Connecting the World of Theater: OISTAT’s Headquarters in Taiwan

:::

2017 / 7月

文‧Cathy Teng 圖‧OISTAT


The headquarters of the International Organisation of Scenographers, Theatre Architects and Technicians can be found in the Center for Innovation Tai­pei, on the west side of the site of the old Zhong­shan Soccer Stadium. The plaza of neighboring Expo Park is visited by throngs of tourists, and occasionally one of them will wander over, knock on the door, and ask: “What is it that you do here?”


The full Chinese name for the organization is a mouthful, extending for 20 characters, but it is commonly known by the acronym OISTAT, which comes from the French: Organisation Internationale des Scénographes, Techniciens et Architectes de Théâtre.

The three key elements here are “scenographers,” “theater architects” and “technicians.” Basically, OISTAT is a platform for exchange among international theater professionals. It is also one of the few international NGOs with a headquarters in the ROC and with local membership in the organization under the name of Taiwan. 

Joining as Taiwan

Established in 1968, OISTAT originally served as a platform for theater professionals in eastern and western Europe to gain new knowledge via exchange across the Iron Curtain.

From the start, OISTAT aimed to move to various places in the world and deeply embed itself in the local culture. That has remained one of the organization’s unique features. OISTAT’s first general headquarters was in Prague, and in the 1990s, after the fall of the Berlin Wall, it moved to Amsterdam.   

In 1997, thanks to hard work by senior theater hands, ROC membership in OISTAT was attained under the name of Taiwan. In 2006, with the support of the Council for Cultural Affairs (the forerunner of today’s Ministry of Culture), the OISTAT secretariat moved to Taiwan, and in 2011 the secretariat was upgraded to become the organization’s headquarters.   

Based in Taiwan

Taiwan is the first non-European site of the OISTAT headquarters. “It’s a demonstration that OISTAT has truly reached beyond Europe,” says executive director Wei Wan-jung. “It wasn’t until that [first] day [in Taiwan] that OISTAT could say it was truly an international organization.” By moving the headquarters to Taiwan, the theater arts of East and West have been given greater opportunities for crosspollination and greater possibilities for exchange.

What’s more, with Taiwan’s special international situation, the headquarters has come to more fully consider the unique international circumstances that each nation faces. The headquarters once encountered an incident when an OISTAT national branch was assisting with an event but the host government was refusing to allow another nation’s OISTAT branch to participate. As soon as Wei heard the news, she immediately decided that OISTAT would pull out. “As an international organization, OISTAT cannot set that precedent,” argues Wei. She cites an example: “Say one day we were holding an activity in Egypt, and Egypt banned Israel from participating. Then what?”

In 2015, OISTAT and the Ministry of Culture signed an agreement to allow the headquarters to remain in Taiwan until 2020.

Forging new conceptions

Wei has actively leveraged the advantages inherent in OISTAT being headquartered in Taiwan to introduce new international concepts here. In 2015 she invited Dutch lighting master Henk van der Geest to Taiwan to hold seminars and master classes. In 2016 Sophie Jump, winner of the Gold Award at the World Stage Design exhibition, came to lead the “Jump Out of Theatre: Design as Performance” forum and workshop.

In 2017, the Estonian company Theatre NO99, winner of the Golden Triga for Best Exposition at the Prague Quadrennial 2015, was invited to Taiwan to talk about the “Unified Estonia Assembly” project, a combination of performance art and politics that the company led over the course of 44 days during the 2014 Estonian elections. The company had proclaimed the launching of a new political party: the “Unified Estonia Assembly.” At the performance site, it then went on to design political advertisements, come up with a party platform, and hold large campaign rallies. Thanks to excellent planning and perfect performances, the UEA caused a sensation, and at the finale participants voted on party representatives. When “party chairman” Tiit Ojasoo, the company’s director, got up on stage, he said but one sentence: “Now you are free.”

The work reflected the bizarreness of contemporary democratic politics, and it made an ironic statement about political manipulation.

For those involved in theater, politics and social movements in Taiwan who were already skilled at using theater to comment on society, the lecture opened new vistas on how political issues can be played with in ways that challenge prevailing conceptions and methods.

Youth groups, turbocharged creativity

Since 2013, the OISTAT headquarters has been recruiting interns to participate in daily activities. Wei hopes to enable young Taiwanese both to engage in international exchange without needing to go abroad and to gain an understanding of how an international organization’s headquarters works.

There are only four formal professional staffers at the headquarters, but with an average age of 30, they are skilled at making use of the latest trends, and they have injected youthful energy into an organization that is nearly 50 years old.

