移人之夢

:::

2017 / 6月

文‧林旻萱 圖‧林旻萱 翻譯‧Geof Aberhart


擁有多元文化的台灣,吸引許多人們從不同國家來到這裡,那來自印尼、泰國、越南等國的新住民或是移工,他們都以最努力的姿態,在這片土地上為未來打拚,創造屬於自己的「第二人生」。


來自泰國北部難府的符永明,17歲離開家鄉來到父親的故鄉台灣打拚,努力學習中文並在飯店廚房當學徒。28歲的他已是知名泰式餐廳的二廚。懷著創業夢的他常利用休息日,開車到南港擺攤賣起綠咖哩,以獨特的口味與濃厚的香氣吸引許多上班族上前購買。即使利潤不高,但符永明以小餐車為起點,一步步朝著自己的夢想往前邁進。

擔任兒童美語老師的邱琴秋,20年前從越南來台灣研讀英文,因而與先生相識結婚,定居嘉義。擁有無限的創意跟點子的她,用生動的繪畫方式與肢體動作引導孩童學習英文,在課堂上與小朋友們打成一片。此外,邱琴秋也利用閒餘時間在故宮南院擔任導覽員,並參加嘉義在地社區導覽的培力課程。橫跨台越之間二千多公里,邱琴秋在台灣這片土地落地生根、實現自我,她早已是不折不扣的台灣人。

相關文章

近期文章

英文 日文

The Immigrant Dream

Lin Min-hsuan /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Geof Aberhart

Multicultural Taiwan is home to many people who have come from other countries, including many from Indonesia, Thailand, Vietnam, and elsewhere in Southeast Asia who have, with hard work, crafted new lives for themselves on the Beautiful Isle.      


Originally from the northern Thai province of Nan, at the age of 17 Fu Yong-ming left home to seek work in his father’s homeland, Taiwan. Upon arriving, he began assiduously studying Chinese and working as an apprentice in a hotel kitchen. Now 28, he has become the sous-chef for a famous Thai restaurant. An aspiring entrepreneur, Fu often uses his days off as opportunities to drive to Nan­gang and set up a stall selling green curry, the distinctive smell and flavor drawing in quite a number of people working in nearby offices. While his profits may not be high, he regards his food truck as just a start, and he continues to work toward fully realizing his dream one step at a time.

Now a children’s English teacher, Julie Chiu first came to Taiwan from Vietnam 20 years ago to study English, eventually meeting someone and settling down in ­Chiayi. Overflowing with creative ideas, Chiu makes use of vibrant pictures and body language to help young children learn English and create an atmosphere of camaraderie with her young charges. In her spare time, Chiu can be found leading tours at the Southern Branch of the National Palace Museum, or honing her skills in courses for local community tour guides. Some 2,000-plus miles from home, Chiu has put down roots in Taiwan and found herself, becoming a model Taiwanese along the way.                                                                                                          

 

移住者の夢

文・林旻萱 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

多様な文化を擁する台湾には、さまざまな国から多くの人が渡ってくる。インドネシアやタイ、ベトナムなどから来た新住民や移住労働者は、この土地で将来のために懸命に努力し、それぞれ「第二の人生」を切り開いている。


タイ出身 シェフ

フー・ヨンミン

タイ北部ナーン県出身の符永明は、17歳の時に生まれ故郷を離れて父親の故郷である台湾へと渡ってきた。中国語を学びながらホテルの厨房で見習いとして働き始め、28歳になった今はすでに有名なタイ料理レストランの副料理長である。自分の店を持つのが夢だと語る彼は、休日には台北南港まで車で行き、屋台を出してグリーンカレーを売っている。独特の風味と濃厚な香りがサラリーマンに人気があり、よく売れる。利益は多くはないが、彼はフードトラックからスタートし、一歩ずつ夢の実現へと向かって着実に歩んでいる。

 

 

 

 ベトナム出身 教師

ジュリー・チュウ

児童英語教室の先生をしている邱琴秋は、20年前に台湾に来て英語を学び、それがきっかけで台湾人男性と結婚して嘉義に住むこととなった。発想が豊かでアイディア豊富な彼女は、生き生きとした絵や身体の動きで子供たちに興味を持たせ、楽しく授業を進める。邱琴秋はこの他に故宮南院でガイドのボランティアをしており、嘉義のコミュニティガイド育成カリキュラムにも参加している。故郷ベトナムから2000キロ離れたこの台湾の地にしっかりと根を下ろし、自分らしく生きる邱琴秋は、すでに正真正銘の台湾人である。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!