國門開放新思維——安全vs.便利

:::

2016 / 2月

文‧陳建瑋 圖‧莊坤儒


動盪的氣流,盤據2015年末,一連串的恐怖攻擊、爆炸傷亡,致使世界各地,人心惶惶不安。

與此同時,超過千萬人次的出入境統計數字,還在持續攀升。截至2015年底,國人可享免簽、落地簽或電子簽證待遇的國家已達161國之多。

在保障國境安全與促進觀光之間,如何找到平衡點?新上路的電子簽證或許是一個不錯的解方。


2015年11月13日,巴黎發生自第二次世界大戰以來最嚴重的攻擊事件,造成130位無辜市民喪生、368人受傷,另有7名襲擊者也在行動中死亡。從13日晚間到14日凌晨,多起爆炸事故揪住全世界的神經,第一時間所有人最關心的都是:「我的家人朋友是否無恙?」

自美國911事件以來,世界各國都對恐怖攻擊嚴加戒備,但恐怖攻擊事件依然頻傳,為了照顧在海外工作、旅遊、求學的國人,外交部建立了一套完整的海外急難救助系統,當國人在海外遇難時,不會求救無門。

一夜巴黎,全面動員

以巴黎恐怖攻擊事件為例,晚間9點20分,法蘭西體育場發生第一起炸彈攻擊後,外交部駐法國代表處立即組成緊急應變小組,從晚上到清晨不斷透過各種聯繫管道,追蹤在巴黎的台灣民眾,駐法代表張銘忠整夜不曾闔眼,不停與法國急難處理中心及巴黎醫院聯合總院聯絡,並在14日清晨確認這次恐怖攻擊中,沒有台灣民眾受到波及,讓身在台灣的家屬親友都放下心中大石。

國人出門在外可能遭遇的困難情境難以預料,所幸我國各駐外館處都有24小時輪班機制,無論任何時間,民眾只要撥打急難救助專線,一定會有人接聽,幫助國人解決問題。

當緊急事件發生時,第一要務就是確認人身安全,因此外交部領事事務局提醒民眾在出國旅遊時,先到外交部網頁填寫動態登錄資料,這樣一個簡單的步驟,就可以避免緊急事件時發生聯絡不到人的困境,萬一真的身陷危難,外交部也可以提供詳細資料,全力協助脫困。

緊急事件發生後的應變固然重要,若能提早預防,避免陷入危機更是上策。外交部領事事務局副局長羅添宏建議民眾,萬不得已必須前往局勢動盪不安的國家時,可以透過一些簡單的觀念來保護自己,他以自身駐菲律賓經驗為例,「當時我在菲律賓進餐廳吃飯,一定挑選面對大門的位子,隨時注意四周的情況。」羅添宏說,在公共場所除了觀察逃生動線之外,最好不要談論敏感話題,如政治、宗教、外交、種族等議題,以免言者無心,聽者有意,引起不必要的麻煩。

海外遇劫誰來救?

萬一不幸遭遇緊急事件,無論天災人禍,民眾都應該儘快聯絡當地的台灣駐外館處,聯絡方式除了可以下載外交部的「旅外救助指南」App外,也可以在機場拿取急難救助小卡,上面不僅詳載聯絡電話、應變守則,還有翻譯成當地語言的求救對話。就算民眾忘記索取急難救助聯絡方式,只要到了國外打開手機,就會自動收到外交部的簡訊,提供國外免付費聯絡電話800-0885-0885(您幫幫我,您幫幫我),以備不時之需。

外交部領事事務局局長龔中誠表示,「我們就像7-11一樣,全天候服務,提供民眾代為聯絡親友、臨時小額借款、協助代購返國交通票券、探視被捕、拘禁國人及必要時推薦律師、翻譯人員等服務。」2014年外交部總共處理了5,327件急難救助,其中最大宗為護照遭竊或遺失計有2,943件,但也有不少人身安全相關事件,值得慶幸的是,目前為止還沒有國人被恐怖攻擊事件波及的情事。

