堅定的夥伴與盟友

台美關係40年
:::

2019 / 3月

文‧曾蘭淑 圖‧美國資料中心提供


「在我絕大部份回憶中,台灣人都是非常友善的。」前美國在台協會台北辦事處處長楊甦棣12歲時,曾在高雄的美軍社區住了2年。他回憶:「身為一個八年級學生,我總是從家門前的泥路等校車。小孩看見我們會說『米國郎,OK』。『美國人,OK』,那應該是一種美國人是台灣人盟友與夥伴的直覺,就算是小孩也能了解。……


197911日由於美國與中國大陸建交,風雨飄搖之際,同年410日美國國會通過《台灣關係法》,成為中華民國台灣與美國繼續維持商務、文化等關係往來的基礎。

《台灣關係法》實施至今40年,因應此法而設立的美國在台協會(以下簡稱「AIT」)為此在全台舉辦巡迴「AIT@40-1979年後美台關係特展」。在特展中,一張張陳列的照片,在時光的流轉裡,訴說著台美之間的深厚情誼;在特寫的影像中,得見歷經危機的試煉與承諾的珍貴。

救災護航,雪中送炭

特展有張「兩架直昇機起飛」的照片,其中一架直昇機還吊著一個小小的物件。仔細一看,直昇機是吊掛著一台「挖土機」。

這張照片拍攝的時間是2009817日。莫拉克颱風大雨驟至,高雄縣甲仙鄉小林村因「獻肚山」走山,四百多人遭到土石淹沒,由於道路中斷、救援困難。814日台灣向美國求援,美國出動駐日本佐世保港的兩棲運輸艦「丹佛號」,3天之後載來兩輛可以吊掛挖土機與推土機的直昇機,直接「飛進」災區展開救援。

美國派遣航空母艦的例子還有1996年,台灣第一次舉行總統直選時的台海飛彈危機。美國總統柯林頓決定派遣2艘航空母艦作戰群,航行至台海附近海域,實踐《台灣關係法》裡美國保障台灣民主安全的承諾。中央研究院研究員林正義認為,美國護航台灣,說明《台灣關係法》具有嚇阻能力。

美國對台灣的援助,從1949年國民政府撤退來台時,就有系統地提供大量的支助。根據統計,美國在19491963年間提供了36億美援,用在軍事、農、工、教育等方面,從東西橫貫公路至台北市1958年通車的南京東路、從高雄加工出口區到花蓮門諾醫院,都是運用美援完成的建設。台灣也逐漸成長茁壯,從一個依賴援助的國家,成為一個有能力提供援助的國家。

台美斷交後,美國對台灣的協助並沒有終止。有了《台灣關係法》作為兩國交流的基礎,台美之間的交流仍然頻繁且熱切。

以到美國留學為例,根據統計,從19802010年間,留學生逐年增加,不因台美斷交而減少。自從2012年台灣加入美國「免簽證計畫」後,AIT曾統計,台灣赴美人數成長超過60%2017年有近四十七萬五千名台灣旅客造訪美國,在旅行觀光商品上的花費超過廿二億美元(約新台幣680億元)。

文教交流,相知相識

台灣原本是美國「傅爾布萊特獎學金」合作的國家,斷交後,雙方經過交換信件,同意1964423日簽定之「中美教育文化交換計畫協定」繼續生效。這個在1946年由美國國會通過的「傅爾布萊特法案」,提供獎學金,由學者、學生、藝術家等人到雙方國家進行研究、教學、演講或攻讀學位,藉此促進美國人民和世界各國人民的相互了解。

「傅爾布萊特獎學金」除了原有的交換計畫之外,2003年開始,推動美國名校畢業的學生來台,擔任國中、小學的英語協同教學助理(Fulbright ETA)的計畫。這些經由美國國務院經費獎助,從一開始8個人,至今每年有上百名經由美國國務院選拔來到台灣的美國青年,本著文化交流的目的,藉由他們教學的活力與創意,成為台灣年輕學子學習英語最好的助力。

