來舉行「鯖魚季」;黑潮海洋文教基金會與台灣媽祖魚保育聯盟推動鯨豚與白海豚的保育,高美、鰲鼓溼地的保護,得以賞鯨豚、遊溼地;這些都是「里海」理念的實現。

認真與自然和諧共生,海洋資源多樣性得以保護,海洋資源才能再生不息,也才能繼續吟唱詩人余光中的詩:

「有多少的珊瑚和珍珠,

多少海葵和海星,

多少水母浮潛出沒,

多少鯊魚和海豚?

當恐龍在陸上都成了化石,

雄偉的大翅鯨、抹香鯨,

在亮藍的高速公路上,

卻迎風噴灑壯麗的水柱。

……

海藻的草原,

水族的牧場,

水下的風景無窮無盡。」

生物多様性とサステナビリティ

海洋保全

文・曾蘭淑 写真・林格立  翻訳・山口 雪菜

詩人余光中の「你想做人魚嗎?(君は人魚になりたいか)」はこう問いかける。「君は山の高さは海の深さに及ばないことを知っているだろうか。地の広さは海の闊さに及ばないことを知っているだろうか。君は海量がどのような度量なのか知っているだろうか。海涵がどのような涵養なのか知っているだろうか。君は海神の富がどのような秘蔵か知っているだろうか」

そう。島である台湾の面積は地球の全面積の1万分の3に過ぎないが、ここに世界の海洋生物種の10分の1が生息している。しかし現在、海洋資源は枯渇し、棲息環境は悪化している。行動を起こして海洋資源を保護しなければならない。


世界の海洋生物種は約22〜23万とされる。台湾は陸地面積は狭いが、生息する海洋生物種は1万2000〜3000種に上る。それは台湾の独特の地理や位置と関係している。

多様で豊かな台湾の海洋生物

台湾は、生物種が最も豊富な東インド諸島の北辺に位置し、東シナ海、南シナ海、フィリピン海という三つの大規模海洋生態系(Large Marine Ecosystem, LME)が交わる位置にあり、また黒潮と中国大陸福建浙江省の沿岸流と南シナ海海流が取り囲む。さらに海域生息地も多様であるため、さまざまな生態系が形成されており、豊かな生物多様性が見られる。

中央研究院生物多様性研究センターの元主任である邵広昭は25年前に「台湾魚類データベース」を構築した。その話によると、台湾付近で見られる魚類では3200種の資料が登録されており、これは世界の魚類資源の10分の1を占める上、台湾固有の原生種が322種に上るという。

中でもチョウチョウウオ科とキンチャクダイ科の種類は世界一多い。世界のチョウチョウウオ科の魚類は122種なのに対して台湾には43種が棲息している。そのため台湾は陸上は「チョウの王国」、海洋は「チョウチョウウオの王国」と言えるのである。

魚類の分布にも特徴がある。台湾は北は亜熱帯、南は熱帯に属するため、南北で海洋生物が大きく異なる。「北部の海域に見られるヤミハタやマツバスズメダイなどは南部では見られず、南部の墾丁で発見されたアキアナゴやキンギョハナダイは北部海域では見られません。これほど海域資源が豊富な場所は世界でも珍しいのです」と邵広昭は言う。

潮間帯とサンゴ礁

潮間帯も多様だ。岩石海岸や砂浜、マングローブの林、岩礁、サンゴ礁などが見られ、それぞれに独特の生態系がある。

台湾のサンゴ礁を研究する台湾大学海洋研究所の戴昌鳳教授によると、造礁サンゴは世界に1000種ほどあるが、小さな台湾の海域では300種ほど見られる。例えば、八放サンゴの仲間は東沙諸島(プラタス諸島)に118種、墾丁に300種余りある。小さなサンゴ礁でも数百年をかけて形成されたものであることも多く、中には数十万年を経たものもある。

戴昌鳳によると、1998年に海水温の上昇によって、地球全体のサンゴの4分の1が死んでしまい、台湾では台風の豪雨がもたらした大量の土砂で墾丁海岸のサンゴが大量に死滅した。彼が2年をかけて東沙諸島のサンゴ礁を調査したところ、北緯20度という高緯度の東沙環礁は長さ25キロと世界的にも珍しい規模を持ち、20年にわたる自然修復と海洋保護区設定によって、ラグーンのサンゴに覆われている面積は、天災による破壊直後の0%から40〜50%まで回復していた。

