台灣攝影新浪潮

:::

2018 / 11月

文‧陳亮君



當我們看到富有感染力的影像時,內心深處總會有一種強烈的震撼感,這種記憶與情感的連結,遠遠超出畫面本身所記錄下的瞬間,也是影像「迷人」之處,因為停格的瞬間,「故事」仍在繼續。

透過本期《光華》的報導,讓我們親炙攝影名家的核心理念,以及台灣近年來相當火熱的攝影書、攝影展及攝影節的趨勢和風潮。尤其在「影像對話」專欄中,70至90年代由台灣攝影家所描繪出的時代剖面,開啟了跨議題、跨世代,甚至是跨越種族的對話可能,誠如知名日本攝影家北島敬三所說:「台灣攝影家正面迎向不同議題的決心和身影,令他感到震撼。」

*       *       *

台灣這塊土地所包容的古與新,有歷經二千五百多年淬鍊的儒學,在台延續生根。鐘鼓齊奏,敲醒黎明,保存最完整的國家級祭典,在每年9月28日孔子誕辰舉行。當孔子儀仗和北一女儀隊新舊並列,跨越世紀的穿梭交融,讓人悸動;也有日治時期台南的高級料亭「鶯料理」,在經歷荒廢多年、風災重創及文化資產定位後,百年後的2018年重新開門見客,遙遙呼應當年風華。

同樣歷久彌新的,還有伴隨著國家歷史,寫下輝煌足跡的「中央廣播電台」。央廣用14種語言,深入人心,聽友遍及全球偏遠區域,近年來更義不容辭地搭起新南向的橋梁,成為逾五十萬新住民的燈塔。看90年的老電台如何去蕪存菁,掌握既有優勢,輔以新科技,發揮最大的傳播效能,期盼再次劃下時代的印記。

*       *       *

2015-16年,台灣連獲開放知識基金會(Open Knowledge Foundation,OKFN)評比為開放資料指標(Open Data Index)第一名,不僅意味著國家邁向透明治理的進程,也催化各項商業或非營利應用的創意發生,本期《光華》將帶您一探開放資料如何運用在交通、氣象等領域,促進產業的蓬勃發展。

隨著有東方諾貝爾獎之稱的第三屆「唐獎」圓滿落幕,本期報導將著重唐獎如何將台灣形象廣傳國際,並將研究精神深植校園的持續效應。

此外,由「中強光電文化藝術基金會」舉辦的第一屆光環境獎,邀請周鍊、林懷民、夏鑄九、蔣勳等學者專家擔任評審團,為台灣減少光害,建立良善優美的光環境而努力。而《光華》編輯團隊也將做深入的第一手觀察與報導,帶給讀者最新的台灣脈動與趨勢。

相關文章

近期文章

EN 日本語

The New Wave of Taiwanese Photography

Ivan Chen /photos courtesy of Scott Williams


An inspired photograph can deliver a jolt to the heart. The connection it forges between memories and feelings far surpasses the moment that the image documents. This capacity to tell a lasting story is part of a ­photo’s charm.

This month’s Cover Story looks at the core ideas of well-known photographers, as well as emerging trends in the photography books, exhibitions, and festivals that have become popular in Taiwan in recent years. Meanwhile our Photo Essay features the work of Taiwanese photographers chronicling the period from the 1970s through the 1990s, opening up a dialogue that spans issues, generations, and ethnicities. As Japanese photographer ­Keizo Ki­ta­jima once said: “Taiwanese photographers address all kinds of issues head on, with a shocking degree of resolve.”

Taiwan’s past and present have been tempered by Confucian thought, which has a history of more than 2,500 years. The Autumn Confucian Ceremony, held annually in Tai­pei on Confucius’ birthday, September 28, is the best preserved and most complete in Taiwan. The mixing of old and new when the robed celebrants stand shoulder to shoulder with the honor guard from Tai­pei First Girls’ High School makes for a thrilling sight. Meanwhile, in Tai­nan, the 2018 reopening of the long-derelict ­Japanese-era Hu­kuisu Restaurant offers a different perspective on the glories of the past.

