柬式符號

:::

2018 / 12月

文‧許紘捷 圖‧許紘捷


柬埔寨在1953年成功脫離法國殖民統治,在希哈努克國王努力推動現代化之後,迎來一個政治與經濟文化蓬勃的黃金時期。但這一切的建設,在1975年至1979年赤柬3年8個月的統治期間,被摧毀殆盡。焚書、迫害宗教、殺害知識份子與有產階級,導致柬埔寨歷經數十年的赤貧與社會問題,文化倒退,停滯不前。

 


柬埔寨在1953年成功脫離法國殖民統治,在希哈努克國王努力推動現代化之後,迎來一個政治與經濟文化蓬勃的黃金時期。但這一切的建設,在1975年至1979年赤柬3年8個月的統治期間,被摧毀殆盡。焚書、迫害宗教、殺害知識份子與有產階級,導致柬埔寨歷經數十年的赤貧與社會問題,文化倒退,停滯不前。

從2010年開始,在約八年的長期採樣與記錄,我感受到因近二十年內外資逐漸投入,發展快速的柬埔寨社會在一切以經濟為主的政策下,許多的傳統文化資產與習俗不斷的在消失中。而因為缺少知識份子的傳承,其中大部分的歷史典故與知識、技術大量流失,永不再現。

但現代柬埔寨的知識份子,正逐漸透過自己的力量,嘗試文化復興運動,試圖透過文化的力量療癒戰爭的集體傷痛,並找回柬人的自信與驕傲。而資源與知識的先天侷限,需要透過大量的圖像保存與蒐集,希望在未來能建置資料庫並結合教育系統,帶來實質的助益。                                             

相關文章

近期文章

EN 日本語

Symbodia

Hsu Hung Chieh /photos courtesy of Hsu Hung Chieh /tr. by Scott Williams

Cambodia achieved independence from French colonial rule in 1953. Its king, Norodom Sihanouk, subsequently promoted the country’s modernization, leading to a brief political and economic golden age. Sadly, the Khmer Rouge destroyed everything built in this period during its 1975–1979 reign. The regime burned books, persecuted religion, and massacred intellectuals and the bourgeoisie during its three years and eight months in power, leading to decades of poverty and social problems, as well as cultural regression.

 


Cambodia achieved independence from French colonial rule in 1953. Its king, Norodom Sihanouk, subsequently promoted the country’s modernization, leading to a brief political and economic golden age. Sadly, the Khmer Rouge destroyed everything built in this period during its 1975–1979 reign. The regime burned books, persecuted religion, and massacred intellectuals and the bourgeoisie during its three years and eight months in power, leading to decades of poverty and social problems, as well as cultural regression.

I spent nearly eight years exploring and documenting Cambodia beginning in 2010. During that time, I saw nearly 20 years of foreign investment and economically focused policy spur the rapid development of Cambodian society and the disappearance of many of its cultural assets and traditional customs. Without intellectuals to pass along the country’s history, knowledge, stories and traditional ways of doing things, it lost a great many of them.

Present-day Cambodian intellectuals are attempting to create a cultural renaissance movement, using the power of culture to heal the collective war wounds and rebuild the Cambodian people’s confidence and pride. Because they have only limited resources and knowledge, they are collecting and preserving large numbers of images that they hope to incorporate into a database and integrate with the educational system as a means of bringing the country closer to that goal.                                                                          

カンボジアのしるし

文・許紘捷 写真・許紘捷 翻訳・山口 雪菜

1953年、カンボジアはフランス植民地からの完全独立を果たし、当時のシハヌーク国王による現代化推進によって、政治、経済、文化が大いに発展する黄金時代を迎えた。しかし、その時のすべての建設は、1975年から1979年にかけての3年8ヶ月にわたるクメール・ルージュ政権の下で完全に破壊されてしまった。書は焼き払われ、宗教は迫害され、知識人と有産階級は殺害され、その後カンボジアは数十年にわたる貧困と社会問題に苦しみ、文化は後退し、すべてが停滞した。

 


1953年、カンボジアはフランス植民地からの完全独立を果たし、当時のシハヌーク国王による現代化推進によって、政治、経済、文化が大いに発展する黄金時代を迎えた。しかし、その時のすべての建設は、1975年から1979年にかけての3年8ヶ月にわたるクメール・ルージュ政権の下で完全に破壊されてしまった。書は焼き払われ、宗教は迫害され、知識人と有産階級は殺害され、その後カンボジアは数十年にわたる貧困と社会問題に苦しみ、文化は後退し、すべてが停滞した。

私は2010年から8年にわたり、カンボジアで写真による記録をとり続けてきた。この20年カンボジアには外国資本が進出し、経済成長を最優先する政策の下で社会は急速に発展したが、その一方で多くの文化遺産や伝統的な風習が消失しつつある。また知識人による伝承が中断したため、歴史的な物語や知識、伝統技術などが失われ、それらを再び取り戻すことは難しい。

しかし、カンボジアの現代の知識人は、それぞれの力を発揮して文化復興に取り組み始めている。文化の力を通して戦争による集団的な心の傷をいやし、カンボジア人としての自信と誇りを取り戻すためである。ただ、必要なリソースと知識が不足しているため、大量の画像を収集・保存してデータバンクを確立する必要がある。それを教育システムと連結させることで、将来役に立つ時が来るであろう。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!