學術交流基金會表示:「這些來到台灣的ETA都非常熱愛台灣,覺得台灣有人情味、適合居住,很多人回去美國,努力為台灣發聲,並邀請家人親友來台灣。」由於留在台灣的美好回憶,回到美國後口耳相傳,台灣也成為申請Fulbright ETA的搶手國家。

AIT的美國資料中心2008年起,先贊助天下雜誌教育基金會的「希望閱讀書車」,提供英語繪本和得獎童書。2013年起,AIT以配備大尺寸液晶螢幕、iPad、觸控電腦等設備的「數位行動書車」,開進全台各地的偏鄉小學,希望藉此縮短城鄉數位落差。

AIT官員親自走進台灣各地校園,介紹美國文化,進行小型的科學實驗,或在寒暑假舉辦夏令營,並且透過視訊,或是將故事裝在平板電腦裡,以互動式電子繪本的方式和小朋友分享。美國資料中心統計,至2018年中旬,數位行動書車至少拜訪了178 學校,超過三萬五千名學童到書車閱讀美國知名作家的書、中英文繪本,在書香中認識美國文化。

創新能量,世界舞台

美國在台協會自許作為美國與台灣之間的橋梁,處長酈英傑曾提出,增進台灣在全球社會的角色,是他2018年上任後優先要做的事項之一。AIT2016年主辦魚客松(Fishackathon)與「NASA 黑客松」台灣場的比賽,便是鼓舞人心的例證。

美國在台協會響應美國國務院自2014年開始舉辦魚客松程式設計大賽,邀請程式開發人員研發應用程式,提出因應海洋生態保育和漁業發展的解決方案,以維護海洋永續資源,因此在2016年舉辦台灣場的魚客松比賽。冠軍隊伍「誠映科技」(Akubic)之後參加全球比賽,沒有想到首度參賽,即技壓群雄,以「 五大湖救星」 (Great Lakes Savior)方案拿到第3屆「魚客松(Fishackathon)」大賽的世界冠軍與1萬美元獎金。

美國在台協會得到激勵,接著再挑戰全世界最大規模的黑客松競賽:「NASA黑客松」,自2016年起拿到台灣場的舉辦權,廣邀英雄帖,舉辦賽前訓練課程,並且邀請美商,包括台灣IBM、英特爾、台灣微軟等公司贊助,提供比賽用的軟硬體與參賽的訓練,甚至得獎隊伍可以到IBM實習。

沒想到台灣在創新領域的能量實在無法小覷。2017年台灣的冠軍隊伍「Space Bar」,進軍總決賽,在全球187個城市參加,共25,140名參賽者、2,017項科技應用的激烈競爭中,脫穎而出,以解讀土石流資料的應用程式,獲得NASA黑客松全球「最佳概念獎」的冠軍。2018年則由台灣隊Light WonderTabby Rangers一起參加世界決賽,目前已入圍全球前5名。

美國國務院為分享在科技與創新的軟實力,位於松菸文創園區的美國創新中心,定期免費舉辦3D列印創新工作坊、機器人戰鬥營,以及學習虛擬實境、人工智慧、區塊鏈等最新科技概念的課程,今年3月起更計劃到各中學分享最新的雷射切割機在物理凸輪的設計與應用。台美雙方在知識、文化、科技等方面的交流,就像《台灣關係法》立法的初衷,拉起了一縷縷友誼的絲線,緊緊地栓綁著雙方,隨著時代的遞嬗,亙久而堅定。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Staunch Partners and Allies

40 Years of Taiwan–US Relations

Esther Tseng /photos courtesy of the Information Resource Center, AIT /tr. by Phil Newell

“Mostly, I remember that Taiwanese were very friendly,” says Stephen Young, former director of the Tai­pei Office of the American Institute in Taiwan, who lived in an American military com­mun­ity in Kao­hsiung for two years when he was 12 years old. He recalls: “As an eighth-grade student, I used to walk down the dirt road and wait for the school bus. Little local kids would see us there and say ‘Bi-gok-lang OK’—‘American OK.’ I think there was a sense that America was Taiwan’s friend and partner, and even children had that sense….”