深刻な資源枯渇

邵広昭によると、サンゴ礁漁場の生態系にはすでに巨大な変化が生じ、かつての「海底王国」は見られなくなったという。研究のために35年前から海に潜ってきた邵広昭はこう話す。「オーストラリアのグレートバリアリーフでは、魚たちと一緒に泳ぐことができ、一緒に写真を撮ることもできますが、台湾のサンゴ礁では、人々が魚を捕り、釣りをするので、魚たちは人間の姿を見るとすぐに逃げていってしまうのです」

海洋資源の枯渇は地球温暖化に続く重要なテーマであり、人々が直視したがらない課題でもある。海洋生物は、まさに驚くべきスピードで消滅しつつあるのだ。中央研究院生物多様性センターの研究によると、台湾の潮間帯における魚類は1999〜01年には300種余り見られたが、2010〜11年には北部では50数種しか残っていなかった。かつては普通に見られた魚も希少になり、中には地域的に絶滅してしまった種もある。特に大型で肉食性のアナゴやハタ、フエダイなどはほぼ捕り尽くされてしまい、価格も高騰している。

海洋資源減少の主たる要因は、濫獲や棲息地の破壊、汚染および外来種による破壊、人口過多などである。邵広昭は、子や孫の世代は海産物を口に出来なくなるかもしれないと警鐘を鳴らし、海洋資源保全の第一歩として漁獲規制を進めるべきだと政府に呼びかける。漁具や漁法、漁の期間、漁場、漁船数などの規制である。

「しかし、規制も表面的な措置に過ぎません。根本的な手段としては海洋保護区(MPA)を定め、消費者も持続可能な漁法で捕った魚を選んで食べるようにすることです」と言う。政府は現在、東沙、台江、南方四島を海洋国立公園に指定し、各種法令によって、野生動物や湿地、水産資源、海岸自然の保全区を百カ所以上指定している。だが、保護区内での漁業禁止などは漁業を規制する措置であって保全措置ではない。「机上の海洋保護公園」に陥らないよう、取締りを強化することが重要なのだと言う。

例えば墾丁にある第三原子力発電所の取水口は厳格な安全規制があって、20年にわたり漁やレジャーが禁じられており、そこには豊富なサンゴ礁生物が棲息している。ここが世界に知られる最も有効な海洋保護区となっているのだ。

美しい海を大切に

実際の行動は素晴らしい変化をもたらす。屏東県琉球区漁業組合は現在、真の問題を正視している。地域の漁業者から、タチウオやオニアジ、キントキダイ、ギンカガミといった魚が以前に比べて大幅に減少していると報告されてきたからだ。そこで漁業組合は2013年に、小琉球の沿岸から3カイリの範囲での刺し網漁などを禁止し、一本釣りまたは延縄漁に変えるように指導を始めた。取り締まりも行ない、年間十数件の違反案件を取り締まってきた。さらに人工魚礁などを設けて魚群の棲息地を増やし、海洋資源の保全に成功してきたのである。

琉球区漁業組合の李益利によると、トロール漁業はウミガメにダメージを与えるため、これを禁止した後は、ダイビングでアオウミガメなどがよく見られるようになったと言う。タチウオも主に1〜2キロだったのが2〜3キロのものが増え、高値で売れるようになったのである。こうした海洋保護が成功したおかげで、小琉球には多くの観光客も訪れるようになった。

金門県は北西岸の潮間帯に古寧頭カブトガニ保全区を設けている。カブトガニは4億年前からいる生きた化石と呼ばれる生き物で、一度つがいになったら生涯離れないことから「夫婦魚」とも呼ばれる。50年前は台湾の沿岸でもよく見られたが、環境の変化によって20年前からは台湾西海岸ではほとんど見られなくなった。

カブトガニは「難産」と言われており、金門水産試験所では長年にわたってその産卵と孵化をサポートし、幼生を海に返して安定的に数を増やしてきた。今では放流していない雄獅堡海岸でも、カブトガニが浜で産卵する姿が見られるようになった。これと同時に環境教育も続けてきたため、多くの人がカブトガニの保護が重要なことを認識している。

