靜止的電影

:::

2020 / 3月

文‧劉振祥 圖‧劉振祥



電影劇照的攝影既是紀錄也是一種再創作。

電影劇照攝影師如果缺少了「再創作」歷程,只管一五一十的記錄,以現在的技術,逕行從影片中截圖就足矣。再創作是一種從現場、觀景窗啟動心靈與雙眼,在電影拍攝的現場找到獨特的素材,雖與電影本身息息相關,但也可以獨立於電影之外。

劇照,被視為電影製作的一個獨立分支,靜態攝影師的工作脫離不了拍攝現場,安靜地在攝影師旁邊拍攝照片,但並不直接參與電影製作。此外,衍生於現場之外的可能,是在彩排期間安排拍下片中演員的定裝照,雖然發表的只是幾張靜照,仍得了解劇情大綱與角色塑造,並清楚導演的創作概念。透過這些靜態照片,讓觀者凝視,吸引觀者願意進一步看電影,主要功能在於透過雜誌報紙和其他網路媒體宣傳。

儘管,劇照師與影片攝影師共享許多技巧和功能,但兩者的工作本質卻截然不同。影片攝影師專注在影片的拍攝,最後剪輯成整部電影,而劇照攝影師則著重於捕捉生動的照片,甚至延伸出電影中不曾出現過的鏡頭,卻也能完美詮釋整部影片的靈魂。

對我來說,作為劇照師,算是攝影生涯的意外之旅。

1986年,首度參與侯孝賢執導的電影《戀戀風塵》劇照拍攝,經過21年後才應鍾孟宏之邀,拍攝他所導的首部劇情片《停車》。這幾年來,鍾孟宏除了擔任導演外,也監製多部電影,幾乎每隔一或兩年都有一齣電影問世;11年來,我陸續擔任了《第四張畫》、《失魂》、《一路順風》、《大佛普拉斯》、《小美》、《陽光普照》等劇照拍攝。

或許人們會好奇地問:「為何拍片現場要再拍平面照片,而不等電影拍完後從影片中截取單格圖片就好?」借用鍾孟宏導演對於我拍攝劇照的要求來回答:「我希望劇照是電影裡沒有的圖像。」這正是一種再創作的歷程與結果,既與電影緊密相關,也能在電影之外,靜態照片攝影師取材於電影,卻可獨立成立,經由攝影師自己本身的編排呈現,彷如一部靜止的電影般展演在人們眼前。                                    

相關文章

近期文章

日本語 EN

静止した映画

文・劉振祥 写真・劉振祥 翻訳・山口 雪菜


映画のスチル写真は、記録であり再創作でもある。

「再創作」のプロセスがなく、ただ記録するだけだとすれば、現在のテクノロジーなら映画フィルムの中からスクリーンショットを撮れば済むことだ。再創作というのは、現場でファインダーと心の目を通し独特の素材を見出すことだ。映画とは切り離せないが、映画からは独立した存在なのである。

スチル写真は映画制作の中でも独立した項目である。スチルカメラマンの仕事は映画撮影現場にあり、作品撮影中にカメラの傍らで静かに写真を撮るのだが、映画制作そのものに直接かかわることはない。撮影現場以外での写真もある。リハーサルの段階で衣装を着けて役作りをした俳優たちを撮ることもあるのだ。発表されるのは数枚に過ぎないが、スチルカメラマンは作品全体のストーリーや役柄だけでなく、監督の創作理念も十分に理解していなければならない。こうして撮影されたスチル写真が、新聞や雑誌、あるいはインターネットで露出され、一般の人々の目を引き、映画を観たいと思わせるのである。

スチルカメラマンと映画のカメラマンは、同様の技術や機能を共有しているのだが、両者の仕事の本質はまったく異なる。映画カメラマンは映像作品の撮影に集中し、最後にそれらを編集して作品に仕上げるが、スチルカメラマンは生き生きとした瞬間をとらえることに専念し、時には映画では見られないシーンを通して作品の魂を伝えることもある。

スチルカメラマンになったのは、私としては予想外の展開だった。

1986年に初めて侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の『恋恋風塵』のスチル写真を撮り、それから21年後に鍾孟宏(チョン・モンホン)に依頼されて監督デビュー作『停車』のスチル写真を撮った。ここ数年、鍾孟宏は監督だけでなくプロデュースも多数手がけており、1~2年ごとに作品を発表している。この11年で私は『第四張畫』『失魂(Soul)』『一路順風』『大仏普拉斯(大仏+)』『小美』『陽光普照(ひとつの太陽)』などのスチル写真を撮ってきた。

スチル写真と聞いて「映画撮影現場でなぜわざわざ別に写真を撮る必要があるのか。映画が完成したら、フィルムの中から一コマ選べばいいじゃないか」と思う人もいるだろう。この疑問に対する答えとして、鍾孟宏監督が私に語ったスチル写真への要求を引用したい。「スチル写真は映画の中にはない画像であってほしい」というものだ。これこそ再創作のプロセスと結果である。映画と切り離せない関係にありながら、映画の外にある。スチルカメラマンは映画を題材として独立して成立し、カメラマン自身の演出を経て、静止した映画であるかのように人々に見せるのである。

Static Movies

Liu Chen-hsiang /photos courtesy of Liu Chen-hsiang /tr. by Brandon Yen


Still photography in the film industry serves not only to record but also to re-­create. Still photography would not exist if this element of re-creation were lacking. If truthful records were all that we ever needed, we could simply use modern technology to isolate static images from films. To re-create is to discover unique on-set subjects by gazing through your viewfinder with sharp eyes and a keen mind.

The process is closely related to filmmaking, but it can also be independent of it.

Still photography is regarded as a relatively independent branch of film production. Although still photographers have to work on set and quietly record images alongside the camera crew, they do not directly participate in film production itself. Film stills can also be taken off the set: during rehearsals, for example, we make arrangements to take photos of actors in costume. Only a few stills get to be published, but photographers have to know the plot and characters of a film well and familiar­ize themselves with the director’s objectives. Film stills attract public attention and help to boost audience numbers. They gain publicity through newspapers, magazines and online media.

Even though the still photographer and the cinematographer share many skills and functions, they differ fundamentally. The cinematographer focuses on filming the footage that will ultimately be edited to produce the entire film. The still photographer concentrates on capturing vivid images; they even record scenes which will not appear in the film itself, but which faithfully reflect its soul.

For me, becoming a still photographer was more by accident than by design.

In 1986 I worked as a still photographer for the first time for Hou Hsiao-hsien’s Dust in the Wind. It was not until 21 years later that I was invited by Chung Mong-hong to take photos for Parking, his first dramatic feature film. Over the past few years, in addition to being a director, Chung has produced many films, releasing new projects almost every one or two years. In the last 11 years I have taken stills for films including The Fourth Portrait, Soul, Godspeed, The Great Buddha+, Xiao Mei, and A Sun.

One might ask: “Why take still photos on the set? Why not wait until filming is over and then isolate individual frames from the film?” To answer these questions, let me cite the brief that Chung Mong-hong gave me as a still photographer: “I want the stills to be images that will not appear in the film.” This is precisely what is meant by re-creation. Still photography is intimately related to filming, but it can also exist outside of films. Still photographers derive their subject-matter from films, but they also enjoy independence. Through their own creative processes, these photo­graphers present their work to the public as if it were a static movie.  

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!