隨著恐怖攻擊事件頻傳,各國都開始檢討自己國家的國境管制政策,尤有偏激者更希望完全禁止穆斯林入境。

2015年來台觀光人次已突破千萬,如何兼顧推廣觀光與安全管制,成為重要的議題。

領事事務局強調,配合全球反恐政策,我國有嚴格的簽證管制。搭配桃園機場高規格的安檢措施和內政部移民署的監控,台灣堪稱是全球最安全的國家。但也不能因噎廢食而走向鎖國政策,因此我國持續推動與世界各國便利簽證的合作,2016年起智利、烏茲別克與盧安達陸續加入後,目前共有161個國家或地區,給予台灣旅客免簽、落地簽或電子簽證的待遇。但是考量到入境安全問題,許多國家雖然提供台灣免簽待遇,並不代表他們的國民來台時也能享受同等待遇。

eVisa兼顧安全與便利

為了達到互惠、公平的外交目標,因應國際旅行文件電子化發展趨勢,外交部推動的來台電子簽證(eVisa)計畫自2016年1月12日起正式實施,除了21個邦交國及原已適用落地簽證的土耳其、汶萊、馬其頓,及相互改善簽證待遇的厄瓜多等在內共27個國家的人民,以及應邀來台出席國際會議及運動賽事等適用「選擇性落地簽證」的各國人士,都可以透過eVisa方式入境台灣,省去繁瑣的紙本簽證申請流程。

eVisa只需要上網提交申請,經外交部審查後便能核發簽證,省下不少時間及金錢,還可以在第三國申請,從他國入境台灣也沒問題。例如,一位來自土耳其的學者,若想要從日本入境台灣,只需要線上申請eVisa即可,不需要回到土耳其的台灣代表處申請簽證。

eVisa同時兼顧國境安全與觀光便利,羅添宏指出,未來將會有更多國家納入eVisa範圍,成為我國在門戶開放與國家安全之間重要的槓桿。

台灣是一個多元文化的社會,尊重並擁抱各種不同文化的美好,從宗教信仰到異國美食,都可以看見台灣社會開放多元的包容力,這樣的魅力不應該被恐怖攻擊影響,相反地,我們可以用更靈活有彈性的政策與作為,在這個「聞恐色變」的時代裡,走出自己的康莊大道。

相關文章

近期文章

英文 日文

New Approaches to Border Control—Balancing Convenience and Security

Kobe Chen /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Geoff Hegarty and Sophia Chen

The end of 2015 was a period of enormous global turbulence. People worldwide were feeling the anxiety created by a series of terrorist attacks.

More than 10 million people arrived in or departed from Taiwan last year, and the number is rising. By the end of 2015, close to 161 countries had permitted visa waivers, landing visas or e-visas for Taiwan citizens. So our nation needs to find an appropriate balance between the responsibility to welcome genuine visitors, and the critical needs of border security. Perhaps the recently launched eVisa provides a solution


On November 13, 2015, Paris was hit by France’s deadliest terror attacks since WWII. From the evening of the 13th to the early morning of the following day, gunfire and explosions witnessed around the world through the media raised global anxiety levels. “Are my family and friends okay?” was a common concern not just in France.

Since the 9/11 terrorist attacks, most countries have implemented strict measures to prevent further atrocities, but it seems that such attacks have nevertheless remained pervasive. This is one of the reasons for the ROC Ministry of Foreign Affairs’ overseas emergency assistance, which looks after the interests of Taiwan citizens abroad.

A night of terror

In the November Paris attacks, the first bomb exploded at around 21:20 in the Stade de France. MOFA’s French office immediately set up an emergency response team to track the status of Taiwanese people in Paris. ­Zhang Ming-­zhong, Taiwan’s chief diplomatic representative in France, was in contact with French police and major Paris hospitals throughout the night. Finally in the early hours of the second day, he was able to confirm that no Taiwanese had been injured.

It’s impossible to predict what difficult situations may arise when people go abroad. Fortunately, a 24/7 shift system has been implemented in all MOFA overseas offices. Taiwan citizens can call emergency assistance lines where there are always officials to answer and initiate emergency procedures.

In case of an emergency, the first priority is to ensure personal safety. MOFA’s Bureau of Consular Affairs (BOCA) is constantly reminding travelers to register their itinerary via the bureau’s website before they travel so MOFA can provide rapid assistance when it’s needed.

BOCA deputy director-general Lo Tien-hung suggests that people should be aware of some simple rules to protect themselves when traveling to potentially unsafe regions. They should “try to choose seats facing the main entrance in a restaurant and pay regular attention to the surrounding situation.” Also in public places, in addition to observing exit signs and routes, it’s better to avoid talking about sensitive topics such as politics, religion, foreign relations and race to avoid unnecessary conflict.