Long a part of our nation’s history, Radio Taiwan International has been similarly renewed. Now broadcasting to the world in 14 languages, RTI is building bridges to Southeast Asia and serving as a beacon for Taiwan’s more than 500,000 new immigrants. Having revitalized itself with modern technology, this 90-year-old network is set to make its mark on the future, too.

Taiwan’s top ranking in the Open Data Index of the Open Knowledge Foundation in both 2015 and 2016 points to our nation’s progress toward transparent governance, and has been a catalyst for the creative use of open data by businesses and NGOs. We explore how open data is being used in fields such as traffic management and weather risk forecasting, and is fostering business development.

Following the granting of the third set of Tang Prizes, we examine how this “Asian Nobel Prize” is raising Taiwan’s international profile and deepening the research ethos on our campuses. We also take a look at the newly inaugurated Taiwan Light Environment Award, which aims to reduce light pollution and build a better lighting environment. Through in-depth first-hand reporting on these and other topics, we hope to help our readers keep their fingers on the pulse of Taiwan.

台湾の写真に新たな時代

文・陳亮君 翻訳・山口 雪菜


人の心を動かす写真を見た時、大きな衝撃を受ける。こうした記憶と感情のつながりは、言葉による記録を大きく超えるものであり、それが写真の魅力でもある。そこに切り取られた瞬間の物語は継続しているからだ。

今月号の『光華』は写真を特集する。写真界の巨匠に核心的な理念をうかがい、近年ブームとなっているフォトブックの出版や写真展、写真フェスティバルの開催を追う。今月の「フォトエッセイ」では写真家がとらえた1970〜90年代の台湾をご覧いただく。テーマや世代を越え、またエスニックを越えた対話を可能にするものだ。日本の写真家・北島敬三が「一人ひとりの写真家が、正面からそれぞれのテーマと向き合う決意と姿に大きな衝撃を受けた」と言う通りである。

古いものも新しいものも受け入れる台湾では、2500年の歴史を持つ儒学が深く根を下ろしている。黎明を破って鐘太鼓の楽が始まり、国家レベルの祭典が幕を開ける。毎年9月28日の孔子生誕日に行なわれる釈奠大典である。孔子の楽生や([生とともに台北第一女子高校の儀仗隊が並び、新旧が交錯する。日本統治時代に台南にあった高級料亭「鶯料理」は、長年放置されて荒廃し、台風被害で破損していたが、文化遺産に指定され、2018年、100年の時を経て再びかつての華やぎを取り戻し、営業を開始した。

同じく長い歴史を持ち、国の歴史と深くかかわってきたのは国営ラジオ局中央広播電台(台湾国際放送)だ。同局が放送する14ヶ国語の番組は世界各地に届き、多くのリスナーに愛されている。最近は新南向政策に呼応し、台湾に暮らす50万人を超える新住民(海外から移り住んできた人々)の心の拠り所となっている。90年の歴史を誇るラジオ局が今も多くの人に愛され、最新テクノロジーを積極的に取り入れて新たな時代を切り開いている。

2015〜16年、台湾はオープンナレッジファウンデーション(OKFN) のオープンデータ評価指標で、2年連続1位に輝いた。これは、国としてのガバナンスの透明化を示すだけでなく、ビジネスや非営利への応用が続々と生まれることを意味する。今月号ではオープンデータが交通や気象などさまざまな分野で応用され、産業発展を促している現状をご紹介する。

東洋のノーベル賞とされる「唐賞」が第3回を迎えた。唐賞は海外で台湾のイメージを高め、また研究と学園とのつながりを促進している。

また「中強光電文化芸術基金会」による第1回光環境賞にも注目したい。周錬、林懐民、夏鋳九、蒋勲らを審査員に迎え、光害を減らし、美しい光の環境を取り戻す努力を続けている。『光華』取材班は第一線で取材し、台湾の最新の動きをお伝えする。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!