 


The United States of America established formal diplomatic relations with mainland China as of January 1, 1979. Given the unstable situation that this created, in March of the same year the US Congress passed the Taiwan Relations Act, which took effect on April 10 and became the foundation for the continuation of commercial, cultural, and other relations between the Republic of China on Taiwan and the US.

This year marks the 40th anniversary of the entry into force of the Taiwan Relations Act, and the Amer­ican Institute in Taiwan (AIT), which was established in accordance with the TRA, has organized a special exhibition entitled “AIT@40—US‡Taiwan Relations Since 1979,” which will tour throughout Taiwan. Every photo on display in the exhibition evokes the deep friendship between Taiwan and the US over the passage of time. From these vivid images, one can see how the promises made have survived trials by fire as the two parties have passed through various crises.

Help in times of trouble

There is one photo in the exhibition that shows two helicopters taking off, one of which has a small object hanging from it. When you look more closely, you see that the helicopter is lifting a backhoe excavator.

The image was taken on August 17, 2009. Typhoon Morakot had brought torrential rains to Taiwan, and in Xiao­lin Village in Kao­hsiung County’s Jia­xian Township a debris flow on Mt. ­Xiandu had buried more than 400 people. The roads were cut, hampering rescue efforts. On August 14 Taiwan appealed for help to the US, which assigned the amphibious transport dock USS Denver, based at Sa­sebo Harbor in Japan, to head to Taiwan. Three days later the two helicopters it carried, which could airlift backhoes and bulldozers, flew directly into the disaster area to render assistance.

The US dispatched aircraft carriers to assist Taiwan in 1996, during the Taiwan Strait missile crisis at the time of Taiwan’s first-ever direct presidential election. US presid­ent Bill Clinton decided to send two US carrier battle groups into waters near Taiwan, fulfilling the under­taking in the Taiwan Relations Act that the US would resist any form of coercion that could affect Taiwan’s secur­ity. Lin Cheng-­yi, a research fellow in the Institute of European and American Studies at the Academia ­Sinica, argues that US protection of Taiwan demonstrates that the Taiwan Relations Act has a deterrent effect.

The US systematically provided a great deal of support and funding to Taiwan in the years following the ROC government’s withdrawal to Taiwan in 1949.

But US assistance to Taiwan by no means ceased with the break in formal diplomatic ties in 1979. With the Taiwan Relations Act as the foundation for bilateral inter­actions, exchanges between Taiwan and the US have become ever more frequent and warmhearted.

Take for example overseas study by Taiwanese in the US. Statistics show that from 1980 to 2010, student numbers grew year by year, and did not decline as a result of the break in diplomatic ties. Furthermore, since Taiwan joined the US Visa Waiver Program in 2012, according to AIT figures the number of Taiwanese traveling to the US has increased by over 60%. In 2017 alone nearly 475,000 Taiwanese visited the US, spending more than US$2.2 billion (roughly NT$68 billion) on travel and tourism.

Cultural and educational exchanges

Starting in 2008, the AIT’s Information Resource Center sponsored the CommonWealth Education Foundation’s “Read for the Future” bookmobile in providing English-language picture books and prize­winning children’s books to kids. Since 2013, the “Mobile American Corner,” equipped with a 60” TV, iPads, and touchscreen PCs, has visited primary schools in remote locations across Taiwan in hopes of narrowing the urban‡­rural digital divide.

AIT officials have personally visited schools throughout Taiwan to introduce American culture and undertake small-scale scientific experiments, and the AIT has also organized camps for winter or summer vacation. Moreover, they have been able to share interactive illustrated e-books with children by video link or by installing stories on tablet computers. The Information Resource Center reports that as of mid-2018, the Mobile American Corner had visited at least 178 schools, and more than 35,000 students had read works of famous American authors as well as illustrated books in Chinese and English at the mobile library, learning about American culture through reading.

Creative capabilities, world stage

The AIT sees itself as a bridge between the US and Taiwan, and Brent Christensen, director of its Tai­pei office, states that one of his top priorities since taking up his post in 2018 has been to increase Taiwan’s role in the global community. Two examples of the AIT’s efforts to build mutual friendship are the Taiwan competitions that it organized for the “Fishackathon” and the “NASA Hackathon.”