Finding help overseas

Anyone traveling abroad can download MOFA’s Travel Emergency Guidance App, and emergency aid cards are available at Taiwan’s airports. There are contact phone numbers, emergency tips, and phrases to ask for help in a number of languages. Even if people don’t have any of this easily available information, the moment they turn on their cell phones overseas they will automatically receive a text message from MOFA with the toll-free emergency contact number 800-0885-0885 (“0885”—ling-ba-ba-wu︿ounds like “you help me”—nin bangbang wo—in Mandarin).

According to BOCA director-general Kung Chung-chen, “MOFA’s 24/7 services help travelers contact families and friends, provide small emergency loans, assist in purchasing homebound flights, organize visits to people who have been arrested or detained, or recommend lawyers and interpreters.”

An open door, or secure borders?

The number of tourists visiting Taiwan approached 10 million in 2015, so balancing the conflicting needs of tourism and border security has become a significant issue. The Bureau of Consular Affairs stresses that Taiwan maintains strict visa controls in line with the island’s anti-terrorism policies.

With stringent security measures at Tao­yuan International Airport and strict monitoring by the National Immigration Agency, Taiwan is one of the world’s safest countries. But the nation has been consistently pursuing cooperation with countries around the world to ease travel formalities. This year, Chile, Uzbekistan, and Rwanda joined the list of countries granting landing visas to travelers from Taiwan. In fact, today 161 countries and territories provide visa waivers, landing visas or e-visa facilities for Taiwanese.

To achieve reciprocity with foreign nations and in line with the paperless travel trend, on January 12, 2016 MOFA launched its eVisa program—reducing the need for paper applications. The process includes Taiwan’s 21 diplomatic partners, in addition to Turkey, Brunei, and Macedonia (which are already eligible for landing visas), and 27 further countries including Ecuador that have negotiated with Taiwan to reciprocally upgrade their visa treatment. In addition, people from any country who are officially invited to attend international conferences or sporting events in Taiwan and are eligible for discretionary landing visas can also apply for an eVisa.

Visitors need only submit an online eVisa application and following a MOFA review, the visa will be issued automatically. They can also apply from a third country. Research fellows from Turkey, for example, traveling to Taiwan via Japan, could apply for an eVisa online while they are in Japan, and will not need to return to Turkey to apply.

The eVisa process takes into account both border security and convenience for travelers. Lo Tien-hung states out that in future, use of the eVisa system will be opened up to nationals of additional countries, which it is hoped will help maintain a balance between an open door and the need to maintain strong national security.

Taiwan enjoys a multicultural society. We respect and embrace the beauty of different cultures, and it is crucial that we preserve this respect and defend it from the threat of terrorism. At the same time, we should employ more flexible but resilient policies and measures to create safe passage for both citizens and visitors in this turbulent era.      

安全性と利便性——入国管理の新たな思考

文・陳建瑋 写真・莊坤儒

2015年末、世界各地でテロ事件が発生し、人々を不安に陥れた。

同じ頃、我が国では出入国者数がのべ1000万人を超え、その数は今も増え続けている。2015年末現在、我が国からビザ免除、またはビザの現地取得や電子ビザなどの待遇で渡航できる国や地域が161に達している。

国境の安全を確保しつつ観光を促進するには、どのような考慮が必要なのだろう。新たに導入された電子ビザ制度は一つの解決策と言えるかもしれない。


2015年11月13日、パリで同時多発テロが発生し、130名が死亡、368人が負傷し、攻撃者7名も死亡した。米国の911同時多発テロ事件以来、世界各国がテロに対する警戒を高めているが、それでも事件は跡を絶たない。仕事や旅行、留学で海外に滞在する国民を守るために、外交部では海外急難救助システムを確立し、海外にいる国民が支援を求められるようにした。

パリ同時多発テロで全面動員

パリ同時多発テロ事件の時の状況を見てみよう。まず夜9時20分にサン=ドニにあるスタジアムで最初の爆発が起ると、外交部のパリ駐在代表処はすぐに緊急対応チームを組織し、当夜から翌朝にかけて、さまざまなルートを駆使してパリ在住の台湾人の安否を確認した。パリ駐在代表の張銘忠は一睡もせず、フランスの急難処理センターや病院窓口と連絡を取り合い、14日の早朝には台湾人が被害に遭っていないことを確認し、台湾にいる家族を安心させた。