Meanwhile, Wei, who has a background in foreign affairs and art, is adept at using the vocabulary of different disciplines, and she has helped OISTAT attain greater efficiency in its communications and operations.

Furthermore, young Taiwanese have been making their mark in the theater community, says Wei. In 2011, the first year of OISTAT’s Technical Invention Prize, the top award went to Hu Hao-en for his Improved T-Joist Backdrop Stretcher. In 2013 at the World Stage Design competition in Britain, the cutting-edge director Chou Tung-yen won the Interactive and New Media Award for Emptied Memories. Wei repeatedly emphasizes that the work being done in Taiwan is “quite good enough” to garner greater international visibility. With OISTAT providing international connections, there will only be greater opportunities for Taiwanese in the field.

Quadruple satisfaction

In July 2017, OISTAT is holding four major events in Taiwan: The World Stage Design exhibition, the Scenofest festival, the Theatre Architecture Competition and the Technical Invention Prize.

World Stage Design this year is bringing together 178 different designs from around the world, documenting the different design paths adopted by various nations. Scenofest features 40 projects from different nations, including Russia, Germany, Thailand, Hungary, Canada, Egypt and Brazil.

Meanwhile, the Theatre Architecture Competition focuses on theater architects, using the drawings entered for the competition as launching pads for enlightening discussions on the possibilities of theater architecture. This year 102 works were submitted from 23 countries, from which 25 have been selected to be exhibited at World Stage Design. The Technical Invention Prize encourages theater technicians to reveal their secrets and thus promotes technical exchange among the theater tech communities of various nations.

To be held at Tai­pei National University of the Arts from July 1 to 9, these events promise a veritable feast of global ­theater.                      

近期文章

日文

世界の劇場をつなぐ OISTAT本部が台湾に

鄧慧純/photos courtesy of OISTAT/tr. by 山口 雪菜

台北市中山区、中山サッカー場跡地の西側にある台北創新中心(台北イノベーションセンター)の中に、OISTAT(舞台美術家・劇場建築家・劇場技術者国際組織)の本部がある。花博公園圓山広場に隣接するため、この一帯を訪れる観光客や行楽客も多く、OISTATの事務所を覗いて「ここでは何をしているんですか」と尋ねられることも多い。


OISTATの正式名称は、「舞台美術家・劇場建築家・劇場技術者国際組織」と非常に長い。

「舞台美術」「劇場建築」「劇場技術」の三つのキーワードから成るOISTATは、一言で言えば劇場関係者のための国際的な交流プラットフォームである。台湾の劇場関係者は国際交流を広めようと1990年代に努力してOISTATの活動に参加して「台湾」の名で加盟を果たした。今では本部を台湾に置く、数少ない国際NGOの一つである。

「台湾」の名で加盟

1968年に発足したOISTATは、冷戦中に鉄のカーテンを越えた交流を目指す場として設けられた。OISTAT創設当初の歴史を振り返ると、西欧の劇場関係者は交流の形を借りて暗に東欧の芸術家を支援していた。OISTATを創設したアーティストたちはチェコの政治運動「プラハの春」の重要なメンバーで、初期のメンバーの多くが政治犯として投獄され、メンバーの入れ替わりは激しかった。「ここからも、芸術家は行動者として社会変革に関わっていくという精神が見て取れ、それがこの組織に根付いています」とOISTAT執行長の魏琬容は話す。

国際交流を趣旨とするOISTATでは、発足当初からさまざまな文化を取り入れるため、本部を世界各地に移す計画を立てており、これは他の国際組織と大きく異なる点である。OISTATの本部は創設当初はプラハにあったが、ベルリンの壁が崩壊して東欧諸国の民主化が進んだ後、本部はオランダのアムステルダムに移った。

台湾の劇場関係者は1994年からOISTATの活動に参加し始め、1997年に「台湾」の名で正式に加盟した。そして2006年、政府文化建設委員会(現在の文化部の前身)のサポートの下、OISTAT事務局が台湾に移り、2011年に事務局が本部に昇格したのである。

本部が台湾に

台湾はOISTAT初の欧州以外の本部である。「これはOISTATが欧州を歩み出たことを意味し、こうして真の国際組織となったのです」と魏琬容は言う。本部をアジアの台湾に移したことで、東洋と西洋の舞台芸術交流の機会は増えた。