In response to the holding of the Fishackathon coding competition by the US Department of State starting in 2014, the AIT invited coders to propose digital solutions for problems in marine environmental protection and fisheries development, to ensure the sustainability of marine resources. In 2016 the Taiwanese start-up company Akubic won the world championship and US$10,000 at the 3rd Fishackathon for its “Great Lakes Savior” project.

Encouraged by the success of the Fishackathon, AIT next organized the Taiwan event of the world’s largest hackathon competition: the NASA Hackathon (a.k.a. the NASA International Space Apps Challenge).

Taiwan’s innovative capabilities proved to be surprisingly strong. The 2017 Taiwan champion team, “Space Bar,” entered the world finals, and won out over a field that included 187 locations, 25,140 participants, and 2,017 technology applications. The team won ­NASA’s global “Best Mission Concept” award for an app that can interpret debris flow data.

In order to share the soft power of technology and innovation, the US Department of State has arranged for the American Innovation Center (located in Tai­pei’s Song­shan Cultural and Creative Park) to regularly hold 3D printing workshops, robot combat camps, and courses on the latest technologies, such as virtual reality, artificial intelligence, and blockchains, all free of charge. Mutual exchanges of knowledge, culture and technology between Taiwan and the US are in the original spirit of the Taiwan Relations Act, creating firm bonds of friendship that tie the two sides tightly together across changing times.

パートナー、盟友としての固い絆 ——

台米関係40年

文・曾蘭淑 写真・美國資料中心 翻訳・山口 雪菜

「大部分の記憶の中で、台湾人は常に友好的でした」と話すのは、米国在台協会(AIT)台北弁事処元処長のステファン‧ヤング氏である。氏は12歳の頃から、高雄の米軍住宅に2年間暮らしていた。「8年生(中学2年)だった私は、いつも家の前でスクールバスを待っていたのですが、地元の子供たちが私を見かけると、いつも『アメリカ人、OK』と声をかけてきました。アメリカ人は台湾人の盟友であるということを子供たちも理解していたのでしょう」と語る。


197911日、アメリカが中国大陸と国交を樹立して国際情勢が大きく揺れる中、同年410日、米国国会では「台湾関係法」が可決成立し、中華民国台湾とアメリカの間の商業‧文化等の交流の基礎が維持されることとなった。

「台湾関係法」成立から今年で40年を迎え、同法によって設立された米国在台協会(AIT)は「AIT40-1979年後米台関係」巡回展を台湾各地で開催している。そこに展示された古い写真を一枚一枚見ていくと、時の流れの中に台湾とアメリカとの深く固い絆が感じられ、危機に見舞われた時の試練と約束の貴さが見えてくる。

雪中に炭を送る

その中に「2機のヘリコプター」の写真があり、よく見ると1機はブルドーザーを吊り下げて運んでいる。この写真は2009817日に撮影されたものだ。同年の台風8号(モーラコット)による大雨で献肚山が大規模な崩落を起こし、高雄県甲仙郷の小林村が住民400人余りとともに埋没してしまった時、道路は寸断されて救援のための道が確保できなかった。814日、台湾はアメリカに支援を求め、米軍は日本の佐世保港から輸送艦デンバーを2隻出し、3日後にはヘリコプターでショベルカーとブルドーザーを被災地に送り届けてくれたのである。

1996年、台湾で初の総統直接選挙が行なわれた際には、台湾海峡ミサイル危機が発生した。この時、クリントン大統領の決定により米軍が航空母艦2隻を台湾海峡周辺海域に配備し、「台湾関係法」における、米国が台湾の民主主義と安全を保障するという約束を実践したのである。中央研究院研究員の林正義は、アメリカが台湾防衛の構えを見せたことは、「台湾関係法」が抑止力を持つことを示していると指摘する。

1949年に国民政府が台湾に撤退した際、アメリカは台湾に系統だった大量の支援を提供した。統計によると、194963年の間に米国から提供された36億米ドルの支援は、軍事、農業、工業、教育など多方面にわたった。東西横貫公路から台北市の南京東路まで、高雄加工輸出区から花蓮の門諾病院まで、いずれも米国援助を用いて建設された。こうして台湾はしだいに成長し、援助を受ける側からする側へと変わることができた。

