交流X融合X分享 共同工作空間

:::

2015 / 7月

文‧張瓊方 圖‧莊坤儒


近年,公辦、私營的共同工作空間或自造者空間,逐漸在台灣風行開來,進而被寄予孕育新創團隊的厚望。


撇開公辦空間不論,光是私營的共同工作空間就各具特色,有空間與社區緊密連結;有空間意在資訊人才的培養;有空間走的是商業路線;有空間則以培養更多人成為自造者(maker)為職志。

無論如何,空間裡重要的是人。人與人的溝通、交流、分享、激盪、合作……,來來去去的人,不斷編織的故事,才是共同工作空間裡精彩動人的樂章。

相關文章

近期文章

英文 日文

Exchange, Integrate, Share: Coworking Spaces Come to Taiwan

Chang Chiung-fang /tr. by Scott Williams

Coworking spaces and maker studios—state-run and privately operated spaces in which individuals and groups work on their own projects—have been catching on in Taiwan, where they are nurturing the hopes of new startups.


Taiwan’s coworking spaces come in all shapes, sizes, and orientations. Some integrate themselves into their neighborhoods, while others seek to cultivate tech professionals, and still others are themselves explicitly commercial ventures. At least one has assigned itself the task of making more “makers.”

But, no matter what the mission, a coworking space’s most important asset is the people who use it. Their conversations, exchanges, sharing, mixing and cooperation, their comings and goings, their ever-changing stories... it is all of these acting in concert that enable coworking spaces to produce such a glorious profusion of ideas and enterprise.

交流×融合×シェア――コワーキングスペース

文・張瓊方 写真・荘坤儒

台湾では最近、公的部門、私的部門の運営に関わらず、コワーキングスペースが増えつつあり、そこから新たな起業グループが生まれるのではないかと各界から期待が寄せられている。


政府が運営するものは別として、企業や個人が経営するコワーキングスペースは、それぞれに特色がある。地域社会と緊密に連携しようとするもの、IT人材の育成を目指すもの、ビジネス路線を歩むもの、あるいはメイカー(maker)を育てようというもの、などである。

いずれにせよ、空間において最も重要なのは人であり、人と人とのコミュニケーション、交流、シェア、議論、協力などを通して、次々と新たな物語が生まれることこそ、コワーキングスペースが人を感動させる魅力と言えそうだ。                          

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!