海外へ出れば思いがけない状況に出くわすこともあるが、我が国の海外駐在部門は24時間態勢で対応している。どんな時でも、急難救助ホットラインに電話をすれば、必ず誰かが電話を受け、問題解決に協力を得られる。

緊急事態が発生した時、最初に確認しなければならないのは身の安全である。そこで外交部領事事務局では、海外へ出かける国民には予め外交部のサイトで資料を登録するよう呼びかけている。これによって緊急事態が生じた時に、連絡が取れないという問題が避けられ、身の危険がある時にも全面的に協力できる。

緊急事態発生時の対応も重要だが、予防措置はより有効である。外交部領事事務局の羅添宏副局長は、情勢が不安定な国や地域に行かなければならない人も、簡単な考え方で自分を守ることができると言う。例えばレストランで食事をする時は、ドアに面した座席に座り、常に周囲を観察する。公共の場では避難の動線を確認し、また政治や宗教、外交、民族といった敏感な話題には触れないようにする。

海外で助けてくれるのは誰か?

万一、緊急事態に直面した時は、天災人災に関わらず、まずは現地の台湾出先機関に連絡を取るべきである。連絡方法は外交部の「旅外救助指南」アプリをダウンロードすればいい。空港にも急難救助カードがあり、電話番号やルールが書いてある他、渡航先の言語で助けを求める言葉も書いてある。これらの準備をしていなくても、海外で携帯電話の電源を入れれば、自動的に外交部からのメッセージが入り、海外からの緊急無料電話番号800-0885-0885が表示される。

「我々はコンビニのように24時間態勢で、家族との連絡や緊急の少額貸付、帰国用チケットの手配、弁護士や通訳の紹介などを行なっています」と領事事務局の龔中誠局長は言う。2014年、外交部では急難救助案件を5327件処理した。そのうち2943件はパスポートの盗難遺失で、中には安全にかかわる事件もあったが、現在のところ、幸いテロ攻撃には巻き込まれた国民はいない。

テロ事件が頻発する中、世界各国が入国管理政策を見直しており、イスラム教徒の入国を禁止するべきという極端な意見まで出ている。

2015年、台湾を訪れた外国人はのべ1000万人を突破したが、観光推進と国の安全をどう両立させるかは重要な課題である。

領事事務局によると、世界的なテロ対策に協力して我が国もビザ発給を厳格に管理している。また桃園空港では高いレベルの安全措置を実施し、内政部移民署による管制もあり、台湾は世界で最も安全な国だと言える。もちろん、テロ対策のために鎖国へ向かうべきではなく、我が国は世界各国とビザ手続き簡略化を進めている。2016年からはチリとウズベキスタン、ルワンダが加わり、現在161の国と地域が台湾からの旅行者にビザ免除またはビザの現地取得、電子ビザなどを認めている。多くの国が台湾人にビザ免除の措置を取っているが、それらの国の国民が同様の待遇で台湾に入国できるとは限らない。

安全と利便性を兼ね備えたe-Visa

互恵と対等という外交の目標を達成し、旅行書類の電子化の趨勢に対応するため、外交部は2016年1月12日から来訪する外国人に対して電子ビザ(e-Visa)の発給を正式に開始した。我が国と国交のある21ヶ国と、もともとビザの現地取得を認めていたトルコ、ブルネイ、マケドニアの他に、相互にビザ発給簡略化を進めてきたグアテマラなどを含む27ヶ国の他に、招待されて台湾での国際会議やスポーツ大会に参加する人々で、「ビザの選択的現地取得」が適用されている国々の人は、いずれも電子ビザを申請して台湾に入境できることとなり、繁雑なビザ申請手続きをしなくてよいこととなった。

電子ビザはオンラインで申請し、外交部の審査を経て発給されるため、時間や金銭的負担も削減できる。また第3国からの申請もでき、他国から台湾に入境することも可能だ。たとえば、トルコの学者が、日本から台湾に来る場合、トルコに戻って台湾の出先機関に申請する必要はなく、オンラインで電子ビザを申請すればよい。

電子ビザは国境の安全と観光の利便性を兼ね備えたものだ。羅添宏は、今後さらに多くの国に電子ビザを適用する予定で、我が国の門戸開放と安全保障にとって重要なシステムになるという。

台湾は多様な文化を持つ社会であり、宗教から食文化まで、異なる文化をオープンに受け入れている。だからこそテロの影響を受けるのではなく、より活発でフレキシブルな政策や手段を以て、独自の道を開いていかなければならない。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!