台湾とアメリカの国交が断絶しても、アメリカによる台湾への協力は変らなかった。「台湾関係法」が両国交流の基礎となり、両国の交流は今も頻繁かつ緊密に続いている。

台湾からアメリカへの留学者数は19802010年まで増加し続け、国交断絶によって減少することはなかった。AITの統計によると、2012年に台湾が米国のビザ免除プログラムの対象国となってから、渡米者は6割増加した。2017年には475000人近い台湾人が渡米しており、旅行や観光での消費額は22億米ドルを超える。

深まる文化交流

台湾はもともとアメリカのフルブライト奨学金の協力国で、断交後も1964423日に締結した「教育文化交換計画協定」の効力は維持されることとなった。フルブライト‧プログラムは1946年にアメリカ国会で成立したフルブライト法に基づくものである。研究者や学生、専門家などを対象とした国際交換制度で、アメリカ国民と世界各国の相互理解を深める目的がある。

フルブライト‧プログラムでは、2003年から、文化交流の目的でアメリカの大学卒業生を台湾に派遣して小中学校で英語学習のアシスタントを務める制度、フルブライトETAも開始した。米国国務省が人員を専攻して資金を出すもので、最初の8人から今年は100人まで増えた。

学術交流基金会によると、フルブライトETAで台湾を訪れたアメリカの青年は、みな台湾の人情や住みやすさを気に入り、帰国後には台湾のために声を上げてくれるという。台湾での素晴らしい経験の話が広まり、フルブライトETAでは赴任先として台湾の人気が高まっている。

また、2008年からAITアメリカ資料センターでは天下雑誌教育基金会の「希望移動図書館」を支援し、英語の絵本や児童書を提供している。2013年からは、AITが大型モニターやiPad、タッチパネルパソコンなどを備えた「デジタル移動図書館」を僻遠地域の小学校に派遣し、デジタルデバイドの縮小に協力している。

AITの職員が自ら台湾各地の学校を訪ねて米国文化を紹介し、科学の実験や、夏休み‧冬休みのキャンプを行ない、タブレットでインタラクティブな絵本なども活用している。アメリカ資料センターによると、2018年半ばまでにデジタル移動図書館は台湾の178校を訪ね、35000人を超える子供たちに本を届けてきた。

イノベーションのエネルギー

AITはアメリカと台湾の架け橋を自任している。そのブレント‧クリステンセン処長は、2018年の就任以来、国際社会における台湾の役割を高めることを優先事項の一つとしてきた。2016年からAITが主催してきたFishackathon(フィッシャカソン)とNASAハッカソンの台湾大会もその一例である。

AITは、アメリカ国務省が2014年から開始したフィッシャカソンの設計大会を受け、海洋生物保護と漁業の持続可能な発展のためのソリューションを打ち出すことを目的に、ソフト開発者をアプリケーション開発に招いた。2016年に台湾で開催されたフィッシャカソンで優勝したAkubic(誠映科技)は、「五大湖の救世主」というプランで第3回世界フィッシャカソン大会で優勝した。

この成功を受け、AITはさらに世界最大のハッカソンであるNASA International Space Apps Challengeの台湾大会を実現した。

ここで台湾は大きな力を発揮する。2017年に台湾で優勝したチームSpace Barは、世界187の都市から25130人が参加する世界大会に進出し、土石流データを解析するアプリケーションを開発し、「ベスト‧ミッション‧コンセプト賞」を受賞したのである。

アメリカ国務省はテクノロジーとイノベーションのソフトパワーをシェアするために、台北の松山文化クリエイティブパークにある米国イノベーションセンターにおいて定期的に無料で講座を開いている。3Dプリンターやロボット、バーチャルリアリティやAI、ブロックチェーンなどの講習もある。台湾と米国の間の、知識や文化、科学技術面での交流は「台湾関係法」立法の趣旨のとおり、互いの友好の絆を深め、時代に応じて変化しつつ永遠に続いていく。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!