一方、台湾は国際的に特殊な境遇に置かれているため、本部は世界各国それぞれの情勢を全面的に考慮することができる。かつてOISTATがある芸術活動を支援した時、開催国が特定の国の参加を断ったことがある。それを知った魏琬容は、すぐに同活動への支援停止を決めた。「国際活動にOISTATが参画する時は、開催機関は加盟国の参加を拒絶することはできません。国際組織として、そうした前例が作られることは許されないのです。仮に私たちがエジプトでイベントを行なった時、エジプトがイスラエル人の参加を拒絶したら、どうすればいいのでしょう」と魏琬容は例を挙げる。

本部を台湾へ移すことが決まった時、欧州のメンバーからは不安視する声もあったが、台湾は着実に実績を積んできた。「台湾のエネルギーと実績は、彼らを驚かせています」と言う。2015年、OISTATは政府文化部と協定を結び、本部を2020年まで台湾に置くことを決めた。

新たな観念を取り入れる

魏琬容は、本部としての優位性を活かして新しい観念の導入に取り組んでいる。2015年にはオランダの著名照明技師Henk van der Geest氏、2016年にはワールド・ステージ・デザイン・エキシビション金賞を受賞したソフィー・ジャンプ氏を台湾に招いてワークショップを開いた。

2017年には、2015年プラハ・カドリエンナーレで金賞に輝いたエストニアのシアターNO99を招き、「Unified Estonia Assembly」上演までの過程をシェアした。この作品は2014年、エストニアの選挙期間中に44日にわたって上演されたパフォーマンスアートである。この時、NO99は「エストニア統一党」の結成を宣言し、党主席となった演出家のTiit Ojasooが当選した。当選の挨拶で彼は、「今、皆さんは自由になりました」と述べた。この作品は、現代の民主政治の選挙操作を風刺したものだ。

この講座は、小劇場で主張をアピールする台湾の演劇界や、社会運動家、政界などの注目を浴び、政治的テーマをこのように扱って従来の概念を覆せることに気付かせた。

青年チームの活躍

2013年から、OISTAT本部は毎年2人の実習生を募集して事務に参加させ、また2025年までのOISTAT発展計画策定に若い世代を招いている。魏琬容は、台湾の若者が、海外へ行かなくても国際交流ができ、国際本部が何をしているのかを知ってもらいたいと考えている。

正規職員わずか4人のOISTAT本部の平均年齢は30歳。若さを生かし、50年の歴史を持つ組織に活力を注いでいる。

外交と芸術を学んできた魏琬容は、マルチな能力と語学力を活かし、OISTATの効率向上とコミュニケーションに協力している。

演劇界における台湾の若者の活躍にも目を見張るものがある。2011年、台北芸術大学に学んでいた胡皓恩は、折り畳み式の背景幕フレームで第1回「劇場イノベーション発明賞」で優勝した。2013年のイギリスの世界劇場設計展では、新鋭監督・周東彦の『空的記憶』が、最優秀インタラクティブ・ニューメディア賞に輝いた。

魏琬容は、台湾の作品が優れていて世界の舞台で注目されてこそ、OISTATとつながることで、より多くのチャンスが巡ってくると語る。

四大プロジェクトの成功

2017年、OISTATの四大プロジェクトである「ワールド・ステージ・デザイン(WSD)」「国際舞台美術フェスティバル(Scenofest)」「国際劇場建築コンペティション(TAC)」「テクニカル・イノベーション・プライズ(TIP)」が台湾で開催され、演劇・劇場関係者のニーズを一挙に満たすこととなった。

ワールド・ステージ・デザイン(WSD)には今年、世界各地からデザイン作品178点が出展され、各国のさまざまな劇場設計を見ることができる。国際舞台美術フェスティバルのScenofestはScenography(舞台美術)とFestival(祭典)を合わせたもので、今年はロシア、ドイツ、タイ、ハンガリー、カナダ、エジプト、ブラジルなどの40のプログラムが上演される。

国際劇場建築コンペティション(TAC)は劇場建築をメインとしたコンペティションを通して劇場建築の可能性を探るものである。2017年は「公共空間としての劇場の可能性」をテーマとし、新竹民衆活動センターを劇場集落として設計する。23カ国から寄せられた102の作品の中から25点を選んで期間中に展示する。テクニカル・イノベーション・プライズ(TIP)では、劇場技師がそれぞれ秘蔵の技術を披露し、参加各国の間で劇場技術の交流を促進する。展示される一つ一つの技術は、極めて難しい問題を解決する創意に満ちたものなのである。

 7月1日から9日、台北芸術大学で開催される世 界の劇場の饗宴をぜひ訪ねていただきたい。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!