基隆でも、漁業組合と地元住民の要求の下、2016年に15ヘクタールの「望海巷潮境海湾自然資源保全区」を指定した。台湾で28ヶ所目の最新の漁業保護区である。基隆市海洋事務科長の蔡馥❊{によると、2年にわたって厳しく漁を禁じ、ボランティアが海底の漁網やゴミを回収するなどした結果、魚やエビも増えて環境は大いに改善され、東北角海岸で人気のダイビングスポットとなり、訪れるダイバーは6〜7倍に増えたという。国立海洋科技博物館の研究によると、移動せずに一定の地域に棲息するウミガメやウニの数も増えている。以前はハタも小さいうちに捕られていたが、今は海に潜るとたくさんの大きなハタを鑑賞できるようになった。

「持続可能な食卓」

海洋資源保護のために、もう一つ大切なのは消費者の行動である。「このままでは、私たちの次の世代は、漁をしても魚が取れず、ダイビングをしても魚を見ることができず、私たちのような研究者も魚が捕れない事態に陥ってしまいます」と邵広昭は言う。こうした危機感から邵広昭は、「台湾シーフード選択指南」を推進し始めた。捕り過ぎによって数が減っている魚や、生態を破壊する方法で捕られたサンゴ礁の魚やクロマグロ、クジラやサメを食べないこと、そして管理された養殖場のティラピア、サバヒー、サクラエビなどを食べるよう指導する。なるべく回遊魚や養殖魚、食物連鎖の下位に位置する海産物を選び、食物連鎖上位の大型の魚や希少種は避けるように、ということだ。

これでは厳しすぎるのではないだろうか。邵広昭は「厳しすぎることはありません。私は保全を重視していて、その観点から食べる魚を選びます。養殖のハタも天然のハタも栄養が同じなら、なぜわざわざ高価な天然ものを食べて数を減らしてしまうのでしょう」と問いかける。

水産業者の「湧升海洋」は2015年に「責任漁業指標」(RFI,Responsible Fishery Index)を発起した。国連が採択した「責任ある漁業のための行動規範」を参考に、台湾の漁業環境を考慮し、漁獲量や合法性、種の繁殖能力、環境への影響などを指標として点数を付けるものだ。水産物のパッケージにこのRFIの点数と産地と生産方式も表示し、消費者の参考に供している(点数は低いほど環境にやさしい)。

湧升海洋公司の徐承.K総経理によると、クロマグロに比べてキハダマグロの方が数は多く、資源回復力も強いためサスティナビリティの精神にかなっているという。また、サワラやマナガツオに比べると、サバの方が数も多いうえに栄養価も高く、RFIの点数も低いのである。

注目される「里海」

小琉球や基隆では、最新の海洋資源保護によって生物多様性が回復した。このことによるエコツーリズムや観光発展の価値は、漁業の経済価値より高く、しかも生物多様性の保護と資源の持続可能な利用の原則にかなっている。これは日本で数年前に打ち出された「里海」の理念にも期せずして一致するものだ。

邵広昭によると、日本で推奨されている「里海」の理念は、人の手が加わることによって海洋資源が保全され、人と自然が共生し、海洋資源を持続的に利用していくというものである。例えば、彰化県芳苑では牛車を使った牡蠣採取や、エコツーリズムによる地元産業の転換が見られる。また宜蘭県南方澳では2013年から毎年6月に禁漁措置を実施し始め、それによって大量のサバが捕れるようになった。さらに、黒潮海洋文教基金会と台湾媽祖魚保育連盟はセミイルカやシナウスイロイルカの保全を推進し、高美湿地と鰲鼓湿地を保護することで、ホエールウォッチングや湿地ツアーが実現している。これらはすべて「里海」の実例と言えるだろう。

真剣に大自然と向き合い、海洋資源の多様性を守ってこそ、海の資源は生命をつないでいけ、また余光中の詩を読み続けることができる。

「どれだけのサンゴと真珠、どれだけのイソギンチャクとヒトデ、どれだけのクラゲが浮沈出没し、どれだけのサメとイルカがいるのか。地上では恐竜が化石となっても、雄大なザトウクジラやマッコウクジラは、青く輝く高速道路で、風を迎えて壮麗な水柱を噴き上げる。……海藻の草原、海の生物の牧場、水の下の風景は無尽蔵」

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!